P「小鳥さんの胸が揉みたくなった」back

P「小鳥さんの胸が揉みたくなった」


続き・詳細・画像をみる


P「いいですか?」
小鳥「ぴぇえ!? よ、良いわけがないですよ!」
P「えぇ」
小鳥「えぇ、って……」
P「どうしたら2X歳でそこまでの美貌、
 プロポーションを保っていられるんですか?」
P「犯罪的ですよ」
小鳥「ほ、褒めすぎですぅ……」プシュー
5: 以下、
P「犯罪は取り締まらないと」ズイッ
小鳥「ひっ……! ぷ、プロデューサーさんっ。
 こういうことは、しっかりと段階を踏んで…──」
P「……踏めば、揉んでもいいんですか?」
小鳥「そ、それが最終目標ってのも、
 なんかアレな気がしますけど……」
P「そもそも、俺たちなんで付き合ってないんですか?」
小鳥「付きッ……! さ、さあ? なななんででしょうね?」
P「焦りすぎです」
小鳥「うぅ……」
6: 以下、
P「やっぱり職場恋愛って、し辛いですよね。ここだと特に……」
小鳥「……こんなこと言うのも、烏滸がましいんですけど…。
 プロデューサーさんは、なんで私のむっ、むぅ…!///」
P「む? 胸ですか?」
小鳥「……それを、…よりによって、なんで私のそれを!?」
小鳥「だって、あずささんの方が若いし大きいし…美希ちゃんだって、
 律子さんだって春香ちゃんだって──」
P「小鳥さん」
小鳥「ふぁ、ふぁい!!」
7: 以下、
P「あずささんや美希では、ダメなんです。俺は、小鳥さんじゃないと」
小鳥「っ……、はっ!?」
小鳥「それってもしかして、
 みんながアイドルだからですか……?」ジワッ
P「そんなこと微塵も考えてませんよ」
小鳥「じ、じゃあ……」
P「純粋に、小鳥さんの胸が……たまらなく好きなんです」
小鳥「ッ///」ボッ
13: 以下、
P「……付き合っちゃいましょうよ、小鳥さん」
P「分かりました。胸が最終目標なんて、小さいことは言いません」
P「結婚が最終目標です」
小鳥「ふぇえ!? こんなに、こんなに簡単に決めていいんですかっっ!?」
P「小鳥さんはどうしたいんですか?」
P「俺は、貴方と一緒にいたいです。事務所内に限らず、
 一緒にいたいです」
17: 以下、
小鳥「……///」
P「……」ゴクッ
小鳥「……──ですよ」
P「えっ?」
 小鳥「いい、ですよ……? プロデューサーさん」
P「ほ、ほんとですかっ!?」
小鳥「はいぃ……!///」
P「……」
P(これでおっぱい揉み放題舐め放題イヤッホオオウウウウウウウウウ!!!!)
26: 以下、
 ────2週間後────
 ─────
小鳥「お、お邪魔します…」ドキドキ
P「どうぞどうぞ」
小鳥「すいません、こんなことになったしまって」
P「俺たち、もう付き合ってるんですから。堅いこと言わずに」
小鳥「え、えへへっ。そうですね」ニコッ
P「はははっ」
P(今日、成し遂げるぜ)
29: 以下、
 ────
 ──
P「あっ、うまい」
小鳥「良かった、プロデューサーさんのお口に合って…」ホッ…
P「冷蔵庫の中、そんな大した食材もなかったのに」
P「…っんん、うまい!」
小鳥「」ニコッ
P「あっ、小鳥さん…ちょっとだけ、飲みません?」
小鳥「あっ、いいですね。でも明日もあるし…」
P「大丈夫ですって、そんなに飲む気はありませんよ」
小鳥「…じ、じゃあ、明日に響かない程度に……」
30: 以下、
 ────
 ──
P「でもみんな、本当に成長しましたね」
小鳥「これも、プロデューサーさんのおかげですよぉ」
P「ははっ、照れるなぁ…」
小鳥「もう、可愛いなぁ──…って、あら」
P「あ、持ってきますよ」
小鳥「す、すいません?」
P「……」
33: 以下、
 ──数十分後──
小鳥「プロリューサーさ?ん」
P「はい、なんでしょうか」ニヤニヤ
小鳥「私、こんなだらしなくてダメダメで、
 どこがいいんですか??」
P「全部ですよ。良いところだけ見て、
 悪いところを見たとたんに軽蔑する……そんなことは、決して」
P「それが、恋ってものですから」
小鳥「……私って幸せ者だなぁ…」グズッ
P「あぁ泣かないで小鳥さんっ」サワッ
小鳥「うぅ……優しいですね、プロデューサーさん」
35: 以下、
P「ささ、気を取り直してっ」
P(気付かないか……今度は、もう少しダイレクトに。
 肩をポーンと叩く程度に…)
P「ほらっ、元気だして行きましょうよ」モミッ
小鳥「ひゃっ!? ……!?///」キョロキョロ
P(いや、揉んだの俺ですよー)
 20代後半を思わせないあの柔らかさに張り……確実に偽物ではないし、
 むしろ本物をも凌駕しているように感じる。
 
 ここに於ける“本物”をどう定義するかは、
 まぁ各々が想像した“本物”でもなんでもいい。
 
 とにかくそこらへんは曖昧にさせてもらうが、
 具体的に、ではなく──比喩的に、
 
 小鳥さんの胸は、本物を凌駕しているように思えた。
 
P(ここまで0.1秒)
38: 以下、
小鳥「さ、触りましたっ?」
P「え、何をです?」
小鳥「しょ、しょれは……///」
P「はははっ、酔ってますね小鳥さん」
小鳥「うぅ……、…?」
P(意識がないほどには酔ってないか。
 これ以上は作戦が破綻しそうだな)
P(よし、逆パターン行くか)
39: 以下、
 ────
 ──
P「うぃ?ころりしゃ?ん…」
小鳥「よ、酔い過ぎですよプロデューサーさん?」
P「う?ん、う?んっと」ゴロンッ
小鳥「あぁあぁ、寝るならベッドで寝て下さいよ??」
P(雪歩の演技指導がここにきて発揮されるとは)
P「わははっ、か?め?は?め?……──」
P「はーっ!」バッ
 モミモミ
小鳥「んっ…! ぷ、プロデューサーさん!?///」
44: 以下、
P「ちょうど顔の前にたわわに実った果実が?…」モミモミ
小鳥「そ、それ私のおっp──」
P「熟してますねこりゃあ…」
小鳥「じゅ、じゅくッ……!」ピクッ
P(やっべぇマジ柔けぇぇぇぇぇえええ!)
45: 以下、
小鳥「や、やめっ…て」
P「ふぇ? 何をやめるんです?」モミモミ
小鳥「これ以上は……っ、っん…!///」
P「俺まだ元気ですよーっ、わははーっ!」モミッ
小鳥「……っ、ひっ…っ……うぅ」ポロポロ
P「わは──……えっ!?」
49: 以下、
小鳥「っ、う、うええぇぇぇえ……!」ボロボロ
P(なん…だと……!?)
P「こ、小鳥さん待って待っ──」バチンッ─
P「ぐはぁっ!?」
小鳥「うわぁあぁああん!」タタタッ─バタン!
P「ギギギ……」 
52: 以下、
 ────
 ──
P「……小鳥さん、寝て──」
小鳥「ヒグッ…エッグ……」
P「──は、ないですよね…」
P(トイレに篭るって、どこまでも可愛い人だな…)
P(子供っぽい──ていうか、そんな茶化したこと考える権利は、
 俺にはまったく無いんだけど……どうしよう)
P「俺が悪かったです! 本当に申し訳ございませんでしたごめんなさいぃ!」
小鳥「ウグッ…ズビビー…」
56: 以下、
P「……俺が軽率でした。酔った勢いで──とか、
 そんなバカみたいなことしか考えてなくて……」
小鳥「ッゥウ…もう、知りません……!」
P「……小鳥さん。俺はとんだ変態で…それを軽蔑する、
 嫌うのは当たり前のことだと思います」
P「実際に、今だってこうして……ホントにバカですよね。俺って」
小鳥「……」グズッ
P「後先のことも考えず、自分のことしか頭にない男です」
P「だからこそ、俺はプロデューサーになった。
 あの子たちをあそこまで成長させた」
P「『アイツ等の輝く姿を見たい』と、そうずっと思っていたからです」
P「そんな俺が、最も欲望に苛まれる瞬間が──ここにある」
小鳥「……っ」
57: 以下、
P「だからと言ってシラを切るわけではないですよ? 
 欲望にもTPOはつきものです。抑制するときはしなければいけない」
P「俺は、それが出来なかった。今日俺が反省すべき点は、
 小鳥さんの気持ちを踏みにじって、欲望に従ったことです」
小鳥「……怖かったんですからね」
P「そう、ですよね。俺も自分が怖いです──いえ、怖かったです」
P「怖いからこそ、それを閉じ込めたい気持ちは一層高まる」
P「こんな経験、初めてですから。これを機に……欲望を抑圧します」
 P「もう、彼女を泣かせるなんて──そんな怖いこと、したくありませんから」
 
小鳥「…プロデューサーさん」
58: 以下、
P「……小鳥さん、ごめんなさい」
小鳥「……もう、あんなことしません?」
P「あんな状況では、普段は、絶対に」
小鳥「いつもの、優しいプロデューサーさんのまま…?」
P(ドア越しなのに可愛い、ドアが可愛く見える)
P「ええ、小鳥さんの中のプロデューサー像…そのまま」
63: 以下、
小鳥「……」
 ガチャッ─ギイイィ
小鳥「……」ヒョコッ
P「小鳥さん……」
 小鳥「……約束、ですよ?」
P「はい……──約束です」
66: 以下、
 ────
 ──
P「おはようございます、小鳥さん」
小鳥「はい、おはようございます」ニコッ
P「……そうだ小鳥さん、今日の夜とか暇ですか?」
小鳥「えっ? そうねー……仕事が終われば」
P「…よし、律子も使って今日は早く終わらせましょう」
小鳥「えぇっ? ど、どうしたんですか?」
P「え? どうしたって、デートですよ」
小鳥「あ、なるほど…///」
70: 以下、
P「あれから色々反省したんです、俺なりに」
小鳥「…そ、そうじゃなきゃ困りますっ」プリプリ
P「はははっ」
P「……ちゃんとした形で、俺は…」
小鳥「プロデューサーさん……」キュン
 P「小鳥さんの胸を揉もうとっ!」
小鳥「」ズデーン
小鳥「も、もうプロデューサーさんっ///」
P「いてて、冗談ですよっ」
73: 以下、
小鳥「冗談が多すぎますっ」
P「じ、じゃあ今度こそ真面目に…」
P「ゴホンッ……ちゃんと、小鳥さんを幸せにしたいって、
 そう決めたんです」
P「貴方には、これからはたくさん笑って欲しい」
P「今日が、その第一歩なんです」
小鳥「……ふふっ、楽しみだな」ニコッ
74: 以下、
小鳥「その代わり、しっかりとお仕事も…頑張らなきゃですよねっ」
P「……はい、そうですね」ニコッ
 ガチャッ オハヨウゴザイマース!
P・小鳥「「──おはよう!」」
 
 ────そして、今日も765プロの一日が始まる
 
         終わり
75: 以下、
乙ピヨ
76: 以下、

77: 以下、
小鳥さん可愛い
78: 以下、

続き・詳細・画像をみる


のび太「ドラえも〜」ドラえもん「なに?」

ネコのお腹なでなでしながら2ちゃんしてる(   ´・ω・`   )

【画像】品川さんの筋肉、ヤバ杉ワロタwww

女学生「めっちゃ怖い話し聞いた」

【驚愕】妹のスマホ覗いたらマジでヤバい写真を発見してしまった・・・

恵方巻きとかいうステマwww

back 削除依頼&連絡先