モバP「おっちょこちょいとしっかり者」back

モバP「おっちょこちょいとしっかり者」


続き・詳細・画像をみる

1:
  がちゃっ
肇「おはようございます」
P「おっ肇か。おはよう、いつも時間通りにえらいな」
肇「おはようございますPさん、別に時間通りに来るのは当然の事かと……」
P「そういう当たり前の事を続けるっていうのが大切なんだ」
P「それにひきかえ……」
  ばたばた がちゃっ! どてっ!
歌鈴「おはようごz……きゃあぁぁ!」
P「おはよう歌鈴、今日は時間通りだが……大丈夫か?」
歌鈴「あいったたた……は、ひゃい! 大丈夫でしゅ!」
歌鈴(噛んだ……ぁぅぅ)
P「もうちょっと落ち着こうな、慌てるとそういう事になるからさ」
歌鈴「はい……」
肇「歌鈴さん、転んだままでもよくないですし。さ、どうぞ」スッ…
歌鈴「あっ。ありがとう肇ちゃん……よいしょっと」
2:
P「うん、おっちょこちょいの歌鈴にしっかり者の肇……これだな!」
肇「?」
歌鈴「ふぇぇ、おっちょこちょいって……」
P「次の仕事は二人のライブだ!」
肇「……なんと」
歌鈴「えぇぇぇっ!?」
P「これから二人はユニットを組んでステージに立ってもらう」
P「その為にレッスンはこれから頑張っていくとして……」
P「二人にはなるべく一緒に居てもらう、どうだ? やれるか?」
肇「……それがこれからのお仕事ということであれば」
歌鈴「えぇと、あの、私なんかでよければ、その」
P「うん、大丈夫そうだな、これからレッスンに宣伝に……忙しくなるぞ!」
P「気合いれていこうな」
肇「はいっ!」
歌鈴「ひゃいっ! ぁ、ぁぅぅ……」
―――――――
――――――
―――――
4:
--しばらく後--
ルキトレ「はいっ! ワン・ツー! ステップは軽やかに!」
肇「ワン……ツー……軽やか……に」
歌鈴「いち……に……たん……たんっときゃああぁぁ!」
  べちっ
肇「だ、大丈夫ですか?」
歌鈴「ぅぅぅ……お鼻ぶつけた……」
ルキトレ「あらら……歌鈴ちゃんも大分頑張って今日は転ばなかったのにね」
ルキトレ「少し休憩にしましょっか!」
歌鈴「すみません……ぅぅ」
肇「はい、スポーツドリンクどうぞ」
歌鈴「あっ、ありがとう」
5:
歌鈴「ぅー……ごめんね、肇ちゃん」
肇「? 何がでしょう」
歌鈴「私がドジってばっかりでレッスンがあんまり進まなくて」
肇「いいえ……歌鈴さんはいつも真剣に頑張ってらっしゃいますし」
肇「そんな人を責めるだなんて……ありません」
歌鈴「でもでも……肇ちゃんだけだったらもっとうまくいってたんじゃないかなって」
肇「それは……どうでしょう?」
歌鈴「?」
肇「私も実はレッスンの中で……ちょっと失敗してるんです」
肇「歌鈴さんの動きを見て……転んでしまっている時に私もステップを間違えてたり」
肇「だから、一緒ですよ」
歌鈴「そ、それは気づかなかったかも……あ、あはは」
6:
肇「一緒にステップを間違えてて、歌鈴さんの動きを見て直せてるんです」
肇「だから歌鈴さんのおっちょこちょいに助けられてますよ、ふふっ」
歌鈴「ぁぅぅ……肇ちゃんまでおっちょこちょいって、うゎーん!」
歌鈴「……なんて、ふふっ……あははっ……ありがとうね」
歌鈴「これからも迷惑かけちゃうかもしれないけど……よろしくね」
肇「はい、こちらこそ宜しくお願いします」
ルキトレ「一休みできたかな? それじゃあもう少し頑張りましょう!」
  『はいっ!』
―――――――
――――――
―――――
7:
  がちゃっ……
歌鈴「た、ただいま戻りましたぁ……」
肇「ふぅ……こちらも戻りました」
P「…………………」
歌鈴「……Pさん?」
P「……っ! お、二人ともお帰り、どうだった? レッスンは」
肇「はい、特に問題もなく順調ですよ」
P「そうか、これからはもう少し厳しくなっていくかもしれないが頼むな」
8:
歌鈴「…………うーん?」
P「どうした? 歌鈴、俺の顔になんかついてるか?」
歌鈴「あっ! いえ、そういう訳じゃないですけど」
P「さては今日もレッスンで転んだのを言い出せずに居たとか……?」
歌鈴「あうっ! な、なんでそれを……」
P「二人の事ならお見通しだよ、なんたってプロデューサーなんだからな」
歌鈴「ぅぅ、すみませーん!」
肇「まぁまぁPさん、今日は歌鈴さんとても頑張られておりました」
肇「どうか、あまり責めてあげないで下さいませんか」
P「ふむ……肇がそう言うんならそうなんだろうな、せめて怪我のないようにだけ気をつけてくれよな?」
歌鈴「はい……」
P「さ、二人の仕事は今日は無いからゆっくり帰って休むといい」
歌鈴「あ、はい。Pさんは?」
9:
P「俺はまだ残ってやる事があるからな、送ってやれずにすまないが……」
歌鈴「あ、いえっ! 私は大丈夫です! ……多分」
肇「歌鈴さん、一緒に帰りましょう?」
歌鈴「うん……Pさん、大丈夫?」
P「ん……? 俺が歌鈴に心配される事なんて何もないぞ?」
P「ほら帰って休む休む!」
  がちゃん
P「ふぅ……最近根詰めすぎたか……だがライブまでやる事は山盛りだ」
P「スタドリスタドリっと……」
P「…………おっし、もう一徹……!」
――――――
―――――
――――
10:
-ライブ当日-
P「……二人とも、準備はいいな? レッスンの成果を出す時だ」
歌鈴「はいっ!」
肇「はいっ」
P「歌鈴、焦らなくていいからな? お前には俺が居る、隣には肇も居る」
P「心配せずに思いっきりドジってこい!」
歌鈴「え、えぇぇっ!? ひどいですよぅPさん!」
P「ははは、リラックスできてれば失敗もしないだろう」
P「肇もきっちりフォローしてくれるしな」
肇「ご安心ください、私もしっかりフォローしますよ」
歌鈴「ぁぅぅぅ肇ちゃんまで」
肇「……でも、レッスンでもう転ぶ事も無くなりましたし、そんな必要は無いと思いますよ」
P「ああ、そうだな。二人とも思う存分やってくればいい」
歌鈴「はいっ!」
肇「はい!」
11:
   ワァァァァァァ……!
肇「みなさん」
歌鈴「今日は……」
肇・歌鈴『きてくれてありがとーっ! たくさん楽しんでいってね!』
P「ふぅ……なんとか持ったか……少しだけ、楽屋で休ませてもらおう……」
 ◇ ◇ ◇ ◇
肇『歌鈴さん、今日は全然転んだりしませんでしたね』
歌鈴『肇ちゃんひどいよー! たっくさん頑張ったんだからもう間違えないよー!』
肇『ふふっ……今日来てくださった皆さんにいっぱい笑顔をお届けしようって』
肇『二人で頑張りましたものね』
歌鈴『うんうん! だからもう間違えたりしゃないっ……あうぅ噛んだ……』
  \ドッ/ \ワハハハ/
肇『あらあら……折角うまくいってたのに……皆さん、こんなときは励ましてあげてください。せーの』
  \カリンチャーン! ガンバレー!/
歌鈴『うぅー……もう一曲! 頑張ります!!』
12:
 
 
   /ワァァァァァァ・・・・・\
P「うん……やっぱりいい組み合わせになったな……歓声がここまで聞こえてくる」
P「すまん……ちょっとだけ……おやすみ……」
   どさっ
――――――
―――――
――――
13:
 
肇「……ふぅ……ふぅ……お疲れ様……」
歌鈴「うんっ……ふぅ……はぁ……なんとかうまくいったね」
歌鈴「……あれ……? Pさんは……」
肇「……始まる前はここに居られた筈ですが」
肇「変ですね、いつもならずっと傍で見ていてくれる筈ですけれど……」
歌鈴「肇ちゃん、楽屋戻ってみようよ」
肇「えっ? でもいいんでしょうか、待っていれば来られるかも」
歌鈴「いこっ!」
  ぐいっ
肇「あ、ちょっ!」
  ぱたぱたぱた……
  がちゃっ!
14:
P「……………」
歌鈴「!」
肇「!」
歌鈴「Pさんっ!」
肇「え……うそ……何が……」
歌鈴「Pさんっ、Pさんっ!」
肇「……………」
歌鈴「は、肇ちゃんっ! 誰か人を呼んできて!」
肇「えっ……」
歌鈴「はじめちゃんっ!」
肇「……っ! ??っ! すぐ呼んで来ます!」
  ばたばたっ がちゃん!
―――――
――――――
―――――――
15:
ちひろ「……一時は何事かと思いましたが……プロデューサーさんは過労で倒れられただけだそうです」
ちひろ「数日安静にしていればすぐよくなるって」
歌鈴「…………はぁ?……よかったぁ」
肇「…………」
ちひろ「二人ともごめんなさいね? ライブが終わってすぐにこんな事……」
歌鈴「あっ! いえいえいえいえそんな! 私たちは大丈夫です、ね? 肇ちゃん」
肇「はい……」
ちひろ「今日はもう遅いですし、お見舞いは明日行きましょう? 幸い二人のお仕事は入ってませんし」
肇「…………」
歌鈴「……ちょっとだけ心配ですけど……明日お見舞い行きますね」
ちひろ「うん、今日は二人ともゆっくり休んで」
ちひろ「プロデューサーさんは過労以外は問題ないって言ってたから心配無いわよ」
ちひろ「じゃあ……明日ね」
歌鈴「はい……失礼します」
肇「失礼、します……」
  ぱたん
16:
――――――
―――――――
――――――――
-病室-
  からから……
歌鈴「しつれいしまーす……Pさん居ますかー?」
P「……ん……歌鈴か、入っておいで」
歌鈴「はい……Pさん、大丈夫ですか?」
P「あぁ……大丈夫だ、ゆっくりさせられたからかなり良くなったよ」
歌鈴「うん……肇ちゃんも入って入って」
肇「…………」
P「肇も来てくれたのか、ごめんな二人とも心配をかけてしまって」
歌鈴「私たちは大丈夫ですから、Pさんは体をやすませてください?」
P「ん、ありがとうな」
肇「あの、Pさんお体は……」
P「ああ。大丈夫だ、すぐに良くなるから心配ないぞ」
17:
肇「…………ごめんなさいっ!」
P「肇……?」
歌鈴「肇ちゃん?」
肇「あの時、Pさんが倒れられていたのを見た時」
肇「吃驚してしまって……何も考えられなくなってしまって……」
肇「その場に立ち尽くしていました……」
P「……肇が謝る事なんて無いんだぞ」
肇「でも……あの時何をしていいのか全く分からなくて」
肇「歌鈴さんに声をかけられてやっとの思いで体を動かして」
肇「でも……Pさんに何かあったらと思ったら……ぐすっ」
P「心配かけてごめんな、俺は大丈夫だよ……」
P「それに、肇が人を呼んでくれて助けてくれたのも事実じゃないか」
P「肇が居てくれたからこそ大事にはならなかったんだ」
P「気に病む事はないからな?」
肇「……???っ。ぐすっ……」
歌鈴「……肇ちゃん。Pさんの横、どうぞ」
18:
肇「うん……」
P「ごめんな、本当に心配をかけてしまって」
肇「…………ううん……ごめんなさい、Pさんの調子が悪い事、気づかなかった……!」
P「……バレないように隠してたからな……最後まで貫き通そうと思ったらコレだ」
P「ほら、手握ってごらん」
  ぎゅっ
P「俺は大丈夫だから、な?」
肇「????っ!」
   うわぁぁぁぁん……
歌鈴「ぐしゅっ……私も心配したんですよ?」
P「ああ……二人ともごめんな、何度も言うけど大丈夫だからな……少し休めばすぐ元通りだ」
19:
肇「…………すぅ……すぅ」
   ぽん ぽん
歌鈴「肇ちゃん、泣き疲れちゃった……」
P「ああ……しがみついてこのまま泣き通し、ね」
歌鈴「私もちょっともらい泣きしちゃったけど」
P「最初は二人を組ませようと思ってた時さ」
歌鈴「はい?」
P「きっと二人とも支えあってうまくいくだろうなって思ってたのさ」
歌鈴「はい……」
20:
P「思った通り、普段は肇が真面目に頑張って歌鈴を支えてくれて」
P「でも、今回は歌鈴が土壇場で肇を引っ張ってくれて」
P「助かったよ、ありがとう」
歌鈴「い、いえっ! いつも助けられてばっかりで、私なんかにはこんな事しか」
P「これからもよろしくな」
歌鈴「は、ひゃい!」
P「……そこで噛むなよぉ、かっこよく決めるトコだろうそこは」
歌鈴「ぁぅぅぅ……」
歌鈴「あ、花瓶のお水かえますn……ひゃっ!」
  ばしゃっ!
P「ぬおっ!? つ、つめたっ」
肇「……きゃっ! な、何!? 私寝ちゃって……」
歌鈴「あわわわわ、ご、ごめんなさいっ!」
21:
P「ははは……ちょっとかかっただけだから心配ないよ」
肇「はぅ……Pさん、私……」
P「ん、おはよう肇、落ち着いたか?」
肇「あ、はい……」
P「肇がずっと俺にしがみついて離れなかったから歌鈴が怒ってたぞ」
肇「えっ!? そ、それはごめんなさい!」
歌鈴「ちょっ! Pさん! 私そんな事いってませんよぉ!」
肇「えっ、あの」
P「ははは、かかったかかった」
歌鈴「もぉ……Pさん!」
肇「……私をまた脅かしましたね?」
P「はは……は……げ、元気な顔が一番だと思ってちょっとからかおうと……」
22:
歌鈴「嘘をついちゃうPさんには」
肇「おしおきが必要かと……」
P「お、おい……大丈夫とはいっても俺、病人。病人だから」
肇「歌鈴さん、反対側を」
歌鈴「うん」
P「な、何を……」
   がしっ がしっ
歌鈴「ふふっ……二人でしがみついちゃえば」
肇「もう動けませんね」
P「二人とも、待て、どうする気だ」
肇「突然起こされてしまったので……もう一眠りを、と」
歌鈴「病人のPさんがきちんと休めるように、二人で押さえておかないとねっ」
P「ちょ、見られたりしたら大変だろっ、それに俺手洗いとかどうするんだ」
23:
肇「Pさんも寝てしまえばいいのです」
歌鈴「うんっ……おやすみなさーいっ……ふゎぁぁ……」
P「あっ、こら寝るなっ」
肇「こちらも、放しませんからね? おやすみなさい……」
P「おぉーぃ……いや、どうしよう」
P(女の子二人にしがみつかれて何コレ状態……しかも眠ってしまって……)
P(据え膳食わねば……! なんてあろう筈もなく)
P「……まぁ、俺も寝るか……」
――――――――
―――――――
――――――
24:
  ゆさゆさ ゆさゆさ
  『……ん……さん……Pさん…………』
P「……ん…………」
肇「Pさん……起きてください」
P「ん……肇か……ふぁぁ……結局寝かされちゃったな」
肇「ふふ……よくお休みでしたよ」
P「なんだかなぁ、寝顔見られちゃうのは」
肇「Pさんも私の寝顔、見たのですからおあいこです」
P「ま、そうだな……それでどうした?」
肇「はい、3人で寝ていたのですが、お食事の時間だそうで」
P「もうそんな時間か……って、歌鈴が見当たらないが?」
肇「歌鈴さんはお家の用事があるとの事で、一足先に帰られました」
P「そっか、見舞いのお礼言ってなかったな……」
肇「明日来るとの事でしたので、その時にでも」
25:
P「わかった。肇ももうそろそろ帰らないとだろ?」
肇「こちらは……寮ですから大丈夫です」
肇「連絡は入れておいたのでもう少し」
P「あまり遅くなるのも……な?」
肇「ですが……」
P「まぁまぁ、俺ももうぐっすり休んで大丈夫になったからさ、な?」
肇「……何故そこまで帰そうと……?」
P「ん、いや肇が一人夜道歩くのがしんp」
看護婦「あ、起きられましたね? そちらはご家族の方?」
P「えっと……」
26:
看護婦「妹さんからも言ってあげて下さい、この人一休みしたら仕事を片付けたいからって」
看護婦「パソコンの持ち込みをお願いしようとしてたんですよ?」
肇「えっ!?」
P「……………………」
看護婦「もちろん過労で入院された方にそんな事はさせられませんからね!」
肇「じーっ……私を早く帰そうとしていたのは……」
P「………………ヒューッ……ヒューッ」
肇「口笛、吹けてませんよ?」
P「あ、あはは……」
看護婦「食事の時間ですから、ゆっくり食べてくださいね」カチャン
看護婦「しっかりお兄さんを元気付けてあげてね!」
27:
肇「……Pさん?」
P「……いやぁ……もう大丈夫だって」
肇「いけません」
P「でも」
肇「いけません」
P「…………はい」
肇「えっと……それじゃあ、あの」
   すっ
P「ん? その箸俺がつか……」
28:
 
肇「はい、に、兄さん。あーん」
P「はぁっ!?」
肇「はい、あーーん」
P「に、にいさんって……それにあーんって……」
肇「今は妹です、不出来な兄の看病をちゃんとする真面目な妹です」
肇「あーん」
P「うぐぐ……」
P(怒ってるよね……無理やり仕事しようとしたからこれ怒るよね……)
肇「兄さん? 妹の言う事を聞かずに仕事を無理やりしようとしましたね?」
肇「罰として私の看病をしっかり、受けてもらいます」
P「だからってあーんって……自分で食べれるっむぐっ!?」
肇「口を動かすならばきちんと食べて下さい」
29:
P「むぐ……むぐ……」
肇「病室で休まなければならないというのに……寝るまで目を離しませんよ」
P「んぐ……す、すまん」
肇「さあ、次もどうぞ。あーん」
P「あ、あーん……」
P「んむっ…………」
肇「如何です? お味は」
P「……すまん、おいしくは……」
肇「まぁ……病院食ですからね……でも残さず食べる事です。あーん」
P「ぅぅ……これ続くのか」
30:
P「……ごちそうさま」
肇「はい、お粗末様です。食器はこちらで片付けておきますから」
肇「くれぐれも動かないでくださいね?」
P「むぅ……わかった」
  すっ
P(う……起きてからトイレ行けてないせいか……行きたい)
P(しかし今動くと肇が更に怒ってしまいかねん……)
肇「ただいまです」
P「お、おぉ。おかえり……なぁ肇、ちょっと歩きたいんだが」
肇「む。さっき言ったばかりなのに」
P「あ、いや……その、お手洗いに、な」
肇「……あ、そういう事でしたらついていきます」
P「い、いやいいって! すぐ戻ってくるから!」
肇「だめですっ、目を離したら何をしでかすか……!」
  すたすた すたすた
31:
 
P「ふぅ……ほんとに入り口の前までついてくるとは」
肇「しっかり看病するって言いましたから」
肇「さっ、部屋に戻りますよ」
  がしっ ぐいっ
P「お、おい、腕にそんなしがみつかなくても俺は逃げ……うおっ」
P「というかくっつきすぎだっ」
肇「今は妹ですっ、家族ならこれくらい大丈夫な筈ですっ」
P「おおおおぃ……」
肇「さ、横になって下さい」
P「あぁ、わかったよもう……」
肇「あとはもう就寝まで特にする事は……」
P「大丈夫、もう何もしないから」
肇「そうですか、それならばいいのですが……先程のような」
P「しません! 誓ってパソコン持ち込んで仕事したりしません!」
肇「……よろしい」
32:
肇「……ふふっ……ゆっくり休んで下さいね、兄さん」
P「……あぁ」
P「妹がほんとにいたらこんな感じかな、しっかりしてて」
P「世話焼きで……甘えん坊の」
肇「なっ!?」
P「普段しっかりしてるけどいざって時に弱くて泣きじゃくって」
P「しがみついて離れなかったもんなー?」
肇「う……うぅっ……そ、それはPさんが悪いんですよ!」
P「ん、心配かけてごめんな。数日ですぐ退院できるそうだから」
P「もう大丈夫だからな、しっかり看病もしてくれたし」
肇「はい……どうか、これからもお体にはお気を付けて頂きたいです」
P「こんな可愛い妹に心配はかけられないもんな」
肇「…………今日は、もうすぐ時間のようなので、帰りますね」
P「ああ、今日はありがとな」
肇「それでは……失礼します」
33:
   からから ぱたん
肇(勢いに乗って兄さんなんて呼んでしまったけれど……)
肇(私の事を『可愛い』妹って……)
肇(……少し顔が熱い……)
P(ふぅ……色々あったが、ひとまず今日は寝よう……明日も来るんだろうか……)
―――――
――――
―――
34:
-次の日-
   からから ぱたん
歌鈴「おはようございまーす……」
P「よーおはよう、今日も来てくれたのか」
歌鈴「あ、はいっ。二人で交代して看病しようって決めたんです」
P「すまないな、レッスンとかは大丈夫か?」
歌鈴「ちひろさんが気をつかってくれて……二人交互にお仕事とかできるにようにって調整してくれたんです」
P「そっか、明日には退院できると思うからそうなったらまた頑張ってもらうからな」
歌鈴「はいっ、私たちはいつでも! その代わり……」
P「あーわかってる。わかってる、俺も無理しないから、な?」
歌鈴「でしたら大丈夫ですね、それじゃあ花瓶をまた……っとと!」
P「おぉ……今日は手が滑らなかったな」
歌鈴「はい! いつもドジってばかりじゃありませ……きゃあぁぁ!」
P「か、歌鈴っ!」
   ごちんっ!
肇(退院した次の日、事務所に出社してきたPさんのおでこには絆創膏がはってありました……)
-おしまい-
35:
むしゃくしゃしてやった
この二人で何か書きたかった
今は反省している
36:
藤原肇(16)
道明寺歌鈴(17)
3

続き・詳細・画像をみる


のうりん見た岐阜県民きて

【3次元】声優のカワユスな画像がいっぱい貼られるスレ

天才って脳のリミッターを外すことが出来た人達だろ?

【衝撃】オリコン週間ランキングがヤバイことになってる。。。

かっちょいいミリタリー画像くれ

リア充は寒いと言い訳せずに3連休も外出してる。おまえらは家でネット、会話なし

back 削除依頼&連絡先