P「雪歩の体に書初めする」back

P「雪歩の体に書初めする」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「・・・・・うむ、我ながらいい出来だ」
雪歩「あ、プロデューサー。もしかして書初めですか?」
P「お、雪歩か。まぁな、やっぱ新年といったらこれだろ」
雪歩「え?っと、これは・・『飛翔』ですね?」
P「うむ、お前達にはもっと高いところまで登りつめてほしいからな。まさに羽ばたくように」
「そして俺はそれを一人で下から見上げるんだ・・・」
雪歩「プロデューサー・・・」
P「・・・パンツ見えないかなーってな」
雪歩「もうっ!プロデューサーったら・・・」
P「あはははっ」
雪歩「・・・でも、そんなプロデューサーだからみんな慕ってるんだよなぁ」
P「ん、そうか?」
雪歩「そうですよ?もしもプロデューサーが頑固ですぐに怒鳴るような人だったら私、一生こうやってお話することはなかったと思います」
P「い、一生・・・か」
2:
雪歩「・・・プロデューサー私も書初めしてもいいですか?」
P「お、やる?いいよ、なんて書くんだ?」
雪歩「書初めにするようなものじゃないんですけど・・アイドル達みんなの名前を書こうかなって」
P「みんなの名前を?」
雪歩「私は去年みんなに助けられてばかりだったのでありがとうの意味も込めて・・や、やっぱりおかしいですか・・?」
P「いや、おかしくないぞ。俺はいいと思うな」
雪歩「ほ、ほんとですか!私、みんなのおかげで少しずつ強くなってる気がしてて・・」
 
 「えへへ?よかったぁ・・・」
3:
P「・・・・・だが雪歩、ひとつ問題があるんだが・・・」
雪歩「えっ・・・なんですか?」
P「もう半紙がないんだ」
雪歩「そんな・・、じゃあできないんですか?」
P「ん?半紙がないんじゃどうにも・・・・」
雪歩「そ・・・そうですか・・」
P「・・・・・・・・・雪歩、ちょっとごめん」ツー
雪歩「ひゃっ、ひゃあ///プロデューサーいきなりなにするんですか!?」
P「いや、雪歩の肌ってすごいスベスベしてるなってさ。なにか使ってるのか?」
雪歩「と、特には・・・」
P「へーそれでこれか。すごいな」ツー
雪歩「プロデューサー//あまり触らないでください?・・」
P「あぁごめんごめん・・・・・・・ふむ」
雪歩「プロデューサー?」
P「雪歩、いい案が浮かんだんだけど・・」
雪歩「いい案・・・ですか?」
P「うん、雪歩の体にみんなの名前を書くんだ」
雪歩「・・・・・・えっ?」
P「こんなにもスベスベな雪歩の肌、立派に半紙の表の面・・いやそれ以上をめざせるだろう」
雪歩「いやいや目指さないですよぅ・・・」
P「でももうこれしか方法が・・・なんなら俺の体に書く?」
雪歩「それもちょっと・・・」
P「だろ?それに体を張って感謝を示すってのもいいんじゃないかな?」
雪歩「そ、そうですか?」
P「まぁひとつ問題があるとすれば書くのは俺しかいないわけだが・・いいよね?」
雪歩「まぁプロデューサーならまだ・・・・」
P「じゃあやろう。はい仰向けになって」
雪歩「うぅ?・・ホントにやるんですか?」
4:
雪歩「プロデューサー、とりあえず仰向けになりましたけど・・具体的にどこに書くんですか?」
P「ん?それは雪歩が決めることだぞ。これは悪魔で雪歩の書初めなんだから、俺は雪歩の代わりに書くだけに過ぎん」
雪歩「その時点でもう私の書初めじゃないような気がするんですけど・・」
P「ん?じゃあとりあえず亜美と真美から書こっか。どこに書く?」
雪歩「ど、どこって・・・・て、手のひらとか?」
P「よし手のひらだな。まっかせなさい」
雪歩「あ、はい。じゃ、じゃあお願いします・・」
P「おい筆ぇ!お前は幸せものだなぁ!」
雪歩「なんかプロデューサーすごい生き生きしてる・・・」
6:
P「じゃあいくぞ・・」
雪歩「・・・・・はい」
小さい雪歩の手のひらに筆をそっと近づける・・
雪歩「んっ・・」
P「お・・おぉ・・」
思ったとおり雪歩の肌、もとい手のひらはとても書初めに適していた・・すっごくすべすべ!
P「すごい・・・あっという間に書けてしまった・・」
雪歩「お、終わりましたか?プロデューサー・・・」
P「ほら見てみろ、なかなかうまいだろ」
雪歩「わ?プロデューサーやっぱり字がきれいですね」
P「そうだろそうだろ。で、どうだ?書初めされる感覚は」
雪歩「う?んちょっとくすぐったいだけで、そんな嫌じゃないかも・・」
P「お?そうか。じゃあどんどんやっていこう。次は響いこうか」
雪歩「でも、もう書くところなんて・・足の裏とか?」
P「はいはい足の裏ね、じゃあちょっと足持ち上げるぞ。よっと」
雪歩「ちょ、ちょっとプロデューサー!」
P「ん、どうした?」
雪歩「その位置だとみ、見え・・///」
P「あぁ大丈夫大丈夫、ほら今の俺、書初め中だから、煩悩なんてないから」
雪歩「本当かなぁ・・・」
P「ほんとほんと、ほら早く終わらせちゃうから。ほらサラサラーっと」
雪歩「っ!?ふひっ・・ふひゃひゃひゃ!ちょ、ちょっとプロデュ・・や、やめ」
P「あ、あまり動くなって、ずれるだろ」
雪歩「だ、だってこんなの・・・無理ですよぅ・・」
P「もう少し・・もう少しだから・・・はいしゅーりょー」
雪歩「はぁ、はぁ・・」
P「じゃあついでにもう片方にやよいも書いとこう」
雪歩「えっ!ま、待って・・。っ!?ふ・・ふひっ・・ふひゃひゃひゃ!」
P「はいおーわりっと」
雪歩「や、やっと終わった・・」
7:
P「雪歩、ふひゃひゃはどうかと思うぞ」
雪歩「すみません、足の裏をくすぐられなんて久しぶりで耐性が・・」
P「まぁいいや。そうだな・・雪歩はどこに誰の名前を書きたいってのはないのか?」
雪歩「そうですね・・私今まで自分の体に人の名前を書きたいなんて思ったことないので・・」
P「例えばこのアイドルと言えばここ!っとか」
雪歩「う?ん・・それじゃあ伊織ちゃんならでこ!・・とか?」
P「・・・・・雪歩、うまいな」
雪歩「あ、ありがとうございます」
P「じゃあおでこに伊織でいいんだな」
雪歩「はい、それで」
P「う?んでも・・・さすがにアイドルの顔を汚すってのは気が引けるな・・」
雪歩「・・・プロデューサー、遠慮なんてしないでください・・」
P「へっ?」
雪歩「私はこの書初めされるという経験で自分がもう一回り大きくなれると思ったんです・・・ついさっきですけど」
P「そ、そうか」
雪歩「普通体に書初めされるアイドルなんていないんじゃないかなって・・」
P「まぁそうだな。まず思いつきもしないだろうな」
雪歩「誰もやったことのない事を成し遂げた・・・それって大きな自信につながるんじゃないかなって・・・」
 「お、おかしいですか・・・?」
P「・・・いや、全然おかしくないぞ。・・・やっぱり雪歩は強くなったな」
雪歩「そ、そうかな・・え、えへへ」
P「わかった俺も雪歩の期待にこたえる。いけるところまでいってやる」
雪歩「はい・・私も頑張ってみます・・」
P「じゃあとりあえずおでこに伊織って書くぞ」
雪歩「ど、どうぞ・・」
雪歩は自分で前髪をたくし上げ、その小さなおでこを晒す・・
P「お、おじゃましま?す」
雪歩のおでこに墨をつけた筆を落とす・・
P「やっぱりすごいな・・とっても書きやすい」
雪歩「そ、そうですか。な、なんかうれしいなぁ」
雪歩は少し恥ずかしそうに笑っている・・
8:
P「よし、書き終わったぞ。どうする鏡で確認するか?」
雪歩「い、いえ全部終わってからにします・・」
P「そ、そうか・・じゃあ次は誰にする?」
雪歩「春香ちゃん・・・いつも元気ですよね。あの元気なところ私も見習いたいです」
P「春香かぁ・・。あの元気はいったいどこからくるんだろうな」
雪歩「・・・肝臓とかが強いんでしょうか」
P「肝臓・・・それは盲点だった」
雪歩「でもさすがに肝臓に書くってわけにはいきませんし・・」
P「ってことは・・」
雪歩「ここらへん・・ですか・・?」
雪歩はそう言いながらお腹の右上らへんを指す・・
雪歩「プロデューサー、やっちゃってください・・」
P「・・・・わかった」
雪歩はまたもや自分から服をたくし上げブラジャーが見えるか見えないかの所で止める・・
やばい・・雪歩のお腹すごく柔らかそう・・
P「雪歩、ちょっと触っていい?」
雪歩「だ、だめです絶対に!」
P「むぅ・・残念。じゃあ書くぞ」
雪歩「は、はい・・・・んっ//」
さすがにお腹は刺激が強いか・・・雪歩は小さく甘い声を漏らす・・
P「ん、ちょっと弾力があって書きにくいな・・」
雪歩「む、どういうことですか」
P「い、いや、なんでもない」
雪歩「これは最近クリスマスに正月と美味しいイベントが続いていたからであって普段は・・」
P「な、なんでもないって言ってるだろ・・」
雪歩「それならいいですけど」ジー
9:
P「よ、よし終わったぞ」
雪歩「じゃあ次はお腹の真ん中あたりに千早ちゃんの名前を・・」
P「千早だな。それにしても雪歩、もしかして慣れてきた?」
雪歩「えっ。・・・・あっ、確かにもう抵抗はなくなってきたかも・・」
P「そうか・・・じゃあ提案があるんだけど」
雪歩「提案ですか?」
P「今から筆は使わず俺の指に墨をつけて書きます」
雪歩「え!そ、そんなのだ、ダメ//」
P「雪歩ぉ!!」
雪歩「ひゃあ!」
P「プロデューサーとアイドルはぁ!信頼関係が大事であ?るぅ!・・はいリピート」
雪歩「ぷ、プロデューサーとアイドルは・・信頼関係が大事であ?るぅ・・」
P「雪歩・・なんで指で書かれるのがダメなんだい?」
雪歩「そ、それは・・・。男の人に体を触られるなんて・・」
P「雪歩・・俺はな、雪歩ともっと先のコミュニケーションがとりたいだけなんだ」
「これを乗り越えたら雪歩の男性が苦手ってのも多少は治ると思ってな」
雪歩「プロデューサーそこまで考えて・・」
P「それに触るってのはおかしいぞ。悪魔でもこれは書初め、やましい気持ちなんて・・・ね?」
雪歩「いや、ね?って言われても・・」
雪歩(でも確かに男の人に耐性がついたらアイドルとしてもっと大きくなれるかも・・・)
10:
雪歩「い、いいですよプロデューサー。指でやっちゃって・・・ください///」
P「雪歩・・・よくいった」
俺は人差し指にたっぷりと墨をつけ雪歩のお腹に触れる・・・
P(ふぁぁぁぁぁぁ・・・こ、これが雪歩のお腹・・)
P「や、柔らかい・・」プニプニ
雪歩「あの?プ、プロデューサー?」
P「あ、ごめんごめん。千早・・だったな。ち??は??やっと」
P(や、やばいな、あまりの柔らかさと気持ちよさに意識が飛ぶところだったぞ・・)
雪歩「プロデューサー大丈夫ですか?しばらくぼーっとしてましたけど・・」
P「えっ!あ、あぁあれは構成を考えてたんだ。どう書こうかなってな」
「その結果、千と早の間におへちょの穴を挟んでみました」
雪歩「あ、ほんとだ・・」
P(やばいな、自分から望んだことだがこのままでは理性がもたん・・残りはさっさと終わらせよう)
11:
P「さて、残りは真、貴音、あずささん、美希・・・か」
雪歩「プロデューサー・・次はあずささんと美希ちゃんと貴音さん、三人同じ場所に書いてもらっていいですか?」
P「お、いいぞ。どこに書いて欲しいんだ?脇の下か?」
P(この提案はありがたい・・3人一気に書いて早く終わらせよう)
雪歩「そ、それはえっと、お、お・・・??///」
P「お?・・・お膝か?それともお鼻かな?」
雪歩「・・・・お、お尻にお願いします!!」
P「・・・・お、お尻ぃぃぃぃぃ!?」
雪歩「は、はい!私ひそかにあの3人のナイスバディに憧れててそれで、それで・・」
P「お尻・・お尻・・・お尻・・」
雪歩「・・・・やっぱり嫌ですよね、私なんかのちんちくりんなお尻なんか・・」
P(い、いかん。このままじゃまた雪歩が自分に自信を持てなくなってしまう・・えぇい!)
P「雪歩・・お尻を出しなさい」
雪歩「えっ?」
P「お尻を・・出しなさいと言っているんだ」
雪歩「プロデューサー!」
P「言ったはずだ、雪歩の期待に答えると」
雪歩「は、はい!・・・・あ、あの向こう向いててください///」
P「あっ!す、すまん」
P(お腹まで触らせたのにやはり服を脱ぐのを見られるのは恥ずかしいか・・)
12:
雪歩「もういいですよ・・///」
P「そ、そうか」
・・振り向くとそこには真っ白な下着を着けた雪歩が立っていた・・
相当恥ずかしいのだろう。雪歩は下を向いたまま何もしゃべらない・・
俺も同じだった。緊張と謎の恥ずかしさからどうしていいやら・・
P(・・だめだな、雪歩がここまで勇気をふりしぼってるんだ。俺が覚悟を決めなくてどうする!)
P「よし、雪歩うつ伏せになってお尻をだすんだ。無理はするな。できるところまででいいからな」
俺は緊張してることを雪歩に悟られないよう指示を送る・・
雪歩「は、はぃ・・//」
雪歩は小さく返事をするとお尻を少し突き出した形でのうつ伏せになりゆっくりと自分のパンツの両端に親指をかけて
下ろし始める・・
自分ではどこまで下ろしていいのか分からないのだろう。雪歩はパンツを少しづつ下ろしながらこっちをチラチラ見て
くる・・・・かわいい。
P「雪歩・・もう少?し下げないと3人分書く面積が・・・」
雪歩「こ、これくらいですか///?」
P「オーライ、オーライ・・・・あ?そうそう・・・はいスト?ップ」
お尻の割れ目が見え始めてから少しくらいのところで止めさせる・・
P(これぐらいじゃないと俺の方がいろいろヤバイからな・・)
13:
俺は雪歩のお尻の前に正座する・・そして右手の人差し指に墨をつけた・・
P「雪歩・・まずは尾てい骨あたりにあずささんと書くぞ、そして右のお尻に美希、左のお尻に貴音だ」
雪歩「お、お願いします・・//」
雪歩のお尻の割れ目の始まりの左上に指をつける・・
雪歩「んっ///」ピクッ
P「だ、大丈夫か?雪歩」
雪歩「だ、大丈夫です。続けてください・・」
P「わ、分かった」
俺は雪歩の事を気遣いづつ尾てい骨をまたぐようにあずささんの名前を書き終えた・・
P「じゃあ雪歩・・次はお尻に書くぞ?」
雪歩は黙って頷く・・
P「では、失礼します!」ピトッ
雪歩「んんっ//」ピクッ
P「っ!?」
P(や、柔らけぇ・・・それにこの弾力、人肌のコンニャクみたいだ・・)
雪歩「プロデューサー・・早く・・」
P「あ、あぁ分かった。じゃあちょっと強くいくぞ」
雪歩「つ、強くって・・・?ひゃあっ//」
俺はおもいっきり雪歩のお尻に指の先を押し付ける・・そしてそのまま美希に名前を書きなぐる!
雪歩「あぁっ//プ、プロデューサーつ、つよ//」
P「みーーーーーきーーーっ!とくらぁ!」
美希の名前をすばやく書き終えた俺の指は勢いをそのままにすぐさま雪歩の左のお尻に襲い掛かる!
雪歩「プ、プロデューサー///ちょ、ちょっと・・・んっ///」
P「たーーーーかーーー・・・ね!」
・・・・・・・・・・・・・・・・
P(・・・・・終わった・・なんだろうこの疲労感とやりきった感)
目の前には息を荒くしてお尻をこちらに向けている雪歩とその前で息を荒くして正座してる俺・・
P(あれ、俺なにしてるんだろう?)
14:
雪歩「はぁっはぁっ///・・プ、プロデューサー・・終わりましたか?」
P「あぁ完璧だ」
雪歩「で、でしたら・・あ、あの・・そろそろ指を離しても・・」
P「えっ!?あ、ご、ごめん//」
P(き、気づかなかった・・)
雪歩「・・・・・・残りは真ちゃんだけですね」
雪歩はそういいながら人差し指でパンツの両端を引っ張り元の位置まで戻す・・
P「そ、そうだな。なんかすごく疲れたよ・・」
雪歩「ではプロデューサー・・・」
雪歩はそういうとゴロンと仰向けになった・・
雪歩「真ちゃんの名前は私の胸に書いて欲しいんです。真ちゃんは私の一番の憧れだから・・」
P「おっぱい・・・ね」
雪歩「お、おっぱいじゃないです//胸!胸ですから!」
P(今更おっぱいという言葉を恥ずかしがってどうするんだ・・)
P「ははっ。でも雪歩らしいや」
雪歩「え?どういう意味ですか?」
P「んっ、なんでもないさ」
15:
P「じゃあ雪歩ブラジャーを外してくれるか?」
雪歩はコクンと頷くと、すんなりと前ホックをはずした・・
雪歩の81cmが露になる・・
P「うん、きれいだ」
雪歩「そ、そうですか?」
P「あぁ、雪歩はもっと自信を持つべきだな自分にも、おっぱいにも」
雪歩「も、もう!プロデューサーったら。・・でも、嬉しいです//」
いつの間にか二人ともこの異様な状況に慣れてしまったらしい・・
16:
P「で、どっちに書けばいいんだ?」
雪歩「え、えっと・・真ちゃんは私から見て右の方にお願いします・・」
P「え、いいのか?俺はてっきり心臓に近い方かと・・・・」
雪歩「あ・・えっと・・その・・そっちは///」カァー//
雪歩は急に口ごもる・・
P(何か拘りがあるのかな?萩原家ではそこは汚してはいけない!・・みたいな)
P「まぁいいや、じゃ、書くからな」
雪歩「は、はい。・・・んっ//・・くぅっ//」
俺は雪歩の乳首を始点にし、真の名前を書く。
17:
P「・・・終わったぞ、雪歩。これで全員分書いたな」
雪歩「そうですね・・。でも、まだ終わってないですよプロデューサー」
P「あれ、誰かわすれてたっけ?」
雪歩「プロデューサー、最後に私の右胸に「P」を書いてくれませんか?」
P「俺の名前か?」
雪歩「私が一番お礼を言いたいのはやっぱりプロデューサーだからです。そ、それに・・・」
P「それに?」
雪歩「?????//い、いえなんでもないです//」
P「ん?・・分かったよ。雪歩が望むなら」
そして俺は最後の書初めにはいった・・
しかしそこである異変に気づく・・
P「・・・!あの?雪歩?」
雪歩「な、なんですか?」
P「乳首がたってて俺の指の進行を妨害してるんだが」
雪歩「えっ///あ、あれ//?なんでこんな・・・」
P「ど、どうしようか」
雪歩「よ、避けるとか・・」
P「そんなことしたら「P」の縦棒が歪な形になっちゃうぞ」
雪歩「そ、そんな・・。ちょ、ちょっと待っててください・・」
P「待つって何を?」
雪歩「ん?っ///・・・はぁっはぁっ・・ん、んん?っ////・・・・」
雪歩は体を震わせて力んでいる・・のか?
P「何してるの?」
雪歩「え、え?っと・・どうにか乳首をなおそうと思って、とりあえず力んでみたんですけど・・」
P「・・・全然変わらないな」
雪歩「な、なんで?・・・」
P「しょうがない。通らせてもらう!」
雪歩「ちょ、ちょっと待って!」
雪歩の制止を振り切り、俺は雪歩の乳首を縦断する!
雪歩「あぁんっ///!」ビクッ!
P「そして最後にクルッっと。・・・・・終わった・・」
目の前には体の至る所にアイドル達の名前を書かれた雪歩が横たわっている・・
P「プロデュース・・・・・完了」シャキーン!
18:
雪歩「ほんとプロデューサーって字が上手ですね?」
雪歩は鏡で自分の体に書かれた名前を見て満足げにそう言う・・
P「雪歩に満足して貰えたみたいで良かったよ」
雪歩「でも・・・ここまでしてもらったのに、これを洗い流すのはなんか勿体無いなぁ・・」
 「ね、プロデューサーもそう思いませんか?」
P「・・・・それは違うな。雪歩」
雪歩「えっ?」
驚いたようにこちらを見る雪歩・・
P「この書初めはそのみんなの名前をすべて洗い流して本当に終了なんだ」
雪歩「ど、どういうことですか?」
P「雪歩・・・お前は最初にみんなのおかげで自分は強くなれたと言ったな」
雪歩「は、はい・・」
P「確かにそのとおりかもしれない・・でもな、雪歩が強くなれた一番の要因は・・」
P「やっぱり雪歩が自分で勇気を出したからなんだよ」
雪歩「私・・・ですか?」
P「みんながいくら雪歩を助けたって最後に決めるのは雪歩だろ?」
「この書初めだってそうだ。雪歩はちゃんと最後までやり遂げたじゃないか」
「この経験は自分をもっと強くしてくれるっ自分で決断してな」
雪歩「・・・・・・・・」
P「雪歩はもう充分強いさ、俺が保障する」
雪歩「プ、プロデューサー・・ヒグッ・・」
P「だからちゃんと洗い流して雪歩は一人でも決断できるぐらい充分強くなれましたってことを示すんだ」
P「そしてもっともっと強くなって、羽ばたいていって・・・そしていずれは・・・」
P(俺から離れて行くんだろうな・・・・)
19:
雪歩「プロデューサー・・どうしました?」
P「い、いやなんでもない」
雪歩「・・・・・・・・」
P「雪歩?どうした」
雪歩は何を思ったか急に筆を持った・・
雪歩「プロデューサー、腕を出してください」
P「えっ。あ、あぁ」」
俺は言われたとおり右腕を差し出す・・
雪歩「じゃあ、失礼して・・」
そういうと雪歩は俺の腕に筆で・・
P「律子と音無さん・・か」
雪歩「ねっ?プロデューサーは、一人じゃないですよ。それに・・・」
雪歩は俺の手のひらに・・・・
雪歩、と書いた・・
P「雪歩、これは・・」
雪歩は俺の手のひらを引っ張り自分の左胸・・Pと書かれた場所に重ねる・・
雪歩「私はプロデューサーの手の届くところにいますから。今も・・そしてこれからも」
 「他の子も同じです。プロデューサーを置いていったりしません」
P「・・・・・・・」
雪歩「し、信じてもらえませんか・・?」
P「・・・ふふふっ・・・あ?はっはっは。まさか雪歩にそんなことを言われるとはな」
雪歩「・・あ・・あ?どういういことですか?」
P「アイドルに慰められてるんじゃあ俺もまだまだだな。もっと強くならないと」
雪歩「じゃ、じゃあプロデューサーも体に書初めやってみます?」
P「そうだな、それじゃあ来年雪歩にでも書いてもらおうかな」
雪歩「はい、任せてください!」
P「お。やっぱり雪歩強くなったな」
雪歩「え、何がですか?」
P「ん?気づいてないならそれでいいや」
雪歩「も?教えてくださいよ?」
20:
――――あ、そうだプロデューサー?
――――ん、なんだ雪歩。
――――手のひらに書いた私の名前、消しちゃだめですよ?
――――えぇ・・・それはさすがに無理があるだろ・・
――――むぅ?・・じゃ、じゃあ私何回も書いてあげますから!
――――そ、そうか・・
――――こんどは私がプロデューサーを強くしてあげるばんだから・・
――――そうだな、挫けそうになった時は頼もうかな。・・それはそうと雪歩
――――なんですか?
――――そろそろ服着たら?
――――あっ・・・は、はい・・///
 
       ?fin?
21:
終わりです。
雪歩の肌スベスベしてそうだから半紙にしようとした結果がこれなんだけどどうします?
とりあえず埋まって真とまぐわってきますね!
2

続き・詳細・画像をみる


指原の乱オリジナルラーメン 試食希望者50名募集中!

イケメンが「ブサイクに生まれたかったな」と思う瞬間

【衝撃】アンガールズ田中卓志、スタイル良すぎwwwwwwwwww(画像あり)

AKB48/SKE48大場美奈の料理が面白すぎるwww

女騎士「警備というのも、ヒマなものだな」オーク「まったくだ」

ACミラン本田△移籍後初先発で初ゴールキタ━━━(゚∀゚)━━━!!

美味しい科学、最高のフライドポテトは木星にある!

半年前に付き合っていてDVを受けていた元彼からお金を貸して欲しいといわれたのですが

ことわざにミキプルーンを混ぜると中井貴一っぽくなる

アメリカ人にスラダン見せた結果wwwwww

【閲覧注意】めっちゃ面白そうな虫の本買ったったwwwwwwwwwwwwwww(※画像あり)

再三にわたる値引き要求と苦情に、ついにメーカー側が『紹介してくれなくていいから、今後うちに関わらないでくれ』

back 過去ログ 削除依頼&連絡先