女騎士「くっ殺せ!」男騎士「くっ殺せ!」オーク「え?」back

女騎士「くっ殺せ!」男騎士「くっ殺せ!」オーク「え?」


続き・詳細・画像をみる

1:
女騎士「くっ殺せ!」
男騎士「くっ殺せ!」
オーク「……」
女騎士&男騎士「「今夜のご注文はどっち!?」」
オーク「なんだよ今夜のご注文って!!」
女騎士「私を犯すのか」
男騎士「俺をホモレイプするのか」
女騎士&男騎士「「今夜こそ決着をつけて貰おうか!!」」
オーク「いやいやいや」
オーク「二人そろって何言ってるの!?」
元スレ
女騎士「くっ殺せ!」男騎士「くっ殺せ!」オーク「え?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1397503499/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
2:
女騎士「『何を言っているか』だと?」
女騎士「そんなもの、決まっているだろう」
男騎士「騎士の誇りを賭けた戦いだ」
オーク「は?」
女騎士「オークはノーマルなのだ、私を犯したいに決まっている」
男騎士「ホモが嫌いなオークなんていません!!」
女騎士&男騎士「「さあ!!」」
女騎士「私のま○こと」
男騎士「俺のケツま○こ」
女騎士&男騎士「「どちらがオークち○ぽに相応しいか勝負だ!!」」
オーク「俺帰っていいッスかね?」
3:
女騎士「待て!!」
男騎士「このまま勝負を有耶無耶にされたのではたまったものではないぞ!!」
オーク「既に俺がたまったものではないんですがそれは」
女騎士「仕方ない、それでは3Pでもいいぞ」
男騎士「そうだな、オークが選べないと言うのなら決着は後日でも」
オーク「いやいやいや、そういうことじゃねえよ!」
オーク「痴女もガチホモも御免だよ!!」
女騎士「何をいっている、お前はオークだろ?」
男騎士「人間を犯さずして何がオークか」
オーク「そういう偏見で多くのオークが犠牲になってるんですよ!?」
女騎士「なんだ、さっきのは洒落か?」
男騎士「『多くのオーク』……√3点かな」
オーク「ああもう、相手してるだけで面倒臭い!!」
4:
女騎士「貴様もオークなら『ぐへへへ、それじゃ両方とも味見させて貰おうか』」
男騎士「『いいのか、俺はノンケでも構わず食っちまうオークなんだぜ?』ぐらい言ってくれないと」
オーク「お願いだから常識という言葉が通じる前提で話をさせて!」
女騎士「まさかオーク……デブ専やブス専で私の様なキレイ系では食指が動かないのか!?」
男騎士「そうか、ガチムチではなくビジュアル系とかアイドル系の線の細いのが好きなオークだったのか」
オーク「容姿以前の問題なんだよお前らは!!男は論外だし!!」
オーク「くそ、こんな奴らの相手なんてしていられるか!!」
オーク「俺は村に帰らせて貰うぞ!!」ダッ
女騎士「しかし回り込まれた!」サッ
オーク「チクショウ!!」
男騎士「フラグ立てるなら死亡フラグ以外のフラグにしてくれよ」
女騎士「むしろち○ぽを勃てて欲しいものだ」
オーク「なんでこんなのが今日に限って2倍なんだよおおおおおおおおおおっ!!」
5:
女騎士「お前のち○ぽが魅力的過ぎるのが悪い」
男騎士「いつまでも萎えずにおち○ぽみるくがびゅるびゅる出てくるのって最高だよな」
オーク「オークなんかに生まれなきゃよかった!!」
女騎士「なぜそこまで拒否する」
男騎士「安心しろ、変な病気とか持ってないしちゃんと気持ちよくしてやるから」
オーク「下半身ユルユルな世界観はお前らだけで共有してろよ!!」
オーク「俺のところまで持ってくるな!!」
女騎士「大丈夫かこいつ、もしかしてインポか?」
男騎士「勃たないなら俺がタチでもいいぞ、アナル開発は任せておけ」
オーク「男騎士の方の発言が逐一怖いんだよ、俺はノンケだよ!!」
オーク「どうしてホモが受け入れられて当然って感じでしゃべってるんだ!?」
女騎士「別に私も百合でもいいぞ」
男騎士「この世には男と女がいるのに、異性としかセックスできないなど理不尽とは思わんか?」
オーク「現在進行形でお前らが理不尽だよ!!」
6:
女騎士「ホモが嫌いだというのは仕方ないとしても、どうして私まで頑なに拒否するのだ」
オーク「初対面でセックスしろとか言ってくるビッチにほいほいついていってたまるか!」
オーク「男にだって女を選ぶ権利ぐらいあるわい!!」
男騎士「女が嫌か……つまり貴様ホモだな!!」
男騎士「ならば問題ないではないか、レッツホモセックス!!」
オーク「お前の中だけで自己完結してんじゃねえよ、今までの話聞いてたの!?」
オーク「ってああ、一人で二人に対してツッコんでるせいでクソ疲れるううううううっ!!」
女騎士「なんだ、突っ込んでくれるのか?」
男騎士「よっしゃバッチこい、俺の尻はいつでも準備万端だぜ!」パンパン
オーク「お前らちょっと黙れ!!!」
女騎士「はい」
男騎士「はい」
7:
オーク「いいですか?」
オーク「普通は戦場で出会ったら即セックスとかありえません」
オーク「服脱いで転がってたら誰かがハメてくれるとかそんなの戦場とはいいません」
オーク「そもそもお前らはなんだ?」
女騎士&男騎士「「騎士です」」
オーク「じゃあ騎士の仕事ってなんだ?」
女騎士&男騎士「「オークにレイプされることです」」
オーク「違うだろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」
オーク「そうじゃねえだろ、そんな騎士がいてたまるかよ!?」
オーク「国を守れ、誇りを守れ、主君に使えてその身を刃と盾としろ!!」
オーク「それともオークにレイプされたいからってお前らは騎士になったっつうのか!?」
女騎士「そうだが?」
男騎士「なにかおかしいのか?」
オーク「もうやだこの王国……」
オーク「魔王様お願いだから早くコイツら滅ぼして下さいよ、俺がんばるから」
8:
女騎士「よしわかった、それではこうしよう」
女騎士「まずオークがち○ぽを私のま○こに突っ込む」
男騎士「そして俺のち○ぽをオークのアナルに突っ込む」
男騎士「これで3人とも幸せだな」
オーク「俺が不幸のサンドイッチだよ!!」
オーク「何が『よしわかった』だ!!今までの話はなんだったの!?アスペなの!!?」
オーク「そんなにセックスが好きなら二人でヤってろ!!」
女騎士「何を言う、私はち○ぽが欲しいのではない、オークち○ぽが欲しいのだ!!」
男騎士「そうだぞ、ち○ぽのサイズもザーメンの量も濃さも人間とは段違いだからな!!」
男騎士「あと俺は筋肉も大好物です」
女騎士「あ、私も結構好きだぞ、腹筋とか」
オーク「今日ほど男に生まれたことを後悔した日は無い」
女騎士「いいではないか、種付けするぐらいオークなら普通だろ普通」
男騎士「オークの精子は男すら妊娠させると聞いているから俺も期待しているのだ」
オーク「んなワケねえだろ!!いくらバケモノでも常識の範囲ってものがあるわ!!」
9:
女騎士「頭が固いやつだな」
男騎士「硬いのはち○ぽだけで十分だ」
オーク「どこからでもそういう方向に持っていく才能は正直すごいとは思うけどね!!」
オーク「なんなの、お前ら下半身でしか思考してないの!?」
女騎士「なんと、オークは下半身以外で思考しているというのか!?」
男騎士「バカな、一体下半身以外のどこで思考して生きていけるというのか!!」
オーク「普通に脳みそで考えろよ、頭使え頭を!!」
女騎士「そうか、オークはオーラルセックスの方が好きだったのか」
男騎士「いくらでもしゃぶってやるししゃぶらせてやるぞ!」
オーク「頭の使い方ちげえよ!!なんでそうなるんだよ!!」
女騎士「鼻の穴とか耳の穴には入らないからな」
男騎士「眼窩とかそういうマニアックなのは流石の俺らでもちょっと……」
オーク「なんで俺の方が変態みたいな扱いになってるの!?」
オーク「徹頭徹尾お前らが悪い!!俺は無実だ!!」
10:
女騎士「ところで、そろそろ我慢の限界なんだが」
オーク「叫びっぱなしで俺の喉と精神も限界に近いよ!!」
男騎士「いいではないか、穴があったら突っ込みたいと思うのが男のさがだろ?」
オーク「突っ込む穴選ぶだろ普通は!!」
女騎士「前と後と上、どれが好みだ?」
オーク「そういう意味で言ったんじゃねえよ!!」
男騎士「俺の後ろはいつでも空いてるぜ!」
オーク「だから入れねえっつってんだろ!!」
オーク「今更ながらお前らみたいなのがどうして騎士になれたんだよ!?」
女騎士「何を言う、我々も厳しい試験を合格して騎士となったのだぞ」
男騎士「試験には一対一の決闘などもあってな、倍率もかなり高くなるのだよ」
オーク「そんな試験を潜り抜けてどうしてこうなるんだ!!」
11:
女騎士「いや、むしろ試験を突破したのなら当然と言えよう」
男騎士「うむ」
オーク「は?」
女騎士「まずは8時間耐久オナニー」
男騎士「そこから四十八手の実演と」
女騎士「そして先ほど言った一対一の決闘だ」
男騎士「もちろん、手にナニ握る精子をかけた戦いだぞ」
オーク「一体なにの試験なの!?」
オーク「それで騎士としての強さとか量れるの!?」
女騎士「何を言う、私は決闘で当時のセフレの一人を吸い尽くしてしまったのだぞ!!」
男騎士「俺だってホモダチのアナルを限界まで拡張してしまったさ……」
オーク「ねえ、騎士ってなんなの?」
女騎士「目の前にいるではないか」
男騎士「ほら、ここに立派な騎士がいるだろう?」
オーク「ねえ、この王国本気で大丈夫なの?」
12:
オーク「国王も勇者に全部ぶん投げる前にこの腐り果てた騎士団をどうにかしようよ」
女騎士「まあ私はBLも嗜むが」
男騎士「だからガチホモとBLは別物だとあれほど」
オーク「『腐り果てた騎士団』ってそうじゃねえよ、半分以上正解みたいなもんだけど!!」
女騎士「それに騎士団の試験は国王直々に見学なさるのだぞ」
男騎士「そしてその年の最優秀者は国王と戦う権利を得る」
オーク「国王がすべての元凶かよ!!」
女騎士「ふふふ、何を隠そう入団試験では私が国王の相手となったのだ」
男騎士「決勝で女相手だと棄権してしまったが、惜しいことをしたものだ」
オーク「よし確信した、やっぱり魔王様が正しい、お前ら滅びろ」
13:
女騎士「さてと、そろそろいいかな」
男騎士「本題に戻ろうか」
オーク「は?」
女騎士&男騎士「「今夜のご注文はどっち!?」」
オーク「ここまで話引っ張ってきて結局そこに戻るのかよ!!」
女騎士「なぜ決めてくれないのだ」
男騎士「こいつのと決着をつけるまではおちおちハッテン場にも行けん」
オーク「テメエらの事情なんて知るかよ!?」
オーク「何度も言ってるが俺はお断りだからな!!」
女騎士「しかたない、それではまず味見して貰うことにするか」
男騎士「そうだな、その後で判断して貰うことにしよう」
オーク「……え?」
女騎士「さあオークよ」ガシッ
男騎士「今夜は長くなりそうだな」ガシッ
オーク「た、助け……」
1

続き・詳細・画像をみる


にわかガノタが本気にしそうな嘘書いていこうぜwwwww

【超絶悲報】彼女をラブホに連れ込もうとしたら、豹変して死にそうになった・・・

ウハウハ!ハートだ!凄いや!ウハウハ!WOW!

トラックと衝突した親子。父親は息子だけを押し出し、トラックに轢かれて死んだ

【超絶悲報】彼女をラブホに連れ込もうとしたら、豹変して死にそうになった・・・

マックに裏メニューが存在していた! ピクルス、オニオン、ソースは倍にできる

マイリトルポニーの日本語版の歌が凄いと海外で話題に

LINEのスタンプ的に使えるラブライブ画像を貼ってく

サイモンズキャットを堪能するGIFアニメ&動画集

1年間働いた元職場を退職する時に色々仕掛けた結果wwww

【朗報】「サスケ」が再結成キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 代表曲「青いベンチ」など

リア充大学生ほどスマホを使いこなしていることが判明

back 過去ログ 削除依頼&連絡先