P「最近いおがちょっとおかしい」back

P「最近いおがちょっとおかしい」


続き・詳細・画像をみる

1:
―事務所―
いお「きー!きー!」
こあみ「?」
こまみ「?」
P「おいおい、どうしたんだ……?」
小鳥「こ、こんなに怒ってるなんて……
 また何かしたんですか?」
2:
いお「きー!」
こあみ「にーちゃ」
こまみ「にーちゃ」
P「いおのビームの巻き添えになるといけないからな
 こあみとこまみは避難させとこう」
P「さー、こっちおいでー」
3:
いお「きー!!」みょんみょん
小鳥「あ、危ない!!」
P「くっ、俺の肉体をなめるなよ!」
いお「きー!!!!」
ちゅどーん
P「うわあああああああ!!」
5:
―ちょっと後―
こあみ「にーちゃ…」
こまみ「にーちゃ…」
P「あいててててて……」
律子「あーあ、またこんなに散らかして……」
律子「……って、どうしたんですか、プロデューサー?!」
6:
小鳥「いおちゃんのビームで……」
律子「……今度は何をやらかしたんですか?」
P「別に何も心当たりはないけど」
律子「本当ですかー……?」
P「その冷たい反応傷つくぞ、俺でも」
小鳥「あんなに怒るなんて普通じゃないですよ」
P「そんなこと言われてもなあ……」
律子「まあ、原因を探って、きちんと謝っておいてくださいよ?」
7:
―事務所―
P「ふーむ、原因を探れと言われてもな」
いお「もっ、もっ」
P(お、ちょうど一人?じゃないか) 
P「いおー」
いお「もっ!!」
P「今日はどうしたんだー?俺またなんか悪いことしたかー?」
9:
いお「……」
いお「……」キョロキョロ
いお「もっ」
いお「もっ、もっ!」チョイチョイ
P「え?しゃがめって?」
いお「もっ、もっ」
P「えーっと、だっこすればいいのか?」
いお「もっ!」
P「よーし、おいでー」
いお「もっ!」
10:
P「いやー、良かったよ。別に嫌われたわけじゃなかったんだな」
いお「もっ」
いお「もっ、もっ」チョイチョイ
P「ん?どうした?」
いお「もっ」
12:
P「なんだ、撫でればいいのか?」
いお「もっ!!」
P「よし、いくぞー。よーしよし、よーしよし」
いお「もっ……」
P「よーしよし、よーしよし」
いお「もっ」
13:
伊織「いお??どこいったの??」
いお「!!」
P「ああ、伊織、いおならここに……」
いお「きー!!!」
P「お、おい」
ちゅどーん
14:
―その後―
伊織「あんた今度は何やったのよ?」
P「あいてててててて……本当に何もやってないんだよ!」
律子「あ、ちょっと動かないで我慢してください」
小鳥「また散らかったわ……」
伊織「本当に心当たりないわけ?」
P「うーん……ない!」
15:
伊織「いお、ちょっとこっち来なさい」
いお「……もっ……」
伊織「……いお、この馬鹿プロデューサーがまた何かしたの?」
P「おいおい」
いお「……」フルフル
伊織「え?本当に何もしてないの?」
いお「もっ」
伊織「それじゃあどうして…?」
いお「……」
16:
伊織「詳しいことは分からなかったけど」
伊織「この馬鹿が何かしたわけではなさそうね」
P「だからそう言ってるじゃないか」
律子「それじゃあ、どうしてこんなことに……」
伊織「精神的に不安定になってるなら、
病院に連れて行った方がいいのかしら?」
18:
小鳥「でも、いおちゃんがビームを撃つのは
プロデューサーさんだけなんですよね」
P「そういえばそうですね」
律子「うーん、もう少し様子を見てみましょう」
小鳥「じゃあ、私は散らかりそうなものをよけておきますね」
P「あれ?結局俺ってビーム撃たれ放題なの?」
19:
いお「もっ」
P(ビクッ)「お、おう、いおか」
いお「もっ」
P「さ、さあ仕事仕事!いおはあっちで遊んでてくれよ?」
いお「……」シュン
21:
あふぅ「はにぃぃぃぃぃぃ!!」
P「げげっ、あふぅ発情期か!?」
いお「もっ?」
あふぅ「はにぃ、はにぃ」
P「おーい、あんまりくっつかないでくれ」
いお「……きー!!!!」
P「げげげっ!こんな時に!!くっ、仕方ない!」
22:
律子「プロデューサー……次の仕事なんですけど……って」
P「」
律子「プロデューサー!!」
P「」
小鳥「立派な侠客立ちでした……」
律子「小鳥さん、死んでないから」
あふぅ「なの……」
23:
P「回し受けでも防ぎきれないぞあんなの」
伊織「あんた達が何を言ってるのかよくわからないわ」
伊織「それにしても……どうしたものかしらね」
ちっちゃん「めっ」
小鳥「あら、ちっちゃん……?」
ちっちゃん「めっ」
伊織「あんたがいおを説得するって?」
ちっちゃん「めっ!!」
25:
律子「大丈夫かしら……」
伊織「最近情緒不安定だし……不安はあるわね」
小鳥「でも、説得の場面は覗くなって言ってるんですよね?」
P「そうみたいで……」
伊織「まあ、いざとなったらこの馬鹿を盾にすればいいわ
 大きな音がしたらお願いね」
P「……俺って一体」
26:
―別室―
ちっちゃん「めっ」(最近どうしたのですか?)
いお「もっ……」(別に何も変わったことはありません)
ちっちゃん「もー!!」(そんなことはないはずです)
いお「……」(……)
ちっちゃん「めっ」(プロデューサーが大怪我してもいいのですか)
いお「もっ……」(それは嫌です)
27:
ちっちゃん「めっ……」(何でも話してみてください)
いお「もっ、もっ……」(最近とてもプロデューサーと仲良くしたくなるのです)
いお「きー!」(でも、他の子がプロデューサーと仲良くしているのを見ると……)
いお「きー!!!」(どうしても腹が立ってしまうのです!)
いお「もっ……」(それでつい)
ちっちゃん「めっ……」(あー)
29:
いお「もっ」(私はおかしくなってしまったのでしょうか)
ちっちゃん「……めっ」(何もおかしいことはありません)
ちっちゃん「もー」(ただ、他の子と仲良くしても、
それはあなたを嫌いになるわけではないのです)
いお「……」(……)
ちっちゃん「……めっ」(あなたも優しいプロデューサーは好きでしょう?)
いお「きー!!きー!!」(別に、好きではありません)
ちっちゃん「もー」クスッ
30:
ちっちゃん「めっ」(いい方法を教えてあげましょう)
いお「もっ?」(いい方法ですか?)
ちっちゃん「めっ」(はい、これならもっとプロデューサーと仲良くなれます)
31:
ちっちゃん「めっ」
律子「え?そんなことでいいの?」
P「何々?俺はどうすればいいんだ?」
律子「えーっと、いおと毎日15分、二人だけで遊んであげて、だそうです」
P「何?そんなことでいいのか?」
ちっちゃん「めっ!」
33:
―後日―
P「おはようございまーす」
律子「あ、おはようございます」
あふぅ「はにぃ!!!!」
P「げげ、またか!!」
伊織「おはようございまーす」
いお「もっ」
小鳥「おはよう、伊織ちゃん、いおちゃん」
いお「もっ!?」
34:
P「あんまりくっつかないでくれよ」
あふぅ「はにぃ、はにぃ」
いお「……」ピクッ
P「げげげ!!」
ちっちゃん「もー!!」
いお「……」フイッ
P「…………助かったのか?」
35:
伊織「凄いわね……」
律子「ふふっ、そうね」
伊織「結局、原因は何だったのかしら?」
律子「……わたしは、ちょっと分かった気がするわ」
伊織「何?何なのよ?」
律子「さあ?ま、この子たちは飼い主に似るってことかしらね」
伊織「何よそれ?」
律子「ね、ちっちゃん」
ちっちゃん「もー!!もー!!」
36:
いお「……」チョイチョイ
P「ん?ああ、いつもの奴か」
いお「もっ」
P「さーて、今日もがっつり遊んでやるぞー」
いお「もっ!!!」
終わり
52:
しえしえ
53:
>>52
かーわいー
5

続き・詳細・画像をみる


【画像あり】NHK杉浦アナのお〇ぱいの位置がやべえええええええええ

【海外】バリ島ダイビング事故 遺体で発見された女性は百回目の記念ダイブ、流され手を振り…夫が涙

こーゆーのが毎日だけどこれがイヤイヤ?

浅田真央ちゃん・・・・・

探検の歴史

バルクホルン「雑魚め。故郷に帰れ」サーニャ「す、すみません……」

back 削除依頼&連絡先