北条加蓮「昔とは違うんだよっ♪」back

北条加蓮「昔とは違うんだよっ♪」


続き・詳細・画像をみる

1:
凛「いやでも……また無理したりしたらさ」
加蓮「しないってば」
奈緒「そういうこと言って、どうせまたぶっ倒れるんだろ?」
加蓮「奈緒! もー、Pさんまでそういうこというの? 私だって強くなってるし! 見ててよ!」
凛「あ、加蓮ってば……」
奈緒「公園だからって走ると危ないぞー」
凛「元気があるのはいいことだけど」
奈緒「ハナコじゃないんだから……」
2:
加蓮「いーい? 鉄棒で1回転してみせるから!」
凛「はあ。なんで突然」
加蓮「私が元気だって証拠を見せるの!」
奈緒「お、おう分かったって。無理すんなよ加蓮」
凛「プロデューサーも止めてるしさ……」
加蓮「分かってない! よし、いくよ? Pさんも見ててね……」
3:
加蓮「はっ……えいっ!」
奈緒「おお……」
凛「意外と綺麗に回るね」
加蓮「よし……ふふっ。どう?」
奈緒「まあ、良かったけど……」
凛「出来てはいたけど……」
加蓮「Pさんも見たよね! ……何かあったの?」
奈緒「……その」
凛「加蓮、今スカートでしょ」
加蓮「……あっ」
4:
加蓮「……もうお嫁にいけない」
奈緒「ま、まあまあ! 別に見たのあたしらだけだし!」
凛「そうそう。見ても減るもんじゃないよ」
加蓮「Pさんに見られた……」
奈緒「いやいや、どうせPさんは見慣れてるから! な!」
凛「それはそれでどうなの?」
加蓮「今日勝負パンツじゃないのに……」
凛「問題そこなの?」
5:
加蓮「えへへ……クレープクレープ♪」
奈緒「お菓子一つで機嫌が直るなんてな」
凛「加蓮も、まだまだお子様ってことだね」
加蓮「Pさんこれ食べてみる? はい、あーん」
奈緒「……」
加蓮「Pさんのもくれるの? ちょっと恥ずかしいな……あーん♪」
凛「……」
加蓮「ふふっ……甘くて美味しいね!」
奈緒「なあ凛。このクレープ甘過ぎね?」
加蓮「えー、残したらもったいないよ? 食べてあげようか?」
凛「プロデューサーに食べてもらうよ。はい、口あけてプロデューサー」
奈緒「あ、あたしのもっ!」
加蓮「くすくす……凛と奈緒ったら」
6:
加蓮「そういえば最近、プリクラ撮ってなかったなー」
凛「ああ……撮る?」
奈緒「うーん。4人だとちょっと狭くないか?」
加蓮「……Pさんと密着できるチャンスだよ?」
奈緒「みっ、みみみ密着!? そんなのダメだ! 『ほっぺにちゅっ♪』とか『らぶらぶラクガキ♪』とかなっちゃうだろ!」
凛「奈緒って面白いよね」
加蓮「ふふ……それは私も思うよ」
奈緒「そんでそんで……しまいには『ぎゅっ♪』とかされたり!」
加蓮「奈緒ー置いてくよー」
7:
凛「予想はしてたけどね……」
奈緒「な、なあ。もうちょっと寄ってくれよ」
加蓮「そうは言っても、結構ぎりぎりだよ?」
凛「撮るよ? いい?」
加蓮「待って待って、位置がまだ……」
奈緒「うわぁっ!? 今お尻触ったの誰だよ!?」
加蓮「Pさんどさくさに紛れて何してるの!」
凛「ごめん、今の私」
奈緒「な、なんだ……凛か」
凛「がっかりさせてごめんね?」
奈緒「なんでだよ!」
8:
加蓮「もー、凛ってば私まで触らないでよー」
凛「えっ? 今誰にも触れてないけど……」
奈緒「あたしも触ってないぞ」
加蓮「ってことは……」
凛「プロデューサー、セクハラはだめだよ」
奈緒「まったく。加蓮にはそういうことしちゃだめだろ」
加蓮「ふふ。奈緒なら良いってことー?」
奈緒「ち、ちち違うけど、加蓮が嫌な思いするくらいならあ、あたしがっ」
凛「撮ったよー」
9:
凛「そうだ。ハナコの散歩しないと」
加蓮「ねえ凛、私たちも付いていっていい?」
凛「もちろん」
奈緒「ハナコかー。そういや、一緒に散歩するのも久しぶりだな」
凛「プロデューサーとは度々してるけどね」
加蓮「あ、ずるーい。抜け駆け禁止だってば」
奈緒「まあ、散歩くらいならいいじゃないか」
加蓮「Pさんの散歩は私がしてあげるのにね?」
凛「ハナコでしょ」
奈緒「Pさんのささささ散歩!? おい加蓮、それどーゆーイミだよ!」
加蓮「さあー?」
奈緒「答えろよー! 『言う事聞けたらなでなでしてあげる♪』とかダメだぞ!」
凛「奈緒、私の家通り過ぎてるよ」
11:
凛「いってきまーす」
加蓮「ね、ね。リード持たせてっ」
凛「はいはい」
奈緒「へへ……ハナコ元気だったかー?」
凛「無愛想なご主人様より、可愛い女の子のご主人様がいいってさ」
加蓮「そ、そうかな……私って可愛いかな。Pさんどう思う? ……えへへ♪」
奈緒「うわ熱っ、ここだけ熱いっ!」
凛「ハナコが汗かいてるんだけど」
加蓮「暑いかな? 割と涼しいと思うけど」
奈緒「そりゃ本人たちは涼しいよな、まったく」
凛「もうちょっと薄着してもよかったかな……」
12:
加蓮「二人とも、暑いなら京都とかおすすめだよ」
奈緒「そういや撮影で行ったんだっけ?」
凛「どうだった? 倒れなかった?」
加蓮「凛は私をどう思ってるのさ! 別になんともなかったってば!」
奈緒「はは、そりゃよかった」
凛「プロデューサーが付いてるとはいえ、心配といえば心配だったからね」
加蓮「あんまり嬉しくなーい……」
奈緒「よしよし、悪かったって。京都の思い出話聞かせてくれよ、な?」
加蓮「えー。どうしよっかなー?」
凛「ハナコもプロデューサーも聞きたいってさ。ね」
加蓮「Pさんは一緒に行ったでしょ、もう。しょうがないなー」
13:
───。
加蓮『PさんPさん! 景色すごいよ! 見てみて!』
加蓮『きゃっ……カーブかな? 揺れちゃったね』
加蓮『あ……ふふ。支えてくれてありがとね』
加蓮『でも、抱きしめられるのはちょっと恥ずかしいな……』
加蓮『また揺れると危ないし……もう少し、支えてて……ね?』
14:
───。
加蓮『さすが、都の旅館って風情あるよね』
加蓮『長旅で疲れちゃったし……布団敷いてあるんだっけ? ふふ、飛び込んじゃおーっと』
加蓮『……ってなんかくっついてる!?』
加蓮『ど、どうする……離す?』
加蓮『それとも……や、やっぱなんでもない!』
15:
───。
加蓮『着物なんて久しぶりに着ちゃった……』
加蓮『ライブの衣装にウェディングドレスに、今度は着物かあ……』
加蓮『次はどんな服を着せられちゃうのかな?』
加蓮『楽しみにしてもいい? しちゃうよ?』
加蓮『……またウェディングドレスでもいいよ』
加蓮『なんて、ね?』
16:
加蓮「……って感じで」
凛「ふふ。楽しそうで何より」
奈緒「撮影なのか? 新婚旅行でしたとかじゃないよな?」
加蓮「やだなあ。撮影に決まってるよ、もう」
凛「プロデューサーも大変だね」
加蓮「じゃないと、私たちをプロデュースなんてできないもんね……あれ、Pさんは?」
奈緒「途中で真っ赤になって、先に事務所へ帰っちゃったよ」
加蓮「えー。せっかく一緒に散歩しようと思ったのに」
凛「まあまあ。他にはどんなだった?」
加蓮「えっとね、水辺で遊んだ時はね……」
17:
───。
加蓮『きゃっやっぱり冷たい!』
加蓮『でも気持ちいいな』
加蓮「───って京都の撮影楽しかったから皆で旅行したいなって。オフ合わせない?」
奈緒「いいけどそのテンション大丈夫かー?」
凛「そうだよ。そういうときに限ってはしゃいでムリしたりとか……」
奈緒「熱出してまた寝込んだり……とかありえるからな」
加蓮「ふんっ行くよハナコ! ご主人様置いてこっ!」
奈緒「あっこら! ミニスカで走るなって! 元気なのは分かったから!」
凛「まったく……私たち誤解してたのかも」
加蓮「うふふっ。昔とは違うんだよっ♪」
18:
おしまい
1

続き・詳細・画像をみる


【米国】死刑執行の薬物注射に失敗、40分もだえ苦しみ死亡

かわいい赤猫に仮装して町中で踊る、招福「赤猫まつり」開催!

アニメを真似して女子の頭を撫でたら「うわキモ!!触んな!!」って言われたんだが・・・

普段温厚で中々キレないお前らが唯一されたらキレること

【しっとり】深夜に合う切ない曲を貼るスレ【じんわり】

イラっとする運転。無理矢理抜いてく原付、左折時に振れる、信号待ちでズルズル前進他は?

back 削除依頼&連絡先