美希「まずハニーと結婚するの」back

美希「まずハニーと結婚するの」


続き・詳細・画像をみる

1:
美希「そして真クンとも結婚するの」
美希「すると両手に花なの!!」
美希「完璧なの!!」
P「」
真「」
2:
完璧なの!!
3:
美希はかしこいなぁ
8:
P「…美希?」
真「それは…無理じゃないかなぁ…」
美希「ミキに不可能はないの!」
P「そ、そうか…」
真「まぁ…えっと…頑張って…?」
美希「そうと決まれば早ハニーと結婚するの!!」
P「いや、えっと、そのだな…」
真「えーっと…うーん?」
12:
美希「…何か問題でもあるの?」
P「いや、大アリだよね」
真「そもそもボクと美希じゃ同性だから結婚出来ないし…」
美希「なら同性でも結婚出来るところで結婚するの」
真「そうきたかぁ」
P「…それに美希とはまだ結婚出来ないぞ?年齢的な問題で」
美希「しばらく待てばいいだけの話なの」
P「そうか…」
13:
真「…まぁ、それまでに美希の気持ちが変わることを願うよ…」
P「そうだな…」
美希「そんなの絶対にあり得ないの」
真「あり得ないかぁ」
P「あり得てくれた方が嬉しいんだけどなぁ」
美希「…よくよく考えてみたら、結婚にこだわる必要はないの」
美希「ハニーと真クンを今すぐミキのものにすれば…!!」
P「お断りしたいんですが」
真「同じく」
美希「あふぅ」
17:
美希「もー!ハニーも真クンもわがままなの!!」
P「美希に言われたくないなぁ」
真「わがままなのは美希の方だよ…」
美希「むー…じゃあ無理やりにでも」
P「出来るのか?」
美希「出来ればしたくないの」
真「その気持ちは大事だよ美希」
美希「でもハニーと真クンをミキのものにしたいの」
P「諦めは大事だと思うようん」
19:
真「そもそも、なんでボクとプロデューサーなのさ?」
美希「二人とも好きだからに決まってるの」
真「どっちか選べない?」
美希「無理なの」
真「そっかぁ」
P「仮に選ぶとしたら?」
美希「二人ともなの!」
P「わがままなのは良くないと思うな」
美希「わがままなのはハニーと真クンの方なの!」
P「えぇー…」
21:
美希「そんなに拒む理由が分からないの。ミキの事、嫌いなの…?」
P「いや、嫌いじゃないさ勿論」
真「ただ…なぁ…」
美希「なら問題ないの」
P「問題だらけなんだけどそれは」
真「美希、わがままは辞めようよ」
美希「やなの」
真「もうどうしたらいいか分かりませんねプロデューサー」
P「出来れば今すぐ帰りたい」
23:
美希「とりあえずハニーとは子どもを沢山作りたいの」
P「うーん嬉しいようななんだろうね」
美希「で、真クンとの子どもも沢山作るの!」
真「それはいくらなんでも無理じゃないかな」
美希「ミキに不可能はないの!」
真「うん、そうだったね」
P「…なぁ、俺もう帰りたいんだけど」
美希「ダメなの」
P「はい」
24:
美希は可愛いなぁ
25:
美希「…あ、いい事思いついたの!」
P「嫌な予感しかしないけどなんだ?」
美希「まずミキはハニーと結婚するの」
美希「そして真クンもミキと結婚するの」
美希「更にハニーと真クンで結婚するの」
美希「これでみんな幸せなの!!」
P「真、帰ろうか」
真「そうですね」
美希「あふぅ!」
28:
P「さっきと何も変わってないじゃないか」
美希「ちょっと違うの!」
真「…あ、いい事考えた」
美希「?」
真「まず、ボクはプロデューサーと結婚する」
真「で、美希はそれを見てその計画を諦める」
P「なるほど天才だな」
真「いやぁそれ程でもないですよ」
美希「それじゃミキがハブられてるの!なんなのなの!!なんなのなの!!」
31:
真「最大限の譲歩だと思うんだけどなぁ」
P「あ、じゃあ美希。こうしたらどうだ?」
美希「?」
P「まず、俺は真と結婚する」
P「で、美希はそれを見て諦める」
真「さっすがプロデューサーですね!」
P「ははは褒めるなって」
美希「さっきと何も変わってないの!酷いの!!」
34:
真「とりあえず美希、ボクとプロデューサーの二人と結婚するのは無理だからさ」
美希「むー…」
美希「…じゃあハニーと結婚して真クンをミキのカキタレにするの」
真「嫌だよ…」
P「待てそんな言葉どこで覚えた」
美希「そんなのは今はどうでもいいの!」
P「割とどうでも良くない気がするんだけどなぁ」
36:
美希「もー!わがままばっかりでハニーも真クンも酷いの!!」
P「いやいやいや」
真「わがままなのは美希の方だよ…」
美希「このままじゃ堂々巡りなの」
美希「もういいの!だったら無理やりにでもハニーと真クンをミキのものにするの!!」
美希「真クン!覚悟なのー!!」バッ
真「うわっと!?」ヒョイ
美希「へぶっ」ビターン
37:
アホの子可愛い
39:
真「あ…」
P「み、美希!?大丈夫か!?」
美希「…」
美希「びええええん!!痛いのー!!!」
P「お、おい美希?」
美希「うええええええん!!!」
P「あー、ほら、大丈夫だから泣き止めって…というか子どもかお前は…」
美希「ぐずっ…ひっぐ…」
真「ご、ごめん美希…大丈夫?」
美希「…真、クン…酷いの…」ヒック
真「いや、美希がいきなり飛び付いてくるから…」
美希「やっぱり、真クン、は、ミキの事嫌い、なの…ぐずっ、ひっ…」
真「…ああもう、嫌いじゃないってば」
42:
美希「ほん、となの?」
真「本当だってば」
P「…別に俺も真も、美希が嫌いなわけじゃないさ」
美希「…ハニー…」
P「…まぁ、その結婚どうのこうのという話はちょっと無理難題過ぎてアレだけどさ」
美希「…」
真「そういうわけだからさ。ほら、泣き止んでよ」
美希「…うん」
43:
つまり俺と真が結婚すればいいのか
44:
>>43
お前は売れ残り事務員で充分だ
47:
>>44
じゃあ小鳥さんはもらっていきますね
45:
P「やれやれ…怪我とかは無いな?」
美希「大丈夫なの…」
美希「…ねぇ、ハニー、真クン」
P「ん?」
真「何?」
美希「嫌いじゃないなら、スキ?」
P「…いや、そりゃまぁ…恋愛とかは抜きになるけど、好きだぞ?」
真「ボクだって好きだよ、美希の事は。…勿論、恋愛感情は抜きにしてだけど」
美希「…不満だけど、今はそれでガマンするの」
まこP「「えぇー…」」
46:
美希「…すっかり遅くなっちゃったの」
P「そうだなぁ…よし、二人とも。俺が晩飯奢ってやるけど一緒に来ないか?」
真「いいんですか?」
P「ああ、構わないぞ。勿論…」
美希「ミキも一緒に行くの!!」
P「分かってるさ。それじゃ、行くか」
真「あー…ボクお腹ペコペコですよ」
P「俺もだよ。さてと、準備して…お?」ギュ
真「ん?」ギュ
美希「一緒に手を繋いで行くの!」
P「おいおい、もしスキャンダルにでもなったら…」
美希「…一緒にお食事行くのに今更なの」
P「うぐっ…」
真「…まぁ、いいじゃないですかプロデューサー」
48:
P「…ま、いいか…それじゃ、行くぞー」ガチャ
真「はい!」
美希「ハイなの!」バンッ
P「何食べに行くかぁ」
真「あ、ボクハンバーグが食べたいです!」
P「じゃあ近くのレストランにでも行ってみるか」
美希「…」ギュゥ
P「…ん?どうした、美希」
真「どうかした?」
美希「なんでもないの!」
美希(…右手にハニー、左手に真クン)
美希(これぞ、両手に花、なの!)
49:
美希(ちょっと不満だけど…いつかは…)
美希(でもとりあえず、今は…)
美希「…幸せなの!」
真「へっ!?」
P「きゅ、急になんだ!?」
美希「なーんでもなーいの!!」
P「お、おい手を繋いだまま走るなって!」
真「ちょ、美希!!」
美希「れっつごーなの!」
50:
おわり
かわいい美希を書きたかった
5

続き・詳細・画像をみる


P「あけましておめでとう御座います」

【性格診断】あなたの精神年齢が分かる質問

ちょっ!アンタのせいで無遅刻無欠席がっ……!!

うち神社だけど、お賽銭にゲームのコインを入れるのはやめろ

産経の2014年プロ野球順位予想wwwwwwwww

ライオンって動物は神格化されてるけど実際はただのクズだよな

back 削除依頼&連絡先