鳥山明「天下一武道会はいかにゴクウを優勝させないかで悪戦苦闘した」back

鳥山明「天下一武道会はいかにゴクウを優勝させないかで悪戦苦闘した」


続き・詳細・画像をみる

1:
読者からのアンケートはゴクウが圧倒的人気だったから
天の邪鬼な性格だからゴクウを優勝させないようにしたってインタビューで言ってた
後は、ドクタースランプの時、漫画書くのが辛かったから辞めさせてくれと
編集部に言ったら三ヶ月後新作書くなら辞めさせてくれる約束をしたから
ノープランでドラゴンボールを始めたと
最初はゴクウにしっぽがない設定だった
常に行き当たりばったりでどんな展開になるか自分でも分からなかったらしい
ブウが出てきてからはこれ以上はないなと思って辞めたと
自分の書きたいものと編集部が指示するストーリーは常に違うもので
編集部の指示を書くとウケてたから自分の意見が出せなくなったらしい
最後に今の地位になって怒ってくれる存在は桂正和だけらしい(マジ)
ソースはメンズノンノ
作者「この作品と作品は世界観つながってますw」
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4597934.html
4:
亀仙人が優勝したんだよな
さすがにそれは知ってる
5:
桂正和のくだりでほっこりするな
6:
桂正和は親友らしいよ
いつか原作鳥山明、絵桂正和で漫画やりたいらしい
7:
3回めでやっと優勝できたからな
9:
2回目誰に負けたんだっけ
テンシンハン?
19:
>>9
そう
10:
編集部の指示を書くとウケてたってことは編集部は優秀だね
11:
D・N・A2でスーパーサイヤ人になってたからな
あれ鳥山のアイデアらしい
12:
その編集ってのはマシリトのことなのかな
25:
>>12
マシリトって書いてたよ(*^ー^)ノ♪
14:
この人寺田克也とも親交があるんだよな
「スタンド使いは引かれあう」みたいなもので絵の上手い人間ってのは引かれ合うんだろうか
17:
天津飯戦では
実は場外だったみたいな負け方してたかな
21:
二人とも場外で悟空が車にはねられて先に落ちたって設定
27:
俺いつも思うんだけど亀仙人って体力作りはさせたけど技の修行なんてさせてたっけ
30:
ドラゴンボールは行き当たりばったりで書いてたらしい
どんな展開になるか自分でも全く読めなかったらしい
32:
ドラゴンボールは基本的に技の訓練なんてしないじゃん
筋トレしたら全体的に戦闘能力がアップする世界
34:
技の訓練といえば元気玉とフュージョンだな
36:
基本戦闘力とエネルギー弾の威力が強いかどうかの違いだからな
40:
亀仙人が頑張って悟空に優勝させなかったのは調子こかせて増長させない為
これって芸能人にも通じるよな
こういう謙虚さや下積みが無い奴がコネごり押しでいきなりスーパーサイヤ人だのやり出すから人気が出ない
41:
ヤムチャがあそこまで惨めな役回りだったのも編集部の意向なんだろうか
基本かませ犬にしてももうちょっとカッコ良く描いてあげてもよかったのに
操気弾とか複数出現させてオールレンジ攻撃とか発展性もあったのに
388:
>>41
飲茶は情けないところがいいんだよ
脇役もみんな顔がよくてそれぞれにかっこよく活躍する見せ場がある漫画とか多いけど
そういう作品じゃないところがドラゴンボールのいいところ
43:
こないだまでジャンプでやってた鳥山のやつ全然単行本出ないな
47:
銀河パトロールジャコでブルマに実は姉が居たという後づけ設定
58:
鳥山「人造人間編の敵描いたンゴ」鳥嶋「は?」
鳥嶋「こんな爺とデブのじゃウケねーわ、敵はイケメンと美女にしろ」
鳥山「イケメンと美女にしたンゴ」
鳥嶋「誰がガキにしろって言ったよ?こんなんぶっ殺したら倫理的にヤバいだろ!」
鳥山「じゃあマッチョも出すンゴ」
鳥嶋「今更こんな味気ない奴ラスボスにならん、やっぱバケモノ出そう」
鳥山「バケモノ描いたンゴ…」
鳥嶋「イケメンにしろっつったろ!!!
69:
>>58
こういう話他にもないの
恋愛要素取り入れたくなかった鳥山と
入れたくて猛抗議したマシリトの話は知ってる
59:
ブウ編はたしかに最後と決めて残りのリソース全て注ぎ込んだ感は出てたな
個人的にドラゴンボールのデザインで一番好きなのが「魔人ブウ(悪)」だ
細マッチョ体系なのに肉の質感がたるっとだらしないのと眼球の配色が不気味で特に良い
70:
水島新司もバッティングのカットのできの良し悪しでヒットだったりホームランだったりしたらしいな
84:
実際ドラゴンボールが成功してたころのジャンプは
調子に乗りすぎて全作品天下一部同会やってるみたいな
全部同じような話になってたからなw
95:
鳥山は学校でオール5だったらしいけど
地頭がいいやつは行き当たりばったりで始めても
絵や構成やストーリー含めて
それなりもしくはそれ以上のものが作れるんだよな
105:
鳥山はカーモデルやスクラッチフィギュアもめちゃくちゃ上手い
頭の中にある立体を紙の上に自在に引き出せるんだな
106:
桂正和のほうが年上なん?
110:
同期かな
アラレとウイングマン同じぐらいの時期にやってた気がする
112:
何かドクタースランプの話で桂正和と地元がどっちが田舎かで
喧嘩してた話があったような記憶がある
128:
>>112
131:
>>128
糞ワロタwwww
くっだらねぇw
114:
ヤムチャってフリーザより強いんだろ
121:
アニメだと天津飯とヤムチャが界王星に来たギニュー特戦隊をボコってたな
123:
アニメだと最終的にはセルより強くなったからなヤムチャは
134:
そうだよなぁウイングマン書いてたんだもん相当な歳だよな
俺らの世代だとその後の電影少女やDNA2の印象が強い作家だけど
135:
亀仙人は何気に特訓が厳しかったよな
天下一武道会終わったら、自力で世界一周して来いとか
142:
>>135
おまけに勉強もさせるからな
亀仙流とは武術のみならず人間形成そのものを司ってるわけだ
160:
そう言えばピッコロ大魔王倒して世界を救うことより天下一武道会で優勝したかどうかにこだわってたな悟空
163:
>>160
正義の味方じゃないんだよな
結果そうなってるだけで
そこらへんにちょっとした美学があるのかもしれん
170:
まあ実際面白かったからなドラゴンボール
ナメック星でデンデ抱えてクリリンがかっ飛ばすところ2話掲載でスゲー燃えたw
ただブウ編の終盤とか絵が雑になってコマ割りが急に小さくなって終わらせたいんだなってのが感じられてちょっと悲しかったが
174:
>>170
俺もナメック星編一番好き
ちゃんとタイトル通りドラゴンボール争奪戦だしその中で頭脳戦、三つどもえとかわくわくした
173:
鳥山明の絵柄って物凄いスッキリしてて見やすいんだよな
高橋留美子もそう
キャラの線がハッキリしててゴチャゴチャしてないシンプルな絵だからかな
182:
ドラゴンボールはレッドリボン軍編が至高でしょ
絵が特に鳥山明の全盛期だ
192:
フリーザの脇にいるザーボンとドドリアがベジータと同じくらいだと知った時の絶望感とワクワク感
193:
悟空とピッコロがタッグ組んだときは事件だったな
クリリンが死んだ時もだけど
194:
クリリンがタンバリンに殺された時か
197:
18号のデザインのモデルはたしかジョディー・フォスターなんだよな
鳥山先生の価値観っていい女=金髪白人という感じで非常にわかりやすいわw
202:
ラスボスなのに部下に敬語ってのも面白かった
ザーボンさん ドドリアさん
234:
>>202
結構失態するザーボンにも寛大だったな
ドラゴンボール奪われても最後のチャンスあげたし
203:
フリーザは4形態もあったのにダレなかったのは第一と第三を直ぐ終わらせたから
今の糞漫画なら全部ダラダラ長々やるだろう
テンポが良くてさっぱり読めるのが良いねDB
219:
ベジータ戦が一番神がかってるな
まさかヤジロベーやクリリンがあんなに鍵を握ってくる展開になるとは
223:
>>219
気円斬ってずっと使われ続けてたよな
どんどん強くなっても一刀両断する強必殺技として
244:
ドラゴンボールは女々しいお涙頂戴やポエムが無いから好きだわ
248:
恋愛とも無縁だからな
作者が描くの苦手だそうだが
ランチさんは結局どうなったんだろ?
255:
>>248
魔人ブウを元気玉で倒す時に出てくるけど
宅急便みたいなののドライバーやってた
257:
>>248
ランチは天津飯追いかけて放浪してる
ブウ戦元気玉のシーンの17号は最初ランチだったらしい
273:
日本の漫画は読者の反応を見て編集者とディスカッションしながら作っていくものだしね
トキがアミバだったり三井がバスケ部に入ったのも読者人気が出たからとか
287:
>>273
その結果が今のジャンプw
301:
ナッパ戦の絶望感といったらないわ
あんなにあっけなく殺されていく様は当時小学3年生だった俺にはショックでしかなかった
クリリンじゃないけど心の底から早く来てくれ悟空と思った
311:
ドラゴンボール連載してる横でシティーハンターやろくでなしブルースも
連載してたのが黄金期ジャンプの凄いところ
あの頃の作家は絵が上手い人が多かった
324:
>>311
シティハンターも好きだったなあ
ミックvs海坊主とかゾクゾクしたもんさ…
360:
GTは一切見てないんだけど面白かったの?
もう話広げようなかったような
物語の最後に主人公が死んだり行方不明になる作品を教えてくれ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4602065.html
370:
>>360
別にいわれてるほど悪くはない
特に最終回は普通に泣ける
クリリンの「悟空も武天老師様も昔のままで俺だけ年を取って…」のセリフは
まさにドラゴンボールを見続けてきた読者視聴者の気持ちを代弁した最後を飾るにふさわしいセリフ
372:
>>360
最初はテンポがよくてなかなか面白い雰囲気が出ていた
バトルじゃなくてドラゴンボール探し中心だったのも良かったと思う
けどすぐに破綻した
374:
神と神は賛否両論だったみたいだけど個人的には好きだったな
鳥山明らしい展開とオチだった
406:
トリシマさんは担当編集者から編集長(ラッキーマン時)を経て今じゃ取締役らしいな
担当した漫画家次第で出世が決まるのかDT松本も著書で吉本も同じようなシステムみたいなこと言ってた
408:
ヒットさせるのに編集の力量も絡んでるからな
411:
ちょっと書き起こすわ
デザイン会社ではどういう仕事をしていたんですか?
鳥山「チラシがほとんどでしたね。なかには写真を撮るお金がないクライアントもいて、鶏肉を絵で描いてほしいという依頼もありました。
それでニワトリを描いてみせたら『これはおんどりだからダメだよ。うちはめんどりしか出さないんだから』と言われて(笑)
ほかにも靴下ばかり何百足とか、ベビー用品のロンパースとか、いろんなものを描きましたね。
その時はイヤでしたけど、この経験はあとに役にたったかなと思います。」
414:
まさかチラシの絵を描いてたなんて驚きです
鳥山「そんな仕事ばかり僕に回ってくるからとにかく残業が多くて大体家に帰るのは深夜2時とか3時でした。
そうすると朝は起きれなくて遅刻ばかりしていましたね。ほんの10分とか15分程度なんですけど、3回遅刻すると一日欠勤と同じ扱いだったので事務で入った新入社員の女の子とボーナスを比べたら3年目の僕の方が全然少なかったんですよ。
これはいかんと思って会社を辞めることにしました。」
書き起こすのはここまで
後、ディズニーにも影響受けたと言ってる
412:
タレント的な活動してない漫画家が徹子の部屋に出たのって結構めずらしくね
415:
会社辞めて
「おかーさん、100円ちょー」
「はたらきなさい」
になるわけか
鳥山明が漫画家になった経緯ワロタ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4421235.html
416:
漫画になっていなかった作品を見て伸びしろがあると
思った鳥嶋はすげえな
417:
>>416
何度も落選したと言ってる
5作品くらいは落選したと
421:
>ブウが出てきてからはこれ以上はないなと思って辞めたと
フリーザが出てきてから地球を破壊できるパワーになったんだからここで辞めとけや
422:
社会がそれを許さなかったんだよ
424:
連載やめるときも編集者に加えて玩具屋やTV局のエライさんも集まって延々と説得されたらしいからな
42

続き・詳細・画像をみる


『蟲師』アニメ第1期登場のガールズ一覧

【ジブリといえば…】 ジブリに出てくる料理を実際に作ってみたまとめ

中華料理屋の親父がラーメンやチャーハンを作る時に。仕上げでカンカンカンと入れる白い粉ってなに?

女医の西川先生が号泣・・・・・

櫻井よしこ 「私は、オバマ政権への失望を禁じ得ない」

俺「もきゅ?」 女子高生「やだこの子かわいい〜!」

back 削除依頼&連絡先