結衣「パパに京子クローン買って貰ったんだ」back

結衣「パパに京子クローン買って貰ったんだ」


続き・詳細・画像をみる

1:
ちなつ「えー!凄いです結衣先輩!」
あかり「まるで本物の京子ちゃん見たいだよお!」
結衣「でしょ?使い心地もいいんだよ」
あかり「いいなあ、あかりも欲しいなあ!」
結衣「なんなら、一緒に使ってみる?」
ちなつ「いいんですか!?」
結衣「うん、どうせなら皆で使った方が楽しいしね」
綾乃「あ、あの!船見さん!」
結衣「ん?どうしたの、綾乃」
綾乃「あ、あの、わ、私も///」
結衣「あ、ごめん、この京子、3人用なんだ(笑)」
2:
綾乃「あ、そ、そうなの……」
結衣「じゃあ、あかり、ちなつちゃん、部室で使おうか?」
ちなつ「わあい!感激ですぅ!」
あかり「楽しみ!楽しみ!」
京子「……」ズルズル
綾乃「……」
綾乃「……う、ううっ」
5:
?生徒会室?
綾乃「ニ、ニシえもーん!」
西垣「誰がニシえもんだ」
綾乃「う、ううっ、船見さん達ったら酷いわっ」グスッ
西垣「また船見達から仲間はずれにされたのか?今度はなんだ?」
綾乃「歳納京子のクローンを作ったのに、私には触らせてくれないんです……」
西垣「クローン?」
西垣「ああ、そういえば船見の父親は某製薬会社の重役だったな」
綾乃「はい……」
西垣「まあ、いいんじゃないか?クローンなんて使っても空しいだけだろう」
綾乃「ううっ、けど、けど悔しいんですっ!」
西垣「杉浦……」
綾乃「わ、私だって、歳納京子とイチャイチャしたいんです……」
6:
西垣「はあ……判った判った」
綾乃「西垣先生?」
西垣「ちょっと待ってろ、確かこの辺に……あった」
綾乃「なんですかこれ」
西垣「媚薬」
綾乃「え……」
西垣「船見達がクローンで遊んでる間に、これで本物とヤッてしまえ」
綾乃「えええええ!!!」
8:
綾乃「そ、そんな、ヤるとか……中学生のやる事じゃないですよ!?」
西垣「そうだな」
綾乃「し、しかも媚薬とか使うなんて、問題外です!」
西垣「かもな」
綾乃「こういうのは、当人同士の気持ちが一番大切なんですよ!?」
西垣「せやな」
綾乃「だ、だからこんな媚薬は……」
西垣「媚薬は?」
綾乃「ぼ、没収です!没収して何処か……何処か……」
綾乃「何処か歳納京子が飲みそうな飲料製品の傍に捨ててきます!」タッタッタッ
西垣「ああ、行って来い」
9:
綾乃(歳納京子、歳納京子は何処!?)
京子「?♪」キョッピッピッ
綾乃「おった」
京子「あれ、綾乃?どうしたのさ」
綾乃「べ、別に何でも無いわよ///」
京子「あー、それにしても今日はちょっと蒸し暑いよねぇ」
綾乃「……!」
京子「お、綾乃、何か飲み物持ってるじゃん、私にも半分頂戴!」
綾乃「いいんけ」
10:
京子「わあい、サンクス!」
綾乃「私は喉乾いてないから全部飲んじゃっていいわよ歳納京子一気にイッちゃって!」
京子「綾乃は優しいなあ……」ゴクゴク
綾乃「……」ドキドキ
京子「ぷはあ!おいちい!」
綾乃「……」ドキドキ
京子「じゃ、私はそろそろ帰るね?」
綾乃「え?帰るの?」
京子「今日はちょっと用事があってね、部活も寄らないつもり?」
綾乃「ちょ、待って……」
京子「じゃあねん?」キョッピッピッ
綾乃「え、えええー……」
12:
?生徒会室?
綾乃「西垣!西垣はおるか!」バーンッ
西垣「お前……教師を呼び捨てにするな」
綾乃「西垣先生!さっきの媚薬!効果ないですよ!?」
西垣「捨てに行ったんじゃなかったのか」
綾乃「捨てようとしてたのを歳納京子に無理矢理取られてしまって、歳納京子がそれを飲んじゃったんです」
西垣「そうか」
綾乃「それで、どういう事ですか!?」
西垣「あれは遅効性だからな、飲んでから10分くらいしてから発動す……」
綾乃「……!」ドピューン
西垣「るんだよ……って、もう行ったか、忙しい奴だ」
14:
?下駄箱?
千鶴「姉さんも生徒会で忙しいみたいだし、今日は先に帰るか……」
シクシクシクシク
千鶴(何だ、誰かの鳴き声がする……)
シクシクシクシクシク
千鶴(何処かで聞いたような声だけど……)
千鶴「おい、誰かいるのか?」
ピタッ
千鶴(鳴き声が止んだ)
16:
千鶴「おい、どうかしたのか?」
「……何か、からだがおかしいの」
千鶴「身体がおかしい?」
千鶴(怪我でもしてるのかな、取りあえず声を辿って……)スタスタ
千鶴(居た、あそこのカーテンの下だ)
千鶴「大丈夫か?」
「だいじょうぶじゃない、だいじょうぶじゃないよ……」
千鶴「この声……歳納なんたらか?」
18:
千鶴(ちっ、嫌なヤツと会ったな……どうするか、今からでも無視して帰るか)
シクシクシクシクシク
千鶴「……」
シクシクシクシクシク
千鶴「……はあ、流石にこれを無視するのは目覚めが悪いか」
千鶴「おい、歳納なんたら、具合悪いなら保健室までくらいならつきあうぞ」
シクシクシクシクシク
千鶴「おい、歳納」
20:
「からだが、からだがね、すごくかゆいの」
千鶴「かゆい?」
「かゆくてかゆくて、たまらないの」ボリボリ
千鶴「お、おい、歳納、あんまり掻くな」
「どうして?こんなにかゆいのに」ボリボリボリ
千鶴「だ、だってお前……血、出てきてるじゃないか」
「……」ボリボリボリ
千鶴「や、やめろって……!」グイッ
「ひぃっ……!」
23:
「や、やめて、らんぼうにしないで、もうやめて、やめてよ」ガクガク
千鶴「お、おい!落ち着け!落ち着けって!」
「やだ、やだやだやだっ!もう酷い事されるのやだ……からだ、かゆいよ、かゆい」
千鶴「ら、乱暴にしたりしないから、な?落ち着け!」
「う、うそ、千鶴、いっつも私に乱暴してるって聞いたよ、またするつもりなんだ、殴るつもりなんだ、やだっ!」
千鶴「判った!謝る!殴っちゃったことは謝るからっ!だから落ち着いてくれっ!」
「あや……まる……」
千鶴「うん、ごめん……」
「……ふふふ、あはは、あやまる、あやまる……ふふふふふ」
千鶴「……」ゾクッ
24:
「じゃあ、じゃあ、ゆるして上げる、ふふふ、あやまって、許して貰えるのって、すごく嬉しいよね、うれしい、ふふふ……」
千鶴(なんなんだ……これ、本当に歳納なのか?)
千鶴(何時もは殴られても平気そうな顔してた癖に……)
千鶴(……いや、本当はただやせ我慢してただけなのかもな)
千鶴(それが積もり積もって、こんな風になってしまった可能性も……)
千鶴(……だとしたら、これは私のせいなのか)
千鶴「……」
「ねえ、ちづる」
千鶴「な、なんだよ」
「……ちづるも、する?」
千鶴「なにを?」
「えっちなこと」
千鶴「……!?」
38:
千鶴「え、えっちなことって……何言ってるんだよ突然」
「ふ、ふふふ……ちづるだったしたい癖に……」グイッ
千鶴「お、おい、ひっぱるなっ!」
「ふふふ……あっち行こう?ね?」グイッ
千鶴「こ、このっ!」
「……!」ビクッ
千鶴「……」
千鶴(お、落ち着け、わたし、どうせこれも何時もの冗談なんだろうし)
千鶴(また暴力振るわれたって泣かれても面倒だ……しばらく、つきあってやるか……)
39:
「ふふふ、たのしいね、ちづる、たのしいね……」グイグイ
千鶴「はいはい……」
「あはは……」グイグイ
千鶴(それにしても、泣いたり笑ったり……まるで子供みたいな奴だな)
千鶴(脳天気なだけの歳納に、こんな一面があったのか)
「ほら、ちづる?ついたよ?」
千鶴「ここは……体育倉庫?」
「うん、ここなら、みつからないよ、みつからないの、ふふふ」
千鶴「……あのな、歳納、何か用事があるならふざけずに、はっきりと言ってくれ」
「ようじは、えっちなことだよ、ちづる」
千鶴「だから、そういうおふざけは……!」
「おふざけじゃ、ないよ」スルッ
千鶴「……!」
40:
「あのね、わたし、いっぱい、きもちいいことしたいの、痛いことはいやだけど、きもちいいことはすきなの」
千鶴「……と、歳納、お前、何服脱いでるんだよっ///」
「だって、ぬがないとできないよ?」
千鶴「ふ、ふざけるなっ!もう付き合ってられないからなっ///」クルッ
「だぁめ……」ガシッ
千鶴「……放せ、歳納」
「いや」
千鶴「放さないと……本気で怒るぞ」
「ね、ちづるも、ぬごう?」
千鶴「こ、こらっ、やめっ……」
「いいよね、ちづる、いいよね……」
千鶴「……!」
41:
千鶴(な、なんだ、逆らえない)
千鶴(力づくで抵抗しようとすれば、出来るはずなのに……)
千鶴(どうしてか、そういう気持ちにならない……)
千鶴(というか、逆に……)
千鶴(と、歳納の、肌から、眼を離せない……)
「ふふふ、おもったとおり、ちづるの、はだ、しろくてきれい……」ピタッ
千鶴「や、やめろ、頬擦りするな……」
「ちづるの、おむね、すごくドキドキしてるよ?」
千鶴「くっ///」
「どうして、そっぽ向くの?」
千鶴「う、うるさいっ///」
「ちゃんと、わたしを、みて?」
千鶴「///」
「みて?」
42:
千鶴(だ、だめだ、歳納の言葉が、頭に染み込んできて、何かぼーっとしてくる)
千鶴(なんで、どうしてこん……)
「ん、かゆい、かゆいな、かゆいよお……ちづる、かいて?」
千鶴「ど、どこが、痒いんだ?」
「おむねがね、おむねのさきがね」
千鶴(む、胸の先って……)
「ね、ちづる、さわって?」
千鶴「///」カーッ
「ね?」
45:
千鶴(と、歳納の、胸の、先……)
千鶴(薄いピンク色で、凄く綺麗だ……)
千鶴(こ、こんなの触ってもいいのかな)
「ね、ちづる、かゆいの、おねがい、ね?」
千鶴「わ、わかったから……」
「ちづる、ちづるぅっ」
千鶴「な、名前呼ぶなっ///」
「どうして?」
千鶴(は、恥ずかしいっ///)
46:
千鶴「え、えっと……そーっと、指の先で……」
ツンッ
「ひゃっ」
千鶴「す、すまないっ!」
「うんん、いいの、いいよ、ちづる、もっと、もっとさわっていいよ?」
千鶴「も、もっとか?大丈夫なのか?」
「うん、だいじょうぶ、きもちよかったから、ね?」
千鶴「気持ち……良かった……」
千鶴(そ、そうか、私の指、気持ち良かったのか///)
千鶴「じゃ、じゃあ、もう少し、触るぞ」
「うん」
プニッ
48:
「んっ……ちづる、もっと……」
千鶴「も、もっと……」
「もっと、ゆび、つかってもいいよ……」
千鶴「ああ、わかった……」
「つまむみたいに……やさしく……」
千鶴「やさしく……」
サワッ
「あっ……ちづる、いい、いいよ、ちづるっ」
千鶴「と、歳納……」
「もっと、もっとして?ちづるがやりたいように、して?」
千鶴「あ、ああ……」
千鶴(や、やりたいようにって、どうすれば)
49:
千鶴(こんな薄いサクランボみたいなの、指で触るより、いっそ……)
千鶴「……」ゴクン
千鶴「と、としのう……」
「ん?どうしたの、ちづる」
千鶴「……く、くちで」
「……」
千鶴「い、いや、何でも無いっ、気にするなっ///」
「……いいよ」
千鶴「歳納……」
「いいよ、ちづる、してもいいよ、ちづるだいすき、だいすき」
千鶴「……!」
千鶴(歳納の言葉が頭にどんどん浸食して行く)
千鶴(駄目だ、もう我慢できない、できない……)
50:
千鶴「と、歳納……歳納っ」
「んっ……んぅっ、い、いいよ、ちづる、やさしくして、やさしくしてね」
千鶴「ああ、優しくしてやる……してやるから……」
「かゆいの、かゆいの、からだが、だから、かゆいところぜんぶ……」
千鶴「痒い所を責めてほしいのか、歳納はえっちだ、えっちなやつだ……」チュ
「うん、えっちなの、わたしは、わたしは……」
「わたしは、H-201型としのうだから……」
52:
?校舎?
結衣「んー、居ないなあ……」
ちなつ「こっちにも、居ませんでした」
あかり「うう、困ったよお……」
結衣「まさか、逃げ出すとはなあ」
あかり「ちなつちゃんが、あんまり酷い事するからだよっ!」
ちなつ「え、だ、だって、普段の歳納先輩と違ってクローンは凄くえっちで従順だからちょっと無茶しても平気かなって」
あかり「クローンでも乳首噛み切るとかいったら怖がっちゃうよ……」
ちなつ「えへへ///」
あかり「褒めてないからね!?」
53:
結衣「んー、このまま行方が判らないと、ちょっと厄介な事になるかもなあ」
ちなつ「厄介な事ですか?」
結衣「うん、クローンは細胞が不安定だからさ、24時間ごとに放射線を浴びないと体が崩れてきちゃうんだ」
あかり「え……じゃあ、京子ちゃんほっといたら死んじゃうの?」
結衣「まあ、死ぬまでは行かないだろうけど……かなりグロテスクな事にはなるだろうね」
あかり「じゃ、じゃあ急がないとっ!」
結衣「まあ、念の為に放射線装置を完備したメンテ車を学校の前に用意して貰ってるんだけどね」
ちなつ「あ、結衣先輩!あれ!」
結衣「あ」
あかり「京子ちゃんだ!部室に入って行く!」
結衣「よし、今のうちに捕まえよう!」
54:
?ごらく部?
京子「はぁ……はぁ……な、なんだろ」モジモジ
京子「な、なんだか、凄くえっちな気分になってきて、止まらない///」モジモジ
京子「こ、このままじゃ、お家帰れないよ///」モジモジ
京子「し、仕方ない、部室で、ちょっとだけ……ちょっとだけ、1人でシちゃおう///」モジモジ
京子「ゆ、結衣達は……い、いないよね///」モジモジ
京子「よ、よし、今のうちに///」モジモジ
55:
京子「おかずは、どうしよう///」モジモジ
京子「そ、そうだ、みんなの座布団で……」ゴソゴソ
京子「はぁ……はぁ……微かに、みんなの匂いが残ってるよお///」モゾモゾ
京子「ゆ、ゆい、あかり、ちなつちゃんっ、わたし、わたしえっちな子になっちゃった、なっちゃったのっ///」モゾモゾ
京子「ごめんね、ごめんねっ///」モゾモゾ
京子「ご、ごめ……んんっ、んんんっ///」ガクガクガク
京子「んんんんっ///」ピーンッ
56:
グロい展開しか思い浮かばない
57:
嫌な予感しかしないんだけど
60:
「今だ!」
京子「え……」
結衣「ほーら!京子!もう逃がさないぞ!」ガバッ
京子「ゆ、ゆい!?」
ちなつ「ふふふ、京子先輩逃げるなんてひどいじゃないですかっ!」ガバッ
京子「ち、ちなつちゃんっ!?」
あかり「きょ、京子ちゃん!京子ちゃん早くしないと、グチャグチャになっちゃうよ!」
京子「あ、あかりまで!?」
京子「そ、そんな、そんな皆でもみくちゃにされたら、わたし、わたしっ///」ビクッビクビクッ
京子「ら、らめぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!」ピーーーーンッ
61:
京子「はぁ……はぁ……はぁ……」ピクピク
ちなつ「た、大変です!結衣先輩!京子先輩かなり弱ってます!」
あかり「な、なにかグチャグチャした液体が下半身から出てるよぉっ!」
結衣「これはだめかもしれんね」
ちなつ「い、急いでメンテ車に連れて行きましょう!」
結衣「うん」
エッホイエッホイ
63:
結衣「よし、この放射線照射室に京子を入れて……と」
京子「う、うう……ゆい、なにを……」
結衣「ぽちっとな!」
ブーーーーン
結衣「はー、これで一安心だ」
あかり「うわあ、照射室、凄く光ってるねえ」
結衣「直接見ちゃ駄目だよ、あんまり目に良くないから」
ちなつ「これ、直接人間が浴びたりしたらどうなるんですか?」
結衣「それはね……ボンッ、だよ」
ちなつ「ボンッ……ですか」
64:
あっ…
65:
アカン
66:
発想力がやばい
67:
?体育倉庫?
千鶴「はぁ……はぁ……」
「ねえ、ちづる」
千鶴「な、なんだ、歳納、もう1回か?少しだけ休憩させて……」
「だいすき」
千鶴「……わたしも、大好きだよ、歳納」
千鶴「こんな気持ち、はじめてだ」
千鶴「今まで気づかなかっただけなのかな……この、歳納への愛情を」
「……」
千鶴「今まで、ごめんな、歳納、冷たくして」
「……」
千鶴「歳納?」
「……」トロリ
千鶴「?」
69:
千鶴「歳納?これ、涙か?目から何か……」
「……」ドロリ
千鶴「……お、おい、歳納、お前……」
「……」ドロドロ
千鶴「と、歳納!か、顔が、顔が崩れて……!」
「……」グチャグチャ
千鶴「ま、待て!待ってくれ!歳納!駄目だ!溶けるな!居なくなるな!歳納!」
「……」ベチャベチャベチャ
千鶴「としのーーーーーーーーー!!!!!」
71:
?メンテ車?
ビービービー
結衣「え?限界警報?」
ちなつ「な、なんですか、この警報」
結衣「う、うん、クローンの身体が限界時間を超えて崩れてしまった時に鳴る警報なんだけど……」
結衣「照射室の中のクローン、まだ崩れてないよね?」
あかり「直接見ると目に悪いから良く見えないけど……崩れてないっぽいよ?」
結衣「え……じゃあ、誤報?」
プルルルルー
結衣「あ、携帯……」ピッ
結衣「もしもし、船見ですけど」
72:
「船見さん船見さん!歳納京子何処行ったか知らない!?」
結衣「あー、綾乃?今メンテしてるけど」
「いや、クローンの方じゃなくて!本物のほう!」
結衣「京子は今日は家の用事で帰ったよ」
「媚薬飲んだ状況で帰れるはずないじゃない!」
結衣「びや……え?」
「は、早く見つけないと、歳納京子が知らない子とえっちしちゃうことに……!」
結衣「……京子が、まだ、帰って無いって……そ、それじゃ、もしかして」
あかり「ゆ、結衣ちゃん!」
73:
SFみたい
74:
結衣「な、なに、あか……り?」
あかり「きょ、京子ちゃんが!京子ちゃんが!」
プクーーーーーーー
ちなつ「お、お饅頭見たいに膨らんで!」
結衣「ま、まさか……まさか……」
プクゥーーーーーーーーーー
結衣「あ、あかり!スイッチ!スイッチ切って!」
あかり「え、あ、う、うん!」
ちなつ「あ、ああ……きょ、京子先輩に、き、亀裂が……きれつがっ!」
75:
 
パァンッ!
78:
?翌日?
京子「いやあ、昨日はびっくりしたよねえ」
結衣「すまん」
ちなつ「申し訳ないです……」
あかり「ごめんね、京子ちゃん……」
綾乃「ごめんなさい、歳納京子……」
京子「いや、いいっていいって!」
79:
京子「私の身体は、パアンッってなっちゃったけど、脳と皮膚組織は残ってて」
綾乃「クローンの表面はドロドロになっちゃったけど、死んだわけじゃなくて内臓組織は残ってたのよね」
結衣「その3つと、クローン技術を利用して何とか京子を再生できてよかったよ……」
京子「一時は死ぬかと思ったけどね!」
ちなつ「まあ、一度は死んでるんですけどね」
京子「もー、ちなつちゃん、きっついなあ!」
アハハハハ
あかり「けど、本当に良かったよお……」
80:
ガラッ
千鶴「……歳納」
京子「あ、千鶴、ごめんごめん、もう時間だっけ?」
千鶴「いや、少し早いが、お前に早く会いたくてな……」
京子「もう!千鶴ったら甘えん坊なんだから!」
ちなつ「京子先輩、何時の間に池田(妹)先輩と仲良く……」
あかり「何か、クローンの方と池田(妹)先輩が仲良くなってたみたいだよ?」
ちなつ「え、けど、今の京子先輩はオリジナルの方だよね?」
結衣「……」
あかり「……」
ちなつ「え、違うの?」
81:
マジキチとはまさにこの事
82:
結衣「……それが、判らないんだよ」
ちなつ「判らない?」
結衣「蘇生させた時にね、一番最初に京子が言ったのは……」
 「あれ、ちづるは?」
結衣「って言葉だったんだ」
ちなつ「え、じゃあ、今居るのって、クローンの方なんですか!?」
結衣「いや、クローンにしてはオリジナル京子の方に似すぎてるんだよね……」
ちなつ「そ、そうですよね、普段の京子先輩そのままですし……」
83:
あかり「けど、羨ましいよねえ……」
結衣「なにが?」
あかり「い、いや、ほら、京子ちゃんと池田(妹)先輩、凄く仲よさそうだし」
結衣「……そうだな」
ちなつ「あかりちゃん、なんなら、もう一度、結衣先輩のお父さんにお願いしてクローン作って貰う?」
あかり「え」
結衣「うん、細胞ストックはまだあるから、まだ作れるよ?」
あかり「ふええええ!?」
ちなつ「私も作って貰おうかなあ」
あかり「だ、だめだよお!」
あかり「もうクローンはこりごりなんだからぁっ!」
おわるん
85:
ご苦労ん様
86:
こりごりっておまえが言うなよww
9

続き・詳細・画像をみる


メッシ、ネイマール獲得了承の理由は「プレイステーション仲間だったから」

【宇宙ヤバイ】 20年前、俺が夜空に向かって放った懐中電灯の光は今頃どこまで届いているんだろうか

妹が、このバンドにハマってからおかしくなったwwwwww

【刺々しい】「風邪や熱ごときで点滴なんて聞いたことがない。俺はしたことがない」

お前らって何で友達いないのに日常系のアニメとか大好きなの?

32歳の女性たちと合コンした結果wwwwwwwwwww 「三十路女が合コンで気を付けるべき7つのこと」

back 削除依頼&連絡先