ウォッカ「肉が食いてえですぜ兄貴!」 ジン「ほう」back

ウォッカ「肉が食いてえですぜ兄貴!」 ジン「ほう」


続き・詳細・画像をみる

1:
ジン「確かに最近ベルモットのやつがダイエットだなんだわめいて、魚や野菜中心の食事だったからな」
ウォッカ「たまにはガッツリ食いてえですぜ…」ウルウル
ジン「よしわかった、今日はステーキでも焼くか」
ウォッカ「ステーキ!」キラキラ
ジン「幸い今日はベルモットは出掛けている、恐らく夕飯は外で済ますんだろ」
ウォッカ「そうと決まれば早く肉を買いに行きやしょうぜ!」
ジン「まぁそう慌てるな」ヤレヤレ
13:
?某イオン、肉コーナー?
ジン「お、ちょうどステーキ用肉が安くなってるな」
ウォッカ「しかも兄貴、国産のサーロインですぜ!」
ジン「あぁ、ラッキーだったな」
ジン「ちなみに肉の選び方だが、綺麗に赤みがかってるものを選ぶ。赤が濃すぎたり、逆に灰色がかっているものは避けるべきだ。」
ウォッカ「へぇー」フムフム
ジン「それとトレーの中に肉汁が溜まってるのも焼いた後旨味にかけるからNGだ」
ウォッカ「兄貴、これなんかどうですぜ?」ミセー
ジン「うむ、淡いチェリーのような赤で脂身と赤みもはっきり分かれてる。これなら大丈夫だろう」カゴニイレー
18:
某イオンwwww
25:
ウォッカ「あれ、ソースは買わなくていいんですかい?」クビカシゲ
ジン「市販のステーキソースでも十分うまいが、せっかくだし今日は自分で作ろうと思ってな」
ウォッカ「兄貴お手製のソース、楽しみですぜ!」ワクワク
ジン「よし、早いとこ会計済まして帰るとするか」
?黒の組織 キッチン?
ジン「よし、さっそく作り始めるか」
ウォッカ「へい兄貴!」
ジン「まず最初に、肉は常温でしばらく放置する。冷えたままだと十分に火が通らないからな」
ウォッカ「じゃあそれまで何するんですぜ?」
ジン「まずは下準備からだ。ウォッカ、ご飯は炊いてあるな?」
ウォッカ「ばっちしですぜ!」スイハンキパカー
ジン「よし、最初はガーリックライスを作る。ステーキにはただの白米よりもガーリックライスだ」
34:
ジン「ニンニク、パセリ、クレソン、青じそをみじん切りにする」タタタタ
ジン「そしたらフライパンにバターと一緒にぶち込む」ジュー
ウォッカ「おぉ、ニンニクのいい香りですぜ!」
ジン「焦げないうちにご飯を入れて、塩・胡椒・醤油で味を整える」パッパッ
ジン「ウォッカ、取り分け用の皿をとってくれ」
ウォッカ「え、もう完成ですかい!?」ビックリ
ジン「あぁ、こんなちょっとした手間で肉をより美味く味わえるんだ」ヨソリヨソリ
40:
ウォッカ「じゃあ次はいよいよ肉を焼きますかい?」ワクワク
ジン「まぁ待て。もう一品付け合わせを作る」
ジン「ウォッカ、レストランなんかでハンバーグやステーキにはなんの付け合わせがある?」
ウォッカ「えっと、甘いにんじんですぜ!」
ジン「そうだ、ステーキの付け合わせといえば人参のグラッセだ」
ウォッカ「でも作るの難しそうですぜ?」クビカシゲ
ジン「あんがいそうでもないんだ、ウォッカでもできるぞ」
ウォッカ「ほ、ほんとですかい?」キラキラ
ジン「あぁ、やってみるか?」
ウォッカ「へい兄貴!」
48:
ジン「まずは人参を輪切りにする」
ウォッカ「輪切りっと」ザックザック
ジン「そしたら次に角を一周切り落とす、いわゆる面取りだな」
ウォッカ「角だけ、角だけ…」オソルオソル
ジン「なかなか上手じゃないか」
ウォッカ「そ、そうですかい?」デレデレ
ジン「そしたらそいつをバター・砂糖と一緒に鍋に入れて、人参が全部かぶるくらいまで水を入れる」
ウォッカ「へい!」ジャー
ジン「あとは強火で煮て、沸騰したら弱火にしてしばらく煮るだけだ」
ウォッカ「簡単ですぜ!」
ジン「だから言ったろ?ウォッカはそのまま鍋の火を見ててくれ、俺はその間に肉に取りかかる」
ウォッカ「了解ですぜ!」
50:
ジン「まずはニンニクの芯を抜いて1ミリ幅くらいの輪切りにする」タタタタ
ジン「フライパンに牛脂を入れて、溶けたら1度フライパンを濡れ布巾の上に置いて、ニンニクが焦げないように冷ます」
ジン「そしたらフライパンにニンニクを入れて、弱火で揚げ焼きにする」ジュー
ウォッカ「あぁ、いい匂いですぜ」
ジン「揚がったら1度キッチンペーパーに取り出す」
ジン「ウォッカ、人参の方はどんな感じだ?」
ウォッカ「もうだいぶ水気が飛びましたぜ!」
ジン「よし、そんなもんで大丈夫だ。皿に盛り付けてくれ」
ウォッカ「へい兄貴!」モリツケー
54:
ジン「肉は焼く前に何ヶ所かスジを切っておく」
ジン「両面の水分を軽く拭き取って、塩胡椒で下味を付ける」パッパッ
ジン「さっきニンニクを揚げ焼きした時に出た油をそのまま使って、フライパンを強火で熱する」モクモク
ウォッカ「兄貴!煙が出てますぜ!大丈夫なんですかい?」アセアセ
ジン「あぁ、問題ない。そのまま肉を入れる」ジュワー
ウォッカ「ニンニクの香ばしい香りがたまんねぇ!」ジュルリ
ジン「肉汁が浮いてきたら裏返して」クルッ
ジン「フライパンに赤ワインを入れる」ボッ
ウォッカ「フライパンから火が!」
ジン「心配するな、すぐ消える。火が消えたらすぐに肉を取り出す」ジュー
57:
ジン「ここですぐに肉を切らずに置いておく」
ウォッカ「どうしてですぜ?」
ジン「すぐに切るとせっかくの肉汁が溢れ出てしまうが、少し置くことで肉の中に肉汁が閉じ込められるんだ」
ウォッカ「なるほどですぜ!」
ジン「その間に、ソースを作る」
ウォッカ「いよいよ仕上げですかい?」
ジン「あぁ、もうちょっとの辛抱だ」
ウォッカ「早く食いてえですぜ!」ジュルリ
63:
ジン「醤油・みりん・赤ワイン・砂糖・チューブわさびを合わせてよく混ぜる」マゼマゼ
ウォッカ「わさび、ですかい?」
ジン「わさびは火にかければ鼻にツーンとくるようなあの辛さが吹っ飛ぶんだ」
ウォッカ「初めて知りやしたぜ!」フムフム
ジン「フライパンは拭き取ってもいいが、せっかくだからさっきの肉汁が付いたままで使おうと思う」
ジン「さっき混ぜ合わせたものを入れて、わさびが溶けたら完成だ」
ジン「肉を切ってくれ盛り付けて、ソースをかける」
ジン「よしウォッカ、待たせたな」
ウォッカ「早く食べやしょうぜ!」ワクワク
66:
?黒の組織 リビング?
ウォッカ「いただきますぜ!」パクッ
ウォッカ「……」
ジン「どうした?」
ウォッカ「兄貴…美味いですぜ!こんな美味いステーキ生まれて初めて食いましたぜ!」
ジン「ふっ、そいつはよかった」
ウォッカ「口の中で溢れ出てくる肉汁、肉に良く合うソース、それにニンニク風味のご飯も肉の美味さを引き立てて…最高ですぜ!」
ジン「ウォッカ、自分で作った付け合わせの人参も食べたらどうだ?」
ウォッカ「おっと、忘れてやしたぜ!」パクッ
ウォッカ「うん、甘さがよく染みてて柔らかい!自分で作ったとは思えませんぜ!」
ジン「あぁ、うまく作れてるな」パクパク
ウォッカ「えへへ、兄貴の教え方がうまかったからですぜ」デレデレ
73:
ウォッカ「こんなに美味いなら姉御にも食わせてやりたかったですぜ!」
ジン「まぁ奴はああ見えて頑固だからな、1度ダイエットすると言ったからにはそうそう肉を食おうとは…」
ガチャ
ベルモット「ただいまー!たまにはいいかと思って牛丼買ってきちゃったー♡みんなの分もちゃんとあるわよー!」
ウォッカ「あ、兄貴…」
ジン「…ベルモット、やっぱりてめぇは隅に置けねえ女だよ」
おしまい
74:
今きづいたんだが>>1のIDが変わってない
78:
変わって戻って変わってね?
まるで新一のように
82:
なんかID途中でおかしくなったけどどっちも俺ですぜ
86:
あとイオンとか唐揚げとか餅つきの人とは違います
その人のを真似て書いてみた次第であります、ご本家様気を悪くしたなら申し訳ございません
92:
ちなみに以前1度お菓子のやつも書かせていただきました
9

続き・詳細・画像をみる


30歳越えたら急に体にガタが来るってマジだったんだな・・・

ロシアの女の子の ”車の停め方” がかっこよすぎて話題に

42歳独身ですが職場の24歳の女性が自分に気があるらしくお試し交際するべきか悩みます

【画像あり】浜崎あゆみ、「超豪邸」が凄いwwwww

「おまえはチキンか??え?」って挑発してきた

夏海「駄菓子屋、腕相撲で勝負だ!!」楓「なんでだよ」

back 削除依頼&連絡先