まどか「マミさん大好きです!」back

まどか「マミさん大好きです!」


続き・詳細・画像をみる

1:
さやか「いつも頑張ってるマミさんにプレゼントを用意しました!」ジャジャーン
マミ「これは…カツ丼?」
まどか「マミさんに喜んでもらいたくて」
マミ「ありがとう二人とも…すごくおいしい!」モグモグ
6:
まどか「マミさん!いつもお疲れ様です」
さやか「魔女退治で忙しいだろうから、夕飯を作ってきました!」ジャジャーン
マミ「あら、ありがとう」
マミ「カツ丼すごくおいしいわ!」モヒモヒ
8:
まどか「マミさん、おはようございます!」
マミ「どうしたの?こんな朝早くに」
さやか「マミさんに朝はゆっくりしてもらいたくて、朝ご飯作ってました!」ジャジャーン
マミ「本当?嬉しいわ」
マミ「朝から」
12:
まどか「マミさん!お昼ご飯一緒に食べましょうよ」
マミ「ごめんなさい、お弁当持ってきてなくてお昼は抜きなの」
さやか「大丈夫ですよ、マミさんのお弁当持ってきました!」ジャジャーン
マミ「ありがとう二人とも、おいしいわ…ゲフ」
13:
まどか「マミさん!おやつ食べましょう!」
さやか「用意してきました!」ジャジャーン
マミ「おやつにカツ丼?」
まどか「最近の流行りなんですよ」
さやか「マミさん知らないんですか?」
マミ「い、いえ知ってるわよ」ゴフゴフ
マミ「おいしいおいしい!」
14:
まどか「魔女退治お疲れ様です!マミさん」
さやか「今日も夕飯作ってました!」
マミ「またカツ丼?」
まどか「いつもカツ丼じゃあ飽きちゃうと思って」
さやか「今日はカツ重です!」
マミ「気をつかってくれてありがとう、おいしい!」ブホブホ
16:
マミ「ふぅ、お腹いっぱい」
まどか「デザートはどうですか?」
マミ「ありがとう、いただくわ」
さやか「デザートのミニカツ丼です!」ジャジャーン
マミ「あら、かわいい」
マミ「ありがとう、おいしいおいしい!」バフバフ
18:
まどさや「さよならー」
マミ「ありがとう、また来てね」
ピンポーン
マミ「あら、忘れものかしら」ガチャ
ほむら「こんばんは」
杏子「ちょっと話がある」
マミ「どうしたの?とりあえず上がっていって」
21:
マミ「何か食べる?カツ丼くらいしか出すものないけど」
杏子「それだよ!おかしいぞ、あんた」
マミ「?」
ほむら「巴マミ、今日は何を食べたかしら」
マミ「えっと…カツ丼を何杯か、あとカツ重」
杏子「カツ丼だけじゃねえか!」
ほむら「体調おかしくするわよ」
マミ「心配してくれてありがとう、でもかわいい後輩が作ってくれるんだし…」
杏子「明らかにバカにしてんだろ」
ほむら「断ったほうがいいわ」
マミ「もしかして…嫉妬?」
杏子「なわけねえだろ!」
25:
マミ「佐倉さんはカツ丼好きそうだし、暁美さんは鹿目さんに作ってもらいたいだろうし…」
杏子「ふざけんな!デブと一緒にすんじゃねえ!」
ほむら「私だってまどかにご飯くらい用意してもらってるわ、パンツとか」
マミ「そう…じゃあ二人は本当に私を心配してくれてるのね」
杏子「ああ、そうだよ」
ほむら「まどパン食べたい…」
マミ「そうね、少し考えてみようかしら」
28:
まどか「マミさん、おはようございます!」
さやか「今日もカツ丼作りましたよ!」ジャジャーン
マミ(昨日、佐倉さんと暁美さんに言われたから…)
マミ「いつもカツ丼だから、今日はやめておこうかしら」
まどか「そんな…食べてくれないんですか…」ウルッ
さやか「マミさんのために頑張ったのに…」グスッ
マミ「じ、冗談に決まってるじゃない!おいしい!カツ丼すごくおいしい!!」ブヒブヒ
まどか「よかった、これからもカツ丼食べてくれますよね!」
さやか「また作りに来ていいですよね!」
デブ「もちろんよ!」
3

続き・詳細・画像をみる


弁護士の仕事

平昌冬季五輪で韓国は先進国入りを果たすだろう←えっ何言ってるの?こいつ

広末涼子が不倫wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【画像】アップル本社に設置予定の故ステーブ・ジョブズの像が酷すぎると話題

【ハンター×ハンター】ジンの念能力やっぱこれかwwwwwwwwwwww

「日本がアメリカに原爆を投下?」インドの中学校で実際に使用されている間違いだらけの社会の教科書

back 削除依頼&連絡先