P「千早とSEXしていたら俺の息子が抜けなくなった」back

P「千早とSEXしていたら俺の息子が抜けなくなった」


続き・詳細・画像をみる


P「…どうしようか」
千早「…どうしましょうか」
P「なんだっけ、膣痙攣か何かかこれは」
千早「多分…そうですね」
P「…」
千早「…病院は」
P「行ったらマズいだろうなぁ…プロデューサーがアイドルとSEXしてたなんてバレたら…」
はい
10: 以下、
P「とりあえず……」
千早「とりあえず?」
P「抜いてみよう」
千早「は、はい」
P「いくぞ……っしょと」ズズッ
千早「んっ」
P「いや……あの千早、締めないでくれる?」
千早「わ、私のせいだって言うんですか!」
14: 以下、
P「いや、別に千早のせいってわけじゃないけどさ。現実問題」ズッ
千早「あっ、んうううう!」
P「うおっ!? 千早のあれが吸い付いてくるから抜けないんだよ」
千早「プロデューサー」ハァハァハァ
P「なんだ?」
千早「こうなったら、おもいっきり抜いてください」
P「でも、それだと千早は大丈夫か?」
千早「我慢します。その……痛いというわけではないですから///」
P「わ、わかった」
16: 以下、
P「いくぞ、千早……いっせいの、せー!」グッ
千早「くううう!」
P「あっ、ちょっとだけ動いた」
千早「早く、あっ、ふぅん、お願い……します、プロ…デューサー、ひううううう!」
P「分かってる、分かってるけど。擦れて……腰痺れる」グググッ
千早「ひゃう! プロデューサーの、で、出っ張てる部分、動いてるのわかります」
P「そ、そういう興奮させるようなこと言わないで、くっ、くれ……あと少し」
千早「あ、あ、あ、ああああ!」キュウウウウウ!
P「!? えっ!? なんで、千早の、うねって……引き戻される」
P「うわあっ!」ズンッ!
千早「??????!!」
20: 以下、
P「す、すまない千早。大丈夫……」
千早「はへぇ」ビクンビクン
P「じゃないよなあ。すげー顔だ」



P「無理矢理引っこ抜くのは無理だな」
千早「はい。引っ張った分だけ反動がついてしまい、あれでは私が持ちません」
P「千早が締めつけなければ割と簡単に抜けると思うんだけど」
千早「無茶言わないで下さい。元々閉じているのですから締まるのは当然です。いわば、生理的な反応のようなものです」
P「そっか……う?ん、困ったな。ん」
千早「どうしました?」
P「生理的……そうか分かったぞ、千早! 俺が小さくすればいいんだ!」
23: 以下、
千早「小さくする……ですか」
P「そうだ。現状、俺の息子が勃起しているせいでただでさえキツキツな千早の中を圧迫してしまっている。千早の締めつけと俺の圧迫で互いの性器はピッタリくっついてしまっているんだ」
千早「そ、そうですね///」
P「なら、俺の息子を沈めれば圧迫も軽くなって案外すんなり抜けるかもしれない」
千早「そんな簡単にいくでしょうか?」
P「試してみる価値はあるだろ」
千早「確かにこのまま手をこまねいていても解決には向かいませんしね」
千早「では、プロデューサー、小さくしてください」
P「おう!」
26: 以下、
P「呼吸を整えて、リラックスすれば、その内勝手に収まるはずだ」
P「千早、動かないでくれよ? 擦られたら嫌でも反応しちゃうからさ」
千早「わかりました」
P「スー、ハー、スー、ハー」
千早「……」
P「スー、ハー、スー、ハー」
千早「……」ググッ
P「はう!」ビクッ
千早「キャッ!」
P「千早さん、なんで動くんですか?」
千早「すみません。意識してジッとしてると体が固くなってしまって、つい」
P「勘弁してくれ。千早、お前のは温かくて、ヌルついて、ざらついている。そんなとんでもないのなんだから」
28: 以下、
P「参ったな、このままじゃ小さくできないぞ」
千早「すみません、私のせいで」
P「謝らなくていいよ、仕方ないものは仕方ない」
P「こうなったら……寝る」
千早「はい?」
P「寝てる間ならお互い動かないし、リラックス状態。間違いなく俺のは小さくなる」
千早「そういうことですか、名案ですね」
P「そうと決まれば善は急げだ。さっさと寝よう」
P「あっ、千早は上になってくれよ。騎乗位だ」
千早「わかりましたけど、そういうこと言わないで下さい///」
30: 以下、
P(全裸の俺の上に全裸の千早)
P(二つが一つに重なってなって毛布に包まれている)
P(千早の顔、近い)
P(こうして間近で見るとやっぱり綺麗だよな)
P(意志の強そうな目、透きとおるような肌、桜色の唇、引っかかることもない艶やかな髪)
P(こんな女の子とエッチできて俺って超幸せ者だな)
千早「あの……プロデューサー」
P「?」
千早「髪、撫でるの好きなんですか?」
P「あ……ああ、すまん、いつの間に」
千早「いえ、別にいいですよ。私も好きですし」ニコッ
33: 以下、
千早「……」
P「どうした? 俺の胸に耳なんか当てて」
千早「プロデューサーの鼓動が聞こえます。トクン、トクンって」
P「そりゃあそうだろう」
千早「プロデューサーの鼓動、温もり、それと」
P「ち○こ」
千早「んっん……とにかく、こうして肌を重ねていると不思議と落ち着きます」
P「ふ?ん」
千早「愛する人の命に触れることで、私の体は溶かされて、愛する人に染みこみ、命になっていく気がします」
P「よく分からんが詩的だな。一つになる……みたいな?」
千早「はい」
38: 以下、
P「相手の命になる。一つになる。一心同体か、プロデューサーとアイドルである俺と千早の関係にはピッタリだ」
千早「そういうことになりますね。私がプロデューサーの命でもあり」
P「俺が千早の命でもある」
千早「私たちは、けして離れることは出来ません」
P「なら……」
 ギュッ
千早「ぷ、プロデューサー、何を?」
P「どうせならもっとお互いの命って奴を感じようと思ってさ」
P「千早の言うように俺たちは離れられないからな、色んな意味で。アハハハ」
千早「ふふっ、そうでした」
41: 以下、
千早「朝になったら私たち、どうなっているんでしょうか?」
P「さあな、小さくなっても抜けなかったら、その時はその時で考えるよ」
千早「行き当たりばったりですね。プロデューサーには、もう少し計画性を持って欲しいです」
P「うるさい。ほら、もう寝るぞ。子守唄の代わりに頭を撫でてやろう」
千早「そうやって子供扱いして……おやすみなさい、プロデューサー」
P「ああ、おやすみ、千早」



P(その後、千早を寝かしつけるまで俺は綺麗な髪を手櫛した)
P(朝立ちした時のこと考えてなかったけど、俺は千早の命と毛布に包まれて深い眠りにおちた)
P(めっちゃ寝心地よかった)
fin
42: 以下、
いいはなしだったなー乙
43: 以下、

続き・詳細・画像をみる


韓国人「日本は未開土人の集まりだ。我々が叩かなければ暴れだす」 日本を侮蔑していると判明

【画像】成人式の理想と現実・・・

世界の電力消費量

嵐ファン VS 関ジャニファンがマジキチすぎる件wwwwwwwww

プレゼントにいいかも! スマホで撮った写真たちを無料でフォトブックにしてくれる「ノハナ」

女子高生が自転車のチェーン外れて困っていたらどうする?

back 削除依頼&連絡先