にこ「とつげーき!」花陽「ピャア!?」back

にこ「とつげーき!」花陽「ピャア!?」


続き・詳細・画像をみる

1:
にこ「かよちんのほっぺは今日もふわふわでぷにぷにでかわいいニコ」モミモミ
花陽「や、やめてよーニコちゃん」カアアアアアアアア
にこ「ニコはー、一日一回かよちんのほっぺに触らないと生きていけない病気なの……。かわいそうなニコ……」シュン
花陽「そんな病気ないよね……?」
凛「それは大変ニャ! かよちん、ほっぺを揉ませてあげないと!」
花陽「信じちゃうの!?」ガーン
2:
にこ「かよちんのほっぺ気持ちよくていつまでも触ってられるニコ」モミモミ
凛「これもニコちゃんのためだよ、かよちん」ウンウン
花陽「タスケテー!」ナミダメ
にこ「これで今日のほっぺ成分充電完了ニコ!」テカテカ
にこ「今日も元気にいっくよー! にっこにっこにー!」
凛「にゃんにゃんにゃーん!」
凛「あ、凛もかよちんのほっぺ触って――」スッ
花陽「凛ちゃんも!?」
にこ「だめ」パシッ
5:
にこ「ニコのなの!」ムー
凛「凛の!」シャー
花陽「花陽のほっぺたは花陽のじゃないの……?」
真姫「こんにちはー、ってなんでいきなりニコちゃんと凛が火花を散らしてるわけ?」
花陽「花陽のほっぺを巡って……」
真姫「はぁ? ナニソレイミワカンナイ」アキレ
花陽「花陽も全然わけわからなくて……」
にこ「ニコの揉み方はかよちんのほっぺをときほぐしてかよちん自身をリラックスさせると同時に血液の循環を――」
凛「む、難しいこと言って凛を混乱させようとしたって無駄ニャ!」
9:
真姫「ニコちゃんも凛も何わけのわからないこと言ってるの?」ヤレヤレ
花陽「真姫ちゃん……!」パアアアアアアアア
真姫「かよちんのほっぺはこの可愛い真姫ちゃんにこそふさわしいわ!」
花陽「真姫ちゃんまで!?」
にこ「いくら真姫ちゃんといえどかよちんのほっぺは渡さないニコ!」
凛「かよちんのほっぺはこの中では凛が一番最初に見つけたオアシスニャ!」
真姫「そっちがそのつもりなら仕方ないわ」
真姫「本当はニコちゃんや凛と争いたくなんてないけど……」
真姫「……戦争よ」
花陽「戦争……? って、ええええええええええええ!?」
11:
にこ「勝負は一回きりニコ……」
凛「神経を研ぎ澄ませて……」
真姫「覚悟はいいわね……?」
にこりんまき「「「……」」」ゴクリ
花陽「みんなで拳を握って……? だ、ダメだよそんなこと!」
花陽「仮にもスクールアイドルなんだからそんな……!」
にこ「勝っても負けても!」グッ
凛「文句なしの!」グッ
真姫「真剣勝負!」グッ
花陽「やめてええええええええええええ!」
12:
にこりんまき「「「じゃーん! けーん! ぽん!」」」
花陽「ってじゃんけん!?」ガックリ
にこ「結果は?」
真姫「私とニコちゃんがパー、凛がグーね」
凛「チョキを出すつもりだったのに力が入りすぎてグーになっちゃったニャ……」ショボン
花陽「花陽、殴り合いの喧嘩するのかと思っちゃった……」
にこ「アイドルがそんなことするわけないニコ」
真姫「真姫ちゃんの顔に傷でもできたらどうするのよ」カミノケクルクル
14:
凛「それにかよちんも巻き込んじゃうかもしれないから絶対に殴り合いはしないニャ!」
にこ「そうだよー、かよちんのふわふわほっぺが腫れてぷくぷくほっぺになっちゃったら大変だよー」
真姫「それもそれでいいかもしれないけどね」フフ
にこ「真っ赤になったほっぺを涙目で抑えるかよちん……」チラッ
花陽「ふぇっ?」
凛「うん!」グッ
にこ「ニコ!」グッ
真姫「えぇ!」グッ
花陽「みんなどうしちゃったのぉっ!?」
16:
真姫「とりあえず、凛は負け抜けね」
凛「うぅ……悔しいけど仕方ないニャ……」
にこ「勝負の世界は残酷ニコ」
真姫「さて、ニコちゃん、貴女と初めて会った時からいつかこうなるんじゃないかって思ってたわ」
にこ「奇遇ね、ニコもずっとそう思ってた」
真姫「ニコちゃんと」
にこ「真姫ちゃんと」
にこまき「「一騎打ち!」」
花陽「もう花陽何が起こってるのかついていけないよぉ……」
凛「かよちん、目をそらしちゃだめだよ。2人はかよちんのほっぺを争ってあそこで真剣に戦ってるんだから」
花陽「う、うん……。どうして花陽のほっぺを争ってるのかすらわかってないんだけどね」
17:
真姫「さーいしょーは――」ピリピリ
にこ「グー……っ!」ピリピリ
凛「すごい緊張感……ライブ前でもあんな2人見たことないニャ!」
花陽「なんでライブ以上の緊張感をここで使っちゃうの……?」
真姫「じゃーん!」
にこ「けーん!」
凛「ついに決着の時ニャ」ゴクリ
花陽(なんでこんなに真剣なんだろう……)
にこまき「「ぽん!」」
19:
真姫「ニコちゃんは!?」チョキ
にこ「真姫ちゃんは!?」グー
凛「決まったああああああああああ! ニコちゃんの勝ちニャああああああああああああああああ!」
真姫「そんな……。この真姫ちゃんがじゃんけんでニコちゃんに負けるなんて……」
花陽「なんの駆け引きもなかったしただの運ゲーだったもんね」
にこ「真姫ちゃんは強かった、けどニコには今一歩及ばないニコ」
凛「悔しいけどかよちんのほっぺはニコちゃんのものニャ」
真姫「この真姫ちゃんにも手に入れられないものがあったなんて」ガクリ
花陽「いつの間にか花陽のほっぺがニコちゃんのになっちゃった」
20:
にこ「というわけで今日からかよちんのほっぺはニコのものニコ」ニコニコ
花陽「…………」
にこ「かよちん、どうしたニコ?」
花陽「……ほっぺだけなの?」
にこ「え?」
花陽「花陽自身はニコちゃんのものにはなれないの?」ポロポロ
凛「か、かよちん?」オロオロ
真姫「……行くわよ、凛」グイッ
凛「わわっ、何するの真姫ちゃん!」
真姫「いいから行くわよ!」スタスタ
凛「凛をどこに連れていくの!?」ズルズル
23:
にこ「かよちん、な、何で泣いてるニコ?」アタフタ
花陽「花陽、本当はね、ニコちゃんにほっぺ揉まれるの嫌じゃなかったよ」ポロポロ
花陽「ニコちゃんにほっぺ揉まれるとなんだかドキドキしちゃうし、ニコちゃんがよくする花陽の真似だって、よく見ててくれてるなって、ちょっと嬉しくて……」
花陽「それに、前に衣装のボタンが取れた時も優しくしてくれたし……」ウツムキ
にこ「ふ、ふーん、なるほどー、かよちんはすっかりニコのトリコってわけね」
花陽「そ、その、今はふざけた話じゃなk」ハッ
にこ「ちょ、こ、こっち見ないでよ!」ポロポロ
花陽「ニコちゃん、なんで泣いて――」
にこ「泣いてないニコ!」ゴシゴシ
24:
にこ「ただ、ニコのことをこんなに認めてくれる子がいたことが嬉しくて」
にこ「その相手がニコの意中の相手だったってだけの話なんだから!」カアアアアアアアア
花陽「意中……ってことは……?」
にこ「ニコはかよちんが好きなの! 悪い?」
にこ「ニコの話でみんなが白けてる中で1人だけ真剣にニコの話を聞いてくれたり、ふわふわほっぺがチャームポイントで、胸にもおっきなおまんじゅうをつけてて……」
にこ「まぁそれはニコ的にはちょっとムカつくけど」ボソッ
にこ「純粋で食いしん坊で自分に自信が持てないのが玉に瑕だけど、根っから優しいとってもいい子なかよちんのことが好きなの!」カアアアアアアアアア
25:
花陽「ニコちゃん」カアアアアアアアア
にこ「だからさっきの返事」
花陽「さっきの返事?」
にこ「かよちん自身がニコのものになれないかってやつ」
花陽「あ……」
にこ「それはニコが決めることじゃないニコ」
にこ「ニコは全然いいって言うか、ニコのものになってくれればうれしいな、って感じだけど、重要なのはかよちんの気持ち」
にこ「だから、返事はこれ」
にこ「かよちんさえよければ、ニコのものになってください!」
27:
花陽「……ぷっ」クスクス
にこ「な、何がおかしいニコ!」プンプン
花陽「花陽のほっぺは花陽の気持ち無視だったのにって思って」
にこ「そ、それはー」メソラシ
花陽「でもね――」チュッ
にこ「っ!?」カアアアアアアアアア
花陽「ニコちゃんのそういう強引なところも、変に律儀なところも含めて花陽はニコちゃんのことが好きです!」
花陽「花陽をニコちゃんのものにしてください!」ペコリ
28:
にこ「っていうことはやっぱりかよちんのほっぺはニコのものニコ!」
花陽「うぅ……」
にこ「どうしたニコ?」
花陽「やっぱりニコちゃんって花陽のほっぺしか好きじゃないの……?」
にこ「ばーか」ホッペニチュッ
花陽「っ!?」カアアアアアアアアア
にこ「さっきのお返しニコ!」
にこ「ほっぺだけが好きなんじゃなくてかよちんのほっぺだから好きなの」
2

続き・詳細・画像をみる


外需頼みの韓国、日本へ「円安やめろ」「韓国を見習って構造改革しろ」と要求

若い女性にモテたいならモコを買え!!

考えずにしゃべる俺の悪い癖。

今は暇な時期だから来る日を決めたら連絡ちょうだいと伝えてあったのに彼と両親はある日いきなりアポなしでやってきた

麻生「一流と超一流の違いは “運” だ。運は超一流にのみついてくる」 真央ちゃんについて言及

【悲報・画像あり】 韓国・平昌五輪のプロモーションがひどすぎるwwwwwwwwwwwwww

さまぁ〜ずの狩野アナのいじりってイジメだよな

続編待ってるゲーム挙げて被ったら寝ろ

逆になんで便所飯することがこんなに問題視されてるの?

【フィギュア】キム・ヨナの発言中にソトニコワが会見退席・・・また韓国怒る「マナーがなっていない!」

右村河内「左村河内がやられたか………」

続編待ってるゲーム挙げて被ったら寝ろ

back 過去ログ 削除依頼&連絡先