DIO「3部アニメ化だし鍋パーティするぞ」back

DIO「3部アニメ化だし鍋パーティするぞ」


続き・詳細・画像をみる


空条邸
承太郎「暇だな」
花京院「じゃあASBで対戦しないか?」
ポルナレフ「いいぜ」
承太郎「おれはゲームなんてやらん」
花京院「・・・・・・そうか、残念だな」
ポルナレフ「それよりなんか腹減ったんだけど」
承太郎「まだ4時だろ」
花京院「他人の家に来て食事を催促するなんて恥を知れよ」
ポルナレフ「日本食はダイエットにいいらしいが、味がしないとか聞いたな。おれのは濃い目の味付けでたのむぜ」
承太郎「おれに言われてもな」
ポルナレフ「あとせっかくだし魚料理にしてくれ。ジャパニーズ魚料理!」
承太郎「やれやれ。てめーが言うからおれまで腹減ってきたぜ」
花京院「・・・・・・おにぎりでも作ろうか? 台所を貸してもらえるならの話しだが」
2: 以下、
ポルナレフ「お! 気がきくじゃあねえか、花京院」
承太郎「好きにしな」
花京院「じゃあちょっと作ってくるよ」ヨイショ
ポルナレフ「たのむぜーっ」
タタタタタ・・・
ポルナレフ「本場のライスボールってやつは初めてだから楽しみだなァ?!」
承太郎「ただのおにぎりにそこまで期待するのも珍しいな」
ピィンポォーン
承太郎「!」
ポルナレフ「ジョースターさんたちやっと到着か?」
承太郎「ずいぶん早いな」
ポルナレフ「道が空いてたんだろ」
承太郎「見てくる」ヨイショ
3: 以下、
スパァンッ
ビリリッ(襖破壊音)
承太郎・ポルナレフ「!?」
???「久しぶりだな、承太郎!」
ポルナレフ「て、てめーは・・・」
承太郎「・・・・・・DIOッ!!!」
DIO「出迎えが遅いから勝手に上がらせてもらったぞ」
ババァーーーーンッ
ポルナレフ「なに勝手に入って来てんだ! 帰れ帰れ!」
DIO「ンッンー! そんな冷たいことを言うなよポルナレフ」
DIO「おまえたちが3部アニメ化パーティをするというから、わざわざエジプトから駆けつけたんだぞ」
ポルナレフ「お呼びじゃあねえんだよ!」
DIO「手土産も用意してある」
承太郎「まずそのふざけた靴を脱げ。話はそれからだ」
4: 以下、
DIO「さすが承太郎、話が通じるなァ。我がボディの玄孫だけある」ヌギヌギ
ポルナレフ(・・・素直に靴脱いでる)
DIO「これでいいかな?」
承太郎「ああ」
承太郎「それじゃ、手土産とやらを見せてもらおうか」
DIO「フフフ、まあそう急かすな」
承太郎「・・・・・・」
DIO「ときに承太郎、アヌビス神を覚えているか?」
承太郎「・・・・・・刀に宿ったスタンドのことか?」
ポルナレフ「あー、いたな。こっちの攻撃を記憶するヤツな」
DIO「アヌビス神は私自らが博物館に赴いて手に入れた刺客だ。妖刀・・・・・・というのかな、アジアでは。」
DIO「物に思いを残した者のスタンドだ。・・・珍しいだろう?」
承太郎「それがどうした」
DIO「・・・・・・じつはわたしが博物館から持ち出したのは、それだけではないのだ」
5: 以下、
DIO「私の手土産は・・・・・・コレだッ!!!!」バッ
承太郎・ポルナレフ「!」
ババァーーーーンッ
承太郎「・・・・・・」
ポルナレフ「・・・・・・?」
DIO「どうだ?」ニヤリ
承太郎「・・・土鍋だな」
ポルナレフ「・・・フツーの鍋じゃあねーか」
DIO「そう、どこにでもありそうなフツーの鍋だ」
DIO「だがな・・・・・・」
DIO「アイスッ!」ユビパチンッ
ヴァニラ「はい! DIOさま!」シュタッ
承太郎「!?」
ポルナレフ(突然現れやがった!!)
6: 以下、
DIO「鍋に水を入れろ」
ヴァニラ「仰せのままに・・・」ドバドバ
ポルナレフ(い、一体なにが始まるんだァ??)
DIO「いいか、鍋の中をよく見ていろよ・・・」
・・・・・・
プク・・・
プクプク・・・
ブクブクブク・・・
グツグツグツグツグツ・・・
ポルナレフ「な・・・ッ! ・・・水が熱湯に?!」
ポルナレフ「コンロもないのに、勝手に沸騰してやがる!!」
承太郎「これは・・・」
DIO「気に入ってもらえたかな?」
承太郎「てめー、一体・・・」
DIO「フフフ、さァ」
DIO「3部アニメ化だし鍋パーティするぞ!」ババァーーーーンッ
8: 以下、
ポルナレフ「こんな気色悪い鍋で鍋パーティなんてできるかよッ!」
承太郎「だが、コンロなしで鍋ができるなんてたまげたぜ。便利なスタンドもあったもんだ」
DIO「悪いがポルナレフ、もう客は招待済みだ。今更後には引けん。これ使って鍋パーするのは決定事項だ」
ポルナレフ「知るかよッ!」
承太郎「ちょっと待て、客を呼んだってどういうことだ?」
DIO「文字どおりの意味だ」
DIO「まぁ、LINEやTwitterで一通り声をかけておいたから安心しろよ」
ポルナレフ「よくもまぁ、勝手に人ん家に呼べるな。その神経を疑うぜ」
DIO「ちなみに>>9->>12は来ることが確定してるからな、準備しておけよ」
※1?7部敵キャラ勢で
9: 以下、
Dio
10: 以下、
ディオ(一部の青年Ver.)
11: 以下、
ラバーソール
12: 以下、
ホルホース
14: 以下、
承太郎「>>9-12だと? 4人も来るのか」
ピィンポォーン・・・
ポルナレフ「あー、嫌な予感がするぜ」
ドカドカドカドカ・・・ッ
ディエゴ(Dio)「お邪魔するぜ」
ディオ(青年)「アジアの家屋は天井が低いな」
ラバーソール「よォ、承太郎センパイお久しぶりー」
ホルホース「DIO様に呼ばれたんで来てやったぜ」
承太郎「おれの知らないヤツもいるんだが」
DIO「気にするな、それはみんな私だ」
ポルナレフ「意味わかんないけど深くは突っ込まないぜー。面倒くさいからな」
承太郎「おい、てめーらも靴脱げよ」
15: 以下、
ディエゴ「おい承太郎、これ手土産だ」ガサガサ
承太郎「・・・野菜か」
ディオ(青年)「さっきDIOにLINEで頼まれてな・・・。あ、キノコも入ってるからな。よく見ろよ」
ポルナレフ「肉は?」
ラバーソール「え? そっちで用意してんじゃあねえの?」
ホルホース「あいにく野菜しか頼まれてねえんでね」
ポルナレフ「肉ナシ鍋とかヘルシーすぎだろ、女子か」
DIO「ジョセフに買ってこさせればいいだろう」
ポルナレフ「ジョースターさんたちは着くの何時かわかんねーんだよ」
承太郎「仕方ねぇ。>>16に買って来させるか」LINEポチポチ
※承太郎の顔見知り誰か
16: 以下、
仗助
17: 以下、
  仗助
    承太郎
  既読「そもそも見てない」
仗助
『いやマジかっこよかったッスよォ?』
仗助
『エメラルドスプラッシュゥゥッ』
    承太郎
   既読「そうか」
    承太郎
   既読「寝る」
仗助
『あ、はい』
  【3/9(日)】
    承太郎
   「おい暇だろ」
    承太郎
   「肉買ってこい」
18: 以下、
ピコン
19: 以下、
  仗助
仗助
『いやマジかっこよかったッスよォ?』
仗助
『エメラルドスプラッシュゥゥッ』
    承太郎
   既読「そうか」
    承太郎
   既読「寝る」
仗助
『あ、はい』
  【3/9(日)】
    承太郎
   既読「おい暇だろ」
    承太郎
   既読「肉買ってこい」
仗助
『なんすかいきなり(笑)』
20: 以下、
  仗助
仗助
『エメラルドスプラッシュゥゥッ』
    承太郎
   既読「そうか」
    承太郎
   既読「寝る」
仗助
『あ、はい』
  【3/9(日)】
    承太郎
   既読「おい暇だろ」
    承太郎
   既読「肉買ってこい」
仗助
『なんすかいきなり(笑)』
    承太郎
   「いいから早くしろ」
21: 以下、
ピコン
22: 以下、
  仗助
    承太郎
   既読「そうか」
    承太郎
   既読「寝る」
仗助
『あ、はい』
  【3/9(日)】
    承太郎
   既読「おい暇だろ」
    承太郎
   既読「肉買ってこい」
仗助
『なんすかいきなり(笑)』
    承太郎
   既読「いいから早くしろ」
仗助
『あ、はい』
23: 以下、
承太郎「肉は確保したぜ」
ポルナレフ「よっしゃ!」
ホルホース「酒は?」
DIO「アイスが今車につんだ酒を持ってくるはずだ」
ディオ(青年)「そいつに肉を買って来させればよかったんじゃあないか?」
DIO「あんな格好で買い物させるわけにはいかんだろう」
ホルホース・ラバーソール(DIOでも『あの格好』はやばいってわかるのか)
「うわッ! なんで襖がズタズタになってるんだ!?」
ポルナレフ「あ、戻ってきた」
承太郎(すっかり忘れてたぜ)
24: 以下、
ホルホース「よう! 元気そうだな」
花京院「は、吐き気を催す邪悪が三体も・・・ッ!」ドドド
ディエゴ「ん? ちょっと待て、オレをこいつらと一緒にするな」
DIO「久しぶりだな・・・・・・花京院」
ディオ(青年)「話には聞いてるぜ」ニヤニヤ
ポルナレフ「待ってたぜ花京院ッ! おにぎりくれよ」
花京院「承太郎、この状況は一体?」
承太郎「かくかくしかじかだぜ」
花京院「なるほど、仲間外れが寂しくて来たというのか。いい歳して気色悪い」
DIO「・・・・・・」ドドドドドド
ディエゴ「おい、あんまり言ってやるなよ」
ラバーソール「おにぎりってなんだァ?」
ポルナレフ「ライスボールだぜ。日本人の主食だ」
承太郎「ちょうどいい。鍋に合うぜこれは」
25: 以下、
花京院「エッ? もう始めるのか? ジョースターさんたちを待った方がいいんじゃあないかな」
ディオ(青年)「ジョセフたちが来るのがいつになるかわからんらしいぜ」
ポルナレフ「先にやっててもジョースターさんたちなら怒ったりしないだろ」
承太郎(そうか?拗ねそうだが)
承太郎「とりあえず仗助が来るまでは待つつもりだぜ」
花京院「仗助来るのか」
承太郎「肉買わせてるんだ」
花京院「完全にパシりじゃあないか」
ポルナレフ「じゃ、それ待つ間はおめーの用意したおにぎりでも食ってるかな」
花京院「! ああ・・・」
ディエゴ「白いな・・・海苔とかつけたりするんじゃあなかったか」
花京院「詳しいな。海苔のおいてある場所がわからなくてね。シンプルに白米と塩だけにしたんだ」
承太郎「形が三角と球と二種類あるようだが、何か違うのか?」
26: 以下、
花京院「それは、握り方がちがうんだ」
承太郎「握り方?」
花京院「そうだな・・・・・・名付けるなら『えるたそ方式』と『キタキタ方式』かな」
ホルホース「なんだァそれは」
ポルナレフ「変な名前だな」
花京院「ちなみにこの球状のが花京院風キタキタ方式握りだ」
承太郎「ひとつしかないが・・・」
花京院「承太郎とぼくはフツーの三角形のを食べようと思ってね」
花京院「せっかく日本に来たから、ポルナレフには二種類の握り方で楽しんで貰おうと思ったんだよ」
ポルナレフ「花京院」ジィーン・・・
ポルナレフ「おまえおれに対しては何故か陰険なクソ野郎だと思ってたけど、やっぱいいヤツだなァ!」
花京院「アハハハ、それほどでも」
27: 以下、
キタキタって要するにワキで握ったやつじゃねえか
29: 以下、
ホルホース「味があんましねェな」
花京院「塩だけですからね」
ラバーソール(こんなもんか)
花京院「あ、漬物と一緒に食べるとまた美味しいですよ」
DIO「ピクルスか」パリパリ
ディオ(青年)「こりゃいい」パリパリ
ディエゴ「うまいな」パリパリ
ポルナレフ「薄味だし体によさそうだぜ」モグモグ
承太郎(・・・・・・体に良いの基準がわからんな)
ポルナレフ(握り方が違うだけで、味は変わらないんだなー)
30: 以下、
数十分後
花京院「エメラルド・・・スプラーーーッシュ!」
バッコォォォォォンッ ディ・モールトォ
DIO「フフフ、鈍い鈍い」ズギュンズギュン
花京院「アッ! 吸血はやめてくれよ」
ポルナレフ「そろそろおれにもやらせろって」
ホルホース「肉はまだかよ」グビグビ
ラバーソール「その仗助ってのは近くに住んでるヤツなのか?」
承太郎「ああ」グビーッ
ディオ(青年)「どこかで道草くってるんじゃあないだろうな」
ディエゴ「多目に買ってきてくれるといいんだが・・・・・・あれ? もうビールないのか?」
承太郎「おれので最後だぜ」
ディエゴ「何ィ!」
ディオ(青年)「貴様ら、鍋の前に飲んでしまっては意味ないじゃあないか!!」
31: 以下、
ディオ(青年)「仕方ない、ディエゴ買ってこいよ」
ディエゴ「は? なんでオレが」
ディオ(青年)「馬があるだろ。ひとっ走り行ってこい」
ディエゴ「飲酒運転になるだろうが」キッパリ
ディオ(青年)「真面目か?」
承太郎「・・・・・・やれやれ。じゃあおれが行ってくるぜ」ヨイショ
ディエゴ「さすがイケメン」
ディオ(青年)「イケメンはやることもイケメンだな」
ラバーソール「え? ハンサム?」
承太郎「ムカつくぜ」
ポルナレフ「どこ行くんだ? 承太郎」
承太郎「近くのコンビニ」
ポルナレフ「あ、じゃあついでにタバコよろしく」
承太郎「やれやれだぜ」
32: 以下、
ヌシヌシ
承太郎「!」
仗助「アッ! 承太郎さん」
承太郎「来てたのか」
仗助「すいまセン、インターフォン壊れてたみたいで玄関まで来ちゃいました」
承太郎(・・・・・・あいつらの仕業だな)
億泰「どォ?も! 頼まれてた肉お届けにきたぜー!」ガサガサ
承太郎「助かったぜ。これがないと鍋が始まらねえからな」
仗助「鍋やるんですか?」
承太郎「ああ、身内でな。何故かDIOとかが来てるが・・・・・・」
億泰「へーいいっスね! オレらも飯食ってないからなァ、そんな話聞くと腹減ってこねぇか? 仗助よォ?」
仗助「そォ?だなァ?・・・なんだかオレも腹減ってきたか・も」
承太郎「・・・そうだ」
仗助・億泰「!」
仗助・億泰(きたきたーーーっ)ニンマリ
33: 以下、
ヌシヌシ
ポルナレフ「アレッ!? 帰ってくるの早くねぇか?」
ディエゴ「しかも手ぶらじゃないか」
承太郎「ああ」
ディオ(青年)「酒はどうした?」
承太郎「仗助たちが来てたから頼んだ」
ポルナレフ「うそだろ承太郎」
ラバーソール「さすがにひでぇな」
トボトボ・・・
仗助「くっそォ??! おかしいだろ!」
億泰「あの流れはどう考えてもオレらを誘う流れだったのによォ?・・・」
仗助「まったくだぜェ?!」
億泰「・・・ホントに腹減ってきたぜ」グゥーッ
34: 以下、
花京院「肉届いたって?」
DIO「じゃあさっそく始めようじゃあないか・・・・・・ン? 酒がないが・・・」
承太郎「ワインならまだ残ってるぜ」
DIO「いただこう」
ポルナレフ「オレもワインにするかな、花京院は?」
花京院「ぼくは麦茶で充分だよ」
ホルホース「なんだァ? 下戸か?」
花京院「あまりお酒は好きじゃあないんだ」
ラバーソール「チェリーサワー余ってっけど?」
花京院「いただこう!」ズァッ
承太郎「・・・・・・」
ディオ(青年)「鍋奉行はこのディオだァーーーーーッ!!!!」ササササッ
ディエゴ「キノコも入れてくれキノコも」
35: 以下、
花京院「ポルナレフ! それはぼくの狙ってた肉だ」
ポルナレフ「焼き肉じゃねえんだから狙ってたもクソもねーだろ、弱肉強食だぜェ」
ホルホース「一理あるな。だがよォ?、お前さんも野菜を少し取るべきだぜ」ヒョイッ
ポルナレフ「おい! 勝手におれの取り皿に乗せるなッ!」
ラバーソール「すきありィ!!!」ササッ
花京院「ウグッ・・・また狙っていた肉を取られた」
承太郎「てめー、さっきから食ってないが・・・・・・代わるか?」
ディオ(青年)「結構! おれが仕切る。貴様の手は借りんッ!!!」
ディエゴ(アホだなァ?こいつ)
DIO「強情なヤツよ」ワイングビーッ
ディエゴ「てめーが言うか」ワイングビーッ
36: 以下、
一時間後
ホルホース「おい、もう肉ねえのか?」
ディオ(青年)「とっくにな。野菜ももうないぜ」
花京院「じゃあシメは何にします?」
DIO「任せる」
承太郎「雑炊」
ポルナレフ「パスタ」
花京院「パスタだと!?」
ポルナレフ「アレ? やらない?」
花京院「ぼくの家ではラーメンか雑炊だな。出汁によるが」
承太郎「雑炊にしようぜ。米が食いてえ」
花京院「じゃあさっきの残りを持ってくるよ」ヨイショ
「おーい、承太郎ー! おらんのかー!?」
花京院「!」
37: 以下、
玄関
ジョセフ「エッ! 鍋やっとるんか?」
花京院「あと雑炊やって終わりですが・・・」
アヴドゥル「お刺身買って帰ってきてよかったですね、ジョースターさん」
ジョセフ「まったくじゃわい」
ホリィ「あらあら、そんなにお客さんが来てたなんて・・・・・・お布団もっと干しておけばよかったワァ」
花京院「安心してください、ヤツらは食べたら帰りますんで」
DIO「なにを言っている! 私は泊まる気満々だぞ!」ヌッ
花京院「うわっ、いつの間に後ろに・・・ッ!」
ジョセフ「出たなDIO」
アヴドゥル「鍋は貴様の案だと聞いたが、盛り上がってるそうじゃあないか」
DIO「まあ、そう構えるなよ。私は皆で3部アニメ化を祝いたいんだ」
花京院(そういえばそんな名目で鍋パーティしてるんだったな・・・)
38: 以下、
DIO「さ、あがったあがった」
ジョセフ「きさまの家じゃあないんだがね」
DIO「荷物をお持ちしよう、ミセス」テラコヤスーッ
ホリィ「まあ、ありがとう」ニッコリ
ジョセフ「ええい、ホリィに近寄るでないぞ」
ホリィ「もうパパったら・・・・・・アッ! 私台所でおつまみ作るわね」
花京院「あ、お手伝いさせてください、ホリィさん」
ホリィ「ありがとう花京院くん」ニコニコ
アヴドゥル「我々は鍋パーティ会場に向かいますか」
ジョセフ「会場って言うと、なんだか凄いパーティでもしてるみたいじゃなァ?」
DIO「まぁ、こうして我々が集まって食事するということは、ある意味凄いことだろうよ」
ガラララッ
仗助「ごめんくださァ??い!」
39: 以下、
花京院「おや、仗助じゃあないか。ずいぶん遅かったな」
仗助「当たり前ッスよォ?! 承太郎さんひでーもんおれたちに買わせようとするんスよ!」
億泰「オレら高校生なのに、コンビニで酒なんて買えるかよ! なァ?!」
ジョセフ「なんじゃなんじゃ?」
花京院「承太郎が、仗助たちにお使いを頼んだんです・・・・・・ビールの」
アヴドゥル「今厳しいですからな」
ジョセフ「ン? でも何で買えたんじゃ? その両手にぶら下がってる袋には缶ビールが入ってるんじゃろ?」
仗助「ちょうど近くに居た>>40さんに買ってもらったんスよ」
※二十歳以上のキャラ
40: 以下、
ヴァレンタイン
42: 以下、
ヴァレンタイン「代金はいらんよ。お言葉に甘えて上がらせてもらうぞ」ズカズカ
DIO「!?」
ジョセフ「こりゃラッキーじゃったのォ?」
花京院「そのお金、君たち二人のお駄賃にするといいよ」
仗助「エッ! まじすカァ!?」
億泰「ラッキーィ!!!」ニッコォォッ
仗助「かっけぇ・・・・・・これが国のトップの余裕か」
アヴドゥル「フフフ、さすがですな」
DIO「・・・仕方あるまい、貴様にも私の鍋を振る舞ってやるか」ニヤリ
花京院「じゃあ、皆さんは先に部屋へどうぞ。ぼくは台所に行くので」
ジョセフ「すまんのー花京院! 先にいただいとるわ! あ、これわしのお刺身ネ」パス
43: 以下、
アヴドゥル「二人ももちろん上がってくれよ。鍋はもうシメに入るところらしいが、何も食べないよりはマシだろう」
仗助・億泰「!」
億泰「じ、じゃあ」
仗助「お言葉に甘えるぜ?」
ラバーソール「アレ? なんか増えてるな」
ディエゴ「エッ! 大統領!?」
ヴァレンタイン「やあディエゴ、昨日ぶり」
DIO「なんだきさまら昨日も飲んでたのか? 私も呼べよ」
ヴァレンタイン「今度からそうしよう」約束OK
ホルホース「ずいぶん濃いィー面子が揃ったもんだ」
承太郎「仗助、億泰、ご苦労だったな。大変だったろ」
仗助「ホントっスよォ?!」
億泰「おれたち何件もコンビニ回ったんだぜェ?!」
44: 以下、
やんややんや
ポルナレフ「承太郎承太郎、アレやってくれよアレ」
承太郎「ん?」
ポルナレフ「タバコ、くる?ってやつ!」
承太郎「いいぜ」
DIO「おいヴァレンタイン、いつものアレやらないのか? あのおかしなビールの飲み方だよ」
ヴァレンタイン「ん? 一気飲みのことかな?」
ヴァレンタイン「いいだろう。ペン持ってるか?」
ディエゴ「ほらよ」パス
プシュッ ガコガコ
グッ プシッ
ヴァレンタイン「うごォッ!」ゴボゴボゴボガボァーッ
ヴァレンタイン「ブハアーーーッ!」イエスッイエスッ
ポルナレフ「うへぇ! きったねー飲み方だぜ」
承太郎「・・・・・・」
45: 以下、
ポルナレフ「ん? 承太郎?」
承太郎「・・・」スッ
ポルナレフ「アレ? おまえペンなんていつの間に持って・・・」
ガッ プシューーッ
ベコベコ カチッ
承太郎「ーーー!」ガバガバガバゴクゴクゴク
ポルナレフ「!?」
承太郎「・・・・・・ゲプ」チラッ
ヴァレンタイン「!」
承太郎「ふ」ニヤリ
ヴァレンタイン「きさま・・・・・・」ユラリ・・・
ピシガシグッグッ
承太郎「やれやれだぜ」
ポルナレフ(ヴァレンタインと承太郎の間に奇妙な友情が生まれた・・・・・・ッ!!)
ディエゴ「相変わらず下品な飲み方だ」
46: 以下、
花京院「おにぎり持ってきましたよ」
ラバーソール「またおにぎりかよォ?」
花京院「今度のは具ありです。ホリィさんが作ってくれました」
ホルホース「へェ?、見た目もちがうな」
ディエゴ「そうそう、この黒い海苔がなくちゃあな」
承太郎「中身は昆布か?」
花京院「多分そうだろうね」
ポルナレフ「うーん、うまそうだぜ」
花京院「DIO、きさまワインしか口にしていないだろう?」
DIO「! よく見ているな花京院」
花京院「吸血鬼は人間の食べ物など必要ないのかもしれんが、よかったらおにぎりだけでも食べてみるといい。せっかくホリィさんが用意してくれたものだしな」
DIO「ほう・・・。確かに女性の好意を無駄にはできんな。ではいただこうか」
花京院「ああ」ニコリ
48: 以下、
花京院「あれ? そういてばディオは?」
承太郎「電話しに外に行ったはずだぜ」
ホルホース「そーいやぁ、もう30分は経つな」モグモグ
ポルナレフ「ディオの分のおにぎりはおれがもーらい!」バクゥッ
花京院「アッ! おい・・・」
仗助「あーあ、あいつ雑炊も食わずに外出てったのに」
億泰「雑炊ならもうないぜ?」
承太郎「やれやれ、これは怒りそうだ。ヤツは鍋をまったく食ってないからな」
仗助「エッ! それまたどうして・・・」
承太郎「必死に鍋奉行やってた」
仗助「あー・・・、確かに鍋奉行やってると食べそこなっちゃう時ありますよねェ?」
花京院「・・・・・・」
49: 以下、
ジョセフ「そうじゃ花京院ッ! 刺身と一緒に渡したわしらのお土産はチェックしてくれたかのォ?」
花京院「ええ、もちろんです」
アヴドゥル「佐藤錦でよかったか?」
花京院「エッ! もしかしてあれはぼくのために・・・?」
ジョセフ「まあそんな感じじゃ。ホリィに洗って出してもらうとするか」
ホリィ「って、そろそろパパが言い出すと思って持ってきたわよ!」ブイッ
ジョセフ「な、なに!? いつの間に・・・!」
アヴドゥル「以心伝心というやつですな」ハハハ
ポルナレフ「なんだなんだ?」
ディエゴ「チェリーじゃあないか」
花京院「あ、ありがとうございますッ!!」カンドー
承太郎「・・・・・・今ここで食べるのか?」
50: 以下、
ラバーソール「このオレの出番かなァ?!?」ウジュルウジュル
ジョセフ「夢の共演ってやつじゃな!」
承太郎「悪夢の方だがな」
ラバー院「お ま た せ」
ババァーーーーンッ
ヴァレンタイン「一体何が始まるんだ?」
DIO「見てればわかる」モグモグ
花京院「・・・・・・この花京院典明にチェリーで対戦を挑んだことを後悔させてやろう」
ラバー院「へッ! ジョートォだぜ!」
仗助「いきなりバトルかよ」
億泰「なんかよくわかんねーケド面白そうだなァ?」
51: 以下、
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
ヴァレンタイン「・・・・・・」
ディエゴ「・・・・・・」
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
仗助「・・・・・・なんだこれ」
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
億泰「言っちゃァ悪ィけどよォー、なんだか気色悪いぜ」
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ
ホルホース「これ、いつまで続くんだ?」
承太郎「花京院が満足するまでだろ」
ポルナレフ「相変わらずだな」
アヴドゥル「うむ、サラウンドで聞くとやはり迫力が違いますね」
ジョセフ「きっしょく悪いのォ?」
承太郎「・・・・・・」
52: 以下、
わいわい
DIO「・・・・・・」チラッ
ポルナレフ「?」
DIO「そろそろかな」ボソッ
ポルナレフ「・・・・・・」
ポルナレフ「おいDIO、てめーさっきから時計気にしてるみたいだがよォ?・・・なんか約束でもあるのか?」
DIO「ああ、まあな」チラッ
ポルナレフ「・・・?」
ポルナレフ(・・・・・・なんだ?)
ディエゴ(青年)「・・・・・・」ワイングビーッ
億泰「機嫌なおせよォ?、せっかく楽しく飲んでるのによォ?!」
ディエゴ(青年)「別におれは機嫌なんぞ悪くないぜ」
花京院「おにぎり、ホリィさんに頼んできましょうか?」
ディエゴ(青年)「いいや、結構だ。ワインだけで充分」
53: 以下、
億泰「うそつけ! じゃあなんでそんな怖い顔してんだよォ!」
ディオ(青年)「・・・・・・ええい、きさま煩いぞ! 雑炊を全部食べちまって悪いと思ってるなら、おれを一人にしてくれッ!」
仗助「おっかねェー!」
ホルホース「ほっとけよ億泰、こっちきて飲もうぜェ!」
アヴドゥル「おい、彼はまだ未成年だぞ! 誘うな」
ジョセフ「まぁちょっぴりならいいじゃろ」
ラバーソール「そーそー、かたいこと言いっこナシだぜ!」
ディエゴ「なんだこいつ学生か? そこのイカした髪型のヤツも?」
仗助「学ランみりゃあわかるだろォ?」
ディエゴ「学ランってなんだよ」
承太郎「おれの着てるのも学ランだぜ」
ジョセフ「ん? アヴドゥルよ、承太郎は飲んでも注意せんのか?」
アヴドゥル「・・・・・・今更でしょう、ジョースターさん」
55: 以下、
DIO「・・・・・・」
ポルナレフ(・・・・・・やっぱり・・・)
ポルナレフ(やっぱり怪しいぜ、DIOッ!!)
ポルナレフ(絶対に何か企んでやがるな・・・)
DIO「・・・・・・」
ポルナレフ「・・・・・・質問を変えるぜ・・・」
DIO「・・・・・・」
ポルナレフ「てめーは、一体『何を待ってる』んだ?」
DIO「・・・・・・」
DIO「・・・・・・フフフ」
ポルナレフ「!」
DIO「・・・・・・まさか、他の誰でもなく、きさまに気づかれるとはな」
ポルナレフ「てめー・・・ッ!」
DIO「そうだな、気づいたご褒美に教えてやろう」
DIO「ポルナレフ、私はな・・・・・・」
57: 以下、
DIO「・・・・・・きさまが『倒れる』のを待っていたのだッ!!!」
ポルナレフ「な、なにィーーー・・・・・・!?」グラッ
バタンッ ドサァッ
承太郎・ディエゴ・ヴァレンタイン「!」
ラバーソール・花京院・ホルホース・億泰「!?」
ジョセフ「・・・・・・な・・・」ドドドドドド
仗助「なんだァ・・・・・・!?」ドドドドドド
アヴドゥル「し、しっかりしろポルナレフッ!!!」ダッ
ジョセフ「い、いかんアヴドゥルッ!! 今近づくのは危険じゃッ!!!」
58: 以下、
ホルホース「ポルナレフが倒れた!?」ドドド
ディエゴ「これは一体・・・!?」ドドド
ヴァレンタイン「DIOの仕業か・・・ッ!」ドドド
ラバーソール「ウッ・・・ウグゥ・・・・・・ッ!」
バタンッ
花京院「ラ、ラバーソール!?」
ジョセフ「ハッ! ・・・・・・しまった!」
承太郎「やれやれ・・・・・・これは・・・・・・」グラッ
仗助「!?」
承太郎「とんだ罠に・・・かかっちまったぜ・・・・・・」
ドサァッ
花京院「承太郎!」
仗助・億泰「承太郎さぁぁぁぁぁんっ!!!」
59: 以下、
アヴドゥル「ポルナレフ! しっかりしろポルナレフ!」
アヴドゥル「ハッ!」
ポルナレフ「」
アヴドゥル「こ、これは・・・・・・」ドドド
ジョセフ「グッ!・・・おのれDIOのやつ・・・ッ!」
バタンッ
ジョセフ「ア、アヴドゥル・・・!?」
ジョセフ「ウグゥ! わしももう限界じゃ・・・・・・ッ!」
バタンッ
ディエゴ「ウグッ・・・嘘だろォッ!」グラグラッ
ヴァレンタイン「わたしたちまで嵌めるとは・・・・・・」ヨロッ
ホルホース(ウウッ・・・・・・来なきゃよかったぜ・・・・・・)
バタバタバタンッ
仗助「承太郎さん、今治して・・・」
60: 以下、
バタバタンッ
仗助「!?」
花京院「」
億泰「」
仗助「う・・・・・・」ドドド
仗助「ウオォォォォォォォォォォッ」ドドドドドド
DIO「ふむ、きさましぶといな」
DIO「個体差あり、というやつかな? ンン、今後の参考にさせてもらうよ」
仗助「て、てめー・・・」ゴゴゴ
仗助「許せねェーーーーーッ!!!」ゴゴゴゴゴゴ
61: 以下、
クレイジーダイヤモンドッ!
DIO「フフフ、そう怒るな」
DIO「安心しろ・・・・・・安心しろよ、仗助」
DIO「私が手を下さなくとも・・・」
仗助「!」
DIO「今に皆と『同じ』になれるんだからな・・・ッ!」
仗助「ウガアッ・・・・・・!!」ピキーンッ
仗助「こ、これは・・・ッ!」ヨロッ
仗助(この感じを、おれは知っている・・・・・・ッ!)
仗助(これは・・・・・・)
グラッ
62: 以下、
仗助(下痢・・・・・・ッ!!)
ピーーーーー!ゴロゴロゴロッ!
65: 以下、
DIO「まぬけどもめ!」
DIO「湯を沸かすだけのスタンドがあってたまるか・・・ッ!!」
DIO「きさまらも察しての通り、この土鍋には恐ろしい力がある」
DIO「土鍋で茹でたモノを食っただけで、食った者の『体に不調を来す』力があるのだッ!!」
ババァーーーーンッ
ポルナレフ「ウ、ウォォォォォ・・・」ズリズリ
DIO「体が思うようには動くまい。それもまた不調のひとつ・・・」
DIO「きさまらはこの24時間ッ! 床を這いずり回りッ! トイレを求めてさ迷う、いうなればゾンビ状態・・・ッ!!!」
DIO「みっともないなァ! このカスどもが・・・ッ!!!」
ズリッズリッ
ディエゴ「き、きさまなぜ・・・このDioまで・・・・・・ウググ・・・」
DIO「敵を欺くにはまず味方から、というだろう」
DIO(もっとも、ヴァレンタインを巻き込むことに関しては予想外だったが)
66: 以下、
ディオ(青年)「フン・・・・・・何か企んでると思えばやはりか」
DIO「・・・・・・」
ディオ(青年)「おかしいと思ったんだ。おまえが『鍋のモノ』に手をつけていないことがな。やはり口にせんで正解だったか」ニヤリ
DIO「フフフ、さすが、『ディオ』だけある」ニヤリ
承太郎「て、めぇ・・・・・・DIO・・・」ググッ
DIO「ンッンー? どうした承太郎、まるで蚊が鳴いたのかと思ったぞ」
DIO「腹でも蹴って欲しいか?」
承太郎「く・・・そ・・・・・・ッ!」
承太郎「てめ・・・ぇの、目的は・・・なんだ・・・?」
DIO「いい質問だ」
67: 以下、
DIO「ジョースター一行よ、3部アニメ化で浮かれているそうじゃあないか」
DIO「毎週毎週、新しいPVが公式サイトで発表されているんだったかな?」
DIO「キャラクター一人一人にスポットを当てて発表とか・・・たしかそんなことを聞いたな・・・・・・」
DIO「フフフ」
DIO「フハハハハハハ」
DIO「だがッ!」
DIO「このDIOにスポットを当てたPVは用意されていないという話ではないかッ!!!!!!」
ゴゴゴゴゴゴ
承太郎「・・・・・・」
ジョセフ(そりゃトーゼンじゃろ・・・)
68: 以下、
DIO「わたしは一番が好きだッ! ナンバーワンだッ!!!」ダンッ
DIO「承太郎よりも高い人気を誇るわたしがッ! どうしてこんな扱いを受けなければならない!?」
ゴゴゴゴゴゴ
アヴドゥル(・・・どこ情報だ・・・ソースを出せ)
ゴゴゴゴゴゴ
発信元:ヴァニラ・アイス
69: 以下、
DIO「そこで、わたしは考えたのだ・・・」
DIO「ピーーーッに頼み込んで、ポルナレフの次の週に、私のPVを発表してもらうということをな・・・ッ!!!」
ババァーーーーンッ!!!!!
DIO「そしてあわよくばわたしが主役で話を進めてほしいと」ボソッ
ポルナレフ(あ、こっちが本音だな)
DIO「そのためにはジョースターども、きさまらが邪魔だったのだ」
DIO「このDIOにかかれば、ピーーーッスタッフを陥落させるのも1日あれば充分ッ!!」
DIO「その間、きさまたちに邪魔されないよう、足止めをする必要があった・・・」
承太郎(やれやれ、文字通り『汚い』手段だぜ・・・・・・)
ピーーーーー!ゴロゴロゴロッ!
70: 以下、
DIO「じゃあな、ジョースターども! せいぜいそこでモップのように這いつくばって、床でも掃除しているんだな!!」
アハハハハハハハハハハハハッ
承太郎(畜生・・・ッ!)
ジョセフ(まんまと罠にはまってしまったわ・・・・・・)
アヴドゥル(くっ・・・・・・DIOめ・・・)
ポルナレフ(どこまでも不愉快なヤローだぜッ!)
花京院「・・・・・・」
ディオ(青年)「・・・・・・」
71: 以下、
花京院「ところで、DIO・・・・・・『おにぎり』は美味しかった・・・かな?」
72: 以下、
DIO「・・・・・・?」
花京院「もっともあれは・・・・・・きさまに渡したのはホリィさんでなく、ぼくが作った『おにぎり』だがな」
DIO「・・・・・・」
DIO「何が言いたいんだァ? ・・・花京院よ」
花京院「ふつう、『おにぎり』っていうものは手で握る」
DIO「・・・・・・」
花京院「ま、当然でしょう。『握る』という動作で想像するのは、『手』以外に考えられない。それをぼくは、えるたそ方式と勝手に呼んでいる・・・」
DIO「・・・・・・」
花京院「じゃあ、ぼくがキタキタ方式と呼んでいるのは『どこ』で握っているのか・・・・・・」ドドド
花京院「想像できるかな、DIO?」ドドドドドド
73: 以下、
花京院「そう、『脇』だ」
花京院「脇で握るのを、ぼくはキタキタ方式と呼んでいる」
DIO「な・・・・・・きさままさか・・・ッ!!」
花京院「そうだ、DIO。きさまは・・・・・・」
花京院「ぼくの『脇おにぎり』を食べたのだッ!!!!」
ババァーーーーンッ!!!!!!!!!!!
ポルナレフ「オエーーーッ」
74: 以下、
DIO「ウッウゲエエエエエエエエエエッ!!!!」ビシャーッ
DIO「か、花京院・・・・・・ッ! きさま・・・ッ! きさまァァァアッ!!」
花京院「腹パンの・・・恨み・・・・・・晴らさせてもらうぞ! DIO!!」ズリズリ
ゴゴゴゴゴゴ
花京院「おっと・・・・・・、忘れていた」
花京院「ここで更に恐ろしいことを教えてやろう・・・・・・」
花京院「因みに脇毛は生えたままだ 」
DIO「!!!!!!」
プッツーーーーーンッ
75: 以下、
DIO(き・・・切れた)
DIO(わたしの体の中でなにかが切れた・・・)
DIO(決定的ななにかが・・・・・・)
ドサァッ・・・
花京院「散・・・滅すべし・・・・・・DIO・・・」
バタムッ
ジョセフ「花京院!」
ズリズリズリズリ
承太郎「・・・・・・」
アヴドゥル「・・・・・・」
ポルナレフ「」
76: 以下、
アヴドゥル「か、花京院の・・・様子は・・・?」
ジョセフ「気絶・・・して・・・おるよ・・・・・・」
承太郎「やれやれ・・・・・・」ズリズリ
ポルナレフ「」
承太郎(とんだ災難だったな・・・)
『かくして、DIOの野望は潰えたのだったッ!!!』
77: 以下、
数日後・空条邸
ポルナレフ「エッ!? あらためて3部アニメ化パーティをやるだァ?」
ジョナサン「ああ、できればみんなで揃ってやりたいんだけど・・・」
ジョセフ「敵を呼ぶことはできんよ」
アヴドゥル「本当に、それだけは勘弁してほしいです・・・」
ジョナサン「いやいや、もちろん身内だけでさ。アニメ化なんておめでたいこと、めったにないし・・・・・・皆で祝いたいじゃあないか」
仗助「ダチも呼んでいいならやってもいいっスよ・・・・・・」
承太郎「・・・・・・」
ジョナサン「・・・・・・アレッ? もっと喜んでくれると思ったんだけど・・・・・・」
ジョナサン「何か嫌なことでもあったのかい?」
花京院「全日、アニメ化鍋パーティをDIOが引っ掻き回してくれたんで・・・・・・ちょっとそれがトラウマなんです」
ジョナサン「なんだって・・・!?」
78: 以下、
ジョナサン「それは災難だったね・・・・・・」
承太郎「DIOを倒した後が本当の地獄だったぜ」
ジョセフ「くっ・・・思い出したくもないわ・・・」
花京院(気絶しててよかった)
ポルナレフ「・・・・・・」
ポルナレフ「花京院よォ?・・・、おれはてめーにもトラウマってやつを植え付けられたんだぜ」
花京院「ん?」
ポルナレフ「てめー、あのホリィさんが作ったとか言ってたおにぎり・・・・・・あれ全部てめーの脇で量産されたのか!?!?」
承太郎「ウグッ・・・」
ポルナレフ「信じらんねえ! 常軌を逸してるぜ・・・ッ!!!」
花京院「・・・・・・」
79: 以下、
花京院「え? 嫌だな、本当に脇で握るはずないじゃあないか」
ポルナレフ「!?」
花京院「だいたい、ホリィさんも居る台所で、ぼくが脇でおにぎりを作ると思うか? ハッタリだよ」
花京院「まあ、DIOはまんまとそのハッタリにショックをうけてしまったみたいだけどね」
ポルナレフ「な・・・・・・」
ポルナレフ「なんだよおどかすなよォ?!」パァァァァァッ
花京院「フフフ、すまなかった」
ジョセフ「ふー、びっくりしたわ・・・」
アヴドゥル「じつはわたしも、ずっとそのことでモヤモヤしていたからな・・・・・・スッキリしたぞ花京院」
承太郎「そういうことは早く言えよ」
仗助「いや??ほんと安心したっス!!」
花京院「・・・・・・なんで誰も気づかないんだ」
ポルナレフ「や、なんとなァ?く、おまえならやりかねないと思って・・・」
81: 以下、
花京院「なんだときさま」
ジョナサン「脇のおにぎりってなんだい?」
アヴドゥル「・・・・・・まったく必要のない無駄知識だから、知らなくていいんです」
ワハハハハハハ・・・・・・
承太郎(いや、でも待てよ・・・・・・)
承太郎(おふくろの居る前だししない、と言っていたな・・・・・・)
承太郎(じゃあ・・・)ドドド
承太郎(夕食前にポルナレフが食ったやつは・・・?)ドドドドドド
『その真実は、花京院しか知らないのであったッ!』
【完】
82: 以下、
こんなクソスレになると思わなかった
安価とか付き合ってくれてありがとうございました
おつかれ!
83: 以下、
乙、面白かったよ
84: 以下、
乙乙ー
86: 以下、

続き・詳細・画像をみる


で、おまえらはいつ死ぬのさ?

おじいちゃんが孫のために作った「Zガンダム」木製模型のクオリティが高すぎると話題に

ロシア海軍、自国艦3隻を沈没…ウクライナ軍艦の航路を塞ぐ

コンタクトにした結果wwwwwwww

【画像あり】 ガリガリ君ナポリタン味キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

【衝撃】 ガリガリ君にナポリタン味きたあああwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先