櫻子「向日葵はレズだからハブろう!」back

櫻子「向日葵はレズだからハブろう!」


続き・詳細・画像をみる

9:
櫻子「と、言うわけだから」
向日葵「はぁ?あなた何いってるか分かってますの?」
櫻子「だって向日葵いつもしつこいんだもん」
向日葵「いつもはあなたからでしょうが!」
櫻子「なので、これからはあかりちゃんとゆりゆりします」
11:
櫻子「あかりちゃーん!」ダキッ
あかり「さ、櫻子ちゃん!急にどうしたの?」アワアワ
櫻子「やだなぁ。いつも通りだよ」チラ
向日葵「」イライラ
12:
櫻子「あれぇ?向日葵どうしたの?」ニヤニヤ
向日葵「別に何でもごさいませんわ」
ちなつ「あれ?3人ともこんな所でどうしたの?」
向日葵「吉川さーん!」ダキッ
櫻子、ちなつ、あかり「!!」
ちなつ「ひ、向日葵ちゃん?ど...どど、どうしたの?」
14:
向日葵「会いたかったですわぁ!」ギュウ
ちなつ「ちょ、向日葵ちゃん!あた...当たってる///」
ムニッ
向日葵「迷惑ですか?」ウルウル
ちなつ「!!」
櫻子「」イライラ
15:
櫻子「あかりちゃーん!」ダキッ
あかり「まっ、また!」
あかり「櫻子ちゃん、ち...近いよ///」
スカスカ
櫻子「あかりちゃん、迷惑?」
あかり「!!」
16:
向日葵「吉川さん、お願いがありますの」
ちなつ「な、何かな...?」
向日葵「今日...泊まりに来て頂けませんか?」
櫻子「!!」
17:
ちなつ「え?」
向日葵「嫌ですか?」ウルウル
ちなつ「ううん!嫌じゃない、嫌じゃない」アタフタ
向日葵「嬉しいですわ!」ギュウ
ムニュ
ちなつ「///」
櫻子「......」
18:
櫻子「あかりちゃん!」
あかり「!」ビクッ
櫻子「あかりちゃん、今日私の家泊まりに来て!あっ、でも家にはねーちゃんや花子が...」
あかり「櫻子ちゃん?」
櫻子「...あかりちゃんの家」
あかり「ん?」
櫻子「あかりちゃんの家に行ってもいい?」
19:
あかり「あ、あかりは別にいいけど...」チラッ
向日葵「...」プイッ
櫻子「やったぁ!」ダキッ
あかり「わぷっ」
櫻子「あかりちゃーん」ギュウ
スカスカ
向日葵「」イライラ
20:
向日葵「会いたかったですわぁ!」ギュウ
ちなつ「ちょ、向日葵ちゃん!あた...当たってる///」
ムニッ
向日葵「迷惑ですか?」ウルウル
ちなつ「!!」
櫻子「」イライラ
21:
櫻子「ちなつちゃん」
ちなつ「ん?どうしたの?」
櫻子「向日葵には気をつけた方がいいよ」
ちなつ「何で?」
櫻子「向日葵って、ガチじゃん?今さっきだって凶悪なおっぱいでちなつちゃん誘惑してたじゃん」
向日葵「あ?ら、嫉妬とは見苦しいですわね」
櫻子「はぁ!?別に嫉妬なんてしてないし!」
向日葵「あら?気付かなかったとでも?あなたが必死に無い胸を当ててたのが」
櫻子「!」ムカッ
23:
あかり「二人とも今日はどうしたの?」アセアセ
櫻子「別に!」プイッ
向日葵「あなたが原因でしょうが!」
櫻子「何でだよ!」
向日葵「もういいですわ!行きましょ、吉川さん」プイッ
櫻子「こっちこそ!行こう、あかりちゃん」
ちなあか「......」
24:
あかり「待って櫻子ちゃん」ワタワタ
あかり「......」チラッ
向日葵「......」
ちなつ「向日葵ちゃん...現金だして」
向日葵「...大丈夫ですわ。私達も行きましょうか」
27:
櫻子(何だよ!向日葵のバカ)
櫻子(もういいもん。私にはあかりちゃんがいるもん)
櫻子(......バカ)
向日葵(櫻子のバカ。アホ)
向日葵(もう宿題もクッキーも知りませんから)
向日葵(......バカ)
29:
?あかり宅?
あかり「ただいま?」ガチャ
あかね「おかえり、あかり」
あかり「お姉ちゃん帰ってたんだ」
あかね「えぇ。あかり?そこの子は?」
あかり「うん。今日家に泊まる事になった櫻子ちゃん」
櫻子「は、初めてまして!」ペコッ
30:
櫻子「あかりちゃんの恋人の大室櫻子と言います!」ペコッ
あかり「ええええ!!」
あかね「」ピシッ
あかり「ちょ、櫻子ちゃん!いつなったの」ワタワタ
櫻子「今なったの」
あかね「あ...あら......随分元気な子じゃない」
櫻子「元気なのが取り柄です!」ビッ
32:
櫻子「という訳で、宜しくお願いします!お義姉さん!」
あかね「...あなたにお姉さんと言われる筋合いは無いのだけれど」
櫻子「やだなぁ、緊張しなくてもいいですよ」
あかね(何なのこの子?全然会話が通じないわ)
あかり「櫻子ちゃん、早くあかりの部屋いこ」アワワ
34:
?向日葵宅?
向日葵「さぁ、吉川さん上がって下さいな」
ちなつ「お邪魔します」ペコッ
楓「おねーちゃーん!」タタタ
向日葵「楓、ただいま」ナデナデ
楓「お姉ちゃん?こちらのお姉ちゃんは?」
向日葵「紹介しますわ。吉川ちなつさん、これからは楓もよくお世話になると思いますわ」
35:
ちなつ(一体何がどうなってるの?)
楓「...」ジー
ちなつ「ん?...ハッ!よ、宜しくね」ナデナデ
楓「エヘヘ、ありがとう」
ちなつ(...可愛い子だな)
楓「...」ジー
ちなつ「どうしたの?」
楓「おねーちゃん、誰かに似てるの」
36:
ちなつ「」ギクッ
楓「分かった!ミラクるんだ!」
向日葵「楓、お姉ちゃん困ってますわ」
楓「はぁ?い」シュン
ちなつ「ごめんね...楓ちゃん」
37:
向日葵「吉川さん、わたくしの部屋に」
ちなつ「うん。またね、楓ちゃん」ナデナデ
あかり「櫻子ちゃん、急に変な事言うから、あかり吃驚したよぉ」
櫻子「いいじゃん、私あかりちゃんの事好きだし」
あかり「え?」
櫻子「...え?」
櫻子「そ、それより何かしようよ」アセアセ
あかね「......」キリキリ
38:
あかね(いきなりやって来て、あかりの恋人ですって?)
あかね(......そう簡単にあかりは渡さない)
コンコン
あかね「あかり、ジュースとお菓子持って来たわよ」
あかり「わぁい、ありがとう、お姉ちゃん」
櫻子「わあっ、ありがとう、お義姉ちゃん」
あかね「」
40:
あかね「さ...櫻子ちゃんで良かったかしら?」
櫻子「はい!わぁ、もう名前覚えて貰えた」パァァ
あかり「良かったね、櫻子ちゃん」
あかね「」
41:
あかね(まずいわ...この子、ただ者じゃないかも...)
あかね「......」チラッ
櫻子「?」
あかね「......」ニコッ
櫻子「...」ニコッ
あかね「」
42:
あかり「どうしたの、二人とも?」
櫻子「お義姉さんと心を通わしてる所なのです」
あかり「もぅ仲良しさんなんだぁ」
あかね(まずい...この流れは...)
櫻子「お義姉さん、そろそろあかりちゃんと二人っきりになりたいんですが」
44:
あかね「......あかりと二人っきりになってどうするつもりかな?」ギロッ
櫻子「そりゃ、恋人同士が二人っきりと言ったらする事は一つですよ」
あかり(何?この雰囲気...)
あかね「あまり羽目を外さないようにね」
櫻子「やだなぁ、大丈夫ですよ。私に羽目なんて着いてませんもん」
あかね「???そ、そう。それは良かったわ」
櫻子「はい!」ニコニコ
あかね「あかり、困ったことがあったら何時でも呼ぶのよ?」
あかり「うん!お姉ちゃん顔色悪いけど大丈夫?」
あかね「...気のせいよ、それじゃあね」ガチャ
45:
あかね(......負けた)
あかね(何なのあの子?全然会話が通じないわ)
あかね(...訳が分からないわ)
向日葵「吉川さんどうぞ」スッ
ちなつ「ありがとう、向日葵ちゃんのクッキー美味しいんだよね」
向日葵「まぁ、お上手ですわ」
48:
ちなつ「...ねぇ、向日葵」
向日葵「はい?」
ちなつ「櫻子ちゃんと何があったの?」
向日葵「......多分ですが、わたくしが他の子と親しくしてたのが気に入らなかったんだと...」
ちなつ「焼きもち妬いてたのかなぁ」
向日葵「...そう...ですかね...」
49:
ちなつ「そうだよ、櫻子ちゃん寂しがりだもん」
ちなつ「だから、元気だして。明日にはいつもの櫻子ちゃんにもどってるよ」
向日葵「...吉川さん、ありがとうございます」
ちなつ「うん!」
向日葵「優しいのですね」
ちなつ「そんなのじゃないよ。友達が困ってたり、落ち込んでんだもん、普通の事だよ」
向日葵「......」スッ
ちなつ「ん?」
ギュ
向日葵「...///」
50:
向日葵「嬉しいですわ」
ちなつ「///」
向日葵「何だか元気が出てきましたわ」
ムニュ
ちなつ「!!」
ちなつ「ねぇ...向日葵ちゃん......」
52:
?あかり宅?
あかり「ちょ...櫻子ちゃん...ダメだよ、そんな」
櫻子「あかりちゃん、良いでしょ?私達...恋人同士なんだから」
あかり「それは...櫻子ちゃんが勝手に決めた...」
あかり「だ、ダメ!」
櫻子「あかりちゃーん!」
あかね「!?」
57:
あかね「何やってるの!」バン
さくあか「へ?」
あかね「あら?」
櫻子「やだなぁ、ゲームですよ」エヘヘ
あかり「だって櫻子ちゃん強引に進めるんだもん」
櫻子「そりゃ、結婚イベントだもん。前進あるのみ」
あかり「も?、ちゃんと順序良くしないと」
イチャイチャ
あかね「」
58:
あかね「し...失礼したわ」
あかね(私が振り回されるなんて......)
あかね(櫻子ちゃん......いいわ、認めてあげるわ)
あかね(この私を本気にさせるなんて)
あかね(うふふ...どこまで耐えれるかしらね)
60:
トントン
あかり「はーい」
あかね「二人ともご飯よ」ガチャ
あかり「うん!今行くね」
櫻子「やったー!」
あかね「......」
61:
あかね(まずは、好き嫌いからね。姑みたいで嫌だけどこれもあかりのため)
あかね(あのくらいの子なら誰だって好き嫌いはあるはず...)
あかね(悪く思わないでね...)
櫻子「うわぁ、お義姉さんの手料理楽しみだなぁ」ワクワク
あかり「櫻子ちゃんは食いしん坊さんだね」
櫻子「えへへ、そうかな?だって、あかりちゃんと一緒に食べれるんだもん、それだけで嬉しいよ」ニコッ
あかり「えへへ///櫻子ちゃんったら大袈裟なんだから」
あかね「」
62:
あかね「さ、さぁいただきましょ」
さくあか「いただきます!」
モグモグ モグシ モグシ
櫻子「あっ...」
あかり「どうしたの?」
63:
櫻子「ニンジン...」
あかね「......」ニヤ
あかね「あら?どうしたのかしら」
櫻子「あ...あの......」
あかね「もしかして、ニンジン駄目だった?」
あかね「駄目じゃない、好き嫌いしちゃ。あかりを見てごらんなさい?」
あかり「......」
64:
あかね「...あかり?」
あかり「ごめんなさい。あかり...セロリさん...」グスッ
櫻子「あ、あかりちゃん!」
あかり「?」
櫻子「私、セロリ大丈夫だから食べてあげる!そ...そのかわりだけど...」
あかり「うん!ありがとう。ニンジンさんはあかりがもらうね」
櫻子「じゃあ、あかりちゃん、あーん」スッ
あかり「あーん。櫻子ちゃんも、あーん」
あかね「」
66:
あかね(櫻子ちゃんを意識するあまり、あかりがセロリを苦手な事を...)
あかり「えへへ、美味しいね」
櫻子「すっごく美味しい!お義姉さん、まるでシェフみたい!」
キョウハスッゴクタノシイネ
オカワリシテイイカナ
あかね「......」
67:
あかね「...」グスン
あかり「お姉ちゃん?」
あかり「ど、どうしたの?」ワタワタ
あかね「何でもないわ、ちょっと目にゴミが...」
櫻子「た、大変だ!早く水で」アセアセ
あかり「櫻子ちゃん落ち着いて」
櫻子「それと拭くもの...」キョロキョロ
あかね「......」
69:
あかね(あかりがこんなにも幸せそうなのに、私ったら...)
あかね(あかりも大きくなったのね......)
櫻子「お義姉さん!水持って来たので...わっ!」コテ
びしゃぁあ
櫻子「わ...あ、あの」ガクガク
あかり「お姉ちゃん、だ、大丈夫?櫻子ちゃんもわざとじゃ...」
72:
あかね「......」
櫻子「ご...ごめんなさい」シュン
あかね「...櫻子ちゃん」ニコッ
あかね「大丈夫よ。それより櫻子ちゃんは怪我しなかった?」
櫻子「は、はい!」パァァ
あかね「そう、良かった」ナデナデ
櫻子「えへへ」
あかり「......」ニコニコ
73:
あかね「二人ともお風呂入ってきなさい。後片付けはしとくわ」
あかり「いいの?」
あかね「えぇ、行ってらっしゃい」
あかり「うん!櫻子ちゃん、一緒に入ろ」
櫻子「やったー!入る入る!」
あかね(これでいいのよね...)
74:
?夜?
あかり「お姉ちゃん、あかり達もう寝るね」
あかね「お休み、あかり、櫻子ちゃん」
櫻子「お休みなさい、お義姉さん」ペコッ
75:
あかり「...zzz」
櫻子「あかりちゃん?」
あかり「」
櫻子「もう爆睡してる...」
櫻子「......」
櫻子(...向日葵何してるかな?)
76:
櫻子(何でケンカしたんだっけ?)
櫻子(...あかりちゃんに悪い事したな......)
あかり「...ムニャ......櫻子ちゃん...向日葵ちゃん」
櫻子「!?」ビクッ
櫻子「......」
櫻子(...あかりちゃん)ナデナデ
77:
?次の日?
あかり「櫻子ちゃん!起きて!学校の時間だよ」ユサユサ
櫻子「う?ん...もうちょっと」ムニャムニャ
あかり「ダメだよぉ」ユサユサ
櫻子「...むぅ、あかりちゃんってば厳しいなぁ」フワァ
78:
あかり「お姉ちゃん、行ってくるね!」
あかね「行ってらっしゃい」
櫻子「あの...昨日はお世話になりました!」ペコッ
あかね「えぇ、またいつでも来なさい」
櫻子「はい!行ってきます!」
79:
?通学路?
あかり「櫻子ちゃん...」
櫻子「ん?」
あかり「向日葵ちゃんと仲直りできる?」
櫻子「......」
櫻子「分かんない...」
80:
あかり「...そう」
あかり「大丈夫だよ!きっと仲直りできるよ!」
櫻子「...うん。ありがと」
「あかりちゃん」
あかり「?」クルッ
81:
ちなつ「おはよう、あかりちゃん、櫻子ちゃん」
あかり「おはよう、ちなつちゃん」
向日葵「......」
櫻子「......」
82:
向日葵「櫻子......後でお話がありますの」
櫻子「私も、話がある」
向日葵「そう。ではお昼休みにでも」
ちなあか「......」
85:
?昼休み、生徒会室?
向日葵「遅いですわよ...」
櫻子「うるさいなぁ、私にだって心の準備って物が...」
向日葵「櫻子...わたくし......」
櫻子「向日葵...昨日はごめん!」ペコッ
向日葵「櫻子?」
86:
櫻子「その...言い過ぎた!反省してる」
向日葵(櫻子が自分から謝るなんて...)
向日葵「いえ...わたくしこそ、申し訳ありませんわ」ペコリ
ひまさく「......」
櫻子「もういいって!それより私、向日葵に話があるんだ」
87:
向日葵「あら!わたくしもあなたに言っておきたい事があるんですの」
櫻子「何だ、お前もか」
向日葵「えぇ」
櫻子「向日葵!」
向日葵「......」
櫻子「私、あかりちゃんが好き!あかりちゃんはどう思ってるか分からないけど、私はあかりちゃんが好きなんだ!」
90:
櫻子「最初は当て付けみたいな感じだったけど、あかりちゃんと一緒にいて、あかりちゃんが大好きになった!」
櫻子「私、あかりちゃんに告白する!本気で好きだって言ってくる!」
向日葵「......良かったですわね」
向日葵「あなたの恋、応援しますわ」
櫻子「...ありがと」
91:
櫻子「って!私の事ばっかりじゃないか!向日葵はどうなんだよ?」
向日葵「わたくしは...その......」モジモジ
櫻子「何だよ、ハッキリ言えよ」
向日葵「......えぇ、吉川さんが好きですわ」
92:
?回想?
ちなつ「ねぇ...向日葵ちゃん......」
向日葵「どうしました?」
ちなつ「.........くれない?」
向日葵「え?良く聞こえませんでしたわ」
ちなつ「おっぱい触らしてくれない?」
向日葵「...え?」
94:
向日葵「あの?吉川さん?」
ちなつ「あのね...さっきからずっと気になってたの」
ちなつ「向日葵ちゃんが引っ付くたび、私に当たってて...」
向日葵「あの、だからと言って」
96:
ちなつ「実は前から触ってみたかったの」
向日葵(吉川さん...顔が......)
ちなつ「少しだけ...少しだけだから」
向日葵「......分かりました」
向日葵(吉川さんを捲き込んでしまいましたもの、これくらいは)
98:
ちなつ「じゃあ...触るね?」
向日葵「......はい」
タプン ムニュ
ちなつ「!!」ビリビリ
向日葵「///」
100:
ちなつ「......」
ムニュ プニプニ
向日葵「...あん///」
ちなつ「!?」ゾワゾワ
ちなつ「向日葵ちゃん!」グイッ
101:
向日葵「ちっ、近いですわ!///」
ちなつ「...可愛い」ボソッ
向日葵「...へっ?」
ちなつ「向日葵ちゃんすっごく可愛い!」
向日葵「あ...ありがとうございます。け...けど、ち...近いですわ///」
102:
ちなつ「向日葵ちゃん、もっと触っていい?」
ムニュ プニプニ タプタプ
向日葵「あっ///」
向日葵「こ...これ以上は...」
チュッ
向日葵「!?」
103:
ちなつ「ご...ごめん」
ちなつ「き...キスはするつもりは......」
向日葵「い...いえ......」ドキドキ
向日葵(わ...わたくしのファーストキス......)
106:
向日葵(な、何故か...嫌じゃない...それ所か......)
向日葵(凄く...凄くドキドキしますわ)
ちなつ「ごめんね、向日葵ちゃん。私、調子に...」
向日葵「本当に気にしないで下さい」
向日葵「その...嫌じゃなかったので」
ちなつ「向日葵ちゃん?」
楓(ふわあぁぁ、ミラクるんのお姉ちゃん凄い......)
楓(向日葵おねえちゃんが...)
楓(......)
108:
向日葵(な、何故か...嫌じゃない...それ所か......)
向日葵(凄く...凄くドキドキしますわ)
ちなつ「ごめんね、向日葵ちゃん。私、調子に...」
向日葵「本当に気にしないで下さい」
向日葵「その...嫌じゃなかったので」
ちなつ「向日葵ちゃん?」
楓(ふわあぁぁ、ミラクるんのお姉ちゃん凄い......)
楓(向日葵おねえちゃんが...)
楓(......)
109:
櫻子「向日葵?」
向日葵「......」
櫻子「おい!」
向日葵「!」ビクッ
櫻子「なにさっきから、ぼーっとしてんだよ」
向日葵「いえ...」
向日葵(吉川さんのキスや手つきが忘れられないなんて、口が裂けても言えませんわ)
110:
向日葵「とにかく、わたくしも吉川さんに告白しますの!」
櫻子「そっか...」
櫻子「......」
櫻子「向日葵...」
向日葵「はい?」
櫻子「二人とも上手くいくといいな」
向日葵「櫻子......あ、当たり前ですわ!」
向日葵「わたくしは櫻子だけが振られないか心配ですわ」
櫻子「何だと!?このバカっぱい!」
向日葵「胸は関係ないでしょうが!」
ギャー ギャー
112:
?放課後?
あかり「どうしたの?櫻子ちゃん、こんな場所に呼び出して」
????
ちなつ「向日葵ちゃん、こんな所に呼び出してどうしたの?」
????
櫻子「あかりちゃん!好きです!付き合ってください!」
向日葵「吉川さん!好きです!付き合ってください!」
おわり
113:
おつなのん
11

続き・詳細・画像をみる


香川真司、“チャットで舌出し顔”をネヴィルに茶化される

親戚の子どもとポケモン対戦した結果…

【中国BBS】 浅田は引退した方がいい「韓国に行っても楽しいことはない」

【母の執念】たった3,000円、されど3,000円。

【エイプリルフール】バディコンとガチャピンがまさかのコラボでワロタwwww

オーディオテクニカ、“世界初”プッシュプル機構搭載イヤホン発売

back 削除依頼&連絡先