サトシ「え!? セレナをイカせる発明品だって!?」back

サトシ「え!? セレナをイカせる発明品だって!?」


続き・詳細・画像をみる

1:
シトロン「はい! サイホーンの角からヒントを得たんです!」
シトロン「ピストン運動でセレナのマンコを自動的に突くことで、絶頂へ導きます!」
サトシ「科学の力ってすげー! その機械があれば腰を振る必要もないんだな!」
ピカチュウ「ピッピカチュウ!」
シトロン「さっそく、眠っているセレナで実験しましょう」
サトシ「でも、まだセレナ起きてるんじゃないか?」
シトロン「ふっふっふ。実は、セレナの夕食にねむりごなを混ぜておいたんですよ」
サトシ「準備がいいぜ!」
3:
セレナ「すぅ……すぅ……」
サトシ「ぐっすり寝てるな」
シトロン「これから無理矢理イカされるとは知らず、無邪気なものですね」
シトロン「セレナはもっと危機感を持つべきです。旅の仲間である前に、僕らはひとりの男なんですから」
サトシ「ごめんなセレナ。だけど、俺も辛抱たまらないんだ。勃起しちゃってさ」
ピカチュウ「ピカ?」ツンツン
サトシ「あっ、やめろってピカチュウ! 俺のすごい釣竿は今敏感なんだっ! 触っちゃ駄目だ!」
ピカチュウ「ピーピー」ペシペシ
サトシ「や、やめてくれ! ピカチュウ!」
シトロン「この帽子をすごい釣竿に被せてガードしたらどうですか」
サトシ「セレナの帽子か!」カポッ
サトシ「なんか興奮する!」
ピカチュウ「ピカ?」
シトロン「サトシのすごい釣竿を弄れなくなってご機嫌斜めですね」
サトシ「ピカチュウ。今はセレナに集中させてくれ。な?」
4:
セレナ「う?ン……フォッコ……ひのこ……」
シトロン「夢の中でポケモンバトルですか? ふふふ」
サトシ「俺たちもはやく始めようぜ」
シトロン「いいでしょう。サイホーン号! 起動!」
ガガガ……
サイホーン号「サーイサーイ」
サトシ「おお! 動いた!」
シトロン「先端をセレナの股間に合わせます」
サトシ「股を開かないと。よいしょ」
ガバッ
セレナ「あっ……んん」
サトシ「っ……!」
セレナ「……ぐー」
サトシ「……ふぅ。起きるかと思った」
シトロン「大丈夫ですよ。ねむりごなは強力ですから」
6:
ポワンッ
フォッコ「フォッココ!」
サトシ「うわっ! フォッコだ!」
シトロン「しまった! フォッコの食事にもねむりごなを混ぜておくべきでした!」
フォッコ「フォッ!? フォッココ! フゥー!」
サトシ「ピカチュウ! これは違うんだって、教えてやってくれ!」
サトシ「エレナに危害を加えるつもりはないんだ!」
ピカチュウ「ピカッ。ピーカピーカ。ピカチュウ」
フォッコ「……」
ピカチュウ「ピーカ。ピカピカピカピカピカ(腰を振りながら」
フォッコ「フォー!!!!!!」ボワッ
サトシ「あぶない!」
シトロン「交渉決裂のようですね! サトシ! 仕留めましょう!」
サトシ「わかってる! いけ! ケロマツ!」
ケロマツ「ケッロー!」
8:
サトシ「みずのはどう!」
ケロマツ「ケロー!」
ズダーン
フォッコ「ッコー……!」
ドサッ
サトシ「よし。ひとまずは安心だ」
シトロン「セレナをイカせた後でポケモンセンターへ連れて行きましょう」
サトシ「そうだな。ケロマツ、フォッコをどっかに置いてきてくれ」
ケロマツ「ケロ」
シトロン「さて、サイホーン号の角をセレナのぷっくりしたマンスジに食い込ませて……」
サトシ「パンツは脱がせないのか?」
シトロン「着ていた方が興奮するでしょう? それに、サイホーン号ならパンツぐらい破いてしまいますよ」
サトシ「俺、もう汁が出てきちゃったよ! シトロン、はやくピストン運動させようぜ!」
シトロン「はい! スイッチィ、オン!」カチッ
11:
サイホーン号「サーイサーイサーイ!」
ズポッ ズポッ ズポッ
サトシ「やった!」
シトロン「大成功です! セレナの反応を見ましょう!」
セレナ「…………すぅ……すぅ…………ふふっ……フォッコ、ひのこ……かわして、ひのこ……」
サトシ「あれ!? 全然、気持ちよさそうじゃないぜ!?」
シトロン「そんな! サイホーン号の角は、たしかにセレナのマンコに抜き挿し抜き挿し……」
シトロン「そうか、わかりましたよ!」
サトシ「なにが?」
シトロン「セレナは……セレナは不感症なんです!」
サトシ「な、なんだって!?」
13:
シトロン「たしか、セレナは幼いころからサイホーンレースの教育を受けていたと言っていましたね?」
サトシ「う、うん」
シトロン「きっと、それが原因ですよ! サイホーンレースの練習で股が強化され、簡単にはイケない身体に!」
サトシ「そうか! それでこの間の謎がとけたぜ!」
シトロン「謎?」
サトシ「サイホーンレースに参加したとき、サイホーンの激しい動きに股間が刺激されて、何度も出しちゃったんだけど」
サトシ「他のレーサーは平気な顔してたから、おかしいなって思ったんだ!」
サトシ「サイホーンレースをやっていると、あの刺激でも何も感じないほど、強くなってしまうのか!」
シトロン「セレナのお父さんはいったい、どうやってセレナのお母さんをイカせたのでしょうか……!」
サトシ「きっとすごいテクをつかったに違いないぜ! このサイホーン号以上のな!」
シトロン「っく、それは聞き捨てなりません! サイホーン号はまだ本来の力の半分も出していないのですから!」
16:
シトロン「サイホーン号! パワーアップ! この威力なら、膣が裏返るほどのダメージがいくはずですよ!」
サイホーン号「サァーイッ! サァーイッ! サァーイッ!」
ガッ! ガッ! ガッ
セレナ「……すぅ……んんっ」
サトシ「お!?」
セレナ「………ひのこ……」
サトシ「だめだ!」
シトロン「これでも駄目ですか……いいでしょう! ピカチュウ、エネルギーをかしてください!」
ピカチュウ「ピッカ!」
サトシ「ピカチュウ! サイホーン号に100000ボルト!」
ピカチュウ「ピーカーチュウウウウウウウウウウウ!!!!!」ビリリリリリリリ
シトロン「いっけー! サイホーン号! パワーMAX!!!」
サイホーン号「ザアアアアアアアアアアアアアアアアアア」
ズダンッ!!! ズダンッ!!! ズダンッ!!!
サトシ「ぐあっ! すごい風圧だ!」
17:
シトロン「これなら……!」
セレナ「…………んー……かゆぃ……」ポリポリ
サトシ「股を掻いただけだ!」
シトロン「そ、そんな……! 僕のサイホーン号でイカない……!?」
ビリッ ババババババッ
サイホーン号「サ、ササ、サササ、サ、サイホーン!!!!!」
ドカーン
サトシ「うわっ」
ピカチュウ「ピカー!」
シトロン「僕のサイホーン号がぁ!!!!!」
サトシ「せ、セレナの鉄壁の膣に負けた……!」
シトロン「計算外でした……セレナの膣がここまで頑丈だとは……!」
サトシ「諦めようシトロン。もう遅いし、セレナの顔にぶっかけてから寝よう」ヌギヌギ ピュピュ
シトロン「そうですね……」ヌギヌギ ドピュ ピュ
セレナ「………マーイーカくさい……くさいよ……すぅ……」
18:
セレナ「んー! よく寝た! なんだか、身体のコリがほぐれたみたい」
ユリーカ「どうしてー? フォッコにマッサージしてもらったの?」
セレナ「まさか、フォッコがそんなことできるわけないじゃない」
セレナ「……? あれ、そういえばフォッコは?」
ユリーカ「モンスターボールの中じゃないの?」
セレナ「朝起きたら空だったから、てっきり勝手に出てみんなと一緒にいると思ったんだけど」
サトシ「!?」
サトシ「やばいよっ。すっかり忘れてた。フォッコ、どこにやったっけ?(ボソッ」
シトロン「サトシがケロマツに頼んだんじゃないですかっ……(ボソッ」
ケロマツ「ケロッ。ケッロ」
サトシ「? なに? なんだよ」
ケロマツ「ケッロ」スッ
サトシ「これは……フォッコの体毛……?」ゾクッ
19:
(無駄死にじゃん……)
22:
セレナ「ねえふたりとも。フォッコ知らない?」
サトシ「さ、さぁー!? 知らないけど」
シトロン「ぼ、僕も、さっぱり」
ケロマツ「ケッロ」グイグイ
サトシ「あーっと、ちょっと用事思い出したから、俺、行ってくる!」
シトロン「ぼ、僕も!」
ダッ
セレナ「? どうしたんだろう」
ユリーカ「さあ」
23:
ケロマツ「ケロ」
フォッコ「」
サトシ「……ふぉ、フォッコ……」
シトロン「し、死んじゃったみたいですね……」
サトシ「そ、そんな! みずのはどうを一発食らわせただけなのに!」
シトロン「放置した場所が悪かったんですよ。外で冷えますし、昨夜は雨が降ってましたから」
サトシ「おいケロマツ! どうしてこんなことしたんだ!」
ケロマツ「ケロォ……」
シトロン「ま、まあまあ。今はこれをどうやって隠し通すかを考えないと」
セレナ「……フォッコ……?」
シトロン「ほら。セレナに見られちゃいましたよ。こうならないためにも、まずは死体を隠して……」
シトロン「って、セレナ!?!?」
セレナ「……嘘でしょ? フォッコ……フォッコ!!!」
サトシ「ロ、ロケット団だ!!!」
シトロン「……!(ナイスです! サトシ!)」
2

続き・詳細・画像をみる


【画像】女子受けする趣味一覧wwwwwwwwwww

大阪人にしかわからへんことwwwwww

中で出す時に「中に出すよ!」より熱いセリフ言ったやつ優勝

『弱虫ペダル』第17話・・・700mが異常に長すぎだろ・・・少年漫画アニメのお約束か

【画像】フツメンでも髪型変えるだけでイケメンになれることを教えてやる

魔王「食事は部屋の前に置いておけといつも言ってるだろ!」

back 削除依頼&連絡先