千早「恋バナをしましょう」 雪歩「えっ?」back

千早「恋バナをしましょう」 雪歩「えっ?」


続き・詳細・画像をみる

1:
千早「恋バナですよ、恋バナ!」
雪歩「いや、そんな春香ちゃんっぽく言われても……」
千早「私は恋バナをしたいのよ。雪歩」
雪歩「う、うーん……こういうときどんなリアクションをすればいいのかわからないよ……」
2:
千早「雪歩は無いの? 恋バナのひとつやふたつ」
雪歩「うーん……私自身のは特に無いなあ……」
千早「そう……実に悲しいことね……」
雪歩「そ、そんな憐れむような目で見ないでほしいな!?」
6:
雪歩「そういう千早ちゃんはあるの?」
千早「ないわ」
雪歩「じゃあなんでいきなり恋バナなんて」
千早「…………」
雪歩「…………」
千早「……実は最近、クラスの女子たちと話す機会が増えてきたのよ」
雪歩「あ、そ、そうなんだ?」
千早「今まではろくすっぽ会話もしていなかったのだけど」
雪歩「…………」
千早「やっぱりこのままじゃよくないと思って、勇気を出して少しずつ話し掛けたりするようにしたら、皆結構気さくに話してくれるようになったのよ」
雪歩「それはよかったねぇ」
8:
千早「そんな日々の中、私はある会合に呼ばれたわ」
雪歩「会合?」
千早「――『女子会』よ」
雪歩「あー」
千早「私、事務所の皆以外の人たちと、初めて一緒にファミレスに行ったわ」
雪歩「どうだった?」
千早「……めっちゃくちゃ楽しかったわ」
雪歩「本当によかったねぇ」
10:
千早「そう、それ自体はとても良かったのだけど……」
雪歩「だけど?」
千早「話が盛り上がってくるにつれ、皆、こう……何とはなしに始めるのよ」
雪歩「……それって」
千早「ええ。……『恋バナ』よ」
雪歩「ヒィィ」
千早「今付き合ってる彼氏がどうとか、前の彼氏がどうだったとか……即座に顔を伏せる私がそこにいたわ」
雪歩「狂おしいほどによく分かるよ、千早ちゃん」
千早「いつ自分に水を向けられるかと思うと気が気じゃなかったわ」
雪歩「そうだよねぇ」
千早「まあでも結局聞かれたんだけどね」
雪歩「あぁー」
17:
雪歩「まあでも私達の場合、立場上恋愛とか無理だし……」
千早「そう、その通りよ雪歩」
雪歩「だよね」
千早「今思えば、そう言えばよかったんだわ」
雪歩「えっ?」
千早「……場の空気を冷ましてしまうことを恐れた私は、咄嗟に見栄を張ってしまったのよ」
雪歩「まさか……『恋人がいる』って言っちゃったの?」
千早「…………」コクリ
雪歩「えぇー。千早ちゃん、それは色々とまずいんじゃ……」
千早「そうね。嘘をついたこともまずいし、仮にこの噂が広まってしまったらもっとまずいわ」
雪歩「そうだよ。今からでも皆に謝った方が」
千早「……でも一番まずいのは」
雪歩「?」
千早「『その恋人は雪歩』って言ってしまったことよ」
雪歩「どいひー」
24:
雪歩「なんでなんでなんで? いくら千早ちゃんでも頭のねじ飛びすぎだよぉ……」
千早「ちょっと気になる発言があったけど今は流すわ、雪歩。すべては私の過失が招いた結果」
雪歩「完全に故意犯だよぉ……」
千早「面倒くさかったから省いたけど、本当は『765プロ同士で付き合ってる子たちとかいないの?』って聞かれたのよ」
雪歩「それ省いたっていうか全然趣旨の違う質問だよぉ……」
千早「そこで『いないわ』なんて答えたら場の空気が冷めてしまいそうだったし……」
雪歩「まあそれはそうかもだけど……」
千早「かといって、事務所の皆を勝手に噂の種にするわけにはいかないし……」
雪歩「うん……とりあえずツッコミは後にするよ」
千早「……以上の配慮の末、私と雪歩が付き合ってるってことにしたのよ!」
雪歩「いや、私に対する配慮は!?」
27:
千早「ごめんなさい……雪歩には犠牲になってもらうしかなかったのよ」
雪歩「うぅ……私が犠牲になる必然性が皆無だよぉ……」
千早「そうね……悪い事をしたと思ってるわ」
雪歩「ま、まあもういいけど……一応、後ででいいから、クラスの人達には本当のことを言っておいてね?」
千早「…………」
雪歩「……千早ちゃん?」
千早「……せっかくなんで、ちょっと一緒に写メらない? 雪歩」
雪歩「なんで!?」
33:
千早「いや、その……話の流れで、今度一緒のところを写メ撮って送るわ! って息巻いちゃって……」
雪歩「なんで自らドツボにはまっていくの……」
千早「あなたには悪い事をしたと思っているわ。さあ写メを」
雪歩「うぅぅ……悪びれる様子が皆無だよぉ……」
千早「大丈夫よ。皆、他の人には内緒にしとくって言ってくれたから」
雪歩「うぅ……わかったよぉ……でもいつか、ちゃんと本当のこと言ってね?」
千早「話が早くて助かるわ、雪歩。さあ撮りましょう」
雪歩「うぅ……なんで確約してくれないの……」
35:
千早「…………」
雪歩「? どうしたの? 千早ちゃん」
千早「……仮にも恋人同士の写メなんだから、普通に撮っても面白くないわよね?」
雪歩「いつから面白さを追求する流れに……」
千早「恋人同士って、やっぱり抱き合ってるシーンを写真に撮ったりするのかしら?」
雪歩「えぇー。そ、そんなことするかなあ……?」
千早「付き合ったことが無いから分からないわね」
雪歩「そうだねぇ」
千早「……あっ」
雪歩「どうしたの? 千早ちゃん」
千早「今私達がしてる会話って、ちょっと『恋バナ』って感じがしないかしら?」
雪歩「そうだねぇ」
36:
千早「じゃあ、とりあえず抱き合ってるシーンから撮りましょう」
雪歩「なんか趣旨がおかしくなってきてるような……ていうか何で複数枚撮る前提なんだろう」
千早「私の携帯だとセルフタイマーが無いから、雪歩のスマホを使いましょう」
雪歩「千早ちゃんがなんか詳しい」
千早「フフフ……クラスの子達に色々教えてもらったのよ……フフフ」
雪歩「本当によかったねぇ」
37:
千早「はっ!」
雪歩「えっ、こ、今度は何なの」
千早「雪歩のスマホ……ぷくくっ。雪歩のスマホ……」
雪歩「え、えぇー……」
千早「これはすごいことになるかもしれないわ。このネタをクラスの皆に披露しようものなら、私が『学園の爆笑王』と呼ばれる日も近いかもしれない」
雪歩「うぅ……これ以上私の関知しないところで私を貶めるのはやめてよぉ……」
39:
千早「さて、冗談はほどほどにして撮りましょう」
雪歩「う、うん」
千早「…………」
雪歩「…………」
千早「…………」
雪歩「……千早ちゃん?」
千早「ゆ、雪歩から先に手を回してくれないかしら」
雪歩「えぇー……」
千早「だ、だって恥ずかしいもの……」
雪歩「うぅ……私だって顔から火が出るほど恥ずかしいよぉ……」
千早「そ……そこをなんとかお願いするわ」
雪歩「わ、わかったよぉ」ギュッ
千早「…………あっ」
雪歩「……こ、こう?」ギュッ
千早「そ、そうね。いいんじゃないかしら?」
42:
千早「…………」
雪歩「…………」
千早「…………」
雪歩「……ち、千早ちゃん? 写メは……」
千早「……いいのよ、もう」
雪歩「えっ?」
千早「だってそれ、嘘だもの」
雪歩「……えっ?」
千早「ごめんなさい。あなたと付き合ってるなんて、言ってないわ」
雪歩「……じゃ、じゃあなんで、こんなこと……」
千早「…………」
45:
千早「……ちょっとだけ、羨ましかったのよ」
雪歩「…………」
千早「私達が日々レッスンに明け暮れている間も、皆は普通に彼氏とデートしたり、手をつないだり、抱き合ったりとかしてて」
雪歩「…………」
千早「……そ、それにその、き、きききキス、とか」
雪歩「べ、別に無理に言わなくてもいいよ……」
千早「そ、それからそのあの、せ、せせっ……」
雪歩「いいよ!」
47:
千早「……と、とにかくその、そういうこう、『普通の女の子』が普通にしてるようなことをしてみたかった、というか」
雪歩「なるほどねぇ」
千早「…………」
雪歩「…………」
千早「……やっぱり迷惑だった、かしら」
雪歩「ううん」
千早「本当?」
雪歩「本当だよ」
千早「本当に本当?」
雪歩「本当に本当だよ」
千早「そう……良かった」
雪歩「ふふっ」
48:
千早「でも、こうやって抱き合っていると」
雪歩「うん」
千早「不思議と……心が落ち着いてくるわね」
雪歩「そうだねぇ」
千早「雪歩……暖かいわ」
雪歩「千早ちゃんも」
千早「…………」
雪歩「…………」
千早「……で、これはどうやってやめたらいいのかしら」
雪歩「さ、さあ……」
5

続き・詳細・画像をみる


【画像】ニコニコ超会議に出没したコスプレイヤーがカオスすぎる件wwwwwww

ローマ法王「韓国民、倫理的に生まれ変わることを望む」

田原氏 「韓国人に反日なんでいない。日本人が政治家とメディアの嘘、幻に釣られているだけ」

事故多発道路をバイクで走った結果wwwww

設定・世界観は良いのにクソなアニメ

共学校の女子と女子校の女の咳払いの違い

艦これの響ちゃんの画像ください!!

【動画】 2時間以上オーガズムが止まらない花嫁が病院搬送

彼女の口臭がくさすぎて気になるどころじゃないので注意したいのだが

煽り抜きで「大好き!!」なアニメキャラ

【閲覧注意】田舎の女子が撮った完全アウトなエロ画像。お尻突き出し、股間強調ポーズで恥ずかしいシワが丸見えに・・・。

【画像】これがテロ支援国家の実態だ!!平和を脅かす恐怖のイスラム国家『イラン』で暮らす若者たちの日常・・・

back 過去ログ 削除依頼&連絡先