【スポーツメディア】総発行部数が激減のスポーツ新聞、「どれも同じでつまらない」と言われるのはプロ野球の取材現場での『合わせ』が原因back

【スポーツメディア】総発行部数が激減のスポーツ新聞、「どれも同じでつまらない」と言われるのはプロ野球の取材現場での『合わせ』が原因


続き・詳細・画像をみる

1:
「どれも同じに見える」と言われるスポーツ紙 取材現場が影響 2014.03.12 07:00
 スポーツ新聞の苦境が続いている。日本新聞協会の
調べによれば、2000年に630万7000部あった総発行部数は、
昨年には387万3000部にまで激減した。なぜ、スポーツ紙から
読者が離れたのか。最も多かったのが、この意見。
「どれも見た目が同じで区別がつかない。おまけに中身も、
どれを買っても同じでつまらない。昔はもっと個性があった」(60代男性)
 この理由は、彼らの「取材現場」にこそある。プロ野球の試合前の
バッティング練習。レギュラー選手が快音を響かせるなか、
ベンチ前には大勢の記者たちがたむろしている。
 記者たちはもちろん、取材のためにそこにいる。しかし彼らは、遠目に
練習風景を見つめるだけ。練習の順番が回ってくる選手が、次々と
グラウンドに現われるが、軽く挨拶を交わすだけで、何かを聞こうとする
雰囲気はない。むしろ、記者同士で談笑している姿のほうが目立つくらいだ。
 と、そこへ、ベンチの裏から監督が姿を現わした。
「おはようございます!」
 記者たちが挨拶し、雰囲気が変わる。
「おはよう?」
 監督は挨拶に応えながら、記者の間をゆっくりと通ってグラウンドへ出る。
しかし、記者はここでも誰も声をかけようとしない。そのまま監督は、
バッティングケージ後方に立って、練習を見つめはじめた。
 ルール上、今は話を聞いてはいけない時間なのだろうか。
そんなことはない。事実、この直後、ある初老の男性が監督に
近づいていった。監督と顔見知りのフリーのベテラン記者である。
ほどなくして、両者のやりとりが始まった。
(>>2
>>3
>>4
>>5
辺りに続く)
週刊ポスト2014年3月21日号 
http://www.news-postseven.com/archives/20140312_245296.html
≪関連記事≫
【プロ野球/チャンシ】各スポーツ紙のキャンプ記事がどこも同じなのは、人手不足で各社の野球記者同士が取材した内容を教え合ってるから
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1392680697/
-スポンサード リンク-
2:
(>>1からの続き)
 すると、どうだ。先ほどまで微動だにしなかった記者たちが急に
動きだし、一斉に近寄ってこの両者の周りを取り囲んだ。
人の輪はあっという間に大きくなる。見れば、輪の外側にいる記者は、
人の隙間にボイスレコーダーを持った手を差し入れていた。
 しばらくして監督が、ベテラン記者との会話を終えて輪を抜けた。
すると自然に、今度は場所を移して、記者たちだけが輪になった。
中心になって話をする記者の声に耳を傾け、しきりにメモを取っている。
その後3分ほど経っただろうか。
「ありがとうございます」
 記者たちは口々に礼をいい、輪が解け、再びベンチ前に戻っていった――。
監督に最初に声をかけたベテラン記者に話を聞いた。
「ああ、球場じゃいつもの光景ですよ。彼らスポーツ新聞の記者は、
誰かが声をかけるまでは動かない。そのくせ動きがあると
ゾロゾロ寄ってきて、その後でああやって“レクチャー集会”をやり、
情報を摺り合わせて記事を作る。『合わせ』といわれる作業です。
だから同じ記事ばかりになる。この前ある選手が、
“明日から3日間、翌日の新聞にどんな記事が載るか当ててあげるよ”
といって、本当に当てたことがあった。あれには笑いましたよ」
 本来、ライバル同士であるはずの記者たち。
そこに“抜きつ、抜かれつ”の取材合戦はないのだろうか。
「言いたいことはわかります。でも、ああしないと後の仕事に差し障るんです」
 そう語ったのは、ある社の記者だ。匿名を条件に打ち明けた。
「『合わせ』は必要不可欠なんです。広いグラウンドを取材していると、
取材が行なわれている場に居合わせていないこともある。その時に
助けてもらうために、お互いに協力するんです。すでに取材自体が
終わっている時は、“チャンシ、いいすか?”と他社の記者に聞く。
これは“取材の内容を教えてもらっていいですか”の意で、
チャンシは“ごっつぁんです”から来た業界用語です。
 スポーツ紙は全紙同じだという指摘があるのは知っています。
でも、そうしなきゃ今はやっていけない。色々大変なんですよ」
 そういって、記者はため息をついた。
引用元
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1394799620/
150:
>>2
> 「『合わせ』は必要不可欠なんです。広いグラウンドを取材していると、
> 取材が行なわれている場に居合わせていないこともある。その時に
> 助けてもらうために、お互いに協力するんです。
これ甘えすぎじゃないの?
ゆとりの発想じゃん
366:
>>1
>>2
こんなの取材でも何でもない
こんな体制で売れる記事出てくるはずがない
バカばっか
スポーツ紙なんてなくなってもいいよもう
もはや価値ゼロ
3:
その上記事が下品
9:
どれも同じに見えるって1社買うだけなら問題ないけどな
11:
どう考えてもスマホの普及でしょ
あと芸能欄のステマがキツイ
36:
>>11
スマホだよね
13:
数だけあって中身がない
19:
人のせい?w
発想力のなさでは?w
22:
ネットがあるのになんでわざわざスポーツ新聞買うん?
罰ゲームか何かか?
34:
明らかに理由はそれじゃないだろw
シーズン中は5、6面野球、キャンプですら4面野球
野球興味ないやつ読むとこないじゃんw
62:
飲食店でひまつぶしに読むくらいで買ってまでは読まないな
75:
じゃあ1紙だけが残れば何も問題ないな
76:
全紙が5面までは野球、その他に2面、残りがギャンブル、芸能で固定されてんだぜ
まだ387万部もあることに驚くわ
80:
>>76
土日とか競馬が一面おおいだろが
90:
見出しも内容も写真もみーんな似てるもんね
そりゃ売れないよセンスも無いんだと思う。
95:
そういえば何年か前に厩舎情報か何かをホントにコピペしてた新聞があったなw
136:
>>95
スポニチが競馬エイトのコメントをコピペしてつかってたやつな
百歩譲ってサンスポが競馬エイトのコメントをコピペするんならまだしもなぁ
これでブロードキャスターでやってたスポニチの明日の一面コーナーなくなったし
wikipedia見ながら書いてるけど覚えてるよ
113:
スポーツ新聞に限らず今はどの媒体でも減少してるだろ
121:
でも一般紙はほとんど部数減ってないんだよな。
読売なんか未だに1000万部らしいし。どこの嬢弱が読んでるんだか?
126:
>>121
押し紙とか涙ぐましい努力の賜物ですよ
読売以上に朝日が目立つけど
128:
単純に団塊世代が定年になって駅売りのスポーツ紙が売れなくなっただけでしょう
164:
>>128
駅売りだけじゃなくコンビニ売りも激減な。
131:
雑誌も減ってんじゃん
153:
デイリーくらいか
159:
飛行機の国内線でも置かなくなったはず
160:
こういう事やってるから記事が横並びになるんか
野球に限った話じゃなくて政治なんかもでもそうなんだろうな
そりゃマスコミの言うことは話半分で聞くようにせんとイカン
18

続き・詳細・画像をみる


おまいらのけしからんご主人様で癒してみろください

元カレは人の不幸が大好きだった

「ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow」第1弾、今秋作戦開始!2期後から劇場版の間の各地へと帰還したメンバーたちの活躍を描く3部作

各メーカーのヒロインオールスターな台をつくるなら

【のうりん】有機・無農薬・固定種こそ志高←間違い 10話まとめ

若者に広がる、「工業高校離れ」--このままでは、いずれ日本の工場から若者がいなくなる

back 削除依頼&連絡先