あかり「大事件」back

あかり「大事件」


続き・詳細・画像をみる

3:
結衣「ふー」
結衣「結構片付いたかな」
結衣「それにしても服が収まらなくなってきたな…」
結衣「あまり着ない服は家に持って帰ろう」
結衣「ん?」
ワシャワシャ
4:
        `H!   ノ,,ノ  ノ;ノ
       ゙i;;;i!.       /;;;/   //
        ゙i;;;゙i,  ノ;;;/       //
        i;;;;;i, /シ  _,,,ッ';r'´
  ,,_       ッ、゙i;__i /;;;;シ'  _,,r;;'~ン'´
 `''''≡ッ;、,,,_      >i,,,∨ヾレ‐''~;;シ'~´
  `''‐ニッュ-、,,,_   ,,,、,,,rォィソ'  ̄`ヾくソ‐'´
   `''''‐-ニッッェ、,,,,,,,_,,,,,,,,,,,,r===┬{::::::::::;;;;;;;;ノ,)i'''''‐--、,,,,_
    `''''──----------弋i,::::::;;;;;;//''‐-、'''''ヾ、,,;;゙~二二ニニニニ====─
       ,,r'~シィミッr、く‐,:;;;メ;;;;;\  ̄
      ,,,r‐'~,シ'″i:;;;;i⌒iバヾ,::;;;;;;;;ハ
      _,イ~;;シ''~ {;;;;;;|  ヾ、\゙''‐-、,,,ノ
    _,,,r‐'~シ‐'   |;;;;;| ゙ヾ;\
   ,,,,r‐''~r-‐''~´   j;;;;ソ  ヾ;゙i,
   ,,r‐'~,r‐''~´    /シ´  ヾ;;i!
 ,,,r-‐ニ-‐''~´    /シ   ゙i,ハ
 ,rッニ‐''~´      //   ゙iハ,_
  ̄          //   ゙i;;リ
       ,,;;;シ´     ゙i;;i,
      ィ‐'     ゙i;;!
     /'~     ヾ!
5:
結衣「……」ズザーッ
結衣(いやいや、デカ過ぎだろ・・・)
結衣(京子…)
結衣(いやだめだ私が虫にビビってるなんて絶対からかわれる)


あかり「あれっ、結衣ちゃんどうしたのぉ?」
結衣「あかり、クモ好きかな…?」
あかり「うん!あかり雲好きだよぉ」
結衣「そ…そうか!それなら今すぐ来てくれ!」
あかり「わかったよぉ」
??
8:
あかり「ひいいいいいいクモ!」
結衣「あれ?クモ好きなんじゃないの?」
あかり「変な冗談やめてよぉ!」プンプン
結衣「しょうがない…あまり期待はできないけど…」
ちなつ「結衣先輩!?どうしたんですか先輩からお電話くれるなんて」
結衣「急にごめん、ちなつちゃん今日暇?」
ちなつ(もしかしてデートのお誘い!?)
ちなつ「ヒマです!ヒマです!ヒマ死寸前です!」
結衣「本当?今すぐ私の家に来てもらえるかな?」
ちなつ「!!分かりました!すぐ行きます!飛んでいきます!光になります!チナッツ光です!」
9:
ちなつ「……」ガッカリ
あかり「ええ!?なんでガッカリしてるの!?」
結衣「実はクモが出たんだけど…ちなつちゃん…平気だったり…しないかな?」
ちなつ「クモですか?苦手ですけど…退治くらいは…」
ちなつ「いやいやいや…デカすぎます、ダメです…無理無理無理」
ちなつ(でもここでいいとこ見せれば、結衣先輩のハート掴み取り!?)
ちなつ(そうよ、クモくらい掴めなきゃ結衣先輩の心を掴むなんて夢のまた夢・・・)
ちなつ「ふんぬ!」ガシ
結衣「素手!?大丈夫なの?」
ちなつ「こ…これくらい…」
10:
ワシャワシャ
クモ<ギエエエエエ――
ちなつ「うぎゃあああああああああ」ポイ
結あか「うわああああ」
ちなつ「ゆ…結衣先輩…すみません」
結衣「し…仕方ないよ……」
あかり「ちょ…結衣ちゃん…」
結衣「あかり?」
あかり「クモさん…結衣ちゃんの服食べてるよぉ」
ちなつ「なんかさっきより大きくなってません?」
クモ<ウメエ
11:
結衣「もうなりふり構ってられない…京子…」



京子「ンホホ」
京子「ンホホホホホ」
結衣「分かったから早く助けろ」
京子「うわ…」
京子「ナニコレ?」
結衣「見ての通りだ…頼む…」
京子「結衣、箒とかある?」
結衣「はい」
12:
京子「やー!たー!」
クモ<シャアア
あかり「京子ちゃん!」
京子「うわあああああ!」
結衣「きょ…京子がクモに」
クモ<イートーマキマキ イートーマキマキ
ちなつ「京子先輩!」
クモ<サヨナラ~
結衣「ああ…」ヘナ
あかり「京子ちゃんが…」
ちなつ「京子先輩はまだ無事のはずです」
ちなつ「…追いかけましょう!」
結衣「あ…ああ…京子待っててくれ」
13:
?公園?
千歳「綾乃ちゃん、今日は歳納さん何してるかなぁ?」
綾乃「し…知らないわよ!」
千歳「綾乃ちゃんホンマは歳納さんと散歩したかったんやろ?」
綾乃「…もう!そんな事無いわよ!」
千歳「そんな事言っても照れとるの分かるよ」
綾乃「もう!いい加減にしないと怒るわよ」
15:
?向日葵宅?
櫻子「向日葵知ってるか?」
向日葵「何ですの?」
櫻子「もうすぐ、七森に宇宙人が侵略に来るんだ」
向日葵「また…あなたは…今度は何の漫画ですの?」
櫻子「これに書いてたんだよ!」
向日葵「なになに?やっぱり漫画じゃないですの」
櫻子「向日葵?そんな事言ってホントに来たらどうすんのさ?」
向日葵「そんな訳ないでしょ…もし来たらわたくしが責任持って、一生櫻子の面倒見てあげますわ」
櫻子「ほんとだな?一生私の家来だぞ!」
向日葵「はいはい」
16:
ちなつ「二人とも武器は持ちましたね?」
ちなつ「まだ遠くには行ってないはずです!」
結衣「…京子ごめんな…私のせいで…」
ちなつ「結衣先輩!しっかりして下さい!」
ちなつ「私たちが頑張らないと京子先輩は助からないんですよ!」
結衣「…そうだね。ごめんね、もう大丈夫」
あかり「いたよ!」
ちなつ「どこ?あかりちゃん」
あかり「あ…ああ…増えてる…」
17:
ワシャワシャワシャ
ちなつ「さ…三匹に増えてる」
結衣「何匹いようが私は京子を助ける!」
結衣「おりゃあああ」
ペチ
クモ<ギャアア
結衣「やったか?」
18:
結衣「うわああああ」
ちなつ「結衣先輩!」
ちなつ「結衣先輩は私が助ける!」エイ
ドガン
クモ<ギャアアアアア
ちなつ「まだまだ」トヤ
グチャ
クモ<ギャアアア
ちなつ「結衣先輩を返せ!」
19:
チョンチョン
ちなつ「え…?」
ちなつ「いやああああああ」
あかり「ちなつちゃああああん!」
あかり「ああああ…」ヘナ
キョロキョロ ダレモイナイ
テクテクテクテ
あかり「行っちゃった…」
あかり「うわーん!あかり一人になっちゃったよ」
あかり「うう…」
あかり「皆……ごめんね…」グス
あかり「あかりが弱虫なせいで…」
あかり「あかりが皆を助けるから」
あかり「待っててね…」
20:
?向日葵宅?
櫻子「でさー、そこからが?」
櫻子「って聞いてるの!?」
向日葵「櫻子、少し黙ってなさいな」
向日葵「何か外が騒がしいですわ…」
キャー タスケテクレー
向日葵「!?」
向日葵「あ……あれは何ですの?」
24:
あかり「待っててね皆……あかりが必ず助けるから」テテテ
キャアアアア
あかり「あの声は??」
綾乃「な……何よ……何なのよこいつ」ブン
千歳「綾乃ちゃん逃げるんや!」
綾乃「そ……そんなこと言ったって」
千歳「綾乃ちゃん危ない!」ダッ
綾乃「千歳!」
綾乃「だ......誰か!」
綾乃「千歳を返しなさいよ!」
千歳「綾乃ちゃんだけでも逃げ…」
綾乃「嫌よ!一人で逃げるなんて…」
25:
オダンゴバズーカ
クモ<ギャアアアアア
綾乃「!?」
千歳「た……助かったんかいな」
綾乃「このクモ……死んでるわ」
???「大丈夫ですか?」
綾乃「あ……ありがと…」
綾乃「って、赤座さん!?」
あかり「はい、それより二人ともケガは?」
綾乃「私は大丈夫…」
千歳「うちも大丈夫や」
千歳「それより、このクモはいったい…」
あかり「あかりにも分かりません…」
あかり「ただ……結衣ちゃん、京子ちゃん、ちなつちゃんが…」
26:



綾乃「そう……でも、赤座さんが無事で良かったわ」
千歳「赤座さん、皆で力合わせよな」
あかり「ありがとうございます…」
綾乃「それよりこれからどうする?」
千歳「そうやな……急がんと三人とも危ないし、街にはクモが溢れかえっとる」
あかり「まずは櫻子ちゃん、向日葵ちゃんの家に向かいましょう」
あかり「それで一旦準備してから皆を助けに行きます」
綾乃「そうね……手ぶらで行ってもやられるだけですものね」
千歳「ほんな急ぐで」
27:
向日葵「な……あれは…」
櫻子「宇宙人だ!侵略に来たんだ!」
向日葵「まさか……そんなこと…」
向日葵「楓!楓!」
楓「お姉ちゃーん」ダダダ
向日葵「楓…良かったですわ」ホッ
撫子「櫻子、ひま子!!」
櫻子「ねーちゃん!?」
撫子「良かった……二人とも無事だったんだ…」
向日葵「撫子さん、あれはいったい?」
撫子「私にも分からない…」
28:
櫻子「だから宇宙人だって!私の言った通りなんだ!」
櫻子「ねーちゃん、花子は?」
撫子「分からない…」
櫻子「そんな……花子、待ってろ!今すぐ私が助ける!」ダッ
撫子「落ち着け!櫻子!」ガシ
櫻子「は……離せ、ねーちゃん」
サクラコチャーン!ヒマワリチャーン!
櫻子「あの声は!?」
向日葵「赤座さん?」
あかり「うん!向日葵ちゃん入れてもらっていいかな?」
向日葵「ええ……!今開けますわ」
29:
あかり「ごめんね」
向日葵「いえ、それより無事で何よりですわ」
櫻子「先輩達も一緒だったんですね」
綾乃「ええ」
あかり「あかり、これから京子ちゃん達を助けに行くの」
向日葵「あ……赤座さん?」
あかり「それで少しだけ準備させてもらってもいいかな?」
向日葵「え……ええ…」
あかり「ありがと」
30:
あかり「あ、お姉ちゃん?うん、それでね…」
あかり「あかりのお団子あるだけ全部持って来て欲しいの」
あかり「うん、場所は…」
あかり「気を付けてね」
向日葵「赤座さん?その……お団子とは…」
あかり「うん……あかりのお団……実は…」
向日葵「そうでしたの…」
あかり「うん……今まで黙っててごめんね」
向日葵「いえ、お気になさらず」
31:


あかね「あかり!?」
あかり「お姉ちゃん!こっち!」
あかね「良かったわ……無事だったのね」ホッ
あかり「お!お姉ちゃん後ろ!」
あかね「え…?」
クモ<ギヤアアア
あかね「ふん」
ベチャ
クモ<・・・・・ ピクピク
あかり「……」ホッ
32:
あかね「はい、あかり」つオダンゴ
あかり「ありがとぉ、お姉ちゃん」
向日葵「あの……初めまして」ペコ
あかね「あかりのお友達ね?自己紹介は後にしましょ」
向日葵「はい、それよりあれは一体?」
櫻子「だ・か・ら!宇宙人だって!」
向日葵「分かったから、あっちに行ってなさい」
あかね「ふふ、あながち間違ってはいないわね」
櫻子「ほれ、だから向日葵はおっぱいがでかいんだよ!」
向日葵「か……関係ないでしょ」
33:
撫子「あの......それよりもこれからどうするんです」
あかね「そうね……あのままほっといたらいずれ皆やられちゃうわね」
撫子「そうですね」
あかね「来る途中に巣らしき所を見かけたわ」
あかね「そこを叩きましょ」
あかね「きっとそこに京子ちゃん達もいるわ」
あかり「ありがとぉ、お姉ちゃん」
あかね「急ぐわよ、あかり」
あかり「それじゃ、皆行ってくるね」
34:
綾乃「赤座さん!私行くわ!」
千歳「私も行くで!」
あかり「先輩方…」
向日葵「私も行きますわ!」
櫻子「あかりちゃん!水くさいよ!」
櫻子「私たち友達じゃん!」
あかり「櫻子ちゃん、向日葵ちゃん・・・」
撫子「私も行こう」
櫻子「ねーちゃん?」
撫子「あんたが皆に迷惑かけるかも知れないからな」
櫻子「なんで私だよ!」
37:
あかり「皆……ありがとう」グス
あかね「あかり…」ナデナデ
櫻子(なんだかあかりちゃんが主人公みたいだ…)
向日葵「楓はここで隠れてなさい」
楓「うん!お姉ちゃんも気を付けてね」
向日葵「ええ、行ってきますわ」ナデナデ
あかね「皆、急ぐわよ!」
38:



ともこ「きゃあああ」
ともこ「何なのよ、一体」
クモ<グルルルルル
ともこ「や……やめて…」
ともこ「まだ、あかねちゃんとキスもしてないのに…」
オダンゴバズーカ
クモ<ギャアアアア
あかね「ともこ!?」
ともこ「あ……あかねちゃん!」ダキ
あかね「良かった、無事だったのね」
39:



ともこ「そんな……ちなつが…」
あかね「ええ……ともこ、悲しんでる暇は無いわ」
ともこ「そうね…」
ともこ「あかねちゃん! 私も連れて行って!」
あかね「危険よ? それに、守ってあげれるか分からないわよ?」
ともこ(ま……守ってあげるって言われたわ)キャー
ともこ「大丈夫! ちなつは私が助けるわ!」
あかね「急ぐわよ、ともこ!」
40:
?なもりモール?
あかね「ここよ、ここから沢山のクモが出てくるのを見たわ」
あかり「ここに……待っててね、皆」ダッ
あかね「あかり、待ちなさい」ガシッ
あかり「お姉ちゃん、急がないと!」
あかね「気持ちは分かるわよ」
あかり「ならっ!」
あかね「落ち着きなさい、焦ってはダメよ」
あかね「ちゃんと作戦を立てなきゃ」
あかり「……」コク
42:
あかね「今私たちは八人いるわね」
あかね「なら六人は正面から、後の二人は裏から回って皆を助けるの」
あかり「……」
ともこ(それだけ…?)
あかね「とにかく急ぎましょ」
櫻子「私が裏に回る!」
向日葵「櫻子……あなた」
櫻子「もしかしたら花子も捕まってるかも知れない、花子は私が助ける!」
43:
向日葵「なら私も…」
撫子「ひま子、私が櫻子に付いていくよ」
向日葵「撫子さん…」
撫子「櫻子は姉として花子を助けたいんだよ、ならこの子の姉として櫻子は私が面倒みるよ」
向日葵「……」
向日葵「分かりました……二人とも気を付けて…」
櫻子「向日葵!」
向日葵「何ですの?」
44:
櫻子「お前……約束忘れて無いだろな?」
向日葵「約束?」
櫻子「やっぱり忘れてる! おっぱい大魔神はすぐ約束忘れるんだから!」
向日葵「おっぱ......」
櫻子「宇宙人が攻めて来たら一生私の家来って約束!」
向日葵「そんな事……ちゃんと帰ってきたらいくらでも…」
櫻子「絶対だぞ! 約束だかんな!」
向日葵「ええ、それより無事に…」
櫻子「向日葵!」
向日葵「?」
櫻子「そ……そっちこそ……気を付けるんだぞ」ボソ
向日葵「櫻子?」
櫻子「何でもない! 行ってくる!」
45:
あかり「まって! 櫻子ちゃん!」
櫻子「あかりちゃん?」
あかり「櫻子ちゃん……あかりのお団子持って行って」ハイ
櫻子「あかりちゃん……ありがと」
あかり「うん! 櫻子ちゃん皆をお願いね」
櫻子「任せといて! 行ってくる」
向日葵(櫻子……必ず戻って来るのですわよ)
48:
あかね「みんな行くわよ!」
綾乃「歳納京子……死ぬんじゃないわよ」
千歳「綾乃ちゃん、絶対助けよな」
ともこ「ちなつ、待ってなさい……今お姉ちゃんが…」
あかり「皆、行くよ!」ダッ
オダンゴバズーカ
 バッキンバッキンガムヨ
 
 ウフフ…コノワタクシニコレヲハズサセルトハタイシタモノデスワ
49:
櫻子「ねーちゃん、こっから入れれそうだよ」
撫子「櫻子、気をつけな」
櫻子「ねーちゃん後ろ!」
撫子「え…?」
クモ<ギャオオオ
オダンゴバズーカ
チュドーン
櫻子「おお……凄い威力だ…」
撫子「助かったよ」
50:
ゾロゾロゾロ
櫻子「うわ……いっぱい来た」
撫子「櫻子! 逃げるよ」ダダッ
櫻子「ねーちゃん!ここは私に任せて先行ってくれ」
撫子「何バカな事言ってるんだ!」
撫子「櫻子、早く!」
櫻子「頼むよねーちゃん!」
撫子「……分かった」
撫子「やばくなったらすぐ逃げなよ」
櫻子「分かってるって!」
櫻子「うおりゃああ」
オダンゴバズーカ
51:



撫子「うわ……なんだここは…」
撫子「!?」
撫子「このぐるぐる巻きにされてるものは…」
撫子「もしかして!」
ビリビリ
結衣「う…」ゲホ
撫子「良かった……無事だったんだね」
結衣「あなたは……あの時の…」
撫子「話しは後、それより他の皆は……居た!」
53:
ビリビリ 
 ビリビリ
ちなつ「ん?」
花子「撫子姉ちゃん?」
撫子「良かった…」
結衣「京子は!?」
結衣「おい! 京子!」
ちなつ「結衣先輩!」
ちなつ「これだけ凄く頑丈に巻かれています」
撫子「まずここから逃げよう」
結衣「ちなつちゃん、京子運ぶの手伝ってもらってもいいかな?」
ちなつ「はい!それより急ぎましょ」
撫子「花子走れる?」
花子「大丈夫だし」
54:
あかね「大分やっつけたわ」ハァハァ
向日葵「しかし……キリが無いですわ」
あかり「お姉ちゃん、皆が出て来たらあかりの巨大お団子使おうよ」
あかね「そうね、危険だけどこのままじゃキリが無いですものね」
向日葵「赤座さん……巨大お団子とは?」
あかり「うん……10巻で出てきたあかりの特性お団子なんだ」
向日葵「そうですの、確かにそれなら…」
???<ソワソワ
55:
結衣「おーい」
あかり「結衣ちゃん!?」
ちなつ「あかりちゃん」
あかり「良かった……皆無事だったんだね…」
結衣「京子だけ何故か頑丈に巻かれてるんだ」
あかり「京子ちゃん…」
向日葵「櫻子は?」
撫子「ひま子……ごめん…」
向日葵「そんな……」
56:
櫻子「ぎょえええええ」
向日葵「櫻子!?」
櫻子「いっぱいきたあああ」
ゾロゾロゾロゾロ
あかり「皆伏せて!」
超必殺アッカリーンバズーカ
57:
核爆発・キノコ雲
--------------------------------------------------------------------------------
        ヽ`
        ´
        ´.
        __,,:::========:::,,__
       ...‐''゙ . ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
       ..‐´  ゙    `‐..
     /       \
  .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
 .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                 ヽ   ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙   /       ゙:              ゙゙゙゙゙;;;;;;
 ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............     ;゙            ゙;  .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................     ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
          ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
    ノi|lli; i . .;, 、   .,,   ` ; 、 .; ´ ;,il||iγ
             /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li ' ;  .` .; il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
       `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `, ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
      ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
      ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
       ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´
58:
ボトボトボト
櫻子「すげえ……」
結衣「あ……あかり」
ちなつ「あかりちゃん凄い!」
あかね「さすがあかりね」
綾乃「これで一件落着かしら…」
パカ
向日葵「櫻子!」
ちなつ「危ない!」
櫻子「え…?」
59:
クモ<グエエエエ
櫻子「ぎゃあああああ」
ちなとも「ミラくるん鈍器!」
ドガン
グチャ
櫻子「……」ピクピク
向日葵「櫻子……なんてこと…」
撫子「櫻子…」
花子「櫻子……何で死んだし…」
櫻子「死んでねーよ!」
向日葵「生きてましたのね…」
60:
あかり「それより……京子ちゃんを」
結衣「く......固い…」
あかね「結衣ちゃん、任せて」
バリバリ
ちなつ「おお…」
結衣「京子!」
BBA「あら?ここはどこかしら?」
結衣「……」
BBA「まぁ!何てこと!服がベタベタじゃないの」
あかり「……」
BBA「もう、私帰るわよ!」
ちなつ「……」
6

続き・詳細・画像をみる


呼吸困難の7歳少女、気管でヒルが成長していた。

無料の社員食堂は「派遣社員の利用ダメ」 社内公用語を英語にした有名IT企業の「非情」

メッシが100年ぶりにバルセロナの最多得点記録を更新!通算371ゴールを達成

ペレ「ブラジルが優勝」 → ペレの呪い発動か

男なら朝からこれくらい食うよな?

水商売ごときでガタガタ抜かす男は器が小さい

back 削除依頼&連絡先