佐天「能無し」一方「そォだな」back

佐天「能無し」一方「そォだな」


続き・詳細・画像をみる

1:
一方(コーヒーコーヒー……っと。この先に自販機あったよな?)
一方(今日もさみィなァ)
一方「あ」
佐天「あ」
佐天「……チッ、なんだ白モヤシか」
一方「出合い頭にその言いぐさたァイイ度胸してンじゃねェか、アァ?」グリグリ
佐天「いだだだっだっだ!!こめかみィィィィィ!!」
2:
佐天「いってー……なにするんすかもー」
一方「自業自得だろォが大体なンだ白モヤシってバカにしてンですかァ?」
佐天「バカにしてないように聞こえますかァ?」
一方「ホントいい性格してンなテメエはよォ!!いまここで鼻孔切開手術でもしてやろォかァ!!」
佐天「ふぎゃーーっ!?冗談!!冗談ですっ!!フックは勘弁ーーー!!」
3:
佐天「うら若き乙女捕まえて鼻フックとかホントテレパシーのかけらもありませんね」
一方「おっしゃる通りテレパシーは持ち合わせてねェよ。あとそのうら若き乙女さンはどこにいらっしゃるンですかねェ」
佐天「こ!こ!ぴっちぴちのJCですよ!今が旬の!」
一方「自分でJCとか言ってる時点で乙女でもなンでもねェわ」
佐天「おっぱいだってこのとーr」
一方「寄せて上げンじゃねェよまた俺を社会的に[ピーーー]気ですかァ?」
6:
一方「つーかこンなクソさみィ日に一人でなにやってンだ。まァたヤケ酒ですかァ?」
佐天「へーんだ違いますぅー」
一方「」イラッ
佐天「いやまあ、いつものことなんですけどね」
佐天「これですよ、これ」ピラピラ
一方「『身体測定』か」
佐天「ええ。いつもの通り、レベル0」
佐天「今まで何回も見てきたけど」
佐天「もう何回目だーっ!つってね」
佐天「やっぱ凹むんですよねー」タハハ
7:
佐天「まっ、こうやって落ち込んでてもしょうがないんですけど」
佐天「ほりゃっ!」シュッ
ゴミ箱「痛ひ」スコーン
一方「ヘタクソー」
佐天「うるさいなっ」
佐天「……」
佐天「才能無いのかなー……私……」ボソッ
一方「……」
8:
佐天「あーもーやめやめ!」
佐天「こんなの私のキャラじゃないし!」
佐天「明日からまたがんばるぞーっと!」
佐天「っつーことであばよとっつあ?n「オイ」
佐天「はい?」
一方「今日ヒマだろ?」
佐天「……ヘイヘイチェリーボーイ。オンナを口説くにしちゃあちょっと台詞が「ヒマだろって聞いてンだ」あっ、はいヒマです超絶マジでびっくりするほど」
一方「ちょっと付き合え。クリスマスの詫びもかねてな」
佐天「……ハイ」
9:
佐天「……イタリアン奢ったのにー」
佐天「ぶー」
一方「あれでチャラになると思ってんのか。あの後打ち止めと番外個体の誤解解くのにどんだけ神経すり減らしたと思ってんだ」
佐天「勘弁してくださいよー……今月ピンチなんですってマジで」
一方「先月の繰り越し分とかねェのか」
佐天「うっ……いやその、CD買うのに使っちゃって」
一方「先々月は」
佐天「初春たちとスイーツショップめぐりに」
一方「その前は」
佐天「ゲ、ゲームセンターに搾取されちゃって……」
一方「計画性ねェだけじゃねェか」
佐天「おっしゃる通りで……」
11:
佐天「……なンであなたの自宅なんですか」
一方「いいからあがれ」
佐天「……」
佐天(ハッ!?)
佐天(こ、これってひょっとして『体で払え』とかそういう展開!?)
佐天(そ、そんな……私まだ中学生なのにいやでも一方通行さんがそう望むならしょうがないうんそうこれは不可抗力)
佐天(お父さんお母さん……!私は今日純潔を捧げ、人妻になります!)
佐天(今まで育ててくれてありがとう……!来年には孫を抱かせてあげるからね!)
一方「オイ何やってンだ」
佐天「ハイ!男と女の二人兄弟が理想です!」
一方「今すぐ頭ン中のくだらねェ妄想を止めろ」
佐天「きょ、今日は危ない日です!」
一方「だからでけェ声でそォいうこと言うんじゃねェ!!学習しろアホ!!」
12:
佐天「家にだれもいないからって人を家政婦代わりに使わないで下さいよ」ガー
一方「出費ゼロで貸しをチャラにしてやるンだ。文句言われる筋合いはねェな」
佐天「ハイハイわかりましたよご主人サマ」ガー
佐天「んーーっと……掃除終わり」
一方「次は飯な」
佐天(くっ……簡単に言いやがって)
佐天「……わかりました」
佐天「その舌とろかすほどの絶品料理つくってやる!佐天さんの家事スキル舐めんなよ!」ドン!
一方「ほォ。そりゃ楽しみだ」
13:
佐天「焦がした……」ズーン
一方「なンだこりゃ、ナマコ?」
佐天「ハンバーグですよ!!見てわかるでしょお!?」
一方「わかンねェから聞いてンだろ」
佐天「初春が……初春が白井さんのパンツくんかくんかシーンの動画なんか送ってくるから……!」
佐天「誰だってツボに入るでしょあんなの!」
一方「ひでェな同僚だろあの花女」
14:
一方「まァでも舌をとろかす料理ではあるなァ物理的に」
佐天「茶化してないでさっさと片付けてくださいっ!!」
一方「ヘイヘイ」
一方「」パク
一方「……」
佐天「……」
佐天「……やっぱ、不味いですよね」
一方「あァ」
佐天「そこはお世辞でも美味いって言うのが紳士の行いじゃないんですか!?」
一方「どっちだよ……」
15:
一方「……」モグモグ
佐天「……」
一方「……」モグモグ
佐天「……」
佐天「……一方通行さんは」
一方「ン」
佐天「レベル5、ですよね」
一方「だから?」
佐天「いえ……いいなーっ、て」
一方「……」
16:
一方「そォかねェ……」
一方「今まで不良に絡まれた回数は数知れず」
一方「自宅を荒らされたことも少なくねェ」
一方「死にかけたことだってある」
一方「こンな生活送りてェか?」
佐天「それ普段の行いが悪いからじゃ」
一方「ンだとコラ」
佐天「おおう冗談冗談。どうどう」
17:
佐天「でも私みたいにレベル0だと」
佐天「ハンパないですよ。劣等感が」
佐天「自分は頑張ってるつもりなのにいつまでたっても落ちこぼれで」
佐天「励ましてくれる友達にも腹が立つくらいで」
佐天「特に私なんかなんの取柄も無いし」
佐天「何をやっても失敗ばかり。いつもみんなに迷惑かけて」
佐天「最後にはみんなに守ってもらうばっかで」
佐天「ホント……何やってんだ私、って感じで……」
18:
一方「……才能がない、つってたな。オマエ」
佐天「え……あ……」
佐天「あっははは……やだなー聞かれちゃってたかー」
佐天「いやーはずかs」
一方「酷かもしれねェけど」
佐天「ハイ?」
一方「能力ってのはぶっちゃけ才能だ」
佐天「え」
一方「あがらねェヤツは血反吐吐くまで頑張ってもあがらねェ」
一方「感情論が無駄とかとかそういうモンの前に」
一方「そォいうふうになってンだ。『能力開発』ってのはな」
佐天「……」
19:
佐天「そっ、か」
佐天「あはは……そーなんだ……」
佐天「……」
一方「そr」
ダンッ!
佐天「く……ふっ……」
佐天「ちくしょう……」
一方「……」
20:
一方「能力開発ってのは、コップに水を少しずつ注いでくよォなモンだ」
一方「水量が『能力値』」
一方「コップの大きさがそいつの『才能』だ」
一方「キャパの足りねェコップにいくら水を注いだところで水量は増えねェ」
一方「そォいうことだ」
21:
佐天「いっぱいのコップに水を注いでもあふれるだけ……」
佐天「レベル0にいくら能力開発を施しても」
佐天「所詮は時間の無駄……」
一方「だg「じゃあ」
佐天「じゃあ……私は……ずっと落ちこぼれ……?」
一方「……」
22:
佐天「レベル5なんて言わない、レベル4までとも言わない」
佐天「レベル1でいい、人並みの、ホントわずかなチカラでいい」
佐天「それを、それを夢見て頑張ってきた」
佐天「今までの私って、いったい、何?」
23:
一方「待て」
佐天「やだ!!」
佐天「やだやだやだぁ!!」
佐天「なんだよチクショウ!!ふざけんなよ!!」
佐天「言ったじゃん!!きっとなれるって!!まだ芽が出てないだけだって!!」
佐天「あれは嘘か!?バカな子供にハリボテの夢を見せてただけだってか!?」
佐天「ふざけやがってクソッタレ!!」
一方「オイ」
佐天「返せよ!!返せ!!返してよ!!」
佐天「ずっと頑張ってきた私の時間を……返してよぉ……」
24:
一方「……」
佐天「うえぇ……ぐすっ……」
一方「……」スッ
一方「」デコピン
バチッ
佐天「だっ」
佐天「んな!何を」
一方「人の話はちゃんと聞け」
佐天「……」
25:
一方「……誰もオマエが落ちこぼれとは言ってねェよ」
佐天「ふぇ……」
一方「能力の開花は個人差だ」
一方「オマエがレベル0のままってきまってるワケじゃねェだろ」
佐天「あ……」
26:
一方「それに」
一方「ここは『能力者の街』じゃねェ『科学の街』だ」
一方「能力者だけがすべてじゃねェだろ」
佐天「……」
佐天「……う」
佐天「うわああああああああん!!」ガシッ
一方「うおッ!?」
27:
佐天「うえええええええんんん!!」
一方「オイクソッ…離せ!!」
佐天「ずびいいいいい!!」
一方「なにドサクサで鼻かんでんだテメェェェェェ!!」
佐天「あ、バレました?」
一方「」プチッ
一方「ウラアアアアアアアアアア!!」グリグリグリグリグリ(ry
佐天「んぎゃあああああああああああああ!!」
28:
佐天「の……脳みそぶっ壊れるかと思った」
一方「ったくテメエは……」
佐天「あそこは優しく抱きしめる場面でしょーがー」
佐天「一方通行さんの胸に顔をうずめる私!そしてふと見上げる私の泣き顔についムラムラしちゃう一方通行さん!抱きしめた姿勢のままソファになだれ込む二人!!『まだ泣いてンのか』『ぐすっ、だって……』『我慢できねェ……いいか?』『あっ、だめっ、私たちまだ……』そして……そして二人は……」
佐天「いやーーッッ!!ここから先は成人指定ーーっ!!」
一方「もォいい黙れ。いやお願いだから黙ってください」
佐天「式場決めなきゃ……ポッ////」
一方「……」スッ…
佐天「あの、黙るんで、その、デコピンの構えでスイッチに手ぇかけないでくださいまじで別の意味で成人指定になっちゃうからあああああああああああああああああ!!」
29:
佐天「ってえ……」
一方「オマエの頭ン中はそればっかだな」
佐天「あったりまえですよー」
佐天「女子中学生の頭は四六時中ダークピンクなんですから!」
一方「ダークピンクってなンだオイ」
佐天「エログロ!!」
一方「全国の純粋な女子中学生に土下座しろボケ」
32:
黄泉川「……っふーやれやれ。やーっと帰ってきたじゃんよ」
黄泉川「連勤は辛いじゃーん」
芳川「あら愛穂」
黄泉川「桔梗……!なにやってるじゃんよ!留守番は?」
芳川「ずっと家に一人きりなんて退屈でね。あの子たちも遊びに行ってるし。気晴らしの散歩よ」
芳川「心配しなくても、一方通行が帰ってきてるわよ」
黄泉川「ならいいけど……」
ガチャ
黄泉川「一方通行ー?いるじゃん……よ……?」
33:
一方「や、め、ろ!!離せテメエ!!」
佐天「ホラホラホラー我慢しないで?ね?ね?」
一方「待て待て待て!!ズボンに手ェかけンなずらすなァ!!なにしてンだァ!!」
佐天「だからお礼ですって。カ、ラ、ダ、で♪」
一方「オイマジで色々マズイか……ら……」
黄泉川「……何を」
一方「……待て、落ち着いて話を」
黄泉川「しとるかオマエらああああああああああああああ!!」
一方「またかよチクショオオオオオオオオオオオオオ!!」
35:
佐天「いやー」
一方「……」
佐天「すっごい剣幕でしたねー」
一方「だろォななンせ二回目だからな全部オマエのせいだけどな」
佐天「あ、あははー、まあまあ」
佐天「でも」
一方「あ?」
佐天「もうこうなったら家族公認の仲ってことですよね」
一方「は?」
佐天「もうこれはそういうことですよね!」
一方「いやちょっ」
佐天「結婚しましょーう!!」
一方「うるせェェェェェェ!!もォやだァァァァァァァァ!!」
おわり
37:
結局gdgdになってもうた……(´・ω・`)
見てくれてた人ありがとう
38:
香焼きゅんのssって需要ないかな
39:
乙。このシリーズ面白いから好きだわ。また頼む。
香焼も是非。見たい
41:
>>39
んじゃ数レスだけになると思うけど書いてみるわ
口調がいまいちつかめんが
絹旗「……来ましたか」
黒夜「……みてェだな」
アニェーゼ「……あたりめえですよ」
舞夏「……待ってたぞー」
絹旗「……じゃ、始めましょうか」
42:
「「「「『香焼きゅんの嫁決定会議』……ッッッ!!!!」」」」
45:
黒夜「おおっ」
舞夏「これは……!」
アニェーゼ「ほほう……」
香焼『あ、あのー…なんすか突然?』
上条『まーまー気楽にしてくれよ』
絹旗「今回の計画……それは」
絹旗「香焼きゅんより直接!想い人を聞き出す!これです!」
「「「おおおおっ!」」」
44:
黒夜「もォこの会議も30回目か」
絹旗「ええ。今までの29回、実に不毛で、非生産的な極めて無駄といえる話し合いを続けてきました」
アニェーゼ「各々が己の権利を主張するだけでもちろん結論なんて出るわけねえですからね」
舞夏「話し合いにさじを投げ、香焼きゅんとの新婚生活を妄想する日々……」
絹旗「我々は実におろかでした……」
絹旗「しかし!このくだらない争いに!この!30回目をもって!終止符を打つときが来ました!」
「「「おおっ!」」」
絹旗「今回の計画に東京のデルタフォースこと学園都市の三バカに協力していただきました……彼らに感謝の拍手を」
パチパチパチ…
絹旗「それではこちらのモニターをご覧ください……」
46:
絹旗「今回私たちは手出しすることは一切できません……この隠しカメラは音声を拾うことしかできません」
絹旗「あとは三バカと」
絹旗「我々のいままでのアプローチの成果を信じましょう……」
絹旗(ま、もちろん)
黒夜(香焼きゅんの嫁は)
アニェーゼ(誰がどうかんがえても)
舞夏(この)
((((私ッッッッッ!!!))))
47:
上条『――――――――――』
香焼『――――――――――』
土御門『――――――――――』
青髪『――――――――――』
黒夜(世間話からの誘導……悪くねェ。頼むぜ三バカ!)
舞夏(頼むぞ兄貴!)
青髪『ところで、』
香焼『はい?』
青髪『香焼君のタイプってどんなん?』
((((来たッッッッッ!!!))))
49:
香焼『タ、タイプですか?』
土御門『そうだにゃー。やっぱ、男同士の会話に女の話はつきものだぜい?』
香焼『はあ……』
アニェーゼ(ナイスです青髪!このまま自然に、自然に……!)
上条『俺はやっぱりお姉さん系かなー…あの包まれる感じがいいんだよな』
青髪『僕はオールマイティやで?』
黒夜(オメーラの性癖なンざどォでもいいンだよ香焼きゅんだよ香焼きゅん出せえええええええ!!)
土御門『俺はもちろん、妹一筋だぜい!』
上条『そればっかだなお前……』
舞夏(余計なことすんなああああ!私までブラコンだと思われるだろばかやろー!)
51:
香焼『うーん……難しいっすねー……なんだろ』
絹旗(若干雲行きが怪しいです……なんとか誘導を!ああああああああでも困り顔の香焼きゅんかわいいいいいいいいい)
青髪『ほなまず無難に胸の好みからいこかな』
上条『お、そうだな』
((((なッッッッッ!!!???))))
52:
アニェーゼ(胸……だと……!?)
黒夜(胸……それはここにいる私たち全員の間でのタブー!!パンドラの箱!!)
舞夏(まずいぞー……ここで巨乳派なんて言われた時には……)
絹旗(計画の完遂を待たずして我々の、敗北は、確実……ッッ!!)
香焼『そうですね……』
香焼『やっぱり大きいのは憧れますけど』
((((クッッッッ!!!))))
香焼『あんまり重要項目ではないですね』
((((っしゃあああああああああああ!!!!))))
53:
土御門『ほほう……巨乳貧乳問わないと』
香焼『個人的には絶対的なサイズより体型とのバランスだと思ってるんで……』
上条『なるほど……』
絹旗(いよおおおおっっっし!!)
舞夏(これで第一関門クリアだぞー……)
土御門『んじゃ次、年齢層をズバリ!』
アニェーゼ(ッ!?これもなかなか重要ですね……)
黒夜(さァどォくる……?)
54:
香焼『んーそれはやっぱり』
((((…………))))
香焼『同い年以下っすねー』
((((っふー……))))
香焼『職業柄、周りが年上の人ばっかりなんで……』
上条『そーなんだよなーうらやましいぜ……』
青髪『えーやーん僕もえっちいおねえさんに色々教えてほしいわ……』
55:
上条『性格とかは?面白い人とか頼りがいがあるとかさ。なんかあるだろ?』
香焼『性格、ですか……』
((((来たッッッッッ!!!)
絹旗(これこそこの計画のメインターゲット……)
黒夜(アドバンテージをだれが獲得できるか)
アニェーゼ(勝負……ッッッ!!)
舞夏(神様お願い私に力を……!)
58:
香焼『優しい人がいいですねー』
上条『ほう』
香焼『あんまり元気すぎる人はちょっと』
土御門『おっとり系かにゃー』
香焼『大人っぽいのも苦手かな……』
青髪『年下系……と』
香焼『うーん……うさぎみたいなふわふわした雰囲気の人がいいですねー』
絹旗(……だ)
((((誰なんだ……ッッ!?))))
59:
絹旗(お、おっとり系!?……いや、ショートボブ、ゆるふわ系ワンピースをヘビロテしている私こそど真ん中!!)
黒夜(こ、これは……い、いやいかつい見た目に反してぬいぐるみを持ち歩く少女!まさに少女趣味の年下系!ギャップ萌えも手伝ってこれは私が大本命!)
アニェーゼ(フッ……知っています。私がシスターの間で『つんけんしてて実は優しいツンデレ系リーダー』と呼ばれていること和!)
舞夏(メイド服→不思議の国のアリスっぽい→キーキャラのうさぎ!私の時代キタ!)
青髪『結構具体的やなー。それってやっぱ好きな人とか?』
香焼『えっ!?』
((((!!!!!!!!!!))))
61:
絹旗(何余計なこと聞いてンだテメエェェェェェ!!)
絹旗(ま、マズイです。こんな展開は計画にありません……!!)
絹旗(やはりあの三人に任せたのが間違いだったか……)
絹旗(い、いえ!まだ香焼きゅんが肯定したわけでは)
香焼『アハハ……するどいっすね……』
((((ぎゃあああああああああああああ!!))))
63:
上条『オイオイ何聞いてんだよ』
青髪『ええやん気になるやんカミやんは気にならんの?』
上条『いやそりゃ気になるけど』
青髪『だーれーなーん?』
香焼『いやそれはちょっと……』
青髪『名前だけでも!な?』
土御門『いやらしい聞き方だにゃー……』
青髪『僕も男や。冷やかしたり茶化したりなんかは絶対せえへん。約束や』
香焼『……わかったっす』
((((んなッッッッッ!!??))))
64:
香焼『名前は……』
((((来い来い来い来い来い来い!!!!))))
香焼『ア――――』
アニェーゼ(来――――――!)
65:
香焼『アンジェレネさん、です』
((((…………ハ))))
66:
(まさかの)
68:
上条『そっかアンジェレネか……』
香焼『時々お菓子とか差し入れたりもしてくれて……とっても優しい人なんですよね』
土御門『なるほどにゃー……ある意味究極のおっとり系、か』
青髪『何々、知らんの僕だけ!?ずるいわそんn』
ブチッ
絹旗「……」
黒夜「……」
アニェーゼ「……」
舞夏「……」
6

続き・詳細・画像をみる


漫画「AZUMI-あずみ-」連載終了 『あずみ』連載開始から約20年

咲「お姉ちゃん家に遊びに行く!」

イビルジョー「あ〜!超お腹減ったっし♪」

韓国「日本にまた勝った!オバマの来日を1日削り、訪韓を実現!全て外交努力の成果」

なぁ・・・なんで日本と韓国ってこんなに仲が悪くなっちまったんだ?

【画像】俺に乳首毛の長さで勝てるやついんの?

back 削除依頼&連絡先