少女「ここは何処?」 日本兵「目が覚めたか」back

少女「ここは何処?」 日本兵「目が覚めたか」


続き・詳細・画像をみる

1:
少女「うわっ!!誰アンタ!?って言うかココは何処!?」
日本兵「まぁ落ち着いて。とりあえずこれでも飲みなさいな」
少女「(何このオッサン…凄く怪しい……)」
少女「へ、変なもの入れてないでしょうね?」
日本兵「なんも入れてないよ ……と言っても無理な話かな?」
少女「いや、貰う。喉渇いてるし」
元スレ
少女「ここは何処?」 日本兵「目が覚めたか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395233096/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
2:
少女「はぁ…温まる……」
日本兵「どれ、落ち着いたかな?」
少女「まぁね。それでココは何処なの?なんか凄い殺風景だけど」
日本兵「ここか?うん、それよりもっと大事なことがあるんだな」
少女「大事なこと?」
日本兵「ここが何処かより、まずおじさんが誰なのか。ってことだ」
3:
少女「じゃあアンタは誰なのよ。凄い人なの?」
日本兵「うーん、凄い人ではないなぁ。でも凄く大変な仕事を受けてしまっている人ではある」
少女「なによ、仕事の愚痴なら受けないけど?」
日本兵「HAHAHA♪愚痴じゃないとも」
日本兵「そうだな、私は君の護衛を頼まれてしまっているんだよ」
4:
少女「はぁ護衛?なにそれ、補導的な意味?」
日本兵「いやいや、君を悪い奴から守って無事に送り届ける。文字通りの護衛」
少女「悪い奴って……私も知らない男に着いていくほど馬鹿じゃないんだけど?」
5:
日本兵「ははは、悪い男から守るんじゃないよ」
少女「じゃあ何から守るって言うの?」
日本兵「ほら、君の後ろにいるそれだよ」
少女「後ろ……?」
??「グワハハハ!!!ここにガキがいやがったずぇ!!!!取っ捕まえんつぁ!!!!!」
6:
少女「ぎゃあああああああああああ!!!!」
日本兵「おいおい、お嬢ちゃん。おじさんを置いていくなっての」
少女「な、何なのよ!!!な、何か凄いデカイ化物みたいな……鬼じゃない!!あれ完全に鬼じゃない!!!」
日本兵「まぁまぁ落ち着いて。って言うか嬢ちゃん足早いね?。何かスポーツやってた?」
少女「の、呑気過ぎでしょ!!!あれ早く何とかしてよ!!アンタ私の護衛なんでしょ!!!」
日本兵「とは言っても、おじさんもいきなり人を撃ち殺すのはちょっと気が引けるなぁ……」
少女「そんなのいいから早く何とかしてよ!!!追い付かれるじゃない!!!」
7:
日本兵「しょうがないにゃあ……どれ。少し射撃の腕でも見せようかね」
日本兵「よし……貴様!!その場より動くな!!!私は貴様の射殺も許可されている!!!」
鬼「ぐぬっ!!お前はあのガキの……」
日本兵「さぁ私の筒先は既に貴様の眉間を捉えているぞ。命が惜しくばこの場は潔く退け!!!」
鬼「ちっ……」スタコラスタコラ
8:
少女「お…おじさんやるじゃん!!あんなデカイのを追い返すなんてさ!!」
日本兵「いや、おじさんは鉄砲向けただけだよ。それに次はこうは行かないかも知れない」
少女「つ…次?」
日本兵「あのデカイのは他にもたくさんいるからね。もし集団でこられたらさすがのおじさんもちょっと危ないかもなぁ……」
少女「アンタ護衛なんでしょ!?そんなのでホントに大丈夫なの!?」
日本兵「うーん……」
少女「ご、護衛なのに頼り無さすぎでしょ……」
9:
日本兵「まぁおじさんには不屈の大和魂があるから。多分大丈夫だよ」
少女「余計不安だわ!!!せめてその銃とか刀を頼りなさいよ!!!」
日本兵「火を吹く筒が何するものぞって言うだろう?」
少女「言わんわ!!!」
日本兵「はぁ…世代の差はなかなか埋まらないものだなぁ……」
少女「銃より魂の方が強いと思っている人との差は埋めたくないわ」
日本兵「お嬢ちゃんも酷いなぁ……」
10:
少女「それで、まぁ何となく状況は読めてきたわ」
日本兵「ほうほう、若い子は頭の回転が早くて羨ましいね」
少女「な…なんか若干上から目線で腹立つわね」
日本兵「そんなことないさ。さぁさぁ読めた状況を説明してみてくれ」
少女「ズバリ……これは夢ね!!!」
11:
少女「そうよ。なんか白黒映画から飛び出して来たみたいなおじさんとかデカイ鬼とか、夢に決まってるわ」
日本兵「HAHAHA♪なるほど夢か。なるほどね、お嬢ちゃんもなかなか面白い事を言う」
少女「黙れ、夢の住人め!!私はもう騙されないわよ!!」
日本兵「じゃあお嬢ちゃん。試しに夢から覚めてみたらいい」
少女「さ…覚める?」
12:
日本兵「そうとも。夢ってのは夢と気付いたら覚めるものだろう?」
少女「それもそうね。残念だけどおじさんともここでお別れよ」
日本兵「ははは、ホント寂しくなるねぇ」
少女「じゃあアディオス。私は夢から覚めてベッドの上に帰還するから」
13:
少女「覚めろ覚めろ覚めろ………」
少女「夢から覚めろ?。覚めるのだ?」
少女「覚めろ?……」
少女「…………。」
日本兵「…………。」
少女「…………。」
日本兵「あー、お嬢ちゃん?」
少女「待って!!もう少しで覚めそうだから!!」
日本兵「そうか、なら待つとしよう」
少女「うぅ?、覚めろ?、夢から覚めろ?」
14:
日本兵「で、夢から覚めることは出来たかな?」
少女「で…出来ませんでした……」
日本兵「そりゃ残念。つまりここは夢じゃなかったわけだ」
少女「夢じゃないなら…それじゃあ……」
日本兵「まぁ積もる話は歩きながらにしようじゃないか。あれだけ走れるんだから歩くなんて楽勝だろう?」
15:
少女「これが夢じゃないなら、いよいよ信じられない事が起きたみたいね」
日本兵「ふーむ、しかし信じて貰う他ないんだよねぇ。残念だけど人生とは思い返すと儚く短い物なんだよ」
少女「人が落ち込んでるときに変に詩的に表現しないでよ!!分かってるわよ!!死んだんでしょ?私死んだんでしょ?」
日本兵「大丈夫。例え死んでも君は人々の記憶として行き続け……」
少女「今はそんな言葉に騙される気にもならないわ。まさか華の10代で死ぬなんて……」
16:
日本兵「しかしお嬢ちゃん。死んだからといってゆっくりも出来ないよ?」
少女「えぇ……?」
日本兵「なにせ君は親より先に死んだんからねぇ。このまま呑気に構えていると……」
少女「なに?言いたいことがあるならはっきり言って」
日本兵「ははは。そうだね、すまなかった」
日本兵「うん、このままだとお嬢ちゃんは川原で延々と石を積む刑に処されるんだ」
少女「はぁ!?」
17:
日本兵「お嬢ちゃんは日本人だからね。日本人の子供は親より先に死ぬとそういう刑に処される決まりになってるんだ」
少女「なにそれ?私別に犯罪とか犯してないんだけど?」
日本兵「そうだよね。しかし残念だけど規則でそう決まってるんだな、コレが」
日本兵「ちなみにさっき襲ってきた鬼は子供を川原に連行する係の人だよ」
少女「な…納得いかなーいッ!!!死んだ人間に対してその仕打ちは酷すぎるでしょ!!!」
18:
日本兵「まぁまぁ、そう言うだろうと思っておじさんが護衛として付いてるんじゃないか」
少女「え?つ…つまりおじさんは私をその不条理極まる刑から助けに来てくれたわけ?」
日本兵「ははは、やっと気づいたか。若いのに案外頭の回転が鈍いんだねぇ?」
少女「うっさい!!アンタが遠回りに言うから分からなかったんでしょうが!!!」
日本兵「まぁ死んだ事すら信じない子も多いから。何事も遠回りにいう必要があるのよ。これでも結構気を使ってるんだよ?」
少女「それにしては緊張感が欠けてるように見えるけど……」
19:
少女「それで、これから何処に向かうわけ?天国?」
日本兵「さすがに天国に直接は行けないけどねぇ。天国に繋がってる場所に行ってもらうよ」
少女「分かった!!三途の川ってやつね?」
日本兵「ご明察。お嬢ちゃんには三途の川定期連絡船の天国行きに乗って貰うよ」
少女「なんかイマイチ天国感に欠けるネーミングセンスね」
日本兵「ははは、まぁ何事も分かりやすいのが一番!!ってやつだよ」
20:
少女「それで、その連絡船は何処にあるの?見渡す限り岩と石しかないんだけど?」
日本兵「えーっと、ちょっと待ってよ?。ここから歩いて20kmってところかな」
少女「20km!?冗談でしょ?そんな距離歩けっての!?こんな岩がゴロゴロした所を!?」
日本兵「まぁ別に1日で行かなきゃならない決まりでもないから。のんびり行こうか」
少女「あぁ…神様はなんで死人にこんな仕打ちを……」
日本兵「ほら、無駄口叩いてないで行くよお嬢ちゃん」
少女「ふぁ?い」
21:
少女「ところでおじさん。ちょっと聞いてもいい?」
日本兵「あぁ良いとも。そうだね、おじさんは27,8歳の女性が良いねぇ。眼鏡なんて掛けててたら最高だよ」
少女「………誰も"オッサン"の女性の趣味なんて聞いてないんだけれど?」
日本兵「オッサンとは酷いなぁ。せめておじさまと……」
少女「はいはい。私は何で死んだのか教えてくれる?オッサン!!」
日本兵「おお怖い。ふむ、お嬢ちゃんは自分が何で死んだのか覚えてないのか」
22:
少女「なによ。珍しいことなの?」
日本兵「そうだね。まったく気付かずに死ぬっていうのは珍しいかな」
少女「ふぅーん。そういうものなんだ」
日本兵「でも死因ならすぐに分かるよ。確か書類が……」
少女「書類……?」
日本兵「あった。お嬢ちゃんの死因ね…死因……あぁあった」
23:
日本兵「えーっと、"就寝中に地震によって落下してきた本に頭を打って死亡"だそうだよ」
少女「はぁ!?」
日本兵「HAHAHA♪これじゃあ覚えてなくても仕方ない。寝ながら死んだんだもの。HAHAHA♪」
少女「うっさい、笑うな!!!」
日本兵「いやいや、長くこの仕事をしているけどこの死因は珍しい。これは記憶に残りそうだ」
少女「なによ。おじさん死んでからずっとこの仕事してるの?」
日本兵「ははは、まぁね」
24:
少女「死んでからも仕事なんて大人は大変ねぇ。天国でゆっくりしたらいいのに」
日本兵「いやぁ、これは義務みたいな物だからね」
少女「義務?」
日本兵「…………」
少女「お…おじさん?」
25:
日本兵「うん?あぁゴメンゴメン。ちょっと考え事をしていたよ」
少女「…ひょっとして聞いちゃ悪い事だった……?」
日本兵「いやいやまさか。あっ、この書類、お嬢ちゃんのスリーサイズも書いてあるな。どれどれ……」
少女「なっ!!何見てんだ変態!!!」
26:
少女「お…おじさん。ちょ…ちょっと待って……」
日本兵「どうしたい?もうへばったのか?」
少女「一応こっちはか弱い女の子なんだから…こんな岩がゴロゴロした道を何kmも歩けないって……」
日本兵「まったく、これだから最近の若い奴は情けない。ワシが若い頃は毎日毎日、山野を駆け巡っては泥だらけに……」
少女「……それわざと言ってるでしょ?」
日本兵「ははは、バレたか」
少女「もう…ただでさえ疲れてるんだから、下手な親父ジョークでこの上さらに疲れさせないでくれる?マジで」
27:
日本兵「ふむ、もう良い時間だしここらで野営しても良いだろう」
少女「やえい?」
日本兵「野営、つまり野宿だ」
少女「えぇー!?」
日本兵「心配いらないよ。ちゃんとお嬢ちゃんの分の寝袋とテントはあるから」
少女「そ…そういう問題じゃ……」
28:
日本兵「さぁお嬢ちゃん。これでも飲みなさい」
少女「ありがと、いただきます……」
日本兵「しかしお嬢ちゃんは歳の割りによく歩いたよ。普通ならこの7割程度だ」
少女「まぁね。これでもきちんと部活はやってたから」
日本兵「えーっと、なになに。なるほど水泳部か、こりゃ持久力も付くな」
少女「勝手に人のプライバシーを見るな!!!」
日本兵「あぁ!!おじさんの書類……」
少女「これは私が預かります。これ以上知る必要のある事はないでしょ」
29:
少女「それで、私はそのテントで寝れば良いわけ?」
日本兵「希望とあればおじさんと一緒のテントでも構わんが……」
少女「丁重にお断りします」
日本兵「そいつは残念」
少女「じゃあ私はもう寝るけど。ここ開けたらマジで殺すから」
日本兵「おいおいお嬢ちゃん。おじさんはもう死んでるんだよ?」
少女「はい、おやすみなさ?い」
日本兵「…………」
30:
少女「(はぁ疲れた。死んでも疲れるのね、知らなかった)」
少女「(…………)」
少女「(私死んじゃったのかぁ……)」
少女「(まだ色々やりたいことあったのになぁ…まさか本で死ぬなんて……)」
少女「(いかんいかん!!これから楽しい天国に行くんだから。悲しくなるのは止めないと……)」
少女「はぁ……」
日本兵「お嬢ちゃん。まだ起きてるかい?」
31:
少女「う……何?テントの入り口開けたら承知しないけど」
日本兵「いやぁ…そろそろ死んだ実感が沸いてきて泣いてるんじゃないかと思ってね♪」
少女「(何よムカつく!!まぁその通りだったんだけど……)」
日本兵「まぁ泣いてないなら良いんだけどね。ちょーっとおじさんの昔話に付き合ってもらいたいんだ」
少女「…………」
日本兵「簡潔に言うとね。おじさん昔子供を殺したことがあってね……」
32:
少女「(え……?)」
日本兵「まぁそういう時代だったとは言え、酷い事だったと思ってるよ。中を確認もせずに建物に手榴弾を投げてしまったんだ」
日本兵「それでね…部屋の中はホントに恐ろしい惨状だったよ。こんなこと普通なら死罪だ。しかし戦闘中の事だったから結局うやむやになってね」
日本兵「しかし神様は見てるもんだね。その数日後におじさん撃たれて死んじゃったんだ。いやぁ悪いことはするもんじゃないね」
日本兵「それで…まぁ当然天国には行けなくてね。罰として子供の魂を救う仕事に就くことになったんだ」
33:
少女「………」
日本兵「それがおじさんがここにいる理由だ。まぁそれだけだよ」
少女「あの…おじさ……」
日本兵「はい、これで昔話は終了。それじゃあおやすみなさーい」
少女「ちょ、ちょっと!!!」
日本兵「zzzz…zzzz……」
少女「えぇえええええ……」
34:
少女「(まったく何なの?そんな重い話されて寝られるわけないじゃない!!)」
少女「(でも…そっかぁ…おじさん軍人だし人を殺してるわけかぁ……)」
少女「(そうは見えないけどなぁ…むしろ軍人とは正反対に見えるし……)」
少女「(あぁもう!!!変な話されたせいで頭の中ぐっちゃぐちゃになる!!!)」
少女「(あぁもう…ただでさえ疲れてるのに…これじゃ…余計に……)」
少女「zzzz…zzzz……」
35:
日本兵「おはようお嬢ちゃん!!!今日も良い朝だね!!!」
少女「うぅ?…朝からうっさい……」
日本兵「さぁ朝御飯もしっかり食べたし、出発しようか!!!」
少女「はいはい。ふあ?ぁ……」
36:
少女「それで…三途の川にはあとどれぐらいで着くの?」
日本兵「そうだねぇ、あと3時間ぐらいかな」
少女「お昼には着くわけね。はぁ…早く船にのってゆっくりしたい」
日本兵「まったく最近の若い奴は情けない、ワシが若い頃は毎日山野を駆け巡っては……」
少女「それ昨日もやった……」
日本兵「なんだお嬢ちゃん。えらく眠たそうだね?」
少女「(誰のせいだと……)」
37:
日本兵「ところでお嬢ちゃんは天国に行ったら何をしたい?」
少女「えぇ…そんな急に言われても困る」
日本兵「天国は良いところだ。法律さえ守ってれば何でも出来るしな」
少女「えっ?天国に法律なんてあるの?」
日本兵「もちろん。よく考えてみたまえ。死んだ人は皆あの世に行くんだから、地上と同じような政治体制になるんだよ。選挙もあるしね」
少女「選挙?選挙で神様を決めちゃうわけ?」
日本兵「いや、決めるのは天国の首相だよ。立憲君主制だから神様はずっと君主として君臨しているらしい」
少女「何か生きてる時とあまり変わらなそうね」
38:
日本兵「さーてと、この丘を上がって下れば三途の川の桟橋に到着だ」
少女「はぁ…最後の最後でこんな長い坂道を……」
日本兵「まぁそう言わないで。もうひと踏ん張り」
少女「はぁ…はぁ……。も…もしかしてここって地獄じゃないの……?」
日本兵「いやいや、地獄はもっと厳しいよ。ランニング校庭30周とかね」
少女「はぁ…なんか地獄に親近感が沸いてきたわ……」
39:
少女「はぁ…頂上だ……あとはここを下るだけ……」
日本兵「まさに峠は越えたってやつだ。ほら、あのデカイ海みたいなのが三途の川だ」
少女「あれが?大きい……」
日本兵「何年か前に拡張工事が行われてね。随分便利が良くなったんだよ、コレでも」
少女「もうあの世感がまるでないわ……」
40:
日本兵「よーし…それじゃあお嬢ちゃんと麓まで競争でも……」
少女「はぁ?ただでさえ疲れてんのに、この上また……」
鬼「ギャハハハハハ!!!ガキだ、ここにガキがいやがったぜぇ!!!」
少女「えっ……?」
日本兵「お…お嬢ちゃん!!!伏せろ!!!」
鬼「遅いわ!! 我が地獄鬼流金棒術の極意を受けてみるが良い!!!」ブンッ
日本兵「ぐはっ!!!」
少女「おじさん!!!」
41:
鬼「さぁ嬢ちゃん。俺と一緒に来てもらおうか」
少女「ざっけんな変態!!!よくもおじさんを……ッ!!!」
鬼「ふっ…貴様も我が地獄鬼流金棒術を受けてみたいのか。良いだろう!!!」
少女「っ……!!!」
日本兵「ふざけろ、このバケモノがぁ!!!!」バンッ、バンッバンッ、バンッ
鬼「ぐっ…!!!飛び道具とは卑怯なり……」
42:
少女「おじさん!!!」
日本兵「お嬢ちゃん!!ここはお嬢ちゃんだけでも逃げるんだ!!!」
少女「で、でも……」
日本兵「いいから行くんだ!!!おじさんもコイツをやったら必ず後から行くから!!」
少女「でも……」
日本兵「お嬢ちゃん!!!」
少女「わ…分かった!!先に行ってるから!!後から来るんだよ!!絶対だからね!!!」
43:
日本兵「さぁ待たせたな…第2ラウンドと行こうか……」
鬼「ふん、我が金棒の前に立ち塞がるとは良い度胸だ。褒めてやろう」
日本兵「…………」
鬼「しかし、人はそれを蛮勇と呼ぶのだよ!!!」ブンッ
日本兵「ハッ!!!鬼は鬼らしくこの豆鉄砲でも喰らって逃げやがれ!!!」バンッバンッバンッ
鬼「フハハハハ、不意打ちでなければそんな豆鉄砲避けるのは容易いわ!!!」スイスイー
44:
日本兵「くっ……」
鬼「最早ここまでよ。死ねぇーい!!!」ブンッ
??「死ぬのは貴様だ!!!バケモノめ!!!」
鬼「な、なに!?」
米兵「正義の騎兵隊参上!!!バケモノに鉛弾のプレゼントだ!!!」
鬼「し、しまっ……」
米兵「ステイツ製の鉛弾!!たらふく喰らいやがれぃ!!!」ズドドドドドドドドドッ!!!
鬼「ぐわぁッ!!!」
45:
日本兵「た、助かった……」
米兵「いやぁ、川の近くであんなデカイ音が鳴れば、周りの護衛連中は嫌でも気付くさ」
日本兵「丘の向こうなら気付かれずに殺られていたってことか……今回は神様に感謝だな」
独兵「何事だ!!あの銃声は貴様らの仕業か!!!」
英兵「すぐに報告してもらおうか。川の近くであんな騒動を……」
日本兵「あちゃあ……」
米兵「ここは俺に任せて、アンタは護衛対象の見送りに行ってきな」
日本兵「い…良いのか?」
米兵「良いってことよ。この借りは別の時に返してくれよ?」
日本兵「すまない。恩に着る」
46:
少女「はぁ…はぁ……。さ…桟橋ってここよね……」
船員「えー、まもなくー、天国行き定期連絡船がー、出港ー、致しまーす」
少女「ちょ、ちょっと待ってー!!!乗ります乗りまーす!!」
船員「はいー、この船は天国行きになりまーす」
少女「はいはい、私は天国行きの死人だからOKでしょ?」
船員「ありがとうございまーす。間もなく出港致しまーす」
少女「(えーっと、この席で良いのかな)」
少女「大丈夫かな…おじさん……」
47:
船員「それでは出港致しまーす」
少女「えっ、ちょっと待って!!まだおじさんが来てな……」
船員「出港致しまーす」
少女「そんな…おじさんが……」
日本兵「おぉーい。お嬢ちゃーん!!!」
48:
少女「あーっ!!!アンタ何してんのよー!!!アンタも乗りなさいよー!!!」
日本兵「それは無理なんだー!!!おじさんまだ仕事が残ってるしぃー!!!」
少女「そんなの無視しちゃいなさいよー!!!」
日本兵「いやー!!おじさん真面目だからそれ無理ー!!!」
少女「何が真面目よー!!!バカー!!心配したんだからねー!!!」
船員「出港ー。出港ー」ブォオオオオオ
49:
日本兵「そうだー!!!おじさん1つお嬢ちゃんに謝らないといけないんだー!!!」
少女「なにー!?」
日本兵「テントで話した昔話だけどー!!!あれ嘘だからー!!!」
少女「はぁあああああ!!!」
日本兵「お嬢ちゃんが寂しがらないようにってー!!作ったんだー!!!」
少女「ふざけんなー!!!あんな重い話された身にもなれー!!!」
日本兵「ごめんねー!!!」
少女「まぁいいー!!!特別に許ーす!!!」
船員「取り舵いっぱーい」ブォオオオオオ
少女「さよならおじさーん!!天国で待ってるからねー!!」
50:
日本兵「ふぅ……」
米兵「行っちまったか?」
日本兵「あぁ、最後まで見送れてラッキーだったよ」
米兵「しかしお前も罪な男だねぇ……」
日本兵「な…なにがだ?」
米兵「惚けるなっての。アレ、言ったんだろ?」
日本兵「むっ……」
51:
米兵「わざわざ本当の事を言っておきながら別れの際に嘘でした?なんてよ。女を騙すのは悪い男なんだぜ?」
日本兵「うるさい。オッサンの過去をあんな若い娘に背負わせる必要はない」
米兵「でも…言ったんだろ?」
日本兵「……あぁ」
52:
米兵「わざわざ本当の事を言っておきながら別れの際に嘘でした?なんてよ。女を騙すのは悪い男なんだぜ?」
日本兵「うるさい。オッサンの過去をあんな若い娘に背負わせる必要はない」
米兵「でも…言ったんだろ?」
日本兵「……あぁ」
53:
日本兵「何でだろうな…言って罪が無くなるわけでもないのに」
米兵「気持ちは分かるよ。吐き出せば気持ちは軽くなるしな。」
日本兵「あぁ……ありがとう」
54:
日本兵「さてと、それじゃあ次の仕事に移るかね」
米兵「真面目だねぇ、ちょっとぐらい休んでも誰も怒らないぜ?」
日本兵「良いんだよ。仕事に打ち込むのも意外と心地いい物なんだ」
米兵「そうか。まぁ…せいぜい頑張りな。俺は俺で マイペースに贖罪を続けるよ」
日本兵「ありがとう。この仮はまたいつか」
米兵「利子はいらねーからな?♪」
55:
少年「う…う?ん。ここは…どこ?」
日本兵「やぁ坊や、目が覚めたか。とりあえずこれでも飲んで落ち着きなさい」
56:
?完?
5

続き・詳細・画像をみる


女「痴漢するの楽しすぎwwwwww」

コンビニでアイスをホットの陳列棚へ入れ溶かす 男子高校生を逮捕

腐女子の彼女が俺をホモにしようとしている

誰かが猿でもわかる様にロシア情勢を説明してくれるスレ

【野球】年俸総額で見る12球団の本気度 セ・リーグ 王道の巨人、金かけぬ広島…

リア充はこんな頃からリア充なんですね

back 削除依頼&連絡先