時子「そこをどきなさい?」麗奈「やだ」back

時子「そこをどきなさい?」麗奈「やだ」


続き・詳細・画像をみる

1:
時子「あら、わざわざ注意してやってるのよ?チャンスを無にするなんて、どこぞの下僕じゃあるまいし、利口な判断とは言えないわよ?」
麗奈「そりゃどうも。アタシもついでに注意していい?そんな注意に時間かける必要があるなら早くどいてくれたほうがよっぽどいいと思うけどね」
時子「この私にどけって言うの?面白い冗談ね。そろそろ笑えなくなってくるわよ」
麗奈「やってみなよ」
P「あー!ストップ!ストップですよ二人とも!時子さん落ち着いて!」
時子「仮にもプロデューサーが躾の一つも出来ないなんてどういうことなの?流石脳みそが足りてない動物ね」
P「もう自分のことはいくらでも言ってもいいですから!レイナサマも謝ってください!」
麗奈「はぁ?先に喧嘩ふっかけてきたのはあいつよ」
P「時子さんも大人なんだから!」
時子「……悪かったわね」
麗奈「えー?なんだとー?」
P「レイナサマ!」
3:
麗奈「……ごめんなさい」
時子「はぁー?もう一回大きな声で言ってみなさい?」
麗奈「やっぱやだ」
P「時子さん!大人の余裕を見せてくださいよ!」
麗奈「もういい!仕事行く!」スタスタスタ
P「あ、はい……待ってくださいレイナサマー!」タッタッ
時子「はぁ……」
4:
時子「なんなのよあのガキ……全く腹正しいわ……」
時子「プロデューサーに常時くっついて……金魚のフンのほうがまだマシよ」
クラリス「御悩みのようですね?」
時子「うわっ!?」
クラリス「あら、ごめんなさい、びっくりされてしまって……」
時子「べ、別にびっくりしてないわよ!」
クラリス「そうですか……」
時子「そ、それに別に誰のことも考えてないわ!」
クラリス「そうでしょうか……?」
5:
クラリス「御悩み……当ててみましょう」
時子「出来るもんならね」
クラリス「……ズバリ……人間関係……異性の悩みですね?」
時子「!?」
クラリス「うふふ……当たっていましたか……?」
時子「うっ……」
クラリス「私も伊達に教会で懺悔を受けていません……おっしゃってみてください……」
6:
時子「な、なんというか……すごいムカつく奴がいるのよ!いっつも女とベタベタしてるような奴」
クラリス「それのどこがご不満であると?」
時子「だから……それがなんかムカつくのよ」
クラリス「その方を意識して見なければどうでしょう?」
時子「む、無視しろっていうの……?」
クラリス「見てしまうから感情は動くのだと思います、どうでしょう?一日だけでも…試してみては」
時子(人の心読むそうな奴の言うことだわ……一日だけ……)
時子「わかったわよ……」
7:
スタジオ
P「レイナサマ、すいませんトイレに時間を使わせてしまいまして……レイナサマ?」
麗奈「ばぁ!!」
P「にょわーーーー!!」
麗奈「あははははは!!びっくりした?」
P「はぁ……肝を冷やしましたよ……」
麗奈「あー面白かった」
P「もう、そんないたずらばかりでは困りますよ」
麗奈「いいじゃない、下僕はおとなしく主人の覇道に付き合うものよ」
P「そ、そうですが……」
麗奈「事務所帰りましょー」
P「は、はい!レイナサマ!」
8:
時子「………」ソワソワ
時子「つっかかってしまいそうだけど…我慢出来るかしら……」
カ゛チャ
P「ただいま帰りました」
麗奈「帰ったわよー」
時子「あっ……っとと……」サッ
P「あ、時子さん、ただいま帰りました」
時子「………」
P「と、時子さん?」
麗奈「プロデューサー!のど渇いたー!お茶!」
P「はい!レイナサマ!」
時子「……」ムッ
9:
麗奈「お菓子は?」
P「申し訳ありません……切れてます……」
麗奈「えー?なんで?買ってきて」
P「はい、今すぐに。どんなものをご所望ですか?」
麗奈「クッキーみたいなやつ」
P「はい!では行ってきます!」
麗奈「5分ね」
P「はい!もちろん!」
ハ゛タハ゛タハ゛タ
時子「………」
麗奈「………」
10:
時子「………」
麗奈「………」
時子「………私の下僕なのに……」
麗奈「ん?なんか言った?」
時子「ただの独り言よ。あなたに聞かせるほど安いもんじゃないわ」
麗奈「ふーん。まぁ聞いたところで何の得にもならないけどね」
時子「負け犬の考え方もほどほどにしないと惨めになるわよ?」
麗奈「独り言ぐらいでそんなにならないし。ていうか聞かれたほうが恥ずかしいし」
時子「私の独り言がどれだけ貴重なものかわかってて言ってるのかしら?」
麗奈「独り言ごとき誰にだって言えるじゃん」
時子「価値ってもんがわかってないのよお子様には」
麗奈「アタシはお子様じゃない!」
時子「そこで怒ってるのがお子様っていうのよ」
P「買ってきましたレイナサマ!」カ゛チャ
麗奈「遅い!」
P「す、すいません!」
11:
麗奈「あとあの年増がなんか言ったーひどいこと言ったー」
P「また喧嘩してたんですか!?いい加減にしてくださいよいい大人なんですから!レイナサマもけんかっ早いところ直さないと」
麗奈「アタシ悪くないもん」
時子「ふん」
P「はぁ……」
麗奈「ところで、なに買ってきたの」
P「はい!カントリーマ◯ムです!お茶に最適と考えて選んで参りました!」
麗奈「なかなか頭が働くわね。ご褒美あげる」ナテ゛ナテ゛
時子「…………」シ゛ッ
P「は、はい、ありがとうございますレイナサマ……」
麗奈「ふふん、いっただきまーす」モク゛モク゛
12:
麗奈「プロデューサーにもあげるわ。お駄賃」
P「あ、ありがとうございますレイナサマ!」
麗奈「はい、あーん」
P「そ、そんな滅相も無い……」
麗奈「アタシの命令よ!」
P「あ、あー……」モク゛モク゛
麗奈「うんうん、主従関係がはっきりしてきたようね」
時子「……むっ」
P「いやぁ、いつ食べても美味しいですね」
麗奈「あ、すっかり忘れてた。お茶早く持ってきて」
P「あ、はい!すいません!あったかいのにしますか?」
麗奈「あんた、アタシが仕事終ったらいつもどんなお茶飲んでるのよ」
P「そ、そうでした!冷たいほうですよね」
麗奈「わかったらさっさと行って!」
P「はい!レイナサマ!」
時子「………」
13:
P「いれてきました!どうぞ!」
麗奈「あー……おいしー……」
P「レイナサマ、お口についてますよ」サッサッ
麗奈「お、ありがと」
P「いえいえ」
時子「………チッ」
麗奈「……んー?なんか文句でも?」
時子「別に?そっちこそなにか用?」
麗奈「べっつにー?」
時子「自意識過剰もいい加減にしなさい?」
麗奈「アタシのどこが自意識過剰なのよ」
時子「そういうところしせゃないかしら?」
麗奈「やる気?」
時子「いつでも」
麗奈「」カ゛タッ
時子「」カ゛タッ
P「はいストップストーップ!」
14:
P「今日はどうしたんですか二人とも!ちゃんとしてください!」
麗奈「だってこいつがー」
時子「……」
P「同じ事務所なんですから、ちゃんと仲良くしてくださいよ」
麗奈「やだもんね。あいつが悪いんだもん」
時子「ふん」
P「時子さんもちゃんとお話を……」
時子「……」
P「うう…」
麗奈「もう!こんな奴に構ってないで!お茶おかわり!」
P「あっ…はい!レイナサマ!」
時子「ふん」
15:
麗奈「あーもう……プロデューサー!次の予定は!?」
P「あ、はい!レイナサマのご予定はこのあとに雑誌のインタビュー、テレビの収録、声優オーディションに……」
麗奈「声優オーディション?!そんなのあのヒーローバカにやらせなさいよ!」
P「いや、そのヒーローバカがもう合格しているので、本人からの希望でぜひ共演したいと」
麗奈「……ふーん?いいじゃない。やってやるわ」
P「流石ですレイナサマ!どんな仕事にも全力投球なされるとは!」
麗奈「当然でしょ?仕事をする度にイメージアップしなきゃいけないんだから、これはチャンスなのよ」
P「おお!すごいですレイナサマ!自分にはない発想です!」
麗奈「あんたがこの発想なくてどうすんのよ!さっさと行くわよ!」スタスタ
P「はい!待ってくださいレイナサマー!」タタタタ
ハ゛タン
時子「……はぁ」
17:
クラリス「どうなさいました?」
時子「ううああ!?」
クラリス「あら、すいません。驚かしてしまいまs」
時子「驚いてないわよ!!」
クラリス「そうですか……それで、どうしたんですか?」
時子「あんたに勧められた方法じゃ……ちょっとダメみたい」
クラリス「それは残念ですね、お役に立てずすいません」
時子「なんか、無視すればするほど見ちゃうのよ……」
クラリス「……それは……」
時子「ど、どうしたら……いいかしら。どうしても気になるの……」
クラリス「それは、私よりも適任がいると思われます。」
時子「だ、誰?」
クラリス「そうですね。土曜の夜、ここに来てください。その相談相手を紹介いたします」スッ
時子「……」
18:
土曜の夜
時子「こ、ここね……おでん屋……?」
時子「……」スッ
親父「へいらっしゃい。」
瑞希「待ってたわよ」
早苗「遅いよ時子さーん」
楓「大遅刻ですよ。おお、遅刻。ふふっ……」
時子「さよなら」
早苗「ち、ちょーっとまって!それは決断早くない!?ねぇ!役者不足なの!?」
時子「な、なんとなく取っ付き辛いのよ!」
瑞希「あら、失礼するわね。私たちだって大人よ?安心してどーんと構えてするんだから」
楓「ちっちゃいおとなはおとなりにいますけどね……ふふっ」
時子「帰る」
早苗「待って!ちょっと待って!しょうがないのよあれは!」
19:
早苗「あたし達クラリスさんから連絡受けて飲んでるのよ」
楓「何か、相談があるとか……?」
瑞希「大丈夫よ。私ほど頼れる相談相手なんかいないわ」
時子「あ、あの……気になる人がいるのよ」
瑞希「………んん?」
時子「だ、だから!気になる人がいるって言ってるじゃない!」
早苗「そ、それは恋の相談かな?」
時子「ち、ちが、そんなんじゃ……」
楓「じゃあ、なんですか?」
時子「あ、あいつはただ、なんか、他の女といっつも一緒にいて、それがなんかムカつくって話よ」
早苗(恋じゃん)
瑞希「わかるわ」
楓「……?無視すればいいじゃないですか?」
時子「そ、それも勧められたけどやめたの。我慢なんか私の性に合わないわ」
早苗「え、えーっと……詳しく聞かせて?ほら、飲んで飲んで」
時子「え、ちょ、私あんまりお酒は……コ゛クッコ゛クッ」
20:
ーーーーーー
時子「だからね!私の気持ちなんか考えないでいるのよー……ク゛スッ」
瑞希「わかるわ」
時子「わがっでぐれるのぉー……?ほんとにぃ?ひどいよねぇー……」ク゛スッ
瑞希「うんうん、ほんとそうね。アタックしていったほうがいいわ。ちゃんと気持ち伝えたほうがいいのよあなたみたいなタイプは」
時子「そうかなぁ……?えへへ、わーい」
楓「Zzz……」
早苗「だんだんキャラ崩壊してきてるわよ……っていうか作ってたの?」
時子「づぐっでない!!でもこれも私なの!!わかる!?」
早苗「あ、ああはいはいごめんなさいって」
時子「アタックかー……アタックしよっかなー……?」
瑞希「そっちのほうがいいわよ。こっちからいかないと意識はいつまでもこっちに向かないわ」
時子「わかった……」
楓「Zzz……ケッフ゜」
22:
日曜日
時子「あ゛ーっ……あったま痛いわ……久しぶりに飲酒なんてしたんだけど……」
時子「飲み過ぎて頭痛いし今日は寝てましょ……」
ヒ゜ーンホ゜ーン
時子「は?なによこんな時間から……」
時子「誰……?」カ゛チャ
P「おはようございます!」
時子「………」キ゛ィー
P「ちょ、なに閉めようとしてるんですか!」
時子「うるっさいわねぇ、頭かち割られたいの」
P「ひどいですねもう!」
時子「日曜日ってオフでしょ?二日酔いなのよ……」
P「二日酔いがひどい!そりゃあ大変ですね!運動しましょう!」
時子「……は?」
23:
時子「……それで、なんでバトミントンすることになってるの」
時子「こいつと」
麗奈「失礼ね。アタシだってあんたとなんかやりたくないわ」
P「まぁまぁ、一緒に運動すれば心の距離も縮まるって金八先生が言ってたような言わなかったような」
時子「絶対言ってないわそんなこと」
麗奈「アタシやなんだけどー。プロデューサーと一緒にしたいー」
P「まぁまぁ、一緒にやってみても、楽しいと思いますよ」
時子「いいや」
麗奈「全然?」
P「ほら!息ぴったりじゃないですか!」
時子「ちょっと、タイミング合わせないでくれる?」
麗奈「そっちこそ邪魔しないで」
P(ふふっ、よーし……)
24:
P「では、ダブルスで自分と勝負しましょう!」
時子「……は?」
麗奈「三人しかいないけど?」
P「自分が二人分やります。こう見えて中学はバドミントン部にいたんですよ。球拾いしてたときに辞めましたけど」
時子「強がってんじゃないわよヘタレ野郎!」
麗奈「じゃあ出来るかどうかもわかんないじゃないのよ!」
時子「むっ」
麗奈「チッ」
時子「邪魔しないで!」
麗奈「邪魔すんな!」
P(ふふっ、もう仲良くなってる……)
25:
P「はいはい始めますよー。それ」ホ゜ーン
麗奈「ほっ!」ハ゜シッ
P「どりゃ!」ハ゜シッ
時子「ふんっ!」ハ゜ーン
P「わたたっ!」ストッ
P「いてて……時子さんバドミントンやってたんですか?いきなりスマッシュ決められちゃいましたけど」
時子「ふん、この程度の運動が出来ないと人間としてのレベルが低いわ」
麗奈「むっ」
麗奈「……プロデューサー、次!」
P「はい!レイナサマ!」
時子「むっ……」
26:
P「はいいきますよー。それっ」ホ゜ーン
麗奈「ていやっ!」スハ゜ーン
P「あれぇ!?」
麗奈「ふぅー……いやー、一発目からやるくらいじゃないとやっぱレベル低いからねー。」チラッ
時子「ふーん……喧嘩売ってんの?」
麗奈「いいや別にー」
時子「……いいわ。買ってあげる。後悔しないようにすることね」
麗奈「上等よ」
P「はいはーい。次いきますよー」ホ゜ーン
27:
麗奈「はぁっ!」カ゛ッ
時子「ふんっ!」ト゛ッ
麗奈「だぁぁ!同じところに飛ばないでよ!スペース配分考えて!」
時子「勝手に飛んできたのはあなたじゃない。言いがかりじゃない?」
麗奈「なんだと!」
P「まぁまぁ、喧嘩しないでください」
麗奈「ちょっと黙ってて!」
時子「うるさいわ黙って!」
P「す、すいません!」
28:
麗奈「もーやってらんないわこんな茶番。帰るわよプロデューサー!」
P「あ、ちょっと待ってくださいレイナサマー!」
時子「……」スタスタ
P「な、なんでついてくるんですか?女子寮は目の前ですよ?」
麗奈「そうよ。なんでついてくるわけ」
時子「うるさいわね。どうしようと私の勝手でしょう?」
麗奈「ふん、あんな奴ほっといて行くわよ!」
P「ま、待ってくださいレイナサマー!」
時子(……いいわ。徹底的に邪魔して、この私のほうに振り向かせてあげる)
時子(見てなさいよ……!)
29:
AM10:00 番組収録
麗奈「どうだった?」
P「カンペキですレイナサマ!」
麗奈「当然よ!」
PM1:00 生放送
麗奈「緊張してのど渇いた」
P「お疲れさまです!」
麗奈「んぐっ、んぐっ……」
PM16:00 オーディション
P「どうでしたか?」
麗奈「いまいちね。後は祈るわ」
P「合格出来るといいですね」
麗奈「あったりまえでしょ!?」
時子「くっ……隙がない……なんで私より忙しいのよ……!」
30:
時子「結局何も出来ずに帰ってきて……不甲斐ない……」
時子「これじゃまるで……私の入るところなんかないみたいじゃない……許せないわ……」
時子「……もう我慢ならないわ。」
時子「でも……なにをしたらいいのかしら……」
時子「……………」
時子「なにも……出来ないのかもしれない……」
時子「そんなの……そんなの嫌……」
31:
P「あ、レイナサマ、すいません自分はまだ仕事があるので、先に事務所に帰っててください」
麗奈「……わかった」
P「すいません、お送りできず……」
麗奈「ふんっ!後で埋め合わせしなさいよ!」
P「はい!レイナサマ!」
麗奈「全く、つまんないわね……」
32:
麗奈「ただいまー……」
時子「……」シ゛ロッ
麗奈「チッ」
時子「ふん」
麗奈「なぁ、あんたアタシの何がそんなに気に食わないんだ」
時子「はぁ?」
麗奈「そんなにつっかかってきて、なんでそこまでして喧嘩売りたいのよ」
時子「あなたに話す理由はないわ」
麗奈「喧嘩ふっかけといてそれはないでしょ。言いなさいよ」
時子「……ムカつくのよ」
麗奈「何が」
時子「いっつも!あの下僕と!一緒にいるのが気に食わないの!!」
麗奈「は?」
33:
時子「だいたいなんなのよ!私の下僕を好き勝手使って!」
時子「四六時中一緒にいて!送りまでしてもらって!」
時子「あいつは嫌な顔一つしないで一緒に仕事して!笑ってる!それが気に食わないって言ってるの!」
時子「どう解釈してもこの際どうでもいいわ。あいつは私の下僕なの。私に仕えるべきなの。別な奴に使われるなんて許さないわ。」
麗奈「……ふーん。あっそ。言っとくけど、アタシの下僕なのよ?ア・タ・シ・の・下僕。」
時子「……おとなしく引き下がってればいいものを、調子づいてもいいことなんかないわよ?」
麗奈「こっちの台詞よ……勝手に私物化しないでくれる?」
時子「勝手にもなにも、最初からあれは私のものよ……」
麗奈「言ってくれるじゃない……」
35:
P「ただいま帰りましたー。」
麗奈「……」
時子「……」
P「まーた喧嘩してるんですか?」
麗奈「喧嘩なんかじゃないわよ」
時子「ええ、くだらないわね」
P「嘘じゃないですか。もう、そんなに喧嘩ばっかりするなら嫌いになりますよ?」
麗奈「う、うううう嘘でしょ?!嘘よね!?」
時子「そ、そんなの許さないわ!絶対に許さない!」
P「じょ冗談ですよ!どうしたんですか血相変えて……」
麗奈「な、なんでもないわよ!」ヒ゜トッ
時子「全くだわ」スッ
P「……なんで二人とも寄り添ってくるんですか?」
麗奈「……なんとなくよ」
時子「私のやることにいちいち文句をつけないでくれるかしら」
P「ご、ごめんなさい……」
P(なんだこれ……)
37:
翌日
P「あのー……オフの日に買い物にくるのはいいんですが……」
P「なんで二人とも自分の手を握っておられるのですか」
麗奈「あんたが迷わないように手握ってあげてるんでしょ?」
時子「深い意味なんかないわ。勝手に詮索しないで?」
P「二人同時に誘ってきたのも、何か意味があるんですかね?」
麗奈「ほんとはそいつが邪魔なんだけどね」
時子「本当はそんなやつは来ない予定なのよ」
麗奈「………」
時子「………」
時子「そこをどきなさい?」
麗奈「やだ!」
P(仲良くなったようでよかった……)
終わり
3

続き・詳細・画像をみる


ヤンキーって絶対におかしいと思う

他人の家の塀の前で恥ずかしげもなくお洒落に家族写真撮る神経も衝撃的だった

生産終了してしまった商品を悔やむスレ

10年前の事を未だ会うたびに怒る友人。もう謝り疲れたよ

時子「そこをどきなさい?」麗奈「やだ」

1本の洋剣だけでシャンパンをかっこ良く開けるたった1つの冴えたやり方

back 削除依頼&連絡先