真美「ゆきぴょんにキスしたふりをしてみよう」back

真美「ゆきぴょんにキスしたふりをしてみよう」


続き・詳細・画像をみる

1:
真美「おーい!ゆきぴょん!」
雪歩「どうしたの?真美ちゃん」
真美「ちょっとプレゼントがあるから目つぶって!」
雪歩「えっ!?あ、うん」
真美「………」ピト
雪歩「えっ!!?」
真美(んっふっふ?♪指を一瞬つけただけだよ!)
雪歩「嬉しい……」
真美「えっ?」
6:
雪歩「真美ちゃん……」スリスリ
真美「ゆ、ゆきぴょん?そろそろ離れない?」
雪歩「私って真美ちゃんの何?」
真美「えっ?友達…?」
雪歩「彼女だよ!」
真美「いや……えっと…」
真美(冗談のつもりでやったのに……)
雪歩「?♪」
真美(どうしよう……)
10:
雪歩「ねえ、もう一回キスして?」
真美「あのねゆきぴょん、実は……」
雪歩「今度は私からしたいな、いい?」
真美「わー!ダメ!実はキスしてないからね!」
雪歩「えっ……?」
真美「指を一瞬つけただけだよ!」
雪歩「う、嘘……」
真美「真美がいたずらのつもりでやっただけなのに本気にするとは思わなかったよ!」
真美(ちょっと言い過ぎかな?大丈夫だよね?)
12:
雪歩「やっと思いが伝わったと思ったのに……」
真美「ゆきぴょん…?」
雪歩「じゃあ今からキスして!ね?」
真美「ゆきぴょんなんか怖いよ…?」
雪歩「……真美ちゃんは私のこと、好き?」
真美「好きだけどそういう感じじゃ……」
雪歩「キスして、お願い」
14:
真美「落ち着いてよゆきぴょん!いたずらしたのは悪かったからさ!」
雪歩「ねえ、真美ちゃん………私、真美ちゃんのこと好きだよ
もちろんそっちの意味で」
真美「………」
雪歩「だからね?わかるよね!!」ガシッ
真美「………ひうっ!」ビクッ
雪歩「あ、ごめんね、驚かしちゃったね」
真美「えっと……えっと……」
16:
真美(怖いよ……ゆきぴょん)プルプル
雪歩「真美ちゃん、お願い」
真美「あ……う……」ビクビク
雪歩「ねえ!」
真美「えっと……ゆきぴょん……」
真美(どうしていたずらなんてしちゃったんだろ……ゆきぴょん怖いよ……)ビクビク
17:
真美「ご、ごめんね……」
雪歩「………!」
真美「真美、そういう風には考えてなくて……」
雪歩「……そっか……」
真美「ご、ごめんね……」
雪歩「いいんだよ、無理いってごめんね」
真美「ゆきぴょん……」
雪歩「……大丈夫、こっち向いて」
真美「う、うん」
チュッ
19:
真美「えっ……?えええ!」
雪歩「えへへ……ごめんね真美ちゃん、ファーストキス貰っちゃった」
真美「え、いやでも!あれ!?」
雪歩「ごめんね、じゃあまた」タタタッ
真美「あ、待ってよ!」
真美「………ずるいよゆきぴょん……無理矢理するなんて……」
真美(意識しちゃうじゃん……)
終わり
26:
春香「最近真美と仲いいね」
雪歩「えへへ……そうかな?」
春香「真美とうまくいったの?」
雪歩「実はキスを……」
春香「え!?本当に!?やったね!」
雪歩「私が無理矢理したんだけど……」
春香「無理矢理したんだ!?」
雪歩「そしたら仲良くなれたっていうか……真美ちゃんから来てくれたんだよ」
春香「それって脈ありじゃないの?」
雪歩「どうだろう……」
27:
雪歩「とりあえずキスしたことは誰にも言ってないみたいなんだけど……」
春香「やっぱり脈あるって!」
雪歩「どうなんだろう……真美ちゃんはどう思ってるんだろうね」
春香「大丈夫、きっとうまくいくよ」
雪歩「そうかなあ?」
亜美「はるるん!ゆきぴょん!何々?何の話してるの?」
29:
春香「大人の話だよ」
亜美「んっふっふ?♪だったらなおさら参加しなきゃね!」
春香「じゃあ亜美はどう思う?女の子同士の恋愛」
亜美「えっ…?い、いや…亜美そういうの考えたことないなー」
春香「じゃあ亜美はそういうのしてみたい?」
亜美「えっと…退散!」
雪歩「あ、待って亜美ちゃん!」
亜美「な、何?」
雪歩「真美ちゃんって食べ物なにが好き?」
亜美「えっ?真美はプリンとか好きだけど?」
雪歩「ありがとう、プリンか……」
春香「今度一緒に作ってみる?」
亜美「………」
31:
亜美「ねえ、それ亜美も手伝っていい?」
雪歩「え?どうして?」
亜美「真美にプリン作るんでしょ?亜美も手伝うよ」
春香「プリン食べたいの?」
雪歩「心配しなくても亜美ちゃんの分も作るよ?」
亜美「違うよ!……真美ってね、ああ見えてめちゃくちゃいいお姉ちゃんなんだよ
だからお礼したいんだ、いつもありがとうって」
春香「ふーん」ニコニコ
亜美「なにさ…むう……」
32:
真美「?♪」
春香「でね……」
亜美「おお……」
雪歩「なるほど……」
真美「?何してるの?」
春香「!!なんでもないよ!あはは!」
雪歩「えっと、その……」
亜美「今度一緒に遊ぶ約束してたんだよ!」
真美「いいな!真美も一緒にいってもいい?」
亜美「真美は多分仕事じゃないかな?」
真美「えー!」
33:
春香「(助かったよ)」
亜美「(任せて!)じゃあ、また今度一緒に遊ぼうよ!」
真美「そうだね、また今度だよね」
雪歩「真美ちゃん、今日は仕事は?」
真美「もう終わりだよ、みんなは?」
亜美「えっ?あっ!もうこんな時間!」
真美「ほら、急いで急いで!」
春香「あはは…」
35:
真美「でね、そんとき兄ちゃんが、『俺は変態じゃない』って
いや、どう考えてもそれは変態の行為だって」
雪歩「ふふ…」
春香「あはは!」
真美「……あ、もうこんな時間だね
そろそろ帰ろうかな」
雪歩「あ、待って真美ちゃん!」
真美「ん?どうしたのゆきぴょん?」
春香「(頑張って!)」 グッ
雪歩「(うん!)」コクッ
雪歩「途中まで一緒にいかない?」
真美「うん、いいよ」
雪歩「やった!じゃあ準備するね」
37:
真美「準備出来た?」
雪歩「うん、いこうか真美ちゃん」
真美「はるるんは帰らないの?」
春香「ちょっとやることがあるからね」
真美「ふーん、じゃあいこっか」
雪歩「うん」
春香「じゃあね!またあとで話聞かせてよ」
雪歩「うん!」
真美「?」
38:
真美「でさ、兄ちゃんが言うわけよ
『一回…一回だけ!』って
いおりんめっちゃ怒ってたよ?」
雪歩「………」
真美「……?どうしたのゆきぴょん?」
雪歩「……ちょっと寄りたいところがあるんだけどいいかな?」
真美「……いいよ!寄ろうよ!」
雪歩「ありがとう、真美ちゃん」
40:
真美「えっと……どこに向かってるの?」
雪歩「ここならいいかな」
真美「……?誰もいないね……」
雪歩「それはそうだよ、だって誰も来ないようなところに来たんだから」
真美「……なにを言って……」
チュウ
真美「ん…!むう……!」チュー
雪歩「ん……!レロ……!ぷはっ!」
真美「ゆ、ゆきぴょん……!」
雪歩「ごめんね、でも真美ちゃんが悪いんだから」
モミュ
真美「ひゃう…!ま、待って!こういうのは……!」
雪歩「ずっと好きなのに答えてくれないから……」モミュモミュ
真美「ん…!ふう……!あっ……!」
42:
真美「ま、待って!真美こんなの嫌だよ!」
雪歩「真美ちゃん、ごめんね」
モミュモミュ
真美「はっ……!ふう……!ふう……!」
雪歩「乳首たってきたよ」
コリコリ
真美「やっ……!ふっ……!ふう……!」
雪歩「真美ちゃん、こっち向いて」
真美「……?」
チュル……レロ……チャプ……
真美「んっ……!レロ……!はむ…!」
43:
雪歩「ぷはっ……真美ちゃん、どう?これでも頑張ってるんだけど」
真美「はっ……はっ……」
雪歩「じゃあそろそろ……」
真美「だ、ダメ!それはダメ!ゆきぴょんのこと嫌いになるから!」
雪歩「まだ嫌いになってくれてなかったんだね……」
真美「ゆきぴょん!真美は、こんなことしなくてもゆきぴょんのこと好きだよ!」
雪歩「えっ……?」
真美「前キスされたときからずっと!」
雪歩「そんな……」
真美「だからゆきぴょん!……いい?」
雪歩「……えっ?」
チュッ
44:
雪歩「………!」
真美「真美からキスしたのははじめてだね!」
雪歩「真美ちゃん……」
真美「いい?これからは無理矢理しちゃダメなんだよ?」
雪歩「……うん」
真美「んっふっふ?♪じゃあいこうか」
雪歩「………うん!」
終わり
49:
亜美「じゃあ始めよっか!」
春香「プリン作り!」
雪歩「真美ちゃんのために失敗出来ない……!」
亜美「気合い入ってるねー」
春香「ふふ」
亜美「真美のため、か……」
52:
亜美「じゃあこれ入れてみない?」
春香「ドリアンなんてなんで持ってきたの……?ダメ!」
亜美「フルーツの王様だよ?」
春香「でもダメ!」
雪歩「次はこれを入れて……」
春香「抹茶プリンかな?美味しそう!」
亜美「はるるん知ってる?ドングリも食べ方によっては食べれるんだって!」
春香「プリンに入れたくはないかな!」
亜美「じゃあ無難にオレンジ、バナナ、ブドウ、メロンでいっか
マツボックリは飾り付けかな?」
春香「なんでマツボックリ!?」
53:
亜美「ねえはるるん、気づいた?」
春香「うん……」
雪歩「これはちょっと……」
ドン!
亜美「作りすぎたね」
雪歩「食べきれないよね……」
春香「事務所のみんなにくばればいいよ
どれを真美に渡すかだけど……」
雪歩「この抹茶プリン?風の心の一滴?がいいと思います」
亜美「えー!亜美が作った、フルーツボンバープリンスペシャルがいいと思うよ!」
春香「いや、やっぱりこの普通のプリンがいいと思うよ」
55:
真美「……で、作ってきてくれたのは凄く嬉しいよ」
亜美「んっふっふ?♪亜美が心を込めて作ったんだからね!残しちゃダメだよ!」
雪歩「口に会うかわからないけど、がんばって作ったんだ
どうかな?」
真美「無理だよ!二人ともでかいよ!」
春香「私のは普通のプリンなんだけどね」
真美「うん、はるるんのは普通のプリンだね」
58:
真美「じゃあはるるんのからもらうよ」
亜美「えー!」
雪歩「そうなんだ」シュン
真美「………」モグモグ
春香「どう?」
真美「うん、普通に美味しい」
春香「だよね!良かった!」
亜美「(普通ってつけられてたのにね)」
雪歩「(しー)」
59:
真美「じゃあ次は亜美のプリンたべようかな」
亜美「よしこい!」
真美「プリン…って言うよりフルーツの盛り合わせみたいになってるね」
亜美「オレンジバナナブドウメロンドングリマツボックリドリアン色々入ってるよ!」
真美「ふーん……ん?今変なの入ってなかった?」
亜美「さあ食べて!」
真美「…………」モグモグ
亜美「………」ドキドキ
真美「美味し………ガリッ」
全員「……………」
真美「………食べれるよ」
60:
亜美「…………」
春香「こんな日もあるよ、亜美」
真美「味は美味しかったよ
ただなんか変なのが入ってただけで
次は……ゆきぴょんのプリンか……」
春香「もうだいぶお腹一杯じゃないの?」
真美「平気ヘーキ!案外大丈夫だよ」
真美(ダイエットしなきゃ)
雪歩「はい、どうぞ」
真美「いただきまーす!」モグモグ
雪歩「………」ドキドキ
真美「……美味しいよ」
雪歩「よかった?!」
63:
真美「ごちそうさま!」
亜美「さて、だれのプリンが一番美味しかった?」
雪歩「決めて」
春香「さあ!」
真美「えー……なに突然」
亜美「もちろん亜美だよね!」
雪歩「………」ドキドキ
春香「自信あるよ!」
真美「うーん…」
64:
真美「えっとはるるんかな?普通のプリンで、好みだった」
亜美・雪歩「………」ガクッ
春香「やったー!」
亜美「うう……次は負けないかんね!」
雪歩「うん、絶対に勝つよ!」
春香「ふふ、頑張ってね」
66:
真美「……うっぷ……」
雪歩「真美ちゃん大丈夫?」
真美「さすがに食べ過ぎた……」
雪歩「はい、暖かいお茶だよ」
真美「ありがとゆきぴょん」
亜美「………」
春香「ねえ亜美、ちょっといい?」
亜美「何?はるるん」
春香「こっち来て」
69:
春香「亜美って好きな人とかいる?」
亜美「………はるるん、わかっていってるっしょ」
春香「直接聞かなきゃわからないよ」
亜美「そうだよ、好きな人いるよ」
春香「告白しないの?」
亜美「するもなにも……」チラッ
雪歩「おかわりいる?」
真美「いるいる、もう一杯もらうよ」
亜美「亜美はどこに入れるって言うのさ」
春香「………亜美らしくないね」
亜美「……そうかもね」
72:
亜美「はるるんは誰の味方なの?」
春香「私はみんなの味方だよ
だから亜美のことも応援する」
亜美「………そう」
春香「何事も挑戦しなきゃわからないよ」
亜美「わかりきってるよ、今までだって何度もチャンスはあったからね
亜美には無理」
春香「そっか」
亜美「叶わない恋だってあるんだよ」
春香「………」
亜美「だから、今この状態がずっと続けばいいなって思ってるんだ!」
亜美「真美!」
真美「ん?何?」
亜美「大好き!」
真美「真美も好きだよ?!」
73:
雪歩「えっ!!?」
真美「ん?どうしたのゆきぴょん」
雪歩「い、今好きだって……!」
真美「ああ、もちろん家族としてだよ」
雪歩「ああ、そっか……そういうことかな?」
亜美「うん」
春香「………」
真美「?」
終わり
7

続き・詳細・画像をみる


NMB48 研究生の中川紘美が卒業を発表

俺に若い彼女が出来て元嫁は嫉妬。俺の毅然とした態度を見て離れていった。かっこいだろ

美穂子「―――さようなら、久」 久「…そっ」

DIO「そうだ!京都行こう!」

子供会に入っていないAさんが「うちの子のはないの?普通飛び入りも予想して 多目に用意するもんじゃないの?」

【ハンター×ハンター】ジンがレオリオにわざと殴られた意味

back 削除依頼&連絡先