まどか「私…裂けちゃう…!」back

まどか「私…裂けちゃう…!」


続き・詳細・画像をみる

1:
ほむら「この時を待っていたわ」ニヤ
まどか「え?」
さやか「!?ほ、ほむら!あんた何を…!」
 ぐいいいっ
まどか「や、やめて!ほむらちゃん!私…裂けちゃう…!!」
 ――パリィンッ
まどか「!?」
女神まどか「!?」
まどか「いだだだだ!痛い!ほむらちゃん!痛い痛い!!痛いっつってんでしょ!?」
女神まどか「痛い痛い痛い痛い!!無理無理引っ掛かってる!!」
ほむら「!?」ビクゥッ
さやか「ま、まどかの上半身が2つに!?」
ほむら「え、ちょ……えっ」
まどか「…あ…こ、こんにちは」ペコ
女神まどか「…こんにちは…」ペコ
5:
杏子「うわ!なんかすげー事になってんな!!」
なぎさ「ところでほむらのソウルジェムも凄い色になってるのです」
さやか「うわっ、呪いよりおぞましい感じになっちゃってまぁ…」
マミ「ねぇねぇ、どうしてこれはこんな風になったのかしら?」
ほむら「え?…えっと…」
ほむら(まどかの人間としての記憶を奪ってドヤ顔で『愛よ』って言うつもりだったのに…)
女神まどか「ねぇ!それより私!私達をどうにかしてよ!」
まどか「こんな女神絶対おかしいよ!キメラだと思われちゃうよぉ!!」
キュゥべえ「うわなんだこいつ」
6:
キュゥべえ「」ボロ…
まどか「駄目だよキュゥべえ、さすがにそういう『素』の反応は私もショックだよ…」グリグリ
女神まどか「もっと踝を押し付けようよ私」
キュゥべえ「痛い痛い痛い痛い!!ストップ!やめてくれまどか!!」
さやか「おーいまどかー!」
女神まどか「あ、さやかちゃん!」
まどか「あ、さやかちゃん!」
女神まどか「ん?今私に言ったんだよね?」
まどか「私だよね?」
さやか「いやどっちもだけど…と、とりあえず一回押し戻してみる?」
ほむら「駄目よ!せっかくそこまで引っ張ったのに!!」バサァッ
なぎさ「ほむらに黒い翼が生えたのです!」
杏子「卑猥な衣装だなオイ」
マミ(黒い翼…)トゥンク
8:
さやか「っせーの…おりゃあああぁッ!!」グイグイグイ
まどか「痛い痛い痛い!!ちょ、さやかちゃん痛い!!腰が!捩れちゃう!!」
女神「痛い痛い!いだだだだ!待ってさやかちゃん!無理!!無理!」
さやか「えぇー…!?引いても押しても駄目なの?」パッ
まどか「はー…はー…」ウルウル
女神まどか「……ほむらちゃん!!どうするのこれ!!」
悪魔ほむら「…は、反省してるわ…」
女神まどか「反省する前に何であんな事したの!!ほむらちゃん!!」
悪魔ほむら「ま、まどかを…人間に…戻したくて…」
まどか「方法ってあるよね?こんな実力行使、しかも計画性ゼロの方法をどうしてやっちゃったの?ほむらちゃん」
悪魔ほむら「………」
女神まどか「黙ってちゃわからないよ、ん?ほむらちゃん?」
悪魔ほむら「………」ウルウル
さやか「ちょ、ストップ!!まどかストップ!怒ってるのは分かるけど!!」
14:
杏子「つーかそもそもさぁ、中に戻りたいの?分かれたいの?」
まどか「え?」
マミ「そうね、それによってどうするか変わると思うの」
女神まどか「とにかくこの気持ち悪い状態を直したいんです…マミさん…」
まどか「このまま…このままの姿でお導きなんてできないよ…!」
 ???
魔法少女「あ…わ、私のソウルジェムが…」
 ぱぁぁぁぁっ
プラナリアまどか「「迎えに来たよ…」」
魔法少女「ぎゃあああぁぁぁぁッ!!」
 ????
まどか「嫌ぁぁぁあああぁッ!!こんなの全然女神様じゃないよ!死神だよ!!」
杏子「確かにそんな姿で迎え来られてもちょっとな…」
マミ「感動の再会…って気分にはなれないわね…」
16:
さやか「そこはちゃんと戻すべきでしょ、まどかが選んだ未来なんだし」
悪魔ほむら「駄目よ!まどかは人間としての生を楽しむべきだわ!!」
さやか「なんだと!?それはまどかの意志を蔑ろにしてる!!」
悪魔ほむら「私は結界の中で本当のまどかの気持ちを聞いたのよ!口を挟まないで!」
まどか「ほむらちゃん、さやかちゃん」
さやか「…何?まどか…」
悪魔「どうしたの?」
まどか「人間の生を歩むにしろ」
女神まどか「円環の理に殉じるにしろ」
まどか「この姿で」
女神まどか「どうしろって」
プラナリアまどか「「言うのかな」」
さやか「………」
悪魔ほむら「………」
18:
さやか(どうしよう、あの時の顔のまどかは『キてる』んだよなぁ…)
悪魔ほむら(あんな表情のまどか初めて見た…)
キュゥべえ「グリスでも塗って滑りやすくすればいいじゃないか」
まどか「嫌だよ!あんなネトネトしたの!!」
女神まどか「お洋服が汚れちゃうよ!!」
さやか「と、とりあえずさ…円環に帰ってから考えよう?」
女神まどか「こんな姿で帰れるワケないよさやかちゃん!」
さやか「だ、大丈夫だって!あたしなんかホラ本来これよこれ!」オクタヴィアー
なぎさ「なぎさだってホラ!ホラ!これなのです!」シャルロォッテェー
まどか「なまじ人型を保つよりそういう方が寧ろいいんだよ…しかも円環は全員魔女姿に慣れてるし…」
女神まどか「私みたいなキメラアント有り得ないよ…!」
24:
杏子「つーかさぁ、今プラナリアみてーになってるじゃん?」
さやか「?」
杏子「って事は完全に切断すればプラナリアみたいに完全に分かれるんじゃねーの?」
まどか「杏子ちゃん!?私の胴体切断するって言ってるよねそれ!?」
女神まどか「救済の女神に恐ろしい事を言ってるよ!?下っちゃうよ天罰が!」
さやか「いや下すのあんただろ!!」
女神まどか「容赦しないよ…」
さやか「やーめーなーさーい!!」
キュゥべえ「ソウルジェムがあれば別に切断されても大丈夫なんだけど」
なぎさ「引っ張っても押し込んでも痛いと言うのなら…」
マミ「………」
悪魔ほむら「………」
プラナリアまどか「「いやいやいや!絶対痛いって!切断は引っ張るとか押すとかそういう問題じゃないよ皆!!」」
26:
さやか「その気になれば痛みなんて完全に消しちゃえるけど」
女神まどか「さやかちゃん!心の痛みは消えないって私知ってるよ!」
さやか「いや…それはそうなんだけどさぁ…」
マミ「あの、こういうのはどうかしら?」
女神まどか「なんですかマミさん?」
マミ「ほら、無理矢理引っ張るから駄目なんであって…」
マミ「捻ってみたらいいんじゃないかしら…?」
まどか「…捻る?」
……………
………

さやか「ほむら、ゆっくりね?ゆっくり、ゆーっくり右に回していくよ」ガシッ
悪魔ほむら「えぇ、分かっているわ美樹さやか」ガシッ
プラナリアまどか「「ひぃぃいい……!」」ガタガタ
31:
さやか「…………」グッグッグッ
悪魔ほむら「…………」グッグッグッ
まどか「…………」ズルズルズル
さやか「…………」グッグッグッ
悪魔ほむら「…………」グッグッグッ
女神まどか「………あ痛っ」
さやか「…………」
悪魔ほむら「…………」
女神まどか「あ、ごめん…大丈夫、このままお願い…」
まどか「ちょ、ちょっと待って二人とも!なんか攣った…!中で攣った!」
マミ「中で攣るってどういう状況!?」
杏子「遅ぇなぁ…」ポッキーポリポリ
34:
まどか「………」
まどか「…うん、直ったっぽいからまたお願い」
さやか「うん、そんじゃいくよー」グッグッグッ
悪魔ほむら「え?あ、ちょっと美樹さやか!タイミングがずれ――」グイイッ
プラナリアまどか「「いだだだだだだ!!」」
 ???
まどか「さやかちゃん、どうして今先走ったの?」
さやか「…ご、ごめん…」
女神まどか「ほむらちゃんもさ、何か『あっ!さやかちゃんのペースに合わせなきゃ!』って感じで思いっきり捻ったよね?」
女神まどか「なんで?」
悪魔ほむら「…ご、ごめんなさい…」
まどか「こういうのって呼吸が大事だよね?」
マミ「あ、あの…鹿目さん…そろそろ土下座は…」
女神まどか「マミさんちょっとごめんなさいもう少し、ね」
マミ「…はい…」
35:
さやか「で、でもまどか!ほら!なんかさっきまでおへそより少し下くらいまでしか生えてなかったけど…」
さやか「今もう腰まで出てるよ!!」
まどか「さやかちゃん!『生えてる』って表現やめてくれないかな!?」
悪魔ほむら「これでようやくまどかを裂く事ができる…!!」
女神まどか「どうして裂こうとしてるのかよく分からないけど…」
なぎさ「そうなのです!裂かれたら円環はどうなってしまうのですか!」
さやか「…ん?あ、そうだ!なんか取り出す事で頭いっぱいだったけど…!」
悪魔ほむら「チッ…思い出したわね…!!」
杏子「別にいいじゃねーか、とりあえず二つに分けてからまどかに決めさせれば…な?」
女神まどか「そうだよ!早くこの…枝分かれ状態をなんとかしてよぉ!」
さやか「よ、よしきた!!」
悪魔ほむら「本当すみませんなんか」
39:
……………
………

まどか「お…おぉ…」
女神まどか「す、脛の辺りまで分かれた…!」
杏子(ぶっちゃけこの状態が一番グロいな)
マミ(いえ、太ももから上が飛び出てる状態の時が一番アレだったと思うわ)
女神まどか「二人ともー?テレパシー聞こえてますからねー?」
杏マミ「」ビクゥッ
さやか「はぁ…もう引っ張っても大丈夫そうじゃない?」
悪魔ほむら「えらく時間が掛かってしまったわ…」
42:
さやか「んじゃ、引っ張るよ!!」ガシッ
悪魔ほむら「えぇ」ガシッ
さやか「おりゃあああぁぁッ!」グイイィッ
悪魔ほむら「HOOOOMULILLYYYYYYYYY――――ッ!!」グイイィッ
プラナリアまどか「「ちょ、いったぁぁぁあぁぁッ!!」」
 ――すぽんっ
女神まどか「ひゃあ!?」
まどか「うひゃ!!?」
さやか「ぃよっしゃああ抜けたぁぁぁーッ!!」
ほむら「ホォォムリリィイイアーッ!!」WRRRYYYYY
マミ「やったわ!!遂に!!」
杏子「おー、すげーすげー!!」
43:
女神まどか「ほ、ほんとに分かれちゃった…」
まどか「鏡を見てるみたいで恥ずかしいよぉ…」
さやか「いやー良かった良かった!どっちも可愛い!さーっすがあたしの嫁!!」ガシッ
まどか「ちょ、ちょっとさやかちゃん!」
女神まどか「駄目だよー!」
さやか「はっはっは、良いではないか良いではないか!」
悪魔ほむら「ちょっと!私もやりたい!どきなさい美樹さやか!」
さやか「やーだよー」ベーッ
悪魔ほむら「どーきぃーなぁーさぁーいぃー!」アミダ血涙
さやか「うお怖っ!!」
マミ「よかったわねぇ…」
なぎさ「一件落着なのです」
杏子「で、どうすんの?また合体すんの?このまま分かれとくの?」
一同「………」
50:
悪魔ほむら「まどか!私と一緒に来て!貴女は…貴女だって本当は!こんな役目を負うのは嫌だった筈よ!」
まどか「ほむらちゃん…」
悪魔ほむら「まどか…まどかぁ…!」ポロポロ
女神まどか「…ほむらちゃん、泣かないで?確かに私は怖かったし嫌だった、それは本当だよ」
女神まどか「でもね…それでも、後悔なんてしてない、これもホントなんだよ」スッ
悪魔ほむら「ううぅ…っ、ぐす…!」
女神まどか「…行こうほむらちゃん…これからは今度こそずっと一緒だよ」
悪魔ほむら「…で、でも…まどか…」
まどか「うぇひひひ、ほむらちゃんと一緒なら寂しくないよ!」
さやか「おーい、あたしとなぎさだっているんだぞー」
女神まどか「勿論!そもそも私は一人で皆とお別れなんて絶対やだって言ったよね、ほむらちゃん」
女神まどか「だからさやかちゃんを連れてったんだよ」
さやか「ちょお!?」
まどか「気づいてなかったんだ…うぇひひひ、ハシャイジャッテ!」
さやか「おいおいおい!!」
52:
女神まどか「そういうワケだから…ね、私」
まどか「うん、私…また1つに…」
さやか「ちょ、ちょっと!まだあたしの話終わってなくない!?ねぇ!!」
女神まどか「きて…私!」バッ
まどか「行くよ…女神の私!!」ピョンッ
さやか「うぉーい!さやかちゃんの処遇について聞きたい事がぁー!!もがっ!?」
なぎさ「さやか、うるさいのです」
さやか「んんー!!」バタバタ
女神まどか「………あれ?」
まどか「」
まどか「」
まどか「」バタバタ
悪魔ほむら「………ひ…っかかってる…?」
マミ「ス…」
杏子「スケキヨ……!!」
54:
さやか「………」
女神まどか「へい!がんばって私!今凄く恥ずかしい格好だよ!!無様だよ!!」
まどか「」バタバタ
まどか「」ジタバタジタバタ
まどか「」
女神まどか「諦めないで!!なんか私のお腹から二本生えてるから!!」
杏子「………っ!!」ググッ
マミ「んんん…っ!!ブフォアッ」
なぎさ「ちょ、ちょっと二人とも!なんで笑いをこらえてるんですか!」ヒクヒク
さやか「……んっぐ…!」
悪魔ほむら「ブッフォ」
女神まどか「ちょっと皆いったん正座しようか」
まどか「」
55:
女神まどか「皆押し込んで!もう一回!!」
杏子「見事なまでにスケキヨってるなぁ…」
まどか「」ドンッ
杏子「いっで!?」
さやか「蹴った…足だけなのに聞こえるんだ…」
悪魔ほむら「ハァーッ…はぁ…ふぅ…!もう大丈夫よ、落ち着いたわ…もう絶対笑わない」ファサッ
悪魔ほむら「…………」
悪魔ほむら「?????!!」ブッフォォ
女神まどか「ほむらちゃん、そろそろキレるよ?」
悪魔ほむら「ごめんなさい」
マミ「また押し込めばいいんじゃないかしら…」
さやか「なんか…『痛い』の合図が蹴りになりそうで嫌なんですけど…」
女神まどか「そんな事気にしてる場合じゃないよね!?」
さやか「はぁ…仕方ない…ほむらー」
悪魔ほむら「え、えぇ…やるわよ、えぇ…」
58:
さやか「うん…っせ!!」グイッ
悪魔ほむら「………!!」グイッ
まどか「」ブンブンブン
さやか「いっだい!?」ドカッ
悪魔ほむら「まどかの御美足!!」ドカッ
さやか「ちょ、コラァ!もう足だけなんだから我慢しなさい!!」
まどか「」ブンブンブンブンブンブン
悪魔ほむら「落ち着いてまどか!これじゃ足をつかめないわ!!」
女神まどか「私!お願い落ち着いて!私もこんな状態で女神業やりたくないよぉ!」
マミ「ねぇ…私達何でこんな事してるのかしら…」
杏子「ほむらがおとなしく導かれねーからだろ」
悪魔ほむら(視線が痛い…)
59:
さやか「……ほむら、ちょっとこっち来て」グイッ
悪魔ほむら「な、何?」スタスタ
さやか「あのね………」ゴニョゴニョ
悪魔ほむら「…………」ウンウン
女神まどか「二人とも早くしてー…!」
まどか「」バタバタバタバタ
さやか「お、おーう!今行くー!」
悪魔ほむら「ねぇまどか…ゆっくりやるから、ちょっと仰向けになってくれないかしら」
女神まどか「?…いいけど…」ゴロン
さやか「よし今だ!!ほむら右足!!」ガシィッ
悪魔ほむら「任せなさい!!」ガッシィイ
女神まどか「!!?」
さやか「体全部で抱えられたら足だけじゃ抵抗できないだろう!いっせーの!!」
悪魔ほむら「っせぇぇえええ!!!」
女神まどか「いっだあぁぁぁぁ――――ッ!!」
60:
……………
………

さやか「よっしゃ!!全部入った!!」
悪魔ほむら「………」ホムゥ
女神まどか「ねぇ二人とも…今私すっごく怒ってるの分かる?ねぇ分かるよね?」
なぎさ「女神様…髪の毛が荒ぶっているのです…」
マミ「まぁまぁ…と、とりあえず元通りになったんだし…」
杏子「そうだよ、細かい話をすんなって」
女神まどか「二人とも他人事過ぎますよ!!」
さやか「……さってと…ほむら」
悪魔ほむら「え?」
さやか「…行くよ、向こうに」
悪魔ほむら「………」
61:
女神まどか「ほむらちゃん…」
悪魔ほむら「…でも、でも私は…貴女に、ひどい事…」
なぎさ「そんな事ないのです、全部全部女神様を思っての行動だったのです」
さやか「そうだよ、ねぇまどか?」
女神まどか「うん…方法はどうあれ、私を助けようとしたんだよね?ありがとう、ほむらちゃん」
女神まどか「行こう…」スッ
悪魔ほむら「う、うぅ…ううぅっ…!!」
女神まどか「あれ?でも今のほむらちゃんってソウルジェムの濁りが呪いを超越しちゃってるんだっけ?」
女神まどか「まぁいいや、よっこい…っせ!」
悪魔ほむら「!?ちょ、ちょっと待ってまどか…!い、痛い…!もっと優しく!優しく!」
64:
女神まどか「導きパゥワーッ!!」グイイィッ
悪魔ほむら「いっだぁぁああぁッ!?痛い痛い!!いったぁい!!」
 ――パリィンッ
ほむら「いだだだだ!まどか待って!!こういうのは無理!痛いのは嫌なのちょっと待っ、いだだ!?」
女神まどか「あっ」
さやか「あっ」
マミ「あっ」
杏子「あっ」
なぎさ「あっ」
ほむら「………」
悪魔ほむら「………」
女神まどか「あー…ごめんほむらちゃん……枝分かれしちゃった…」
さやか「もー勘弁してよぉー!!」
68:

7

続き・詳細・画像をみる


変異80倍のマラリア原虫 群大院作製

【画像あり】韓国の小学校のトイレが余りにも衝撃的すぎるwwwwwwwwwwww

2014年春アニメ一覧最新版(6版) 見るものは決まった?

在日朝鮮人3世「韓国に帰ったけど、韓国語が話せないしやっぱり日本にいてやる」

嫁があまのじゃく過ぎる。マジな話、どっか精神障害かと思う

【芸能】AKBの恋するフォーチュンクッキーRock Musician Ver.のメンツが凄い 普通に演奏しろよ

back 削除依頼&連絡先