( ^ω^)「今のはメラゾーマではない……」       ようですback

( ^ω^)「今のはメラゾーマではない……」       ようです


続き・詳細・画像をみる

1:
( ^ω^)「マヒャドだよ……」
('A`)「お前…… 魔法ヘッタクソだなあ!!」
( ^ω^)「わかってる」
('A`)「そんなんじゃ魔法学校の卒業試験、突破できないぞ」
( ^ω^)「わかってるって……」
('A`)「大丈夫なのかよ〜、ちょっとちょっとぉ〜」
(#゚ω゚)「わかってるって!うるせーな!」
('A`;)「お、おう」
(#゚ω゚) フーフー
元スレ
ニュース報(VIP)@2
( ^ω^)「今のはメラゾーマではない……」  ようです
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1393083400/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
4:
('A`)「でも何とかしねえとマズイぜ」
('A`)「燃やそうと思ったら凍りづけにしちゃいましたとか、洒落にならねえ」
( ^ω^)「うん……」
('A`)「そんなん、どこのパーティにも入れんよ」
( ^ω^)「そうなんだけどさ」
( ^ω^)「うまくいかないんだもの」
('A`)「そういやあ、お前、こないだ宝箱の前で延々とマホカンタやってたけど」
( ^ω^)「あれは、アバカムの練習をやってた」
('A`)「ホンット魔法ヘッタクソだなあ」
6:
 | |   (( ) ) (( ) ) ((⌒ )
 ___(;^ω^)___ (( ) ) (( ⌒ ) (( ) )
 | ⊂l  l⊃|  ノ火.,、 ノ人., 、  ノ人.,、
  ̄ ̄|.|.  .|| ̄ ̄ γノ)::) γノ)::)  γノ)::) 
 |.|=.=.||   ゝ人ノ ゝ火ノ ゝ人ノ
 |∪∪|  ||∧,,∧ ||∧,,∧ ||  ボォオ
 |    |  ∧ ( 'A` )  ( 'A`) ∧∧
 |    |   (  'A`) U) ( つと ノ( 'A` )
 ~~~~~~~~  | U (  'A`) ( 'A` ). .と ノ
    u-u (  ) ( ノ u-u
      `u-u'. `u-u'
(;゚ω゚)「おい!!」
('A`)「こうやって一度燃やせばさ」
(;゚ω゚)「やめろ!おい!!」
('A`)「炎がどういうものかを肌で直接感じられて」
(;゚ω゚)「おい!!聞いてんのか!」
('∀`)「きっとメラゾーマも撃てるようになるよ!」
(;゚ω゚)「やめろぉ!!」
8:
(;゚ω゚) ハァハァ
('A`)「ビックリした?」
(;゚ω゚)「当たり前だろ!」
('A`)「いいじゃん、本当には火をつけてなかったんだし」
(;゚ω゚)「勘弁してくれよ、もう……」
('A`)「でもこのショック療法でブーンは炎の恐怖を身をもって体験した」
('A`)「さあ、もう一度メラゾーマだ!炎を知った今度はきっと撃てる!」
( ^ω^)「お前に撃っていいか、お前にさあ」
('A`)「よ、よせよ……」
(;^ω^)「はあ…… でも本当に火をつけてたら逆に必死でマヒャド出すお」
('A`)「ああ、じゃあ次は凍りづけに……」
(;^ω^)「やめい!」
9:
( ^ω^)('A`) ヤイノヤイノ
川 ゚ -゚)「彼らはなにを?」
ξ゚?゚)ξ「ああ、奴らは落ちこぼれの魔法使いどもですわぁ」
ζ(゚ー゚*ζ「魔法も満足に打てないカスどもですわぁん」
川 ゚ -゚)「ふぅん……」
12:
―――翌日
ザワザワ
( ^ω^)「何だおこの騒ぎは?」
('A`)「ブーン大変だ!」
( ^ω^)「……?」
(´・ω・`)「ブーン、職員室に来たまえ」
('A`)「ショボン先生?」
(;^ω^)「え?どうしてですかお?」
(´・ω・`)「さあ、早く」
―――職員室
(´・ω・`)「ブーン、お前は退学だ」
(;゚ω゚)「えぇー!」
('A`)「一体どういうことですか!?」
15:
(´・ω・`)「昨晩、飼育小屋のニワトリが凍えて死んでしまう事件があった」
( ^ω^)「なんですってお!?」
('A`)「それが、どうしてブーンの退学につながるんです?」
(´・ω・`)「犯人はきっとチキンを食べようとしてメラ系魔法を使った」
(´・ω・`)「しかし、魔法が上手く打てなかったため、誤ってヒャド系魔法が出てしまった」
(´・ω・`)「だから鶏たちが凍りづけになってしまった」
(´・ω・`)「つまり魔法が上手くうてないブーン、お前が犯人だ」
( ^ω^)「そんな殺生な……」
('A`)「くっ、ブーンを救うためにはどうしたらいいんだ……」
16:
('A`)「ここは安価だ!」
('A`)「ブーン系のみんな!いいアイデアを出してくれ!」
>>18
18:
よく考えたらそんなにこいつ仲良くねぇな
24:
('A`) (……よく考えたらそんなにこいつ仲良くねぇな)
(;^ω^)「ど、ドクオ!助けてくれお!」
(´・ω・`)「さあ、退学だ。学校を出て行け」
(;^ω^)「せ、先生!」
('A`)「ブーン」
(;^ω^)「ドクオ、僕はやってないんだお!信じてくれお!」
('A`)「反省しろよ」
(;゚ω゚) !?
('A`)「それじゃ、ボクは卒業試験の練習に行くので」
(´・ω・`)「ああ、行って来い」
(;゚ω゚)「ドクオー!!なんでだお!助けてお!」
('A`) スタスタ
(;゚ω゚)「ドクオー!!」
27:
安価の悲劇が
28:
―――10年後
('∀`)「ベロベロバァ!」
*(‘‘)* キャッキャ
川 ゚ー゚)「ダーリンがあやしてくれると、この子はすぐ笑ってくれるんだなあ」
('∀`)「当然だろー、俺の子なんだから」
*(‘‘)* ダッコー
('∀`)「よーしよし」
prrrrr
('A`)「あ、電話だ」
川 ゚ -゚)「私が出よう」
33:
川 ゚ -゚)「うんうん、え?!」
('A`)「?」
川;゚ -゚)「バカな、そんなことが……」
川 ゚ -゚)「ドクオ」
('A`)「なんだったんだ?」
川 ゚ -゚)「……ツンが死んだ」
('A`)「え!?あの、俺らの同級生の、あのツンが!?」
川 ゚ -゚) コクリ
川 ; -;)「ど、ドクオォ……」
('A`;)「おー、クーたんよしよし。ツンとは仲よかったもんなぁ、悲しいよなあ」
川 ; -;)「うっ、うっ」
('A`) (しかし、一体どうしてツンが…… 事故か?)
36:
―――ツンの葬式
('A`)「ツンの、遺体には会わせてもらえないんだな」
川 ゚ -゚)「・・・・・・ああ、どうしてなんだろう」
(´・ω・`)「こういうことを話すのもなんだが…… 事故の影響が酷いらしい」
('A`)「ショボン先生、お久しぶりです」
(´・ω・`)「ああ、できれば、同窓会などで会いたかったが……」
川 ゚ -゚)「先生、ツンはどんな事故に?」
(´・ω・`)「遭難、らしい」
('A`)「遭難?それは、どこで」
(´・ω・`)「北の方でだ、スキー旅行中に雪崩に巻き込まれて……」
('A`)「そうですか……」
40:
―――自宅
('A`)「ただいまー、ってか返事はないんだよな」
川 ゚ -゚)「ああ、あの子は実家に預けてきているからな」
 リモコン ピッ
('A`)っ□
TV <都内は明日から大雪の恐れが……
('A`)「俺は、今日でもあの子を迎えに行っても良かったんだけど」
川 ゚ -゚)「ドクオ」
('A`)「クー?」
川 ゚ -゚)「私は、それじゃダメそうだ」
('A`)「お、おう、そうか、ツライよな」
川  - )「今夜は私を慰めてくれ」
('A`)「・・・・・・わかった」
42:
: '  ' ,:', ' ,:' ' ,:' ,: ' ' ,:', :' ' ,:',: ' '
 ,: '  ' ,:', ' ,:' ' ,:' ,: ' ,:' ' ,:' ,: '  ' ,:'
      ,:',: ' ' ,:' ,    ' ,:' ,: '  ' ,:'
       ,:',: ' ' ,:' :' ' ,:',: ' ' ,:' , :'
  ' ,:' ,: ' ' ,:', ' ,:' :' ' ,:',: ' ' ,:' , :'
   ' ,:' ,: ' ' ,:', ,: '  ' ,:', ' ,:' ' ,:' ,: ' ,:'
 ,:',: ' ' ,:' ,    ,: '  ' ,:', ' ,:' ' ,:' ,: ' ,:'
  ,:',: ' ' ,:' ,    ' ,:' ,: '   ,:',: ' ' ,:' ,
 ' ,:', ' ,:'     ' ,:' ,: '    ,:',: ' ' ,:' ,
  ' ,:', ' ,:'   ,:',: ' ' ,:' ' ,:' ,: ' ' ,:', ' ,:'
   ┃ ┃┃
   ┏━━┛   ┃ ┃  ┃
   ┃      ━┃  ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
   ━━━┛   ━━┛  ┃ .┃   ┃
        ,:',: ' ' ,:' ,' ,:' ,: ' ' ,:', ' ,:'
       ' ,:', ' ,:',: ' ' ,:' ,
        ' ,:', ' ,:',: ' ' ,:' ,    ' ,:' ,: '
 ,: ' ' ,:', :' ' ,:',: ' '  ' ,:', ' ,:'     ' ,:' ,: '
 ,: ' ' ,:', :' ' ,:',: ' '  ' ,:', ' ,:'   ,:',: ' ' ,:' ,
    ' ,:' ,: '  ' ,:'      ,:',: ' ' ,:' ,
     ' ,:' ,: '  ' ,:'    ' ,:', ' ,:'
  :' ' ,:',: ' ' ,:' , :'       ' ,:', ' ,:'
  :' ' ,:',: ' ' ,:' , :'
(   )「……」
( ω゚)「……」
44:
ζ( - *ζ ハァハァ
(  ω )「……」
ζ( - *ζ「た、助けっ……」
( ω )「……メラゾーマ」
ヒュゴォォオオオオオッ!!
ζ( - *ζ「いやああああああ!!!」
( ω゚)「あと、一人……」
47:
―――('A`)自宅
TV <都内某所で都出デレさんが凍死……
('A`)「そんな、今度はデレが!?」
川;゚ -゚)「あ、ああぁっ!!」
('A`)「クー!?」
川;゚ -゚)「あああああ!?」
('A`)「どうした!クー、落ち着け!」
川;゚ -゚)「いやだ、あんなの、ほんの冗談だったのに!!」
川;゚ -゚)「あいつが来る!あいつが!」
('A`)「あいつ?」
川; - )「うわああ!!死にたくない!死にたくない!」
48:
いっそ逆魔法という才能を生かせれば・・・
49:
川  - ) すぅすぅ
('A`)「寝ちゃったか、クー……」
('A`)「あの取り乱しよう、どうしたんだろう」
('A`)「なにか、あったのかな」
prrrrrrr
('A`)「電話…… 着信はショボン先生?」
('A`)「もしもし、はい、ええ、大丈夫です、少しだけなら、はい」
('A`)「喫茶店で待ち合わせか。一体何の用だろう」
50:
(´;ω;`)「こ、これで、俺は助けてくれるんだろ!」
( )「……」
(´;ω;`)「なあ!そうだろ?言うとおりにドクオを呼び出したぞ!」
( )「……メラゾーマ」
ヒュゴォォォオオオッ!!
(´;ω;`)「うわあああああ!!いやだぁぁ!!!」
( )「あの時、お前が……」
( ω゚)「一度でも、俺の言い分を聞いたか?」
56:
―――喫茶店
prrrrr タダイマ デンワニデルコトガ......
('A`)「おかしいな…… ショボン先生」
('A`)「電話に出ないぞ」
('A`)「それに、もう待ち合わせの時間から15分も立ってる……」
('A`)「うーん、困ったな」
('A`)「家をあけっぱなしにしてると、クーが心配……」
('A`)「一度クーに電話してみるか」
60:
川;゚ -゚)「あ、あああぁぁ」
( )「10年ぶりだな……」
川;゚ -゚)「ゆ、許して…… あの時はこんなことになるなんて思わなかったんだ……」
( )「俺もだ。俺もまさかこんなことになるなんて思わなかった」
( )「言ってみろ。お前は何をした」
川;゚ -゚)「あわわわ!」
( )「自分の口から言ってみろ!!」
63:
川;゚ -゚)「わ、わたしは10年前、友達と一緒に飼育小屋のニワトリをイジメてました」
川;゚ -゚)「
川;゚ -゚)「許してください!お願いします!」
川;゚ -゚)「だってだって、そんな大事になるなんて、知らないもん!」
( )「そうだな。俺もまさかこんなことになるなんて思わなかった」
( )「何者かの思惑、ささいなイタズラと、勘違いで、青春を更生施設で過ごした」
( )「仲間からは暴力を受け、刑務官には飢えと寒さの嫌がらせを受けた」
( )「だが、それが俺に、復讐の力を与えた」
( )「この、氷のメラゾーマを」
69:
( )「お前は罰を受ける必要がある」
川;゚ -゚)「い、いやだ!許して!無実!ノーカン!時効だろ!もう!」
( )「俺の人生を滅茶苦茶にしておいて、よくもまあ」
( )「虫酸が走る。その思考に」
川;゚ -゚)「だってそんな大事になるなんて、わからなかったんだもん!」
川;゚ -゚)「話、私は無実だぁ!たかがニワトリくらいで!」
川;゚ -゚)「ブーンが疑われるなんて、知らなかった!事故だ!」
(  ω゚)「黙れっ!お前がなんと言おうと俺の人生は戻ってこない!!」
川;゚ -゚)「うわわわ!」
(  ω゚)「このメラゾーマで、死ね」
70:
ティロリロリロン!
川;゚ -゚)「!?」
(  ω゚)「……!?呪文!?」
(  ω゚)「どこから・・・・・・!?」
(  )「させねえよ、ブーン」
(  ω゚)「ルーラ、か」
('A`)「悪いが、お前にやらせるわけにはいかねえ」」
(  ω゚)「邪魔をするな!ドクオォォー!!」
74:
(  ω゚)「お前は、あの時俺を信じなかった」
('A`)「悪かったよ、信じてやれなくって」
(  ω゚)「さっきのクーの申開きは聞いたか」
('A`)「電話がつながっていたから、大体な」
(  ω゚)「なら、お前は、この復讐が正義だと知ったはずだだ!!」
(  ω゚)「俺に少しでも悪いと思っているなら、道を開けろドクオ!!」
('A`)「ダメだ!これ以上お前に罪を重ねさせる訳にはいかない!!」
(  ω゚)「どの口がぁっ!裏切っておいていけしゃあしゃあと!!」
75:
('A`)「クーは、たしかにダメな女かもしれない」
('A`)「でも俺の娘の母親なんだよ!必要なんだ!」
(# ω゚)「このっ・・・・・・!!」
(# ω゚)「日和見ダブスタ野郎がぁぁぁーーーっっ!!!」
(# ω゚)「メラゾーマ!!」
('A`)「くっ!!メラゾーマ!!」
77:
ドゴゴゴゴ……
('A`)「やっぱり、お前のメラゾーマはマヒャドなんだな」
(  ω゚)「俺の氷と、お前の炎、互角か」
(  ω゚)「はっ、大したものだぜ、卒業生さんはよ……」
(  ω゚)「俺を見捨てて単位をとった、卒業生さんはよぉ!!」
('A`)「ああ、そうだ。俺は自分勝手で自分が大事で、そんな情けないやつだよ」
('A`)「それでも俺はもう人の親だ!負けられないんだ!!」
(  ω゚)「そうかいそうかい!」
(  ω゚)「お前にとって親って称号のは随分とまあ己を正当化してくれる立派なもんなんだなぁ!!」
79:
(  ω゚)「抜かしやがれってんだ!負けられねえんだ、俺はもう!」
(  ω゚)「友を裏切られ!人生を失い!」
(  ω゚)「もう復讐しかねえんだ!!」
('A`)「ブーン!」
(  ω゚)「うおおおおお!!食らえドクオー!!」
('A`) (俺は、魔法学校を卒業し、魔導大学まで出た)
('A`) (だからブーン、お前の知らない魔法だって、知ってるんだ)
(# ω゚)「俺のこの、復讐の魔法でっ! 消えろ!!消えろぉぉーーーっ!!」
('A`)「コイツが俺の究極魔法!!」
('A`)「メラガイアー!!!!」
80:
ヒュォォオオオオオ……
('A`)「……」
(  ω゚)「……」
(゚A゚;)「ぐはぁっ!!」
(  ω゚) ニヤッ
(゚A゚;)「バカな、これは…… この魔法はっ……!」
(  ω゚)「お察しの通り」
(  ω゚)「マホカンタ、さ」
82:
(  ω゚)「おっと、俺的にはまあ、アバカムなんだがな」
('A`)「うう、うううぅぅ」
(  ω゚)「俺の勝ちだな」
川  - )
(  ω゚)「さて、そこで気を失っている女の命を、頂いていくか」
(  ω゚)「それで、全てが終わりだ」
('A`)「頼む、ブーン、お願いだ、クーだけは」
('A`)「代わりに、俺を殺せ」
(  ω゚)「はあ?お涙頂戴か?それじゃ意味がねえんだよ。」
83:
('A`)「頼むよ。金でもなんでも俺の持っているものなら何でもやる、だから」
(  ω゚)「……」
('A`)「クーだけは、見逃してくれよ」
(;A;)「頼む!ブーン!」
(  ω-)「……」
85:
(  ω-)「俺は、魔法学校の落第生だった」
(;A;)「……?」
(  ω゚)「運がよかったな。今日はMPが足りないみたいだ」
('A`)「ブーン……!」
(  ω゚)「あばよ。二度と会うことはねえだろう」
86:
こうしてブーンの連続殺人事件は幕を閉じた
('A`)「これからはちゃんとしてくれよ」
川;゚ -゚)「ひぃー」
それからドクオはだいぶ亭主関白になった
……復讐者のブーンの行方は誰も知らない
87:
あ、おわりです
支援ありがとうございました
90:
おつ
91:

92:
おつ
93:

まさかのシリアス展開
9

続き・詳細・画像をみる


PCモニターのグレア液晶ってもう流行ってないの?

勇者「用件を聞こうか……」剣豪「私と決闘してくれないか?」

【余裕で座れたはずなのに】 バカ女にちゃっかり座られた

どうなる「Windows Phone」? 切り札として”Androidアプリに完全対応”の噂も

【画像】京浜東北線が横転 川崎駅で

外国人が嫌いな日本の食べ物 1位「白魚の踊り食い」 2位「塩辛」 3位「クジラ肉」

back 削除依頼&連絡先