梓「大好きっていうなら」唯「大大好きって返すよ」back

梓「大好きっていうなら」唯「大大好きって返すよ」


続き・詳細・画像をみる

1:
唯「ララまた明日?♪」
ジャーン
律「久しぶりに合わせたけど中々だな!」
澪「ああ、ドラムが走り過ぎてなきゃな」
律「それがあたしの持ち味だ?い」
澪「欠点や失敗は持ち味とはいわない」
律「ぐっ・・・」
紬「まあまあまあまあ」
3:
梓「唯先輩は上達しましたね」
唯「ふっふ?ん、練習してますから」
梓「あとは入りのトコのリフを少し抑え目して、リズムを飛ばさず、音のつなぎ目を丁寧にすれば完璧です」
唯「うう・・・厳しい・・・」
唯「あずにゃん的にまだまだなのかな??」ウルウル
梓(うっ、上目づかいとか)
梓「えぇ・・・と、80点くらいはあげても・・・///」
唯「やったぁ!」ジャンプッ
梓(か、可愛過ぎる!!)
律「甘いな」
澪「ああ、甘いな」
紬「ええ、甘いわね」ツー
4:
澪「さあもう一曲やるぞ」
律「えー、疲れたよ!休憩しようぜ」
澪「なっ、まだ3曲しか合わせてないぞ」
律「でも、疲れたんだもーん、なぁ唯」ダラー
唯「お茶にしよーよー」ダラー
紬「じゃあすぐ用意するわね」サッ
澪「ムギまで・・・あずさぁ」
梓「唯先輩!もうちょっとなんですから頑張りましょうよ!」
5:
唯「え?・・・あずにゃんさんのいけずぅ」ヨヨヨヨ…
梓「し、しなだれかからないで下さいっ」
唯「ちょっと休憩しようよぉ」
梓(のぉぉぉぉぉぉ)
梓(唯先輩の柔らかい手が私の手を優しくつつむぅぅぅ)
梓「ちょ・・・」
唯「ちょ?」
梓「ちょっとだけですよ・・・」
律「落ちたな」
澪「ああ、落ちたな」
紬「ちょろいわね」
7:
唯「わぁい!あずにゃん大好き!」ダキッ
梓「にゃああああ」
梓(のほぉう!いいにほひ・・・)クンカクンカ
唯「ぎゅー」
梓「きゅう///」チーン
律「イッたな」
澪「ああ、イッたな」
紬「キマシタワー」ダラー
8:
なかのけのふろ!
梓「ふぅ」カポーン
梓「今日も唯先輩はマジ天使だったなぁ」
梓「いい匂いだった・・・」
ピリリリリリ
梓「あ、私の携帯だ」ザバー
9:
梓「もしもし」ポタポタ
唯『あっずにゃ?ん』
梓「唯先輩っ」
梓(はっ!今、私裸だ)
唯『なにしてたの??』
梓「お、お風呂入ってまして」
梓(どうしよう・・・)
唯『あ、そっかごめん、かけなおすよ』
梓「いえいえいえいえ大丈夫です!」
唯『上がったの?』
梓「お風呂に浸かりながら話しますから寒くないです」
唯『ほぉほぉ』
11:
唯『じゃあ、今あずにゃんはすっぽんぽんですな』
梓「にゃっ///」
ザブンッ
梓『ぼぼぉぉ』
唯「あずにゃん!あずにゃん!」
携帯『ツーツーツー』
唯「切れちゃった・・・大丈夫かな」
12:
つぎのひ
つうがくろ!
梓「昨日は大変な目にあった」トボトボ
梓「お風呂で気絶して風邪気味だし・・・」ズズッ
梓「携帯は水没しちゃうし・・・」トボトボ
13:
唯「お、あそこをトボトボ歩いているのは」
唯「あっずにゃ?ん」ダキッ
梓「にゃあ///」
唯「朝からあずにゃん分を補給できるなんて幸せだよぉ」スリスリ
梓(ほぉぉぉぉぉぉ///)クンカクンカ
憂「梓ちゃん、おはよう」
梓「あ、うい、おはよお」トローン
律「盛んだな」
澪「ああ、朝からな」
紬「しあわせ」タラー
16:
唯「昨日、あれから何回も電話したのにずっと圏外だったよね」
梓「あの時、お風呂に落としちゃって・・・」
唯「えー、水没しちゃったの!?」
憂「壊れちゃったの?」
梓「はい・・・データはPCにバックアップしてるからいいんだけど」
唯「修理代高いもんねぇ」
憂「お姉ちゃんのせいでごめんね」ペコ
唯「あずにゃんごめんよぉ」グスッ
梓「いえっ!落とした私が悪いので!唯先輩は全然悪くないです!」アセアセ
梓「もう古い機種だったのでついでに機種変しちゃいます」
梓「家族のポイントを使えばタダで手に入りますから心配しないで下さい」
17:
憂「そっか、梓ちゃんありがと」ニコ
唯「じゃあ、今日買いに行こうよ!部活も休みだし付き合うよ」フンスッ
梓「ええええ」
梓(デデデデデデデデデデデデ・・・デート!!!!)
唯「ね、いいよね」
梓「はははははい///」
唯「あ、学校着いたね」
唯「じゃあ、放課後迎えに行くねっ」フンスッ
21:
唯「楽しみにしててねー」
唯「アイスもごちそうするからっ」
タッタッタッタ
憂「お姉ちゃんとデートかぁ、いいなぁ」
梓「」チーン
憂「梓ちゃん?」
純「おっ、憂?梓?。おっはよ?ん」
憂「梓ちゃんが息してない!!」
純「ええええええ!何があったの!?」
梓「」チーン
憂「いやぁぁぁぁぁ梓ちゃん!死なないでぇぇぇ」
純「何があったのぉぉぉ」ノォォォォ
23:
ほうかご!
一年の教室
唯「やっほ?、あずにゃんいますか??」
梓「はいっ!こちらにっ」シュタッ
憂「お姉ちゃん」
唯「お?うい?」
憂「ちゃんと梓ちゃんの携帯選んでくるんだよ」
唯「まっかせといて?」
憂「お金ちょっと渡しておくから、梓ちゃんにお茶をごちそうするように」
唯「は?い」
唯「じゃあ行こうか、あずにゃんや」
梓「地獄の果てまでお供します」キリッ
唯「そこまでは行かないよ」
憂「いってらっしゃ?い」フリフリ
25:
えきまえ!
唯「あずにゃんはauだっけ?」
梓「いえ、ソフトバンクです」
唯「じゃあ、駅前のソフトバンクショップだね」
梓「はい」
唯「何の機種にするか決まったの?」
梓「せっかくだし、スマートフォンにしようかと思いまして」
唯「最先端だねっ」
梓「iPhone5cとかどうでしょうか」
梓「身近にスマホを使っている人がいなくて・・・」
梓「唯先輩の周りにはいますか?」
唯「ん?、わかんない」
唯「店員さんに聞いてみよ?」
唯「すいませ?ん」
26:
30分後
唯「ちんぷんかんぷんだったね!」
梓「ええ、でもiPhone5cにしちゃいましたね」
唯「待ち受けとかどうやって変えるんだろ」
梓「説明書もないですもんね、帰ったらネットで調べてみましょう」
唯「むぅ・・・色々やってみよう」
梓「分からないと思いますよ」
2分後
唯「あ、できた」
梓「ぶっ」
28:
唯「お、撮影した写真をそのまま待ち受けに出来るんだ」
唯「自撮りカメラも付いてるんだね?」
唯「よし!あずにゃんの待ち受けを取るよっ」フンスッ
梓「ええっ」
唯「ツーショット取るからもっと近くに来て」
梓「は、はいっ///」
梓(ホッペが・・・ホッペが当たる・・・)クンカクンカ
唯「はい、チーズ♪」ピロリーン
梓「///」
律「こんな街中で何やってんだ」
澪「Vipperには辛い光景だな」
紬「むほほぅ」カシャカシャ
29:
唯「待ち受け完成?」
梓「あわわわわわわわ」
梓(画面いっぱいに唯先輩と私が///)
唯「さぁアイスを食べに行くよっ」フンスッ
梓「はい///」ジョワー
30:
なかのけ!
梓「ほげー」
梓母「梓、御飯よ」
梓「ほげー」
梓父「どうしたんだ?」
梓母「帰ってきてからこの調子なのよ」
梓父「おーい、あずさー」
梓「ほげー」
梓(唯先輩いい匂いだったなー///)
梓(待ち受けも唯先輩とのツーショットだし)
梓(カメラを試す振りして唯先輩の写真をいっぱい撮ったし)
梓(唯先輩とあんなこともしちゃった・・・///)
31:
回想?
唯「二人で違う味にすると二倍楽しめるねっ」
梓「そうですね」
唯「はい、あずにゃん。あ?ん」
梓「///」アーン
唯「おいしい?」
梓「はひ///」
唯「私にもちょーだい」
唯「あ?ん」
梓「///」
唯「おいし?」
梓(ああ唯先輩・・・///)
梓「にへへへへへ///」
梓父「ニヤニヤしたぞっ」
梓母「こわっ!わが子ながらこわっ」
32:
ゆいんち!
唯「今日は幸せだったよ?」
唯「アイスもおいしいし、あずにゃん可愛いし、憂のご飯は最高だし」
憂「うふふ、お姉ちゃんありがと」
唯「こっちこそありがと?だよ?」
憂「梓ちゃんは結局スマホにしたの?」
唯「うん、iPhoneにしてたよ」
憂「ふーん、そっか」
唯「私もiPhoneにしようかな?」
憂「えっ、でも難しいんじゃ・・・」
唯「説明受けたけどちんぷんかんぷんでしたっ」フンス
憂「うん、梓ちゃんに使い方よく聞いてから決めてね」
唯「は?い」
33:
梓「はぁ、それにしても使い方全然分からないや・・・」
梓「あ、メールが来た」
梓「唯先輩からだ!」
梓「これを押すと見れるのかな・・・」
梓「あ、出てきた」
唯『私もiPhoneにしたいからあずにゃんに使い方教えてもらうね!』
梓「」チーン
梓「お母さん!iPhoneの使い方書いてある本探してくる!!」ダッ
梓母「こんな時間にあいてる本屋さんがあるわけないでしょ!」ガシッ
梓「いや?!離して?!!iPhoneの使い方をマスターしないと?!!」ジタバタ
34:
よくじつ!
純「梓?、おはよ?ん」
梓「あ、おはよう・・・」ドヨーン
純「うわっ」
純「すごいクマ・・・髪もボサボサだし」
梓「寝ずにネットでiPhoneの使い方調べてノートにまとめてたの」
純「梓、機種変したんだ」
純「iPhoneは難しいらしいからね、ゆっくり覚えなよ」
梓「私は一刻も早くマスターしなければいけないんだ!」ウワーン
純「ちょ、ちょっと!」
純「明後日の方向の走って行ってしまった・・・」
36:
ほうかご!
律「おい?っす」
紬「おい?っす」
唯「りっちゃん、おい?っす」
澪「おはよう」
律「あれ?梓は?」
澪「それが今日授業も出てないみたいなんだ」
唯「憂も会ってないって?」
律「風邪でも引いたか?」
唯「昨日は元気だったよ?」
ダダダダダダダダ
紬「あら?何の音かしら?」
バーーーーーーーーーーーーーーーーーーン
紬「キャー」
澪「ひいいいいいい」バタッ
律「うおっ」
38:
梓「iPhoneマスター中野、ただ今参上」
唯「あずにゃんだ」
紬「きゃあ!澪ちゃんが倒れてる」
律「おい!澪!生きてるか?」
澪「ブクブクブクブク」
紬「泡吹いてる」
律「保健室だ!いや、救急車か!?」
紬「もしもし斎藤!すぐに医療班の手配を!」
41:
唯「iPhoneマスター?」
梓「ええ、iPhoneを全て把握しましたよ」
唯「すごーい!教えてあずにゃん先生!」
梓「どんとこいです!」
唯「じゃあ機種変にいこー」
梓「いきましょういきましょう」
律「やばい瞳孔が開いてる」
紬「斎藤!医療班はまだなの!?」
澪「」
律「澪?澪?」
紬「戦闘機でも戦車でも何でも駆使しなさい!!」
ワーワーキャーキャー
43:
梓「」チーン
唯「うう、すまないのぅあずにゃんや」
唯「せっかく私の為に勉強してくれたのに」
梓「いえ、自分の為でもあるので」
梓「それに機種代二年縛りとかせこいルールを作ったハゲが全ての元凶だと思いますし」
SB「」シーン
44:
梓「いとしの唯先輩は何もわるくありません、というか天使です。大好きです」
唯「//」
梓「唯先輩?どうしたんですか。真っ赤ですよ」
唯「そんな大きな声で告白されたら・・・///」
梓「え?」
梓「えええええええええ!」
梓「眠くてぼーっとして全部声に出てたんだ・・・」
唯「そこも声に出てますです///」
唯「あずにゃん。私の事、好きなんだね//」
梓「いやあああああああああああああああああああああああ」ブンブンブン
唯「いたっ!ツインテールがっ」
梓「いやあああああああああああああああああああああああ」ダッ
唯「あっあずにゃん!」
ピャー
45:
なかのけ!
梓(心の声が全部外に出てたなんて)ジタバタ
梓(唯先輩に告っちゃったよ)ジタバタ
梓(もしかしてiPhoneマスターとか恥ずかしい事も全部口に出してたのかな)ジタバタ
梓(恥ずかしすぎるううううううう)ジタバタ
梓母「帰ってくるなり枕に顔埋めてジタバタしてどうしたの?」
梓母「中二病が治った人みたいよ」
梓(ええお母様、あなたの娘は今日まさしく黒歴史を作りましたよ)ジタバタ
梓母「平沢さんが来てるからすぐ降りてきなさい」
梓「え?」
46:
梓「なんだ憂か」
憂「ご挨拶だね、梓ちゃん」
憂「お姉ちゃんから一部始終を聞いてかけつけてみたら」フゥ
梓「///」ボッ
憂「心配の必要もないみたいだから帰るね」
梓「・・・さい」
憂「ん?」
梓「ごめんなさい」
憂「よろしい」ニコ
梓「上がって」
憂「おじゃましまーす」
純「おじゃましまーす」
47:
梓「なんで純もいるの?」
純「いやーノリで」ボリボリ
梓「そう」
バタン
純「ちょっと!梓!入れなさいよ!」
ドンドンドンドン
49:
憂「お姉ちゃんの様子が変なの」
梓「え?」
憂「家に帰ってから何かぼーっとしてるし、御飯も全然食べないし」
憂「アイスを目の前に置いたのにとけちゃうくらいぼーっとしてるお姉ちゃん可愛い」
憂「じゃなくて、アイスに気付かないなんてありえないよ!」
梓「確かに・・・」
憂「何か悪い病気なのかも・・・どうしよう梓ちゃん」
梓「びょうき・・・」
50:
憂「梓ちゃん?」
梓「・・・」
憂「あずs」
梓「唯先輩いいいいいいいいいいいいいいいいいい」ダッシュ
憂「きゃっ」
ピューーーーーー
51:
ひらさわけ
ドンドンドンドンドン
梓「唯先輩!唯先輩!死なないで下さい!!」ドンドンドン
梓「開けて下さい!」ガチャガチャガチャ
ドンドンドンドンドン
唯「もー誰?うるさいなぁ」ガチャ
53:
唯「あ・・・///」
梓「唯先輩ぃぃぃ」ギュー
唯「///」
梓「唯先輩唯先輩唯先輩」ギュー
唯「どどどどどうしたのあずにゃん///」
梓「死なないで下さい!」ギュークンカクンカ
唯「死なないよ!何があったの!?」
梓「だって悪い病気だって」
唯「へ?」
梓「アイスが溶けちゃうくらいぼーっとしてるって」
唯「何の話?」
梓「え?」
唯「え?」
56:
唯「あずにゃん・・・一日に二回も大胆な行動に・・・///」
梓「あ・・・///」
58:
唯「///」
梓「あ、え、えっとあのその」
唯「あずにゃん!」
梓「はははははひっ」
唯「大好きだよっ」
梓「・・・私もです///」
梓「唯先輩大好き!」
唯「あずにゃん大大好き///」ギュー
梓「///」キュー
憂「計画通り」ニヤリ
おしまい!
59:

なかなか良かったぞ
6

続き・詳細・画像をみる


【ギョ〜ン】GANTZの画期的な楽しみ方

【国際】外務省が「日本の領土をめぐる情勢」という特設サイトを開設[04/04]

煽り抜きで「うわぁ・・・お腹いっぱい食いてぇ・・・」って思った寿司のネタ

【悲報】桐谷美玲の悩みwwwwwwwwww

【閲覧注意】レストランでサラダ頼んだら ”頭” が入ってた

妊娠を報告したらFAXが… 「ベビーのネーミング考えました♪男の子だったら金剛、虎目、翡翠…」

back 削除依頼&連絡先