小さい頃って不思議な考え事するよなback

小さい頃って不思議な考え事するよな


続き・詳細・画像をみる


もし一色だけ色が見えなくなるなら何色を捨てるかとか
エスカレーターの裏には別の世界があるとか考えてた
お前らは何考えてた?

元ネタ:http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1256796222/
タイトル:小さい頃って不思議な考え事するよな
1:以下、
もし一色だけ色が見えなくなるなら何色を捨てるかとか
エスカレーターの裏には別の世界があるとか考えてた
お前らは何考えてた?
2:以下、
大人になれば彼女が出来ると思っていた
26:以下、
>>1
エスカレーターの裏別世界考えてた!wwwww
自分だけかと思ってた
つかいままで忘れてたけど>>1見て思い出した
4:以下、
大気中にいる細菌を見ようと必死だったな
5:以下、
歩くとき、走るときに左右交互に自然に足が前に出るのが不思議だった
なんでだ?と思いながら走ってたらすげー違和感感じたの覚えてる
こーゆー感じのことでok?
6:以下、
カーステレオの中にいる曲を演奏してる人達をどうにかして見ようとしてた
7:以下、
小1の頃ビー玉が欲しくてラムネの瓶割りまくってた
今思うとあの頃が一番バイオレンスだった
8:以下、
今自分が住んでいるのは日本という星でアメリカにはスペースシャトルで行くものかと思ってた
11:以下、
>>8
よう20年前の俺
9:以下、
無意識に呼吸してた事に気づいて、意識したら呼吸の仕方が分からなくなった
14:以下、
>>9に似てるけど飯食べてる時に飲み込むの意識し始めたら飲み込めなくなった
10:以下、
自分が赤と認識している色は他の人が認識している赤とは違うみたいなことをよく考えてた
ビートたけしが同じようなことを言ってて驚いた
13:以下、
>>10
証明しようが無いもんな
17:以下、
>>10
誰でも一度は通る道
51:以下、
>>10
結構誰もが考えるよな
哲学ではクオリアって呼ばれてる
ググってみると面白いぞ
12:以下、
トイレで大をする時に、俺には実は兄がいてどうのこうのと妄想していたのは何歳の頃だったか……
15:以下、
ゆでたまごは黄身がかたまってるだろ
母ちゃんがタマゴサンド作っててたまご切ったときにそれを見てからしばらくの間は
人間も腕とか切ると、
中に黄身がギッシリ詰まってると思ってた
16:以下、
いつも誰かに観察されてる気がしてた
世界がでかい水槽みたいなものに入ってるような感じ
20:以下、
地下鉄の線路の暗闇の奥にはディズニーランドがあると思ってた
28:以下、
ハムナプトラのエンディングだった気がするんだが
あれみたいに、俺らにとってめちゃくちゃ広い世界(宇宙も含めて)は
実は巨大な生物の細胞のひとつの中の事象にすぎなくて
俺の身体の細胞の中にも、ひとつづつの世界が形成されてると考えてた
たまに右手ブンブン振って「この世界大地震やーwww」って遊んでた
39:以下、
>>28
ハムナプトラは見てないが同じこと思ってた
つか今でも思ってる
41:以下、
>>28
今でも思う
42:以下、
>>28
それもわかるわ
29:以下、
ハワイみたいな小さい島は本当に海面に浮いてるんだと思っていた
31:以下、
自分以外の人間は実は絶滅していて、まわりの人間は人のフリして人間の最後の生き残りの俺を観察してるんだと思ってたことはあった
32:以下、
自分が生まれたのは母さんと父さんのおかげ。
母さんが生まれたのは爺ちゃんと婆ちゃんのおかげっていう風に順繰りで考えてたら一瞬、阿弥陀如来像みたいなのがパッてイメージが出て、消えた。
もう一度イメージしようとしても、もう出なかった。
それからなんとなく、神様っているのもしれないなーって思い始めた。
34:以下、
テレビの画面を割れば中に入れると思ってた
36:以下、
深夜の誰もいない居間には宇宙人や怪物が集まっている
37:以下、
俺がドアを閉めるとその向こうは・・・
38:以下、
傘でパラシュート並に飛べると思ってた
40:以下、
死んだあとの世界
43:以下、
小さい頃は神様がいて
不思議と夢を叶えてくれた
48:以下、
>>43
なんかその歌、いつ聴いてもすごく懐かしさが込み上げてくるよ
だからよく再放送されんのかな
50:以下、
>>43
ユーミン流石や
46:以下、
人それぞれが認識している色は同じ名前でも違うかもしれないけど
色自体ってのは存在してて、それ自体は知覚出来ない
とか思って絶望してた
後からイデア論っていうのがあるって知った
47:以下、
この世界はめちゃくちゃ頭いい宇宙人の箱庭ゲー
52:以下、
俺が目閉じているときは時が止まっている
53:以下、
英語と日本語、どちらが"良い"か
字数が少ない方がたくさん情報が伝わるから凄いという発想から
トイストーリーのエンドロールでどちらの方が字数が少ないかを調べて比較しようとした
56:以下、
外国の俳優女優はみんな日本語話せるんだと思ってた
55:以下、
テレビの砂嵐の黒い部分は猛スピードで走る車に見えてたな
ザーっていう音もエンジン音だと思ってた
確かにあれはいつまで見ていても飽きなかった
57:以下、
消防の頃風吹けとか念じたら
本当に風が吹くもんだから超能力者だと思ってた
しかもそれを
俺超能力持ってるかもしれない…んだよね…
とかミステリアスぶってみんなに話してた
俺を埋めてくれ
58:以下、
>>57
かわいい
63:以下、
イルカになれるって信じてた
77:以下、
>>63
俺はカモメになれるって信じてた
64:以下、
何の変哲もない普通の日に、突然テロリストみたいな黒尽くめの集団が家にやってきて家族みんながさらわれたらどうしようとか考えてた
244:以下、
>>64
ああ、わかる
習字の墨汁ぶっかけようとか考えてたw
74:以下、
俺さ、こどもの頃から今までほぼ毎日
続き物の夢見てて、そろそろ疲れてるんだけど
似たような奴いない?
75:以下、
>>74
俺もだよ
毎日じゃないけど週に三回はみる
78:以下、
>>75
まじか!よかった。
知り合いが同じような事言ってて、1ヶ月前に
精神おかしくなって病院ぶち込まれたから
俺もヤバいかな?っておもたw
わりと普通だよな?
81:以下、
>>78
別に現実に支障ないんだから問題ないでしょ
86:以下、
>>81
でも時々思うんだよ
夢がさ、ちゃんと話続いてるし、
怖くなるw
79:以下、
あるある
自分は将来立派な学者になるんだと思ってたわ
80:以下、
自分はサトラレなんじゃないかと
83:以下、
低学年だかんとき原爆の話を聞いて以来飛行機が通る音が聞こえる度に原爆落とされると思ってたわ
今でも飛行機通ると一瞬死を覚悟する
134:以下、
>>83
いた よかった
84:以下、
寝てる間に脳がそれまでの記憶を引き継いだ別物に変わる気がして眠れなかった
今の意識も、昨日までの記憶を引き継いだだけで、明日には俺は抹殺されてるみたいな
つまり俺は何なんだ?
136:以下、
>>84
牧師やってる知り合いから聞いた話なんだけど、事故で脳に障害を持ってしまった女の子がいて、その障害っていうのが「13時間で記憶がリセットされてしまう」って物だったんだって
それでその子は毎日その日やったこと、食べたもの、感じたこと、一日の全てを眠る前に日記に書くようにしたんだって。
「明日の自分」に「自分」になってもらうために
それで朝起きたらまずその日記を読むんだ。
なにも覚えていない「自分」、日記に記された「自分」からの言葉
彼女は毎朝「自分」を知るんだ。
だけどおかしいと思わない?
彼女は毎夜死ぬ訳じゃないんだ。
ただ寝て、起きただけ。
遺伝子?だとかDNAの配列?なんてのも、眠る前の彼女と同一の筈だ
なのに彼女は彼女じゃなくなる
そして日記を読んで初めて昨日の彼女に近い人物になる
そう考えると俺達の存在って、記憶なんじゃないかって思うんだ
なんていうか記憶っていうのはゲームのセーブデータみたいなもので
それが無いと誰も
前半の話要らなかったなw
せっかく打ったし消すの嫌だからこのまま
141:以下、
>>136
続きが気になるから続けてくれ
162:以下、
>>141
意味わかんなくて話が脇道に逸れまくって要領を得ない上に長文になるけど
なんていうか記憶っていうのはゲームのセーブデータみたいなもので
それが無いと誰も自分を、他人を、もっと言えば世界を認識出来なくて
皆が彼女の様に記憶障害になったとして、そうしたら誰が自分を確かめてくれるんだろう
彼女の場合は牧師が彼女のことを「知って」いたから日記を読んで、それが本当の事だと、その日記が自分だとわかった。
だけど、もし、全世界の全ての人が記憶障害を持ち、日記に「自分」を書き留めるようになったら
もし誰も自分を証明してくれなかったら
誰が自分なんだろう。例えば
朝起きて、他の人の日記を誤って読んでしまったら、自分はその人になるんだろうし
朝起きて、隣にいる人物に自分と貴方は親しい間柄でした。と言われれば自分はその人の恋人になるんだろうし
その日の自分を書き忘れてしまったら、その日の自分はいなかったことになるんだろうし
自分の日記を無くしてしまったら、昨日までの自分はいなくなってしまうんだろうし
つまり体を組織するものがミクロンだとかそんなレベルで同じ人間が何人居ても、持っている記憶が違えばその人達は皆「違う」人間ってことなんだろう
自分でもなに書いてるのかよくわかんないや
まぁそんな感じで記憶=自分
だと思ったんだけど、もし自分と全く同じ記憶を持つ人がいたとしたらそれは自分なのか
記憶が同じだって事は考え方だってきっと似ているんだろうし、顔も性格も自分と大差ない筈だ
だって同じ記憶を持っているんだから
だけど自分は自分で、その人はその人
けれど、その人が自分の代わりに自分の職場、あるいは学校に行ったら皆は気が付いてくれるだろうか?
自分と同じ記憶を持った、同じ考え方、顔、性格の、自分じゃないその人の事を自分じゃないと気が付いてくれるだろうか?
166:以下、
>>162
あぁ途中の「つまり」っておかしいな
適当に保管してくれ
190:以下、
>>162
記憶の連続性こそ同一性の唯一の拠り所、ってのは哲学でも重要なテーマだな
時間的質量、とかいわれたりもする
225:以下、
>>190
ほぇえ
スレ見てると哲学っておもしろそうだなw
誰もが考えることなのに、学問として真剣に思考すると途端に難しくなるのも面白い
210:以下、
>>162に少し似てるけど、全く同じ記憶を持ったクローンを作ったらどっちも本人になるのか考えてた
何十年生きたほうを殺そうが今作ったクローンを殺そうが、記憶が同じなら変わらないんじゃないかって
クローンが本物として生きてオリジナルは偽物になるけど、やっぱり支障はないんじゃないかとか
225:以下、
>>210
あぁだからヒトクローンはダメなのかな
他人の記憶を持ったクローンが初めて目覚めるときってどんな感じなんだろ
クローンとしては普通に朝起きた感じなのかな?
その記憶の中の人を自分だと思って
89:以下、
雲が動いてるときに鉄塔を見上げて、鉄塔が動いてると勘違いしてた
91:以下、
どうして“あ”は「あ」と読むのか
なぜ“あ”を「い」や「た」と読まないのか
何故“ふろ”は「ふろ」なのか
何故「いぬ」にならないのか(“ふろ”を「いぬ」と呼んでもいいじゃないか)
昔、風呂のなかでずっと考えてた
この感じ、分かるかなぁ
105:以下、
>>91
わかるぞ
今でも思う
189:以下、
>>91
これはあるわ
97:以下、
自分は何故存在してるのか謎だった
死んだら無になるのか
それとも意識あるまま何処かを永遠に漂うのか
誰かに作られた世界なのか
自分以外の人にも意識はあるのだろうか
98:以下、
世の中の事象が全て逆になったらどうなるかを友達と議論してた
出た結論が、
「『ある』の反対は『ない』だから、この世界は存在しない」
99:以下、
細胞を見ようと手のひらを凝視したことならある
102:以下、
ドライヤーをいっぱいもったら空が飛べる
103:以下、
五十音以外の言葉を一人で開発してたな。
中学の時にその話を友達にしたら、そいつも同じ事してた事がわかってびっくりしたな。
吉田戦車の伝染るんですでも似たようなネタあったな。
誰もが通る道なんかな?
104:以下、
実は自分はさっきの交差点で車に撥ねられて死んでいて
今の自分は幻かなにかなんじゃないか
って今でもよく考える俺は運転に向いてない
115:以下、
子供の頃、ハルヒの古泉と全く同じ考えをした事がある。
(実は世界はさっき作られたばかりで人類がそう思ってるだけ)
あとこうやってる間に誰が時を止めてみんなが知らない所で命掛けで戦ってる。
117:以下、
信号機の近くに警察が潜んでいて信号のランプを変えていると思ってた
118:以下、
俺が動く度に、俺が元居た場所に見えない殺人光線みたいなのが飛んで来てて、
無意識に超反応しているんだと思ってた
でも30分くらいしたらそんなん忘れて日常に戻ってた
119:以下、
無限ループをよく考えてた
122:以下、
ひなたぼっこしてると太陽が体にじわじわ染みてきて
あぁ俺は太陽に殺されるかも知れん
とか思ってた
123:以下、
月に追い掛けられてると思ってた
127:以下、
飛蚊症みたいな奴の光が見えるのは自分だけだと思ってた
129:以下、
>>127
ありすぎる
外で微生物みたいなのが見えるのな
131:以下、
滝は夜とか止まるもんだと思ってた
132:以下、
部屋を暗くして布団に入って寝る前に
「死」について考え出したら、たまらなく怖くなった
今でも怖い
140:以下、
>>132
蜘蛛の糸の人形劇見て自分の死も怖れてたけど
自分より先に親が死ぬと言う事実を想像して布団の中で泣いてたわw
216:以下、
死んだあとはどうなるのか真剣に考え始めたら恐怖で半年くらい鬱になった小学時代
夜とか眠れなくなった
138:以下、
富士山が北海道の中心にあると思っていた
家から見える範囲が日本全土だった
139:以下、
カレンダーとか、たくさんの数字が整然と並んでる所を眺めてると
その数字の輪郭の上を小人のような何か(マリオに近い印象)が
飛んだり跳ねたりよじ昇ったりするイメージが浮かんだ
142:以下、
鏡はこっちとそっくりなもう一つの世界を覗ける窓
144:以下、
小さい頃は男女の区別がついていなくて、大きくなったらお母さんみたいになって
次はお父さんみたいになって、その後はお婆さん、お爺さんと変わっていくものだと思っていた
145:以下、
大人は昔から大人のままで、自分はずっと子供でいると思ってた
148:以下、
自分の視界の外になんかヤバイものがいる気がして
暗いところで一人でいるのが嫌だった
152:以下、
死んだら天国か地獄に行くんだと思ってた
そんで地獄に行くのが純粋に怖かった
154:以下、
>>152
天国と地獄は俺も信じてたwww
今となっては、死んでも何もないし、自分の意識が消えるだけ。
という現実的な答えを信じるように・・・。
神?wwww居ませんよそんなものwwwwwwww
158:以下、
今見ているのが偽物の風景だと疑っていた
自転車で坂道下ってる時これ偽物なら死ぬなー、とか思ったり
今も車で運転してる時自分が目で見てる風景を信じきれないで疑っていたしまう
159:以下、
テレビの中からセーラームーンを連れ出したくてテレビをずっとポコポコしてた
160:以下、
うまく言えんが世界は自分の周りだけしか存在していない、みたいなこと
ある程度自分から距離ができると人も物も消えてしまう
バーチャル空間みたいなかんじかな
本当はそんな世界だったら怖いなって思ってた
161:以下、
ドラマとか映画の死ぬ役は全員自殺志願者で、撮影のために本当に殺されてるんだと思ってた
163:以下、
俺が超能力を使えないのは、ただ使い方を知らないからだ。
小学一年生でこれだったからな……
165:以下、
時間を作った人が一日を25時間にしていたらどうなったとか
パンを作った人がパンをご飯と名付けてたらどうなったかとか今でもよく考えてる
167:以下、
すれ違うおっさんを見て、もしかしたらあの人は未来の俺じゃないのか?
とか考えてたな今も時々思うけど
171:以下、
自分が頭ん中で考え事するときはもちろん日本語。てことはアメリカ人の脳内はすべて英語。それは当たり前なのにちいさい時はアメリカ人って無意識に英語で物考えられてすげぇと思ってた。
173:以下、
>>171
それ今でも不思議なんだけど、帰国子女ってどっちの言語で考えてるんだろうね?
228:以下、
>>173
両方
無意識に使い分けてる
229:以下、
>>228
まじか。すごいな
ということはより少ない字数、単語数でより多くを表現、思考出来る言語であればあるほど思考度で早かったりするのかな?
231:以下、
>>229
かもな
日本語は語順がどうにでもなるから
たまに英語の語順になってる自分にハッとする
俺、AはCだからBだと思うよ。

俺、思うんだけど?
から始めてしまう
「これ、もういらない?」
「ううん、いらない」とか
174:以下、
自分が過去に違う選択をした場合の世界は現在進行形で続いている
たとえば、
Aさんが道に迷って、T字路を右に曲がって30分後、目的地に着いたとして
実は今も何処かでAさんが左に曲がった場合の世界が存在している
179:以下、
>>174
パラレルワールドだっけ?
175:以下、
今住んでる世界とは少しだけ違う同じ世界が隣にあると思ってた
どうやって行こうか模索してたな・・・
177:以下、
どうやって赤ちゃんは産まれてから人間の言葉覚えるのかなと思った。母親が教えるにしても人間の言葉がわからないんじゃ母親の言ってる事も理解できないはずなのにとか、
それでわかるなら、赤ちゃんの時から犬猫も人間の言葉分かって、ただ声帯の関係とかでしゃべれないだけで理解はしてるんじゃないだろうか?とか
180:以下、
>>177
それ今でも思う
182:以下、
この世界は自分が誕生して死ぬまででループしているんじゃないか
自分が生きている間だけ存在している小さい空間なんじゃないか
186:以下、
>>182
ループじゃないけど、この世界は俺が生まれた瞬間に始まって
死んだ瞬間に終わるんじゃないかって考えたことはある
世界が全部俺の想像
中学くらいまでちょくちょくそれを思い出していて
授業で歴史を習ったときに破綻なくそんなところまで想像した俺の想像力すげぇとか思ったりした
187:以下、
月が怖かったな、なんか三日月が口に見えて、星が目に見えてた
191:以下、
床屋の前の赤と青のくるくる回ってるやつは地下から出てきてそっからは消えてるんだと思ってた
193:以下、
カラー写真が発明されるより昔は色がなかったと思っていた
江戸時代の人は白黒の世界に生きていたと思っていた
194:以下、
小1くらいの時に数字に1から順にイメージつけてた
例えば7は細身のお兄さんとか
今思うとどんな基準で決めてたのか全くわからん
202:以下、
>>194
それすごいわかる
俺は基本奇数=男、偶数=女だった
男(奇数)と女(偶数)が結婚(足し算)すると男しか生まれない・・・
なぜだ・・・?? とか
203:以下、
>>194
俺もあるわ
俺は3と4はクレしんのまさお君とねねちゃんみたいな関係だとか考えてた
196:以下、
世界中で起きる事は全て決まっていて自分の意思すらシナリオ通りなのかもと考えていた
超自然的な存在の箱庭が世界
この宇宙はただの玩具なんだみたいな
197:以下、
実はこの世界は、だれも感じることの出来ない、見分け方すら見つかってない何かで埋め尽くされてたりして。
200:以下、
幼稚園の先生が
これは「あ」という文字にしよう、じゃあこれは「い」で
とか言って決めてるんだと思ってた
201:以下、
部屋の中が空気で満たされてるなら水みたいに空気の中を泳げないかな?とか考えてた
206:以下、
この世に存在する漫画も
全部俺が無意識に生み出したもの
ドラゴンボール生み出した俺すげぇwwwwww
208:以下、
はさみで紙が切れるのがおもしろくて、ほかにどんなものが切れるのかと回りにあるものを切りまくり、
しまいには自分の手の指を切ろうとがんばってた。
血が出て激しい痛みを感じてはじめてどんだけアホなことをしているのか気づいた。
221:以下、
歯を思いっきり食いしばったら震えるのを
ドラゴンボールでいう「気」か何かがたまってるんだと思ってた
233:以下、
地球の生物が絶滅したら、誰が世界を認識するんだろう…→
一階層上の神が存在する可能性はあるんじゃないか、とか考えてた時期があった。
238:以下、
自分はいわゆるパラレルワールド間を旅していて、自分が悪い行いをすると自分の周りの不幸がふえたパラレルワールドに知らない間に移動していると思っていた。
例えば、勉強をしなかったせいで、今日本が不景気なパラレルワールドにいるんだなと云う感じ
主人公的な存在が自分だけと云う感覚がお子様なんだが、最近は不幸なパラレルワールドに居るひとは、それぞれの理由で此処のパラレルワールドに居るんだろうなという妄想ではない世界観みたいなものになった
240:以下、
ドラマや映画で死んでる人は本当に死んでるものだと思ってた
俳優って大変だなと思ってた
243:以下、
マンションの三階に住んで居たとき
蛇口から水が出るけどココまでどうやって上げてるのか
真剣に考えてたな
245:以下、
これは長い夢で 、いつか突然目が覚めたり、急に終わって無になるんだと怯えてた
250:以下、
オレ以外の人間は全員誰かが動かしてるロボットだと思ってた。
オレはその誰かに遊ばれて生かされてるおもちゃ。
252:以下、
布団のしわとかで影になって真っ暗なとこは地獄につながってると思ってた
253:以下、
目をつむったときは真っ暗だけど実際は瞼の裏をみてるだけで
それって目を休めてるわけじゃないじゃん!って考え出したら眠れない
261:以下、
今の一秒はいままで生きてきた分の一秒だから
50才の人と10才の一秒の感じ方は分母が違うので変わるみたいなこと
263:以下、
今俺が感じる物以外は存在していないんじゃないかと考えたりしてた。
今俺の後ろには何も無いが、振り向いた瞬間に世界が作られる。
それと同時に、今まで見えていたものは、視界から外れ、消滅する。
これと同じ考えが五感全てにあてはまる。
みたいな。
30:以下、
主人公は自分だと思ってた
68:以下、
>>30
やめろ



-
- Tweet
-
-


記事した-->



過去の人気記事ランダムPICK UP
複眼 フッター

雑学.net 新着記事
雑学のRSSを置いていたところ
-->
コメント
1 不思議な
小2の頃、『足の裏にホクロができたら死ぬ』みたいなこと聞いて足の裏見たらホクロがあった。
あ、もうすぐ死ぬんだ死にたくないなあ…ってひっそり泣いてた。
2 不思議な

続き・詳細・画像をみる


断捨離にハマりまくってる友人、誕生日に何をあげるか考えてるけど、何をあげても捨てられそう

ドブ川で猫が溺れているのを橋の上から見かけた

20代にもなってゲームで楽しめるやつwww

TVアニメ『キャプテン・アース』OP主題歌入りPV第3弾公開! 放送日時も決定!

買占めたセールのランドセルを分けてと来た女性。断ると奪いにかかったので…

君はどのベーコンがどの好き? ベーコンオールスターCM

back 削除依頼&連絡先