P「そうだ、結婚しよう」back

P「そうだ、結婚しよう」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「な?」
真「嫌です」
P「」
3:
真「そんなムードもへったくれもない告白じゃ…」
P「えー…」
真「もう少し乙女心というのを考えて下さい」
P「乙女心?おいおい冗談はやめて…」
真「は?」
P「ごめんなさい許してください」
6:
真「兎に角!そうだ、京都行こうみたいな軽いノリじゃ嫌ですよ!!」
P「京都に行こうだなんて軽いノリじゃ言えないんだぞ!!」
真「知りませんよそんなこと!!」
P「ええぃ、いいから俺と結婚しろ!!」
真「嫌です!!」
P「なんでだよ!!」
真「自分で考えてください!!」
P「…」サッ
真「…携帯?」
P「もしもし美希?今から来てくれ」
美希「来たの!」バンッ
真「!?」
7:
P「真、見てろよ」
真「はぁ…」
P「美希、おにぎり食べないか?」
美希「食べるの!」
P「やっぱりおにぎりは鮭だよな」
美希「流石ハニーは話が分かるの」
P「そうだ、美希に話があるんだ」
美希「?」
P「結婚しよう、な?」
美希「喜んでなの!!」
P「ほらな?」
真「」
10:
P「美希はこうやって軽いノリでも大丈夫なのに真ときたら…」
美希「ところでハニー、結婚式はいつ…」
P「あ、帰っていいぞ。今のは冗談だ」
美希「えっ」
P「じゃあな美希。明日もよろしくな!」グイグイ
美希「え、ちょ」
バタン
P「というわけだ」
真「…美希に刺されても知りませんよ」
P「何、刺されたぐらいじゃ俺は死なない」
11:
真「というか、美希が異常なだけですよ!!」
P「失礼なやつだな。告白なんてこんなノリでいいんだって偉い人が言ってたんだぞ?」
真「知りませんよ!!」
P「兎に角、俺と結婚しよう、な?」
真「だから嫌です!!」
P「真はそんなに俺の事が嫌いなのか!?」
真「嫌いじゃないですけどそれとこれとは別です!!」
P「わがままだなぁ」
真「」イラッ
14:
P「まぁ、なんだ、真」
真「…」
P「無言で、俺を殴る、のは良くない、と思う、んだ。すっごい、痛いから」
真「なんか余裕そうなんですけど」
P「いや正直、痛い。泣きたいぐらい痛い」
真「…プロデューサー、行っておきますけど、こんな調子じゃ結婚は嫌ですからね」
P「そんなひどい…」
真「…もし少し、こう、恋人から始まって、それで、色々とお互いに知って、それで…」
真「…やっぱり、ボクはムードなんかを大事にしたいんです。いきなり軽い感じで結婚しようだなんて…嫌ですよ…」
P「…分かったよ、真」
真「分かってくれましたか?」
P「じゃあ俺と付き合おう」
真「何も分かってないじゃないですか!!!」ドグシャァ
P「ウボァー!!!」
17:
P「なんでや!!付き合うのならええんやろ!?」
真「だからムードを大事にして欲しいって言ってるじゃないですか!!」
P「どうすればいいか分からないんだよ!!」
真「そのぐらい考えて下さいよ!!」
P「馬鹿野郎!!彼女いない歴=年齢な俺にそんな高度な処理出来るわけないだろ!!」
真「威張らないで下さい!!」
P「ったく、本当真はわがままなんだから…」
真「二度と口を開けないようにしてあげましょうか?」
P「すみませんでした」
19:
真「…まぁ、こう、もうちょっと考えて下さいよ。プロデューサー」
P「…分かったよ」
真「本当に分かったんですか?」
P「ムードは大事なんだろ…良く分からないけど、真と結婚するためなら…」
真「…ところでプロデューサー」
P「ん?」
真「なんでそんなにボクと結婚したがるんですか?他にも、プロデューサーを好きだって人は…」
P「…」
真「それに、ボクは…女の子らしい魅力なんかもありませんし…」
P「いや、それは違うぞ真」
真「え…?」
23:
P「真の魅力は、他の誰でもない、プロデューサーである俺が一番よく知ってる」
真「プロデューサー…」
P「真には、真にしかない魅力がある。そうやって、自分に魅力がないだなんて、言わないでくれ」
真「…」
P「…まぁ、なんだ。で、だ。俺は真はこうだから好きなんだというか、真だから好きというか…」
P「えぇと…」
真「…緊張してるんですか?」
P「あ、当たり前だろ?そりゃ、好きな女性を前にしてその、なんで好きになったかだなんて…」
真「…くすっ」
P「な、何笑ってるんだよ!」
真「へへっ…別になんでもありませんよ?」
25:
P「まぁ、なんだ。そのだな…」
P「…俺は口も上手くなければ、ムードの作り方もよく分からん」
P「だけどな、俺が真を好きだということは…それは、本物なんだ」
P「誰にも否定させない、否定なんかさせない、俺の本心なんだ」
P「…何言ってるんだろうな、俺は」
真「…プロデューサー」
P「ん?」
真「それで、いいんですよ」
P「へ?」
真「ムードの作り方、ですよ」ギュ
P「ま、真?」
27:
真「…プロデューサー。ボクもプロデューサーの事は…えっと、好き…なんですよ?」
真「ただ、やっぱり…軽い気持ちで、好きだと言われるのと、しっかりした気持ちで好きだと言われるのじゃ…意味が違うんですよ?」
真「…だから…プロデューサーが本気でボクの事を好きなら、あんな、軽い気持ちなんかで結婚だとか、付き合って欲しいだとか、言ってもらいたくないんです」
真「もっと真剣に、もっと本気に…プロデューサーは本気だったかもしれないですけど、ボクからすれば、やっぱり、ふざけて言ってるように聞こえちゃうんです」
P「…真」
真「…プロデューサー、付き合って欲しいって告白、やり直してくれませんか?」
真「今なら…今のプロデューサーなら、その言葉、ボクは受け止められますから…」
P「…」
29:
P「…ごめんな、真」
真「え?」
P「…こんな相手がどう感じるかなんてことすら分からない人間でな」
真「でも、今分かったじゃないですか」
P「真のおかげでな」
P「…真。改めて、言うぞ?」
真「…はい」
P「俺と…」
真「…」
P「…俺と、結婚してくれ!!」
真「…はい!!って、ええ!?」
P「ど、どうした?」
真「いやその、付き合ってくれって言うのかと思ってたら、その…」
P「あ」
30:
真「…え、えっと」
P「…すまん、本当にすまん…」
真「…でも、プロデューサーの本心、なんですよね?」
P「あ、ああ。もちろんだ」
真「…なら、ちょっと、驚いちゃいましたけど…」
P「…?」
真「…プロデューサー、まだ結婚とかはよく考えられません」
真「…それから…まだ、結婚すると決まったわけじゃないですけど…」
真「…ボクのことを…」
真「…ボクのことを、幸せにして下さい!」
P「…ああ!!もちろんだ!!」
32:
真「…じゃあ、わがまま、いいですか?」
P「ん?」
真「…えっと、キス、して下さい」
P「真…」
真「ちょっとした…結婚式の予行演習、みたいな感じで…」
P「…ははっ、本当、真はわがままだなぁ」
真「プロデューサー…んっ…」
P「…」
真「…はぁ…プロデューサー…」
P「…好きだ、真」
真「…ボクも、好きです。プロデューサー」
35:
P「で、だ。あの告白から数ヶ月経ったが結婚は何時になるのやら」
真「付き合うのは隠せても結婚となると…」
P「まぁ誰にも何も言わせないぐらいまで真がアイドルとして成長すればいいんだけどな」
真「…何時になるんでしょうね」
P「…ま、どっちにしろ先になろうとも俺が真を好きだというのには…変わりないけどな」
真「…浮気はダメですからね」
P「するわけないだろ?こんなかわいい彼女が居るのに」
真「へへっ!そうですか?」
P「ああ。自慢の彼女だよ、真は」
真「…ボクも、プロデューサーは自慢の彼氏、ですよ?」
P「ありがとな。さ、仕事行くぞ?」
真「はい!」
P「目指せ!」
真「トップアイドル!!」
36:
おわりにしたい
真は大天使マコトエル
3

続き・詳細・画像をみる


女「金を盗まれた」→大阪府警「犯人逮捕」→女「ウソでしたー」

27歳院卒年収700万の彼と付き合っています。私のスペックで彼以上の男性と結婚できますか?

60年間、風呂に入らなかった結果wwwww

【米国】 「狂ってるのは私?あなた?」 膣に入れた銃で恋人を脅した女(画像あり)

未だに美味いと思えない食べ物

米軍 「兵士の脳にセンサーを埋め込んでストレス対策を行う」 敵前逃亡したら爆発しそう

back 削除依頼&連絡先