提督「青葉一緒に寝よう」 青葉「え!?」back

提督「青葉一緒に寝よう」 青葉「え!?」


続き・詳細・画像をみる

1:
提督「さぁ寝るか」
青葉「ちょちょちょっと待ってください!」
提督「なんだ?」
青葉「意味がわかりません!」
提督「簡単なことだ。一緒に寝ればいいんだ」
青葉「は!?」
提督「どうした、素っ頓狂な声をあげて。何か問題でもあるのか」
青葉「むしろ問題しかありません!」
提督「なんだ?言ってみろ」
青葉「どうして青葉が司令官と一緒に寝なきゃなんですか!」
提督「どうしてって、寝たいからに決まってるだろ」
青葉「............」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394099989
2:
提督「どうした唖然として」
青葉「......あ、いや。少し、いや何一つ言ってる意味がわかりません」
提督「それでも取材記者か?」
青葉「ここでは全く関係ありませんよっ!」
提督「とりあえずだな。青葉は俺の部屋にくればいいんだ。で一緒に寝ると。よし、行くぞ」
青葉「え!?いやぁ!ちょっ、連れていかないでください!話してっ!後生だから、たすけてくださいっ!」
提督「後生だからって、俺に頼んでどうするんだ。俺には連れて行く以外の選択しはないぞ」
青葉「鬼ですっ!変態!鬼畜!青葉に何をするつもりですかっ!」
提督「何もしないよ。ただ一緒に寝るだけ」
青葉「嘘ですっ!男の人のそういう言葉は一番信用できないんですっ!
 先っぽだけとか言って、結局は中に出してそのまま知らぬ顔して青葉を捨てるんですぅ!離して下さいっ!」
提督「いやそこまでひどくねぇよ!?そういうことはちゃんと同意を取るよ!?」
青葉「脅して無理やり同意させて、青葉に酷いことするんですぅ!
 そもそも今のこの行動が同意の元じゃないんですよ!司令官の嘘つきっ!うわーんっ!」
提督「そうこうしてる間に着いたぞ」
3:
青葉「......青葉......心ない司令官に............汚されちゃう」
提督「なんでこの世の終わりみたいな顔してるんだ。青葉が思ってるようなことは何一つないから安心しろ」
ドアを開いて青葉を中に入れた。
提督「さて寝るか」
青葉「......寝巻き...せめて寝巻きを下さい」
提督「ん?あぁそうだな。はい、これが青葉が普段使ってる寝巻きだ」
青葉「............え?」
青葉「......な、なぜ?」
提督「洗濯をしていた鳳翔さんに、青葉の寝巻きがどこにあるかを聞いて、洗濯したての物を受け取ったんだ」
青葉「......ははは...そう、ですよね。......よかったです」
提督「何でそんな怪訝そうな顔をしてるんだ?」
青葉「だって・・・自分の寝巻きが人の部屋にあるんですよ?
 勝手に部屋にはいられたのかと思って、正直引きました。
でもそうじゃなくて安心しました。そこまで司令官は落ちぶれてなかったんですね」
提督「青葉・・・・・・普段俺をどんな目で見てたんだ?......」
青葉「敬愛と羨望の目で見ていました。昨日までは」
4:
提督「どういうことだ?」
青葉「今日突然一緒に寝るとか言って、頭がおかしくなっちゃったのかと思いましたけど、ガチでした」
提督「ん?あぁたしかに大マジだが?」
青葉「なので余計に軽蔑しました。今でも少し引いてます」
提督「だいぶんストレートな物言いだな。これでも一応上司だぞ?」
青葉「青葉の貞操がかかっているので!」
提督「はぁ、とりあえず明日も早いんだがらはやく寝るぞ」
青葉「せめて着替えさせてくださいっ!」
提督「どこでだ?」
青葉「え...そりゃぁ廊下とかで」
提督「この部屋から出ることは許さん」
青葉「まさかここで着替えるんですか?まさしく嫌ですよ」
提督「なにもそうとは言ってない。トイレとか色々場所はあるだろう」
青葉「そう...ですね。わかりました」
青葉は着替えに行った
提督「あいつ着替えと見せかけて逃げようとしたな。だがそうはいかん」
提督「俺は青葉と寝るんだ。何があっても」
青葉「......着替えて......きました」
提督「よし、寝よう」
5:
青葉「うぅ...はい」
提督「ほらもっとこっちよって」
青葉「なんでそんなに寄らないといけないんですか」
提督「寒いじゃん」
青葉「私は別にいいです」
提督「じゃぁ、俺が寄るわ」
青葉「ちょっ!こっちこないで下さいよっ。ってきゃぁ!?」
提督「どうした?」
青葉「だき、だき、だだだ...」
提督「...青葉?」
青葉「......っなぁんでっ!抱きついてるんですかぁっ!」
提督「え?ダメなの!?」
青葉「もう嫌ですぅ......青葉の貞操が.......青葉初めてなのに・・・」
提督「だからなにもしないって」
青葉「うっ...ひぅっ......」
提督「...青葉?」
青葉「.....えぐっ..ひっ.....ぐすっ」
提督「.........」
6:
提督「あー......その、ごめんな」
提督「まさか泣き出すとは思わなくて」
青葉「...うっ......はな.....じで」
提督「お、おう」
青葉「......ぐずっ」
提督「(べーわ。マジベーわ。こんなことになるとはおもいもよらなかったぜ)」
7:
提督「(だが俺は青葉と寝たい・・・。さぁ、どうする)」
提督「青葉...俺は本当に青葉を傷つけるつもりはなかったんだ。」
提督「ただ、青葉を抱きしめて寝たかっただけで」
提督「それ以外の他意はないんだ」
青葉「.........なんで......青葉なんですか?」
青葉「他の子じゃ......ダメだったんですか?」
提督「いや、その。青葉を一回ぎゅってして寝たら気持ちいいだろうな、と...思ってな」
青葉「変態。最低です」
提督「あーははは...はぁ」
青葉「でも、本当にそれ以外しないし変な気はないんですね?」
提督「あぁ抱いて寝るだけだからな」
青葉「そこまで言うなら、青葉...我慢します」
提督「いいのか?」
青葉「さっきは色々あって泣いちゃいましたけど、もう大丈夫です」
提督「よっしゃ!これで青葉と寝れる」
青葉「きつくしないでくださいね?」
提督「これぐらいか?」
青葉「ん.........それぐらいです」
提督「よし、寝るぞ」
青葉「はい」
ーーーーーーーーーーー
9:
青葉「んぅ...司令官、おはやうございます」
提督「おう...おはよう」
青葉「本当に抱きつくだけだったんですね」
提督「最初から言ってただろう。抱いて寝るだけだって」
青葉「司令官.....言い方に語弊がありますよ」
提督「ん?なんでだ」
青葉「抱くってのはその...エ、エッチな事をするっていう意味で、
 それに男女間で寝るっていうのは、そういう意味にも捉えられるので...」
提督「oh......」
青葉「だから昨日の司令官は私に...ずっとエッチな事を要求してるものだと思って...」
提督「んー...青葉はなんていうか耳年増だな。いやそういう単語に強いだけか」
青葉「そっ、そそそ、そんなことありませんよっ」///
青葉「司令官がなんの考えも無しにそんなこと言うからです!普通は考えたらわかります!」
提督「確かに、俺が悪かったな。すまんな青葉」
そういって俺は青葉の頭を撫でた。
青葉「え!あ、あぅ」///
提督「撫でられるのはいやか?」
10:
青葉「い、嫌じゃ...ないですぅ」///
青葉「(この突然の行動は反則ですっ!)」
提督「...そろそろ...起きなきゃだな」
青葉「そ、そう......ですね......」///
俺たちは起き上がり、青葉は昨日の服しかないため、部屋に戻ることになった。
ーーーーーーーーーーー
14:
提督「いやー、今日もつかれたな」
青葉「あ、司令官。お疲れ様です」
提督「おう、青葉もお疲れ様」
青葉「では、また明日」
提督「...あー、青葉?」
青葉「はい、なんですか?」
提督「昨日の今日だし無理なら無理って言ってくれていいんだが...」
青葉「まさかとは思いますが...」
提督「...そのまさかだ」
16:
青葉「......えー、少し考えさせてくれますか?毎日一緒にってのもアレなんで」
提督「別に毎日なんて」
青葉「このままずるずる行ったら、司令官は毎日でも私を誘いますよね?」
提督「いや、そんなこと......あるかもな」
青葉「ほら」
提督「でも青葉に迷惑だから、流石に毎日なんて言わないぞ」
青葉「でも、そうなってしまうかもしれないので考えてるんです。私がここで安易に了承していいのか」
17:
提督「ちょっと待ってくれ。考えるってことは、一緒に寝てもいいって思ってるってことだよな?」
青葉「寝るとか言わないで下さい!なんの為に今まで伏せて会話してたんですか!」///
提督「いや、青葉も声大きいから」
漣「ん?どうしたんですか、ご主人様?」
提督「い、いや。重巡洋艦があまり恵まれてないから、改善をっていう話しをだな」
青葉「そ、そうなんです!自分でいうのもなんですが、重巡洋艦は不遇なので、もう少しどうにかならないか、司令官と検討してたんです!」
19:
漣「そうだったんですか......漣はあまり入れない話しですね。なので先に部屋に帰ってますね」
提督「おう!また明日な」
青葉「また明日ー」
漣「明日ー」
提督「.........」
青葉「.........」
提督「行ったな」
青葉「そうですね。とっさの起点とは言え、重巡洋艦が恵まれてないとか、不遇だとか、よく言えましたね」
提督「いや、不遇は自分で言ってただろ」
青葉「そんなに怒って欲しいんですか?」
提督「......すいません」
20:
青葉「はぁ、青葉。行く気なくなってきちゃったなぁ」
提督「そこをたのむ!マジでたのむ!お願いします!!」
青葉「まぁ、何にせよ考えさせてください」
提督「あぁ...無理強いしてすまない」
青葉「いえ、それでは」
提督「あぁ」
ーーーーーーーーーーー
21:
青葉「お、お邪魔します」
提督「青葉っ!お前なら来てくれると思った!」
青葉「誤解しないでくださいっ!冬場は寒いので、一緒に寝たらあったかいからきたんです!」///
提督「何はともあれ、寝よう!」
青葉「そ、そんなに急かさないでください。ただでさえ男女が一緒に寝るなんて、おかしいんですよ?」
提督「でも、青葉は一緒に寝てくれるんだろう?」
22:
青葉「だから、そのっ...寝るっていう表現......やめてください」///
提督「じゃぁ・・・どうしたらいい?」
青葉「そ、添い寝......する......とか」
提督「じゃぁ、添い寝だな」
青葉「そ、そうです。青葉は添い寝しにきたんです。そこを忘れないでください」
提督「まだ疑ってんのか。だから何もしないって」
青葉「それはそれでおかしいというか、何というか。...青葉に魅力がないみたいに聞こえます」
提督「ん?十分青葉は魅力的だぞ?可愛いし、気遣いができて、そのうえ優しい」
23:
青葉「な、ななな何言ってるんですか!?あ、あ、青葉はそんなかっかわ、可愛くなんか」///
提督「お前、動揺しすぎな」
青葉「そんなこと思っててなぜ、何もしてこないのですか!?」
提督「お前はさっきから俺に、何かされたいのか?」
青葉「何かするって、やっぱりエッチなことをするつもりなんですね!?あれだけしないって約束したのに!これだから男ってやつはっ!」
提督「おちつけ、何もしないからおちつけ」
24:
青葉「こっ、こっ、こないでください!来ないでぇ!いやぁっ!犯される!初めては決まった人とって青葉は」
提督は青葉を抱き寄せた。
提督「はい、青葉少し落ち着こうか」
青葉「っ!?..................はい...落ち着きました」
提督「はぁ、とりあえず寝るぞ?あ、添い寝か」
青葉「わ、わかりました。取り乱してすいません」///
提督「よし、寝るぞ」
青葉「ど、どんとこいです!」
提督「なんだそれ」
青葉「青葉なりの、決意表明です!」
25:
提督「まぁいいや。青葉あったかいし、いい匂いだし、柔らかいし」
青葉「な、なんかセクハラまがいの、いやもうこれは歴としたセクハラです」
提督「ま、まじか。怒るなよ?」
青葉「......別に、仕方がないので怒りませんよ。口に出して言うのはどうかと思いますが」
提督「まぁこれだけ密着してれば、なぁ」
青葉「それに......私もあったかいですし......」
提督「ん、なんだって?」
青葉「何でもないです」
提督「じゃぁ、もう眠るぞ」
青葉「わかりました。おやすみなさい司令官」
提督「おやすみ、青葉」
ーーーーーーーーーーー
26:
次の日の夜。
提督「青葉......その...」
青葉「ま、またですか。もう、しょうがないですね。こうやって依存は始まっていくんですよ?」
提督「いや、別に青葉依存にならなってもいいかなって」
青葉「は、恥ずかしいセリフ禁止ですっ!」///
提督「ってか、ありなの?なしなの?」
青葉「......また行きますんで、布団敷いておいてください」
提督「青葉もノリ気じゃん」
青葉「あ、温かいのが悪いんですっ!温かいから悪いんですっ!」
27:
提督「夏はどうしようかな」
青葉「えー、暑いからヤです」
青葉「ってこれから先ずっと一緒に添い寝するつもりですか!?」
提督「え、ダメか?」
青葉「さも当然の様に言わないでくださいっ!」///
提督「青葉に、俺専用の抱き枕になってほしいわ」
青葉「うわっ!きもっ!!もうこれから二度と提督の部屋には行きません!」
28:
提督「冗談だよ............冗談だからな?」
青葉「わかりました、わかりました。そんなに泣きそうになるくらいなら、何で言ったんですか」
提督「・・・・・・」
青葉「いや、まさか・・・」
提督「じょ、冗談だからな!」
青葉「......抱き枕は、嫌ですよ」
提督「わかってるよ...」
青葉「せめて......人間として......扱って欲しかったなぁって、青葉は」
提督「え、なんて?」
青葉「幻聴ですか?耳鼻科に行くのをオススメします」
29:
提督「おう、さりげに酷いな」
青葉「お互い様です」
提督「俺、今何かしたか?」
青葉「いっつも、青葉は、司令官に悩まされてます」
提督「俺、なんか色々してんのな」
青葉「気づけないのがそもそもおかしいです」
提督「まぁたしかに...こんな無理を聞いてもらってるんだもんな」
青葉「そこじゃ......ないんですけどね」
提督「やっぱ青葉がなにいってるか、たまに聞こえないわ」
青葉「(そりゃぁ、聞こえないように言ってますから)」
青葉「耳鼻科に行きますか?」
提督「......そうしようかな」
30:
一応ここで話は終わっているつもりです
青葉可愛いなって思っていたら、いつの間にかできていた産物なので、駄文やその他誤字脱字には目をつぶっていただけたら...と
31:

もうネタ要員として見れない
32:

青葉の髪に顔埋めて思いっきり深呼吸したい
33:
>>32より
夜、ベットにて。
提督「青葉、背を向けて」
青葉「え、なんで...」
提督「モフるから」
青葉「......はい?」
提督「とりあえず、背を向ければいいんだよ」
青葉「えっ、正直怖いんですが。さっき聞き慣れない、意味不明なこと言ってましたよね?なんですか、それ」
提督「髪をモフる。もとい青葉の髪に顔を埋めて、匂いを嗅ぎたいんだ」
青葉「えっ、いや、さっきより意味がわからないんですが」
34:
提督「大丈夫。そのうちわかるよ」
青葉「分かりたくないですっ!」
提督「まぁそれは置いといて、後ろ向こうか?」
青葉「向くと思ってたんですか?」
提督「?」
青葉「な、なんですか。その、『え、向かないの?』みたいな顔は。さも当然のように、背を向けるわけないじゃないですかっ!」
提督「困ったなぁ」
青葉「こっちのセリフです」
提督「仕方ない。今日は諦めてやる」
青葉「明日になっても、諦めたままでいてください」
ーーーーーーーーーーー
37:
朝。
提督「早起きは三文の徳と言うが、青葉の寝顔はプライスレスだ。............なんだか一人でこんなこと言ってると、寂しくなるな。」
提督「だがそんな余裕はない。なぜなら現在、私の目の前には、無防備に寝ている青葉がいます。今やらずして、何時モフるっ!」
青葉「............し..れぃか..ぁん...ふぁ」
提督「今だっ!」
青葉「ひゃっ!!?...えっ...な、なに?」
提督「スー......ハァー......」
青葉「ふぁっ!なんか首に!?え?司令官!?」
提督「これだ......この女性特有の.....フローラルで...穏やかで...なんというか、救われるような気分だ」
青葉「諦めてなかったのっ!?そ、それよりはなしてくださいっ!や、やだっ!やぁっ」///
38:
提督「青葉、あまり暴れると匂いが嗅げないじゃないか!」
青葉「意味わかんないですよ、もうっ!誰か助けてください!誰かっ!」
提督「ぐぇっ!」
青葉「あっ」
青葉「あれ?.........き、気絶させちゃった?」
41:
青葉「ス、スクープ撮る側が記事になるなんて...シャレになりませんよ!起きてください!司令官!司令官!」
ーーーーーーーーーー
青葉「一時はどうなる事かと思いました。目が覚めて良かったです」
提督「あぁ、全くだ。青葉の肘が顎に当たって、脳震盪起こすなんてどんな奇跡だよ」
青葉「ま、まぁ何も問題がなくてなによりです」
提督「さて、今日も一緒に寝るか」
青葉「...全く懲りませんね」
提督「むしろなにに懲りればいいんだ?」
青葉「.........」
提督「...冗談だ」
青葉「もう、今日は一緒に寝てあげません」
提督「それは困る!すごく困る!」
青葉「......なにに困るっていうんですか」
提督「いや、ここ最近ずっと青葉と寝ててな」
青葉「はい」
提督「そばに人がいないと眠れなくなったっていうか」
青葉「......」
提督「...正確には、何かを抱いて寝ないと眠れなくなったというか」
青葉「............はぁ」
42:
青葉「...わかりましたから......寝る時になったら、また呼んでください」
提督「え?...」
青葉「あ、青葉がいないと寝れないなら、いつも道理一緒に寝てあげるってことです!......」///
提督「お、おぉぉ」
青葉「別に、満更でもないですし...」///
提督「そ、そうだったのか!?」
青葉「何で聞こえてるんですかっ!?」
提督「い、いや。このまえ耳鼻科いったじゃん」
青葉「!?」
提督「なんか耳に小豆が入ってたらしくてさ。確かに俺も聞こえにくいとは思ってたから、ちょうどよくて」
青葉「......」
提督「確かに小さい声だったけど、別に聞こえないほどじゃなかったっていうか」
青葉「(い、今までずっと鈍感な難聴系主人公の様に思っていたのに......全部小豆のせいだったんですか)」
44:
青葉「(これからは気をつけないと)」
提督「青葉、おーい...大丈夫か?」
青葉「は、はい」
提督「なんかさっきから反応がないから、そんなに聞いて欲しくなかった言葉なのかと、一瞬考えたぞ」
青葉「(一瞬かよ...耳が良くなっただけで、別に鈍感なのはかわんないんですか!)」
青葉「はぁ...」
提督「?」
青葉「青葉。なんだかもう、疲れました」
提督「そ、そうか?」
青葉「もう、寝ませんか?」
提督「青葉がそう言うなら」
提督「よし、寝るか」
46:
割とここら辺でまた、終わるつもりです
安価でもないのに32から、かってにアイデアを貰って(あげたつもりかどうかもわかりませんが)書き始めて良かったものか悩みました。が、書きました
思った以上に色々な人が見ていて驚きです
ありがとうございます
4

続き・詳細・画像をみる


9歳年上の女性と付き合ってたけど、ネットで35過ぎたら羊水腐るとか読んで、彼女が疎ましくなってきた

【閲覧注意】森三中大島の夫、鈴木おさむ氏の背中のタトゥーがヤバイ・・・・・ (画像あり)

【動画】お父さん頑張り過ぎ!可愛い我が子のために作ったコスプレ衣装が桁違いのクオリティだった!

Engadget 週刊 RoundUp: 2014/3/6〜3/12

アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-のアプリキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

【画像】お魚釣ったときみたいにびろーんと身体を広げて持ってうPしてほしい

back 削除依頼&連絡先