真姫「かよちんのほっぺた」back

真姫「かよちんのほっぺた」


続き・詳細・画像をみる


にこ「えーい!」モミモミ
花陽「や、やめてよー、ニコちゃーん」アワワ
にこ「かよちんのほっぺたが魅力的なのがいけないニコ!」プニプニ
花陽「ぷにぷにしないでー……」
にこ「ニコもほしいなー、かよちんみたいなぷにぷにほっぺ」ムニムニ
花陽「にほひゃんやめへー」ムニーン
真姫「……」ジーッ
にこ「真姫ちゃん、じーっとニコ達のこと見てどうしたニコ?」
真姫「な、なんでもないわよ!」
【Amazon.co.jp限定】ラブライブ! School idol diary 8冊セット 豪華イラストカード3枚付
----------------------------------------------------------------------------
3: 以下、
http://i.imgur.com/Bb5cnl6.jpg
2: 以下、
真姫はかよちんとか呼ばないんですが…
4: 以下、
>>2
マジかよ俺は幻聴でもしてたのか
5: 以下、
>>2
CDのドラマパートとかスクフェスだとかよちん
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00GZ3RRD4/
10: 以下、
ここまでメディアによって設定バラバラな作品もなかなかないよな
13: 以下、
>>10
ゴッド作品はいつもこんならしい
読参だからしゃーない
9: 以下、
にこ「? あー、わかった!」
真姫「な、何がわかったっていうのよ?」
にこ「真姫ちゃん嫉妬してるでしょ?」
真姫「し、嫉妬? この真姫ちゃんが嫉妬なんてするわけないじゃない」アセアセ
にこ「そっかー、真姫ちゃん嫉妬しちゃってるんだー」ニヤニヤ
真姫「だからちが――」
にこ「でもダメニコ! ニコはー、みんなのアイドルだからー」ニコニー
真姫「……」ハァ
にこ「何よそのため息! 言いたいことがあるならはっきり言いなさいよ!」
花陽「け、喧嘩は良くないよ!」アセアセ
11: 以下、
――――
――

翌朝
凛「かーよちん、おはよっ!」ピトッ
花陽「うひぃっ!? 冷たい!」ビクッ
花陽「もう、凛ちゃん、びっくりさせないでよぉ……」
凛「えへへ、ごめんニャ。かよちんのほっぺを見てたら触らずにはいられなくて」アハハ
真姫「……」ジーッ
凛「? どうしたの、真姫ちゃん?」キョトン
真姫「……どうしたのって何が?」
凛「真姫ちゃん、じっとかよちんと凛のこと見てたよね?」
真姫「凛の気のせいじゃない?」カミノケクルクル
12: 以下、
まきぱないいぞ?
14: 以下、
凛「んー?」ジーッ
真姫「な、何よ?」
凛「……」イジイジ
真姫「なっ! なんでいきなり髪の毛を触るわけ?」カアアアアアアア
凛「真姫ちゃんがいつもいじってるから気持ちいいのかなって」クルクル
真姫「気持ちいいから触ってるわけじゃないわよ!」モウッ
凛「やっぱりかよちんのほっぺの方が気持ちいいニャ!」モミモミ
花陽「うひゃうっ!」
花陽「ダレカタスケテー!」
15: 以下、
真姫「ほら、かよちん嫌がってるじゃない、そこら辺にしておいたら?」
凛「でも、かよちんのほっぺは1度触ったら病みつきになって気付いたら触りたくなるんだもん! もうかよちんのほっぺのない生活は考えられないニャ!」
真姫「まるで麻薬ね……」
花陽「花陽のほっぺは麻薬並みなの!?」パナァ
凛「真姫ちゃんは触ったことないからそんなことが言えるんだよ! 真姫ちゃんも1回触ってみるニャ!」ガシッ
花陽「うえぇっ!?」ビクッ
凛「ほら! 真姫ちゃん!」グイッ
真姫「ちょ、ちょっと!」
16: 以下、
凛「ほら、1回触って!」グイグイ
花陽「タスケテー」ウルウル
真姫「……」ゴクリ
凛「真姫ちゃん!」グイッ
花陽「真姫ちゃん……」ウルウル
真姫「か、かよちんが嫌がってるでしょ! さっさと練習行くわよ!」クルッ
凛「えー、真姫ちゃん触らないのー?」スッ
花陽「あ、ありがとう真姫ちゃん。花陽あんまりこのほっぺ好きじゃなくて……。だからね! 真姫ちゃんに触られたくないとかじゃなくて……」
真姫「かよちんがそのほっぺを気にしてることくらい知ってるわよ」ヤレヤレ
18: 以下、
――――
――

放課後部室
真姫「あれ? 花陽1人?」ガチャッ
花陽「おにぎりせいれつー」スヤスヤ
真姫「あぁ、寝てるのね……」
真姫「もう、こんなところで寝て風邪引いても知らないからね」チラッ
真姫「……もう!」ヌギッファサッ
ことり「こんにちはー。あれ? かよちゃん寝ちゃってるの?」ガチャ
真姫「普段の練習で疲れてるのね。最近ライブとかもあったし」
ことり「かよちゃん頑張ってるもんねー」ナデナデ
花陽「えへへー」スヤスヤ
19: 以下、
真姫「かよちんは自信がないだけで私なんかよりずっとアイドルらしいっていうのに『花陽なんて全然だから』っていつも人一倍頑張ろうとして……」
ことり「真姫ちゃんってかよちゃんのことよく見てるんだね」
真姫「別に普通よ」カミノケクルクル
ことり「そっか」ニコニコ
真姫「そうよ」
ことり「ことりから見ると真姫ちゃんって他の人に対する態度とかよちゃんに対する態度が結構違う気がするんだよねー」プニプニ
花陽「ぷにぷにしないでー」スヤスヤ
真姫「そんなことないわよ。……それよりかよちん、ほっぺ触られるの嫌みたいだからあんまりさわってあげないでよね」
ことり「うふふ、はーい。わかりましたー」ニヤニヤ
21: 以下、
真姫「何にやにやしてるのよ、気味悪いわね」
ことり「だってー、ねぇ?」ニヤニヤ
真姫「だって、何よ」
花陽「んん……。あれ? 真姫ちゃんとことりちゃん?」
ことり「あ、かよちゃんおはよう」ニコニコ
花陽「も、もしかして花陽寝てた!?」アワアワ
ことり「うん、かよちゃんの寝顔すっごく可愛かったよ」
花陽「うぅ、恥ずかしいよぉ……」カアアアアアアアア
真姫「かよちん、疲れてるんでしょ? あんまり頑張りすぎちゃダメよ」ポンポン
花陽「ありがとう、真姫ちゃん」ニコッ
真姫「お礼を言われるようなことはしてないわ」プイッ
23: 以下、
――――
――

別の日
海未「ん、花陽」テマネキ
花陽「どうしたの? 海未ちゃん」トテトテ
海未「ご飯粒がついていますよ」ヒョイパクッ
花陽「あ、ありがとう、海未ちゃん」エヘヘ
海未「全く、花陽はそそっかしいところがありますからね。スクールアイドルであるという自覚をもう少し――」クドクド
花陽「う、うぅ……」ウルウル
海未「大体どうやったらほっぺたにご飯粒がつくんですか」ツン
花陽「っ!」ビクッ
真姫「……っ!」ピクッ
24: 以下、
海未「ん、これはまた柔らかいほっぺたですね」ツンツン
花陽「くすぐったいよー、海未ちゃーん」アワアワ
海未「なるほど、弾力があって、それでいて硬いということはなく……」フニフニ
海未「これならばご飯がついても何の不思議もありませんね」フム
花陽「海未ちゃん、やめてー」
海未「もう少し、もう少しだけ待って下さい。この感触はどこかで……。そう、穂むらのお饅頭……」ムニムニ
海未「少し味見をしてもいいですか?」ズイッ
花陽「あ、味見っ!?」
25: 以下、
海未「少しだけ、ほんの少しだけですから」ズズイッ
花陽「花陽のほっぺなんておいしくないよ……?」オドオド
海未「おいしいかおいしくないかなんて食べてみないと分かりません!」クワッ
花陽「え、えぇ……?」
海未「いいですよね?」
花陽「えっと……」
海未「い・い・で・す・よ・ね?」
花陽「は、はいぃ!」
真姫「ダメに決まってるでしょ!」グイッ
26: 以下、
海未「なぜ真姫が邪魔するんですか!」
海未「花陽は『はい』って言ったでしょう?」
真姫「威嚇しておいて何言ってるのよ!」モウ
花陽「真姫ちゃん、怖かったよー」ダキッ
真姫「花陽、こんなにおびえちゃってるじゃない」
海未「べ、別に怖がらせるつもりはなかったのですが……」
真姫「私から見てもすごい剣幕だったわよ?」
海未「ほ、本当ですか? 花陽?」
花陽「う、うん。なんだかいつもの海未ちゃんじゃないみたいで怖かったかな……」エヘヘ
27: 以下、
海未「申し訳ありませんでした、花陽!」ドゲザァ
花陽「え、えぇ……?」
海未「あまりに花陽のほっぺたが気持ちよくて我を失っていました!」ゲザァ
花陽「だ、大丈夫だから、顔上げて?」オドオド
海未「しかし……」
真姫「かよちんが大丈夫って言ってるんだから顔上げなさいよ」
真姫「それとももっと花陽に迷惑かけたいわけ?」
海未「そんなわけありません!」
真姫「じゃあほら、しゃんとしなさい」
海未「は、はい」ピンッ
28: 以下、
これはダメな海未ちゃん
29: 以下、
真姫「それにしても、あの海未ちゃんをここまでするなんてかよちんのほっぺは想像以上ね」ジッ
花陽「あ、あんまり見られると恥ずかしいよ……」テレテレ
海未「私としたことが、あんなに取り乱すなど武士の恥……!」
真姫「海未ちゃんは武士じゃないでしょ?」ヤレヤレ
海未「やはりこのままでは花陽に申し訳ありません。今ここで切腹を……!」
花陽「ゼップグゥ!?」パナァ
真姫「竹刀でどうやって切腹しようって言うのよ!」ガシッ
海未「真姫、離しなさい! 真姫ぃっ!」ブンブン
花陽「あ、危ないよ! 海未ちゃん!」
30: 以下、
絵里「どうしたの? 騒がしいわね」ガチャ
真姫「エリー! 海未ちゃんが暴れてるの! エリーも一緒に止めて!」
花陽「ダレカタスケテー」
絵里「……海未、竹刀を置きなさい」
海未「し、しかし!」
絵里「お・き・な・さ・い」チカァ
海未「は、はい」コトッ
真姫「これでなんとか一安心ね……」
花陽「よかった……」ホッ
31: 以下、
ダメな海未ちゃんかわいい
37: 以下、
パナァでワロタ
32: 以下、
絵里「ほら、花陽のほっぺでも触って落ち着きなさい」スッ
海未「え? ですが……」
絵里「海未には癒しが足りないのよ。だから暴れるの」グイッ
花陽「うひゃうっ!」プニッ
海未「あ、あぁっ! 指先からじんわりとした温かみが、身体中に伝わり……!」
海未「私はなんという愚かなことを」ポロポロ
絵里「花陽のほっぺの前には全てのことがちっぽけに思えてしまう。……ハラショーよ、花陽」パチパチ
花陽「え、えぇっ?」
真姫「そもそも暴れ出したきっかけもかよちんのほっぺだけどね」ハァ
33: 以下、
希「全ての始まりはかよちんのその可愛らしいほっぺで終わりもほっぺ。なんだかスピリチュアルやね」ココデトウジョウ
真姫「なんだか壮大に言ってるけどそんなに壮大な話じゃないわよね?」
希「ウチはそのほっぺより胸にあるマシュマロの方が気になるけど!」ワシワシ
花陽「ひぃっ!」カクレッ
真姫「もう、希!」
希「あちゃー、真姫ちゃんにそう睨まれたら引かざるを得ないわ」アハハ
真姫「全く、みんな花陽のほっぺをなんだと思ってるのよ……」ハァ
花陽「真姫ちゃん、いつもありがとう」エヘヘ
34: 以下、
真姫「かよちんも嫌なら嫌ってはっきり言わないと駄目よ?」
花陽「う、うん、そうだよね……」シュン
真姫「……ま、まぁ。私が側にいるときなら私がガツンと言ってあげるから」カミノケクルクル
花陽「ありがとう、真姫ちゃん」パアアアアアアア
希「ラブラブやね」ニヤニヤ
真姫「ら、ラブラブとかじゃないわよ!」カアアアアアアアア
海未「2人の美しい友情を茶化して、あなたは小学生ですか……」ハァ
絵里「でも、実際あそこまで想い合ってると若干妬けちゃうわね」フフ
真姫「わ、私とかよちんはそういうんじゃないからぁ!」カアアアアアアアアアア
35: 以下、
――――
――

また別の日
穂乃果「んー」ジーッ
花陽「ど、どうしたの? 穂乃果ちゃん?」オドオド
穂乃果「かよちゃんのほっぺって色々入りそうだよねぇ」マジマジ
花陽「そ、そうかなー?」
穂乃果「うん、ハムスターみたいにいっぱい入りそうだよ」プニプニ
花陽「ひっ!」ビクッ
真姫「……ほのk」
希「ちょっと待ち」バッ
真姫「な、何よ、かよちんが――」
希「ええから、ちょっとだけ一緒に見てよか」
36: 以下、
穂乃果「かよちゃんのほっぺた柔らかいよねぇ、お餅みたい!」モミモミ
花陽「あ、あの……」ボソボソ
真姫「……ねぇ、希」
希「もうちょっとだけ、な?」ウインク
穂乃果「ずっと触っていたいよ」ムニムニ
花陽「あの! 穂乃果ちゃん!」
穂乃果「わぁ! いきなりおっきな声出してどうしたの? かよちゃん」ビクッ
花陽「あ、あのね、花陽あんまり自分のほっぺた好きじゃなくて……。みんな花陽のほっぺた気持ちいいって言ってくれるのは嬉しいんだけど、なんだか複雑な気持ちで……」
花陽「だから、あんまり触らないでほしいな、って……」
38: 以下、
穂乃果「え? そうだったの? ごめんね、かよちゃん」ナデナデ
凛「それならそうと早く言ってほしかったニャ」
真姫「散々私が言ってたじゃない」ヤレヤレ
ことり「そういって真姫ちゃんが独り占めする作戦なのかと……」アハハ
真姫「私はそんなにずるがしこくないわよ! ニコちゃんじゃあるまいし!」
にこ「ちょっ! それどういう意味?」ムッ
海未「花陽には本当に悪いことをしましたね……」
絵里「私も花陽がそんなに嫌がっているとはおもわなかったわ、ごめんなさい、花陽」
花陽「うぅん、花陽も今まではっきりしなかったのが悪いから……」
希「一件落着、やね?」
真姫「まぁ、そうね。いくら外野がガヤガヤ言っても仕方なかったってことね」フゥ
39: 以下、
花陽「あ、で、でも……その、好きな人になら、触られてもいいかなって……」モジモジ
凛「好きな人? かよちん好きな人いるの!?」
花陽「い、一応」カアアアアアアアアア
真姫「何よそれ! 初耳なんだけど!」
花陽「誰にも言ってない、から……」エヘヘ
花陽「いつも花陽のこと気にかけてくれて、優しくて、素敵な人なの」テレテレ
真姫「だ、誰よそれ……」キョロキョロ
ことり「誰だろうねー」クスクス
絵里「皆目見当も付かないわねー」ニヤニヤ
40: 以下、
かよちんの好きな人・・・
俺か?
41: 以下、
花陽「その好きな人はね、花陽のほっぺを今まで一度も触ってくれたことがないの」
花陽「でも、その人がこのほっぺを好きって言ってくれるなら、花陽も少しはこのほっぺのこと好きになれるかも、なんて」エヘヘ
真姫「触ったことがない……希?」
希「ウチは触ったことあるよー。真姫ちゃんの見てないところでこっそり」フフ
海未「鈍いのですね」クスッ
凛「そういうことなら凛も納得ニャ」アハハ
真姫「み、みんな分かってるの?」オロオロ
絵里「さて、卒業式ライブも近いし、こんなところで駄弁ってる暇も惜しいわ。練習するわよー」パンパン
「はーい」ガヤガヤ
真姫「なによもう! 1人だけわかってないなんて悔しいじゃない!」ムキーッ
43: 以下、
真姫「教えなさいよー!」スタスタ
花陽「待って! 真姫ちゃん!」ギュッ
真姫「……何? かよちん」
花陽「あのね、こんな花陽のこといつも気にかけてくれてありがとう」ニコッ
真姫「べ、別に良いわよ。私が好きでやってるんだから」カミノケクルクル
花陽「真姫ちゃんはね、花陽が高校に来て一番最初に出来た友達なんだ」
真姫「私もそうよ。かよちんが最初」
花陽「はじめて同士だね」エヘヘ
真姫「そうね」フフ
44: 以下、
花陽「真姫ちゃんは私に色々助言してくれて、励ましてくれて、μ'sに入る時も背中を押してくれて」
花陽「真姫ちゃんにはいっぱい、数え切れないくらい感謝してるの」
真姫「私こそ、かよちんには感謝してるわ。花陽が勇気を出してるところを見て私も勇気を出してもう一回音楽やってみようって、そう思えたんだから」
花陽「……」
真姫「……」
花陽「……ねぇ、真姫ちゃん、ほっぺ触って?」
真姫「好きな人にしか触らせないんじゃなかったの?」
花陽「うん、だから。触って」カアアアアアアアアア
真姫「え? ……はぁ!?」
46: 以下、
真姫「な、何? そ、そういうこと!?」カアアアアアアアアア
花陽「うん」カアアアアアアア
真姫「で、でも……」アセアセ
花陽「お願い、真姫ちゃん」ウルウル
真姫「っ! さ、触るわよ? 本当にいいのね?」ゴクリ
花陽「う、うん……!」ゴクリ
真姫「………」ソーッ
花陽「………んっ」ピクッ
真姫「だ、大丈夫!?」
花陽「うん、ちょっとびっくりしちゃっただけだから」エヘヘ
48: 以下、
真姫「……っ」ピトッ
花陽「っ!」ピクッ
真姫「柔らかい、それに温かいわ」ナデナデ
花陽「ま、真姫ちゃ、んっ! くすぐったいよ……っ!」
真姫「ご、ごめんなさい」バッ
花陽「ううん、大丈夫。もっと、触って」グイッ
真姫「大丈夫なの?」ピトッ
花陽「真姫ちゃんになら、大丈夫みたい」エヘヘ
真姫「少し揉むわよ」モミモミ
花陽「んっ……! 真姫ちゃん……っ!」ビクン
真姫「花陽っ……! ん、んんっ……!」モミモミ
49: 以下、
なんだよこの謎のエロさは
50: 以下、
真姫「花陽のほっぺ、手に吸い付いてきて離れないわ」ムニムニ
花陽「真姫ちゃんの手のぬくもりがほっぺから身体中に広がってるよぉ……」トロン
真姫「かよちん、嫌じゃない?」モニュモニュ
花陽「うん、気持ちいい」ニコッ
真姫「よかった」フフ
花陽「真姫ちゃんも、んっ! 気持ちいい?」ビクン
真姫「えぇ、私の手とかよちんのほっぺたがまるで1つになってるみたい」ニコ
花陽「よかっ、たぁ」ニコニコ
53: 以下、
花陽「――っ! 真姫ちゃ、んっ! 花陽、もうだめぇ……っ!」
真姫「私もっ! 花陽のほっぺで……っ!」モミモミ
花陽「ま、きちゃん! はなよ……っ! 一緒が良い!」ダキッ
真姫「はなよっ!」モミモミ
花陽「まき、ちゃんっ……!」ギューッ
まきぱな「「――――!」」ビクンビクン
花陽「はぁ……はぁ……」チラッ
真姫「ん、ふぅ……」チラッ
花陽「え、えへへ」テヲギュッ
真姫「……ふふ」ギュッ
54: 以下、
ふぅ・・・
55: 以下、
ほっぺた揉んでイくってどういうことなの…
56: 以下、
花陽「花陽、このほっぺ好きになれたかも」ニコッ
真姫「……他の人に触らせちゃダメだからね」
花陽「うん、花陽のほっぺは真姫ちゃんだけのものだよ?」
真姫「ならいいわ」
真姫「…………」
真姫「かよちん、目をつむって」スッ
花陽「……うん」ツムリッ
真姫「大好きよ、花陽」ホッペモミッ
花陽「花陽も、大好き、真姫ちゃん」カミノケマキマキ
おわり
58: 以下、
ありがとういいものを見せてもらった
60: 以下、
俺もかよちんのほっぺ触りたい
57: 以下、

なんかエロい
きみのココロに・・・
日本コロムビア Please(Pile)&Secret(AINA(楠田亜衣奈)) 2014/4/16
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 【テイルズ】チェルシー「好きの違いぐらい分かります!」【SS】
- 八幡「雪ノ下を一発ぶん殴ったらめちゃくちゃ従順になった」
- 星空みゆき「キモチヨクナール?」
- ささら「あーっ、マスターがお風呂でおしっこしてる!」
- 絶望先生「このスレは絶対に開かないでください!」
- エレン「俺がミカサとジャンをくっつけてやる!」
- 真奥「恵美が記憶喪失・・・」
- 戦場ヶ原「阿良々木君、>>5をしましょう」
- バナージ「テレフォンショッキング」
- ルルーシュ「苦しい……」咲世子「熱を測りましょう」
- 一夏「はぁ?俺のクローン?」 偽一夏「そうだけど?」
- 苗木「希望を胸に抱いて」
- いぬまる「たまこせんせー、ナーヴギア貰ったんだー」
- 桐乃「兄貴ー、寒いからパーカー貸して」
- C.C.「童貞坊やめ」ルルーシュ「…………は?」
「amazon」の新着おすすめ
イジメっ子お嬢様に倍返し!?: イジメの罰としてなんでもします (美少女文庫)
進撃の巨人 6 [初回特典:Blu-ray Disc ビジュアルノベル「リヴァイ&エルヴィン過去編」他
WHITE ALBUM2(「introductory chapter」+「closing chapter」セット版)
1/700 艦隊これくしょんプラモデルNo.05 艦娘 駆逐艦 島風
妹のおかげでモテすぎてヤバい。 初回版
僕は友達が少ないNEXT 柏崎星奈 キャットコスチュームVer. (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)
サキガケ⇒ジェネレーション! 早期予約CP付き【予約特典&Amazon.co.jpオリジナルポストカード付き】
他の男の精液で孕むとき2~障子に映る、快感に悶え狂った妻の影~
【Amazon.co.jp限定】コードギアス 亡国のアキト 第2章 (オリジナル収納BOX付き) (完全数量限定版)
ログ・ホライズン7 供贄の黄金 【ドラマCD付特装版】
艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(1) (ファミ通クリアコミックス)
ばくあね~弟しぼっちゃうぞ!~【Amazon.co.jpオリジナルイラストカード付き】
おすすめサイトの最新記事
その他二次創作SSラブライブ!  コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- 兄「生意気な妹が敬語になる薬…?」
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
アイドルマスター ワンフォーオール 765プロ 新プロデュースBOX (初回封入特典ミリオンライブで限定アイドルが手に入るコード同梱)ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 特典サントラCD『PERSONAQ SOUND OF THE LABYRINTH』 付
ランダム記事ボタン
カテゴリー
禁書目録SS
エヴァンゲリオンSS
Fate SS
アイドルマスターSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン企画
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
劇場版ペルソナ3 (完全生産限定版) [Blu-ray] ソードアート・オンライン Extra Edition(完全生産限定版) [Blu-ray] ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― (初回封入特典 スペシャル衣装プロダクトコード 同梱)進撃の巨人 9 [初回特典:特典DISC「進撃の巨人」Reading&Live Event「Attack 音 体感」] [Blu-ray] けいおん! Blu-ray BOX (初回限定生産) 劇場版マクロスF 30th dシュディスタb BOX少女のトゲ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)クイーンズブレイド リベリオン 沼地の魔女ウェルベリア 【初回限定版】 ランス9 ヘルマン革命 【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】 レンアイサンプル (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
週間人気SSランキング
【全ランキングを表示】
最新記事
- 真姫「かよちんのほっぺた」
- 兄「生意気な妹が敬語になる薬…?」
- 美希「中の人が結婚したの!」
- ルルーシュ「さ、作戦中に便意が・・・くっ!」
- 春香「え?私がたけのこの里ときのこの山のCMに?」
- 絵里「なにこれ?」海未「接着剤でしょう」
- ほむら「ダイレンジャーはいつ見ても格好良いわね」
- 弟「家には姉と、妹と」
- 苗木「超高校級の作曲家…佐村河内守くんだね?」佐村河内「…」
- マウス「ぐりぐりしちゃだめぇぇえええ!!」
- レヴィ「はぁ?boiled fish paste?」ダッチ「そうだ」
- 男「性別を好きな時に変えられる力?」神「そうだ」
- P「響、仕事だぞ」響「うぎゃっ!自分!?」
- ラティアス「お兄ちゃん、最近外出ないね」
- 女「あ、あの・・ずっと好きでした!」男「ごめんね、俺ゲイなんだ」
新刊ピックアップ
フィギュア
ゲーム
アニメ
最近のオススメSS
清麿「強くてニューゲームか…」ヌァァァァァァ!!
一夏「ドゥフッw拙者織斑一夏でござるwwww」ギャプッwwwコポォwwww
佐天「またレイプされた…」初春「佐天さんも大変ですね」黒髪美少女のレベル0が性的過ぎてヤバイ
佐天「すごいテニスが出来る能力かぁ」間違いなく攻撃的な能力だなぁ
浜面「女の子になれる能力かぁ」アイテムで性別逆転して……
オーキド「ここに3人の女性がおるじゃろ?」 レッド「は?」僕はナツメちゃん!!
【※ネタバレ注意】エレン「同期にホモとレズしか居ない……」確かに
ボーボボ「黒の騎士団入団希望のボーボボでぇす!!」ゼロ「ほう?」死ねやぁ!!!!!
桐乃「そうです!私はブラコンの変態ヤローです!」きゃわわ!!!!!!!
岡部「紅莉栖をひたすら愛で続けたらどうなるか」うわぁぁああぁ!!(AA略
クリリン「やっぱりオレも、サイヤ人の子供欲しいな・・・」スレタイのインパクトェ……
ゆうしゃ「くらえー!まおー!!」魔王「くはははは!!」ゆうしゃちゃん!!!!
俺「グヘヘヘ……」 女騎士「早くこの手錠を外せ!」お○んぽなんかには絶対負けない!
鍛冶師「今日中に仕上げるぞ」弟子「はい」雰囲気が良いSS
「ついに地球はウリ達の物ニダー」ニダニダ
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
モバイルゾーン
新着コメント!

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


【画像】スト?と土下座ストラップがコラボwwwwwwwwwこれは欲しい

親友Aの家に夜鬼電してきた高校の友人Bを名乗る女

ええぇぇっっ!?……あっ、そういう事か。俺ってば完全に心が汚れ切ってるんだな……

ダウン症の子どもを生んだ姉が叩かれているわけだが

助けて!ファッション誌が売れないの!各社対象年齢を引き上げて対応

韓国で出版されたアンネの日記の表紙をご覧ください

back 削除依頼&連絡先