JASRAC「権利がビジネスの邪魔になるというのは事業者の役割放棄で利己的なようにしか見えない」 著作権“死後70年”についての会見でback

JASRAC「権利がビジネスの邪魔になるというのは事業者の役割放棄で利己的なようにしか見えない」 著作権“死後70年”についての会見で


続き・詳細・画像をみる

0:
5月21日JASRACの都倉俊一会長は定例の記者会見で,著作権保護「死後70年」や現在の著作権法に対する批判的な意見についてコメントした。
japan.cnet.com
*************************************
〜(冒頭略)〜
日本では原則、著作権の保護期間は作者や作家の死後50年と定められている。都倉氏は、保護期間が死後70年で統一される可能性が高まったことについて、
「報道以上の情報はないが、お互いの理解を得そうなところまできていると聞いている。雲が晴れ、霧が薄くなってきたという段階」と評価した。
〜(略)〜
また、クラウドなどを活用した新規ビジネスにおいて著作権が障壁という風潮が広まっていることについて「実態として多くのビジネスが我々を含む権利者との契約に基づいて進展する中、権利が邪魔でビジネスができないというのは事業者が役割を放棄し、自らの利益のみ追求しようとしているようにしか見えない」と強く批判。今後の議論において冷静に話を進めていくべきとの考えを示した。
*************************************
JASRAC都倉会長、著作権“死後70年”に「雲が晴れ、霧も薄く」 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/business/35048259/より:全文はソースで1 :@t_feeder:7:45 - 2014年5月22日
まーた始まった
2 :@yuibb:16:31 - 2014年5月22日
自らの利益を追求しようとしていると批判って強烈なブーメランだな(笑)
3 :@natsu9999

続き・詳細・画像をみる


お前らアナログ派?デジタル派?

このまま人口増加が続けば「共食い」する未来が待っている

去年体調を崩してからなかなか安定しない私

どうすれば人生を変えられるのか

消費税率「8%」をより簡単に計算する画期的な方法が判明

建物の屋上から降りられなくなった猫、消防隊員に無事救助される!

back 削除依頼&連絡先