【続】巫女「んほぉぉおお!!妖怪チンポきもちよしゅぎるのぉ!!!」back

【続】巫女「んほぉぉおお!!妖怪チンポきもちよしゅぎるのぉ!!!」


続き・詳細・画像をみる

1:
続きは、、?
52:
巫女「…って夢を見ました」
男「ふむ」
巫女「私が見た夢は正夢になります」
巫女「どうかあなたに私を守って欲しいのです」
巫女「具体的には夢みたいに私の純潔が奪われる前にあなたに奪って欲しいのです」
男「は?」
巫女「昔からの知り合いのあなたなら安心です」
巫女「お願いいたします」
男「マジかよ?」
…みたいな
元スレ
巫女「んほぉぉおお!!妖怪チンポきもちよしゅぎるのぉ!!!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1391004558/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
62:
男「……ていうかさ、巫女の力って純潔じゃないと発揮できないもんなんじゃ?」
巫女「もしそうだとしたら、私の母上は今頃引退されています」
男「そっか、おばさんまだまだ現役バリバリだもんな」
巫女「ええ、ですから純潔を失ったからと言って霊力がなくなるわけではありません」
巫女「それに妖怪の襲来はそう遠くない先のことなので」
男「お、おいおい、ちょっと待てよ。純潔がなくなってもいいってのはわかったけどよ」
男「昔からの知り合いだからって、俺なんかに抱かれていいってのかよ?」
巫女「それは……」
男(こ、この反応はあれか!昔から好きだったとかそういうことか!?両想いだったのか!!?)
巫女「別に恋い慕っているお方ということでもありませんが……」
巫女「……見知らぬ誰かや妖怪どもに犯されるくらいなら、あなたに抱かれる方が余程マシというものです」
男「……そですか」
63:
巫女「ご納得いただけましたか?」
男「……俺がお前の立場だったら同じことを考えるだろうしなぁ」
巫女「それはよかったです」
男「でも、まずその喋り方やめろ」
巫女「はて?」
男「いつも通りに喋れよ、気持ち悪い」
巫女「礼節を尽くさねば、と」
男「いいよ別に、そんなもん」
巫女「……じゃ、いつも通りに」
男「……おう」
巫女「それじゃ私が布団準備しておくから、先にお風呂入ってきて」
男「お、おう。切り替えいな!」
64:
―――――
―――

男(……布団一つに枕が二つ。うん、間違いなくやる気だなアイツ)
男(あーあ、妖怪よりはマシ、か…… 昔から好きだったとかそんなんじゃねーのかよ)
男(やっぱり脈なしだったのかよチクショウ。でも、アイツの初めては俺になるんだよな)
男「それだけでも十分かな……」
巫女「あれ、私が初めての相手じゃご不満?」
男「うぉぉおお!?」
巫女「そんなに驚かなくてもいいじゃない」
男「そうですね!確かに驚き過ぎました!」
巫女「アンタの初めての相手にしては十分過ぎるでしょ?」
男「ええはいそうです!ありがとうございます!」
巫女「うわ〜、テンパってる」
65:
ポクポクポク チーンッ
巫女「……落ち着いた?」
男「さっきよりかは……」
巫女「なるほど、主にここが落ち着いてないと」
男「おわぁぁああ!?ど、どこ触ってんだよ!!?」
巫女「もー、いちいち反応し過ぎ。これからもっとすごいこと……しちゃうんだよ?」
男「お、おおおおお、おう」
巫女「じゃあ、最初はキスからね」
男「キス……から?」
巫女「乱暴に犯されるのは嫌だからね。それなりのムードをもってやりたいわけよ。んっ……」
男「んむぅぅ!?」
68:
男(なんだこれ!?やわらけぇ!すっげぇやわらけぇ!?やべーやべー!)
男(それにいい香りがする!石鹸とかの匂いじゃなくてなんか甘い匂いがする!?)
巫女「んっ、ふむ、んん〜……」
男(息がくすぐったい!これ鼻息?わっかんねぇわっかんねぇ!マジ何が起きてんのかわかんねぇ!!?)
巫女「ぷはっ…… ちょっと何固まってんの?口開けなさいよ」
男「クチヲアケル?イワユルでぃーぷきすトイウヤツデスカ?」
巫女「日本語おかしくなってるわよ。ていうか、いちいち口に出すな」
男「んむぅ!?」
69:
男(なんだこれなんだこれ!口ン中にヌルってしたもん入ってる!)
男(おい!俺の口の中。おい!俺の口の中。さあ、舌なのかい?さあ、違うのかい?どっちなんだい!?)
巫女「んちゅっ、じゅる、ちゅぷっ、あ、はぁ……あふっ、んふ、んぅぅう……」
男(はい、間違いありません。舌です。舌入ってます。これは俺もお返しせねばならぬのでしょうか?)
男(風呂には入ったが歯を磨いた覚えはござんせん。そんな舌を突っ込んじゃってもよかもんか?)
男(ていうか、そんな口の中にコイツは舌入れちゃってるわけだし今更ですな)
男「んぶっ、じゅずっ、れるれる……ふぅぅう……」
70:
巫女「んん、んぅぅううう……!!」
男「んぐぐぐぅううう……ぷはぁっ!はぁ、はぁっ……!」
巫女「は、はぁ、はぁぁ…… こ、これっていつ息できるの?」
男「し、知らねぇよ!慣れだろ、慣れ!」
巫女「まぁ、お互い初めてだもんね。しょーがないか」
男「お、俺初めてじゃねーし!童貞じゃねーし!」
巫女「見え透いた嘘はいいからさ、次はさわりっこね」
男「え?あ、いや、う、うん……」
巫女「なにその反応?……あー、そっか。フェラチオしてほしかったんだ」
男「ぶふぉっ!?」
巫女「当たりね」
71:
男「お、おまっ、仮にも巫女さんが、言うことか!?」
巫女「アンタはそんなことを巫女さんにやらせたかったんでしょーが」
男「うぐっ」
巫女「……はぁ、ムードの欠片もないわね。もっとこう、甘いものを期待してたんだけど?」
男「しょ、しょうがねぇだろ?恋人同士じゃねぇんだから!!」
巫女「……じゃあ、そうする?」
男「へ?」
72:
巫女「今だけお互いを恋人だと思って、するの」
男「恋人……」
男(恋人同士ってどういうことするんだ!?AVとかマンガじゃ確か……)
巫女「じゃあ、キスからやり直しね?……ん」
男「んぐ……」
男(……自分より相手を気持ちよくさせようってするんだっけか)
巫女「はむ、んん、ちゅう……」
男「ん、じゅるっ、あむ……」
巫女「っぷはぁ、はぁ…… やっぱり、息苦しいね?」
男「……慣れ、だろ。もう一回だ」
巫女「んむぅぅうう……!?」
73:
男(えっと、こういうとき恋人同士なら……)
巫女「んむっ!?んんっ、んぁ……あぁっ!」
男(……おっぱいってこんなに柔らけぇんだ)
巫女「ちょ、ちょっと!んむぅっ!?」
男(やっべー、ずっと触ってられるわコレ)
巫女「あむ、んふっ、ふぁぁ……んひっ……」
男(気持ちいいのか?なんかどんどん力が抜けてってる気がする)
74:
―――
――

巫女「ん、はぁ…… 頭が、ボーってしてきちゃった」
巫女「急に積極的になったね?キスしてる最中におっぱい揉んでくるし」
男「……恋人同士ってそういうもんだろ、きっと」
巫女「あんっ、またおっぱい……」
男「寝かせるぞ?」
巫女「きゃっ!」
男(あ、これ完全に押し倒してる体勢だな)
75:
巫女「…………」
男「…………」
巫女「……見てるだけのつもり?」
男「ああ、いや、その……上、脱がすぞ?」
巫女「いちいち確認しないでよ……」
男「じゃ、じゃあ早……」
76:
男「…………」
男(想像してた以上だよな、コイツのおっぱい……)
巫女「……あんまりじろじろ見ないでよ」
男「悪い……」
男(とは言いつつも、ずっと見たかったものが目の前にあったらじっくり眺めていたいと思ってしまうわけで)
巫女「見られてるだけじゃ恥ずかしいよ……」
男「あ、ああ……」
77:
男(えーっと、強く揉むと痛いっていうし、さっきは服の上からだったから……これぐらいか?)
巫女「あっ、なんかくすぐったい。ふふっ」
男(もうちょっと強くしていいのか?)
巫女「んっ……ふぁ……ぁん」
男(これぐらいでいいのか…… それにしてもすっげぇ柔らけぇ)
男(油断したら手加減なしで触っちまいそうだ…… やべ、触ってるだけで射精しちまいそう)
巫女「あん……あぅ…… ね、ねぇ……?」
男「ん?」
78:
巫女「……えと、あのね?なんか……物足りない」
男「じゃあ、もうちょっと強く」
巫女「う…んん…… こ、これくらいで……いい……んぁっ」
男(……でも、物足りないって揉まれるだけじゃ物足りないってことなのか?)
男「……んちゅ」
巫女「ひぁっ!?」
男(これが……乳首の味か。おいしい、のか?)
巫女「あっ、なにこれっ、へ、変な…かんじ……ぃっ……あぅ」
男(……気持ちよさそうだし、もっと色んな舐め方を)
79:
―――
――

巫女「あ……はっ……」
男(……すっげーエロい顔してる。目潤んでるし、真っ赤だし、ぴくぴく震えてるし)
男(俺がコイツをこんな状態にさせたんだよな……)
巫女「くぅ……おっぱいだけで、なんでこんなにぃぃ……」
男(おっぱいだけでこれだけ気持ちよくなってんなら……)
巫女「……ふぇ?」
男(ここを触ったら……もっとエロい顔になんのかな?)
男「……ここも、脱がすぞ」
巫女「ま、待って!まだ、心の準備が……ああっ!?」
80:
男「…………」
男「……なぁ、女ってこんなぐしょぐしょに濡れるもんなの?」
巫女「知らない!知らない知らない知らないっ!!」
男「…………」
男(なんだこれ……ヒクヒク蠢いてて……なんかすっげーエロい……)
巫女「じ、じろじろ見るなあ〜〜っ!!」
男「…………スンスン」
巫女「だ、だからって匂いを嗅ぐなバカッ!!」
男(匂いも何つーか、その……エロい)
巫女「うぅぅ〜〜〜!!」
男(……味は?)
巫女「ひぁぁぁああっ!!?」
81:
巫女「た、食べられちゃってる!食べられちゃってるぅっ!!?」
男「れろっ、じゅず、じゅるる、っは、ちゅっ、じゅぅぅううう……」
巫女「あっ、ぁんっ、ひぁ、あぁ…… ひぃぃっ!!?」
男(やべぇ、この味めっちゃ興奮する!奥からどんどん出てきてる!……もっとだ、もっと奥まで!)
巫女「は、入ってる!?私のっ、中にぃ……はいってるぅぅう……!!?」
男(味だけじゃない!匂いも声も音も、表情も全部エロくて…… もっともっと気持ちよくさせてぇ!)
巫女「だめ、ダメッ、やめ、やめてっ!ああ……!!?」
男(ダメなもんか!もっと気持ちよくなれ!もっともっとエロくなれ!!)
巫女「あ、あぁっ、いっ、いや……いや、あっ、あぁ。あぁぁああああ……〜〜〜〜っ!!」
82:
男「はぁ、はぁっ、はぁ……」
巫女「あぁ…はっ、はぅっ……うぅ……」
男(コイツ、今イッたのか?すっげぇ気持ちよさそうな声出してたし……)
男「……あ」
男(……まるで射精したみたいにだらだら出てるけど、まだ精液は出てないんだよな)
巫女「……辛そう、だね」
男「……んぁ?」
83:
巫女「こんなにおっきいんだ…… ちゃんと中に入るのかな?」
男「特別デカいわけじゃないと思うんだが……」
巫女「指でもキツいのに……」
男「……やめるか?」
巫女「そんな辛そうな顔してるのに?今更止められないんでしょ?」
男「う……」
巫女「まぁ、元々入れるための場所だしね。入るでしょ」
巫女「誰かさんが滅茶苦茶したせいで、なんか洪水みたいになってるし」
男「お、おう……」
84:
男「……い、入れるぞ?」
巫女「……うん」
男「い、痛かったら言えよ?」
巫女「うん……」
男「入れちまったら……俺もう多分止まらないぞ?」
巫女「……もうわかったから」
85:
男「……いくぞ?」
巫女「うん」
男「……あれ?」
男「あれ……?」
男(……うわぁぁぁぁぁ!!?恥ずかしい!超恥ずかしい!!)
男(あれだけいろいろ言っといて入れられないとか!?うわぁぁぁぁ!!!)
巫女「……落ち着きなよ」
87:
巫女「ほら、よく見て……」
男「……さっきは見るなとか嗅ぐなとか言ってたくせに」
巫女「そりゃまだ恥ずかしいわよ。でも、それ以上に恥ずかしいのを見られちゃったし」
巫女「ダメって言ったのに、やめてくれなかった誰かさんのせいでね」
男「う・・・・・・」
巫女「……これ以上私に恥ずかしい思い、させないでよ」
男「おう。……ここ、だよな?」
巫女「うん…… そのまま、押し込んで……」
巫女「……って、何言わせんのよ!わかってると思うけどここはID腹筋スレなのよ?」
男「>>1に縦書きしてあるしな。【妖小そ哀泥腹禁すレへ!】=【ようこそID腹筋スレへ!】ってな」
  ∧,,∧
 ( `・ω・) 改めてようこそID腹筋スレへ!
 / ∽ |
 しー-J
上でも述べた通り、ここはとりあえず書き込み、出たIDの数字の回数だけ基本の100回に+αして腹筋をするという、
きのこの山派なトレーニングスレですよ?
例1 ID:wwh7KM12 ID抽出 の場合 7+12=19 なのでそこに基本の100回を足して119回頑張りましょう。
例2 ID:bicycle. ID抽出 の場合 数字がないので基本の100回頑張りましょう。
さあ、最低100回は腹筋するがよい↓(`・ω・´)
91:
きっと男が妖怪(ハーフとか)なんだよ
それで一部だけ正夢になるんだよ
「一度終わらせた」なら続きがあっても良かろう
92:
やあ (´・ω・`)
じゃあ、バッドエンドだけど続けようか?
93:
巫女「ほら、よく見て……」
男「……さっきは見るなとか嗅ぐなとか言ってたくせに」
巫女「そりゃまだ恥ずかしいわよ。でも、それ以上に恥ずかしいのを見られちゃったし」
巫女「ダメって言ったのに、やめてくれなかった誰かさんのせいでね」
男「う・・・・・・」
巫女「……これ以上私に恥ずかしい思い、させないでよ」
男「おう。……ここ、だよな?」
巫女「うん…… そのまま、押し込んで……」
94:
巫女「ふぅぅぅうう……いっ、あぐぅぅうう……!!」
男「や、やっぱり痛いんじゃねぇか!」
巫女「うぐ、こっ、ここまでしたんなら、責任を……果たしなさいよ!」
男「じゃあ、我慢っ、してくれ……よ」
巫女「う゛うぅぅ…… あがっ、あぁぁ……!!」
男「うぁ…… ぜ、全部…入っ……た」
巫女「……っはぁ、はぁ、はぁっ……!」
95:
男「な、なぁ?大丈夫か?」
巫女「大丈夫なわけないでしょ!?あんな大きいのが刺さってるんだよ!!?」
男「お、おう…… ま、まだ動かないほうがいい……よな?」
巫女「……ごめん、そうして」
男「…………」
男(コイツの心臓の音が聞こえる…… 一つになってすっげぇ近づいてるからか?)
男(すっげえドキドキしてる。痛くて苦しいから……?)
巫女「……ねぇ」
男「お、おう!?」
巫女「キスして。あと、おっぱいさわって」
男「いいっ!?」
96:
巫女「少しでも痛みを、紛らわせたいの……」
男「わ、わかった…… んむ」
巫女「ふっ、んん…… んちゅっ、ぢゅる、ふむぅぅ……」
男(ええっと、おっぱいはこれぐらいの力加減で……)
巫女「んっ、ふぁっ、んむぅぅぅ……!!」
男(ん?ドキドキが少し収まってきた……?)
97:
巫女「ん、ぷはっ…… 大分マシになってきた」
男「……ん、そっか」
巫女「…………」
男「…………」
男「動くぞ?」
巫女「ん……」
98:
男「うぁ… すっげーきつい……」
巫女「あぐっ、うぅ……あ゛っ……」
男「お、おい、まだ痛むんじゃねーか?」
巫女「……だから、大丈夫、だって」
男「……じゃあ、もう遠慮しねーぞ!」
巫女「うぁっ、ああっ!?んぐ。……っう、あ、ああ……!!」
男(すげっ……やばい、やばいって!もう射精しちまいそうだ!)
男(滅茶苦茶キモチイイ、セックスって、すげぇ!ぐぅ……)
巫女「んっ、は、はぁっ、んんっ……!あぅ、き、気持ち、イイッ?」
男「あ、ああっ、すっげーきもちいい……」
男(コイツの裸を想像してオカズにしてるだけだったのに……)
男(オナニーなんかよりずっとキモチイイ、やべぇ、射精してぇ!)
巫女「あ、あぁん、なに…これぇ…… すご……いぃっ……」
男(でも、もう少し……いや、もっともっとこの気持ちよさをっ……!!)
99:
巫女「う、うそっ… こん、なのっ、こんなの……!!」
男「うぐ……くそっ、射精る!俺、もう……!!」
巫女「で、る?しゃせぇ、するの?」
男「うん、うん…… もう、でちまう!」
巫女「いい、よ、だして、このまま、このままぁっ……」
男「いいのか、中にっ、射精して……!?」
巫女「あ、いいっ、あ、あ、あ、あぁっ……!」
男「く、ぁああああっ……!!」
巫女「んんんんッッッッッ………!!」
巫女「あっ、は…… 入ってきてる……中で、跳ね回ってるぅ……」
男「ぐぅぅうう……はっ、はっ、はっ、はぁっ……」
100:
―――――
―――

巫女「……どう?童貞を卒業した感想は?」
男「…………」
巫女「ん?」
男「……すっげーよかった」
巫女「そっかー、このドスケベ」
男「うるせぇ、その通りだよ」
男「……なぁ」
巫女「なに?」
男「俺の自惚れかもしんないけどさぁ……」
男「お前、ホントに妖怪に犯られる夢なんて見たのか?夢っていうのは口実で本当は俺と……」
巫女「さーて、どうでしょう?おやすみー」
男「あ、おい!寝るなよ!答えろよ!!」
101:
―――
――

巫女「……ねぇ、もう寝ちゃった?」
男「……ごっつぁん……でふ……」
巫女「寝言……?」
男「…………グゥ」
巫女「……これは寝てるね」
巫女「……あ、昔お母さんと作ったミサンガだ」
巫女「まだ付けてたんだ……ていうかまだちぎれてなかったの?」
巫女「…………」
巫女「……ホントはずっと好きだったのよ?」
102:
巫女「私から言うのは癪だったから、アンタが告白してくるまで待ってるつもりだったのに」
巫女「あんな予知夢見ちゃったらね……」
巫女「誰にも言ってないんだけどね?お母さんにも言ってないんだけど、私もう死んじゃうんだ」
巫女「私ね、妖怪なんかにアンタのこと忘れるぐらい滅茶苦茶に犯されて、気持ちよくされちゃってね?」
巫女「……最後は食べられちゃって、殺されちゃうんだ」
巫女「でね?私がアンタを好きだって言っちゃえば、私が死んだ後アンタは絶対すごく苦しむと思う」
巫女「……そんなの嫌だから。でも、だからってあんたとこのまま何もないまま死ぬって言うのも嫌」
巫女「だから、こんな風にしかできなかった……」
巫女「ごめんね?好きだよ、大好きだよ……ごめんね」
103:
―――数日後
巫女「私はお母さんがいない間の留守を任されてるから、サッカー部の合宿にはアンタだけ行ってきなさい」
男「……ホントに大丈夫なんだろうな?」
巫女「大丈夫だってば。妖怪どもが来るのはまだ先よ」
男「……本当だよな?」
巫女「もうバスが出ちゃうって…… それでなに?私の霊力が信じられないの?」
男「そういうわけじゃねぇけどさ…… なんかもやもやするっていうか」
巫女「はっ、アンタの勘より私の予知夢の方が信憑性が遥かに高いわよ」
男「……そうだよなぁ。じゃ、行ってくる」
巫女「精々頑張って応援してきなさい、万年ベンチ」
男「うるせぇ!」
104:
ブロロロロロ・・・・
巫女「……行ったか」
巫女「これでアイツが妖怪に襲われる心配はないわね……」
巫女「……ばいばい。また……」
巫女「会えたらいいね?」

そして妖怪と戦い、>>1へ……
117:
ご都合主義満載で>>104の続き
118:
―――丑三つ時
巫女「……ああは言ったけど、最初から諦めるっていうのは性に合わないしね〜」
巫女「今まで外れたことがなかったからって、今回の夢も100%現実になるってわけじゃないし?」
巫女「やれることはやった。後は……」
妖怪「……んぁ?」
巫女「……未来を、変えるだけ」
119:
妖A「女が一人…… いや、小娘か?」
妖B「今時珍しいのぅ。衣装といい、雰囲気といい…… これぞ巫女と言った風情よの」
妖C「巫女ぉ?今のご時世、金欲しさの『ばいと』とやらで似せ者が溢れ返ってんだ。あれもその一つだろ?」
妖D「でもよ、こんな夜更けに、こんな山奥に一人だけっておかしいだろ?」
妖B「左様。あの小娘、まだ年若いがなかなか使いよるようじゃの……」
巫女(頭数が夢より二つ多い…… 今回の夢は外れたわね)
妖A「……何か企んでやがるのか?」
120:
巫女「……この街に仇成さんが為迷い出た妖共よ!これ以上先には進ませぬ!!」
巫女「ここで調伏してくれる!いざ!!」
パシュッ
妖A「っと、あぶねぇな」ヒョイッ
ドスッ
妖I「ぎゃあああっ!!?よ、避けんじゃネェよ!!」
妖C「梓弓に破魔矢!?この女本物か!?」
妖B「いんや、それだけではないぞ?」
妖I「お、おぉ……?ぼえ゛ぇぇ……」デロデロデロ・・・
妖D「うわ、溶けてやがる!?」
妖E「おいおい、ヤバいんじゃねぇかあの女?」
121:
妖A「弓矢で狙えんのは一つだけだ、腰抜かしてんじゃねぇよ」
妖F「そ、そうか!一斉にかかれば……!」
妖G「狙いは定まらんってぇことだな!」
妖A「バカは単純でいいねぇ。俺らは先に行ってるぜ?」
巫女(全部はまだ来ない、か)
122:
巫女「くっ!」
妖G「ええい、ちょこまかと!」
妖F「案外はしこいなコイツ!」
妖E「小娘がぁ!大人しくしやがれ!!」
妖H「けぇぇぇぇいい!!」
妖A「……あっちゃあ、結界まで張れんだアイツ」
妖B「ふむ、少々侮り過ぎたか?」
巫女「言ったはず!これ以上先には進ませぬと!!」
123:
妖H「こんにゃろ!……ってあら?足が」
妖I『…………』
妖H[なんだお前、生きてたのか……?ってか、離せよ!このっ」
巫女「…………」
妖H「やべっ」
パシュッ
妖B「ほう、骸を繰るか……」
妖A「式神もいるっぽいぜ、旦那」
124:
妖I『…………』
妖H『…………』
式神『…………』
巫女「…………」
妖C「……くそっ、やられたらやられた分だけこっちが不利ってのかよ!」
妖A「……やるか、旦那?」
妖B「うむ、畳みかけるか!」
ダッ
125:
巫女(……かかった!)
妖H『…………』
妖D「大人しく死んでろ!!」
式神『…………』
妖A「ええい、鬱陶しい!」
巫女(円を描くように……)
妖F「ちょこまかと……!!」
妖B「んん……?」
妖B(些か巫女の動きに覚え有り。あの身のこなし、いつぞやどこかで……)
妖B「……しまった!小娘、貴様禁術をっ!!」
妖A「何だと!?」
巫女「地ニ伏シ抉レヨ!圧獄ノ陣!!」
ズォワッ
126:
妖D「んなっ、じめんに、おしつけられ…ぐべぇぇぇ……」
妖B(小娘めぇ…… 予めこの地の龍脈に楔を打ち付けておったな)
妖G「ごぁぁぁぁあああああ……!!?」
妖F「づぶれ゛ル゛ぅ゛……!?」
妖E「か……は…………」
妖B(楔で龍脈の力を無理矢理引き摺り出し、大地諸共押し潰す禁術『圧獄』)
妖B(龍脈の力を使うとは言え、地形を変えてしまうなど人の身に余る所業!
妖B(戦いの経験を積み重ねた者だけが成し得るこの術をあの若さで使えるとはのぉ……)
妖B(何と恐ろしき天賦の才よ…… 今この場で潰さねばなるまい!)
127:
妖B「……ふんっ!」
妖C「だ、旦那…… 俺を掴んでどうしようっていうんでさぁ……」
妖B「……ふんぬらばっ!!」
妖C「おわぁぁぁ!!?」
巫女「うそっ!?」
妖B(この禁術は使い手以外の者にその身を押し潰すほどの圧力をかけるもの…… つまり)
ドゴォッ
妖C「……ごはっ」
巫女「あぐ……ぅ……」
妖B「術をかけられた者が術者の真上をとれば、術の効果で恐るべき重みとなった其奴に自身が押し潰される」
妖B「小娘よ、貴様がこの術に不慣れで良かったわい。手練れであったならば儂らは刹那で塵芥となっていたであろう」
妖A「……ててっ、全く禁術とは恐れ入ったが、まだまだ青かったな」
128:
妖A「とは言え、旦那の知恵と馬鹿力がなきゃ今頃俺たちもペチャンコだったな。さっさと殺しとくか」
妖E「ふざけんな!ここまでコケにされてただ殺すだけなんてできるか!!」
妖F「そうだ!景気づけも兼ねてこの小娘を輪姦してやろうぜ!!」
妖A「……まったく馬鹿だねぇこいつら」
妖B「しょうがない連中じゃ。まぁええ、その小娘をちょいと貸せ」
妖C「おいおい、いきなり旦那がやったんじゃマ○コがぶっ壊れちまうよ」
妖B「違うわい、禁術を使うぐらいじゃ。触れたら溶け落ちる陣を組んでおるやもしれん」
妖A「だから先に陣を組み替えとくんだよ」
妖怪「「「へ、へぇぇ〜」」」
妖D「でも、いつもはそんなことしねぇじゃねーか」
妖A「馬鹿が、禁術使いに手ぇ出すからには念入りにいろいろやっとかなきゃいけねぇんだよ」
129:
―――――
―――

妖B「……もうええじゃろ」
妖E「よっしゃあああ!!!じゃあ早……」
妖A「馬鹿野郎!!」
妖E「ひっ」
妖A「まだ十分じゃないかもしれネェ、一番に俺が確かめる」
妖F「で、でも旦那がもういいって……」
妖A「うるせぇ、口答えすんな雑魚がっ!」
妖G「ちぇー、いっつも兄貴ばっかり」
妖B「では、儂はその辺りを見てくるわい」
妖A「おう」
130:
妖A「さて、随分とおぼこい色してやがる…… 処女か?」
妖C「おい、早くしろよ!」
妖A「うるせぇよ…… オラッ!!」
巫女「あぅっ……」
妖A「めんどくせーな、全然濡れてねぇ」
巫女「あ、い゛っ、いっ」
妖A「おら、目ぇ覚ませ!さっさと濡らしやがれ!!」
巫女「あうっ!うぅ…… あ?」
妖A「お目覚めか?」
巫女「え……? あ、やっ、うそっ!?」
妖A「何が嘘なんだよ、こいつが現実だよ」
巫女「あぎぃぃぃいいいい!!?」
131:
妖A「痛いのか?だったら早く自分でマ○コ濡らせよオイ」
巫女「おごっ、がぁぁ、ああああああ……わ、わたしはぁ……」
妖A「あん?」
巫女「こ、こんなことをしても……私は……妖怪ごときには決して屈せぬ!」
妖A「ん、わかった。どうでもいいから早くいい声で鳴けよ」
巫女「あぐっ、ふぐぅぅぅ……!!」
132:
―――――
―――

巫女「んほぉぉおお!!妖怪チンポきもちよしゅぎるのぉ!!!」
巫女「妖怪ちんぽがっ、こんなに、いいなんてぇ… し、しりゃなかったぁ、あっ、あぁん!!」
巫女(ぐぅぅ…… り、リーダー格の奴がいない…… あいつが戻ってくるまで術は使えなひぃっ……!?)
妖A「小娘、さっきまでの威勢はどこに行った?『妖怪ごときには決して屈せぬ!』じゃねぇのか?」
巫女「そ、そんりゃこと言われたってぇ… これきもひよしゅぎるのぉ!ついて、もっろついてぇぇ……」 
妖B「哀れを通り越して滑稽じゃのう。儂らを調伏すると息巻きいておきながら善がり狂わせられているとはのぉ」
巫女(戻ってきた!)
妖C「泥やら精液やらでベッタベタのドロドロだってのに悦んでやがるぜ?」
妖A「腹ン中にもさんざ注ぎ込んでやったからな。見ろよ?パンパンのカエル腹だぜ?」
妖B「禁術をこの若さで使える程の霊力の持ち主であったが、今では見る影もなし」
巫女(好き勝手、言ってくれてぇ…… あんっ!)
133:
妖C「すっかり脳までトロけた顔してやがる。巫女ってのはどいつもこいつも元から淫乱なんかね?おい、どうなんだ?」
巫女「レ、レイプされてっ、るのに、ものすごく感じちゃってる、へ、変態れすぅぅう!!!」
巫女(や、やばい!しっかりしなきゃいけないのにぃ…… マジでキモチイイ……)
妖A「へへっ、じゃあそろそろこっちにもくれてやろうか?」
巫女「!?」
巫女(う、嘘!?そんなところまで……?)
巫女「しょ、しょこは……お、お尻の穴で……汚い」
妖C「けっ、精液まみれのお前からしたら寧ろ一番きれいなところだぜ」
妖B「確かに」
巫女「ぅうう……」
妖A「まぁ、ここは汚いところじゃなくて気持ちいいところなんだぜ?それを教えてやるよ」
巫女「ひぅっ!?な、なにか挿入って……」
妖A「おお、いい締まりだ。指をぎゅうぎゅう絞めつけてきやがる。でもな、もちっと力抜けや」
巫女「あぁんっ!オマ○コ突かないでぇ!!」
巫女(あうっ、オマ○、こ、きもひいぃ……)
134:
―――――
―――

巫女「あっ、あ゛ぁっ……あぐぅぅっ!」
妖A「お、そろそろ果てるぜ?」
巫女「いっ、いくっ、いきましゅぅぅうう!!」
妖G「よし」
妖F「ここまで」
巫女「………え?」
妖A「…………」
巫女「どうして……?あと少しで」
妖怪「「「……………」」」
巫女「……あはっ?そういうこと?」
巫女(おねだりすればいいんだぁ……)
135:
巫女「どうかおねがいします。オマ○コでも、おしりでもすきなほうにぶちこんでください」
巫女「がまんできないんです。おくまでついて、めちゃくちゃにして、こわしてください。もっともっとイカせてください」
巫女(もっとぉ……もっとぉっ!!)
妖A「へっ、墜ちるとこまで墜ちやがったぜこの淫乱は!望み通りぶち込んでやれお前らぁ!!」
妖E「おう!」
妖A「……ただし」
巫女「よにん……?」
妖A「2本ずつぶっこんでやりな!!」
巫女「ひぎぃぃぃいいいい!!?」
妖E「おらおら!マ○コとケツで4本も銜え込みやがって!この淫乱巫女が!!」
巫女「しゅっ、しゅご、これ、いっぱい!いっぱいなの!おなかいっぱいなほぉぉお!!」
妖G「くそっ!狭いな畜生!!」
巫女「んぅぅぅうううううう!」
巫女(ご、ごわれるぅぅ……)
136:
妖C「ぎっちぎちだぜ!へへっ、子宮も吸い付いてきやがる!!」
巫女「ふぐっ、っん、あんっ、ふっ、ふぅぅ……い、いいっ、これいぃぃっ!!」
妖F「ぐぅっ、普通ならやめろとか裂けるとか泣き叫ぶはずだが、この小娘悦んでやがる!」
巫女「あ゛あぁっ、んあ゛っ」
妖E「犬みたいな声が出てるぞ巫女様!」
巫女「あああっ、あぁぁっそ、そこっ、そこそこぉ!」
妖F「ここか?ここがいいんだな!」
巫女「あ゛っ、いく、イクッ、あぐっ、イグゥゥウウウ!!!」
妖C「果てたか!でもこっちはまだまだイケねえんだよ!!」
巫女「イ゛ッデる!イッデるのにぃい!!」
妖G「うるせぇ!てめぇはアンアン喘いでりゃいいんだよ!」
巫女「あ゛ぁーっ!ああぁーっ!!」
137:
―――――
―――

妖D「……ふぃ〜、出した出した」
妖C「しかし出すもん出したら、やっぱ腹が減るなぁ」
妖A「じゃ、メシにすっか。どこにする?」
妖B「心の臓は当然儂がもらう」
巫女「……ふぇ?」
妖C「オレは腸が食えりゃあええ」
妖D「でも、そのままじゃ食えたもんじゃネェからまず洗おうぜ」
巫女「…あは、わたひ、食べられちゃうんだ……」
138:
巫女(……ま、そんなことにはならないんだけどね?)
巫女(途中やばかったけど、何とか正気は失わずに済んだ)
巫女(今ならコイツらもすぐには動けない……)
巫女(禁術中の禁術、龍脈を暴走させて私諸共奴らを吹き飛ばす!)
巫女「…………」
妖C「ん?なんだ?命乞いか?んん〜?」
巫女「……御身ノ下ヘト参ラセヨ」
妖C「こ、コイツ!まだなんかする気だ!?」
巫女「滅消ノ……陣!」
妖A「あー、まぁ、気にすんな」
巫女「……え?」
139:
妖A「陣の式は旦那がとっくに組み替えたからな」
妖B「楔も壊しておいたわい……」
巫女「……うそ、うそっ、嘘!!」
妖C「……そうかそうか」
妖D「そうやって負けたふりして俺らをまとめてぶっ殺すつもりだったんかい?お嬢ちゃん」
妖E「舐めた真似してくれやがって……」
妖F「楽には殺さねぇぞ?生きたまま少しずつ、すこぉしずつ食ってやる!」
妖G「気を失ったり痛みで死んだりしないようにゆっくりじっくりとなぁ……」
巫女「……あ、ああ……」
142:
巫女(陣の式が……崩れてる)
巫女(何もできない…… 夢と同じ、こいつらと一緒に死ぬこともできなかった)
巫女(やっぱり私の夢って正夢なんだ……)
巫女「……頑張ったのに、がんばったのに……」
妖A「まぁ、それが世の道理って奴だ」
巫女「…………」
巫女「……違う」
巫女(違う、夢と同じなら白髪の妖怪がいるはず。でも、いない……?)
妖A「違うって、何が違うんだよオイ? ……ん?」
妖B「……主も気づいたか?」
妖A「おう。旦那、何だこの瘴気は……?」
妖B「儂がまだ耄碌しておらなんだとすれば……この感覚は彼奴ぞ」
巫女(……夢と、違う?)
143:
妖C「あ、アイツって誰です旦那?」
妖B「十数年前に死んだはずの大妖じゃ……」
妖D「死んでるぅ?」
妖B「左様。だから耄碌しておらなんだ場合の話じゃて……」
妖A「旦那が耄碌してるはずがネェ、それに俺も旦那と同じ感想だ……」
妖B「……そのさは万里を一日で奔り抜けると謳われた『音越え・白狼』か」
妖E「ど、どういうことだってばよ!?」
妖F「そ、そいつはもう死んだって聞いてるぜ!?」
妖G「お、俺もづぁっ……!?」
・・・ドシャ
妖怪「「「「「!!?」」」」」
巫女「……あ」
144:
妖A「誰だ!」
妖C「あひ……ん」
妖D「んなっ!?」
妖B「すぎて何も見えぬ…… このさ、まさか本当に白狼かの?」
妖A「いや、アイツは死んだはずだ!」
妖E「そ、そうだぜひぃぃっ!!?」
妖F「ひ、ひぃぃぃっ!!?もう俺たちだけになっちまったぁ!!」
妖F「た、助けてくれよだんなぁふ……」
145:
妖B「……残るは儂とお主だけか」
妖A「……ふざけんな、ふざけんなぁぁ!!!」
妖A「……がふっ」
妖B「……見えたぞ!」
??「…………」
妖B「白き毛並?いやまさか……!真逆ッ!!?」
??「……!!」
妖B「ぬぁぁあああああああ!!!!!」
146:
―――――
―――

巫女「……何が、起きたの?」
??「……ミサンガが、千切れたんだ」
巫女「ミサンガ……?」
??「それで思い出した。このミサンガはお前からもらったプレゼントってだけじゃなかったんだ」
巫女「お母さんと一緒に作ったあのミサンガ?」
??「おう。人間だったお袋が死ぬ前に、半妖の俺が普通の人間として暮らせるようにっておばさんに頼んで作ってもらったもんだったんだ」
巫女「半妖?じゃあ、それが本当のアンタの姿ってヤツ?」
男「おう」
147:
巫女「……若白髪」
男「うるせぇ!もっと他に言うことあるだろーが!!」
巫女「そうだね…… ありがとう」
男「おう。でな、悪いんだが今まで貯めてた分の力やらなんやらが有り余っててな?」
巫女「……うん?」
男「……我慢できねぇんだ」
巫女「え、あ、ちょっ!?私、さっき妖怪にいろいろされてて、そのっ…… ちょっとぉ!!?」
このあと滅茶苦茶セックスした
148:
           〈 ̄ヽ
         ,、____|  |____,、
         〈 _________ ヽ,
         | |    | |
         ヽ'  〈^ー―――^ 〉  |/
          ,、二二二二二_、
          〈__ _ __〉
           |  |  |  |
          / /  |  | |\
         ___/ / |  |___| ヽ
         \__/ ヽ_____)
14

続き・詳細・画像をみる


子と2人乗りの自転車で泥、逃げながら電話とか泥思考は理解できぬ

【悲報】小保方さん、錯乱状態で24時間体制の監視下に

スピーカーって磁石が使われてるの?

ドイツの電力大手、脱原発で打撃…火力採算悪化、危機的状況に

買占めたセールのランドセルを分けてと来た女性。断ると奪いにかかったので…

HKT48メンバーがセーラームーンの格好で握手会に参加!

【人によっては観覧注意】コブラと熱烈濃厚キス(動画)

【画像】 どうして花瓶の上で寝るのか・・・

日本統治時代の甲子園準優勝校を描いた台湾映画「KANO」 爆発的大ヒット・・・絶賛の嵐 一方で日本統治を美化との批判も監督は一蹴

ドイツの電力大手、脱原発で打撃…火力採算悪化、危機的状況に

篠田麻里子と松井珠理奈の誕生日をメンバーがお祝い

【野球】阪神、深刻な貧打…早くもオープン戦負け越しが決定

back 過去ログ 削除依頼&連絡先