刺激を求めすぎた人生を語るback

刺激を求めすぎた人生を語る


続き・詳細・画像をみる


聞いてくれ。
2: 二代目うんこまんじゅう◆85qvGhCCNc 2014/05/03(土)16:10:02 ID:aALlotc6f
いいよ
6:
>>2
さんきゅ
4: 4代目うんこまんじゅう◆XgzPoOaLlE 2014/05/03(土)16:10:25 ID:WJ6Bkctv2
牢屋に戻れ
7:
>>4
捕まってはない
9:
俺の中学校はかなり柄が悪く、ほぼ毎日問題が起きるような学生生活だった。
この中学校時代が俺の人格を形成したと考えている。
12:
生徒が先生に向かって椅子を投げる。
生徒同士の喧嘩で頭から流血する。
タバコ、時にはシ○ナーで捕まる奴もいた。
そんな毎日が嫌で学校が大嫌いだった。
でも、何もしない一日のほうが大嫌いで、なんだかんだ
学校には行った
15:
中学校三年にもなると、頭の悪いことを理由にグレる奴と
そろそろ人生の修正にかかる賢い奴のグループに分かれた。
もちろん、頭の悪い奴は勉強を開始する奴に
猛烈な嫌がらせをしてきた。
休み時間にいきなり数人に襲われ、骨折などもした。
最近までツレだと思っていたやつに教われると
友情とかは無かったんだと、痛みよりも悲しかった。
17:
学校でやらんでも家で勉強なんて十分できたやろ
19:
>>17
学校の成績がよくないと、内申って奴に響いて
良い高校に行けない制度だった
18:
俺はを孤立した。
俺の他にも勉強を開始したやつがいたけど
襲われて元の輪に戻っていった。
俺に友達は居なくなった。
ただ、ひたする勉強をする毎日。
休み時間と体育の授業が苦痛だった。
20:
>>18
体育なんて公開処刑のようなもんだよな
25:
俺は地区で一番の進学校に受かった。
だが、卒業式に一緒に帰る友達は居なかった。
親にその姿を見られるのが嫌で、わざと教室に遅くまで居た。
26:
教室の窓から花を持って楽しそうに帰る皆の姿をみて
少しだけ泣いた。
黒板には俺以外のほとんどが書いたであろう様々なメッセージがあった。
俺は端から端まで読んでいった。
28:
左から読んでいき、右端の日直の当番を記入するあたりに
小さく書かれている文字を目にしたとき、俺は号泣した。
それは、俺が不幸になるように書かれた文だった。
悪ふざけなのかもしれない。
冗談なのかもしれない。
だが、その時の俺は心底傷ついた。
それと同時に猛烈に怒りが湧いてきた。
俺はその瞬間を境に守りや安定というものを捨てた
ずっと人生を攻め続けてやる
一人で生き抜いてやる
そう誓って、花をゴミ箱に入れて
堂々と正門から家に帰った。
27:
親御さんはそんなヤンキーばっかの中学校に心配して無かったの?
29:
>>27
心配してたみたい。
後で聞いた話、俺がいじめられてると思って
学校に相談しにいったこともあるみたい
32:
高校生活は悪く言うと生温かった
中学校とは正反対で、不良は一人も居なかった
むしろ全員が優等生で、人格も出来た奴らだった。
俺はその環境に辟易した。
もうハブられていない、襲われもしない
体育でも輪に入れる
休み時間に話す相手も居る
そんな何一つ不満がない環境に不満があった。

33:
え?
35:
俺は中学時代の自分にリベンジをしなくてはいけなかった。
それなのにこんな優しい環境では駄目だと思った。
今までも流れを同じ高校の奴に、一度だけうち明かしたことがある
高校1年の夏だった。
そいつも同じように毎日に退屈していた。
俺は人生で初めて、本当に意味で友達が出来た。
34:
要は >>1は その時 つまらない人生を送りたくないと思ったんだな
38:
>>34
そーなんだと思う
すごく全てにイライラしていて
安定した生活に危機感を感じてた
39:
もっと アニメやドラマのような 青春をしたかったんだね
40:
>>1は今何歳?
42:
>>39
中学時代が無かったらそうだったと思う。
ただ本当に退屈が苦痛だった
>>40
最後に明かします
41:
その友達と俺は、刺激を求めていろいろなことをした。
クラブに行ったり、ナンパしたり、大学に潜り込んで
授業を受けたり、イベントに参加したり
遊びも勉強も、与えられたものではなく、自分から求めていった。
それでも俺の心は満たされなかった。
44:
高校三年になると、友達は留学する進路を選んでいた。
俺は何も無かった。
空っぽのまま高校3年になっていた。
友達から海外の話を聞いてるうちに
日本は狭いと感じて、高校卒業したら
1年間、地球を回ることにした
48:
親に猛反対されたが、反対されながらも諦められていた。
もうその頃の俺は無鉄砲でキチガイじみた価値観で
生きていた。
高校を卒業して俺はキュバのボーイを始めた。
給料がよかったという理由だけだった。
そこからボーズバーを経由して
何人かの愛人になった。
俺がお金をもらうほう。
夜の世界は多いに刺激的で、世界旅行が遅れた。
47:
留学か なんか夢でもあったの?
49:
>>47
友達はもともと帰国子女で英語圏が好きだった
ってのもあるし、外資企業で働きたいから
留学するって言ってた
50:
10ヶ月ほどで400万ほどを工面した
この時は一生、この仕事をしようかと本気で悩んだ
だが、少し飽きていた。
女の人からお金を貰う方法がわかってきて
人の本質が少しだけ理解できた気がした。
19歳の冬、愛人全てに1年間旅行に出ることを告げた。
お金を返せと言われる思っていたが
逆に皆、お金をくれた。
そのとき、人の本質なんてちっともわかっていなかったんだと
実感した。
それと同時に、本当に多くの人に感謝した。
その時から少しづつ変わっていってたのかもしれない
俺は19歳の春に旅にでた
51:
愛人って女?
52:
キュバ? キューバの間違いかな?
53:
中身がなんかこないだテレビにでてた整形狂いの男の子みたいだ
55:
>>51
俺は男だよ
>>52
ごめん キャバ だわ
>>53
整形はまったくしてないよ
54:
まずは韓国だった。
ソウル 明洞は大阪の鶴橋となんら変わりなかった。
はずれと思って、地下鉄で見知らぬ土地にいった。
駅名もいまとなってはわからない。
そこで俺はオモニの優しさに触れる。
日本を嫌いな韓国はそこになく
ただ、一人の人として接してくれた。
56:
メディアの流す情報と全然違って
大切なことを判断する時は、自分の目と耳で判断しようと思った。
次は中国だった
59: 二代目うんこまんじゅう◆85qvGhCCNc 2014/05/03(土)17:18:08 ID:aALlotc6f
>>56
なんか月並みな学びだな
57:
お前じゃねーよ。
愛人は女だよな?ってきいてんの
58:
何を使って移動してるの?飛行機?船?
61:
>>57
そだよ
>>58
基本飛行機
>>59
その月並みの感覚をもって無かった
全て敵 みたいな猜疑心だった
60:
中国では都会部分ではんく、万里の長城のツアーに現地で参加した。
ひたすら歩いて感動よりも、スポーツに近い感覚になっていた。
あまり中国の歴史に興味がなく蘊蓄もないので
楽しみは少なかった。
大きなことを成し遂げるには明確な目的と
計画性が必要と感じて中国はおさらばした
次はフィリピン
62:
何語しゃべれるの?
63:
オモニってなんだっけ
64:
>>63
韓国語で母じゃなかったか
67:
>>62
英語くらい
あとは世界のいろんな国の辞典が入った
電子辞書もっていった
>>63
>>64の通り
65:
フィリピンには知り合いがいて、世話をしてもたっら。
夜の街は性が乱れすぎて、人の価値がわからなくなった。
貧しいことは悪なんだと実感した。
日本というお金を生み出すシステムがいくつもあり
知恵をもってるやつが正当なルートをで金を稼げる
環境に感謝した瞬間だった
次はシンガポール
68:
シンガポールはただの観光で終わった
何か刺激を得た記憶はない
次はタイ
69:
あっさりすぎてワロタ
70:
タイは本当にお世話になった。
タマサート大学の生徒と仲良くなって
なぜか授業をうけさせてくれた。
かわりに日本語の授業で少し日本語を教えた。
バンコクは都会だったが他は乱れまくっていた。
親日家が多く、皆優しかった。
タイで彼女ではないが、良く世話をしてくれる人に出会い
3週間ほど滞在した
昭和の日本の生活は知らないけど
貧しい中に暖かさを感じられた。
家に帰りたいと少し思ってしまった
次はミャンマー
73:
>>70
タイも性乱れてなかった?
俺はタイの底辺層嫌いなんだわ。
ホント胸糞悪い。
72:
韓国はツアーで行ったの?
76:
>>72
韓国はツアーじゃないよ
>>73
タイも乱れてたけど、フィリピンほど多くみてないのと
居候させてもらってたから、胸くそ悪い場面にあまり出くわさなかった
74:
これ終わりないな
ざっと飛ばして
そのまま西に進んでヨーロッパからアメリカに移った
LAでの生活が始まる
75:
ミャンマーも頼むよ?
77:
>>75
ミャンマーは料理が油っこいけどうまい
雰囲気はタイと似ていて、この頃から国籍や
人種で人を判断しなくなった
もうどこも同じ
俺が思うことが全てと思った。
宿でゴキブリが大量にでたけど
なぜかなんとも思わなかった。
そーいう国か
と割り切れた。
78:
韓国でぼったくりとかあった?
韓国語話せる?
81:
>>78
まったくなかったよ
明洞は全部日本語でいけるし
韓国語はまったく話せない
あにょはせよー
とか
後は単語くらい
80:
LAに行くまでに5ヶ月ほどたっていた
友達がすんでいる家に俺もホームステイさせてもらった
79:
俺も東南アジア行きたいなぁ
いくらぐらいかかるのかね。
82:
>>79
飛行機代はわかんないけど
現地では安い宿に泊まると一日3千円くらいで
すごせるよ
83:
LAで俺は友達の大学で授業を受けたり
ホームステイ先の人の仕事を手伝ったりした。
そこでは帝王学というものが浸透していて
俺はこの帝王学に多いに興味をもった。
85:
そろそろ終盤
92:
20歳の俺は日本に帰ってきた。
成人式には間に合わなかったけど、どうせ友達も居ないので
なったく惜しくは無かった。
帰国した俺は全てに刺激を受けれるようになっていた。
全てに感謝も出来るようになっていた。
俺は縁もあって起業した。
起業といっても本当にたいしたことのない事業だ。
あまり詳しくは書けないけど、泥臭い、ニッチ産業だ。
でも、俺は満足している。
刺激を求め続けて、安定を求めなかった俺が満足できている。
それは自分の力で何かをしたとう軌跡を確かめられることと
確かに今の自分には色んな支援をしてくれて、感謝できる人が居ること
それに満足している。
俺は今年で26で、先月結婚した。
俺を不幸になれと書いた奴に今では感謝している。
卒業式に負のことかもしれないけど、俺を考えてくれたこと。
そしてその負の力が俺を変えてくれたこと。
何がきっかけで人間どう変わるかわからないけど
俺は中学時代の俺を乗り越えれたと思っている。
それはずっと刺激を追い求めて、満足するまで止まらなかったからだと思う
だからもし皆が刺激を感じていることがあれば胸をはって求め続けてほしい
刺激がない日々なら何か飛び出してみてほしい
たぶんそれが言いたかっただけ
93:
同い年だけど俺より随分立派だわ

95:
>>1乙!
今は幸せに暮らしてるんだね
98:
>>95
やっと幸せって感じる日々です
100:
>>98
幸せにね!
94:

滞在した国リストを書いてくれないか?
96:
>>94
韓国
中国
フィリピン
シンガポール
タイ
ミャンマー
インド
ドイツ
オランダ
フランス
イタリア
スペイン
イギリス
アメリカ
ヨーッロパは順不同
97:
>>96
すげぇ
99:
インドkwsk
102:
>>99
ニューデリーから入ったけど
カルチャーショックなくらい混沌としてた。
すごい煌びやかな商業施設と道路を介して一変する町並み。
差別を感じることも多くて、時代の進化に乗っている人と
そうではなく、宗教の影響を色濃く受け継いでいる人と
味わったことのない、価値観があった
俺は嫌いな国
101:
ドイツ人 でかい奴 多かった?
104:
>>101
ドイツが特別でかいって感じなかったかな
103:
行動力がすごい。
自分も1と同い年だけど、もっとこんな風に行動すればよかったなぁ。
お幸せに!
105:
風俗は行った?
107:
>>105
全部の国じゃないけど行った。
夜の街は全部行った。
108:
さてそろそろ質問も落ち着いたし落ちます
聞いてくれてありがとう
それでは。
109:
良スレだったぜ!もう一度いうが>>1乙!
引用元: ・刺激を求めすぎた人生を語る
【閲覧注意】妹(17)のブラジャーを装着した結果wwwwwwwwwwwww
【宇宙ヤバイ】 7才児の頭に隕石が衝突 【閲覧注意】
【報】三谷幸喜空気ぶち壊しの放送事故wwwwwww
中国で「食事代は客が決める」レストランが登場、連日大盛況。  なお利益は
- 記事をツイートする
- 記事をはてブする
妹はVIPPERの全記事タイトルの一覧はこちら!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「俺「」」カテゴリの最新記事
- コメント( 1 )
-
-
1.
1:

続き・詳細・画像をみる


彼女との待ち合わせで4時間待たされて着信拒否にした結果wwwww

【日本の科学界の現状】 小保方さん「『捏造』の定義は?はい論破」 理研「貴方には答えませぇ〜んwwwはい論破www」

フジテレビ「めちゃイケ」、ネットで物議の小保方氏ネタ放送せず

『メガ・シャーク』シリーズのサメからフカヒレスープは何杯作れる?

アスカ「シンジー、あれとってー」シンジ「はい」ミサト「……」

【野球】個性的なキャリアを過ごした、東大出身のプロ野球選手たち

back 削除依頼&連絡先