最もバカバカしい「◯◯・オブ・ザ・デッド」映画25選back

最もバカバカしい「◯◯・オブ・ザ・デッド」映画25選


続き・詳細・画像をみる

1:
1976年にも同名の映画が制作されていますが、こちらはジョージ・A・ロメロ監督によるわりと最近の作品。
ちなみに古い方は、男性が母親を殺そうとするドラマなのでゾンビものではありませんが、こちらは『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』や『クローバーフィールド』と同じく、あの頃流行ったモキュメンタリー方式による撮影なので、リアル感が味わえます。フィルミングによる、ゾンビ観察日記なのでダイアリーなのかなと。
----------------------------------------------------------------------------
2:
邦題では「オブ・ザ・デッド」していませんが、オリジナルは『Flight of the Living Dead:Outbreak on a Plane』という、もう読んだだけで機内感染で乗客がゾンビ化するんだな、と1発で分かる作品。
科学的に非常に貴重であるゾンビのサンプルを、旅客機なんかに運ばせたために、案の定、乱気流で機内がしっちゃかめっちゃかになってしまいます。
トレイラーを観る限り、狭い空間をフル活用したパニック映画になっているようですし、機内で銃火器を乱射していたり、戦闘機にミサイルで撃ち落とされそうになっていたりと、男のロマンも爆発しているようですね。
----------------------------------------------------------------------------
3:
原題が『Dance of the Dead』ですが、決して盆踊りではありません。これはゾンビたちに襲われたプロム会場を救いにやってきたモテないSci−Fiクラブの部員たちが活躍する、痛快なホラー・コメディー作品となっています。
そもそもこれらのゾンビたちは、眠っていた墓場の近所に在る発電所で起こった事故が原因で蘇ったのですが、これまたプロムをやっている高校も近所に在ったりします。映画的に、そんな都合の良い立地条件が揃っている・オブ・ザ・デッドです。
----------------------------------------------------------------------------
4:
ゾンビ感染が起こってから数年の間、4人の若い男子たちは隠れて生き延びていました。しかしゾンビたちは、これら4人のことを忘れておらず、彼らの脳ミソを求めて襲い掛かってくるのです。
という、シンプルなストーリーにして、おそらく予算的にもけっこうシンプルなものであっただろうこの映画。タイトルはきっと...果てしなく『ショーン・オブ・ザ・デッド』を意識しているんじゃなかろうか、と思われます。ちょっとだけ『スタンド・バイ・ミー』を思い起こさせる1本です。若いってスバラシイ! 
----------------------------------------------------------------------------
5:
こちらはデイルではなく、デイヴさんがゾンビ化してしまう低予算映画。演技も演出も、限りなくユルい出来栄えとお見受けします。公開が2014年だそうですが...なんかもう、トレイラーだけでお腹いっぱいとなるでしょう。
----------------------------------------------------------------------------
6:
服役中の男たちが強制労働中に見つけたホルムアルデヒドでラリって脱走を試みますが、看守たちに見つかり撃ち殺されてしまいます。
しかし死んで埋められても尚、ホルムアルデヒドでハイになりたいがためにゾンビとなって復活するのです。『悪魔の毒々モンスター』でお馴染み、トロマ・エンターテインメントによる、わりと初期の作品です
----------------------------------------------------------------------------
7:
とある平和そうな住宅街の、とあるストリートの住人たちがゾンビ化してしまい、アラン、モート、スティーヴ、ロジャーという4人のワルそうな若者たちが立ち向かう低予算ゾンビ映画。
大根すぎる演技といい、安すぎる特殊エフェクトの合成といい、何から何までドイヒーなのですが、あまりに予算がないため「世界の終わり」の規模を道一本に絞ったアイディアだけは秀逸...でしょうか? 
----------------------------------------------------------------------------
8:
こちらは劇場という密閉空間が舞台のゾンビ映画で、内容はいたって普通のゾンビものとなっています。
『エンジェルズ・イン・ヘル』という演劇に出演した役者たちが、劇場の外では街中がゾンビ感染したことを知りパニックになるのですが...時にはゾンビではない人間がパニくってゾンビよりキケンな行動に出ることもあるそうな。ホラー映画につきものの、仲間に迷惑をかけて危険に晒す、困ったちゃんがいるのは(映画的に)心強いですね。
----------------------------------------------------------------------------
9:
お見合いデートで初めて出会ったふたりですが、実は男性がゾンビだったというストーリーです。でも女性はそのゾンビ男にホレてしまうのだとか。どうやら結構マイナーな作品らしく、動画も画像も参考資料は見つからず。残念・オブ・ザ・デッド! 
----------------------------------------------------------------------------
10:
居残りを命ぜられた高校生たち以外がゾンビ化してしまう、ハイスクール・コメディー系ゾンビ映画がこちら。1985年の青春映画『ブレックファスト・クラブ』のゾンビ版と思ってほぼ間違いないかと。元々は2011年に演劇であったストーリーの映画化なのだそうです。そっちも観てみたいですね。
----------------------------------------------------------------------------
11:
こちらはオフィスビルを舞台にした低予算ゾンビ映画。ソフトウェアエンジニアのベン・ラウが務めるライフ・コーポレーション。ここでは不幸せな人を幸せにするテクノロジー(!?)が開発されています。
その技術がどういうわけか社員たちをゾンビに変えてしまい、ベンと、元カノでプロジェクト・マネージャーのリズ、そして同僚のラージは会社から抜けだそうとするのです。
もしも自分の職場の同僚や社長がゾンビ化したら...退治するのをためらう相手もいれば、迷わずとどめを刺せる相手も、ハッキリ分かれそうな気がしますね。思考を持たないモンスターたちと、社畜に共通性が垣間見える、たぶん現代社会を風刺した作品です。
----------------------------------------------------------------------------
12:
ミリタリーの施設内で、ゾンビを放ってはスタンガンで撃退する「ゾンボール」というゲームが行われる場所にて、主役のディーンが結婚前夜のバチュラー・パーティーを開きます。
6人の仲間とひとりのストリッパーに対して、100万のゾンビが襲いかかる、イギリス製ホラー・コメディー映画です。にしても、いくら激しい電撃が飛んだとしても、スタンガンごときでゾンビに勝てるのでしょうか?
----------------------------------------------------------------------------
13:
ロス・アンジェルスで対立するふたつのギャング組織「ザ・ローズ・オブ・クレンショウ」と「エル・ディアブロ」の話を軸に進みますが、人間を食人鬼に変えてしまう細菌を持つ隕石が街に落ち、街中がゾンビで満ち溢れたとしても、ギャングの抗争は留まることを知りません。ゾンビだらけの街で縄張り争いをする意義は...いつまで続くのでしょうか? 
----------------------------------------------------------------------------
14:
ドミトリー(学生寮)が舞台の低予算インディーズ・ゾンビ映画。学生たちがはっちゃけまくるスプリング・ブレイク(春休み)後、主役の男性は弟にカレッジがどういうものか見せて回ろうとするも、学生寮の連中はみんなゾンビ化していてさぁ大変。はたしてSFホラー映画『パラサイト』を超えられるか!? 
----------------------------------------------------------------------------
15:
ふたりの若者が旅に出かけるため、カリフォルニアの砂漠を通過中、立ち寄ったレストランのウェイトレスに一目惚れしてしまいます。しかしその彼女と、ゾンビ軍団を操る金髪の男との間には、何かしらの秘密があるような...? 
トレイラーと解説から、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』的な印象を受けましたが...果たして中身は......YouTubeのコメントでは、「チープなB級映画にしては楽しめたよ」とのこと。
----------------------------------------------------------------------------
15:
人間もゾンビも歌って踊る、やたら陽気なゾンビ映画。自殺志願者のヌーディストたちが集まるキャンプがゾンビ感染したというストーリーらしく、ハダカでボインのゾンビ姉ちゃんたちが何人も登場します。
80年代テイストをバリバリに引き継いだ打ち込みサウンドのテーマ・ソングがツボってしまいます。あまりのバカさ加減に、思わずレンタルしたくなる1本ですね。
----------------------------------------------------------------------------
17:
40歳無職のおっさんがゾンビをぶっ殺しまくる、キューバ初のゾンビ映画がこちら。
以前にもアツくご紹介しましたように、広がる青空と太陽、バックに流れるラテン・ミュージック、しょうもない下ネタ、セクシーなレディーたち、そして何よりキューバらしいアイデアに溢れたゾンビ・アレンジ。
そして、超絶に可愛いヒロインが出演しています。多分今回の25選の中でも、トップクラスのオススメ作品じゃないかと。
----------------------------------------------------------------------------
18:
シンガポールで初めて作られたというゾンビ映画。トレイラーだけでは低予算でB級臭が漂う以外何も判りませんが...。設定もありがちで、シンガポール軍で研究されていた細菌が国中に広がってしまい、主人公たちは国外脱出を目指すというストーリーだそうです。
----------------------------------------------------------------------------
19:
英語でのタイトルが『Lust of the Dead』という、ちゃんとした「オブ・ザ・デッド」映画で、「童貞オタクを除く世界中の全男性が、不死身のレイプ魔化!!」という、エログロ・ゾンビな日本の作品です。
彼らの息の根を止めるには、キ○タマを撃ちぬくか、チ○ポを切り落とすしかない...という、世にも怖ろしい殺害方法で女性たちは生き延びて行きます。
----------------------------------------------------------------------------
20:
テキサスの森の中で、若者たちがルネッサンスごっこを楽しんでいたところにやってきたミステリアスな男性。彼が飲ませたドリンクに含まれていた何かによって、若者たちはゾンビに変わってしまいます。実在する小規模イベントにインスパイアーされ作られた、ルネッサンスな低予算ゾンビ映画です。
----------------------------------------------------------------------------
21:
オーストラリアで作られた、監獄が舞台の...まったくゾンビものではない映画。1983年10月に、アメリカのイリノイ州に在る刑務所「ニュー・アルカトラス」で起きた実際の事件をもとにしています。そして90人の出演者のうち、50人が本物の囚人という緊張感漂う1本です。
内容は、ハイテクすぎるがゆえにルールがなく、麻薬や金品、または自分の身体の売買が普通にまかり通っている監獄の物語。看守たちもそれを容認しており、中にはそうした好意を手伝う者もいます。ですがそうした囚人たちと同じ扱いで凶悪犯だった囚人たちが収監されるようになってから、暴力行為が激化していく様子が描かれています。
しかしこれ、ゾンビによる市民戦争でも起こっていそうなタイトルなんですけどねぇ。お暇な方はYouTubeで全編通して観られますので、良かったらどうぞ。
----------------------------------------------------------------------------
22:
「夜」のナイトではなく、中世に活躍したナイト(騎士)たちによる、黒魔術のゾンビ退治映画です。わざわざ騎士道とゾンビとをミックスしてしまった発想が素晴らしいのですよね。トレイラーからしても、わりとお金をかけているようですし、ストレスなく観られそうな気がします。
----------------------------------------------------------------------------
23:
こちらも「騎士」の方のナイトで、ヴァイキングと戦います。ですが中身は、アイスランドに住んでいる15歳の高校生たちによって、ハンディーカムで撮られた微笑ましいクオリティーの1本。YouTubeでは、1時間26分という全編をノーカットで視聴できるようになっています。
----------------------------------------------------------------------------
24:
セクシーなハダカの人物が登場するでもなく、コメディーでもない、タイトルのわりにどっちつかずなゾンビ映画です。女性ロマンス作家と、トラウマを抱えた退役軍人の便利屋に、嵐とともに恐怖をもたらすミステリアスな者たち...。
超低予算なだけでなく、脚本も焦点がとっ散らかっているそうで、ネットでは物凄く辛口に評価されていました。ソソるタイトルだけに残念ですね。
----------------------------------------------------------------------------
2

続き・詳細・画像をみる


ベビーカーを蹴って逮捕された男の供述がまんまお前らでワロタwwwww

猫を飼ってる奴ちょっと来い

生きてる実感がするのってどんな時?

元AKBの篠田麻里子の変身がフリーザ以上wwwwwwwww (※画像あり)

※信じちゃってる奴wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

小学生高学年の女子向け保健の教科書(性教育)

家のストーブ田舎丸出し過ぎクソワロタwwwwww

加藤浩次がテレビ出すぎな件・・・

中国 、「1人当たりの軍事費は日本の5分の1」という主張を始めるwwwwwww

「理由を説明して断ろうとするのは、無意味な試みである」という非常に良い例

韓人もホワイトハウス請願運動開始、 「グレンデールの平和の少女像、守って!」〜日本人の撤去要求に正面対抗

腐女子「最近の男性声優イケメンすぎ!」 俺「ヘァッ!?」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先