美少女「あっ…そこ…ダメぇ!!」back

美少女「あっ…そこ…ダメぇ!!」


続き・詳細・画像をみる

3:
2014年03月04日
美少女「あっ…そこ…ダメぇ!!」
-
-
-
- SS
-  男「」女「」
- コメント( 0 )
1:
ようこそ!
2:
>>1
腹筋しながら待ってるよから早よ書け
3:
美少女「そこは…」
美少女「だめ!!」
美少女「なんでオセロで端っこばっか狙うのよ!?」
男「セオリーだし…」
美少女「いじわる…昔っからそうよね…」グスッ
男「なんか…その…ごめん…」
美少女「もっかい!」
美少女「もう一回するわよ!!」
美少女「わたしが勝つまで頑張るから!」
あとは任せた
元スレ
美少女「あっ…そこ…ダメぇ!!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1385655767/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
5:
美少女「や、まって、ねぇおねがい……」
美少女「お願いそこだけは……それ取られたら裸になっちゃう……」
男「……貴方は自分の立場が分かっておられないようだ……あなたに選択肢なんてないんですよ」
美少女「うそ……だめ、ごめんなさいごめんなさい!なんでもします!だからお願いそこだけは……」
美少女「その飛車動かしたら!!」
男「王手。ちなみにあと3手で詰むよ」
美少女「待って、って言ったじゃない!!」
男「始める前に『待ったなし』って言ったのはどっちだよ」
美少女「うううう……」グスッ
男「……」
男「わーった!今度は飛車角落として勝負してやるから泣くなって!!」
美少女「金も……」グズッ
男「はいはい」
こうですかわかりません
6:
美少女「よし、ここまで来れば私の勝ちね!」
男「」パチン
美少女「あっ!!ダメぇぇぇ!」
男「一気にひっくり返ったな」
美少女「なんでよぉ…」グスッ
男「だってオセロだし…」
美少女「もう嫌…」
男「泣くなよ…アイス奢るから」
美少女「!!…まーた食べ物で釣ろうっていう気?」
男「言う割には元気になったな」
こうですかわかりません
9:
美少女「ああ!?だめぇ!中に出さないで!」
男「くっ!すまん。俺も出たくないからそのまま中に!」
美少女「と、飛んじゃう!!!」
男「うぉぉ!」ブッ!
男「こたつの中でオナラしたら爆発するなんて迷信だよ?」
美少女「で、でもでも!火の無い所に煙は立たないって言うし!もしかしたら男のオナラで爆発するかもしれないじゃない!」
男「俺のオナラは可燃性強くねぇよ」
こんなもんかね?
10:
美少女「いや……いや、こないで……」
男「あははは、でも俺と君のふたりだけなんだから」
美少女「うそ、うそ……いや、やめて……」
男「あと少し……はやくこすりつけたいなぁ」
美少女「やめ、おねがい……おねがい!なんでもする!なんでもしますから!!それだけは……あ」
男「はぁい到着」
美少女「あ、うそ……そんな……」
男「いぇーい、ボンビーなすりつけ成功」
美少女「わざわざ目的地一歩手前からなすりつけにピッタリ同じマスに戻ってくるとか鬼畜か!」
男「まあ、99年遊ぶと成績の差が圧倒的だしなぁ」
ゲンキンガナイトコワイノネーン、カードウッテキタノネーン
美少女「ああああ!さっきのターンで手に入れた徳政令カードがぁっ?!」
こうですかわかりません
11:
男「そんな事言って、期待してるんじゃないか」
美少女「そんな…そんな事ない…!」
男「どうかな?…ほら、ここは」
美少女「あっ…だ…だめぇっ!そんなトコロ…んっ…自分でも触った事っ…あぁっ!」ビクンッ
男「ははっ!じゃあ自分で慰める時はどこを触ってんだよ?」
美少女「…いやぁっ、言えな…い…んっ…ああ…」ハアハア
男「いいねえ…その恥じらいが、堕ちるトコロ見せてくれよっ!」
美少女(やばい…!気持ちよすぎて…とろけちゃいそう…!)
美少女「もっと…もっと触ってぇ…あんっ…」ピクッ、ビクッ
…これは違いますね、わかりました
12:
>>11
分かってるじゃねー
13:
美少女「あっ!?だめぇ!見ないで!恥ずかしい!」
男「なにいっているんだ。綺麗なピンク色だよ。初めてなんだよな?」
美少女「そ、そうだよ!悪い!?」
男「いや、初めてにしては手つきが上手かったからさ」
美少女「それは勉強したからに決まってるよ!で、でも恥ずかしいからあまり見ないで!」
男「いや、ホントに綺麗な桜の絵だよ。初めてパソコンで描いたなんて思えない」
美少女「・・・一生懸命勉強したんだもん」
こうですか?こうですね?
14:
あ、脱字
美少女「それは勉強したからに決まってるでしょ!で、でも恥ずかしいからあまり見ないで」
うん、まぁ書かなくても良かったかな。次は脳内補完で。
15:
美少女「あっ...そこ...ダメぇ!!」
男「うっ!?...ごめん。」
美少女「ああっ!?...もう...」
美少女「バカ。良い感じだったのに...もう少しでイケたのに...」
男「ごめん。緊張して...つい...」
美少女「別に...またしたら良いじゃない。今度こそは、ちゃんと最後まで...ね?」
男「ああ!やってやるぜ!」
マインスイーパー1000×1000
男「ホントにマス小さくて押しずれぇ!」
美少女「爆弾も2万個とか鬼畜ゲー...あと数マスだけだったのが悔しい!絶体最後までいこう!」
実際あったら絶体やらないだろうなぁw
18:
美少女「あ...そこ...にってダメぇ!」
男「手だけじゃダメみたいだ...これは入るしかないな」
美少女「ダメ!そんなことしたらびしょ濡れになっちゃう!」
男「手だけでもヤバかったけど...覚悟を決めるか!」
美少女「い、いいから!これ以上は!」
男「っしゃ!いくぜ!」
美少女「あああ!?」
ザブン!......バシャア!
男「みみみ見つけたよ...おお前の髪留め...こここの川、底が深いな...」ブルブル
美少女「こんな寒いなか川に入るなんて!バカじゃないの!」
男「ここの髪留め大切なものだろ?スゲー悲しそうな顔してたから」
美少女「っ!?......ごめん怒鳴って...髪留め、ありがとう」
美少女「それよりも!早く身体を暖めないと!熱い飲み物買ってくるから!待ってなさいよ!」
男「おおおう...ヨロシクぅ...」
う〜む...俺が書く美少女は高飛車な感じになってまう。
19:
美少女「あっ...そんな...ダメぇ!」
女友「ええ〜?良いじゃん。女の子同士なんだしさっ♪恥ずかしがることないじゃん♪」
美少女「で、でも抵抗があるよ」
女友「手で直接ダメって言ったりもう...美少女は頭が堅すぎるよ...美少女の...食べたい。柔らかそうだし...それとも美少女が私にしてくれる?」
美少女「その方が余計恥ずかしいわよ!?」
女友「だったら観念して...ついでに舐めちゃお♪」
美少女「へ、変態だー!?」
女友「じゃ、いただきまーす!」
美少女「ああっ!?」
パクッ
女友「んん〜〜!美少女の作った玉子焼き中がふわとろ〜柔らかくて美味しい♪」
美少女「もう...お箸が無いからって手で食べようとするし、ついでに舐めちゃおとか...」
女友「ごめんごめん。ついからかっちゃった♪」テヘペロ
美少女「もう〜///」
男(良いなぁ…俺も美少女のお箸舐め...玉子焼き食べたいなぁ)
こういうのもアリですよね?
20:
実によい
21:
よい
22:
美少女「あ…いやっ、やめ…っ!!」
モミモミ
男「…頼まれたから肩揉んでやってんのに…」モミモミ
美少女「き…気持ち良いだけだってぇ…きゃふっ♪」
男「そろそろ良い?」
美少女「うん…ありがと」
美少女「さっきのはほら、エッチする時だって否定形の言葉が出るでしょ?それと同じ」
男「ばっ!いきなり何言ってんだよ!?」
美少女「ふふーん?頼み込んでも男なんかにはやらせてあげないわよっ♪」スカ-トヒラッ
男「…はー…ほんと何言ってんだ」グニッ
美少女「いひゃひゃっ!?や、やめへぇっ!」
24:
美少女「あっ...そこ...ダメぇ」
男「えっ...じゃあこうか?」
美少女「んん...違う。そこじゃない」
男「じゃあ...ここを...こんなに感じかな?」
美少女「あっ!今のは良かった。あと少し」
男「ってことは......こうだな!」
美少女「正解!男って本当に英語苦手だね」
男「なかなか頭に入ってこなくてね。教えてくれてるのに...」
美少女「人には得手不得手あるからね。でも男は習おうとする努力しているから良い方だよ」
男「そう言ってくれると少し報われるよ」
25:
美少女「あっ...ダメ...ダメよ...」
男「我慢は良くないぞ?正直になれよ」
美少女「が、我慢なんかしてない」
男「そうか?本当は欲しいんだろ?こんなに熱くて、汁も溢れてる。匂いもたまらないなぁ」
美少女「ああっ!」
男「もう入れちゃいたいんだろ?俺のコレをさ。お願いしたらあげても良いよ?」
美少女「うぅ〜…男の...下さい」
男「ん?聞こえないな。もっと大きな声で」
美少女「男の肉まんを下さい!」
男「ん。はいよ。無理してダイエットするよりちゃんと胃袋に食い物入れとかないと身体壊すよ」
美少女「うぅ〜…」モグモグ
27:
美少女「あっ...そんな...ダメ...」
美少女「うぅ...難しいよぉ。上下左右ちゃんとしてるのに...」
男「肩に力入りすぎ。リラックスして、あそこをちゃんと掴まえて、もう少しタイミングをくして」
美少女「こ、こうかな?」
男「ああ、うん、良い感じ。今度はイケそうかも!」
美少女「あ!やった!上がってきた!このまま...入れば!」
ポトッ
美少女「やった!やった!熊のぬいぐるみ取れた!可愛い!」
男「おめでとう」パチパチ
美少女「男のアドバイスのおかげだよ!ありがとう♪」
29:
美少女「えっ!?ちょ、何でそんな上手いのよぉ!?」
男「そりゃ……何回もヤったし」
美少女「そんな!私初めてなのに!あっ、やめてよそんなの!」
男「俺結構上手いだろ、そらそら」
美少女「う、上手すぎるよぉ!あっ、ダメ、やめてぇ!」
男「フィニッシュだ!」
美少女「あああぁぁっ!!」
男「ふう、どうだ?これが経験の差だ」ドヤァ
美少女「格ゲーでそんなにドヤ顔されてもねぇ……」
男「う、うっせぇ……」
30:
美少女「あ...いや...ダメぇ!」
男「敏感なんだな。そんなに取り乱して。それともコレが良いのかな?」
美少女「も、もう許してぇ!」
男「なに言ってんだってのお前から誘ってきたんだろ?今更止めるわけにはいかない。最後までするぞ」
美少女「んんー!あっ!も、もうダメぇ!」
女友「はい。5分経過。『猫じゃらしで足裏をくすぐる』の罰ゲーム終了〜」
男友「罰ゲームを書いた神経衰弱...引く度にシャッフルしてるのに美少女ちゃんがほぼ当たるとは...」
男「ほらほら、まだまだあるんだから続けようぜ?」ニヤニヤ
美少女「ううう...こんなの考えるんじゃなかった...」
32:
美少女「え?...そんな...いやぁ!」
親父「フフフ...入れる前からそんなに怯えてからに。入れて始まった瞬間がどうなることやら」
美少女(に、逃げなきゃ!)
兄貴「おっと、逃がさないぜ?ホラ親父。さっさとしろよ」
親父「まぁ待て。最初からじっくり楽しまないと...兄貴「もう待てねぇよ。さっさとトバしてくれよ」
美少女「い、いや!離して!た、助けて!お母さん!」
お袋「あら?お父さん、着信アリのDVD借りてきたの?懐かしいわね〜」
親父「だろう?美少女は相変わらずホラー映画は駄目っぽいな!ワハハハ!」
兄貴「面白いのにな」
お袋「そうよね〜。あ、美少女が逃げないようにお母さんも抑えとくわ〜」
美少女「ううう...鬼畜家族ぅ!」
33:
クリスマスらしいのが見たいな
34:
寝室
男「zzz・・・」
美少女「」ソローリ
男「zz・・・ん...」パチッ
美少女「あっ」
男「!?なんングッ」
美少女「ダメ...ね?」スッ
男「(指で口を塞いで...!)」
美少女「起こしちゃったけど、はい、これ」
男「あ...欲しかった時計だ..!!ありがとう!」
35:
男「....あ、でも何も用意してないや...」
美少女「べっ別に良いわよ...よ、喜んでくれたんだから」ボソボソ
男「....!そうだ」
ガサガサ
男「ほら、前に買ったんだ、この髪留め」スッ
美少女「えっ...」
男「似合うと思うから、出来たらここでつけて欲しい」
美少女「わ...私のために...」ポーッ
36:
美少女「ど、どう...?」スッ....
男「!!やっぱり似合ってる!凄く綺麗だ...!」ジーッ
美少女「あ..そ..そんなに見たら...き、綺麗っt」 ボフッ
男「!?」
男「ベッドの上で気絶しちゃったよ....仕方ない、か...」
モゾッ...
「メリー・クリスマス...」
38:
大晦日で
45:
年末年始忙しくて見れなかったが、まだ残ってたww次期外れだがクリスマスと大晦日のネタを投稿しようかな
46:
美少女「あ...そんな...ダメぇ!」
男「なんで?みんなウマいって言ってるよ?」
美少女「っ...男は違いなんかわかるわけ?」
男「ん〜そんなに食わないからなぁ。わからんかも」
美少女「ほらみなさい。みんな同じ反応するから勘違いしてウマいと思い込んでるのよ」
男「それでも美少女のを食べたい」
男「うんめぇ!?いやマジで美味い!美少女のケーキ!」
美少女「お、大袈裟よ。もう...」
男「クリスマスが近いから調理実習がケーキとか...この学校に来てよかった」
美少女「ほんと大袈裟すぎよ」
47:
美少女「え?...そんな...ダメぇ!」
男「...」
美少女「ソ、ソレ入れるの?大きすぎ!ほんとにソレ入れるの?」
男「...ここまで来たんだ。入れないと意味無いだろ...やっぱりデカイよな...」
美少女「ま、待って!私の!...」
美少女「5円貸すからそれを御賽銭にしなさい」
男「ありがとう美少女!財布忘れたから御守りの中の諭吉さんを投げ入れる所だったぜ...」
美少女「あとでちゃんと返してよね!」
男「おぅ、じゃ、お参りしますか」パンパン!
48:
男「(美少女と仲良くなれますように)」
美少女「(今年も健康でありますように...あと、男と仲良くなって...こ、恋人になって、いっぱい...イ、色々な事をができて、それから...)」
男「美少女?」
美少女(ドキッーン)「ん?何?」
男「長いお願い事だな。...何を願ったの?って聞くのはお約束だよなw」
美少女「言ったら叶わなくなるから言わない。...ってのもお約束よね」
美少女「とりあえず、おみくじ引きに行きましょ!」
51:
美少女「えっ...そんな...ダメです...」
中年「もう私は、たってしまってる。あとは君が座るだけでいいんだよ」
美少女「で、でもっ!」
中年「早くしないと...動いてしまうよ?」
美少女「あああっ!?」
プルルルルゥ! ドアガシマリマス プシュー!
美少女「座席を譲って頂き、ありがとうございます」ペコッ
中年「なぁに、気にしないで。電車で立っているのも慣れてるさ。ハッハッハ!」
52:
美少女「あ...そこ...ダメぇ!」
男「逃げるなよ〜?コイツでとどめだぜ!」スパン!
美少女「あっ!あっ!あっちゅ!」ビクビクッ
男「くっ!?まだ出る...のか!」パンパン!!
美少女「もう...いやぁ!」
教師「いやぁ〜倉庫整理ご苦労様!」
美少女「先生!なんで倉庫にあんなにゴキブリがいたんですか!?大量発生しすぎですよ!」
男「ビビって噛んでたしな、美少女が」
美少女「それは忘れてぇ!」
53:
美少女「あ...もう...ダメぇ!」
女友「んっふふぅ〜♪身体がビクついてる。美少女のココ...かった〜い♪」
美少女「んあ!?もうダメ!もう限界!もうイケない〜〜!」
体育教師「ピピーッ!はい交代!」
美少女「ハァ...ハァ...ハァ...ハァ...」
女友「ほんと身体固いね〜?開脚でここまでへばるとは」
美少女「くっ...体操部の女友とは違うわよ!」
男「(......なんかこう...エロいよな)」
54:
生徒会長「あ...そこダメ」
男子「えっ?」
生徒会長「廊下はなるべく走らない」
男子「す、すみません!」
生徒会長「あ...そこダメ」
女子「はい?」
生徒会長「ちゃんとゴミの分別はする。キャップとペットボトルもちゃんと別ける」
女子「ご、ごめんなさい!」
美少女「あ...そこ...ダメぇ!」
生徒会長(ピタッ)「?体育倉庫からか?」
男「ククク...身体は正直だよな。口ではそういってもさ。まだまだイケるはずだよ?」
美少女「あ...あぁん!」
55:
生徒会長「///...そこ!そんな事しちゃダメだ!」ガラッ!
美少女&男「え?」
生徒会長「...え?......何をしているのだ?」
男「えっと...開脚の...練習?」
美少女「あ、あの!私が身体が固いので、男君に手伝って貰っているんです」
生徒会長「と、時と場所を選んで練習しろ!///」スタスタスタ
56:
美少女「あ...あぁ!...ダメぇ!」
父親「うっ!し、しまる!」
美少女「お父さんもうダメ!」
父親「まだだ!まだイケるはずだ!」
店員「あ〜ギリギリッスね〜。んじゃ確認します。 ピッ! 新作のDVD5点以上ですね。ありがとうございました〜」
美少女「間に合って良かったね」
父親「調子にのって借りすぎた。延滞金も馬鹿にならんからな〜良かった良かったww」
61:
美少女「あっ...そんな...ダメぇ...」
おっちゃん「まぁまぁ、とりあえずやってみよう」
美少女「太いって!口に入らないって!」
おっちゃん「美少女ちゃんの為にこんなになっちゃったんだから...さぁ…くわえてみて」
美少女「むぐぅ!?ぷわぁ!はぁはぁ...苦しい...」
おっちゃん「おっと、いけねぇ。ちゃんとこっちを見てからしないと」
美少女「ええぇ?もう嫌だよ!」
おっちゃん「たしか今年は南南東だったかな?」
美少女「こんなボリュームのある恵方巻きもう食べられないよ!おなかいっぱいだよ!」
まだ残ってたから投下...あえてアゲ
63:
美少女「あっ...ダメ!もっと!」
男「いや、これ以上は...」
美少女「...アンタこれ以上濡れるつもり?わ、私だってもう濡れてるのよ。もう少し中に入りなさいよ。もっと、く、くっついても良いんだから」
男「わかった...それじゃあ...」
ザーザーザー!!
美少女「凄い大雨ね」
男「美少女が傘の中に入れてくれて助かったよ。ありがとうな」
美少女「困ったときはお互い様よ」
もうってかだいぶ前からスレタイの台詞でネタ作るの限界ッスww
64:
ではそろそろシメのネタで完結?
65:
美少女「あっ...そこ...ダメぇ!」
男「...なぁ、聞いていいか?」
美少女「ああ!真っ白になっちゃう!?って何よ?」
男「その...美少女の台詞がたまに変なふうに聞こえるんだが...わざとなのかな?って思ってさ」
美少女「変なふうにって...そうかな?」
男「あ、いや!ダメじゃないよ?むしろそのままで全然オッケー!」
美少女「そんな事言われると意識しちゃうじゃない!」
美少女「まぁいいわ。さっさと続きをやりましょ」
美少女「オセロのね!」

66:
乙!
無理やりながらも完走ご苦労様でした!
6

続き・詳細・画像をみる


【画像あり】化粧を覚えたことによる女の進化がすげえええええええええ

【画像】昔は雛祭りに女の子の性教育をしていたと話題に!その画像が生々しい・・・。

慰安婦は小林よりのりの漫画が一番分かりやすいな(´・ω・`)

【朗報】「死体を跡形もなく消す方法」がついに開発される

婚活で会った40代バツイチ男に離婚理由を聞いたらファビョりだして「酔ったら話します」

3/3 最近のガンダムのニュースまとめ

back 削除依頼&連絡先