レイ「碇くん、セカンドが妊娠したわ」back

レイ「碇くん、セカンドが妊娠したわ」


続き・詳細・画像をみる

1:
シンジ「え、アスカが?」
レイ「そうよ」
シンジ「・・・そんなわけ無いよ!」
レイ「本当よ、午前中に検査をしてわかったらしいの」
シンジ「誰の子供なの?」
レイ「それは碇くんが一番知ってるんじゃないの?」
シンジ「どうして僕が・・・」
レイ「みんな碇くんが父親だって疑ってるわよ」
シンジ「僕はアスカとそんな事してないよ!」
レイ「本当なら正直に白状した方が言いと思うけど」
シンジ「だから僕じゃないって!」
レイ「そう・・・そうやっていつも逃げるのね」
シンジ「本当なのに・・・」
レイ「・・・ごめんなさい、本当みたいね」
シンジ「いいんだよ、いつも近くにいるのが僕だから疑われてもしょうがないよね」
6:
翌日
レイ「また来たの?」
シンジ「ごめん綾波、迷惑だよね」
レイ「別にいいわ」
シンジ「ネルフにいったらいろんな人に話聞かれて、ミサトさんには怒られて、でもアスカは何も言ってくれなくて・・・」
レイ「疑われたままなのね」
シンジ「うん、アスカは妊娠させた相手をかばってるみたいで黙ってるんだよ、迷惑だよほんと・・・」
レイ「だから今日は帰らないの?」
シンジ「うん、今日一日だけでいいから泊めてよ」
レイ「・・・そうね、葛城一尉とセカンドと一緒にいるのはつらいと思うし」
シンジ「いいの?」
レイ「一日だけじゃなくて何日いてもいいわ」
シンジ「ありがとう、綾波ってやさしいんだね」
レイ「でも寝るときはその寝袋を使って
シンジ「うん、僕が勝手にお邪魔したんだからいいよ、あと僕一度寝たら朝まで起きないから夜中起こそうとしても無理だからね」
7:
レイ「碇くん明日は日曜日だけど」
シンジ「・・・」
レイ「碇くん?」
シンジ「・・・」
レイ「寝たのね、今日はいろいろあったから無理もないわ」
シンジ「・・・」
レイ「・・・碇くん、勃起してる・・・」
シンジ「・・・」
レイ「・・・ダメよ、触ったら碇くんが」
シンジ「・・・」
レイ「でも朝まで起きないっていってたからちょとくらいは」
シンジ「・・・」
レイ「少しだけ、見るだけ・・・ううん、ちょっと触ってみるだけだから」
13:
シンジ「・・・」
レイ「・・・大きい」
シンジ「・・・」
レイ「・・・でも綺麗」
シンジ「・・・」
レイ「私のと比べてみよう」
レイはズボンを脱ぐと己のペニスを出してシンジのペニスにくっつけてみた
シンジ「・・・」
レイ「やっぱり大きいわ」
実はレイは男だったのである
19:
レイ「・・・先っぽと先っぽがこすれて気持ちいい」
レイは己のペニスの先端をシンジのペニスの先端にこすり付けた
レイ「ぬるぬるしてきた」
お互いのカウパー液により、お互いの亀頭が滑らかになりより妖艶な気持ちになってきた
レイ「・・・口に入れたら気持ちいいはず」
レイは知識として知っていたフェラチオを試してみた
レイ「・・・んっ・・・んっ・・・」
ペニスを舐めると言う行為、そしてその舌触り、それだけでも興奮してくるのである
レイ(私も舐めて欲しい)
レイは己のペニスをシンジの唇に押し当てることにした
28:
レイ「碇君・・・ハァハァ」
レイはペニスをシンジの唇に押し付けた、最初はその行為自体に興奮したのだが
それだけでは刺激が足りず満足できなくなってきた。
レイ「碇くんが舐めてくれないとダメね・・・」
シンジの胸元に座り込んだレイは後ろを振り向く
そこにはシンジの勃起したペニスがある
レイ「・・・お尻の穴に入れても大丈夫なはず」
アナルセックスの知識もあったので、レイは己の肛門内に
シンジのペニスを入れてみる事にした
レイ「浣腸は前にもらってたはず」
以前便秘気味の時に赤木リツコにもらっていた浣腸の存在を思い出し
それを使って己の腸内を綺麗にすることにした
31:
腸内を綺麗にしている時、いつシンジが目を覚ますのかと心配だったのだが
シンジ本人が言ったとおり、目を覚ます様子は無い
レイ「・・・碇くん」
レイは己の肛門に潤滑液を塗り、ペニスを己の肛門に押し付けると、そのまま
座り込むように肛門内にペニスを入れようとこころみた、が失敗
レイ「ダメね・・・いきなり碇くんのペニスは無理なのかしら」
レイは己の指を試しに入れる事にした、自分の細い指もなかなか入らない
レイ「無理・・・え?」
途中まで無理かと思われたが、半分くらい入れたあたりからスムーズに
指が中に入ってくる
レイ「きついのは最初だけ・・・なら碇くんのペニスも」
レイは指で何度か己の肛門をほぐしたあとにもう一度シンジのペニスを入れてみる事にした
38:
シンジ「・・・ん」
レイ「おはよう」
シンジ「おはよう・・・あっ学校!」
レイ「今日は日曜日」
シンジ「そうだった・・・あれ、僕着替えたっけ?」
レイ「・・・昨日寝ぼけて着替えてたわ」
シンジ「そう・・・」
レイ「・・・」
シンジ「ねぇ、どうしてそんなにくっついてくるの?」
レイ「別に・・・朝に誰かと一緒にいるの初めてだから、ちょっと嬉しくて」
シンジ「そうなんだ」
レイ「そう」
シンジ(その割には目を合わせないけど、レイってさびしいのかな)
43:
シンジ「おなか減ったね、何か作ろうか」
レイ「私も手伝う・・・いっ!」
シンジ「どうしたの?」
レイ「ちょっとお尻が・・・」
シンジ「え?」
レイ「何でもないわ、それよりも何か作るんでしょ?」
シンジ「そうだった、肉は嫌いだよね、オムレツなら食べれる?」
レイ「大丈夫、卵なら冷蔵庫の中にあるわ」
シンジ「綾波ごめんね、女の子の部屋に急に泊まらせてくれってお願いするのってちょっとおかしいよね」
レイ「その事ならいいわ、私は女じゃなくて、いえ、でも昨日女になったとも言えるし・・・」
シンジ「え?」
4

続き・詳細・画像をみる


【乞速】AmazonでNexus7(2013)32GBモデルが約7000円値下げキタ━(゚∀゚)━! お前ら急げ!

【社会】片山祐輔被告(32)、「自分が犯人」スマホ埋めた自作自演ばれて降参

☆主役機が完膚なきまでに敵に敗北するロボット作品って何がある?

いらっしゃいませ

【画像】ボーイッシュな女の子の画像ください!

ASKA逮捕の余波で「On Your Mark」抜きで発売へ・・・宮崎駿監督作品集BD-BOX

back 削除依頼&連絡先