新CEO就任でマイクロソフトはどう変わる?back

新CEO就任でマイクロソフトはどう変わる?


続き・詳細・画像をみる

1:
バルマー氏は大汗かきながら大声でガンガン製品を売り込むブルドーザーのような営業マンでした。対するナデラ氏は声も小さくて控え目で、粛々と帝国の出世レースを勝ち抜いたエンジニア。動画を見るとエッジーな感じですが、GIFにして面白い事件も前職CEOほどにはなさそうです。
しかし社内では一緒に仕事がし易い「コラボレーター」として人に好かれるタイプで、ストレスの多い環境でも安定した存在感を保っている方ですから、優秀な人材流出を防ぎながら移行期を乗り切る面では才覚を発揮しそうです。また、ノキア統合をなるべく円滑に進める面(より重要)でも吉でしょう。
チェンジ2:
毎日使うマイクロソフト製品にはそんなに大きな変化はないものと思われます。ナデラ氏は社内では「ネゴシエーター」としても高く評価されています。理由は、大企業内部の様々な部門(競合することも多い)間の調整役に長けているから。なので就任後すぐバッサバッサと部門斬り・製品斬り…なーんてことは起こりそうにありません。むしろマイクロソフトが掲げる「One Device」の統合化戦略を今以上にアグレッシブに進めていくこと必定です。
その実現に必要なスキルも氏にはひと通り揃ってます。ナデラ氏の専門分野はクラウドパワーで、異種製品をひとつにまとめる上で役立つ基礎技術。クラウドはXbox Oneが実現を約束している最大の(まだ実現されていない)機能でもあります。クラウドの馬力が確保できればWindows Phoneの超処理パワーも今以上に生かせるし、Surfaceもスパコン並みになれます。「デバイス&サービス」で言うと、マイクロソフトのクラウドのパワーは明らかにサービスなのです。
ナデラ氏は勤続22年で、そのすべてを再編後Azureとなった子会社でサーバー担当として過ごしてきました。クラウドはナデラ氏にとっては子どもみたいなもの。それでCEOの白羽の矢が立ったのかと。
チェンジ

続き・詳細・画像をみる


ちょっと変だよ、TBSと関口宏 反安倍リベラル左派マスコミの暴走が加速

便魔との戦いに敗れし者達

子供3人も生むなんて人間としておかしい。下等生物ならわかるけど、豚とか家畜レベルの発想

ケネディ大使が朝日新聞1面の顔のシワに不快感か、社内で責任押し付け合いに

便魔との戦いに敗れし者達

人生詰んでる度チェック表が完成しました

back 削除依頼&連絡先