【怖い絵画】芸術に関する呪われそうなほど怖い絵 OCHOback

【怖い絵画】芸術に関する呪われそうなほど怖い絵 OCHO


続き・詳細・画像をみる

1:
芸術、芸術家、作品に関する怖い話何でもドゾ
絵画・オブジェ・彫刻・写真の作品など
芸術・美術関係の怖い作品やエピソードを語りましょう
17:
18:
>>17
なんだこれ?火山の絵?でもきれい
19:
これだな「業火」

近藤弘明 1924 -
KONDO, Komei
作品詳細
絵画 : 日本画
業火
昭和48年 彩色・紙本・屏風4曲・1隻 148.0×298.0
右下に年記、落款
37回新制作展(東京都美術館 1973)
昭和62年度 文化庁 管理換 J00628
東京国立近代美術館
こんなのもあった

http://search.artmuseums.go.jp/gazou.php?id=2470&edaban=1
http://search.artmuseums.go.jp/gazou.php?id=2472&edaban=1
20:
>>19
一枚目、ケイトウが苦手だからこわいわww
あんな脳みそみたいな花の何がいいんだろう…
21:
なんか夢の中で見る風景に似てるね。
得体の知れない怖さと妙に懐かしい安心感が同居してる感じ。

22:
怖くてひきつけられるというと山下菊二だなあ
あけぼの村物語なんか何度見ても凝視しちゃう
これね↓
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2009/0906/index.html
23:
近藤さんの絵、本の表紙で何回か見たことある
巨大な夕陽で真っ赤に染まった海にヒマワリみたいな花がニョキニョキ生えてて、
水平線には鬼火みたいな火がいくつも飛んでて死んだ巨大な蝶が水面に浮いてるとか
近藤さんを検索してみたらエッセイみたいなのも出てきたんだけど、
それによると最初に画面へ墨を塗って真っ黒にして真夜中に蝋燭の光だけで描くらしい
スケッチや下絵はいっさいしてなくて黒い画面に見えてきた光景を描くんだとか
もっとも最近は高齢で昼間に描いてるみたいだけど
オカルティックな制作法だけど、密教系のお寺の息子さんなのね、近藤さん
123:
ベルセルク?かな
びびったw
29 名前: レス乞食(京都府)[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:41:23.77 ID:OukXOv/l0 [1/3]
これはもう
芸術だろ・・・
35 名前: 翻訳家(京都府)[sage] 投稿日:2010/10/08(金) 22:42:30.22 ID:a+0STIv+0 [1/2]
>>29
いや、なんかの絵画のパロディーじゃないの?
てか真ん中にゴッドハンドいたんだなw
38 名前: ドラグノフ(東京都)[] 投稿日:2010/10/08(金) 22:43:04.17 ID:W1pe6n1G0 [2/3]
124:
>>123
1番目の画像のやつ、人形作家の天野可淡も立体作品にしてたね
惹かれるモチーフなのか
30:
すごい!!絵の中にどんどん入り込んでいく!!
http://www.zoomquilt.org/
どう?
32:
>>30
すんごいなコレ
そして楽しい
33:
>>30
感動しました
先に進むだけでなく後ろに戻る事もできるんだね
34:
これの作者分かる人いる?
35:
>>34
見れない
123:
>>35
これだな
41:
53:
古生物は想像で補ってる部分多すぎだよねw
54:
>>53
わろた 全然別物じゃねえかww
アノマロカリスとかハルキゲニアとか形がやばい
55:
>>54
うわああああ
裏側ってこんな風になってたのか…
シャコっぽいな
56:
口がエイナルみたいだな
58:
世界で最も怖ろしい絵
って実際のところ正体は何なの?科学的に解明とかされてるの?
ネタ本で見たから、普通の美女の絵をでっちあげてるだけだと思ってたんだが
66:
靉光(あいみつ) ※表示されなかった場合、「雲愛」が一文字で「あい」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%89%E5%85%89
数年前に日曜美術館で紹介されて知った
「眼のある風景」
拡大
69:
陳平 chen ping
70:
この人かぬ?
http://www.webangel.com.au/~chenping/index.htm
73:
>>70
なんか生首とんでる・・・?
ほんで色使いがリアルで怖い。
72:
みんなありがとー。
この人の絵全部怖ぇじゃんw なんで買ったよww
呪いの絵じゃなくてよかった・・。
80:
謝肉祭に関する絵とか怖い。
既出かもしれないけど謝肉祭の様にドクロや奇妙なお面を被り、藁箒で殴り合う様子を描いた絵画をどなたか知りませんか?
時代的にはゴヤが活躍した辺りの画人かと。
捜しても中々出てこなくて名前とタイトルが失念。
85:
>>80
これのことかな
「Skeletons Fighting for the Body of a Hanged Man」(1891)
お面で有名な気味悪い比較的近代の画家
で思い出したのがアンソールだった
謝肉祭と言えばブリューゲルを思い出すかな
時折挿入される不具者の表現とか
時代のリアリズムと言えばそれまでだけど
何故わざわざ描くのかなー、とモヤモヤ落ち着かない気分になる
ブリューゲルで色々ググってたらこんなのあってワラタ
http://www.bunkamura-ichiba.jp/shop/item_list?category_id=15619
ブリューゲルとボッシュのキャラクターフィギュアて…w
ちょっと欲しくなったけどさ
86:
>>85さん
の者です。
そーです!
まさしくこの絵です!!
アンソール、そうでした!うっすら滑稽で尚且つ奇妙な雰囲気のこの絵画。
あぁ..久しぶりに観る事が出来ましたよ泣
初めて観た時は図書館でしたが、以来気になっても名前を忘れてしまい。15年ぶりの再会ですw
本当に有り難う!感謝!!
107:
有名な名画×モンスター
ムンクの叫び
最後の晩餐 
モナリザ
オフィーリア
元ネタ
ラファエロの天使
ダ・ヴィンチ「白貂を抱く貴婦人」
元ネタ
ベラスケス「ドン・セバスティアン・デ・モーラ」
元ネタ
108:
レンブラント 「解剖学講義」
元ネタ
貞子×名画
111:
服部直人
112:
レディー・ジェーン・グレーの処刑
116:
>>112
気持ち悪く怖く描いた絵より、
こういう写実的な絵の方がリアルに怖さを感じる気がする。
ウィキを読んだ限りではこの女性は中世のイギリス王室王位相続に関する事で
政略結婚の道具に使われて、
最後には処刑された可哀想な女性と思った。
詳しくは知らん。
117:
>>112
絵の主題よりも
右の男性がぴっちりタイツなのに
もっこりが無いことのほうが気になる
814:
>>112
今は亡き中川昭一氏の愛した絵
114:
目隠しも怖いし、
この女の人今からあの斧で斬首処刑されるんだと思うと余計に怖い
左端の召使?の女性はこの光景に耐え切れずに気絶でもしたのかな
139:
去年、某美術館で医学と芸術がテーマの展示会に行った時の話。
医療器具やら医学書やらの作品群に紛れて、白っぽい粉が全面に塗りたくられたデカい作品があって、
最初はパステルで描かれた、ただの抽象画だと思ったんだ
作品と一緒に制作風景の映像も流されてたんだけど、何となく見てみると
チョークの要領で人の頭蓋骨をキャンバスに擦り付けて描いた作品らしい
映像見ただけでもアレなのに、作品から何とも言えない嫌な匂いが漂ってた事もあってトラウマ…
あれってやっぱり骨の匂いかな…現代美術の枠で括ったとしても正気の沙汰とは思えないわ…
140:
>>139
うえ。。。骨だけは苦手。。そういう体験したらホネは無理になるだろうな?
俺はフライドチキンのホネも苦手でな。。ホネ無しが良い
141:
>>139
匂いって実際に作品を見ないと感じられないだろうから、
なんつーかそのまんまな言い方だけどリアルだね…
高校の頃の世界史教師が新婚旅行でイタリア行ったときにカタコンベに入った時の話思い出した
中でガイドとはぐれちゃって夫婦で暗い墓地の中をさまよったらしいww
んで、苦労して出てきた時には服が白い粉まみれだったそうだ…
147:
>>139
これ?>医学と芸術がテーマ
http://www.mori.art.museum/contents/medicine/index.html
TOPページからして怪しさ漂う
展示風景
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4136071108/
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4135315089/
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4135321303/
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4136071108/
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4135315089/
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4135321303/
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4136084556/
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4135328473/
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4136094860/
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4136101664/
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4136113720/
http://www.flickr.com/photos/moriartmuseum/4135355755/
144:
人体の不思議展に行ってみて思ったのは
人間の身体は骨が一番綺麗だという事です
自分が行った時は美術館でやってたが
美術関連はパネルでルネサンスがどうのという申し訳程度に触れてるだけで
後はひたすら樹脂加工されて切り刻まれた死体死体死体
客層もケバいネーチャン連れたジャージチンピラとか
キモチワリー連呼しながら館内走り回るバカ中学生とか
普段美術館なんて近寄りもしなさそうな連中多すぎてびびった
雰囲気がまるで見世物小屋
医学と芸術展はともかく、こっちはちょっと美術とは言い切れない気がする…
そこの美術館の学芸員は美術と判断したみたいだが
っていうか行った後に知ったけどあの企画って物凄い胡散臭いのな
死体の出所とか技術の利権絡みの攻勢とか
背景知ろうとすると薄暗い深淵が広がってる
ちょっと違う意味でオカルト臭い
145:
>>144
フランス語?
中学生サマハァハァ・・たまらん!
しかしどこだっけ?ホネばっかりいる博物館か何か
あれ怖すぎなんだけど
154:
これは地獄だ
157:
携帯から見られない人がいるかもなので
外観
骨から作った紋章
紋章の詳細
骨で作ったシャンデリア
骨で作ったカップ
骨の山
158:
>>157
紋章すごいな
171:
>>157
恵比寿「ワタシガイッパイ…」
196:
>>171
魔法使い乙。
159:
こんなエンブレムのサッカーチームがあったら・・・
161:
すげえ…圧倒されるしぞわぞわする…
おそらく故人も満足なんだろうと思うが…
なんかなぁ、作ってる側の感性がすごい
そしてその彼らも死後にはここに加えてもらいたいと願うのだろうか…
162:
柵?の向こうに頭蓋骨がもの凄い数積みあがってるのが怖い
163:
ベルセルクの世界だよね
194:
俺は小学生の頃梅田の人体の不思議点2 すごいぞー に行ったで!
小学校の頃に何気にグロ体験しとったんやねぇ?。
195:
198:
おかんが「キリスト教系ってなんか血なまぐさくて好きじゃない」って言ってたけど
あの骨だらけ教会とか見てると確かに・・・・・・
199:
骨がなくてもバイオレンスだよ>キリスト教
214:
メドゥーサ
例の三つ目の馬、どうやらStrangeC003という作品名なのか?
StrangeC003 でイメージ検索すると出てくる
これも気になる
215:
>>214
三つ目の馬ついに作品名判明か…GJ!!
あと一番下のその画像も長々このスレ見てるけど一向に判明しないんだよね…
こんだけ詳しい人いたらいつかは判明しそうなものなんだが、しないもんだからなんか不気味に感じる
216:
>>215
214です
正式な作品名かははっきりしないんです
ベクシンスキの例の絵が「三回見たら死ぬ絵」と通称っぽく呼ばれてるようなものかもしれないし・・・
海外のブログとかでも「詳細不明」とか「なんか面白い絵見つけたよ!」とかって貼ってたり
「これなんのゲームのキャプ?」ってコメついてたり
一番下の絵はさらに不明なんですね
画像検索でヒットしたのがカナと痛いニュースとにっ完スレッドガイドの怖い絵スレまとめだけという
304:
>>216
解決していた!
http://q.hatena.ne.jp/1280621055#a1030082
すげー
305:
>>304
おおおおおGJ!
他の絵と並ぶとあんまり怖くないなwと思ったけど例の絵の右のとかも単体で見せられたらグロく感じるだろうなあ
306:
>>304
おおありがとう!!未解決で終わるかと思ってたからありがたい。
219:
>>214
1枚目、幼稚園の頃のトラウマ…
アサヒグラフかなんかでメデューサの絵ばかり載ってたんだよなあ
220:
>>219 探してきたよー
223:
>>220
最後の絵、なんか生首が勝ち誇った顔してて笑うwwww
224:
>>223のせいでドヤ顔にしか見えなくなったwwwww
221:
ついでにこれも
有名な名画の中におなじみのモンスターが
Monsters in Art Pictures Gallery
http://www.freakingnews.com/Monsters-in-Art-Pictures---1675.asp
225:
首を取ったほうがなぜか敗北顔してて、生首のほうがドヤ顔だな
226:
うわ、こいつまだ生きてるよ…笑ってるしキモッ
的な
227:
フランシス・ベーコンの「ベラスケス<教皇インノケンティウス十世像>による習作」
厨二病というより頭のネジがイってる感じ。
239:
>>227
これその場で処刑されてもおかしくないレベルだろ(((((;゚Д゚)))))
240:
>>227
あ?、これ小学生の時みて印象深かった
ずっと日本の人がそくしんぶつ描いた枝と思ってた
241:
>>240
こんな邪悪な悪魔司教と即神仏を一緒にしないでwww
230:
こんな風に描かれた教皇本人はどんな気分なんだろう…。
231:
>>230
中野京子薯「怖い絵」より、
ベーコンの絵はベラスケスの描いた「教皇インノケンティウス10世」 ↓を引用したもので
インノケンティウス十世はこの完成品を見て
『真を穿ちすぎている』と洩らしたそうです(真偽は不明)
ベラスケスの肖像画を見て何か思うところがあった位だから、ベーコンの見た日には
「なんじゃこれは!」でしょうね・・・・
232:
>>231
訂正
中野京子の書って書こうとして
中野京子薯って変換してしまいました
233:
>>231
これが元…
あまりに前衛的すぎだろ習作ワロタwww
見たら教皇「(´;ω;`)ブワッ」だろうな…
なんか邪悪に取り憑かれ変貌遂げちゃったヒトみたいだ
234:
いつのか忘れたけど美術の教科書に動物園に人がたくさんいてなぜか気持ち悪いって思ったんだけど誰か知ってる?
251:
前スレにあった、死神とうさぎの絵は一体だれの作品なんだろう・・・
死神は怖くて格好いいのに、何故か足下にチョコンwと佇むうさぎに気付いた瞬間お茶噴く罠www
252:
>>251
大きい画像見つけたんでどうぞ
ついでに見つけたやつ貼り
255:
>>252
このウサギはこれから命を奪われるのだろうか・・・
それともたまたま出会っただけでスルー?
256:
>>252
死神が凍ってしまったという事を聞いて心配して見に来た。
254:
>>251
作者見つけた?
Cyril Van Der Haegen氏
http://www.tegehel.org/
257:
>>254
?!そう、これが見たかったんだw
うさが可愛くて固まってる死神www
262:
>>254
ウサギと死神の作者判明したんだ
ファンタジー系以外のスターウォーズのもかっこいい
260:
これがなんなのか、わからないのが一番オカルト
262:
>>260
何年も不明のままだよね・・・
プロの作家じゃなくて一般の人が描いたのかな?
271:
>>270
うん、それは俺も探したけどわからなかったw
たしかに壁とかテクスチャっぽいからゲームの場面の可能性は高いとは思うんだけど
304:
>>271
解決していた!
http://q.hatena.ne.jp/1280621055#a1030082
すげー
272:
クノップフ「私は私自身に対してドアを閉ざす」
部分拡大
クノップフ「シューマンを聞きながら」なんかドラマ性がある
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/27/8e/les_fleurs3106/folder/1660698/img_1660698_44526198_2?1244890016
335:
>>272の「見捨てられた町」っぽいね
273:
なんかアンニュイな魅力だね
274:
あー「見捨てられた町」っていうのか。
すごい好きだわ
275:
シラクサの聖ルチアでググったら・・・・
なんか某4コママンガ誌のかたつむりの妖怪の眼そっくりで吹いたわ
280:
>>275
左手に持ってる小枝(?)の葉っぱみたいなのが人の両目に見える
背景の黄金色は本物の金使ってるのかな
299:
ベーコン
300:
なんでベーコンって叫ばせるの好きなのw
301:
叫び系以外の絵もなかなか・・・
302:
全体的にアジの開きを思わせる絵だな
303:
生ハムっぽくね?
307:
元画を見たらちゃんと下に「Laverdet」って署名がついているのな
2chで出回っているのはその署名の部分がなぜか切り取られているからなかなか見つからなかったのか…
それにしてもこの人どうやって見つけたんだ
311:
作者は初耳だけど、ゲームキャプとかじゃなく誰かが描いたってことが
わかっただけでも満足。
318:
六本木でやってた幽体の知覚?とかいう展示会。
眩しい位の白い部屋に作品が並んでたんだがそれがものすごく怖かった。
綺麗な作品だったけどその綺麗さが怖い・・・みたいな。
誰か同じように感じた人いるかな?
319:
>>318
ググってみた
http://www.mori.art.museum/contents/phantom_limb/
「SP4ザ・スペクター――全ての人の脳内で徘徊するもの」
↑上のと対になってるのかな?「ホロウ:全ての人の脳内を駆け抜けるもの」
トップページにも出てくる「HOLLOW Duplex」ってのが怖い
狼の毛皮?のドレス「ヒューマン・レッスン(ドレス01)」
「エレクトロ(バンビ)」
320:
>>319 続き
http://www.art-inn.jp/tokushu/002876.html
>波間に浮かぶ先ほどの「ラッフル」の中心には一人の乙女が埋め込まれたように固定されています。
>なんとこれは拷問の器具とのこと。乙女は自分ではこの事態をどうすることもできず、ただただ海水に浸かり次第に冷えていく下半身とともに、やがて精神をも。。
>《No.44》
>どこからか赤いしゃぼん玉がふわりと浮かんで来ては、壁に当たってパチンと割れる映像。
>当然、辺りには血しぶきのような跡が。
>こちらなんと小谷氏自身の血液入りのシャボン玉。。
なかなかきてますね・・・・
323:
>>320トンクス
人体の事をすごくシンプルに、かつ綺麗に表現しているんだが
あの眩しいほどの白い部屋にいた時はとにかく怖すぎた
324:
小谷元彦いいね、森美術館行ってみようかな
作品色々みてみたけど、これがぞわわってした 能面って怖い
http://www.yamamotogendai.org/japanese/artist/newwindow/odani/16.html
326:
>>324
似た知り合いがいるから笑ってしまった
立てる前のモヒカンってこんなかんじ
325:
中二病を最高点まで極めるとああなるって感じの展示だったよ
幽体の知覚展は公式サイトトップに出てる水の映像彫刻作品が一番怖い
いくつかある部屋の二部屋目くらいに設置されてるんだけど
その前の部屋まで音が漏れ出しててガチ怖い
327:
>>325
これかな?〈ナインス・ルーム〉 9th Room 1999年
DVD DVDデッキ、スクリーン、鏡、スピーカー他 5分16秒 豊田市立美術館蔵
http://www.yamamotogendai.org/japanese/artist/newwindow/odani/06.html
※4面のスクリーンに、天井と床が鏡張りになった立方体の装置。観客はその中に入って映像と音を体感する
その他小谷作品
《SP extra 畸形脳面集 半骸幽女 双生児?想髪(左)》
330:
332:
あったw
鑑定スレで拾った。
グロだがキツくはない、かな?
なんじゃあこりゃ…と思ったサイコな出来。
341:
キリコの絵も、人が書き込まれてるのに「人が誰もいない感じ」の寂しさがありますね
346:
実家の玄関にキリコの絵が飾ってあるんだよね。
いや、キリコ好きだけどね。
349:
首に気付かなかった…
ていうか胴体見てもドラえもんだと気付かなかった
350:
ベクシンスキのこれとか
これとか
一応貼り 精神科薬広告図像集
http://psychodoc.eek.jp/abare/gallery/
351:
>>350
ベクシンスキにしては明るい作品だな
354:
>>350
精神科薬の広告って今でもこんななのかな
355:
こんなのもあるしね、
昔の見ると結構怖いわ。
356:
薬が不安を煽ってどうするんだろう
375:
海外の怖い絵ってファンタジー的なさわやか怖さがあるよね
日本のは閉鎖的怖さがある
山下菊二の「あけぼの村物語」なんてまさにそれ。
380:
>>375
ググってみたけど、実際に起きた事件が元ネタみたいで怖い
NHK日曜美術館でやってたんだね
382:
>>380
そう、朝にNHKでやっててびっくりしたんよ。
思わず興味持っちゃったよ。
376:
まとめブログ追加
【閲覧注意】なんで精神病の薬のパッケージってこんなにキチガイじみてるの?
http://blog.livedoor.jp/yumemigachi_salon/archives/51677153.html
378:
>>376
テグレトールwww
一時期飲んだことあったけど
こんなパッケージだったんだwww
こんなん見たら余計痙攣するわwww
377:
見たら呪われる絵はたくさんあるけど
見たら呪いが解ける絵ってないのかな
397:
今日お前ら向きの記事を見つけた。
The Anguished Man でググると出て来る。
書いた人間の血と絵の具を混ぜて書いたらしいぞ。
400:
>>397の検索してみた
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51976583.html
>祖母が屋根裏で25年間保管していたという「The Anguished Man(もだえ苦しむ男)」の油絵。
>祖母の話によると、この絵を描いたアーティストは、絵を描きあげてすぐに自殺したそうで、
>この絵にはアーティストの血が絵の具と混ぜ合わせて使用されているという。
>そしてこの絵は呪われており、祖母の家では、奇妙な音や叫び声など、様々な超常現象を引き起こしていたそうだ。
動画
Real Haunted Painting - The Anguished Man
絵を寝室に移動させ、8時間自動録画した映像
Haunted Painting - The Anguished Man update with video footage
ソースになったサイト 動画リンク多数
The Anguished Man: Painted in Blood
http://naturalplane.blogspot.com/2011/02/anguished-man-painted-in-blood.html
399:
布だね。
左のあばらから背中にかけて切られてる
中東の世界だけどこの女の人は白人なのかな
黒髪の人はニコロビンぽいね。
401:
なんで4枚連続でアップにするんだよww
403:
徐々にこっちにくんな
412:
ブゥードゥー人形
いい感じの人形だわ
413:
体の形とかいびつなのが怖い
これは儀式用とかじゃなくて作品なのかな
414:
>>413
もともとは死者の生乾きミイラ(先祖崇拝)
今はモックアップの人形だが祭礼には先祖の歯や骨などと組合せて使う
哀しいかな、土産物のそれ風なのは売ってるよ
431:
>>430 こんな作品あるの知らなかったです。ありがとう
でかい画像で見ると女性の顔が骸骨みたいだ
ゴヤの絵がたくさんある美術館
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/catalogue/goya/list.htm
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/da/shozou/detail_auth.asp?authorname=2&prePageNum=5&authorcd=20
出品目録見て思ったけど海外の画家の作品の日本語タイトルってどうやって付けてるんだろう
>わめくんじゃないよ
>閣下はおいでか・・・・・・では俺の言う通りに・・・・・・気をつけろ、さもないと・・・・・
適当に付けただろって感じのがちらほら
>いつもこうだ
>嫌なのだ
>これも嫌だ
>これはひどい!
>これはもっとひどい
433:
>>431
大塚美術館には陶板コピーだけど、ゴヤの部屋が再現されてるね
サトゥルヌスなど数点の黒いえは自分の部屋(別荘?)に飾ってたそうな
435:
>>433
別荘といえば別荘か、耳が聞こえなくなってから買った「聾者の家」だね。
しかもサトゥルヌスは食堂の壁に描いてあったんだぜ…
434:
ゴヤつながりで
二玄社『ロス・カプリチョス』
この中にさらっと出て来るギルレーの「パリ風の軽い夜食」
夕飯前に見てう・・っとなりました
ちなみにこの画集はなかなかオススメです
436:
>>434
>「パリ風の軽い夜食」
>夕飯前に見てう・・っとなりました
その絵気になる…
439:
>>436 名前を英語表記で探したらあった。これじゃないかな。
インドネシアだったか、悪魔崇拝してた父親が発狂?してわが子の顔を喰ってしまうという
事件の写真、まさにサトゥルヌスそのものって感じでゾッとした。
カニバリズムといえば、ダリの絵でのっぺらぼうの人物二人がお互いの顔を
喰らい合ってる絵(題名失念)も不気味だったな
442:
>>439 ありがとう!
これはキツイ絵だね
454:
この絵は結構怖い
細かい
神田日勝
455:
神田日勝だと描きかけの馬の方が怖いな。
456:
後ろ足がない奴だよね
あれ見るとそわそわしちゃう
さっきのと似た感じで
これも細かい
篠田教夫
487:
ベクシンスキーが好きなんだけど、この人と似たようなジャンル?の画家さんはいますか?
491:
>>487
思いつくのはアルフレード・クービンとウェイン・バーロウかな
クービンはべクシンスキーに比べると思いっきり素朴だけど、テイストは似通ってる部分があると思う
バーロウは本来はSF系のイラストレーターで、最近は映画のコンセプトデザインなんかも手掛けてる
彼岸的な異世界描写はベクシンスキー好きにも受けるのでは
http://www.cgchannel.com/2010/07/into-hell-with-wayne-barlowe/
期待に添えなかったらゴメンナサイ
492:
>>491
これは素敵な人を教えてもらった。
ありがとうございます。
508:
>>491
遅くなりました
教えて頂いてありがとうございます
素敵な人達だ
511:
yoavbという人のmad womanという絵。なんかにらめっこすると不気味だ。
543:
>>511
なんか嫌だと思ったら 目だけがリアルなんだな… 他の部分は稚拙なのに
546:
>>511
ビリーミリガンかノーカントリーの殺し屋に似てる
515:
絵が怖い
KIZUNA - Valerio Berruti & Ryuichi Sakamoto
516:
ベクシンスキーの画集ってその辺の本屋さんじゃ売ってないんだろうか
探しても全然見かけない…
524:
>>516
新美のついでに寄った六本木の書店で3?4種あった
流行ってんの?
517:
amazonが充実してるよ
531:
534:
http://www.linesandcolors.com/2005/11/23/a-week-of-kindness-max-ernst/
だれか教えて英語の人。
535:
素晴らしいダダイストでありシュルレアリストのマックス・アーンストは
マグリットやダリなどの有名な画家たちに埋もれてしまうことがあるが、
彼はシュルレアリスムの設立者の一員であり、
シュルレアリストに対するもっとも強いイメージの一部を作った人間でもある。
彼の傑作の一部は絵ではなくコラージュ小説である。
雑誌やカタログに刻まれた彼のイラストレーションを苦労して切り取り
主要なイメージの一つのシリーズに集めた。
その結果、当惑するシュルレアリストの絵物語(敢えて言えば)グラフィック・ノベルが見えてきた
タイトルは"優しさの一週間"(A week of kindness)
飽きた
スレチ
536:
>>535
テンキュー!
慈善週間または七大元素か。コラージュ小説のイラストなわけね。
544:
江戸時代初期の光景。
今のM区M田3丁目のM田ツインビル西館のちょうど裏あたり。
風景は少し違うかも知れないが、雰囲気は似ていると思われる。
複数ある文献に忠実に描いているので。
同ビル敷地内には慰霊碑もあります。今は整備されて緑道スペースみたいになってますね。
549:
>>544
これは向こうに縛られてるのはなんだ・・?
551:
>>549
http://www.pauline.or.jp/kirishitanland/20080508_fudanotuji.php
558:
ナミビア、ナミブ・ナウクルフト国立公園で撮られた写真(絵画ではない)
http://naglly.com/archives/2011/05/namib-naukluft-park.php
560:
>>558
加工もなし?
562:
>>558
本当??w て感じ
塗りつぶしたような一面のオレンジは何?空?
宝石みたいな金色は何?
573:
>>558
何回見ても絵に見えてしまう、行ってみたいなぁ
599:
>>558
遅レスだけど、外人さんの解説図が良かった
現地へ行ってみたいなあ
http://imgur.com/G6CmF
559:
写真とな!?すげー!!
561:
これはすごい。拡大してみれば確かに木は写真にみえる
しかし背景は・・まるで絵画
565:
アルノルト・ベックリン
ヒットラーはこの絵を買い求め、死ぬまで10年近くオフィスに飾ってあったそうだ。
フロイトやレーニンもこの絵のコピーを飾っていたという。
20世紀前半の歴史に名を残したような人達を魅了した絵ということだね。
568:
>>565
日本だったら木の奥に神社がありそうだ。
577:
ベックリンの「死の島」は5種類あって、最初の2作は未亡人に頼まれたバージョン。
3作目が>>565のヒットラーが所有してたバージョン。
4作目は焼失したらしい。写真は残ってるけど。
5作目は美術館に依頼されて描いたもの。
別に連作ではないんだけど、白い服の人が5作目では島に上がろうとしているのがなんか怖い。
4作目は3作目とあまり変わらない。1,2作目は3以降に比べると習作っぽい。
3作目
5作目
598:
>>577
白い人の前にある箱って棺桶?
ボートの後ろにもう一人乗ってるように見える
580:
>>565
ああこれは魅了されるなあ・・・なんだろう、不思議な魅力。
このボートは棺おけ、白装束の人物は死の島への渡し守カロンらしい
同じ作者のコレ↓も不気味な雰囲気
「死の島」と対照的な「生の島」って作品もあるんだね。こちらは楽園の雰囲気。興味深い。
581:
生の島いいね 楽園って感じで
582:
おおこれも素敵だ。白鳥がw
なんつーか島っつてもほんとに小さな島、
箱庭的要素が凝縮された世界なのなw
583:
箱庭的要素・・それかも。死の島にも小さな町が凝縮されたような魅力があるね
602:
Craig Tracyという人のボディペインティング。
一瞬水の中にいるかのように見える不思議な作品だ。
611:
john atkinson grimshaw
怖いというんじゃないけど、雨、霧、光のイメージを上手く使った画家で、ある種の幻想的な雰囲気がある。
画集から想像するに、実際の作品はネットで見るほど鮮やかではないと思うけど。
19世紀のゴシック・怪奇小説的世界が好きな人にはおすすめかもしれない。
612:
>>611
いいね
物語を感じる
613:
>>611
おおいいね 一枚目とか最後のとか、映画のシーンみたいだ
615:
>>611
これも保存しました
最近は名画を紹介するスレっぽくなってるw好みの絵が多い。
619:
>>611 
いい絵だな
上の方にあった「見捨てられた街」みたいな雰囲気がある
こっちは「見捨てられた街」と違って人も書いてあるのに何故か静寂を感じる
620:
Alex Colville
死に魅せられているようにみえる
621:
>>620
目前の死を予兆させるもの、て言うんでしょうか
静謐さや安穏といった死の世界への憧れは感じませんな
破壊衝動そのものというか
見ている側は不吉におののき、
作者としては生の脆さ、世界が一瞬で壊れる数秒前の張りつめた空気が好きなのかな、と
623:
この絵なんだろう。拡大しないとちょっとわかりにくいが。
642:
Mariusz Lewandowski
この人は相当ベクシンスキーに影響されているようだ。
これなど>>623と同じだ。
この人のプロフィールや評価が良く分からない。
同姓同名のポーランドのサッカー選手が出てくるばかりで、せめて作品の制作年が分かればいいのだが。
もしかしたらベクシンスキーのパロディ画家という位置づけなのだろうか。
624:
ベクシンさんじゃね?
625:
うん、ベクシンさん。
タイトルと言うかタイトルないんだけどベクシンさんだよ。
626:
ベクシンさんの絵には全てタイトルついてないんじゃなかったっけ
627:
そんな有名どころだったか、サンクス。
ベクシンさんってきれいな風景画も描けたのか
630:
自殺をモチーフにした絵
633:
ベクシンさんのCG作品ってどれ?見た事ないかも…
ベクシンさんといえばミイラみたいな人達が重なって抱き合ってるあの絵を見ると訳もなく泣きたくなる
636:
>>633
ベクシンスキー CG
で画像検索すると見られるよ。
青空と雲の前にT字型の塔がある絵なんか自分はぞくぞくする。
635:
Tullio Crali
軍のパイロットだった人らしい。飛び降りるパラシュート部隊の兵士。
あまり見ることはない構図なので、絵にすると不思議な感覚がある。
Adrian Ghenie
ちょっとフランシス・ベーコンの世界に似ている気がする。
3枚目の天井?に張りついている将校みたいな人物は何を示唆しているのだろうか。
638:
>>635
三枚目こええw
天井に張り付くとか、ちょっと日本的なホラーというか。
640:
怖いというのとはちょっと違うかも知れんが好き
641:
>>640
でっかい魚の影が怖い・・・・
同じ作者さんの作品群がなかなかいいね
同じサイトのこれもなかなか
643:
これはきれいなベクシンスキ
644:
どちらかっちゅうとヘビメタのジャケット
661:
しし座流星群。昔の人はこの世の終わりがやって来たと思ったそうだ。
1833年
1913年
現代
664:
>>661
何気に書き込み時間すげえ
662:
五十年前くらいのハレー彗星だって
訪れるときには呼吸が出来なくなるとかいうデマが流れて
大真面目にバケツの水で息止める練習をする日本人いたし
白黒映像で見たよ
大変だったんだな
667:
Joy Garnett
672:
Eskil Ronningsbakken(パフォーマンスアーティスト)
673:
>>672
おおお見てるだけでヘタりこむわ…
グロは平気だけどこれはダメだ。今すぐ全力で止めさせたい。
674:
>>672
やっぱり高いところから落ちたら途中で気を失いそうだな
699:
鶴岡政男の重い手ってすごく変な絵だねー
700:
>>699
そうそう、全てが変な絵なんだよな
701:
「重い手」これか 
ぱっと見ると、圧し掛かってくるでっかい手を支える人の図かなと思ったけど
よく見たらどことどこが繋がってるのかと混乱する
703:
>>701
これ美術の教科書に載ってた懐かしい
704:
>>701
siren2の後半こんな感じのがよくうろついてたな
707:
幽霊画
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kokorosha/20060831/20060831222415.jp
712:
>>707の一番下リンク修正
714:
>>712
コレは、面白い
708:
幽霊画 その2
709:
幽霊画 その3
711:
西洋の幽霊画も
花嫁姿の幽霊に向かって「しゃべってくれ!」と呼びかける男
幽霊画って西洋にはあまりないのかな
幽霊じゃなくて妖怪だけど河鍋暁斎の「巨大化け猫」かわええw
お好きな色に塗ってください
718:
>>711の上から3番目、普通に怖くないかww?なんだこの状況
イヤすぎる
713:
幽霊画、怖くて開けない・・・
722:
ヴェルコビッツって人の事
もっと詳しく教えてください!
お願いします
ググっても分からなかった
723:
>>722
内容:
http://www.google.co.jp/images?q=velickovic&hl=ja&prmd=ivns&source=lnms&tbs=isch:1&ei=El5ZTYmSGIewcfSpjMEM&sa=X&oi=mode_link&ct=mode&cd=2&ved=0CA4Q_AUoAQ&biw=1920&bih=955
正確にはフランス生まれじゃないみたいだけど、結構ヨーロッパでは有名だよ
フランスの古本屋で画集を買った
753:
>>723
ありがとうございます
724:
Velickovic
だから、ヴェルコビックかな?
いずれにしても、カタカナ表記しずらい人ですねw
415:
この人、妹そっくりで他人とは思えん
「わが子を食らうサトゥルヌス」は後世に修正が施されていて
オリジナルはサトゥルヌスの股間に勃起した男根が描かれていたそうな。
41

続き・詳細・画像をみる


ハゲが嫌で思い切ってスキンにした父。

【画像】市川海老蔵さん、目立ちすぎですwwwwww

親戚のような付き合いをしている一人暮らしのおじさんがいたんだけど、その人の過去が衝撃的すぎた

スポーツマンの画像で笑ったら死亡

お前らが引きずってる後悔教えて

【社会】外国人の食文化「ウサギは食べる。日本人はウサギをペットとしてしか考えて無い」「もやしを生で食べるのはアメリカでは普通」

back 削除依頼&連絡先