韓国に都合が悪い事実は書くべきではないのか? 問われる対韓報道back

韓国に都合が悪い事実は書くべきではないのか? 問われる対韓報道


続き・詳細・画像をみる


前回の「塩田奴隷」の話では、韓国各紙はかなり書いていたのに、日本語サイトにはほとんどアップされなかったことも紹介した。そして、「韓国のマスコミは『日本人には知られたくない』と考えたのかもしれない。日本の特派員たちもそれに同調して…まさか」と結んだ。
「日本の特派員たちも…まさか」とは、半分冗談のつもりだった。
ところが、韓国にとって都合が悪い事実は書くべきではない、実際に自分は地方紙のソウル特派員時代、そうしてきた?という趣旨のブログ(感謝カンレキ雨あられ+5)を見てビックリした。
「言論・出版の自由が憲法で保証されているからといって、何を書いてもよい、というわけではないことぐらい、小学生でもわかる。ましてこの筆者(注=室谷のこと)はもと、時事通信の記者であり、私よりすこし前のソウル特派員。韓国の良さ、悪さも含めて知っているはずなのに、なぜここまでこき下ろすのか。
それが、これから隣国の人たちと仲よくやっていこうとする日本人に無用な予断と偏見をもたせることにつながる、とすれば大変不幸なことだと思う」と、このブログの主は書いている。
善良なる私人のプライバシーについてなら、もっともな話だ。しかし、ブログの主は拙著『呆韓論』(産経新聞出版)が記した内容について、「事実に基づかないことを書いているわけではありません」とも述べつつ、韓国という国家の国情に関する事実についても、書いてはいけないことがあると主張しているのだ。
その理由が「日本人に無用な予断と偏見をもたせることに…」とは、民ニ知ラシムベカラズを思い起こさす。読者に対する驚くべき「上から目線」だ。
産経新聞の黒田勝弘氏についても私についても「なぜ今なら書くのか? 書けるのか?」と疑問を投げかけている。
2
しかし、黒田氏の最初の著作『韓国社会をみつめて 似て非なるもの』(亜紀書房)は1983年に出た。私も『韓国人の経済学』(ダイヤモンド社)を87年に上梓した。2人とも以来、基本姿勢をほとんど変えることなく書いているのであり、「なぜ今なら…」とは、ブログの主が知らないだけのことだ。
この人は「韓国のスムーズな民主化へのソフトランディングを願い、日韓関係の改善に期待をかけながら」取材活動をしたそうだが、「…を願い…に期待をかけながら」とは、外交官ならいざ知らず、ブン屋(=新聞記者)としては基本姿勢からして間違っているのではないか。
新聞社にしろ、通信社にしろ、ブン屋の基本姿勢は、自分の懸念や期待とは離れて、事実を知らせることに尽きるはずだ。
■室谷克実(むろたに・かつみ) 
1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140305/frn1403051729009-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140305/frn1403051729009-n2.htm
3
ほんま韓国がからむと、報道しない権利を発動しよるから困るww
5
マスゴミがマスゴミたる所以
12
朝鮮右翼を朴ウヨとでも呼ぼうかw
8
マスコミw
ジャーナリズムw
言論の自由w
21
時事通信の田崎のおっさんが、テレ朝で「犯人の国籍を
韓国と伝えることは、対立を煽るから良くない」と発言して
ネットが騒然としたの思い出した。マスコミが情報恣意的に
選別してます宣言したわけで、自分がどれだけ失言してるかも
気がついてなかった
マスゴミすげーよ
23
腹の底まで打ち明けあって、初めて理解し合えるってこともあるんやで?
24

続き・詳細・画像をみる


佐村河内守、きょう会見「新垣さんの話に事実と異なる点」「医療検査の結果も話します」

「韓国と北朝鮮の統一費用400億ドルのうち100億ドルは日本政府が負担すべき」 朝鮮日報主催の会議にて

朝鮮日報 「南北が統一する時は日本政府が1兆を負担すべきとの声がある」

これはいいアイーンいただいたワァ(n‘∀‘)η

超古い賃貸戸建に引っ越したんだけど、なぜかクローゼットの床のみ床暖房がついてる…

ネトゲで^ ^;使う奴wwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先