憧「ヤマノムスメ」back

憧「ヤマノムスメ」


続き・詳細・画像をみる

1:
とある吉野の山中。
ざっざっ…
憧「……ねぇしず…未だ着かないの……」はぁはぁ…
穏乃「もう…何言ってるの憧?まだまだだよ」
憧「あーもう…疲れたよ。ちょっと休憩しよ?しず」
穏乃「うーん。そんなに高い山じゃないんだけどな……」
憧「私は…アンタと違って田舎育ちだけど山育ちじゃないんだからさ」
穏乃「山育ちって……」
憧「若しくは…そう――――」
憧「ヤマノムスメ」
憧「――――って感じかしらね……」
5:
穏乃「何だよ?ヤマノムスメって……」
憧「アンタみたいに山に登って遊ぶのが好きな、お猿さんみたいなみたいな娘の事よ」
穏乃「誰がお猿さんだよ!?誰が?」むっ
憧「アンタの事よ。しず――――」
憧<――――そう…しずは私にとって世界一かわいいお猿さん……>
穏乃「……まったく憧は歯に衣を着せないんだから……」むぅ
憧「全くはこっちのセリフよ?……ほんとにどうしてこんな事に……」
穏乃「あのねぇ…こんな事にって、言うんだったら。その原因を作ったのは、憧自身なんだからね?」
憧「――――うっ…それは……」
憧<そう…どうしてこんな事になってしまったかと言うと―――――>
もわんもわんもわん。
6:
一昨日。
穏乃さんの部屋。
穏乃「今日はどうしたの憧?急に逢いたいだなんて」
憧「うん……その事なんだけど……」もじもじ
憧「……あのね…しず……私…しずに借りたジャージ返すね……/////」すすっ
穏乃「……………ねえ憧……」
憧「なぁに…しず?//////」そわそわ
穏乃「…………私…憧にジャージ貸した記憶なんて無いよ?」
憧「え?」
穏乃「……憧がウチにきた後に、ジャージが無くなってた事なら有るんだけど」じとー
憧「うっ!?」ぎくっ
7:
憧<私が…ついうっかり拝借したジャージを都合よく借りていたと言う設定にした――――>
憧<その名も『ジャージ借り返し御返し倍返し作戦』(?)が裏目に出たーーーー!!!!>がびーん
穏乃「?」
憧<しずも流石にそこまで能天気なお猿さんでは無かった……と言うか、私が間抜けだっただけか……>がくっ
9:
……。
穏乃「…………で、どうして憧は私のジャージを盗ったりしたの?」
憧「そ…それは……その…………」もごもご
穏乃「言えない事なの?」
憧「――――そっそんな事無いわよ!!」
憧<ほ…ホントはそんな事あるんだけど……//////>かぁぁ
憧<あの時……前にしずの家に遊びに行った時――――>
憧<帰る時にうっかり、しずが無造作に脱ぎ捨てたジャージを見付けて――――>
憧<インターハイの時に着た感触と匂い……あの時の半ば倒錯した感覚を思い出してつい――――>
憧<魔が差してお持ち帰りしてしまったなんて……言えやしない言えやしないよ……>
穏乃「……まったくナンに使ったのか知らないけど……」
穏乃「普段ジャージばっかり着てないで、もうちょっとオシャレしなさいよ。なんて言いてくるクセにさ……」
10:
憧「ちょっ…ちょっと着てみたくなっただけよ!そっそれだけなんだからっね?」
憧<よしっこのいい訳なら、怪しまれないでナンとか乗り切れる!!>ぐっ
穏乃「それだったら…インターハイの時に、私の制服と取り換えっこして、着てたじゃないか?」
憧「うっ……」
穏乃「それに…着るだけだったら、わざわざ盗む必要なんて無いし……」
憧「そ…それは……」
穏乃「ホントのトコはどうなのさ?」
憧「う…うう……」たじ…
憧<これだけは死んでも言えるわけないよーーーー>
穏乃「……まぁどういう心変わりか知らないけど、こうして返してくれたし……」
穏乃「ちゃんと洗濯…しかもクリーニングじゃなくて……」
穏乃「わざわざ手洗いにして、アイロンまで掛けてくれたのは、私もちょっと嬉しかったけどさ」
11:
憧「そっそうよ。私は誠実な女なんだからっ」ふんす
憧<ほ…ホントは…はむはむしたり、くんかくんかしたり、擦り付けたりして――――>
憧<その結果、色んな汁と匂いのこびり付いた、カピカピのジャージなんか……>
憧<……流石にとてもクリーニングなんかに、出せる訳が無かっただけだけど…………>
憧<でも…却ってその方がしずには、好印象みたいで良かった……>ほっ
12:
穏乃「……………」じー
憧「はっ!!」びくっ
憧<この目…まさかサトラレた!?>どきどき
穏乃「もういいよ……憧にもいろんな事情があるんだろうし……」はぁ
憧「…………」ほっ
穏乃「でも――――憧が私のジャージを盗った事実は変わらないよ?」
憧「……うう…わ…分かったわよ。な…何でもするからそれで許してくれる?」
穏乃「憧……今、何でもするって言ったよね?」ずいっ
憧「う……い…言ったわよ……」たじ…
穏乃「それなら――――――――」
もわんもわんもわん。
15:
穏乃「――――そう言って、私の言う事を聞いてくれるって言ったのは、憧なんだからね?」
憧「それは…そうだけど……でもどうしてよりによって、山登り(こんなこと)なのよ?」
憧<て…てっきり……あんな貌するもんだから……>
憧<しずが…私にあんなコトさせたり、こんなコトしたりするなんて…期待してたんだけど……>
穏乃「…………憧がナニを考えているのか分からないけど……」
穏乃「憧は私の勉強を見てくれたり、一緒にゲームしてはくれるんだけど……」
穏乃「山登りだけは嫌がって、一緒に登ってくれなかったから…だからいい機会だと思ってさ」
16:
憧「だから…こうして仕方なく――――――」
穏乃「それに…憧のピンク色のジャージ姿もとっても似合っててカワイイよ」にこ
憧「!!////////」どきーん
憧<し…しずが私のジャージ姿がカワイイって……今までどんなにオシャレしても言ってくれなかったのに……>どきどき
17:
憧「ふんっ。わっ…私は何を着ても、カワイイんだからねっ///////」ふいっ
穏乃「ははは…その様子だと、まだ元気があるみたいだね?憧」
憧「――――はぁ分かったわよ。こうなったらさっさと登って、さっさと下山してやるんだから!!」
穏乃「うん。その意気だよ憧。でも張り切り過ぎには注意しないとね」にこっ
憧「!!」どきっ
憧「う…うん……//////」こく…
穏乃「ふふふ…」にこにこ
憧<ふぇ?ん。こういう時のしずの笑顔は、私には眩し過ぎるよ?//////>どきどき
19:
ざっざっ
穏乃「憧…大丈夫?ちょっと休憩しようか?」
憧「だ…大丈夫よそれにもう山頂(てっぺん)まで近いんでしょ?」はぁはぁ
穏乃「うん…そうだけど。無理していく必要はないし……」
憧「無理なんかしてないわよ!ほら、しずさっさと行くw――――」
ずる―――
憧「わわっ――――」
穏乃「だっ大丈夫!?憧!!」
憧「だっ大丈夫に決まって……つっ……」
穏乃「憧……もしかして膝を打ったの?」
憧「だから大丈夫だって――――」
穏乃「ちょっと見せて!!」ばっ
ずりっ
憧「あっ!?//////」
20:
穏乃「ほらやっぱり、擦り剥いてる…それにちょっと膝を打ってるみたいだね……」
憧「だっ大丈夫よ!こんなもん嘗めれば――――!?」
穏乃「――――んっ……」すっ…
じゅじゅっじゅる…
ぺっ
ぺろ…
憧<えっ!?しずが私の傷口を嘗めて……////////>
穏乃「ん……」
ぺろぺろ…
憧<しずの濡れた舌の感触が…痛気持ちいい――――///////>んんっ…
ぺろ…
憧「あ…しず……///////」はぁはぁ
22:
穏乃「―――――!!」はっ!
ばっ
穏乃「あっ憧…ごめん……ついいつもの癖で、自分にするみたいにしちゃって……」
憧「しず……」
穏乃「ごめんね…憧……今日はちゃんと救急箱を持って来てるから……」
憧「いいよしず…ありがとね……これで充分だよ」にこ
穏乃「憧……」
憧<むしろ…この方が嬉しいっていうか……コーフンするっていうか……///////>どきどき
穏乃「ありがとう憧。でも、ちゃんと消毒しないとね」ささっ
ぬりぬり
24:
憧「?????――――ッ」びりびり
穏乃「ちょっと沁みるけど我慢してね」
憧「う…うん……」
穏乃「――――よし、後は湿布を貼って……うん。終わったよ憧」
憧「あ…ありがと……/////……でも…御免ねしず。足引っ張っちゃって……」
穏乃「……私こそ…ごめんね憧。私、憧と一緒に登る事が嬉しくて、つい張り切っちゃって、憧の事…全然考えて無かった……」しゅん
穏乃「憧は何年も山登りしてなかったと言うのにね……ホントごめん」ぺこり
憧「しず……」
穏乃「……もう降りようか?憧の怪我も心配だし。これ以上無理はs――――」
憧「何言ってるのしず?未だこれからじゃないの!!」
25:
穏乃「でも……」
憧「私なら大丈夫。それにしずが治療してくれたしね」にこ
穏乃「憧……ほんとにいいの?」
憧「いいに決まってるじゃない!!さぁしず。もう行くわよ!!」びしっ
穏乃「ほんとに大丈夫なの?」
憧「だから大丈夫だって。今度は強がりじゃないし。もし痛くなったら我慢せずに言うから……」
穏乃「それなら…いいけど……」
憧「もうっしずは案外と心配性ね。でもそう言う、しずの優しい処…私は好きだよ」にこ
27:
穏乃「あ…憧……///////茶化さないでよ……」かぁぁ
憧<茶化してなんて…ないよ……>じ…
穏乃「?」
憧「それに、ここまで来てすごすご帰るのは、私のプライドが許さない!!」
憧<それに…一緒に頂上まで登って、しずの喜ぶ顔が見たいし……//////>
穏乃「憧…うん。わかった。よしっ!こうなったら何が何でも登るからね!憧も覚悟してよ」
28:
憧「あったり前よ!女に二言は無いわ!!」
穏乃「うん。それにもし憧が動けなくなったとしても……その時には私が憧をおぶってでも連れてくから―――」
穏乃「だから。大丈夫だからね憧――――」キリッ
憧「しず…ありがと……」あったか?い
穏乃「さあっ後少し!頑張って登ろう憧」
憧「うん―――――」
29:
ざっざっ
ざっざっ
憧<……とは言ってみたものの…流石にちょっと疲れたわね……>はぁはぁ
ざっ…ざっ…
憧<体力に自信が無いわけじゃないんだけど……>はぁはぁ
ざっ…
憧<運動なんてここ最近全然してないし……それがいきなり山の登りなんて、やっぱ無茶だっt―――――!!!>
ずるっ――――
憧「あっ――――!?」がくんっ
穏乃「!!」ばっ
がしっ
31:
穏乃「憧…大丈夫?」
憧「…………しず……ありがと…うん大丈夫…ちょっと足を滑らせただけだから」
穏乃「今引き上げ……!!」
憧「?」
穏乃「――――憧…今、アレを突発的にやりたくなっちゃたんだけど……」
憧「?……!!」はっ
憧「……はいはい分かったわよ」はぁ
穏乃「いくよー憧!!」
穏乃「ファイトー!!」
憧「イッパーツ!!」
穏乃「ぷっ」
穏乃「あはははははは」
憧「あはは……」
憧<はぁまったく何やらせんのよ…もう……まぁ…しずが喜んでくれているならいいか……>ふふ
33:
憧「でも…ごめんねしず。あんな事言ったのに…私ちょっと足手纏いになってるね……>しゅん
穏乃「何言ってるの?憧。憧は憧が思っている以上に頑張ってくれているからね」
憧「……しず…ありがとう……」
穏乃「それに……憧は私が責任を以って必ず、頂上まで連れて行くから」
憧「しず……セキニン取ってくれるんだ?」
穏乃「?……うん任せてよっ!だから安心して一緒に登ろう!!」どん
憧「うん……」
憧<これから二人で登る、人生と言う名の長い永い山道(やまみち)もね……//////>きゃっ
36:
ざっ……
ざっ…
穏乃「憧」
穏乃「着いたよ」
憧「えっ!?」
穏乃「ほら…憧……ここが頂上だよ」にこ
憧「つ…着いたの……本当に……」
穏乃「うん」こく
憧「やった…着いたんだ……」ほっ
穏乃「うん。ほら憧。ここから見降ろしてみて」
憧「うん……」すっ…
40:
憧「!!――――――――」
穏乃「どう?憧」
憧「碧の山並みが……凄くキレイ……それに霧がかっているのが、ちょっと不思議な感じで……」
穏乃「ふふ…いい眺めでしょ」ふふん
憧「うん……私は…吉野(ここ)にずっと居たのに今まで気付かなかった……ううん気付こうともしなかった……」
43:
憧「……実際は子どもの頃に、何回も眺めている筈なのに……」
憧「あの頃は、この景色を当たり前のものだと思ってたんだ…………」
穏乃「へへ…憧にも…改めてこの眺めを見てほしかったんだ」
憧「それで私を山登りに……」
穏乃「ふふ」にこ
憧「穏乃……」
穏乃「そうだ…憧。疲れたでしょ?あそこで休憩しようか?」
憧「うん――――」こく
45:
穏乃「憧……寒くない?」
憧「う…ん汗もかいたし、ちょっと冷えてきたかな?」ぶる…
穏乃「だったら」すっ…
憧<えっ?しずが私の肩に手を回して……//////>どきっ
穏乃「こうすれば少しは…あったかいかな?」
憧「うん……あったか?い///////」どきどき
穏乃「ん?今の…宥さんみたいだね」
憧「あっ……宥姉が移っちゃったかな?//////」
穏乃「ぷっ…あはは」
憧「あはは」
48:
穏乃「今はこんな…碧の山海みたいな感じなんだけど……」
穏乃「春になったら桜が咲いて、天空の桃源郷って言った感じで、とっても綺麗なんだ」
憧「へーそうなんだ……じゃあまたその時になったら、一緒に登ってくれる?」
穏乃「うん。勿論だよ。私も憧と一緒に見たいんだ」にこ
憧「―――――//////」
憧「……あの…それって…………////」どきどき
穏乃「憧と……友達とこの景色を共有したいって、ずっと思ってたんだ……」
穏乃「今までずっと……一人で見てたから……」
50:
憧「……それだけ?」
穏乃「?……うん…そうだけど……やっぱり一人もいいけど、友達と一緒に登るのも楽しいし」
憧「そう……」
憧「友達と…してね……」ぼそ…
穏乃「ん?何か言った?」
憧「なっ何でもないわよ!!」ぷいっ
穏乃「?」はて?
憧<……まったく…このヤマノムスメは簡単に落ちそうで、全然落ちそうにないんだから……>はぁ…
穏乃「ん?どうしたの憧?」
憧「だから!何でもないわよ!!」
憧<……もしかして…実はしずは難易度最低じゃなくて、難易度MAXなんじゃないかって思えてきた……>はぁ……
穏乃「?」
53:
……。
穏乃「――――もうそろそろ降りようか?早く降りないと暗くなっちゃう」
憧「うん。そうね」
ざっざっ
憧「……ねぇ…しず……」
穏乃「どうしたの憧?」
憧「さっき…桜が咲く頃になったら、また登ろうって言ってたけど……」
穏乃「うん…やっぱりもう嫌になっちゃった……?」しゅん
憧「ううん。その逆。私もちょっと山登りが、好きになっちゃったみたい……」
56:
穏乃「!!」ぱぁ
憧<…………大前提として『しずと一緒に』が付くんだけどね……/////>きゃっ
穏乃「憧……」じーん
ざっざっ
憧「だから。降りたらまたすぐにでも登るわよ!」
穏乃「うん!!」
60:
翌日。
憧さんの部屋。
穏乃「……昨日の事が心配になって来てみれば案の定……」はぁ
憧「ちょっ!ちょっと腫れただけだから大丈夫よ!!」
穏乃「やっぱり昨日、無理し過ぎたんじゃ……」
憧「だから大丈夫だって。それに昨日はホントにそんなに痛く無かったし……」
穏乃「こんなに包帯ぐるぐる巻きにして…そう言えるのだから、大したものだとは思うけど……」
穏乃「……でもこれじゃ…次の山登りは当分出来ないね」
62:
憧「何言ってるの!?こんなのすぐに治るわよ!!それにしずも…また登りたいんでしょ?」
穏乃「そうだけど……私は憧の身体の方がずっとだ大事だよ」
憧「――――えっ!?//////」かぁぁ
憧<……でも、今のも私が思ったのとはニュアンスが違うんだよなぁ。この鈍感なお猿さんは……>はぁ
穏乃「?どうしたの憧?」
憧「何でもないわよ……それよりしず。私の怪我が治ったら行きたい山があるの」
穏乃「へぇどの山?」
憧「百合ヶ岳ってとこよ」
穏乃「百合ヶ岳かぁ……ここからそんなに遠くないし、ちょっと高い気もするけど、この時期なら良いと思うよ」
65:
憧「じゃぁ決まりね」
穏乃「うん!!」
憧<ふふ…しず……アンタには山の良さってのを教えて貰ったけど……>
憧<今度は私が百合ヶ岳で――――>
憧<百合の良さってものを教えてアゲル……>くすくす
おしまい。
66:

山の中で2人きりというおいしいシチュエーション
7

続き・詳細・画像をみる


ガンダムのセリフの一部をハゲにすると切実

つけ麺の意味が分からない

石破「河野談話検証は真実の探究。意義がありまくりんぐ」

アメリカの食文化マジキチすぎ吐いた

茶の湯って現代でいえばなんなんだ

アニメが原作に追い付きそうな時の措置ってどうすればいいんだろうな

back 削除依頼&連絡先