海未「もしかして私はモテ期なのでは…?」back

海未「もしかして私はモテ期なのでは…?」


続き・詳細・画像をみる

1:
海未「穂乃果達とμ'sとしてスクールアイドルをはじめてから」
海未「ファンらしき人々から写真を撮られますし」
海未「なにより穂乃果も『海未ちゃん大好き!』と抱きつく回数が増えた気がします」
海未「フヒッ」
海未「ことりだって私の歌詞を書かせるために懇願しました。これはもうヤれるのでは…?」
海未「デュフッ」
ラブライブ!μ’s広報部~にこりんぱな~Vol.2
----------------------------------------------------------------------------
2:
俺も愛してる
5:
海未「真姫に至ってはμ'sの曲を作るのを決めたのは私の歌詞を読んだから」
海未「お○んこビショビショになったのでしょう」
海未「絵里だって私の説得でコーチを引き受けて最終的に加入」
海未「惚れられてますね」
海未「よりどりみどりで困ってしまいますフヒッ」
9:
海未「あ、もうこんな時間ですね。明日に備えて寝なくてはなりません」
海未「私がモテると気づいてしまったからにはどう皆と接していいか…Zzz」
翌日
海未「今日はいつもより長く鑑の前にたってしまいました」テクテク
海未「さすがにこの時間には穂乃果も…ってことりしかいないじゃないですか!」
ことり「あっ、海未ちゃんおはよう!」
海未「おはようございます、ことり」
10:
海未「穂乃果は?」
ことり「まだみたい…アハハ」
海未「そうですか」
ことり「…」
海未「…」
ことり「…」
海未(心なしかことりがソワソワしている気がします。やはり私と二人きりなのが緊張するのでしょうか)
13:
海未(やはり、私が気になるのでしょう。ここはノブレスオブリージュ、私が話題を振らなくては)
海未「さいk」ことり「あのっ!」
海未「」
ことり「あっ、ごめんね海未ちゃん。なにか話したいことあった?」
15:
海未「い、いえ大したことじゃありません…ことりからどうぞ」
ことり「あのね、ことり、最近胸が痛いの」
海未(こ・れ・は!)
ことり「でもそれは病気じゃないと思うんだ」
海未(おいおい子猫ちゃん、朝っぱらから発情期ですか?私はいっこうに構いませんが)
17:
ことり「すごくね、気になる人がいて」
海未(ことりなのに子猫ってか?HAHA)
ことり「昔から一緒にいるその人を見ると締め付けられるような感じになるの」
海未「それは…」
ことり「うん、ことりもわかってる」
ことり「これは『恋』、なんだろうなって…」
18:
なんだ俺のことか
19:
海未「なるほど…」
ことり「さっきもいったけど、昔はそんなことなかったの」
ことり「ずっと一緒にいたのに…女の子同士なのに…恋しちゃったみたいなの…」
ことり「海未ちゃん…やっぴり、ことり気持ち悪い娘なのかなぁ?」
海未「そんなことありません!」
24:
海未「例え世間の誰がなんと言おうと、私がことりを守って見せますよ!」
ことり「…ありがとね、海未ちゃん…」
海未(これはもう告白と受け取っていいのでしょう!ついに私もDT卒業まで秒読み!)
ことり「海未ちゃん、大好き!」チュン
海未(ほっぺにちゅーきたーーーー!)
28:
穂乃果「おはよー!ってあ!ことりちゃんと海未ちゃんがイチャイチャしてるー!」
海未「ほ、穂乃果!」ことり「ホノカチャン!」
穂乃果「穂乃果も海未ちゃんにチュー!」海未「ウホッ」
穂乃果「ことりちゃんにもチュー!」ことり「///」
30:
海未(これはハーレム行けるんじゃないでしょうか…?)
穂乃果「って、そんなことより学校遅れちゃうよ!」
海未「穂乃果が遅いのがいけないのですよ!ねぇことり?」
ことり「ホノカチャン…///」
穂乃果「ことりちゃん?」
ことり「えっ、あーうんナンデモナイノヨナンデモ!ほらっ行こう!」ダッ
穂乃果「あっ、待ってよことりちゃーん!」
31:
やっぱりことほのじゃないですかやだー!
33:
このビッチがあああああ
35:
放課後部室
海未「ごきげんよう。絵里一人ですか」ガチャッ
絵里「海未、おはよう。あなたも一人じゃない」
海未「穂乃果とことりは掃除当番です。希や1年生は?」
絵里「カードが何か告げたらしいわ、花陽たちは飼育委員とかじゃないかしら?」
36:
海未(絵里と二人きり…)
絵里「…」
海未(絵里は私にホの字。ことりと付き合い始めたことは言わないほうがいいのでしょうか)
絵里「なんか顔がにやけてるけど大丈夫?」
39:
海未(しかしハーレムを目指すなら、納得してもらった上で付き合わなくてはなりません。さて、どうしたものでしょう…)
絵里「海未?」ツカツカ
海未「うーん」
絵里「海未、あなた大丈夫?」スッ
海未「うーん」
絵里「熱は…無いみたいね」コツン
海未(ハ ー レ ム い く っ き ゃ な い!)
41:
海未「絵里!」ガシツ
絵里「きゃっ!?何?いきなりつかんで!頭突きでもするき?」
海未「ムチュー」
絵里「ぎゃあああああああああああ」
43:
海未「えっ?」
絵里「何が『えっ?』よ!私のほうがよっほど『えっ?』よ!」
海未「嫌でしたか?」
絵里「いきなりマウストゥマウスされて喜ぶわけないでしょ!」
海未「ところで私、ことりと付き合うことにしました」
絵里「どうしちゃったの海未!?常識人なあなたは何処へ!?」
44:
海未「それでですね、絵里は私のこと好きですよね?」
絵里「ま、まぁ好きか嫌いかでいったら好きよ。亜里砂の憧れでもあるあなたを嫌うわけないわ」
海未(姉妹丼…そういうのもあるのか」
絵里「前半なんていった?」
45:
うみえりきたあああ
46:
いや、きてないだろこれwww
49:
海未「単刀直入に言うと、絵里、あなたと付き合ってあげても良いですよ」
絵里「どっからきたの、その自信は…?」
海未「あなたはμ's加入前、私にココロ動かされ、μ'sと共にあることを決めた」
海未「つまり、私が好きなんですね?」
絵里「(絶句)」
52:
海未「しかし、ことりと付き合っているのを隠してあなたの思いに答えるのは不誠実です」
海未「だからこそ、真実を伝えた上でならあなたと付き合っても構わない、と」
絵里「」
54:
絵里「…ねぇ、海未」
海未「なんですか絵里?うみみのここ、あいてますよ?」
絵里「初めての彼女ができて舞い上がる気持ちもわかるけど、もっと回りも見なきゃダメよ」
絵里「例えば、私がその誘いに乗ったならことりはどう思うか考えた?」
海未「あっ…」
59:
絵里「きっと、悲しむと思うわ」
海未「…」
絵里「それに一人彼女ができたからって、あなたが皆から好意を持たれてると考えれるのは」
絵里「DTみたいで滑稽よ」
海未「」
63:
絵里「私はあなたを追ってμ'sに入ったわけじゃないわ」
絵里「学校存続のために何もできなかった私をやりたいことで何とかできるあなた『達』を追ったのよ」
海未「…」
絵里「特別にあなただけが好きなわけじゃないわ。ことり希にこ真姫凛花陽、それにほ、穂乃果///」
絵里「みんな大好きなのよ」
絵里「でも、嬉しかったわ。さっきのを告白ととらえていいのならね」
海未「…ごめんなさい、絵里」
64:
このえりちかもバカだった
65:
穂乃果のハーレムフラグは立ちまくってるな
66:
穂乃果ハーレムやんけ
http://www.amazon.co.jp/dp/B00HIALH3O/
67:
絵里「しかし、みんなに聞かれなくて良かったかもしれないわ」
海未「…」
絵里「遅いわね、皆」
海未「…」
69:
絵里「ちょっと希を探してくるわ、にこもついでにね」
海未「はい…」
絵里「それじゃ」ガチャッ
海未「…」
海未「フヒッ…」
真姫「コンニチワ」ガチャッ
70:
真姫「ヴェェッ!?ナッ、ナイテル?」
海未「フヒッ…フヒッ…」
真姫「ドウシタノヨ海未?ドコカイタイノ?」
海未「こっ、心がっ、心の臓がっ、痛いですっ」ヒック
真姫「救急車ヨンダホウガイイカシラ!?」
海未「いっ、いえっ、少しっ、したらっ、おちつきますからっ」ヒック
74:
フヒッてキモ笑してるのかと思った
75:
一部ディレクター(海未)'sカットが入った事情説明
真姫「要するにエリーに振られたってことね」
海未「はい…」
真姫「何を根拠にそんな馬鹿げた発想を…」
海未「絵里は私の意見によく同意してくれますし…」
真姫「…」
海未「ほかにも」
真姫「…」
海未「ほかには…」
真姫「…呆れた」
76:
真姫「意見が合うから好きってそれど」海未「反省してます」
真姫「今後、気を付けることね」
海未「はい…」
真姫「そもそも、海未の出す意見によく賛成してるのは絵里だけじゃないわ」
真姫「私だってよく賛成してる」
海未「えっ」
真姫「声に出してないだけで」
海未(これがデレ期か…)
79:
海未「真姫」
真姫「な、何よ」
海未「私を慰めてくれませんか?」
真姫「ナニソレ!イミワカンナイ!」
海未「傷心の私は歌詞をかけなくなってしまうかもしれませんよ」
真姫「しょっ、しょうがないわね…」ギュッ
80:
ダメだこいつww
84:
真姫「こ、これでいい?」ナデナデ
海未「真姫…ありがとうございます…」
真姫「…」ナデナデ
海未「…」
真姫「…」ナデナデ
海未「…」
87:
海未「真姫は…」
真姫「何よ」ナデナデ
海未「私の歌詞、好きですか?」
真姫「まっ、まあまあね」ナデナデ
海未「ふふっ、好きなんですね」
真姫「なんでそうなるのよ!」ナデナデ
海未「真姫が初めてμ'sの曲作ってくれたのは…」
90:
海未「自惚れかもしれないですが、私の歌詞を読んで決めたのではと」
真姫「…」ナデナデ
海未「…」
真姫「それもあるかもしれないわ」ナデナデ
海未「…」
真姫「もういいかしら」ナデナデ
海未「それと、一度、リーダーを決める話で私を推薦してくれましたね…」
真姫「…」ナデナデ
92:
海未「それは、私を好いてのことでしょうか」
真姫「これ以上の恋バナはドクターストップよ」スッ
海未「真姫!」
真姫「海未は…自分の心を軽くみすぎてる」
海未「そんなことありません…」
真姫「じゃあ、その答えを聞いてどうするの?」
海未「結婚を前提におつきあ 真姫「ふざけないで」
94:
真姫「海未らしくないわ」
海未「…」
真姫「そんなふうに後先考えないのは、まるで…」
海未「…」
真姫「今日は帰るわ。練習も休む。今日のことはきかなかったことにするわ」ガチャッ
97:
海未「真姫…私は…」
海未「ことりに…ことりに…会いたい…」スクッ
海未「私を好きだと言ってくれたことりならこんな私でもきっと…」
りんぱな「おはよう(ございます)にゃー」ガチャッ
凛「って、海未ちゃん?」
海未「すみません、保健室に行ってきまいります」
凛「ついていくにゃー!」花陽「わ、わたしも」
海未「大丈夫です、私、一人で」ガチャッ
99:
2年生教室前
海未「まだ掃除が終わってないとしたら教室にいるはず…ん、やけに静かですね?」
海未「ことり、いま…?」サッ
海未(っ?なんで私は教室を前に入らず身を隠したのでしょう…)
海未(確かに見えたのはことりと穂乃果の姿…)
海未(他の人は居ないようですし談笑してるわけでもない…)
ことり「あっ!あのっ!ホノカチャン!」
100:
穂乃果「ことりちゃん、話す気になった??」
ことり「うっ、うんっ!聞いてほしい話があるの!」
穂乃果「うんうん、ことりちゃんも言いたいことを言い出せるようになってよかった。前みたいに留学!何てことになったら嫌だからね」
海未(聞いてほしい話…私とことりが付き合い始めたという話でしょうか)
101:
ことり「ことりね、好きな人がいるの」
海未(やっぱり穂乃果には伝えるべきですよね。朝は穂乃果が来てからどたばたしてたので報告できませんでしたが)
102:
穂乃果「うんうん、好きな人が…って、え!?ことりちゃん好きな人がいるの!?」
海未(オウム返しとは…)
ことり「昔っからずっとずっと一緒で」
ことり「その人とはこれからもずっと一緒にいたいの」
穂乃果「うん」
ことり「それでね、ずっと一緒にいるためにどうすればいいか考えたら、付き合っちゃうのが一番だって思うんだ」
106:
海未(ことり…私のことをそんなに…ハーレムとか馬鹿げたことを考えていた私が馬鹿でした…)
穂乃果「それはいいアイデアだねっ!」
ことり「でも、その人は鈍感で私の気持ちに気づいてくれそうにないの」
穂乃果「それは困ったね…ちゃんと好きっていった?」
海未(気づいてますよ、ことり。今朝聞きましたよその言葉は)
ことり「そ、それが…まだ…」
海未(なん…だと…!?)
107:
友情ノーチェンジなるか
108:
いいよいいよこの流れ
109:
穂乃果「ダメだよ!ことりちゃん!言葉にしなきゃわかんないよ!」
穂乃果「穂乃果だってきっと分からないと思う!好きだって言ってくれなきゃ!」
ことり「うん、だから言うね!」
ことり「ホノカチャンを愛してます!女の子として!付き合ってください!」
海未(OH…)
112:
穂乃果「えっ?」
ことり「ホノカチャンを愛してます!結婚を前提におつきあいしてください!」
海未「ちょっと待ってください!」
ほのこと「海未ちゃん!?」
海未「…」ツカツカ
ことり「う、海未ちゃん…?」
パシン
海未「最低です…」
海未「あなたは最低です!」
119:
海未「第一あなたは私と付き合っているではないですか?なのに私以外の女としゃべるのですか?」
ことり「えっ、なにそれ怖い」
穂乃果「本当なの?ことりちゃん?」
ことり「ことり、知らないよ!」
海未「しらを切らないでください。今朝穂乃果が来る前に私に大好きだといってキスしてきたじゃないですか」
124:
ことり「あ、あれは友達として大好きだって意味で…それにほっぺにチューくらいホノカチャンだってやってくれるよ!」
穂乃果「やっちゃいけないの?」
海未「そんなことありませんが…人の彼女である以上、紛らわしい行動は控えるべきです」
海未(論点すり替えで私とことりが付き合ってないことに気づかせなければ行ける)
126:
絵里「そうね、全くもって海未の言う通りだわ」
海未「しまった!」
ことほの「絵里ちゃん!」
絵里「そう、『人の彼女である以上、紛らわしい行動は控えるべき』そうね?海未」
海未「へ、へえまは、はひ、そのようなことをいったような言ってないような」
127:
絵里「海未、希に占って真実を知ってしまった私は貴女を打ち砕かなくてはならないわ」
海未「」
絵里「ことり、知ってるかしら?」
128:
絵里「海未はさっき部室で私を口説いてきたわ。それは『仮』にも『彼女であるもの』のする行動かしら?」
ことり「違います!」
絵里「ならば、当然どうすればいいかわかるわよね?」
ことり「海未ちゃん、浮気したんだから別れてもらうから!」
絵里「そう、それでいいの」
海未「くっ、なぁっ、かぁっ!?」
129:
絵里「さぁ、これでことりはフリー、穂乃果に愛を伝えなさい!」
ことり「ホノカチャン愛してる!」
穂乃果「…」
海未「ってなんでですかー!確かに私も悪いです!ハーレム作ろうとしたとか悪いことしました!」
海未「それでもおもわせぶりな態度とったことりも悪いじゃないですか!」
130:
海未「馴れ馴れしく心の内側まで入ってきて期待させるだけして」
海未「そのくせ『そんなつもりじゃなかった』って言う!」
海未「私が悪いのでしょうか!?」
海未「うわああああああああああああああ」
こうして、海未ハーレム計画は頓挫し、穂乃果はことりへの返事を保留し、この事件は幕を閉じた
132:
帰り道
海未「…」
穂乃果「…」
ことり「…」
穂乃果「穂乃果は難しいことわからないけど、好きな人が一人だけっていうのは寂しいことなんじゃないかなって思う」
ことり「…」
海未「…」
134:
お前達が俺の翼だ!
136:
穂乃果「海未ちゃんは寂しかったんじゃないかな」
海未「…」
ことり「…」
穂乃果「だから…」
穂乃果「ゴメンね!ことりちゃん!ずっと一緒にいる約束は守るよ!でも」
穂乃果「ことりちゃんだけを愛すことは出来ない!」
穂乃果「穂乃果は海未ちゃんも愛してるから!」
海未「!?」
ことり「ホノカチャン…」
141:
海未「こんな私でも、愛してくれるのですか?」
穂乃果「もちろん!これからもずーっと一緒にいるんだから!」
海未「ほ、穂乃果ああああああああああ」ダキックンカクンカスーハースーハーカクカクビクンビクン
穂乃果「ことりちゃんもずーっと一緒だよ!」
ことり「ホノカチャン///」ジュンジュワー
こうして3人は末長く幸せな一生を暮らしました
fin
149:
りんぱな「おいしー」イチャイチャ
のぞにこ「わつしわっしわー」イチャイチャ
ことほのうみ「キャッキャ」イチャイチャ
絵里「これでよかったのよ…これで」
真姫「なんて言って、エリー寂しいんじゃないの?」
絵里「良いのよ、私はμ'sのみんなが好きなんだから。真姫こそ、海未のこと諦めて良かったの?」
真姫「べっ、べつに…あの時の海未は私の好きな海未じゃなかっただけよ」
絵里「強がっちゃって…今度妹紹介するわ、趣味が合うかもね恋愛的な意味で」
真姫「余計なお世話よ!」
絵里「はーい、じゃ練習始めるわよー!」
八人「はーい!」
fin
143:
最後のことうみwwwwww
おつです
145:
終わったwww
乙おつ
15

続き・詳細・画像をみる


エミー賞受賞式を主観で見よう。GoProが自らGoProった映像を公開!

【画像】 「柴犬のほっぺはよく伸びる」 → 本当かどうか試してみたら可愛すぎたwwwwwwwww

昨日ブラック会社退職したんだけど、早速今日電話かかってきたwwwwwwwww

【悲報】テレ朝のドラマで使われた家がヤバイ場所だった件!!!! (画像あり)

いろんなところで睡魔に襲われる!!眠りに落ちるパグの子犬たちがめちゃくちゃカワイイ!!

【SKE48】髪7の新メンバー決定!須田亜香里が脱退し、熊崎晴香と野口由芽の2人が選ばれる

back 削除依頼&連絡先