八幡「よく見ると平塚先生って美人だよな…」 静「!?」back

八幡「よく見ると平塚先生って美人だよな…」 静「!?」


続き・詳細・画像をみる

6:
雪ノ下「何を言っているのかしら比企谷くん?確かに平塚先生はお綺麗だけれど、あなたのような腐った目を通して綺麗だと思われても、そんなに嬉しくは無いと思うのだけれど」
結衣「そそそ、そーだよヒッキー!」
八幡「俺は他人を褒めることすら許されないのか……。っていうかな、男子高校生ならあの先生が綺麗だとか普通に考えてるからな?」
静「」ドキドキ
9:
結衣「ヒッキーエロい!キモイ!!」
八幡「キモくねーよ。女子高生がイケメンで騒いでるのと何も変わんねーだろうが」
雪ノ下「ええ、確かに似てはいるけれど、比企谷くんが言っている、ということの方が問題なのよ」
静「ど、どうしよう……」
11:
八幡「お前ら、俺が嫌いなら嫌いって言えよな。いくら俺でも傷ついちゃうぞ」
結衣「えっ!?い、いやあ、別にそこまで言っている訳じゃないんだけど……」
雪ノ下「いいのよ由比ヶ浜さん。この男に一度しっかりと思い知らせてやる必要があるわ」
静「しまった、部室に入るタイミングを逸してしまったぞ……」
12:
結衣「でもさ、平塚先生って私たちから見ても美人だよね」
雪ノ下「ええ、腐った目と同じ結論に至るのは誠に遺憾だけど、私もそう思うわ」
八幡「あのなあ……。先生も、中身さえ改善すればすぐに結婚出来るだろうに」
静「えっ!?」
13:
結衣「も、もしかして、先生ってヒッキーのタイプだったりするの!?」
雪ノ下「確かに、先生の身の安全を守るためには必要な情報よね」
八幡「えっ?ま、まあ、ネタは通じるし、なんやかんや俺らのことを考えてくれてるし、専業主夫さえ許してくればなあ……」
静「許すって言ったら、結婚してくれるのか!?」
18:
結衣「ダメだよヒッキー!ちゃんと働かないと、私も困るって言うか、その……」ゴニョゴニョ
雪ノ下「そうよ。それに、専業主夫を許してくれるだけで好きになられても、先生も困ると思うのだけれど」
八幡「確かにそうだよなあ……。でも、専業主夫は譲れないぞ」
静「許す、許すから!!」
21:
結衣「じゃ、じゃあさ!私が産休で休んでる間だけでも働いてくれない……?」
八幡「なんでお前の産休と俺が関係あるんだよ。でもまあ、それくらいなら考えなくもないな。小町に似て可愛い娘が出来るのは俺も吝かではないし」
雪ノ下「あなたって本当に小町さん中心の考えをしているのね……」
静「ああ、今すぐ比企谷に結婚しようって言いたい!!」
23:
雪ノ下「でも、それだけ譲歩したらあなたの結婚相手も見つかるかもしれないわね。0.001%くらいは上がったんじゃないかしら?」
結衣「じゃ、じゃあさ、そういう基準で見たら、結婚したい!みたいな人は居ないの?」
八幡「うーん、難しいなあ……」
静「信じているぞ、比企谷、いや、八幡!!」
25:
結衣「どう?どうなのヒッキー!?」
雪ノ下「そうよ、比企谷くん。私にとっては全く有益な情報じゃないのけれど、安心感を得るために仕方なく聞いてあげるわ」
八幡「心配しなくても、雪ノ下とはそういう関係にはならないから安心しろ」
雪ノ下「」
静「よし、1人撃沈!!」
28:
雪ノ下「な、何を言っているのかしら?この安心感と言うのは、あなたに狙われないという安心なのだけれど」
八幡「へいへい、自意識過剰で申し訳ありませんでしたねーっと」
結衣「じゃあさ、私は!?」
八幡「うーん、雪ノ下よりは、アリかな」
静「死ねや糞ビッチがあああああああああ!!!!!!!!」
30:
雪ノ下「比企谷くん、由比ヶ浜さんに手を出したら殺すわよ?」
八幡「あのなあ、他人の好き嫌いだけでそこまで言うの止めた方が良いぞ?そういう所が、お前が無い理由の一つだし」
結衣「今日のヒッキー、辛辣だね……。んで、私はどれくらいアリなの!?!?」
静「そうだ、由比ヶ浜の何が良いというんだ」
32:
八幡「由比ヶ浜が辛辣という言葉を知っているのが驚きなんだが……。そうだな、雪ノ下に比べて俺に優しいからかな。馬鹿でビッチだけど」
結衣「ビッチってゆーなし!それに、馬鹿にし過ぎだから!」
雪ノ下「比企谷くんにそこまで言われるなんて、屈辱だわ……」
静「私も優しいから、セーフだな、よしっ!!」
34:
八幡「まあ、あくまで由比ヶ浜に比べたら、ってだけだからな。戸塚や小町と比べたら米粒みたいなもんだ」
結衣「ヒッキーキモイ!……あ、ってもしかしてこういうセリフも嫌だったりするの……?」
八幡「まあな、理由があるなら良いが、いつも言われるとちょっとな」
結衣「じゃあ、今度から気を付けるね!」
雪ノ下「わ、私も少し気を付けようかしら……」
八幡「だったら、言われる前にそうしてくれよな……」
静「私も殴るの控えようかなあ……」
36:
結衣「ヒッキーってさ、ツンデレ?さんに好かれても全く気が付かなさそうだね!」
八幡「まあな。言葉は照れ隠しだから、本心はちゃんと察してよ!とか言われてもわかんねーから」
雪ノ下「確かに。言葉ですら不安定なのに、心なんて分かるわけないわよね」
八幡「行動から察しようとしても、いちいち反応しないで欲しいって言われたら、どうしたらいいんだよ……」
静「それって、体の良い断りじゃないのか?」
37:
結衣「何の話?」
八幡「いや、こっちの話だ。脱線してすまん。」
雪ノ下「相性って大事だと思うわ。まあ、比企谷くんの場合は、相性が良い人なんて居ないとおも――、ハッ!!」
八幡「お前の罵倒癖は簡単には直らないらしいな……」
雪ノ下「ご、ごめんなさい……。これからは、ちゃんと謝るわ」
八幡「そうだよ。お前は愛想さえ良ければもっと友達が増えると思うぞ?俺と違って」
雪ノ下「そ、そうかしら?でも、今のままでも、私は、その……」ゴニョゴニョ
静「素直なデレ雪ノ下か、勝てる気せーへん」
38:
結衣「素直なゆきのん、可愛い……。ゆっきのーん!!」ガバッ
雪ノ下「ちょ、ちょっと、由比ヶ浜さん、危ないわよ……。でも、ありがとう」ナデナデ
八幡「おいおい、俺を差し置いてゆるゆりしないでくれよ」
結衣「ヒッキーも混ざる?なーんてね!」
雪ノ下「比企谷くんと抱き合うくらいなら、生ゴミにダイブした方がマシだわ――、って、また言ってしまったわ……」
八幡(いちいち落ち込む雪ノ下、かわえええええええええええええ)
静「来いよ八幡!女子高生なんて捨てて、私に抱き付いてこいっ!!」
39:
結衣「あ、ゴメン、わたしちょっと……」
雪ノ下「ああ、はい。行ってらっしゃい」
八幡「?ああ、行って来い」
静(ヤバい、こっちに来る――!!)
ガラガラッ
結衣「あっ」
静「あっ」
雪ノ下「平塚先生……」
八幡「いつから聞いていたんですか?」
静「いやあ、あはは……」
40:
静「なあ比企谷、私は、その、良いぞ?」
八幡「良いぞ?って何ですか、一体」
結衣「わ、私も良いからねっ!ヒッキー!」
八幡「いや、だから」
雪ノ下「わ、私もOKよ」
八幡「はあ、まあ、その、なんだ、あ、ありがとう……」ボソッ
43:
結衣「ほんと素直じゃないんだからー」
雪ノ下「あなたも、私に言う前に自分を何とかしたらどうなのかしら?」
静「でも、それで比企谷がモテるようになっても……」
八幡「そんな心配しなくても大丈夫ですよ……。ところで由比ヶ浜、何か用事だったんじゃないのか?」
結衣「あっ」
      終わり
4

続き・詳細・画像をみる


P「アイドルどもにサプライズプレゼントをくれてやる」

【声優】豊崎愛生←彼氏バレで一気に仕事が減る

上司がLINEの首相官邸アカウントと闘ってるんだが・・・・・・・

煽り抜きで「うわぁ、毎日欠かさず3食してえ...」って思う食べ物

『のうりん』 第2話・・・パロネタ多すぎぃぃぃぃぃ! EDも素晴らしかったな

【凄すぎワロタw】 おおすみの適切な回避行動、次々ネットにうp中 有志の海の男達の手で カスゴミ捏造不発w

back 削除依頼&連絡先