P「よし、やよいにいたず…やよいと遊ぼう!」back

P「よし、やよいにいたず…やよいと遊ぼう!」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「暇じゃないけど暇な時間が出来た」
P「それにしてもやよいは可愛いよなぁ」
P「ああ…やよいに悪戯…げふんげふん!!」
P「よし!やよいと遊ぼう!!」
P「そうと決まれば>>5をしようそうしよう!」
P「遊びなんだしあんまりひどいことは出来ないな」
P「へっへっへ?やよいー遊ぼうな?」ニタニタ
5:
無視
7:
やよい「おはようございまーす!」
P「……」
やよい「あ、プロデューサー!おはようございますー!」
P「……」スッ
やよい「…う?」
やよい「聞こえなかったのかな…?」
P「……」カタカタ
8:
P「んー…コーヒーでも淹れるか」ガタ
やよい「あ、プロデューサー!おはようござ…」
やよい(はわ…?プロデューサーの首に何かかかってる)
やよい(えーと…む…)
P「あれ?インスタントコーヒーどこに置いてたっけ…?」
やよい「あっ!プロデューサー、動いたらダメですー」トテトテ
P「あ、あったあった」
やよい「えーと…無視ごっこ……?」
P「カップを用意しまして?♪」
やよい「あの、プロデューサー…無視ごっこって…」
P「?♪」
やよい「プロデューサー」
P「早くお湯沸かないかな?」
やよい「…!」
やよい「なるほど、わかりました!そういうことですねー!」
10:
やよい「うっうー!私も負けませんよー!」
P「お、沸いた」コポコポ
やよい「……」
P「ん?いい匂いだな、インスタントだけど」
やよい「はい!」
P「さて…仕事の続きでもするか」
やよい「あ…そうだった!」
P「……」
やよい「……」
P「……」カタカタ
やよい「……」
P「……」
11:
やよい「うー…」
P「……」
やよい「あの…プロデューサー…」
P「……」
やよい「このごっこ、いつまで続くんですか?」
P「……」
やよい「うー…あんまり楽しくないかも」
P「……」
13:
P「あーなんかハイタッチがしたい気分だな」
やよい「!」
P「こう手を上にしたら…ぱちんって聞こえたらいいのになー」スッ
やよい「ハイ、ターッチ!」パチン
P「いえい!」
やよい「えへへ」
P「やよいおはよう」ナデナデ
やよい「はい!おはようございまーす!!」ニコ
14:
P「朝からやよいは可愛いなぁ」
P「さて次はに何して遊ぼうか」
P「うーん…」
P「あ、そうだ>>18とかどうだろうか」
P「さっそく行動だな」
18:
一緒にお風呂
22:
チャプ…
P「あ?いい湯だな?」
やよい「あぅ…」カァ
P「ほら、やよいも肩まで浸からないと」チャパ
やよい「はわっ!?は、はい!」
P「はぁ?生き返るわぁ」
やよい「……」ドキドキ
やよい「あ、あの…プロデューサー!」
P「ん?どうしたやよい」
やよい「どうして一緒にお風呂に入ってるんですか…?」
P「そりゃ一緒に入ったほうが効率的だからだろ?」
やよい「あ、それもそうですね!変なこと聞いちゃってごめんなさい」エヘ
やよい「……うー??」チャプ
23:
P「……」ツヤ
やよい「はわっ!?ぷ、プロデューサー?」
P「やよいはいつも髪をあげてるから」
P「こうやっておろしてるのは初めて見るかもしれん」サワサラ
やよい「そうですか?」
P「ああ、艶もあって綺麗だ」
やよい「あ、ありがとうございますー」
P「普段見ることがない髪のおろしたやよい…濡れた髪……いい」
やよい「う?プロデューサー…?」
P「やよいはかわいいなぁ」ナデナデ
やよい「あ…えへへ」ニコ
26:
P「いい湯だった」ホコホコ
P「それにしてもやよいはついつい撫でてしまう」
P「それだけやよいには魅力があるってことだな」
P「さっぱりしたし」
P「>>30でもしてみるか」
30:
乳首クリック
32:
P「やよいー」
やよい「はーい!なんですかー?」テテテ
P「ちょっとそのままでじっとしててくれ」
やよい「? わかりました」ジッ
P「……」スッ
やよい「う?人差し指を立ててどうするんですか?プロデューサー」
P「こうするのさ」フニ
やよい「はわっ!?」
P「ああ…この感触が人差し指だけというのが残念でならない…!」
やよい「うー…プロデューサー…」
P「その前にやよい…ブラはどうした?」
やよい「あ…お風呂に入ったから忘れてましたー…」
P「なんということだ」
35:
P「やよい…そんなんだから、こんなに正確に乳首クリックが出来てしまうんだぞ!」クリックッ!
やよい「ふぁっ…ご、ごめんなさい」
P「まったく、ちゃんとブラはしないとダメだろ?」フニプニュ
やよい「はい…んっ…あの…プロデューサー…」
P「どうした?」クニフニ
やよい「はぅ…ブラ…着けてきますから、やめてほしいかなーって…」
P「おう、わかった」
やよい「あ…じゃあ行ってきます」
P「またあとでな」
37:
P「ふぅ…」
P「けしからんな」
P「やよいが戻ってくるまでに次の遊びを考えないとな」
P「ふむ…」
P「>>42をしよう!」
P「へっへっへ」ニタニタ
42:
>>20
20:
やよいの顔面にハイターッチし続ける
47:
やよい「プロデューサー!」トテトテ
P「お、着けてきたか?」
やよい「はい!」
P「よしよし…じゃあ」スッ
やよい「ハイ!」
P「ターッチ!」ペチ
やよい「わぷっ」
P「……」
やよい「うー…プロデューサー、そこは私の顔ですー」
P「すまん、間違えた」スッ
やよい「ハイ!」
P「ターッチ」ペチ
やよい「はわっ!?」
やよい「そこはおでこですー!」
50:
やよい「うー…プロデューサーいじわるです!」
やよい「全然タッチしてくれません!」
P「悪かったって」
やよい「ぷんっ!もうプロデューサーなんて知りません!」
P「あ、おいやよい…」
P「…ちょっとしつこくやり過ぎたか」
53:
P「やよいを怒らせちゃったな」
P「やよいの機嫌をとるためにこんなときは…」
P「>>56をしよう」
P「これで許してくれればいいんだけどなぁ」
56:
垂直式ブレーンバスター
63:
P「やよい…」
やよい「あ、プロデューサー…じゃなくてぷんっ!」プイ
P「やっぱまだ機嫌なおってないか…仕方ない」
P「ソファーをくっつけてっと…」
P「仮眠用の毛布をたくさん敷いて…」ボフボフ
やよい「…?」
P「うし、十分柔らかいな」
やよい「何してるんですか?」
P「何って今からすることの準備だよ」ガシ
やよい「はわっ!?プロデューサー!?」
やよい「離してください!!」
P「よっと…やよいは軽いなぁ」
やよい「わわっ…!プロデューサー!!降ろしてくださいーっ!!」
P「おーけー」グン
ボス
66:
P「ってやったら男の子とかは喜んだりするかなーって」
P「うん…やよいは女の子だもんね…」
やよい「ひくっ…怖かった……っ…です…」グス
P「ごめんよ…やよい、もうこんなことはしないから」
やよい「すんっ…約束ですよ…?」
P「ああ」ナデナデ
やよい「じゃあ…許します…」
P「ありがとうやよい」ギュ
69:
P「失敗だなぁ」
P「まさか泣かしてしまうなんて」
P「どうせ泣かすなら嬉し涙だよなやっぱり」
P「次はやよいが楽しめるようなことをしないとな」
P「どうしようか」
P「そうだ>>72ならいいんじゃないか?」
72:
パワーボム
79:
P「やよいー」
やよい「はい…」ヒョコ
P「おいで」ポンポン
やよい「あ、ソファー…まだ直してなかったんですね」ポフ
P「ああ、せっかくモフモフにしたからな」
P「ところでやよいは絶叫系は好きか?」
やよい「絶叫系ですか…?」
P「ああ、遊園地のジェットコースターみたいなやつだ」
やよい「うー…乗ったことがないので分からないですけど」
やよい「その…高いところが苦手なので、たぶん苦手だと思いますー」
P「そういやそうだったな」
81:
P「でもなやよい、アイドル活動をしていくうえで」
P「いつか、もしかしたらそういうのに乗らないといけない仕事がくるかもしれない」
やよい「はわっ!?困ります!」
P「だからそんな仕事に備えて練習というか、ちょっと慣れといたほうがいいと思う」
やよい「うー…」
P「もちろんそんな仕事は極力避けるようにするが」
P「絶対にないとは言えないからな」
やよい「うー…わかりました」
P「えらいぞやよい」ナデナデ
やよい「それで…どうするんですかー?」
83:
P「さっきやよいを泣かしてしまったんだが」
P「プロレス技は結構絶叫系に似た感覚になると思う」
P「もうしないと言ったばかりで悪いが、それを利用させてもらおうと思ってる」
やよい「え…?」
P「もちろんやよいが嫌ならやらないぞ」
P「そもそもやらないって言ってるのにそれを破ってる俺が悪いんだからな」
やよい「……」
P「どうする?」
やよい「…やります」
P「やよいは強いな」ナデ
やよい「えへへ…頑張りますー!」
85:
P「そうと決まればさっそくやろう」
やよい「はい!」
P「じゃあやよい、立ったまま前屈の状態になってくれるか?」
やよい「こう…ですか?」
P「ああ、じゃあやるぞ」ガシ
やよい「んっ」ビク
P「大丈夫だやよい…下は柔らかいし、絶対に痛くしない」
P「どんな感じになるか最初はすごくゆっくりやるな?」
やよい「…はい」ドキドキ
P「いくぞ」グイ
やよい「ふあ…」
P「こうして…やっぱりやよいは軽いな」
やよい「わわっ…!」
P「…こうなる」グン…ポス
やよい「あぅ…」
87:
P「あ…」
やよい「うー…」カァ
P「悪い…スカートだったな」パッ
やよい「はい…あの、それに…」
P「ん?」
やよい「その…すごく格好が恥ずかしいなーって」カァア
P「あー…確かに」
やよい「ですけどどんな感じになるかはわかりましたー!」
P「ああ、少しずつ早くしていくからな」
やよい「はわ…」
P「大丈夫…少しずつ慣れていこうな」
やよい「はい!」
P「じゃあとりあえずトレーニングウェアに着替えてこようか」
やよい「はい!」
89:
P「有意義な時間を過ごせたな」
P「まだまだ慣れてないけど」
P「時間をかければきっと慣れていくだろう」
P「身体を動かして少し疲れたから」
P「次は軽めの遊びでもしようか」
P「そう>>94とかな」
94:
首すじペロペロごっこ
100:
P「やよいー」
やよい「はい!」ヒョコ
P「お、ソファー直しててくれたのか」
やよい「はい、後は毛布をしまうだけですよー」ニコ
P「ありがとな!毛布は俺が片付けとくよ」
やよい「ありがとうございますー!」
P「疲れただろ?ソファーに座って休むといい」
やよい「まだまだ元気ですよー?」
P「ダメだ、疲れはいつ来るか分からないからな」
P「休めるときに休まないと」
P「じゃないと無理やり座らせちゃうぞー」バッ
やよい「はわ!?」ポフン
101:
やよい「ぷ、プロデューサー…」
P「少し汗をかいてるな」
やよい「あ…せっかくお風呂に入ったのに…」
P「…」ペロ
やよい「ひぁ!?」
やよい「プロデューサー!?」
P「どうした?」チロ
やよい「ふふ、くすぐったいですー」パタパタ
P「続行」
やよい「んぁっ…どうして舐めるんですかー?」
P「ダメか?」ペロロン
やよい「汚い…れすよっ…はぅ」
P「汚いわけがない」
P「汚いわけがない!」
106:
P「やよい…」ペロレロ
やよい「ふぅっ…プロデューサー…」
P「やよいの汗…美味しいぞ」
やよい「あぅ…」カァ
P「いつまでも舐めていたい」ペロレル
やよい「あっ…ダメ…です」
P「聞こえない」レー…ロロン
やよい「はぅ…んっ」ビクン
P「可愛いぞやよい」
やよい「プロデューサーぁ…」
108:
やよい「えい」チロ
P「!」
やよい「お返しです」カプ
P「おお」ゾクゾク
やよい「んっ…れろ…」ペロ
P「や、やよい…タンマだ」
やよい「ふぅ…きこえません…んぅ」レロリン
P「ふああ」
109:
P「なんだ…あの破壊力は」
P「こっちが持っていかれそうだった」
P「…やよいはシャワーを浴びに行ったか」
P「ふむ…」
P「じゃあ次は>>115でもしてみるかな」
P「へっへっへ」
115:
伊織の財布をやよいの鞄に入れる
119:
やよい「ふぅ、さっぱりしたー」フキフキ
やよい「早く着替えなきゃ」フル
やよい「よいしょ」ガサ…ポロ
やよい「ん…?これって」
やよい「伊織ちゃ?ん!」
伊織「あらやよい、どうしたの?」
やよい「これって伊織ちゃんの財布だよね?」
伊織「そうね…ってどうしてやよいが持ってるのよ」
やよい「なんかね、私の鞄の中に入ってたよ?」
伊織「おかしいわね…でもやよいが盗るわけないし」
やよい「どこで入っちゃったんだろうねー?」
121:
伊織「まあどうせ盗ったところでカードしか入ってないし」
伊織「そのカードも水瀬の者しか使えないから問題ないんだけどね」
やよい「へ?やっぱり伊織ちゃんはすごいね!」
伊織「立派さで言うならやよいだってすごいじゃない」
やよい「えー?そうかなぁ」
伊織「そういう変わらず謙虚なところもやよいのいいところね」
やよい「えへへ」テレ
伊織「ん?どうしたの新堂」
新堂「……」ボソボソ
伊織「ふんふん…なるほど、あのバカがね」
新堂「……」ボソボソ
伊織「わかったわ、ありがとう」
伊織「さぁて、どうしてくれましょうかしら」
やよい「?」
124:
P「すごいな」
P「ちょっとした遊び心がまさか命にかかわるなんて」ボロボロ
P「考えて行動しないとダメだね」
伊織「次はないわよ?」
P「い、伊織!?いたのか」
伊織「なに?いたらダメっていうの?」
P「い、いえ…そんなことはありません」
P「くそ…せっかくもっとやよいと遊びたかったのに」
P「一時中断するしかないようだな」
伊織「なに?また悪だくみかしら?」
P「ひっ…そんな滅相もない!」タタタ
伊織「あ、待ちなさーい!」
P「やよいーまた遊ぼうなー!」
おわり
131:

12

続き・詳細・画像をみる


【画像&動画レポ】 青島に行ってきました

【虎ファン】これからの阪神のキーマンって

めちゃイケ、小保方さんをネタにした「阿呆方さん」を放送予定→批判殺到で中止か?

ホラーすぎるだろ!ニュージーランドの「呪いのかかし」

オトナになった時東ぁみ(26)「お尻を堪能してください」

爆笑問題・太田光「気持ち悪くなっちゃったね。日本人」

back 削除依頼&連絡先