台湾紙「南アフリカで血ではなく脂肪を吸う蚊を発見!将来はダイエットに用いられるのでは」back

台湾紙「南アフリカで血ではなく脂肪を吸う蚊を発見!将来はダイエットに用いられるのでは」


続き・詳細・画像をみる


ジャングルに脂肪の塊ドンと置いて観察しれ
3 :
刺されまくったら蓮コラみたいになるのか?
4 :
ちょっと南アフリカへ行ってくる。
5 :
ヤバくね?その蚊…
7 :
>>将来的には、ダイエット治療に用いられるのではとの声もある。
蚊はギリギリ真皮層行くか表層で吸うかどうかというレベルなのに
その下の皮下層まで届かせる蚊とかどんなやねん。
8 :
脂肪融解は既に実用なってなかったっけか
10 :
その脂肪を溶かす成分が刺された周辺だけに留まらずに
血流にのって他の部位までいったりすると、いろいろ怖いことになりそうな気が
13 :
>>10
その程度はあまり心配せんでもいいかと。
まず直に注射された状態が蚊に刺された箇所。
脂肪細胞ごとにだって当然膜があるわけだが
血中から他の細胞に対して酸性物質が影響与えるというなら
>皮膚にダメージを与えない
これがそもそも成立しない。
11 :
目刺されたらヤバイな
12 :
中国人は蚊を多量に培養し、日本人は吸着法を分析する。
14 : 12 :2014/05/21(水)00:14:54 ID:5z0sUleDn
アメリカ人は薬を独占販売する
15 :
STAP細胞レベルだろ
実証されてないなら発表すんな
16 :
油マシマシで
17 :
陥没はちょっと
18 :
韓国人が起源を主張する
19 :
かゆくて仕方ないダイエット?
20 :
脂肪吸引手術よりも安全?
21 :
極細吸引針を考案しろ。
22 :
(´・ω・`)世界中のデブがアップを始めました。
気になるAmazonの本
中東・アフリカ│生物│12:00
南アフリカ 
コメントするコメントを見る(1)アンテナページへ
おすすめサイトの最新記事
「中東・アフリカ」カテゴリの最新記事
「生物」カテゴリの最新記事
最近の人気記事
全ランキングを見る
トラックバックURL
この記事へのコメント (1)
1. 名前

続き・詳細・画像をみる


500円のランチっていうから油断して注文したら大変なことになった

ドラゴンボールでラディッツが地球に来た理由wwww

画像で笑ったら寝ろ

純恋歌の歌詞が思い出せないんだけど

実家暮らしのお前らは家にいくらお金入れてる? 世間的には5万円が相場らしいぞ

地雷女にありがちなこと

PS4をシール使ってカッコよくしたったwwwwww

八幡「雪ノ下の脇が臭すぎる」

私は外見上女なんだけど実は半陰陽。それを知った兄嫁がフィーバーしてジェンダー戦士気取りになってしまった

【音楽】ポール・マッカートニー全公演中止が決定、体調回復せず

旦那がゴキ退治を拒否したので子供置いて家出した。旦那は虫平気人間だから結婚したのに

「子供のころの意地悪を根に持つなんて」と幼なじみは憤慨しているけど、自業自得だよね

back 過去ログ 削除依頼&連絡先