本気でうんこ漏れそうなのを我慢した事がある奴にしか分からない事back

本気でうんこ漏れそうなのを我慢した事がある奴にしか分からない事


続き・詳細・画像をみる


無言になる
2 :
神に祈る
3 :
ケツの谷間に汗をかく
4 :
限界間近で肛門は「発火」する
5 :
本当に血の気が引く
7 :
イラつきと気持ちを落ち着かせる心が入り乱れる
8 :
ポーカーフェイス状態
11 :
貧乏揺すりが酷くなる
12 :
もれるときはたいてい液状
13 :
心拍数上がる
14 :
下腹よりちょい下のあたりがキリキリしてくる
15 :
小股歩きになる
16 :
足つぱってみる
18 :
体が固まる
19 :
冷や汗が凄い
20 :
実が出ないようにしてうまくすかし屁をするも
第二、第三の波状攻撃で内股になる
21 :
呼吸している自分に気付く
22 :
お腹がキュルキュルとなると少し楽になる
23 :
一つのミスが命取り(体重を乗せて段差を降りる等)
24 :
尻の力を抜けない
25 :
波は三回までが限界
26 :
出せる時に出しておかなかった自分を本気で恨む
28 :
走りたいけどはしると漏れる
29 :
人目をはばからずにモジモジする
いや、もう、本気で
ってか、周りを気にしてる余裕はない
自分自身と闘う
そう、「うわ、俺って、すんげー強いやつなんや」って勘違いしちゃうくらいに
31 :
トイレの扉を開けてから座るまでの動作がお手本のように無駄がなくなおかつ綺麗
32 :
ケツ穴を締めるのではなく
下半身の筋肉をすべて使って尻肉ごとケツ穴を封印する
33 :
遠目でトイレの入り口が目に入ると一回波が弱くなるが
トイレの入り口に着いた頃に強烈な波が来る
34 :
うんこの事しか頭になく
いかに無駄なく且つ早くうんこが
出来るかを頭がフル回転する
35 :
家がマンションの人はエレベーターが1Fじゃなくて5Fとかにあると絶望
36 :
トイレにたどり着いたときの油断が命取り
38 :
トイレにつきウンコをしたあとの快感は異常
便器の中を見ると凄い量のウンコ
40 :
少しでも気を紛らわそうとして机とか床とか爪でガリガリしたりする
41 :
難攻不落のベルト
44 :
あーあの頃の俺はこんなことになるなんて微塵も考えてなかったなぁ
と自分の人生を振り返り涙ぐむ
47 :
ケツの汗で漏らしたんじゃないかと勘違いする
48 :
ベルト部分をひっぱって腹を圧迫しないようにする
59 :
どんなに出そうでも何だかんだで家の前までは耐えられる
どんなに我慢できそうでも家に到着してトイレの扉を開けるあたりで一気に限界がくる
安堵感から緩むのか、トイレ前ではどんなにケツに力入れてても無理
ズボンとパンツ下ろすとほぼ同時に出る
64 :
今まで送ってきた人生を反省し始める
65 :
家までの距離を考えて絶望する 信号機が青であるよう祈る
66 :
背筋を伸ばしてみる
68 :
学校の帰りで本当にやばかったときは
途中で何回か逆立ちして数十秒の間リセットした
そして進むときなるべく腸を揺らさないようにナンバ歩きになった
家に帰りつくまでの間、イザという時のバースト地点を探しながら帰った
69 :
腹痛を無くす呼吸法を探す
俯く
神様にごめんなさいする
74 :
手が震える
77 :
学校で腹が痛くなったらまぁ神に謝るとか近くのやつの
腹が痛くなればいいとかやけに冷静になるとかはある
78 :
脂汗まじでやばい
顔面蒼白になる
つぎのパーキングまでの距離で絶望
97 :

続き・詳細・画像をみる


ロシア「うちら仲悪くなったし、ガスの友達割引やめるわ」→ウクライナ「だが断る」

住民「橋作ったよ!」⇒東京都「許可出してないよな?撤去して」  

「運転免許返納しろ!!?」 88歳老人が80m暴走〜正面衝突の瞬間

「柔らかくて甘みがある」 茨城でカラスの肉を特産品にする取り組み始まる

【蟲師 続章】1話感想まとめ 第二期も安心のクオリティ

一緒にあっそぼーぜぇえええええ!!!!

back 削除依頼&連絡先