妹「お姉ちゃんのパンツ…」クンクンback

妹「お姉ちゃんのパンツ…」クンクン


続き・詳細・画像をみる

1:
-風呂場
妹(お姉ちゃんは今 お風呂に入ってるし…)
妹(お姉ちゃんのパンツ 借りよ)
妹(ふぇぇ…とってもえっちな匂いがするよぉ)
クンクン
オレ(お姉ちゃんのパンツで出汁をとって お茶漬けでも作るか)
オレ「ゲェ!!妹!!」
妹「ハッ…お兄ちゃん?!」
オレ「どうしておまえが お姉ちゃんのパンツを…?!」
妹「こ…これは…」
妹「>>4するために…」
オレ「!!」
4:

××な彼女のつくりかた2 プレミアムパック
----------------------------------------------------------------------------
20:
妹「こするために…」
オレ「こするため…だと?!」
オレ(意味がわからんぞ!こする…?!なにを…?!男だったらわかる…)
オレ(しかし妹は…女の子!!)
ガララッ
姉「たかしに妹ちゃん??なんでここにいるの??」
妹「あっ…お姉ちゃん…」
妹(うわぁ…お姉ちゃん…裸だぁ…)
姉「妹ちゃん?なんで私のパンツを持ってるの??」
妹「えっとこれは…」
妹(ふぇぇ…絶体絶命だよぉ…)
>>22
22:
こするため
29:
妹「こするため…」
姉「こする??」
オレ「なにを言ってるんだコイツ?!」
オレ「お姉ちゃんのパンツで一体ナニをこするんだァァーーーッ!!」
妹「くぅっ…」
ボロンッ
オレ・姉「ゲェェーーッ!!」
妹にチンポが生えていた
オレ「おまえ男だったのか?!」
姉「そんなはずないよ…ちゃんと女の子にとって大切なものもあるし 前にいっしょにお風呂に入ったときは なかったもん!」
オレ「どうしてこんなものが?!」
妹「>>31…」
31:
たかしのを寝てる間になめた
37:
-5日前のたかしの部屋
妹「お兄ちゃん…起きてる?」
妹「やだっ…お兄ちゃんったら裸で寝てる…」
妹は たかしのチンポが気になった
妹(おちんちん…はじめて見た…)
妹(どんな味がするのかな…)
ペロッ
妹「きゃあ」
たかしのチンポをなめたら
妹にチンポが生えてしまった
チンポ「モォォォォッ」
妹「やだ…しゃべってる…怖いよぉ…」
-
妹(あんなことがあっただなんて言えないよぉ)
妹「よくわかんない」
姉「妹ちゃん…かわいそう…」
41:
オレ「でもちょっと待てよ!チンポが生えたのと お姉ちゃんのパンツになんの関係があるんだ!?」
妹(ふぇぇ…しつこいよぉ…)
姉「もうやめてたかし…お姉ちゃん怒ったりしないから 早くそのパンツ 元の場所に返して」
妹「う…うん…」
オレ「納得がいくか!!オレは お姉ちゃんのパンツで出汁をとろうとしたのに!!」
オレ「それを邪魔されたんぞ!!もっと納得のいく理由を言えよ!」
妹「どさくさにまぎれてとんでもないことを言ってるよぉ…」
オレ「まさかお姉ちゃんのパンツでオナニーする気だったんじゃないだろうな」
妹「うっ…」
姉「妹ちゃん…」
ドキッドキッ
チンポ「>>42」
『!!』
42:
めそ
45:
チンポ「メソ…」
妹「ああ…チンポちゃん…しゃべっちゃダメだよぅ!」
チンポ「イデア…」
姉「えっ?!おちんちんがしゃべった?!!」
姉「知らなかった…おちんちんってしゃべるんだ…」
オレ「お姉ちゃんって前 彼氏いるとか言ってなかったけ」
姉「ハッ…」
姉「し…知ってるよ…!おちんちんがしゃべることくらい!じょ…常識だよね!」
オレ「しゃべらないよ」
姉「!!」
オレ「本当に彼氏いるの?」
姉(どっ…どうしよう…このままじゃ妹ちゃんとたかしの前で大恥をかいてしまうよぉ…)
姉「>>47」
47:
や、やらないか♀
49:
姉「や…やらないか」
シーーーーン
妹「ふぇぇ…意味がわからないよぉ…」
オレ「お姉ちゃん…彼氏がいるってウソをついてたのか」
オレ(安心した…)
妹(よかった…彼氏は存在しなかったんだね…)
姉「シクシク…みんなして私をいじめることないじゃない…ひどいよ…ひどいよぉ…」
ラララララ
妹「ああ…お姉ちゃん 泣いちゃった…」
姉「うえええん」
妹「お兄ちゃん 謝って」
オレ「オレかよ!!」
オレ「>>50…」
50:
なんかすまん・・・
51:
イデアで吹いた悔しい
52:
オレ「なんかすまん…」
姉「シクシク…」
姉「うん…こっちこそ…ウソなんてついてごめんね…」
姉「今度からはみんなにウソはつかないよ…本当のことを言うね」
姉「実は私のアナルはしゃべるの…」
アナル「パラドックス…」
『!!』
妹「ふぇぇ…」
チンポ「ワンワン!」
アナル「ウーッ ギャンギャン!」
姉「共鳴…してる…?!」
チンポ「>>55」
55:
合体!
56:
>>55
キターーーーー(゚∀゚)ーーーーーッ!!!
60:
えwww
61:
チンポ「ドッキング…」
妹「えっ…やだ…体が勝手に…」
グググッ
姉「きゃあ」
ブスッ
姉「ああああああんッ!!」
妹「ふぇぇ…お姉ちゃんのおしりの穴にチンポちゃんがぁ…」
姉「やだぁっ…抜いて…こんなのやだ…妹ちゃん…」
妹「ふぇぇ…お姉ちゃんはアナルで感じる変態女だよぉ…」
姉「そんなこと言わないで…」
ビクビクッ
オレ「オレはいったいどうすればいいんだ?!」
オレ「オレもどこかしゃべりだすのか?!」
抜け毛「たかしッ!床を見ろ!オレだ!」
抜け毛「オレは姉のマン毛…今 姉と妹がやってるのは ただのアナルセックスじゃない」
抜け毛「これは>>62だ」
オレ「なんだって?!」
62:
愛の合体
65:
抜け毛「愛の合体だ」
オレ「ただのアナルセックスじゃねーか!!」
姉「あんあんあんっ」
妹「こうやって おしりたたかれるのが好きなんだね」
パチンッ
姉「ああ!お尻の穴でイっちゃうよぉぉぉ」
妹「気持ちよくなってきた…あああああッ!!」
ドピュロス
抜け毛「まぁ オレに任せときなって」
スッ
抜け毛が妹の耳の中に入った
妹「うっ」
ガクッ
オレ「大丈夫か?!妹!お姉ちゃん!」
姉「ハァーハァーハァー」
ビクビクッ
オレ「お姉ちゃん…」
67:
その日から妹とお姉ちゃんは急に仲が良くなった
家の中ではいつも手をつないでるし
抱き合ってテレビを見ているし
同じ部屋で寝てるし
いっしょにお風呂入ってるし
オレ「いったいどうしちまったんだ…」
妹「お姉ちゃん 今日帰ってくるの遅かった!」
姉「妹ちゃん…ごめんね…」
妹「罰として電気アンマ地獄だ!」
姉「あんっ…やめて…妹ちゃん…」
オレ「そんなのおかしいじゃないか!!」
オレ「最近は姉妹のレベルを軽く超えた仲のよさだ!!気持ち悪いぞッ!!」
姉「たかし…私たちは>>68なの」
オレ「なんだって…」
68:

70:
姉「神なのよ」
オレ「なんだって…」
妹「私たちは禁じられた領域へ踏み込んでしまった…」
妹「でも私たちは愛し合えない…同じ性別だから?姉妹だから?」
姉「そんなくだらないことで愛し合えないなんておかしい…だから私たちは人間を捨て…神になったのよ」
妹「お姉ちゃん」
ペロペロ
姉「妹」
ペロペロ
姉「さようなら たかし」
妹「地球は汚れすぎた…私たちは神の領域…『天上界』で生きていくことにするよ」
オレ「待ってくれーーーッ!!妹ッ!!お姉ちゃーーーん!!」
72:
抜け毛「よっと!オレは姉のマン毛!」
オレ「マン毛さん!!これは一体…?!」
抜け毛「すまねェ…気づくのが遅かった…」
抜け毛「邪悪の神が姉と妹の力を恐れ 姉と妹をチンポの魔力で洗脳し仲間にしちまったんだ」
オレ「そんな…!!」
抜け毛「姉と妹が敵に回ってしまったら 今度こそこの地球はおしまいってわけよ」
オレ「どうすれば…」
抜け毛「オレたちも天上界へ行って姉と妹を正気にするしかねェ…」
抜け毛「だがオレたち2人じゃ とてもかなう相手じゃねェ 仲間が必要だ」
オレ「まずは>>73に行くか!」
73:
学校
76:
-聖ホーリー高校
ここは たかしの通っている学校
不良が多い
オレ「…」
ガララッ
女子A「うわっ…たかし来た…」
女子B「たかし菌タッチー!!」
女C「汚ェ!!」
ワーワー
オレ(ちくしょう…ちくしょう…)
抜け毛「心配するな…オレがついてる」
サイガー「おはよう たかし」
こいつはたかしの唯一の友だちのサイガー
オタクだけどイケメンだから
たかしは嫉妬していた
オレ「実は…>>77」
サイガー「ゲェ!!」
77:
ホモなんだ
78:
バイ
79:
オレ「ホモなんだ」
サイガー「ゲェ!!」
サイガー「見損なったぞ!!たかし!!」
オレ「!?」
サイガー「今まで美音ちゃん萌えなんて言ってたおまえはッ…」
サイガー「日影ちゃん萌えなんて言ってたおまえはどこに行ったんだよォォォォッ!!」
ガンッ
オレ「ぐあっ」
サイガー「失せろにわかが!まとめブログとかニコニコ動画だとかに触発されてんじゃねェよ!!」
サイガー「もうおまえなんか友だちじゃねェ!!じゃあな!!」
サイガーは泣きながら帰って行った
オレ「サイガーの興味を引こうかと思ったら本気でキレられた…」
抜け毛「おまえもっと考えて発言したほうがいいぞ」
オレ「あれはクラスのアイドルでとっても優しいヤンデレちゃんだ!あの娘なら協力してくれるかも…」
ヤンデレ「>>81」
81:
彼氏欲しい
85:
ヤンデレ「彼氏ほしい…」
ヤンデレ(私はイケメンが好みじゃないの…臭そうでブタ面のキモいヤツに思いっきり私を汚してほしいの…)
ヤンデレ(そう…たかしくんなんか…最高…)
オレ「あ…あの…」
ヤンデレ(ウソッ!?たかしくんから声をかけてきた?!)
マンコヌレタ
オレ「天上界って知ってる?神様が住んでるとこ…」
ヤンデレ「し…知ってるけど…なんで私に…?!」
オレ「実は妹とお姉ちゃんが神になっちゃって…」
ヤンデレ「それは大変!堕落させないと!!」
オレ「協力してくれるの?!」
ヤンデレ「協力するのはいいんだけど…その…」
ドキッドキッ
ヤンデレ「>>86してほしいな…」
86:
キス
88:
ヤンデレ「キスしてほしいな…」
オレ「えっ?!」
ヤンデレ「お願いっ!!みんなの前で!!」
ヤンデレ「してっ!!」
オレ「願ってもないチャンスだ!」
ザワザワ
『ヤンデレちゃんとキモいたかしがなにかやってる』
『どういう…ことだ…?!』
幼なじみ「…!!」
幼なじみ「待って!たかしくんになにする気!!」
オレ「お…おまえは幼なじみの さな!!」
幼なじみ「>>90」
90:
ヤンデレの唇を縫い付けよう
91:
こする
92:
幼馴染も病んでるのか・・・
93:
幼なじみ「ヤンデレの唇を縫い付けてやるッ!!」
バッ
ヤンデレ「ヒィィィィッ!!」
オレ「やめろ!」
ブスッ
幼なじみ「どうしてそんなヤツを守るの?!たかしくんのことなんにも知らないのに!」
オレ「くっ…オレがいじめられているときに見て見ぬふりをしていたおまえが よく言うぜ…!!」
幼なじみ「グウウ…!!」
幼なじみ「うるさいっ!うるさいっ!うるさいっ!みんな殺してやる!!」
幼なじみ「針千本飲ましてやるーーーーッ!!」
オレ「針の能力者か…!!」
ヤンデレ「下がって たかしくん!」
ヤンデレ「あたしの能力は>>95!!」
バッ
95:
kskst
96:
グレイトフルデッド
94:
喉輪締め
http://www.amazon.co.jp/dp/B00H4W7QA4/
99:
ヤンデレ「加した」
幼なじみ「!!」
ヤンデレはいつの間にか後ろに周り混んでいた
幼なじみ「加の能力?!」
ヤンデレ「いや…あなたがのろくなっただけよ」
ヤンデレ「私の能力は敵を老化させる能力ッ!!」
シュゥゥゥ…
ヤンデレが老化ガスを噴出した
幼なじみ「うわあああああ!!」
シワシワ
オレ「お…オレも老けてくよぉぉ…」
ヤンデレ「たかしくんが介護必要になるくらい老化させてあげるからね」
ニコニコニコ
オレ「ヒィィィィッ」
幼なじみ「うぅ…」
ヤンデレ「>>101で止めを刺してやるッ!!」
101:
唾液
103:
ヤンデレ「唾液で止めをさしてやる」
ダラー
幼なじみ「ううっ…窒息する…」
ガクッ
オレ「ありがとう!ヤンデレちゃん!助かったよ」
ヤンデレ「じゃあ早くキスしてっ!」
オレ「う…うん…」
ブチュ
抜け毛「まったく見てられないぜ」
抜け毛「しかしたった3人で神を倒せるとは思えん」
オレ「まだ仲間が必要なのか」
ヤンデレ「それならいいところがあるわ」
ヤンデレ「>>104よ」
『!!』
104:
京都
105:
-ネオキョート
抜け毛「キョートに本当に強者がいるのか?!」
ヤンデレ「たかしくん2人で旅行なんて初めてね」
オレ「う…うん…」
ヤンデレ「ほら見て 清水寺よ」
オレ「すごいね!」
抜け毛「こいつ…目的を忘れてるんじゃあ ないのか?!」
抜け毛「ただならぬオーラを感じる」
ツンデレ「なんであいつがたかしを…!!」
ゴゴゴゴゴ
抜け毛「なんだあいつは!!」
ツンデレ「殺してやる!」
ツンデレ「我が能力は>>107!!」
ヤンデレ「たかしくん危ないッ!」
107:
脱毛
111:
ツンデレ「脱毛の能力ッ!」
スンッ
ブスッ
ヤンデレ「これは…!!」
オレ「ツンデレのワキ毛だ!!あいつは自分の毛を抜いて 針のように飛ばすことができるんだ!」
ヤンデレ「なんでツンデレさんがここに?!」
ツンデレ「あなたたちが 教室でキスなんかしていたから…ついてきたのよ!」
ヤンデレ「まさかこいつ…たかしくんをねらっていたのか…?!」
ツンデレ「たかしに触らないで!」
ヤンデレ「グレイト・フル・デッド(偉大なる死)!!」
ツンデレ「こ…これは…ヤンデレの能力…!!」
115:
ヤンデレ「老化を進めてしまえば 髪の毛が抜け落ちて能力が使えなくなるッ!!」
ツンデレ「ならば…」
ブチブチッ
髪の毛を抜いて手に装着するツンデレ
ツンデレ「ツンツンツンツンツンツンッ!!」
ヤンデレ「ぐあああああ!!まだこんなパワーが!!」
ツンデレ「目を覚ましてヤンデレ!あなたは…あなたは…」
ツンデレ「幼稚園のときに あたしのことが好きって言ってくれたじゃない!なのになんで たかしなんかを…」
ヤンデレ「な…涙…!!」
バシバシバシッ
抜け毛「こりゃ止めて仲間にしたほうがいいかもしれねェな」
抜け毛「よしたかし!>>117だ!!」
オレ「なにッ!!」
2:
オナニー
117:
 ゴガギーン
    ドッカン
   m ドッカン
 =====) ))   ☆
   ∧_∧ | |   /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( )| |_____     ∧_∧ < 
  「 ⌒ ̄ | | ||     (´Д` ) \___________
  | /  ̄ | |/      /  \
  | | | | ||    //|  /\\
  |  | | | | へ //.|   | | |
  |  | |  ロ|ロ |/,へ \|   |  | |
  | ∧ | | | |/   \   / ( )
  | | | |〈 | |   | |
  / / / / | /  |  〈|    | |
  / /  / / | | ||   | |
 / / / / =-----=--------    | | >>2
120:
オレ「あんなところに不法投棄されたロッカーが!!」
オレ「オレの能力は小指をぶつけたときに受けたダメージの半分を相手にも与える能力!!」
ゴンッ
ロッカーの角に自分の小指をぶつけた!!
ツンデレ「ひぎぃ!!」
オレ「もういっちょ!」
ゴキンッ
ツンデレ「ふぎゃ!」
オレ「まだまだァ!!」
コリッ
ツンデレ「やんっ…」
抜け毛「やめてほしかったらオレたちの仲間になりな」
ツンデレ「わかったわよ…」
ツンデレ「>>123をしてくれたらね…」
ヤンデレ「えっ…」
123:
きす
124:
貝合わせ
125:
ブリッジした状態で地上から2ミリ浮いてそのままホバリング
127:
ツンデレ「ここでキスして」
ヤンデレ「えっ…」
ヤンデレ「バカじゃないの…女の子同士よ…」
ツンデレ「そんなの関係ないわ」
ブチュ
ヤンデレ「ふぎっ」
ヤンデレ(たかしくんの前で…こんな…)
オレ「5000払ってサイバー・エンド特殊召喚」
抜け毛「奈落で」
ヤンデレ「私の唇が奪われたっていうのに なにをバカなことを!!」
オレ「そういえばヤンデレちゃんはなんでオレたちをここに呼んだの?」
抜け毛「たしかに」
ヤンデレ「それは…」
ヤンデレ「>>132があるからよ…」
オレ「なんだって?!」
ヤンデレ「この日のために鉈を洗って待っていたの」
ツンデレ「わ…すごい…」
132:
Tさんの家
135:
-Tさんの家
ヤンデレ「気をつけて」
オレ「おいおいなんだここは」
バシッ
ツンデレ「あたしのヤンデレに触らないでよ!」
オレ(なに言ってんだこいつ…)
ヤンデレ(なに言ってんだこいつ…)
ヤンデレ「あなたの力を借りにきました…Tさん…いや…」
ヤンデレ「闇タモリ!!」
闇タモリ「その名を聞くのは久しぶりだな」
オレ「ゲェーッ!!」
138:
闇タモリとツンデレを仲間したたかしとマン毛とヤンデレは
夜行バスでネオトーキョーの聖ホーリーに帰ろうとしていた
-バス
ツンデレ「あたし ヤンデレのとなりがいい!」
ヤンデレ「あたしはたかしくんといっしょに座りたいんだけど」
ツンデレ「抜け毛ニードル」
ブスッ
オレ「痛ッ!!」
ヤンデレ「わかった!いっしょに座るから…たかしくんを傷つけないで」
ツンデレ「ふふっ」
オレ「あ…闇タモリさん…よろしく…」
闇タモリ「触るな」
オレ「?!」
バスジャック「オレたちゃバスジャック!!」
『ヒィィィィッ!!』
バスジャック「>>138は前に出ろ!!」
140:
『はぁ?なに言ってんのあのバカ』
バスジャック「ま…まちがえた>>141だ!!>>141はとっとと出ろ!!」
『ヒィィィィッ!!』
141:
チャド
143:
パスカル「うぅ…」
オレ「ちゃ…チャド人のパスカルが人質になった!!」
バスジャック「よし!このままネオチバへ行け!」
運転手「くっ…」
バスジャック「早くしろォ!!」
闇タモリ「オレがいこう」
オレ「闇タモリさん?!」
闇タモリ「破ァ!!」
ガァンッ
バスジャック「ブハッ」
オレ「い…一撃…」
ヤンデレ「あたしの親友 闇タモリは>>145の能力者なの」
145:
徐霊
147:
ヤンデレ「除霊の能力者なのよ」
オレ「闇タモリさんは霊滅師の心得もあるのか」
運転手「腰が抜けて動けねェ!!」
闇タモリ「どれ…オレが運転しよう…」
ギャギャギャ
オレ「よし…これで仲間が4人!!姉と妹を取り返すぞ!!」
抜け毛「そう簡単に行くかな」
ツンデレ「見えたわ聖ホーリーよ」
148:
たかし
人間のクズだったが姉と妹が神になったことで 自ら行動を起こそうとしている
趣味は>>150
能力『ダンス・イン・ザ・ダーク』
タンスに小指をぶつけたときに受けたダメージの半分を相手にも与える能力
バージョンアップしタンス以外でもOK
ヤンデレ
名前ほど病んでいない
たかしのことが好き
好きな食べ物は>>152
能力『グレイト・フル・デッド(偉大なる死)』
老化の能力
ツンデレ
性格が悪いので友だちがいない
ヤンデレのことが好き
愛犬の名前は>>153
能力『ツンデレ!』
自分の毛をコントロールできる
闇タモリ
タモリの影武者
京都生まれ
能力『天国野郎』
除霊の能力らしいが詳しいことは不明
抜け毛
姉のマン毛
本名は>>154
150:
ガナニー
152:
ヤンデレ
153:
ボロンゴ
154:
たかしガンなのかよ
155:
-聖ホーリー高校
たかしたちが聖ホーリーに帰ってきたら
学校が滅んでいた
オレ「ウソだろ…なんだこれ…」
ヤンデレ「いったいだれがこんなことを…」
ツンデレ「みんな死んでしまったの…??」
闇タモリ「誰かいるぞ」
>>157「けけけ」
157:
幼馴染
159:
幼なじみ「たかしくんが帰ってこなかったから 学校ブッ壊しちゃった」
オレ「だがコイツの能力は針の能力!闇タモリさん!!やっちゃってください!」
闇タモリ「いいだろう」
幼なじみ「あの能力はフェイクよ」
幼なじみ「私の本当の能力は『ハート型ウイルス』!!」
バババッ
そこら中に殺人ウイルスがバラまかれた!!
オレ「ヒィィィィッ!!」
ヤンデレ「優しそうなさなさんがいったいなんでこんな能力を発現させたの」
幼なじみ「>>161だからよ」
ツンデレ「やはりネコかぶってたのね」
161:
たかしを奪われそう
163:
幼なじみ「たかしくんが奪われそうだからよ」
ヤンデレ「グレイト・フル・デッド!!」
グズグズグズッ
オレ「殺人ウイルスが老化していく!」
ツンデレ「でもそれはヤンデレちゃんもいっしょ!ウイルスにむしばまれていくわ!」
闇タモリ「オレに任せろ」
闇タモリ「破ァ!!」
幼なじみ「グヘッ」
幼なじみ「く…くそっ…殺してやる…ゴロジデヤルゥ???ッ!!」
オレ「もうやめろさな!!」
オレ「>>165!!」
幼なじみ「!!」
ヤンデレ「!!」
ツンデレ「!!」
闇タモリ「…」
抜け毛「!!」
165:
みんなまとめて犯してやる!
166:
ちょwww
167:
オレ「みんなまとめて犯してやる!」
抜け毛「やめてェ!!んほぉぉぉぉぉっ!!」
アヘアヘ
オレ「オラオラッ!!」
ヤンデレ「あんっあんっ!とっても幸せな気分!!」
オレ「ヒャッハー!!」
ツンデレ「やめろォォォォッ!!」
ドピュロス
ツンデレ「あ…あたしの貞操がぁぁ…」
グスンッ
オレ「シュッポッポー!!」
幼なじみ「あんっ…気持ちいいっ…」
オレ「ポッポー!!」
闇タモリ「触るな」
オレ「すみません」
闇タモリ「次やったら殺すからな」
オレ「許してください」
169:
ヤンデレ「うふふ…これで私たち夫婦ね…」
幼なじみ「私がたかしくんの奥さんよ!」
ツンデレ「もう嫌…うっ…おえぇぇ…」
オゲゲー
抜け毛「たかし!6人いればもう大丈夫だ!!」
オレ「でも天上界ってどうやっていくの??」
抜け毛「>>171だ」
オレ「そいつは盲点だったぜ…」
171:
sex
172:
ルーラ
173:
抜け毛「SEXよって道は開かれる!」
オレ「そういうことなら遠慮なく」
ブスッ
ツンデレ「えっ!?あたし?!!」
ツンデレ「嫌ァァァァッ!!やめろ!この粗チンがァァァァッ!!」
ツンデレ「うわああああん…お母さ?ん…」
ポロッポロッ…
オレ「こんなに乳首を勃起させやがって!!」
コリコリッ
幼なじみ「私のたかしくんよ!」
ヤンデレ「裏切り者!」
ツンデレ「あああああん!!嫌だァァァァッ!!」
ドピュロス
オレ「ふぅ」
ツンデレ「あわわわわ」
ツンデレのマンコから柱がでてきた
抜け毛「これが『>>174のはしら』これに登って天上界に行くんだ!」
174:
槍のはしら
178:
-やりのはしら
ミワワ?
オレ「この柱を登るのか」
幼なじみ「果てしなくつづいてるね…」
ガッ
幼なじみ「たかしくん!私に捕まって!」
ヤンデレ「たかしくん…捕まって!」
オレ「ありがと」
幼なじみ「あ…あの野郎!!」
闇タモリ「オレにつかまれ」
抜け毛「優しいのね」
ポッ
181:
たかしたちは3日かけて
やりのはしらを登り
天上界へたどりついた
-天上界
オレ「やっとついたな」
ツンデレ「上からおしっこが飛んできたときはどうしようかと思ったわ」
ヤンデレ「柱の途中の売店で>>182買ってきたから食べな」
闇タモリ「わあい」
幼なじみ「私これ大好き!」
オレ「いただきます」
182:
おっぱいプリン
183:
オレ「なんだこれ こんなもん食えないぞ」
抜け毛「そうだそうだ」
ヤンデレ「ご…ごめんなさい!こっちだったわ」
ヤンデレ「柱の途中の売店で>>184買ってきたから食べな」
闇タモリ「わあい」
幼なじみ「私これ大好き!」
オレ「いただきます」
184:
カロリーメイト
185:
おっぱい
186:
売店まで完備かよ....
189:
ヤンデレ「カロリーメイト?♪」
幼なじみ「私のイチゴ味だ!」
幼なじみ「おいしいなぁ」
ヤンデレ(かかった!)
幼なじみ「うっ…お腹が…」
ゴロゴロ
幼なじみ「ちょっとトイレに行ってくるね」
ヤンデレ(天上界にトイレなんかあるわけないじゃない…ここで漏らすがいいわ)
幼なじみ「あ!>>190にトイレが」
ヤンデレ「マジで!?」
幼なじみ「ラッキー」
190:
抜け毛の口の中
191:
抜け毛「オイラの口の中にトイレが?!」
幼なじみ「わーい!」
ブリブリブリッ
ヤンデレ「クソッ…あと少しだったのに…」
ツンデレ「それにしてもこの天上界には誰もいないの?」
闇タモリ「たしかに…」
オレ「あれは…>>192!!」
192:
ちんこ
196:
チンコ「ふふふ…」
オレ「あれは妹のチンコではないか!?」
抜け毛「洗脳が完了したから分離したのか」
チンコ「やはりくると思ったぜ…!!しかし妹と姉は渡さんッ!!」
チンコ「オレを倒してみるがいい!!」
オレ「くっ!!」
闇タモリ「かなりの実力者だぞ 誰が行く?」
>>198
198:
闇タモリ
200:
闇タモリ「ここはオレが行こう」
オレ「闇タモリさん!!」
チンコ「ホーケー・スラッシュ!!」
ザンッ
闇タモリ「ぐあっ」
ツンデレ「そんな一瞬で闇タモリを!!」
闇タモリ「しかし オレも一撃ダメージを与えさせてもらった」
チンコ「ゲホッ」
ヤンデレ「互角…!!」
チンコ「さっきのは ほんの小手調べだ!!」
チンコ「マーズ・ホーケー・スラッシュ!!」
闇タモリ「!!」
202:
ヤンデレ「闇タモリ!あなたの能力を使いなさい!!」
闇タモリ「わかった!破ァ!!」
チンコ「うぎゃああああ!!」
霊魂が消滅し 元のチンポに戻った
ポロッ
幼なじみ「これ…どうするの??」
オレ「決まってるだろ…」
オレ「>>203」
203:
けつの鞘に納める
205:
オレ「もしかしたら後に役立つかもしれない…しまっておこう」
ブスッ
ツンデレ「ひゃん!」
ツンデレのアナルの中にしまった
闇タモリ「見ろ チンコを倒したことで新たな道が現れたぞ」
抜け毛「ここから先は『>>208・パラディンズ』という神に仕える6人組がいる…気を引きしめていけ」
オレ「『>>208・パラディンズ』?!!」
208:
HENTAI
209:
オレ「HENTAI・パラディンズ!?」
抜け毛「全員残虐極まりないヤツらだ…気をつけろ」
-天上界・HENTAIの間
6つの扉があった
闇タモリ「中にHENTAI・パラディンズが1人ずつ控えているのか…」
抜け毛「ちょうど1人ずつ…」
ツンデレ「行くわよっ!」
『変星』 >>211
『変魚』 >>212
『変車』 >>214
『変妹』 >>215
『変雷』
『変姉』 >>213
対戦相手を決めてね
211:
アナルスター
212:
アナルフィッシュ
214:
抜け毛
215:
たかし
213:
あ?ちゃん
218:
闇タモリ「いや いっきに6人で戦うのは控えたほうがいい」
ツンデレ「そ…それ!あたしが今言おうと思った!」
抜け毛「なら ここはみんなを巻き込んでしまったオレとたかしが行こう」
オレ「えっ?!」
オレ「えっ…?!」
抜け毛「いくぞたかし」
抜け毛「好きな部屋を選べ」
抜け毛「オレは『変車』の部屋に行く」
オレ「じゃあオレは『変妹』の部屋に行こう」
オレ(かわいい子がいそうだし)
221:
-『変車』
抜け毛「ん?バイク」
ダーク不良のバイク「ひひひ…轢き殺してやるッ!!」
抜け毛「バカな?!原チャリがしゃべっている?!!」
ダーク不良のバイク「轢き逃げアタック!!」
抜け毛「マン毛ディフェンス!!」
サッ
抜け毛「そして毛隠れ!!」
フサッ
ダーク不良のバイク「隠れても無駄でゲス!!」
ダーク不良のバイク「カーナビ発動!!」
ピピッ
ダーク不良のバイク「なるほど…>>222か」
222:
同じタイプのスタンド
223:
ダーク不良のバイク「同じタイプのスタンドか」
抜け毛(やはり…!!)
ダーク不良のバイク「いくぞ!!轢き逃げキマイラ!!」
バババッ
タイヤが降ってきた!!
抜け毛「抜け毛ディフェンスではかわし切れないッ…!!」
抜け毛(必殺技…>>225を使うしかないのか…!!)
クルッ
225:
抜け毛ファイナルブラスト
227:
ダーク不良のバイク「轢き逃げキメラウィリーーーーッ!!」
抜け毛「ちっ…」
チリチリチリッ
自分の体をねじり
回転するマン毛
抜け毛「抜け毛ファイナルブラストーーーーーッ!!」
ダーク不良のバイク「な!!」
相手の毛と一体化し
内部から相手の体を破壊する禁断の殺人技!!
最強と噂されるたかしの姉は抜け落ちたマン毛すらも最強だったのだ!!
勝敗>>230
230:
抜け毛の勝利
231:
変妹以外の変巻き込んで爆発
232:
抜け毛「なんとか…勝った…」
抜け毛「しかし同じ能力者として…殺すのは惜しい…」
ダーク不良のバイク「くっ…殺せ…」
抜け毛「ん!これは闇タモリさんからもった『やさしい数珠』!」
やさしい数珠をダークバイクちゃんにかざす
シュワッ
不良のバイク「ハッ…ここは…」
元の原チャリに戻った!!
抜け毛「よかった…」
HENTAIの間に戻るか
妹の間に行くか
>>234
234:
HENTAIの間で強力な武器を手に入れる
235:
-HENTAIの間
幼なじみ「たかしくんもマン毛ちゃんも帰ってこない…」
ヤンデレ(信じているのなら黙って待っていなさいよ)
ツンデレ「アナルが…アナルがかゆいよぉ…」
ガリガリッ
ツンデレ「うっ…」
ボロッ
ツンデレのアナルから聖剣がでてきた!!
ツンデレ「これは!!やりのはしらの売店で買った聖剣エクスカリバー!!」
ヤンデレ「もしものためにアナルにしまっておいてよかったね」
ツンデレ「よーし!エクスカリバーを手に入れたあたしは無敵よっ!誰でもかかってきなさい!!」
『変星』『変魚』
『変雷』『変姉』
どこに行く?!
>>237
237:
地獄
238:
全員まとめて相手してやらああ!
239:
ツンデレ「ためしにエクスカリバーでなんか斬ってみよ」
ガンッ
ガララッ
エクスカリバーの攻撃を受けた
HENTAIの間は崩れてしまった!!
ヤンデレ「きゃあああああ!!」
幼なじみ「やだッ…!!私たちはどこへ落ちるの?!」
闇タモリ「天上界はこの世界の頂点そこから地に落ちる…」
闇タモリ「たどりつくところはとどのつまり…」
闇タモリ「『地獄』だ…」
『ウワァァァァァッ!!』
バァーンッ
241:
ここはおなじみ地獄!
『能力者墓場』と呼ばれており
戦いの中で死んだ能力者はここに送られてくるんだ!
-能力者墓場
ヤンデレ「いてて…」
ツンデレ「暗くて冷たい…どこなのここは…?」
ツンデレがアナルからスマートフォンをだす
ツンデレ「ゲッ!!圏外!!」
冷水ポットマン「おう新人か」
闇タモリ「あれは…冷水ポットマン!!2018年度『お冷や能力者グランプリ』の準優勝者…!!」
闇タモリ「しかし2年前にテクノブレイクで死んだはず…オレたちは本当に地獄の底…能力者墓場に来てしまったのか」
ツンデレ「あ…あれって…」
ツンデレ「>>244じゃない?!」
244:
閻魔大王
248:
ツンデレ「閻魔大王じゃない?!」
閻魔大王「貴様ら…!!なぜ地獄にいるのに魂がある…?!」
閻魔大王「さては不法侵入者だな!!」
ヤンデレ「わ…私たちは地獄に不法侵入しちゃったのね…」
ヤンデレ(たかしくん…大丈夫かしら…)
地獄編か天上界編か
>>253まで多かったほう
249:
地獄編
250:
たかしは放置
251:
地獄
252:
天上
253:
天上
255:
ドシャーンッ
ゴリゴリッ
閻魔大王「ただでさえ大変なのに 不法侵入者なんて相手にしていられるか!」
ツンデレ「今すごい音したけど…どういうことなの」
ヤンデレ「よければ手伝いますが…」
閻魔大王「500年前に神により地獄に封印されたヤツらが復活したのだ」
閻魔大王「『シングズ・クルト・ワイル』が…!!」
幼なじみ「なにそれ…!!」
ヤンデレ「歴史の授業で習わなかったの?!」
ツンデレ「神々から地獄に封印された7人の悪魔よ…まさかこんなタイミングで復活してしまうなんて…」
258:
闇タモリ「伝説上の存在だったシングズ・クルト・ワイルが復活するとは」
閻魔大王「見たところおまえらは能力者だな」
ツンデレ「なぜわかった?!」
幼なじみ「能力者墓場にいるからでしょう」
閻魔大王「ならばシングズ・クルト・ワイル討伐に手伝え!不法侵入で逮捕されたくなければな」
ヤンデレ「く…くそっ…」
閻魔大王「助っ人も3人呼んである!」
閻魔大王「>>260と>>261…そして>>263だ」
260:
メビウス
261:
サスケぇ
263:
わかば
266:
ドォーンッ
メビウス「本当に悪人のオレの肉体を復活させるとはな」
麻薬組織シスター・モルヒネ
リーダー 棺桶配達人メビウス
サスケA「…」
忍者マスター
焦熱地獄のサスケA
わかば「メビウス!」
麻薬組織シスター・モルヒネ
幹部 デビルマザーわかば
幼なじみ「なに!?この人たちは!!」
闇タモリ「忍者マスターにシスター・モルヒネの2人…!!伝説の在任を解放するとは…!!」
閻魔大王「やむを得ない…シングズ・クルト・ワイルが暴れだしたら地獄どころか地上 そして天上界まで破壊されてしまうからな」
メビウス「なぜオレとわかばだけなんだ!ルボロとパーラメント…ホープとバージニアも蘇生しろ!」
閻魔大王「貴様ら全員を蘇らせるのはあまりにも危険すぎる…だから2人までにした」
メビウス「ちっ」
ヤンデレ(こ…怖い…なんなのこの人たち…)
267:
幼なじみ「シスター・モルヒネってなんなんですか??」
闇タモリ「聖ホーリーにいた麻薬組織だ…ヤバい能力者集団…」
闇タモリ「まぁ…数年前たかしの姉により壊滅させられたんだがな…」
幼なじみ(たかしくんのお姉ちゃんはそんなにすごい人だったんだ…)
ヤンデレ「忍者マスターサスケAは伝説の盗賊ね…昔処刑されたらしいけど…」
ツンデレ「それに加え 私たち4人が加われば…敵なんていないわっ!!」
ツンデレ「団結力を深めるためにチーム名を決めましょ」
わかば「な…なにあなた…」
チーム名『>>268』
268:
クソワロタ
270:
クソワロタクソワロタwwww
271:
クソワロタwwww
272:
ツンデレ「『チーム クソワロタ』なんてどうかしら」
わかば「だっさーい!『シスター・モルヒネ デュオ』でいいじゃない」
メビウス「この際 チーム名などどうでもいい」
-罪悪の門
ここは悪魔たちが封印されていた場所
今は悪魔たちが勝手に門を作って引きこもっていた
『父魔の門』
『乳魔の門』
『蛇魔の門』
『幼魔の門』
『牛魔の門』
『武魔の門』
『おくびょうなカーレッジくん』
ヤンデレ「これは…」
幼なじみ「いったいどこから行けばいいの…?」
チーム クソワロタから誰が出るか>>275
入る門>>277
275:
闇タモリ
277:
おくびょうなカーレッジくん
278:
闇タモリ「オレが行こう」
闇タモリ「入る門は『おくびょうなカーレッジくん』…いかにも弱そうなヤツがいそうだな」
幼なじみ「油断しないようにね」
ヤンデレ「がんばってくださいね!闇タモリ!」
闇タモリ「ああ…」
ガチャ
ツンデレ「それにしても『おくびょうなカーレッジくん』って…」
ヤンデレ「いや…これはただの落書き!!」
おくびょうなカーレッジくんの落書きを消すと
現れたのは…
『将魔』
ドォーンッ
わかば「こ…」
ヤンデレ「これは…!!」
279:
ヴヴヴ
魔界テレビがでてきた
幼なじみ「これで試合が見られるのね!」
-ジェネラルゾーン
ルシファー「最初にこの部屋を選ぶとは運がいいな」
ルシファー「私はシングズ・クルト・ワイルの『傲慢』を担当する悪魔 ルシファーだ」
ルシファー「私と戦えることを光栄に思え」
闇タモリ「破ァ!!」
ルシファー「硬度10 ダイヤモンドパワーで無効」
ボシュッ
闇タモリ「なにッ!!」
ルシファー「さらばだ」
ルシファー「地獄の断頭台ーーーーっ!!」
ガッシャーンッ
闇タモリ「グハッ」
闇タモリ 死亡
281:
ツンデレたちは絶望に包まれたっ…!
今までリーダーとしてみんなを引っ張ってきた闇タモリがっ…
一撃っ……!!
瞬殺っ……!!
ヤンデレ「うわあああああ!!」
ツンデレ「や…闇タモリィィィィッ!!」
2戦目 チーム クソワロタから誰が行くか>>283
2戦目 入る門>>285
283:
さな
285:
乳魔
287:
幼なじみ「次は私が行く」
ヤンデレ「さな…!!」
幼なじみ「闇タモリさんにはお世話になったし…目の前で友だちが死んじゃったら…」
幼なじみ「きっとたかしくんは戦いに行くよっ!!」
ダッ
さなは乳魔の門に入っていった
-おっぱいゾーン
さな「!!」
身長が2メートルくらいありそうな女が立っていた
アスモ「あたしはシングズ・クルト・ワイル『色欲』のアスモ!!」
バッ
アスモ「ミルクパンチ!!」
バァーンッ
幼なじみ「私に触ったね…」
ドクドク
288:
幼なじみ「私の能力は『ハート型ウイルス』!!私に触れることは死を意味するッ!!」
ドブドブドブッ…
アスモ「うふふ」
ビュッ
アスモが母乳をかけると
殺人ウイルスが死滅してしまった
幼なじみ「なにッ…?!」
アスモ「あなたにもミルクかけてあげるね」
ドピュロス
幼なじみ「ウギャーーーッ!!この母乳ッ…塩酸だァァァァッ!!」
ジュジュジュ…
アスモが手でハートマークを作る
アスモ「必殺 ラスト・ラスト!!」
カッ
幼なじみ「サナァァァアッ!!」
さな 死亡
289:
ツンデレ「ヒィィィィッ!!さなァァァァッ!!」
ヤンデレ(さなは嫌いだったけど…いつかこの手で殺したいと思っていた…)
ヤンデレ(それなのにまさかこんなところで死んじゃうなんて…)
サスケA「泣いていても仕方がない…オレたちは戦うしかないんだ」
メビウス「閻魔大王もキツい仕事を任せやがったぜ」
チーム クソワロタ >>290
ツンデレ ヤンデレ
メビウス わかば サスケA
入る門 >>291
『父魔』『蛇魔』『幼魔』
『牛魔』『武魔』
290:
しにすぎ
291:
幼魔
293:
メビウス「ぬるい戦いばかり見せやがって…次はオレが行く!!」
メビウス「門は『幼魔』だ!!」
ヤンデレ「待ってください!」
ヤンデレ「いくらなんでも…みんな死にすぎです…これは1人ずつ戦っていったら とても勝てないのでは?!」
メビウス「オレが負けるとでもいうのか」
ヤンデレ「そうじゃない…私たち5人…みんなでいけば…勝率が上がるのでは…?!」
ツンデレ「たしかに!!1人ずつで戦わなければならないというルールはないわ!」
メビウス「ふざけるなよ」
わかば「いいじゃない わかば メビウスといっしょに戦いたい!」
メビウス「…わかば…」
サスケA「決まったな…いくぞ!!」
チームクソワロタは心を1つにし
幼魔の門へ入った!!
294:
-ブルーバードゾーン
マモン「キシキシキシッ!!ボクにブチ殺されるヤツは誰だ???」
メビウス「いたぞガキだ!」
サスケA「殺せ!!」
わかば「わかばより身長低い!ヤツなら勝てる!!」
ヤンデレ「ヤンヤンヤンヤンッ!!」
マモン「くっ…ボクはシングズ・クルト・ワイルの『強欲』!!マモ…」
ツンデレ「くらえーーーっ!!!!『>>295砲』ーーーーっ!!」
295:
書いてるなら教えてくれよモモンガマン
300:
ツンデレ「書いているなら教えてくれよ-モモンガマン砲-!!」
バッ
ツンデレのアナルからモモンガがでてきて
そのモモンガからツンデレがでてきた!!
バァーンッ
マモン「ギャアアアアアッ!!」
マモンは背中の羽をまとい ダメージを半減させた!!
マモン「きぃぃ…!!」
メビウス「よし!ガードされたが…ダメージは入った!!」
メビウス「いけッ!!サスケAェェェェッ!!」
サスケA「忍法 亀甲縛りの術!!」
バババッ
マモン「ぐあああああ!!」
メビウス「とべッ!!ヤンデレ!」
ヤンデレ「はいっ!!」
ヤンデレ「>>302ァァァァッ!!」
マモン「しまった…!!亀甲縛りで…避けられないィィィィッ!!」
302:
骨ブーメラン
303:
微妙すぎる必殺技だな
304:
ヤンデレ「ほねブーメラン!!」
マモン「しまった…!!亀甲縛りで避けられないィィィィッ!!」
マモン「ガハッ」
マモン「549コピー!!」
マモン「ほねブーメラン!!」
ヤンデレ「なっ…!!技をコピーした!!」
メビウス「わかばッ!!」
わかば「ダンシング・ネイル!!」
ブスッ
わかば「うふふ…私の能力は爪から麻薬を注入する能力…」
マモン「ケッケッケ!!悪魔に麻薬がきくかよーーーーっ!!」
マモン「おまえから殺してやるよッ!!グローリアス・グリード!!」
メビウス「わかばはおとりだ」
マモン「ハッ…」
メビウス「アネハメ波ァァァァッ!!」
マモン「ウワァァァァッ!!」
306:
マモン「ギッ…ギッ…ギッ」
ボシュボシュボシュ
ツンデレ「あれほどのダメージを受けて死んでいないだと?!」
ヤンデレ「いや…!!あれは…!!」
突然 光に包まれるツンデレたち
シュゴォォォー
ツンデレ「こ…この映像は…!?」
マモンが人間だったときの記憶
マモンの過去>>308
308:
赤なまこ
399:
>>308
人間じゃないwww
309:
赤ナマコクソワロタ
310:
ヤンデレ「これは…マモンが人間だったときの記憶?!」
マモンは人間だったときはマモルという名前の男の子だった
マモルは赤なまこに『ブルーバード』と名付け かわいがっていた
周囲の子供たちはそんなマモルを気持ち悪がり
やがてはいじめに発展した
赤なまこを殺されてしまったマモルは
ショックで自ら命を断ってしまったのだ
そして少年・マモルが堕天した姿が
この悪魔・マモンだッ!!
ヤンデレ「なんと…」
サスケA「そういえば聞いたことがある…シングズ・クルト・ワイルは不老不死だが…」
サスケA「人間だった頃の記憶を呼び起こせば不死ではなくなる!!」
わかば「ってことは今ならマモンを…!!」
メビウス「殺せるってわけだな」
312:
メビウス「1億パワー全開ッ!!」
グッ
サスケA「超人強度が一気に?!」
わかば「これがメビウスの能力だよ 超人強度を0パワーから1億パワーまで操ることができるの」
メビウス「10倍アネハメ波ァァァァッ!!」
ツンデレ「く…!!」
ブチブチッ
ツンデレがマン毛を抜いて
マン毛に息を吹いた
ツンデレ「最終必殺 風花ッ!!」
バババッ
ヤンデレ「アネハメ波と風花が合体したァ!!」
メビウス・ツンデレ「>>314ーーーーッ!!」
314:
たかし
316:
その頃 たかしは…
-天上界
-『変妹』
妹「お兄ちゃん…どうして私の邪魔をするの」
オレ「おまえはだまされてるんだ!!レズが許容されないから邪悪の神に力を貸すなんて…!!」
妹「燃やしてやる!!ガール・オン・ファイアー!!」
ボッ
オレ「妹の炎の能力!!」
オレ「くそっ…さすが天上界…タンスらしき物がない…!!」
オレ「あ…あれは!!>>318!!」
318:
俺の魂
319:
オレ「オレの魂!!」
たかしい「ア…ドモ…」
たかしい「コロシテ…」
オレ「そんなことを言うな!生きろッ!!」
たかしい「シニタイ…」
オレ「生きろッ!!」
たかしい「シニタクナイ…」
オレ「よく言った!!」
たかしの小指がたかしの魂にぶつかる!!
たかしの能力 覚醒ッ!!
ズザザッ
タンスが生えてきた!!
妹「なにッ!?タンス?!!」
オレ「これがオレの新たな能力…タンスを2つまで生み出す能力!!」
322:
ズザザッ
ズザザッ
縦横無尽に駆け回るタンス!!
2つのタンスが妹を囲んだ!!
妹「!!」
オレ「はさみ込むッ!!」
オレ「タンスクラッシュ!!」
ジャアンク
オレ「終わった…」
ジュジュジュ…
オレ「え?」
タンスが燃やされ
妹はノーダメージだった!!
妹「いい加減にして お兄ちゃん…」
妹「私とお姉ちゃんの恋を邪魔するヤツは…あたしが許さないッ!!」
オレ「ヒィィィィッ!!」
323:
そりゃあ、最強の姉の妹なんだからたかしが勝てるわけないよな
324:
妹「閃光花火ッ!!」
バババッ
オレ「うぎゃあああああ!!」
オレ「まさか…妹に…殺されるなんて…」
抜け毛「たかしィィーーッ!!」
マン毛がバイクちゃんに乗って現れた!!
不良のバイク「大丈夫でゲスか!?」
オレ「バイクちゃん…壊れたかと思ったら…生きていたのか」
抜け毛「知り合いだったのか!!」
オレ「ああ…昔乗っていた…オレの原付…」
不良のバイク「あの方から修理してもらい 生き長らえたのです」
オレ「あの方…??」
姉「私よ」
『!!』
325:
姉「大丈夫だった?たかし」
オレ「お姉ちゃん…敵になったんじゃ…」
姉「天上界に住む…邪悪の神を倒すためにレズになったふりをしていたのよ」
姉「こうして天上界に忍び込めてよかったわ」
妹「え…?」
妹「じゃ…じゃあ…相思相愛じゃなくて…お姉ちゃんを愛していたのは…」
妹「私だけ…!!」
姉「どうしたの?妹ちゃん??早くこっちに…」
妹「許さないッ!!」
姉「え?!」
妹「許さないッ!!許さないッ!!許さないッ!!!」
極悪チンポ「フギィィィィッ!!」
妹に極悪チンポが生えた!!
姉「きゃっ…妹ちゃん?!」
妹「>>326!!」
326:
デス・ビッグマラ!
328:
妹「デス・ビッグマラッ!!」
姉「きゃあ」
妹「ヒヒヒ…種付けしてやる!!醜いドラゴンを孕むがいい!!」
オレ「なぜ…あんな攻撃…お姉ちゃんなら避けられたはず…!!」
姉「妹ちゃんはそんなに私のことが好きだったんだね」
妹「!」
姉「でも私 妹ちゃんの気持ちを踏みにじっちゃったね…」
姉「ごめんね…だから全部受け止めるよ…」
妹「お姉ちゃん…」
極悪チンポ「かまうことはねェ!!犯せ!!」
妹「>>330」
330:
うるさいっ!(チンポを切り落としながら)
331:
チンポ…
332:
いたいよぉ
333:
妹「うるさいッ!!」
妹が極悪チンポちゃんを切断した!!
オレ「去勢…!!」
妹「うおおおお!!ナイト・オブ・ファイアー!!」
姉「よくやったわ!妹ちゃん!!」
姉「アネアネアネアネッ!!」
ドギャドギャドギャ
地球「ブルブル」
オレ「なんてこった…妹とお姉ちゃんの激突で地球がびびって震えてやがる!!」
姉「アネハメ波ッ!!」
妹「!!」
オレ「あれは お姉ちゃんの得意技のアネハメ波!手に溜めたエネルギーを一気に放出する技だ!!」
妹「きゃぁぁぁ」
ドサッ
妹「やっぱりお姉ちゃんにはかなわないよ…」
姉「そんなことないよ…妹ちゃんも強かったよ!」
336:
『なるほど…』
『どおりでガチレズの匂いが薄いと思ったら…』
姉「!!」
妹「!!」
オレ「え…?」
姉「現れたわね…邪悪の神…ゼウスマン!!」
ゼウスマン「カミカミカミッ!!」
オレ「コイツが…!!」
ゼウスマン「陰毛ごときが 神の居城に足を踏み入れるでないぞ!!」
バァーンッ
抜け毛「!!」
ガクッ
抜け毛 死亡
337:
あっさり過ぎワロタ
338:
抜け毛ぇぇぇぇぇ
339:
カミカミカミwww
342:
オレ「マン毛ェェェェッ!!」
姉(ありがとう…私の陰毛…あなたはたかしをここまで導いてくれたわ…本当にありがとう…)
姉「もう許さないわ…ゼウスマン」
ゼウスマン「かみかみ波ァァァァッ!!」
姉「さすがは神様ね」
姉「こっちが本場のアネハメ波だッ!!」
バッ
姉「アネハメ波ァァァァッ!!」
345:
姉「うううっ…」
ギリギリギリッ
オレ「お姉ちゃんが押されてる…!!」
妹「お姉ちゃんが撃ち合いで負けたのはメビウスしかいないのに…!!」
姉「姉王拳20倍ッ!!」
ドンッ
姉 超人強度108万パワー→2160万パワー
姉「波ァァァァッ!!」
ドシュッ
かみかみ波をなんとかかき消した!!
妹「超人強度を20倍にしてようやく…」
オレ「そういえば超人強度ってなに?」
妹「能力者や超人のパワーの目安だよ あくまで強さの目安で絶対値ではないよ」
たかし 超人強度2パワー
妹 超人強度93万パワー
姉 超人強度108万パワー
ヤンデレ超人強度>>345万パワー
ゼウスマン 超人強度1億パワー
348:
たかし 超人強度2パワー
オレ(超人強度は絶対値じゃないんだ…気にするな…)
姉「アネアネアネッ!!」
ゼウスマン「カミカミカミッ!!」
ドギャドギャドギャ
妹「突き(ラッシュ)のさ比べだ!!」
オレ「お姉ちゃんのラッシュは空間を削りとるほどの威力!!」
不良のバイク「負けるはずがないでゲス!」
姉「アネアネア…」
ゼウスマン「カミカミカミカミカミカミッ!!」
ドスドスドスドスッ
ゼウスマン「王冠-ケテル-」
ボギャンッ
姉「ガフッ…」
オレ「え…?」
351:
ゼウスマン「妹と言ったな」
妹「なによっ!」
ゼウスマン「おまえはたしか炎の能力者…だったかな?」
ゼウスマン「私は炎の能力者ではないが一撃で>>351を焼き払うほどの炎が出せる」
妹「!!」
ゼウスマン「それがこれだ…知恵-コクマー-!!」
バフッ
妹「お姉ちゃん 危ないッ!!」
姉「!!」
354:
オレ「ゲェ!!あれが一瞬で>>356を焼き払うというコクマー!!」
姉「ア…ネ…ハ…メ…」
妹「向かい撃とうとしちゃダメ!!逃げて!!」
ゼウスマン「くらえ」
ピシュンッ
姉が瞬間移動した
ゼウスマン「!!」
姉「波ァァァァッ!!」
ゼウスマン「なっ………」
妹・オレ「瞬間移動アネハメ波だ!!」
356:
セブンイレブン
357:
ボシュッ
オレ「くらわせたぜッ!!」
ゼウスマン「10の神技の1つ理解-ビナー-!!」
ゼウスマン「理解の濁流で無効だ」
ザザザッ
姉「ふぃ?…まいっちんぐ☆」
オレ「お姉ちゃんが久しぶりにワクワクしてる…!!絶望とかしないのかあの姉!」
姉「よーい」
姉「どんっ!!」
ドンッ
ゼウスマン「ぐあっ!!」
オレ「よしよし!少しずつだが…」
不良のバイク「ダメージを与えているでゲス!」
ゼウスマン「10の神技の1つ…慈悲-ケセド-」
ゼウスマンの体力が全回復した!
361:
ゼウスマン「ここは天上界…ここから世界中が見渡せる」
姉「…」
ゼウスマン「こんなこともできるぞ」
ゼウスマン「10の神技の5番目!!峻厳-ゲブラー-」
地上に隕石が降り注いだ
ゼウスマン「まずは手始めに秋腹原だッ!!」
ガァーンッ
秋腹原 消滅
オレ「ああ…オタクの聖地が…」
ゼウスマン「次は聖ホーリーを破壊しよう」
姉「!!」
姉「やめろッ!!」
ドギャッ
362:
姉「もう絶対に…そんなことはさせないッ!!」
アネアネアネッ
ゼウスマン「理解-ビナー-…濁流で無効」
ザザザッ
オレ「ダメだ…濁流の壁がデカすぎる…」
オレ「技の1つ1つが…妹や…炎帝の能力の上位互換なんだ…」
姉「くぅぅ…」
姉「ア?ネ?ハ?メ?ッ!!」
姉「波ァァァァッ!!」
妹「でた!フルパワーアネハメ波!!またの名を超アネハメ波!!」
バリバリバリッ
ゼウスマン「な…濁流のバリアを…!!」
ゼウスマン「がああああ!!」
364:
オレ「やったか?!」
ゼウスマン「慈悲-ケセド-」
ゼウスマンの体力が全回復した
ゼウスマン「10の神技の1つ 美-ファレト-」
妹「ゲェ!!」
ゼウスマン 超人強度1億パワー→5億パワー
姉「ウソ…でしょ…」
ゼウスマン「おまえとの戦いにも飽きたな…あと3つ残っているが私 相手に30分以上戦ったことを讃え…」
ゼウスマン「10番目の神技を見せてやろう」
ゼウスマン「10の神技の1つ…」
ゼウスマン「王国-マルクト-」
ガガッ
姉「!!」
大量の雷が姉に落ちたッ!!
365:
ドギャスッ
姉「」
ピクピクッ
オレ「うわあああああッ!!」
姉「ね…ねえたかし おかしいよ…お姉ちゃんの両脚…」
姉「立とうとしてるのに 言うこときいてくれないんだよ…」
姉「ね…ねえ これって…私が負けるって…」
姉「…いうこと…」
ズルズル
姉 敗北
369:
妹「ウォォォォォッ!!」
妹「もう絶対に許さないッ!!アース・ウィンド・アンド・ファイアー!!」
ゼウスマン「その程度はマッチの火よ!!10の神技の1つ!!ケテル!!」
妹「ゲフェッ!!」
オレ「ああ…オレもなんかやらなきゃ…」
オレ「タンスしか持ってねェ!!」
メコッ
天上界にアナルが生えた
オレ「このアナルは…そういえば…前に分離した妹のチンポを誰かのアナルにしまったような…」
オレ「誰のアナルだったっけな???」
誰のアナルだった?
ツンデレのアナル
ヤンデレのアナル
幼なじみのアナル
>>371
371:
つんでれ
372:
>>371
よくやった
373:
オレ「そうだツンデレのアナルだ!!じゃあこのアナルはツンデレのアナルか!!」
天上界に生えてきたツンデレのアナルに手を突っ込むたかし
-地獄
ツンデレ「ヒギィッ!!」
-天上界
オレ「たしかここらへんにしまったような」
ガサゴソ
-地獄
ツンデレ「あんっあんっ!!」
ブリブリ
-天上界
オレ「あった!!元妹のチンポだ!!」
ヌチャ…
不良のバイク「それはチンポなんかじゃありませんよ!!」
不良のバイク「『エメラルドのペニバン』ですよ!!」
オレ「なんだって?!」
374:
不良のバイク「エメラルドのペニバンは あの天才学者マン・コスキー博士が最後に造った道具でゲス!」
不良のバイク「装着した者が相方のマンコまたはアナルに突っ込むことで…」
不良のバイク「合体ができます!!」
オレ「!!」
不良のバイク「融合戦士の強さは2人のパワーの合計ではなく…お互いの信頼関係も重要視されると聞きました…」
オレ(合体前のパワーはもちろん…信頼関係まで重要視されるのか…)
オレ(ハッ!!姉とレズセックスする仲の妹なら!!)
ゼウスマン「止めだーーーっ!!」
妹「ヒッ」
オレ「合体する妹が殺されたら元も子もないッ!!」
たかしはツンデレのアナルに生えていたケツ毛を抜き
抜いたケツ毛をロープがわりにして妹を救出した!!
妹「ありがとう!お兄ちゃん…!!でも私…あんなやつに勝てないよ…」
オレ「なにも言わずコイツを装着してくれ!!」
妹「ゲッ!!」
375:
ツンデレが色々とひどい
376:
たかしは妹にエメラルドのペニバンの説明をした
妹「これをつけてお姉ちゃんのセックスしたら…本当に合体できるの!?」
オレ「あ…ああ…」
オレ「お姉ちゃん!股を開いてくれッ!!」
姉「ひゃん…やめて…私をレイプする気…?えっちなマンガみたいに…」
ガバッ
ゼウスマン「今度はなにをする気だ?私は今から地獄へ行って弟のブラックゼウスマンと決着をつけなければならない…」
ゼウスマン「おっと…今はブラックゼウスマンじゃなくて将魔ルシファーだったかな」
妹「いくよお姉ちゃん!」
姉「だめだめ!!そんなの入らないよッ!!」
ズブッ
妹・姉「あぁぁぁぁぁんっ!!」
バァーンッ
イモーネ「…」
ドドドドド
379:
今 未来を賭けて
ふたつのチカラがぶつかる
ゼウスマン「な…なんだおまえは!!妹と姉はどこへ行った?!」
イモーネ「私は姉でも妹でもない!」
イモーネ「私はおまえを倒す者だ!!」
ゼウスマン「誰だろうがかまわん…10の神技の1つ!!美-ファレト-!!」
ゼウスマン 超人強度1億パワー→5億パワー
ゼウスマン「消えてなくなれッ!!王国-マルクト-!!」
ガガガッ
イモーネ「…」
ビッ
オレ「え?」
シュンッ
イモーネが指1本で
マルクトを消滅させた
381:
ゼウスマン「バカな!!10の神技 最強のマルクトが指1本でェェェェッ?!」
ピシュンッ
ゼウスマン「!」
イモーネがゼウスマンの背後に瞬間移動!!
イモーネ「スターダスト・ブレイカァァァァッ!!」
ゼウスマン「理解-ビナー-!!」
オレ「ああ!濁流のシールドで無こ…」
バリバリバリッ
ゼウスマン「なっ?!」
グシャッ
濁流のバリアを破壊し パンチが貫通した!!
イモーネ「スタスタスタスタスタスタスタスタ!!」
ドギャドギャドギャ
ゼウスマン「ぐあああああ!!」
イモーネ「スタァァァァァッ!!」
キラッ☆
ゼウスマン「ばあああああ!!」
382:
ディバインバスター
384:
ゼウスマン「慈悲-ケセド-!!」
ゼウスマンの体力が全回復した
ゼウスマン「ルシファーとの戦いのために 体力を残しておきたかったが仕方ない…!!」
ゼウスマン「11番目の神技をだす!!」
オレ「え?」
オレ「そ…そんな…あのマルクトよりもヤバい技が存在していいのかよッ!!」
ゼウスマン「地球が滅び…ビッグバンがもう1回起こるほどの威力があるッ!!」
ゼウスマン「10の神技+1!!真意-ダアト-!!」
ゼウスマン「ゼウス玉ッ!!」
ゴゴゴゴゴ
オレ「終わった…」
不良のバイク「ひ…ヒィィィィッ!!」
ゼウスマン「粉微塵になれッ!!」
バァンッ
386:
イモーネ「100倍ッ!!」
バッ
イモーネ「アース・ウィンド・アンド…」
ゴゴゴゴゴ
イモーネ「アネハメ…」
ゴゴゴゴゴ
イモーネ「波ァァァァッ!!!!」
ゼウス玉が消滅した
ゼウスマン「なんだとォォォォッ?!!」
ゼウスマン「ダアアアアアアアアット!!」
ボゴォッ ボゴッ
ボシュッ
ボシュー…
ゼウスマン「」
オレ「倒した…あの…ゼウスマンを…」
オレ「倒したァァァァッ!!」
387:
ポヨンッ☆
妹「ふぅ…」
姉「もう2度と合体しない!」
姉「それより…地獄にあなたの弟がいるって言ってたけど…」
ゼウスマン「…ブラックゼウスマン…」
ゼウスマン「ヤツは神でありながら…悪魔に魂を売った…今の名はルシファー…」
ゼウスマン「何年か前に仲間とまとめて地獄の底へ封印したが…ついに封印が解かれてしまった…」
ゼウスマン「私がヤツを倒そうとした矢先…これだ…」
姉「わかったわ…あなたの代わりに弟・ルシファーを倒す!」
オレ「なんだって?!」
姉「どうせすぐに地上にくる…倒さねばならない相手でしょ」
ゼウスマン「ありがとう…頼んだ…」
シュウウウ…
ゼウスマン 消滅
389:
俺がお姉ちゃんと合体したい・・・
392:
王冠-ケテル-
別名 かみかみ波(アネハメ波の上位)
知恵-コクマー-
全世界のセブンイレブンを一瞬で焼き尽くすほどの火力(妹の能力の上位)
理解-ビナー-
濁流でバリアを作る(炎帝の水圧バリアの上位)
慈悲-ケセド-
自分の体力を最初の状態に戻す(モモンガマンの上位)
峻厳-ゲブラー-
隕石を降り注がせる(閻魔大王の隕石の上位)
美-ファレト-
超人強度を5倍にする(メビウスの能力の上位)
勝利-ネツァク- >>393
栄光-ホド- >>394
基盤-イエソド- >>395
王国-マルクト-
大量の雷が降る 姉すらも倒した
真意-ゼウス玉-
宇宙が終焉を迎える(終焉親父玉の上位)
393:
幼女に変身
394:
音楽を操る
395:
大地を波打たせる
400:
-地獄
メビウス・ツンデレ「真・マン毛狂ッ!!」
ガァァァァンッ
マモン「ウブァ」
マモン 死亡
わかば「やったー!!」
ヤンデレ「ついに1人!倒しましたね!!」
サスケA「喜ぶヒマはないぞ!拙者の薬草を食べて体力を回復させろ」
ツンデレ「ムシャムシャ」
次はどこにいく?
『父魔(憤怒!)』『蛇魔(嫉妬!)』
『牛魔(怠惰!)』『武魔(暴食!)』
>>402
402:
へび
403:
-SHITゾーン
レヴュアたん「ようこそおいでくださいました!」
レヴュアたん「私はシングズ・クルト・ワイルの『嫉妬』!レヴュアたんです!!」
レヴュアたん「シングズ・クルト・ワイルでは1番の新人ですが どうかよろッ…」
ガァンッ
メビウス「バカが?ッ!!」
メビウス「やれッ!!ツンデレ!ヤンデレ!!」
ツンデレ・ヤンデレ「>>404!!」
レヴュアたん「しまっ…!!」
404:
たかし砲
405:
ツンデレ「亡きたかしに捧ぐ…」
ヤンデレ「たかし砲ッ!!」
レヴュアたん「!!」
バンッ
メビウス「攻撃の手をゆるめるな!!ダメージはデカいッ!!」
メビウス「オラオラオラオラァ!!」
ガァンッ
レヴュアたん「はわわ…怖い…」
レヴュアたん「脱皮!」
シュルッ
ツンデレ「ああ…!!脱皮して健康になった!!」
ヤンデレ「忍者さん!」
サスケA「正常位スープレックス!!」
ドォーンッ
レヴュアたん「きゃっ」
サスケA「やったか?!」
406:
レヴュアたん「ポイズン・バイト!!」
ガリッ
サスケA「うぐあ!!毒を注入されたァ!!」
バタバタッ
ヤンデレ「わかばちゃん!解毒剤を!!」
わかば「わかばそんなの持ってない?」
わかば「>>407ならあるけど」
ヤンデレ「それでいいから 忍者さんに使ってあげて!!」
メビウス「脱皮と毒か…なら 脱皮できねェほど致命傷を与えてやるよ」
メビウス「アネハメ…」
レヴュアたん「!!」
メビウス「波ァァァァッ!!」
407:
ボラギノール
408:
レヴュアたん「ぐひゃあああああ!!」
バリリッ
シュゴォォォーッ
ヤンデレ「この光は!!」
ツンデレ「マモンのように人間だったときの記憶が再生されるの?!」
レヴュアたん「んっ…」
レヴュアたんが人間だったときの記憶
レヴュアたんの過去>>410
410:
肉便器
413:
レヴュアたんは人間だったころは
涼子という名前だったそうな
涼子はかわいくて元気な女の子
涼子には大好きな彼氏がいたが
彼氏からはウザがられていた
彼氏はついに他の女といっしょにどこかへ行ってしまい
嫉妬に狂い愛情を求めた涼子はホームレスの肉便器になってしまった
それで性病をもらい
最期まで愛情を求め死んでいった
死んだときに悪魔と契約し
レヴュアたんに転生したんだ!
416:
レヴュアたん「ううう…やめてぇ…私の思い出したくない過去を…」
ブルブル
ツンデレ「なんてこった…あんなの見せられて…こいつを殺すことのできるヤツがいたとすれば…」
ツンデレ「そいつは人間じゃないッ!!」
メビウス「なにを言っている…悪魔に同情は不要だ…」
メビウス「そもそも オレたちは人間じゃないだろう!!」
ツンデレ「そうだった…私は…」
ツンデレ「能力者だッ!!悪く思うなッ!!」
ツンデレ「いくぞヤンデレーーーッ!!」
ヤンデレ「はいっ!!」
ツンデレ・ヤンデレ「>>418ーーーッ!!」
418:
ホーリーヤンツン
419:
ツンデレ・ヤンデレ「ホーリーヤンツンッ!!」
まんぐり返しの体勢のツンデレを
ヤンデレが投げることで
ツンデレが光輝き 悪を浄化する
ツープラトン技だ!!
マリーンッ
レヴュアたん「ぎゃっ!!」
レヴュアたん「ふぃぎゃぁぁぁぁッ!!」
レヴュアたん 死亡
わかば「よし!やったね!!」
サスケA「ボラギノールがきいたでござる!みんな!拙者の薬草を食べろ!!」
ツンデレ「ムシャムシャ」
メビウス「残る門は…」
『父魔』『牛魔』『武魔』
422:
ヤンデレ「めんどうだから動物系から先に行きましょう」
ツンデレ「蛇が毒とか脱皮とかだったから どんな技をしてくるかだいたい予想つくしね」
-モーモーゾーン
ベルフェゴール「ZZZ」
メビウス「寝てやがる!!」
メビウス「奇襲をかけるぞ!!」
425:
メビウス「アネハメ波ッ!!」
ツンデレ「ケツ毛ロープ!!」
ヤンデレ「ほねブーメラン!!」
サスケA「エロDVD手裏剣ッ!!」
ドギャスッ
ベルフェゴール「すまなかった…紹介が遅れた」
ベルフェゴール「オレの名はベルフェゴール…シングズ・クルト・ワイルの『怠惰』」
わかば「う…牛のかぶりものをしている…」
ベルフェゴール「オレの体は鋼鉄のキン肉だ…今の攻撃は全て」
ベルフェゴール「無効だ…まぁ めざまし時計にはなったがな」
ゴゴゴゴゴ
427:
メビウス「鋼鉄のキン肉だと?」
メビウス「それならオレもそうだ」
ベルフェゴール「なに…?」
メビウス「鋼鉄のキン肉の持ち主はこの世に2人も必要ない!!」
メビウス「みんな下がっていろ」
メビウス「この牛はオレが倒す」
わかば「がんばってね」
サスケA「だったらその間にオレたちは別の門へ行く」
『父魔』『武魔』
ヤンデレ「だったら>>428ね」
428:

429:
ツンデレたちは『武魔』の門へ行った
ベルフェゴール「これでいいのか?助けを求めることもできんぞ」
メビウス「かまわん」
メビウス「オラオラオラオラァ!!」
ベルフェゴール「ぐっ…」
メビウス「やはり…!!鋼鉄のキン肉同士だとダメージは発生するみたいだな!!」
メビウス「どうだ!!ダメージを受けるのなんて ずいぶん久しぶりじゃないか」
ベルフェゴール「斧・ヨーコ」
バッ
ベルフェゴールが巨大な斧を持った!!
ベルフェゴール「数百年前>>430で手に入れた斧…」
ベルフェゴール「今まで大量の血を吸ってきている…吸血斧というわけだ」
メビウス「おもしれェ!!」
430:
モモンガマンの家
431:
ベルフェゴール「くらえッ!!」
ベルフェゴール「モモンガカッター拾式(テンス)!!」
ザンッ
メビウス「は…すぎる…!!鋼鉄のオレの肉体がッ…斬れるッ!!」
ドサッー
メビウス「やるな…武器ってわけじゃないが…こっちも仲間の技を使わせてもらう」
メビウスがマシンガンをだした
メビウス「デスペラードブラスター!!」
バババババッ
ベルフェゴール「…」
メビウス「火事場のメガトンパンチ!!」
ボスッ
ベルフェゴール「それだけか」
メビウス「!!」
ザンッ
434:
ベルフェゴール「コントロール斧!!」
ブンッ
メビウス「な…!!斧を飛ばした?!」
ベルフェゴール「違うな」
ブーメランのように斧が返ってきて
メビウスの背中を斬り咲いた!!
メビウス「があああああ!!」
ベルフェゴール「見苦しいぞ」
グシャッ
ベルフェゴール「オレの勝利だ…」
ベルフェゴール「メ゛ェェェェ!!」
ドドドドド
436:
-ブシドーゾーン
わかば「ひぃっ…」
ツンデレ「どうしたのわかばちゃん?」
ベルゼビュート「…」
甲冑を着た武将が立っていた
これが暴食の悪魔なのか!?
ベルゼビュート「我が名はツァン・ベルゼビュート…シングズ・クルト・ワイルの『暴食』」
ベルゼビュート「我は何よりも真剣勝負がしたいッ!!誰でもいい!!かかってこいッ!!」
わかば「へへっ!!一瞬で致死量の麻薬を注入してあげるから!!」
わかばの全ての爪が触手のようになり
ベルゼビュートを襲う!!
わかば「アルティメット・ネイルーーーッ!!」
ベルゼビュート「悪ノ太刀」
ザンッ
わかばの両手の指が全て切断された
438:
わかば「痛いッ!!痛いよぉぉぉぉっ!!」
サスケA「許さんッ!!隠し技 忍者なんにんぢゃ!!」
サスケAが6人に分身した!!
サスケB「どれが」
サスケC「本物か」
サスケD「わかる」
サスケE「まい」
サスケF「!」
ベルゼビュート「嵐斬」
ザザンッ
斬撃で竜巻を起こし
一瞬にして6人のサスケたちの首を切断したッ!!
サスケA?F 死亡
440:
ヤンデレ「うわあああああ!!」
ツンデレ「早くッ!!早くメビウスを呼んで!!」
ヤンデレ「ダメよ…1度入ったら悪魔が死ぬまで門は開かれないッ…!!」
ツンデレ「マン毛ミサイル」
ベルゼビュート「居合い斬り」
スパーンッ
ツンデレ「お…おわりだ…」
ベルゼビュート「まずは この子供を始末しようか」
わかば「やだっ…やだっ…こないで…」
ジョジョジョ
わかばは恐怖でおもらしをしてしまった
ベルゼビュート「悪ノ太刀」
ザンッ
わかば 死亡
442:
ヤンデレ「助けて…助けて…たかしくん…」
ツンデレ「無理だよぉ!たかしもきっと…殺されちゃってる…」
-罪悪の門
オレ「パセリうめ?」
姉「扉がいっぱいあるね!」
姉(かすかにメビウスの気を感じる…もしかしてメビウスがいるのかな?!)
妹「開いてる扉は3つ」
『父魔』『牛魔』『武魔』
姉「じゃあ私は>>443…ここからメビウスの気がするような…」
妹「うん!私は>>444」
オレ「消去法で>>445ってわけか」
姉「いくよ みんな」
443:
ちち
444:

445:
うし
446:
-トーチャンゾーン
姉「ここにメビウスはいないみたい…残念だわ…」
サタナエル「久しぶりだな姉よ」
姉「ゲェーッ!!あなたは!!」
姉「お父さん?!!悪魔なんかになっていたの?!」
サタナエル「そうだ…オレはシングズ・クルト・ワイル『憤怒』のサタナエル!!」
数年前 たかしの父は悪いヤツだったので
姉の怒りのアネハメ波で倒された
しかし悪魔と契約し
サタナエルとして復活したのだ!!
姉「ふふっ…1度倒した敵ならば大丈夫!」
サタナエル「2度目はないぞ」
447:
サタナエル「アネハメ波ッ!!」
姉「アネハメ波ァァァァッ!!」
サタナエル「なッ…!!押され…」
サタナエル「ギャーーーッ!!」
ドサッ
姉「…」
姉「アネアネアネアネッ!!」
サタナエル「ダディダディダディダディッ!!」
バシバシバシッ
サタナエル「雷の鉄槌!」
姉「瞬間移動!!」
シュンッ
姉(く…このままじゃ勝てたとしてもかなりのダメージを負う…そうなれば たかしを助けてあげられないかもしれない…!!)
448:
母「そこにいたのね!サタナエル!!」
ドォーンッ
姉「お母さん!!」
サタナエル「か…カーチャン!!」
たかしの母は世界的に有名な
超美人人妻だが そのカーチャンがなぜこの地獄に?!
母「サタナエルの気を感じて 飛んできたよ」
母「サタナエル…99戦44勝44敗1分け…やっと決着をつけるときが来たね」
サタナエル「もうあの日のオレではない…カーチャン…相手になるかな?」
姉「お母さん…!お父さんは悪魔になってる…これまでより強い!」
母「お姉ちゃん!お姉ちゃんはたかしを助けに行ってあげて!」
カーチャンが姉をワープさせる
母「これで…フルパワー同士の戦いができる」
サタナエル「何年ぶりだろうなァー」
450:
サタナエル「ダディダディダディダディッ!!」
母「マザマザマザマザッ!!」
バゴバゴバゴ
母「アネハメ波ッ!!」
サタナエル「アネハメ波ッ!!」
カッ
サタナエル「このアネハメ波は おとりなのはお見通し!!」
サタナエル「おまえなら アネハメ波を撃ってオレの背後へ瞬間移動しているはずッ!!」
母「さすがね」
サタナエル「何年いっしょにいると思っているんだ」
母「でもこれは読めなかったでしょう」
フワッ
サタナエル「…!!」
サタナエル「夢想転生ッ!!」
451:
母「アネハメ波ッ!!」
サタナエル「ぐあっ!!」
サタナエル「あらゆる攻撃を無力化し 攻撃を放つ…幻の奥義…『夢想転生』…!!」
サタナエル「まさか習得していたとは…!!」
サタナエル「しかし…夢想転生を習得するには…深い哀しみを背負わねばならぬはず…?!」
母「…」
サタナエル「ハッ…まさか…オレが死んだことを…」
母「いくらあなたが悪い人になっても 私はあなたを愛していた」
夢想転生を解除するカーチャン
母「最後はお互いの得意技をぶつけあいましょ」
サタナエル「ああ…!!いつものようにな!!」
サタナエル「終焉親父玉ッ!!」
母「超カーチャン玉ッ!!」
バリバリバリッ
452:
-モーモーゾーン
ベルゼビュート「現れたな!!21世紀最強の能力者の弟よ!!」
オレ「ヒィィィィッ!!モーモーさん!!」
ベルゼビュート「くらえッ!!」
ザンッ
オレ「ゲフェッ!!」
バリッバリバリッ
オレ「!?」
ズリュズリュズリュ
ザッパァァァァァッ
オレ「空間が裂けていくッ!!」
オレ「これは…これは…!!」
オレ「空間を引き裂くお姉ちゃんの能力だッ!!」
バァーンッ
姉「これは…すごくヘヴィな状況ね…」
454:
姉「め…メビウス!」
ベルフェゴール「そいつはオレに敗れた」
姉「よくも…!!アネアネアネアネッ!!」
ベルフェゴール「んぐっ!!」
ベルフェゴール「ゴアッ!!我が鋼の肉体が!!」
姉「アネハメ波ァァァァッ!!」
ベルフェゴール「メ゛ェェェェ…」
姉「そんなバカな…私のアネハメ波を受けて…」
メビウス「ヤツは…シングズ・クルト・ワイルの悪魔たちは…悪魔が人間だった頃の記憶を呼び起こす必要がある…!!」
姉「メビウス!」
456:
メビウス「鋼のキン肉を打ち破ったならあとはオレがやるッ!!」
メビウス「オレの能力はドーピングの能力だが 相手にもパワーを送り込むことができる!!」
メビウス「9000万パワーを送る!!」
バッ
ベルフェゴール「!!」
メビウス「1度に9000万パワーものパワーを送り込まれたおまえの体は耐え切れず…」
メビウス「自壊すり」
ベルフェゴール「メ゛ェ゛ェ゛ェ゛ェ゛」
ボゴォッ ボゴッ
457:
姉(自壊すりってなによ)
メビウス「じ…自壊する…」
ベルフェゴール「ふっ…ふっふっふ…」
姉「ハッ…あいつ」
ベルフェゴール「ZZZ…」
姉「眠った?!!」
475:
ベルフェゴール「パチッ」
姉「起きた!!」
ベルフェゴール「オレも全力でいくぞ」
メビウス「斧が…!!」
姉「二刀流…!!」
ベルフェゴール「クロス・スロウス!!」
姉「アネハメ波ァァァァッ!!」
ドドドドド
シュゴォォォーッ
姉「な…なに…この映像は…」
ベルフェゴールが人間だったころの記憶
ベルフェゴールの過去>>477
477:
ファラオ
484:
ベルフェゴールが人間だったころは
人々から慕われる 古代エジプトのファラオだった!!
戦争の時に負傷し 市民を助けに行けず
そのまま国と共に滅ぼされた
そこで悪魔と契約しベルフェゴールとなったのだ
姉「…」
メビウス「相手がどんな過去を持っていようが…関係ない…」
メビウス「アネハメ…」
姉「ア?ネ?ハ?メ?…」
姉・メビウス「波ァァァァッ!!」
オレ「ダブルアネハメ波だ!」
485:
ベルフェゴール「メ゛ェェェェ!!」
ボゴッ ボシュッ
ボシューッ
ベルフェゴール 死亡
姉「歴史の授業ではこう習ったわ…市民を見捨てて 部屋で眠っていた怠惰のファラオ ベルフェゴールと…」
姉「でも本当は市民を守りに行こうとして 大ケガを負い 市民を守り切れずに死んでしまった…」
姉「あなたは怠惰のファラオなんかではなかった…」
メビウス「さっさと武魔の門へ行こう…わかばが心配だ」
ズンッ
『!!』
アスモ「ウフフ…我慢できずに来ちゃった…シングズ・クルト・ワイル『色欲』のアスモ!!」
姉「こうなったら ここでまとめて おまえも葬る!!」
489:
アスモ「母乳の攻撃をくらえーーーっ」
ドピュロス
姉「…」
ピシュンッ
オレ「ペロッ…これは塩酸!!」
オレ「気をつけろ!!ヤツの母乳は塩酸でできているーーーッ!!」
姉「アネアネアネアネッ!!」
バシバシバシッ
アスモ「くっ…!!」
姉「アネアネアネアネアネアネアネッ!!」
ドギャドギャドギャドギャ
姉「アネデパミッ!!」
ボッギャーン
オレ「よし!あとはオレがタンスとタンスではさめば…」
シュゴォォォーッ…
姉「この光は…!!また過去の映像が流れるのね…」
アスモが人間だったころの記憶
アスモの過去>>490
490:
セブンイレブンの店長
492:
ドォーンッ
アスモは人間だったときの名前はアスカ
マジメで優しい女の子だった
バイトで入ったセブンイレブンでもみんなから気に入られ
その後 若くして店長になった
だが
仕事がやっと終わった深夜の帰り道
突然やって来た男たちに囲まれ
アスカはレイプされ体をバラバラにされて殺された
そのときに悪魔と契約し
アスカはアスモへと転生したのだった
姉「悲しき女よ…ここで止めを刺してやるわ」
姉「アネハメ波ァァァァッ!!」
アスモ「あたしの過去を見て生かしておくものかァァーーーッ!!」
アスモ「ラスト・ラスト!!」
バボォン
493:
姉「姉王拳 20倍だーーーーッ!!」
アスモ「!!」
アスモ「きゃあああああ!!」
ガバガバガバ
シュゥゥゥ…
アスモ 死亡
オレ「ああ…おっぱいちゃんが死んじゃった…」
姉「次は武魔の門ね」
-ブシドーゾーン
妹「こ…こんなことが…」
妹「炎をも斬り裂く太刀…さらに甲冑がある限り…炎攻撃がきかないだなんて…」
ベルゼビュート「相性が悪かったな…ここで消えろ」
ツンデレ「あ…アナルがうずく…!!まさか!!」
オレ「ツンデレ!それにヤンデレじゃないか!!」
ヤンデレ「たかしくん!!」
495:
姉「妹ちゃん!!大丈夫?!」
妹「ふぇぇ…強すぎるよぉ…」
ベルゼビュート「現れたか…21世紀最強の能力者!!」
ベルゼビュート「おまえと戦える日を待っていた」
ベルゼビュート「悪ノ太刀!!」
姉「アネアネアネアネッ!!」
カンッ カキンッ カンッ
ベルゼビュート「嵐斬!!」
グルンッ
姉「瞬間移動!!」
ピシュンッ
ベルゼビュート「どこに隠れた…」
ベルゼビュート「そこかっ!!」
ザンッ
姉「うっ」
502:
姉「少しだけなら空間を斬り裂けるのね…」
姉「ウォォォォッ!!アネアネアネアネッ!!」
姉が大量のエネルギー弾を飛ばした!!
ベルゼビュート「こんなもの…全て斬り裂いてやるぞ!」
ザンッ
姉「ア…ネ…ハ…メ…」
姉「波ァァァァッ!!」
ベルゼビュート「!!」
バリバリバリッ
シュゴォォォーッ
姉「あ…また過去の映像が…」
ベルゼビュートが人間だったときの記憶
ベルゼビュートの過去>>504
504:
誘拐された幼女
509:
ベルゼビュートは人間だったころは
なんと小さな女の子
女の子は妖刀を手にし呪われてしまい
自分の両親や故郷の人々を皆殺しにし死刑になった呪われた幼女だった
ベルゼビュート「な…なんだと…」
真実を知ったベルゼビュートは
甲冑が砕け 中から本体がでてきた
ベルゼビュート「ふぇぇ…」
ベルゼビュート「くっ」
シュッ
ベルゼビュート「こうなったら必殺の暴食斬で止めを刺す!よければ地球は真っ二つだよぉ…」
オレ「ヒィィィィッ!!どうするんだよ お姉ちゃん!!」
お姉ちゃん「私がやらなきゃ」
511:
ベルゼビュート「さようならぁ…暴食斬-デス・ザ・キャノン-」
姉「私がやらねば…私がやらねば…」
姉「誰がやるッ!!」
ベルゼビュート「ふぇ!!」
姉「姉拳爆発!!」
バァーーーーンッ
姉からドラゴンがでてきた!!
ベルゼビュート「ゲホッ!!」
ガクンッ
ベルゼビュート 死亡
姉「剣がベルゼビュートの本体だったのか…この剣は異次元にしまっておこう」
シュンッ
ツンデレ「これで残る悪魔は1人ね」
ヤンデレ「闇タモリを殺した…将魔ルシファー!!」
姉(ゼウスマンの弟か…)
512:
姉拳爆発キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!
513:
姉拳爆発はかっこいい
514:
姉(ありがとう…お母さん…)
ヤンデレ「そういえば天上界でなにがあったの?」
オレ「まぁな…お姉ちゃんと妹が>>515して >>516で逆転勝利よ」
ツンデレ「わけがわからない」
ヤンデレ「とりあえず たかしくんが生きててよかった!」
ギュッ
オレ「ぐへへ」
ツンデレ「あーーーっ!!ずるい!!私も抱きしめてっ!」
ヤンデレ「なんだこいつ…」
シュンッ
ヤンデレ「ガハッ」
ガクッ
ヤンデレ 死亡
『?!』
515:
バトルフィールドアース
516:
嫉妬
517:
ルシファー「今 当たったのは誰だ…?」
不良のバイク「あわ…あわ…」
ルシファー「おまえが兄・ゼウスマンを倒した 姉か!!」
ルシファー「許さん…ゼウスマンは私がこの手で殺すつもりだった…」
ルシファー「それだけでなく私以外のシングズ・クルト・ワイルも全員…」
妹(なんだこの圧倒的オーラは…殺されるッ…!!)
妹(大丈夫かな…お姉ちゃん…)
ルシファー「地獄のメリー・ゴーラウンド!!」
ザンッ
姉「ぐっ…!!」
姉「いッ…!!」
518:
姉(あのゼウスマンが危険視して地獄に封印するほどの強さだ…)
姉「アネアネアネアネッ!!」
姉「アネアネアネアネアネアネアネッ!!」
姉「アネデパミッ!!」
ルシファー「…」
メビウス「あれは…」
不良のバイク「硬度10ダイヤモンドパワー!!」
姉「アネア…」
ルシファー「この宇宙にある すべての技に」
ルシファー「わたしは たえることができるのだ!!」
ドキャッ
姉「ガフッ…」
妹「お姉ちゃん!!」
519:
姉「ダイヤモンドの体といっても…私のアネハメ波はそれすらも上回る!!」
姉「ア?ネ?ハ?メ?…」
姉「波ァァァァッ!!」
ルシファー「…」
妹「フルパワーのアネハメ波が…」
メビウス「きいてない…だと…?!」
オレ「ゼウスマンが攻撃力最強だとすればルシファーは防御力最強!!」
姉「私がやらねば…誰がやるッ!!」
妹「あれはーーーーッ!!」
メビウス「先のベルゼビュートとの戦いで見せた姉拳ッ!!」
520:
姉「姉拳爆は…」
ルシファー「硬度0 スネーク・ボディ!!」
ヌルンッ
体を軟体化させて姉拳をかわした!!
姉「こ…こんなかわし方…!!」
ルシファー「フハハハハハ!!こうか?」
ルシファー「アネハメ波ァァァァッ!!」
姉「えっ…?そんな…」
オレ「一瞬でアネハメ波を…」
メビウス「覚えた!!」
バァーンッ
姉「グハッ…!!」
ドサッ
オレ「アネアネ…アネハメ波…姉拳…」
妹「あらゆるお姉ちゃんの技が全部きかないなんて…」
521:
ルシファー「地獄の九所封じ その一!!」
ルシファー「大雪山おとしーーーっ」
姉「ギャアーーッ」
姉「ゲホッ」
姉「せ…背中の感覚がない…あなた なにをしたの!?」
ルシファー「超人は 体全体に九ヶ所の急所をもっている」
ルシファー「その急所のひとつを 封じた!」
ルシファー「地獄の九所封じ その二と三!!」
ルシファー「スピン・ダブルアーム・ソルトーっ」
ズシィ
姉「腕が…動かない…」
ガクガク
523:
ルシファー「地獄の九所封じ その四と五!!」
ルシファー「ダブル・ニー・クラッシャー!!」
ガァンッ
姉「アッ」
姉「足が…いうことをきかない…」
ブルブル
ルシファー「地獄の九所封じ その六!!」
ルシファー「カブト割りーーーっ!!」
ガァンッ
ルシファー「つづいて地獄の九所封じ その七!!」
ルシファー「ストマック・クラッシュ!!」
ドボッ
妹「ヒィィィィッ!!もうやめてェェェェッ!!お姉ちゃんが死んじゃうよぉぉぉッ!!」
524:
ルシファーが姉に握手した
ルシファー「どんな気分かな?」
姉「か…体の力が…」
姉「どんどん…」
姉「ぬけていく?っ!!」
ルシファー「手のひらには超人の思考能力をつかさどるツボがあるというからな!」
ルシファー「だから地獄の九所封じの八番めの場所に ふさわしいというわけさ!!」
姉「ああ!!」
姉「じょじょに思考能力が…」
姉「う…うすれていく…」
シーーーーン
妹「お姉ちゃんが…」
オレ「やられた…」
526:
ルシファー「戦いの結末は生か死だけだ!!」
ルシファー「地獄の九所封じ ラスト・ワン!!」
ルシファー「地獄の断頭台ーーーーっ!!」
メビウス「…!!」
メビウス「そうはさせるかーーーっ!!」
バッ
ドォォォン
姉「地獄の断頭台で空中から落下している時に 何者かに体当たりを受けて いつのまにかこんなとこに落ちてる…」
ルシファー「す…すると このわたしが たたきつけたのは…?」
姉「メビウス…!!」
姉「あなたなんてことを…」
メビウス「き…きさまら姉妹のせいだぞ…あ…あまさが…うつっちまった…」
メビウス「じゃあな…」
メビウス 死亡
527:
メビウスうううううううううう
529:
姉「な…なんで…地獄の九所封じを8ヶ所も受けて…使い物にならなくなった私なんかを…」
姉「メビウスーーーーッ!!」
ルシファー「そうだ地獄の九所封じを8ヶ所受けたおまえは もはや死人同然!!」
不良のバイク「そういえば聞いたことがある…」
不良のバイク「ゼウスマンは お姉様の血統を恐れていると…なんでも神の血筋だとか…」
オレ「けっとう?!デュエルのことか?!」
ドンッ☆
霊体となった母「私が解説するわ」
ドロドロドロ
オレ・妹「お母さん!!」
妹「なぜこんな お痛ましい姿に…??」
霊体となった母「気にしないで!実は私たちのご先祖様は神様だったのよ」
オレ「なんだって!?」
530:
霊体となった母「ゴッドの力を蘇らせるには お姉ちゃんに私たち一家5人のパワーを分け与えるの」
霊体となった母「お父さんのパワーは私が奪ってきたから ここに2人分あるわ!」
オレ「そしてオレと妹とお姉ちゃん!!ちょうど5人だ!!」
妹「な…なにを言ってるの…?」
オレ「えっ…?」
妹「お姉ちゃんと別に『私たちの家族5人』でしょ…??」
ガクガクガクガク
オレ「あっ…」
オレ「1人足りないィィィィッ!!」
霊体となった母「しまった…」
妹「もう…おしまいだ…」
532:
ドクンッ☆
ツンデレ「えっ…?」
ツンデレのお腹が膨らんでいた
妹「それは?!」
オレ(ハッ…!!)
たかしはたしかツンデレに 『2回』膣内出しをしていた!!
そして地獄は地上と時間の進みが少し早いので
ツンデレは たかしの子供を孕んだのだ!!
霊体となった母「そのお腹から…私たちと同じパワーを感じる…」
妹「すごいよ!ツンデレさん(のお腹の子)!!これで5人揃った!!」
オレ「いけ!!」
妹「私たちの…」
霊体となった母「パワー!!」
ツンデレ「やだ…こんなの気持ち悪いのに…気持ち悪いのに…」
ツンデレ「ちょっとうれしい…かも…」
5つのパワーが姉に集まった!!
535:
姉「?!」
ドドドドド
ルシファー「な…なんだこれは!!」
姉(ものすごい力が湧いてくる…)
マンコ「チョベリバ…」
姉(おまんこがしゃべった?!)
アナル「イデア…」
姉のマン毛「私たちがついてる!」
姉の体に住む大腸菌たち「がんばれ!!」
神は万物の声を聞くことができる
姉「ハッ」
ドキューンッ
ルシファー「姉が…赤く…」
アネゴッド「サンキュー!!みんな!!」
ゴゴゴゴゴ
姉がアネゴッドにパワーアップした!!
538:
アネゴッド「アネアネアネアネッ!!」
ルシファー「無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァァァァッ!!」
バキッ
ルシファー「!!」
アネゴッド「アネックス!!」
ゴォンッ
ルシファー「うわーっ!!」
妹「な…なに今の?!」
オレ「見えなかった!!」
シュンッ
アネゴッド「アネアネアネアネッ!!」
ルシファー「ジェネジェネジェネジェネ!!」
ドギャドギャドギャドギャ
地球「ブルブル」
月「ヒェェ…」
ツンデレ「突き(ラッシュ)のさ比べで…月と地球がゆれている!!」
540:
ルシファー「これはおまえたちの技だ!!アネハメ波ッ!!」
ボシュッ
アネゴッド「そんなもんか…」
アネゴッド「こっちが本場のアネハメ波だ!!」
ルシファー「!!」
ドギャーンッ
ルシファー「くっ…!!地獄のメリー・ゴーラウンド!!」
ザンッ ザンッ ザンッ
アネゴッド「!!」
ルシファー「地獄の二重殺」
ゴォォォォンッ
アネゴッド「ぐあっ」
妹「なんで!?ゴッドの力でパワーアップしたんじゃ…」
霊体となった母「パワーアップしてもルシファーは元々の強さが神レベル…」
オレ「ようやく互角のラインに立っただけか…」
542:
姉「ウォォォォッ!!」
姉「限界突破アネハメ波ァァァァッ!!」
ドギャーンッ
ルシファー「こ…こんな…こんなもの…!!」
ルシファー「こんなもの…こんなものォォォォッ!!」
ルシファー「があああああああ!!」
ボッギャーン
シュゴォォォーッ…
妹「なにこの映像は!?」
ツンデレ「悪魔に致命傷を与えたとき 悪魔が人間だったころの映像が流れるんです!!」
妹「ルシファーは人間ではないから…おそらくブラックゼウスマンだったころの記憶…!!」
ルシファーの過去>>544
544:
レイプ魔
545:
ひでえ過去だ
546:
まぁあの伝説のモモンガマンもレイプ犯だったし…
547:
まさかルシファーの正体は・・・!?
551:
何千年も昔の話
天上界の『ラグナロク王国』の王・オーディンマンに
双子の子供ができました
兄・ゼウスマンと弟・ブラックゼウスマンです
長男が王になるラグナロク王国では
先に産まれたゼウスマンが王子に
王子の弟ブラックゼウスマンはゼウスマンの奴隷・影武者として生きていた
もちろん王国民はブラックゼウスマンの存在など知らない
ブラックゼウスマン「…」
ゼウスマン「また地上を眺めていたのかブラックゼウスマン」
ブラックゼウスマン「ああ」
ゼウスマン「おまえは私と比べて口が悪い…そんなことで私の影武者がつとまるか!」
ブラックゼウスマン「ふんっ」
ブラックゼウスマンの楽しみは
天上界から人間の女の子の生活を観察することだった
人間の女の子はとても美しい
ブラックゼウスマンは観察するだけでなく
地上世界に行きたいと思うようになった
553:
-
オーディンマン「地上世界に行きたいだと?!ふざけたことをぬかすな!!」
ガンッ
ブラックゼウスマン「くっ…」
オーディンマン「いいか!おまえはゼウスマンの奴隷なんだ!ゼウスマンの影武者として生きればいい!!」
オーディンマン「どうしても地上世界に行きたいのなら…二度とラグナロク王国に足を踏み入れないと誓えッ!!」
ブラックゼウスマン「ちっ…出てってやる!こんな王国出てってやる!!」
ゼウスマン「ブラックゼウス!!」
ブラックゼウスマン「触るな」
バシッ
ゼウスマン「?!」
ブラックゼウスマンは家族を捨て
地上世界へ行った!!
554:
アスカ「怖いなぁ…」
ブラックゼウスマン「美しい…なんて美しいんだ」
アスカ「きゃっ!!やめて!」
ブラックゼウスマン「ふふふ」
アスカ「ああああん!!」
ドピュロス
涼子「愛情がほしいよぉ…」
ブラックゼウスマン「やらせろッ!!」
涼子「いやッ!!やめ…」
涼子「ああああん!!」
ドピュロス
地上世界でのブラックゼウスマンの行為は
オーディンマンの怒りを買った!!
557:
-ラグナロク王国
ブラックゼウスマン「くっ…!!オレはもう王国を出たはずだ!!」
オーディンマン「うるさいッ!!神でありながら 人間の女と性行為をするとはなにごとだ!!」
オーディンマン「よって貴様を処刑するッ!!」
ブラックゼウスマン「な…!!」
オーディンマン「ヘブンズ・ジャッジメント!!」
ザスッ
ブラックゼウスマン「ぐあああああッ!!」
ブラックゼウスマン 死亡
このときにブラックゼウスマンは神でありながら
悪魔と契約し ルシファーに堕天したッ!!
559:
-魔界
ルシファー「こんなことがあった」
ベルゼビュート「ルシファーにそんな過去が…」
アスモ「だったらもう侵攻するしかないじゃない」
サタナエル「ラグナロク王国へ」
ルシファー「なにッ?!みんな私の復讐を手伝ってくれるのか!」
ベルフェゴール「我らシングズ・クルト・ワイル…心は1つだ」
マモン「生意気な神共を皆殺しにしてやるぜ!キシキシキシ」
レヴュアたん「はわわ!私もがんばります」
ルシファー「ありがたい!!ではいくぞ!!」
『天上界へッ!!』
561:
-天上界・ラグナロク王国
兵隊マン「オーディンマン様ァ!!悪魔共が攻めてきました!!」
オーディンマン「なにィ?!迎え撃て!!」
トールマン「オーディンマン!!オレに任せろ!」
オーディンマン「トールマン!」
トールマン「くらえッ!サンダー・パイル!!」
レヴュアたん「きゃあ!!」
マモン「レヴュアたん!!変身だ!!」
レヴュアたん「はいっ!!」
ズドドドド
レヴュアたんが巨大な蛇に変身した
レヴュアたん「インヴィー・ヨルムンガンド!!」
パクッ
巨大化したレヴュアたんが トールマンを食べてしまった!!
レヴュアたん「ごちそうさまです」
562:
トールマン弱すぎワロタ
564:
オーディンマン「トールマンが一撃で?!」
ロキ美「下がってて!オーディンマン!!」
ロキ美「悪魔共はまとめてあたしがしとめる!!ヴァニティ・バレット!!」
ダンッ
ベルゼビュート「我らもいくぞ!ベルフェゴール!!」
ベルゼビュート「暴食と…」
ベルフェゴール「怠惰のツープラトン攻撃ッ!!」
ベルゼビュート・ベルフェゴール「けだるいが 食欲はあるッ!!」
ザンッ
斧と剣でロキ美が真っ二つになった!!
オーディンマン「ロキ美!!トールマン!!」
ドドンガ親父「オーディンマン様!!我らHENTAI・パラディンズが止めますッ!!」
アナログテレビマン「勝負だ!!悪魔共!!」
565:
サタナエル「アネハメ波ッ!!」
ドドンガ親父「マリッ!!」
アナログテレビマン「カーッ!!」
アスモ「ラスト・ラスト!!」
アナルフィッシュ「うわあ!」
アナルスター「ひぇ?」
サタナエル「ザコ共はオレたちに任せて ルシファーはオーディンマンをやれッ!!」
オーディンマン「HENTAI・パラディンズをザコ扱い…?!」
スタッ
ルシファー「何年もずっと待っていた」
オーディンマン「!!」
ルシファー「父上…いや オーディンマン!!おまえに復讐するときを!!」
オーディンマン「まさかおまえッ!!ブラックゼウスマン?!」
566:
そういえばここのスレタイって
「妹「お姉ちゃんのパンツ…」クンクン
」なんだよね
568:
オーディンマン「神なのに悪魔と契約するとは…恥を知れッ!!」
オーディンマン「ここで殺してやるわッ!!ヘブンズ・ジャッジメント!!」
カーンッ
ルシファー「…」
ルシファー「これがかつて私を殺した殺人技か…きかぬ!きかぬわッ!!」
バッ
オーディンマン「バカな…私のヘブンズ・ジャッジメントは硬度9のサファイアボディまでなら なんでも破壊するはず…」
ルシファー「私は手に入れてしまったのだ…硬度10!!ダイヤモンドパワーを!!」
ルシファー「地獄の断頭台ーーーーッ!!」
ガァンッ
オーディンマン 死亡
ゼウスマン「父上ーーッ!!」
ゼウスマン「きさま…ブラックゼウスマン!!」
ルシファー「懐かしい響きだ…我が名はルシファー…シングズ・クルト・ワイルの『傲慢』を担当する悪魔…」
ゼウスマン「悪魔になってしまったのか…!!」
569:
最硬の防御力を誇るダイヤモンドパワーを持つルシファーと
最強の攻撃力誇る10の神技を持つゼウスマンの戦いは3日3晩つづいた
アスモ「禁じられた聖杯うまっ!」
レヴュアたん「いっぱい持って帰りましょう」
ズドドドド
ゼウスマン「マルクト!!」
ルシファー「フハハハハハ!!」
ルシファー「地獄のメリー・ゴーラウンド!!」
ザンッ
ゼウスマン「ケセド!!」
ゼウスマンの体力が全回復した
ゼウスマン(このままでは永久に決着がつかない!!)
ゼウスマンはルシファーを倒すよりも
封印するファイトスタイルに切り替えた!!
ゼウスマン(そうだ!!ブラックゼウスマンはたしかロリコン!!)
ゼウスマン「勝利-ネツァク-!!」
ゼウスマンが幼女に変身した!!
572:
幼女と化したゼウスマン「ふぇぇ…いじめないで…」
ルシファー「く…うぅ…卑怯だぞ!!」
幼女と化したゼウスマン「くくく…『YESロリコン NOタッチ』などくだらないこと言ってるおまえには…」
幼女と化したゼウスマン「幼女と化した私を攻撃できないはずだッ!!」
幼女と化したゼウスマン「日影殿!!」
バッ
日影「了解よ」
日影という女の子がフェンリルに乗って現れた!!
日影「永久凍土!!」
ルシファー「があああああああ!!」
ルシファーは凍りづけにされてしまった!!
幼女と化したゼウスマン「禁じられた聖杯パーティーをやってる あの悪魔共も頼む」
日影「わかったわ」
573:
YESロリコンってもしや…………………
575:
シングズ・クルト・ワイルの7人は
ゼウスマンと日影とフェンリルにより
凍りづけにされた!!
ゼウスマン「しかし…コイツらのことだ すぐに氷のパッケージなど破壊してしまうはず…」
ゼウスマンは氷のパッケージを持って
地獄の奥深く 能力者墓場に向かった!!
ゼウスマン「閻魔ァ!!」
閻魔大王「おおゼウスじゃん なんでこの間の同窓会こなかったの?」
ゼウスマン「閻魔…頼みがある…罪悪の門を使わせてほしい」
閻魔大王「…罪悪の門…閉じてしまえば門を開けるまで物を封印してしまう門か…」
ゼウスマン「我が父上や仲間を殺した悪魔共を凍りづけにしたのはいいが…氷が溶けてしまえばそれまで…」
閻魔大王「他でもないゼウスの頼みだ…よかろう!罪悪の門を使え!!」
こうしてシングズ・クルト・ワイルたちは罪悪の門に封印されたのだった
579:
妹「長すぎてよくわからなかったねー」
ツンデレ「ねー」
アネゴッド「あなたはゼウスマンを怨んでいるみたいだけど」
アネゴッド「ゼウスマンはあなたを心配していたわ やはりあなたたちは兄弟なのよ」
ルシファー「ふざけるな!!」
ルシファー「スピン・ダブルアーム!!」
ミスミスミスミス
ルシファー「地獄の」
バッ
ルシファー「断頭台ーーーーッ!!」
ガァンッ
アネゴッド「あねっ…」
アネゴッド「こんな…はずじゃ…」
アネゴッド「なかった…」
ガクッ
オレ「お姉ちゃ????んッ!!!」
582:
ルシファー「これでおまえの急所は全て封じた…」
ルシファー「すなわち死だ」
アネゴッド「」
シーーーーーン
妹「お姉ちゃんッ!!」
妹「お兄ちゃん…ツンデレ…バイクちゃんに乗って少しでも離れて…」
オレ「えっ…」
妹「お姉ちゃんの仇は私が打つッ!!」
オレ「じゃ…じゃあお言葉に甘えて!!」
ブロロ
ツンデレ「えっ…ちょっ…」
ツンデレ「見損なったわよ!!」
オレ「オレだって辛いんだッ!!」
ツンデレ「?!」
ツンデレ(辛いなら助けに行けよ…)
584:
妹「お兄ちゃん お兄ちゃんを逃がすのはメビウスでありお母さんであり私のお姉ちゃん…」
妹「生き延びて お兄ちゃんは『希望』!!ここは私が食い止める」
妹「来いッ!ルシファー!」
ルシファー「よかろう」
妹「お姉ちゃんのパンツ…」
グッ
姉のパンツを腕に装着する
妹「ウォォォォッ!!」
妹「アネアネアネアネッ!!」
ルシファー「きかんな」
585:
妹「殴っただけで…手の皮がズル剥けだ…血もいっぱい出てる…」
ドボドボ
妹「こんなとんでもない敵と戦ってたんだね…お姉ちゃん…」
妹「ガール・オン・アネハメ波ッ!!」
ポチャ
ルシファー「まさに付け焼き刃だな」
妹「うそ…全然きいてない…」
ルシファー「地獄の九所封じ その一!大雪山おとしーーーッ!!」
ズンッ
妹「ゲホッ」
妹「う…おぇぇぇ…」
オゲゲー
妹「ハァハァ…」
586:
ルシファー「まだ九所封じは7つも残っているぞ!!」
ルシファー「地獄の九所封じ その二と三!!スピン・ダブルアーム・ソルト!!」
ガァンッ
妹「ぐひゃあ!!」
ルシファー「地獄の九所封じ その四と五!!ダブル・ニー・クラッシャーッ!!」
グシャッ
妹「あああああああッ!!」
バタバタッ
妹「ダメ…こんなの…ひ…ひぃぃぃぃっ!!」
ジョジョジョ
妹は痛みか恐怖か
おもらしをしていた!
589:
地面を這う妹
妹「お姉ちゃんなら あきらめないはず…!!」
ルシファー「つづけるか…地獄の九所封じ…」
オレ「待て待て待てーーーーッ!!」
たかしとツンデレがバイクちゃんに乗って現れた!!
ルシファー「邪魔」
バシッ
ガッシャーンッ
オレ「もうダメだぁ…おしまいだぁ…」
ツンデレ「この子だけは…!!この子だけは…!!」
オレ「ん…??」
オレ「ああっ!!」
姉「ありがとう…よくみんな時間を稼いでくれたわ…」
姉が巨大な光の玉を持って復活した!!
姉「みんな!!私に可能なかぎり元気をわけてくれっ!!!」
姉「たのむ!」
592:
グンッ
姉「き…きたっ!!!!」
姉「くらえ!!姉貴玉!!!」
ルシファー「あ…姉貴玉だと?!」
姉「いっけーーーーっ!!!」
ドシャーンッ
593:
ルシファー「ば…バカな…!!ヤツのどこにこんなパワーが…!!」
バリバリバリッ
姉「姉貴玉は生きとし生ける者 全てからパワーを少しずつもらって完成させる最強の必殺技…!!」
ルシファー「ギギギッ…!!」
姉「あなたはすごいわ よくがんばった…たったひとりで」
姉「こんどはいいヤツに生まれ変わって…一対一で勝負したい…」
姉「待ってるから…私ももっともっとウデをあげて…」
姉「またな!」
ルシファー「アギャーーーーッ!!」
バァーンッ
ルシファー 完全消滅
姉「勝った…か…勝ったぞーーーーっ!!!!」
姉は涙を流して喜んだ
596:
姉「さて…帰りましょ」
霊体となった母「さよなら」
フッ
妹「お兄ちゃん…はい…パンツ…」
姉「あげるよ 妹ちゃん…私のために戦ってくれたもんね」
姉「それに…おしっこ漏らしちゃったでしょ?」
妹「あ…きゃっ…」
オレ「バイクちゃん!帰ってモモンガマンの家でも行こうぜ」
不良のバイク「あいつん家 久しぶりでゲス」
ツンデレ「待って」
ギュッ
ツンデレがたかしに抱きついた
オレ「え…?」
ツンデレ「責任っ…とってよねっ…!」
ツンデレ「この子の…」
ちなみにたかしはその後
前立腺のガンが発覚し入院することになったのは言うまでもない
598:
この世に完璧なものがひとつだけあるとすれば
それは百合少女たちの友情だ

スニ「報告します…偵察部隊のシングズ・クルト・ワイルが全滅しました」
プラ音「しかし天上界は ほぼ壊滅状態とのこと」
すーぱーじゃん子「二ヒヒヒ」
クノイチ「フフフフ」
アシュラちゃん「カーカッカッカ」
太陽「フォッフォッフォッ」
娘悪魔将軍「時は満ちた」
娘悪魔将軍「これより小悪魔超人本隊は」
娘悪魔将軍「地上世界への侵攻を開始する」
604:
読んでくれてありがとうございます
保守してくれてありがとうございます
姉が無敵すぎて気づきませんでしたが
ボコボコにされる姉もいいですね
599:
ふぇぇ何かまたはじまったよぉ
602:
スニちゃん何やってんの
603:
あら、今回はスニちゃんダークサイドか
605:
モモンガマンは爆死した
608:
神スレだった
606:
モモンガマン乙!
60

続き・詳細・画像をみる


香川真司、人生初の不遇経験も「自分に打ち勝って、前に進まないといけない」

【ハンター×ハンター】ポックルの最期wwwwwwwwwwwww

秋本治 : 「こち亀」作者がボカロマンガ「Vocalo」掲載 マーガレットに読み切りで

スラムダンクって素人の花道が数ヶ月で全国トップ級になって胡散臭い 黒子みたいな説得力がない

授業中に腹が鳴る奴wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

「キルミーベイベー」をドラえもん風の作画で描いた節分漫画がクオリティたけぇ

【画像あり】 タイヤに出来たつららが凄い!!芸術的すぎるだろこれは・・・wwwwww

果たしてどっちが勝つ!?パグ犬と猫の終わりのない不毛な戦いが面白い!!

ソニー、「バイオ」ブランド再建へ新会社

【中国】敵対国を作らず20年貫いた中立路線を一変、韓国は「友」、日本は「敵」とする外交姿勢へ

漫画でよくあって、現実でもよくある台詞

サバイバル生活に憧れて半日でやめたことがあるw

back 過去ログ 削除依頼&連絡先