【ワロタww】橋下氏が朝鮮高校ラグビー部を訪問し頑張れと激励しその日に補助金停止 → 映画化back

【ワロタww】橋下氏が朝鮮高校ラグビー部を訪問し頑張れと激励しその日に補助金停止 → 映画化


続き・詳細・画像をみる


★苦難耐える大阪朝高ラグビー部と日本人の支援 映画で描く〈AERA〉
dot. 3月9日(日)7時17分配信
「ノーサイド」は、ラグビーで「試合終了」を意味する言葉だ。同時に、試合が終われば、敵味方なく国籍や 民族を超えて互いに仲間として称え合うという、ラグビーの基本精神を象徴する言葉でもある。 この「ノーサイド精神」について考えさせるドキュメンタリー映画が作られた。
映画「60万回のトライ」だ。韓国人女性監督の朴思柔(パクサユ)が大阪朝鮮高級学校(大阪朝高、東大阪市) ラグビー部を3年間密着取材したもので、在日朝鮮人3世の朴敦史(パクトンサ)が共同監督を務める。
大阪朝高は創立62年、近畿一円から350人が通う民族学校の名門校だ。ラグビー部は花園ラグビー場で開かれる全国高校ラグビー大会常連の強豪であり、日本代表選手も生んできた07年からチームを導く呉英吉(オヨンギル) 監督(46)は人間性重視の指導で知られる。
10年正月の「花園」で、大阪朝高が初のベスト4入りしたところから、映画は始まる。 生徒たちは、普段はふざけるのが好きな、今どきの高校生だ。一方、民族のルーツと向きあいながら、親たちの愛情をいっぱい受け、同胞の期待を背負い、グラウンドを駆ける。呉監督は完成作を見て、驚いた。
「子どもたちの表情がラグビーを通じてどんどん成長していくのが感じとれた。最後にはいい顔しているなぁと。花園が地元ということもあって、僕には大阪の代表という意識が強い。北朝鮮の学校でも韓国の学校でもなく、日本で生まれた在日の民族学校だという気持ちです」
映画は、10代の彼らに過酷な状況が次々と降りかかる様子も映し出す。10年春、外国人学校も対象である高校無償化では、朝鮮学校だけ適用から除外された。保護者の経済的負担は重く、ラグビー部員も無償化を求める署名集めに街頭に立った。
自身もラグビー部出身の橋下徹大阪府知事(当時)が大阪朝高ラグビー部を訪問し、「大阪代表になってがんばれ」と激励するシーンも出てくる。が、まさにその当日、知事は朝鮮学校への補助金支給の停止を表明した。
>>2へ続く
※AERA  2014年3月10日号より抜粋
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140309-00000002-sasahi-asent
2
>>1より
こうした苦難のなかでも、強さを保つ秘訣は何か。呉監督は生徒たちに「スポーツは社会を変える」と説き、 同部の歴史を語り聞かせる。公式試合に出場すらできなかった時代の苦労や悔しさとともに、日本の仲間たちに よるサポートにも触れる。
「がんばっている朝高が公式戦に出られないのはおかしい、と日本の高校の先生方や市民が署名運動をしてくれた。 彼らもスポーツを通じて日本社会を変えてきた。僕らも閉ざしてはいけない。試合に勝つだけが目的ではなく、 全国の高校と対戦して、もっと交流をもつことが必要だ」
3
映画化する金があるなら、補助金いらんだろ
4
スポーツを頑張ることと税金を投入することは別問題じゃんw
11
日本の学校とは違う道を行くんでしょ
6
橋下はラグビー部だったからね…
文楽部だったら…
7
( ;∀;) イイハシモトダナー
12
橋下氏が朝鮮高校ラグビー部を訪問し
頑張れと激励しその日に
補助金停止 → 地上の楽園へ帰国
こうしろよ
13
感動したww
14
感動的だなーwww
橋下GJw
15
橋下は曲がりなりにも一般人気が有るんだから、支持しようと
寄ってくる団体をもっと選別すりゃ良いのに
21
やるな、鬼www
22
映画化する金で支援すればいいだろw
23
今まで受け取ってた補助金返納しろよ
24
学校への補助金を打ち切って
こっそり生徒に補助金を支給という技がある
この技は双方から文句が出ないというスグレものだ
26
竹島共同管理とかぬかしてたよなコイツ
27
無慈悲な橋本w
28
上げてから落とすとか、橋本芸人でも目指してんのかwww
29
>>28
芸人じゃん
30

続き・詳細・画像をみる


【衝撃】自称イケメンエリート中学生が女子をリンチしてる画像をTwitterにアップ!「僕を見習って学校内でのイジメが活性化してくれたら嬉しい」とツイート。

STAP細胞の小保方氏、限りなく黒くなる

新バットモービルに新バットスーツ! Arkhamシリーズ最新作デビュートレイラー

セブンイレブン店員の粋な心遣い?

「緑」と聞いて思いつくキャラ

最近のファミマがもはやアニメイト化してるんだがwwww

back 削除依頼&連絡先