まどか「魔法少女と子作りしたい。叶えてよキュゥべえ!」back

まどか「魔法少女と子作りしたい。叶えてよキュゥべえ!」


続き・詳細・画像をみる

1:
QB「鹿目まどか。それが君の願いなんだね?」
まどか「うん、そうだよ」
ほむら「まどかぁっ!」
まどか「ほむらちゃん。いっぱい待たせちゃって、ごめんねっ!」ウェヒヒッ!
ほむら「まどか・・・」
QB「君の願いは叶えられたよ鹿目まどか」
まどか「んんっ///」キュイーン
むくむくっ
5:
まどか「これが、私の魔法・・・!」ギンギン
ほむら「ああっ、まどかの魔法少女があんなにそそり勃って///」
まどか「ほむらちゃん。全部わかったよ。ほむらちゃんは私の、最高の生殖相手なんだって」
ほむら「まどか///」
まどか「私の初めて。もらってくれる?///」ギンギン
ほむら「こ、こちらこそっ、その、よろしくお願いします///」かぁぁ
まどか「ウェヒヒッ!」ギンギン
10:
ほむら「来て、まどか・・・私に、あなたの魔法少女をちょうだい///」
まどか「ほむらちゃん。いっぱい気持ち良くなって、いっぱい子供作ろうねっ」ギンギン
ほむら「ええ///あなたとならきっと可愛い子が生まれるわ」
まどか「ウェヒヒッ!」ずむっ
ほむら「あっ///」びくんっ
まどか「ハァハァ、ほむらちゃん、ほむらちゃん///」ぱこぱこぱこぱこ
ほむら「あぁんっ///まどかぁ、まどかぁ///」ぱんぱんぱんぱん
まどか「んっ!///」どぴゅっ
12:
ほむら「はぁっ・・・!あっ、あっ///」びくんびくん
まどか「ふぅーっ、ふーーっ!」びゅーびゅーっびゅーーぅ!
ほむら「はぁ、はぁ///」とろぉ
まどか「ウェヒヒッ!最高だったよほむらちゃん♪」
ほむら「私もよまどか///」
まどか「見て。産まれるよほむらちゃん!」
きゅぴーーん!
ほむら「こ、これは!」
13:
キラキラキラキラキラキラ
ほむら「これは・・・卵?」
まどか「そうだよほむらちゃん。私とほむらちゃんの間に出来た『卵』だよ!」
ほむら「キレイ。まるでソウルジェムみたいね」
まどか「そうだね。これを一晩愛情を込めて握っていれば、私たちの子供が生まれるよ」
ほむら「素敵ね、まどか///」うっとり
まどか「そうだねほむらちゃん///」ぎゅっ
14:
【翌日】
ほむら「まどかの卵、私とまどかの卵。ふふっ///」なでなで
ほむら「どんどん大きくなってきたわ・・・」
ほむら「さぁ、はやく生まれておいで♪」なでなで
キラーン!
パキッ、パキパキ!
ほむら「きゃっ!?」
ほむら「う、生まれるの!?私とまどかの、最初の子供が!?」
パキーーン!!
まどか(黒髪)「ウェヒヒッ!」
ほむら「ああっ///まどか、まるで天使のようね///」うっとり
15:
まどか「生まれたんだね、ほむらちゃん」
ほむら「ええ。私たちの初めての子よ」
黒まどか「ウェヒヒッ!」
ほむら「まどか。名前を付けてあげてちょうだい」
黒まどか「その必要は無いわ」ファサッ
ほむら「えっ?」
まどか「そうだよほむらちゃん。その必要は無いんだよ?」
ほむら「ど、どういう事かしら?まどか?」
16:
まどか「『卵』から生まれた『まどか』は、それぞれがみんな『まどか』なわけだからね。
『まどか』は『まどか』だから、名前は要らないんだよっ!」
ほむら「??」
まどか「だから、そっちの『卵』もあっちの『卵』も、生まれたらぜーんぶ『まどか』になるんだよっ!」ウェヒヒッ!
ほむら「よくわからないけれど、まどかがたくさん生まれるのならば、私は大歓迎よ!」ほむっ
まどか「ウェヒヒッ!ほむらちゃん大好き!いっぱい『卵』を産んで、いっぱい『まどか』を生もうね!」
ほむら「ええ。これから忙しくなるわね///」
17:
【数日後】
ほむら「まどか?。ご飯よまどか?」
黒まどか「ウェヒヒッ!」
黒まどか「ご飯だねほむらちゃん!」
黒まどか「美味しそうだねっ」
黒まどか「ウェヒヒッ!」
黒まどか「いただきまーす!」
ほむら「たくさんお食べ」
黄まどか「ウェヒヒッ!」
ほむら「あら?」
黄まどか「こんにちは暁美さん♪」
ほむら「こ、こんな黄色い子、ウチにいたかしら!?」
マミ「フフッ♪それは私の子供よ暁美さん」
19:
ほむら「なっ!?そんな、それじゃあ、この黄色い子は・・・」
マミ「私と鹿目さんの子供よ」
ほむら「そんな・・・まどか・・・」
マミ「フフッ♪鹿目さんがあなたとだけ子供を作るとでも思ったのかしら?」
ほむら「嘘よ!まどかが、私以外の魔法少女と子作りなんか・・・!!」
黄まどか「 ティロヒヒッ!」
まどか「ほむらちゃん、ごめんねっ!」ウェヒヒッ!
ほむら「ま、まどか!?」
20:
まどか「私は魔法少女として、自分の魔法を使うだけなんだよっ」
ほむら「そんな・・・私とだけ子作りしてくれるのではなかったの!?」
まどか「初めてだけは、ほむらちゃんにあげたつもりだよ」
黄まどか「てぃろっ!」
黒まどか「ぐぬぬっ」
ほむら「まさか、それではあなたは巴マミ以外とも!?」
まどか「そうだよほむらちゃん」ウェヒヒッ!
赤まどか「食うかい?」
青まどか「残念っ!さやかちゃんともでした!」
白まどか「魔法少女となら、誰とでも子作りできるです」
ほむら「・・・あなたはどこまで愚かなの?」
23:
ほむら「こんなに子供を作り、あなたは何を企んでいるのかしら?」
まどか「ウェヒヒッ!ほむらちゃんなら、もう感づいてるんじゃないかな?」
ほむら「・・・本当にどこまで愚かなの、鹿目まどか。いいえ、どちらにせよ、もう・・・」
まどか「あはは、行っちゃうの?ほむらちゃん」
ほむら「ええ。ここはもう私の戦場ではないわ」ファサッ
まどか「あはは・・・そっか・・・」
ほむら「最後に一つだけ、『卵』を孵して行くわね」ぎゅっ
パキパキ!パキーン!
桃まどか「ウェヒヒッ!」
まどか「私と、同じ髪色の『まどか』!?」
24:
ほむら「やはりね。『卵』の段階からピンク色だったから、もしかしたらと思っていたけれど」
まどか「どういう事なの・・・?」
ほむら「あなたが知らない事を、私が知るはずが無いわ。でも、一つ推論をするならば」
まどか「・・・。」
ほむら「あなたの『迷い』じゃないかしら?」
まどか「・・・ウェヒヒッ!面白い事を言うねほむらちゃん」
桃まどか「ウェヒヒッ!ウェヒヒッ!」
25:
ほむら「それでは、私は行くわね鹿目まどか。いいえ、もはやあなたはまどかではなく・・・」
まどか「・・・。」
ほむら「いや、やめましょう。事実だとしても、こんな言葉を口に出したくはないわ」
黒まどか「ほむらちゃんどこか行っちゃうの?」
黒まどか「嫌だよ。ずっといっしょにいようよ?」
ほむら「・・・。私の子供たち。黒いまどかたち。最後に一つだけ約束してちょうだい」
黒まどか「約束?」
26:
ほむら「どうか、『まどか』を守ってあげてちょうだい。『約束』よ?」
黒まどか「うんっ!約束だね!ウェヒヒッ!」
ほむら「じゃあね、まどか」
まどか「ごめんねっほむらちゃん。ほむらちゃんは、私の、最高の生殖相手だったよ」
ほむら「私にとってのあなたは・・・『道標』かしらね?」
ほむら「さよなら。また会いましょう」
カチッ
シュゥゥン
まどか「ウェヒヒッ!ほむらちゃんの方こそ道に迷ってるくせに!」
まどか「ねぇ?」
桃まどか「ウェヒヒッ!ウェヒヒッ!」
27:



さやか「いやぁ、いっぱい生まれるねー。まどかとの子供!」
杏子「本当。毎日生まれるからキリがないっての」
赤まどか「食うかい!?食うかい!?」
青まどか「まどかは私の嫁になるのだー!」
さやか「・・・しかも、まどか同士でも子作りして卵産んじゃうしさぁ」
杏子「でもいいじゃんか。こいつら、ソウルジェムが無いのに魔法が使えて、魔女を倒してくれるんだし」
さやか「まぁ、それは助かるけどさー」
マミ「おかげで魔女退治に出向く事もなくなって、こうしてのんびりお茶を飲んでいられるわ」
黄まどか「てぃろっ!」
杏子「そうそう!まどかを産んでから良い事ずくめだ!」
さやか「それもそっか!」
28:



QB「お手柄だよ、鹿目まどか」
まどか「・・・。」
QB「着想は、僕がした『家畜』のたとえ話かい?」
QB「君は魔法少女の力で新たな『家畜』を生み出す事で、人類を解放したんだね」
QB「確かにこの『まどか』は契約の必要もなく、感情エネルギーを恒久的に供給してくれるからね」
QB「これなら僕らもわざわざ人間の少女に契約を求める必要性は無くなったわけだ」
29:
QB「オマケに既存の魔女を退治する機能を持たせる事で、今いる魔法少女や人類を守る事だってできる」
QB「繁殖も自分たちだけで自動的に行うわけだから、君がもしいなくなっても機能するってわけだ」
QB「いやはや、驚いたよ鹿目まどか。いや、君こそが新たな『卵を孵す者』!」
QB「僕に代わる『インキュベーター』だ!」
まどか「そうだね、キュゥべえ。私、インキュベーターだ・・・」ポロポロ
30:
QB「どうして泣くんだい?わけがわからないよ」
まどか「あなたにはわからないよ・・・」ポロポロ
まどか「ねぇキュゥべえ?あの子たちは、ずっとあのままなの?ずーっと、私の家畜のままなのかな?」ポロポロ
QB「君がそう作ったんだろう?」
まどか「そうだね。そうなんだよね・・・」
QB「この先、何があろうと。それこそ、人類が滅んだ後も彼女たちは機能し続ける。素晴らしい魔法だよ!」
まどか「ごめんね、ごめんねほむらちゃん・・・私、ほむらちゃんの言うとおり、愚かな方法しか思いつかなくて・・・」ポロポロ
31:
パキッ
パキパキパキパキ
まどか「あぁっ!?」ビクンッ
QB「やれやれ。君自身のソウルジェムは、もう取り返しがつかないみたいだね」
まどか「あああっ!あぁあああああああっ!!」ビクンビクン
QB「君はすさまじい魔女になるよ。でも、きっと君が産んだ『まどか』たちが対処してくれると思うよ?」
まどか『ああっ!あああああああ!!』メキメキメキメキ
パキーン!
QB「さよなら鹿目まどか」
3

続き・詳細・画像をみる


光岡 オロチ 生産終了…自動車史に残る“大蛇”はやがて神話に

【画像】一週間フレンズ。の藤宮香織とかいう娘wwwwwwwwww

【不老】百歳以上生きた世界史上の人物【不死】

お金欲しさに風呂屋に墜ちた馬鹿な女の身の上話

【李信恵】 差別に反対することはこの日本と日本社会を愛しているからこそ

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」M・J・フォックスとクリストファー・ロイドが15年ぶりに再共演

back 削除依頼&連絡先