モバP「残業片付いたし帰るか……」back

モバP「残業片付いたし帰るか……」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「ふぅー……」ガチャ
響子「あ、Pさんお帰りなさいっ!」
P「……ああ、ただいま」
響子「今日もお仕事お疲れ様でしたっ。荷物預かりますね♪」
P「ああ、うん」
響子「もうごはん出来てますよー」
周子「お帰りー」ムシャムシャ
P「おうただいまー」
P「で、お前らどうやってこの家に入った?」
響子「てへっ♪」
周子「てへぺろー」
3:
響子「ちゃんと玄関から入りましたよ?」
P「ああ、そう。鍵はどうした」
周子「ちひろさんがくれたけど?」モグモグ
P「……ああ、そう。よく渡したな」
周子「ほら、ウチ和菓子屋じゃん?」
P「おう」
周子「だから渡したんだよ、金色の最中」
P「あんちきしょう」
5:
P「おかしいと思ったんだよ、会社に鍵一旦預けないといけないとか」
周子「いやあ、最近は遊ぶヒマも無かったからねー。お金が貯まる貯まる」ズズ
P「そうかよちくしょう」
周子「響子ー、みそ汁おかわりー」
響子「はいはーいっ。先にPさんの分よそうので待っててくださいねー」
周子「んー」
P「他人ん家になじみ過ぎだろうよ」
6:
響子「いっそ他人ではなくしてしまって……いえ、なんでもありませんっ!」
P「何を今更照れる理由があったんだ」
周子「お熱いねー」ムッシャムッシャ
P「そこの狐、傍観者気取るな」
周子「こんこーん。飼う?」
P「野生が何を言うか」
周子「血統書付いてるかもよ?」
7:
響子「はい、どうぞ」
P「くそう、めちゃくちゃ美味そう」
響子「それじゃ、お風呂沸かしてきますね」
P「……まあ、せっかくだから食べるけど」
P「……」モグモグ
P(うまい……)
P(……アレ? そういえば別に何も迷惑被ってないな)
周子「もー、お菓子くらい買っとこうよー」ガサゴソ
響子「あのっ! 下着全部洗っておきましょうか?」
P(撤回だちくしょう)
9:
P「とりあえず礼は言っておくけど、もう帰りなさい」
周子「どういたしましてー」
P「お前家物色しただけだろうが」
響子「あ、あのっ! 冷蔵庫の中身勝手に使うのは申し訳ないのでちゃんと材料買ってきたの使いましたから!」
P「次からその気遣いは別のところに使おうな」
10:
バタム
P「はぁー……」
P「なんか小慣れてる自分がイヤだわ」
P「風呂もあがっちゃったし、寝るか」
P「……すげえ気分が良いのがまた悔しいな」
11:
チュンチュン・・・
ユサユサ
P「ん……」
柚「PサンPサン! 起きてよ朝だよ!」ユサユサ
響子「おはようございます。ちょうどご飯出来ましたよー♪」
周子「んー……」zzz
P「増えとる」
12:
P「お前どうした」
柚「響子チャンについて来た!」ペカー
P(朝一には眩しいわあ……)
周子「……もうちょっと静かにしてくれへん?」ムー
P「そんでお前いつ俺の布団に入った」
周子「さっき。…………zzz」
P「寝るな寝るな。いつなんだ、何時なんだよ」
13:
P(と、まあ2,3日ほどこんな感じだったが何とか追い返した)
P(家族のようで中々楽しかったが……。いや、不法侵入だけど)
P(家族……。家族なあ……)
ガチャ
泰葉「ただいま、です」
P「おうお帰りー、泰葉」
14:
P「ごめんな、滞在ロケ一人で行かせちゃって」
泰葉「少し、寂しかったです。……なんて」
P「いや、スマン。どうしても担当が多いと手が回らないこともあって……」
泰葉「ふふっ、大丈夫ですよ。安心して経験の浅い娘達のカバーに回ってください」
P「本当に大丈夫だったか? 言い訳くさいが、気になって仕事が中々手に付かないってのもあってな」
泰葉「大丈夫でしたってば。心配してくれるのは嬉しいですが……♪」
1

続き・詳細・画像をみる


人間の脳は4次元を見ることができるのだろうか?

「にゃん斗百裂拳」 世界一激しい,猫のふすまの開け方

おとぎ話の登場人物効果を楽しむのに最適な世界26のファンタジー世界

【閲覧注意】催涙ガス弾を顔面に食らった学生の口が ”終わる”

ネットより現実世界の方が面白い要素がある事に気付く事が先決

【美味しんぼ】 元双葉町長が最近の鼻血写真を公開 「これが証拠だ」 →鼻血派たち歓喜

back 削除依頼&連絡先