ハマーン「ミネバ様の勉学の為に見滝原町を買い取った」back

ハマーン「ミネバ様の勉学の為に見滝原町を買い取った」


続き・詳細・画像をみる

1:
ハマーン「これで終わりにするか、続けるか、シャア!」
シャア「そんな決定権がお前にあるのか!」
シャア「あっ」
シャアは艦内の天井部分に亀裂が入っていてるのを見つけ、その中のショートしている機器を狙ってバルカンを発射しようと考えた
ハマーン「口の利き方に気を付けてもらおう!」
バルカンのスイッチを押す
シャア(弾が出ないだと!整備不良か!)
シャア(まだシぬ訳には…)
シャア「分かった、口の利き方に気を付けさせてもらう…いえ、もらいます」
ハマーン「何っ」
シャア「これで終わりにしたいです」
ハマーン「最初から、そう言え!!」
ハマーン(もう少しでお前をコロしてしまう所だったではないか…)
2:
カミーユ「まだ、抵抗するのなら!」
カミーユ「うおおおーーーー!!」
シロッコ「ジ・O!動け!ジ・O!なぜ動かん!!」
シロッコ「ううっ!うおー!」
カミーユ「ここからいなくなれーーーー!!」
シロッコ「私だけが、シぬわけがない…貴様の心も、一緒に連れ…」
ピキューン
シロッコ「そ、その声は…まさか…」
シロッコ「何…」
ジ・O爆散
ファ「カミーユ、大丈夫よね?」
ファ「カミーユ!」
カミーユ「ッハァッ!動いた!」
ファ「大丈夫なの?カミーユ!」
カミーユ「ああ、メットを交換する、シロッコのモビルスーツはジュピトリスを道連れにしたんだ」
この戦いの後、シャアとハマーンが和解した為、新たな戦争は起こらずに済んだ
ハマーンはミネバに地球で安全に勉学をしてもらう為、見滝原町を買い取った
これは、その後の物語である
ガンダム&まどかの二次創作SSです
これが長編SS第二作目となります
キャラクターの性格、言動に違和感を感じるかもしれませんが大目に見て下さい
最後まで完成はしていますが、出来が悪くてボツにしようかと思ったSSなので、期待はしないで下さい
念の為にNGそうな漢字はカタカナで変換しています
3:
マシュマー「何ですって!!」
ハマーン「聞こえなかったのか、女子中学生として見滝原中学に通うと言ったのだ」
マシュマー「お言葉ですが、ハマーン様は中学にお通いになる御年齢では…」
ハマーン「案ずるな、制服と学生証があれば女子中学生だ」
ハマーン「見滝原中学はアクシズの一部も同然、断れんさ」
ハマーン「生徒達はともかく、教師達の中で私を知らぬ者はいないからな」
マシュマー「何故、中学になどと…」
ナナイ「その疑問には私がお答えましょう」
マシュマー「ナナイ」
ナナイ「大佐(シャアの事)が原因ですよ」
マシュマー「なるほど…」
ナナイ「女子中学生になれば、大佐が振り向いて下さると考えられたのでしょう」
マシュマー(やはり、友人関係ではご満足出来ないのですね…)
ハマーン(待ってろよシャア、『おじさんとエンコーしない?』と言わせるくらいになってやるからな)
ハマーン(もちろん、本当に言ったら殴るがな)
※マシュマーは強化人間にされていません
4:
早乙女「今日は皆さんに大事なお話があります(ニコニコ)」
さやか「昨日もじゃなかった?一昨日も、その前の日も」
仁美「お話の内容も予想出来ますが…」
まどか「はははは…」
早乙女「『若さ』ってなんですか?ハイ!中沢君!」
中沢「え…えっと…ふりむかない事かと…」
早乙女「そのとおり(ニコニコ)」
早乙女「過去に誰かと交際して長続きしなかった事なんて気にしてはいけません」
早乙女「今が幸せならそれでいいのです」
早乙女「何が幸せかと言えば、昨日…」
ハマーン「何時まで待たせる気か俗物ーーーー!!」
早乙女「ヒィーーッ!!」
5:
さやか「だ、誰?あの人」
仁美「新任の先生でしょうか」
まどか「でも、うちの制服着てるよ」
早乙女「も、申し訳ありません、ハマーン様(ガクガク)」
早乙女「き、今日は皆さんに転校生を紹介します(ガクガク)」
ハマーン「ハマーン・カーンだ、これから宜しく頼む」
クラス全員「えーーーーーーっ!!」
さやか「え、どういう事!?」
仁美「何か事情がおありなのでは」
まどか「何年も入院していたとか」
クラス全員「ざわざわ…」
6:
早乙女「ハマーン様は…」
ハマーン「よせ、それは私が言おう」
ハマーン(ここは本心を言おうではないか、それが受け入れられぬなら、それまでという事だ)
ハマーン「私は本来なら中学に通う年齢ではない」
ハマーン「どうしても手に入れたい男がいてな、その為には中学校に通う必要があったのだ」
ハマーン「私は年甲斐もなくここにいる事を恥ているし、貴様らの反応はもっともだ」
ハマーン「だが私は、手に入れたい男の為になら何でもしようと誓ったのだ」
ハマーン「貴様らに迷惑はかけぬ、だからもう一度言わせて貰う」
ハマーン「ハマーン・カーンだ、これから宜しく頼む」
パチ、パチ、パチ、パチパチパチパチパチ(クラス全員からの拍手)
さやか「好きな男を手に居れる為に何でもする、これが大人の恋ってヤツ!」
仁美「恋する殿方の為に、そこまでされるなんて」
まどか「私のお母さんとは、また違った感じの人だ」
7:
さやか「ねえねえ、ハマーンさんの手に入れたい男って、どんな男なんですか?」
まどか「ちょっと、さやかちゃん」
仁美「いきなり失礼ですよ」
ハマーン「フッ、どうしようもない男だよ、だから苦労している」
まどか「えっ」
ハマーン「これくらい構わんよ」
まどか(最初怖そうな人だと思ったけど、いい人みたい)
さやか「応援していますよ、頑張って下さい」
仁美「私達もですわ」
まどか「はい」
ハマーン「感謝する」
8:
さやか「あの、ハマーンさん…お願いがあるんですけど」
ハマーン「何だ?」
さやか「私達とお友達になって欲しいんです」
まどか「わ、私からもお願いします」
仁美「ハマーンさん」
ハマーン「私などで、よければ構わんぞ」
さやか「本当ですか!」
まどか「ハマーンさん、有難うございます!」
仁美「新しいお友達ですわ」
さやか「じゃあ、さっそくメアド交換しましょう」
まどか「さやかちゃん、ずるい」
さやか「へへへ、早い者勝ちだよ」
仁美「さやかさんの次は私ですわ」
まどか「私が最後になっちゃった…」
ハマーン(フッ、この私に中学生の友人が出来るとは思わなかったぞ)
9:
ハマーン「この公式を…」
まどか「あっ、そうか」
さやか「なるほど、流石はハマーンさん」
仁美「私より教え方がお上手ですわ」
さやか「有難う、ハマーンさん」
ハマーン「いや、お前達には女子中学生の流行事を教えて貰っているしな」
ハマーン「昨日、四人で行ったカフェで食べたケーキは中々の物だった」
さやか「やっぱり判りますか、あそこのケーキは評判がいいんですよ」
まどか「美味しいよね、あのケーキ」
さやか「他には、あのカフェのケーキには負けますが、ケーキバイキングの店でいい所がありますよ」
仁美「さやかさん、また食べ過ぎて『ダイエットしなきゃ?』にならなければよいのですが」
さやか「だ、大丈夫だよ、今度は控えめにするから」
まどか「さやかちゃん…前にも控えめにするって言ってたけど…」
仁美「結局『ダイエットしなきゃ?』になってしまいましたわね」
さやか「うっ…本当に今度は大丈夫だって」
ハマーン「そうか、次はそこに行こうじゃないか」
さやか「行きましょう、絶対に」
10:
まどか「さやかちゃん…」
仁美「やはり『ダイエットしなきゃ?』になってしまいましたわね…」
さやか「こんな筈じゃなかったのに…」
ハマーン「よく、あそこまで食べれたものだな…」
さやか「この後、どうしようか」
仁美「カラオケに行きませんか」
さやか「それいいね、ハマーンさんの歌、聴いてみたいです」
まどか「あっ、私も聞いてみたい」
ハマーン「私の歌か…」
仁美「いかがですか?ハマーンさん」
ハマーン「いいだろう、行こうじゃないか」
仁美「決まりですわね」
さやか「よし、善は急げ」
まどか「さ、さやかちゃん、待ってよ」
仁美「ハマーンさん、行きましょう」
ハマーン「ああ」
11:
ハマーン「では歌うぞ、曲は『Sail Alone』だ」
まどか「………」
さやか「………」
仁美「………」
ハマーン「終わったが、どうだった?」
さやか「友達を様付けで言うのは変かもしれないけど…」
仁美「言わせていただきますわ」
まどか「うん」
まどか&さやか&仁美「ハマーン様、バンザイ!!」
仁美「凄く良かったですわ!」
ハマーン「年の功というヤツさ、大した事はない」
まどか「かっこよかったです!」
さやか「あっ、それ私が言おうと思ってたのに」
まどか「ご、ごめんなさい、さやかちゃん」
さやか「許さない、うりゃ、うりゃ」
ハマーン「仲がいいな、お前達は」
さやか「分かりますか、まどかは私の嫁になるんです」
ハマーン「そうか、なら私もさやかを応援しようじゃないか」
さやか「有難うございます」
まどか「ハ、ハマーンさん?」
仁美「くすくす」
12:
ハマーン「さやか、仁美、おはよう」
さやか「おはようございます、ハマーンさん」
仁美「おはようございます、今日はハマーンさんが三番目でしたわね」
ハマーン「まどかは、まだらしいな」
さやか「もうすぐ来ると思います」
まどか「おはよう」
さやか「まどか、遅い」
仁美「おはようございます」
ハマーン「まどか、おはよう」
ハマーン(私の中学生活も一週間過ぎたが、こうやって友人が出来て、しかも一緒に登校する展開は予想していなかったな)
さやか「どうしたんです?ハマーンさん」
仁美「とても嬉しそうな顔をされていましたよ」
まどか「うん、してた」
ハマーン「何でもないよ、何でも」
13:
早乙女「今日は皆さんに大事なお話があります(ニコニコ)」
さやか「はあ…」
仁美「今日もですか…」
まどか「はははは…」
ハマーン「初日から、一週間連続で惚気話を聞かされるのか…」
早乙女「『愛』ってなんですか?ハイ!中沢君!」
中沢「え…えっと…ためらわない事かと…」
早乙女「そのとおり(ニコニコ)」
早乙女「愛する人に何かをしてあげようとする時は、ためらってはいけません」
早乙女「愛する人にしてあげたい事が、逆に愛する人を苦しめてしまうかもしれないと考える時もあるでしょう」
早乙女「ですが、そんな後向きな考え方では愛する人に何もしてあげれません」
早乙女「私も昨日、愛する人の為に…」
14:
5分後
早乙女「そうでした、今日は皆さんに転校生を紹介します」
さやか「また転校生?」
仁美「今度は、どういった方なんでしょう?」
まどか「また、女の人かな?」
ハマーン「どんなヤツだ?」
シャア「転校して来ました、シャア・アズナブルです、宜しく」
アムロ「転校して来ました、アムロ・レイです、宜しく」
ハマーン「おい」
15:
まどか「えっと…ハマーンさんの時と同じで、どう見ても中学生じゃないよね…」
さやか「大人の間で中学校に通うのが流行っているとか…」
仁美「それはないと思いますわ…」
ハマーン「………」
早乙女「えっと、この方達はハマーン様のご友人だそうです」
クラス全員「何だってーーーーーー!!」
さやか「ハマーンさんの!」
シャア「私達はハマーンの事が心配だったのでな」
アムロ「だから、この見滝原中学に通う事にしたんだ」
アムロ(シャアは女子中学生と仲良くしたいというのが本当の理由だが…)
17:
シャア&アムロ「ハマーン共々、これから宜しく頼む」
パチ、パチ、パチ、パチパチパチパチパチ(ハマーン以外のクラス全員からの拍手)
仁美「お友達想いの方達ですわね」
まどか「うん」
ハマーン(アムロはともかく、シャアは女子中学生と仲良くしたいというのが本当の理由だろうな…)
ハマーン(しかし…私もだが…)
ハマーン(何故、クラスの連中は大人が転校してくるのを受け入れられるのだ?)
クラス全員(ハマーン様のご友人、失礼があってはいけない…)
まどか「ハマーンさんは、自分が知らない間にクラスを掌握していた事に気付いていませんでした…」
18:
回想シーン
アムロ「俺に話しとは?」
ナナイ「わざわざ、すみません」
マシュマー「実はハマーン様が……」
マシュマー説明中
アムロ「ハマーンには同情するよ…二人にもな」
ナナイ「それでお頼みしたい事とは…」
ナナイ説明中
アムロ「俺がか!」
マシュマー「ハマーン様だけでなく、シャア大佐とも対等な存在のアムロ殿にしか、お頼み出来ないのです」
アムロ「シャア?」
ナナイ「大佐に、この事が…」
アムロ「バレたのか!」
マシュマー「自分も見滝原中学に通わさなければ、アクシズを地球に落とすと…」
アムロ「ハマーン流に言うと、本当に俗物だな…」
アムロ「分かった、俺も見滝原中学に通って、二人をフォローしよう」
マシュマー「ご苦労をおかけしますが…」
ナナイ「宜しくお頼いします…」
回想シーン終わり
※アムロは連邦に戻らずアクシズで仕事をしています(理由の一つにシャアの監視)
 今はシャアやハマーンとは友人関係です
19:
ハマーン「そうか、ナナイとマシュマーに頼まれたのか」
アムロ「ああ」
ハマーン「すまないな…」
アムロ「いや、いいんだ」
アムロ(シャアが見滝原中学に通わさなければ、アクシズを地球に落とすと言った事は黙っておくか)
アムロ(そんな事を言ったら、二人のフォローなんて出来なくなりそうだ)
ハマーン「そう言えば、シャアはどうした?」
アムロ「校内見学に行くと言ってたが…」
ハマーン「おそらく、校内ではなく女子生徒を見て回りに行ったのだろう」
アムロ「そうだろうな…」
20:
アムロ「それで、どうだったんだ?校内見学は」
シャア「若さとはいいものだな」
アムロ&ハマーン(予想通りの返答だな…)
さやか「あっ、いたいた」
仁美「本当ですわ」
まどか「ハマーンさん、アムロさん、シャアさん」
ハマーン「おや」
シャア「あの娘達は?」
ハマーン「私の友人達だ」
シャア「ほう」
ハマーン「分かっていると思うが、手を出したら言葉通り、二度と手が出せない状態にするぞ」
シャア「はい…」
21:
さやか「アムロさんとシャアさんってハマーンさんのお友達なんですよね」
シャア「腐れ縁なだけさ」
アムロ「おい」
ハマーン「何をカッコつけて言ってる!」
さやか「ははは」
仁美「でも、ハマーンさんが心配で、こちらに来られたのでしょう?」
アムロ「ああ」
シャア(確かに、少しは心配だったかな)
さやか「それでハマーンさんが好きな人って、どっちですか?」
シャア「ハマーンが好きな人だと?」
アムロ(お前の事だよ…と言うか昔、ハマーンと付き合っていたんだろ…)
アムロ(まさか、付き合っていたという自覚がなかったのか?)
アムロ(と言ってやりたいが、ハマーンから口止めされているしな)
ハマーン「くっ、当て身」
バキャッ
シャア「………」
アムロ「今のが当て身か…思いっきり殴ったぞ…」
ハマーン「つ、つい力が入ったのだ」
22:
まどか「え、えっ、ハマーンさん?」
さやか「いきなりどうしたんですか?」
ハマーン「すまないが、その事はシャアには黙っていてくれないか」
ハマーン「クラスの連中にも、そう言っておいてくれ」
仁美「ハマーンさんの恋する殿方は、シャアさんでしたの」
ハマーン「そ、そうだ」
アムロ「ハマーンは自分の口から、それをシャアに伝えたいんだ」
さやか「なるほど」
仁美「分かりましたわ、クラスの方達にも伝えておきます」
ハマーン「感謝する」
まどか「………」
さやか「どうした?まどか」
まどか「あの…シャアさんが息していませんけど…」
シャア「………」
さやか&仁美&アムロ&ハマーン「えっ…」
23:
シャア「こ…ここは…何処だ…私は…」
まどか「あっ、シャアさんが」
アムロ「ここは病院だ」
ハマーン「き、貴様は空から落ちて来た隕石に頭をぶつけて、病院に運ばれたのだ」
シャア「誰かに殴られた気がするが…」
ハマーン「き、気のせいだ」
まどか(いいのかな…本当の事、言わなくて…)
アムロ「傷は大した事はないようだ、入院しなくていいらしいぞ」
シャア「そうか」
ハマーン「仁美もお前を心配していたぞ、先程まで病室にいたが、家の用事とやらで帰った」
アムロ「美樹さんもいたが、今はこの病院に入院している幼馴染の所にいる」
まどか「私、シャアさんが気がついた事をさやかちゃんに伝えて来ます」
アムロ「ああ、よろしく」
ハマーン「私は院長と話をして来る」
24:
ハマーン「おい!(ギロッ)」
院長「な、なんでしょうか、ハマーン様」
ハマーン「シャアは入院しなくても大丈夫なんだろうな」
ハマーン(私が原因だからな、流石に責任を感じてしまう…)
院長「も、もちろんです、当病院の医療技術はかなりのものです」
院長「ハマーン様もご存知な筈です」
ハマーン「アクシズの医療技術に比べれば、かなり劣るがな」
ハマーン「それでだ、私の友人の幼馴染が、この病院に入院しているのだが」
ハマーン「この病院で治せるのか聞いておきたい」
院長「患者のお名前は?」
ハマーン「上条恭介だ」
院長「………」
ハマーン「どうした?」
院長「患者の守秘義務というモノがありまして…」
ハマーン「いいから言え!(ギロッ)」
院長「は、はい…残念ですが、彼の指は…」
ハマーン「そうか…」
ハマーン(だがアクシズの医療技術なら、治せるかもしれん)
ハマーン(ここは友人の為に人肌脱ぐのも悪くないか)
25:
アムロ「アクシズの医師団の手術は成功したみたいだな」
シャア「流石はアクシズの医療技術というところか」
ハマーン「当然だ」
アムロ「彼の両親は医者から今の医療技術では治せないと、伝えられていたみたいだな」
シャア「それを彼にどう伝えるか悩んでいたとはな」
ハマーン「アクシズの医療技術は今というレベルではない」
ハマーン「彼や彼の両親からは何度も礼を言われたよ」
ハマーン「さやかにもな」
さやか「ハマーンさん!」
ハマーン「噂をすれば何とやらか」
26:
さやか「ハマーンさん、恭介にどうして、あんな事を言ったんですか?」
ハマーン「あんな事とは?」
さやか「私がハマーンさんに『アクシズの医療技術で恭介を助けて下さい』とお願いしたから、助けたと」
ハマーン「余計な事だったかな」
さやか「いえ、恭介が以前より私に優しくなったし、感謝しています」
ハマーン「友人の恋路を応援したいと思ったから言ったのだが」
さやか「えーーーっ!!」
ハマーン「私が気付かないとでも」
アムロ「ちなみに、俺やシャアも分かったぞ」
シャア「ああ」
さやか(な、なんて勘の鋭い人達なの!凄すぎるわ!!)
27:
まどか「あっ」
仁美「ここにいらしたの」
さやか「まどか、仁美」
仁美「全員揃っていますわね」
ハマーン「どうした?」
まどか「みんなでカラオケに行きませんか」
仁美「アムロさんやシャアさんの歌も聴いてみたいですわ」
アムロ&シャア「おいおい」
ハマーン「それはいいな」
28:
仁美「あのハマーンさん、アクシズの医師団の件、有難うございます」
ハマーン「仁美も彼の事が…」
仁美「はい、だからまだ諦めません」
ハマーン(彼と接点があるとは知らなかったから気付かなかったぞ)
ハマーン「さやかと仁美、私はどちらを応援したらいいのだ?」
仁美「どちらも応援して下さい、私もさやかさんもハマーンさんの、お友達なのですから」
ハマーン「分かった」
まどか「仁美ちゃん、ハマーンさん行くよ」
仁美「じゃあ行きましょうか」
ハマーン「ああ」
29:
アムロ「こんな事が…」
シャア「これは予想していなかったな…」
まどか「ひどいよ…こんなのって」
さやか「超ムカツク!」
仁美「許せませんわ!」
ハマーン「おのれ、私達を愚弄する気か!」
ハマーン「おい店員!このカラオケ機、壊れているぞ!!」
店員「も、申し訳ありません」
ハマーン「他の部屋を使う、案内しろ!」
店員「そ、それが他の部屋は全て満室でして…」
ハマーン「何だと!貴様!!」
30:
アムロ「仕方がない、ここは俺が何とかしよう」
シャア「そうか、その手があったか!」
まどか「どうするんですか?」
ハマーン「アムロは昔、機械いじりが趣味だったのだ、これくらいの機械なら直せる筈だ」
さやか「ホント!アムロさん凄い!!」
仁美「素晴らしいですわ!」
ハマーン「おい店員、このカラオケ機は修理してやる、そのかわりカラオケ料金も飲み食い料金もタダにして貰うぞ」
店員「はあ…業者に払う修理費より安くなりそうですし、店長に話してきます」
まどか「料金をタダにして貰った私達は、遠慮なく歌って食べて飲んだり(私達はジュース)しました
 とても楽しくて、私達は笑顔で帰りましたが、店長さんと店員さんは泣き顔でした
 どうやら私達の料金は業者に払う修理費と同じくらいだったそうです
 店長さん店員さん、ご馳走様…いえ…御免なさい」
31:
さやか「いやあ、楽しかった!」
ハマーン「ああ、タダだったから余計にな」
さやか「アムロさんのおかげだね」
まどか「もう少し遠慮した方がよかったかも…」
仁美「まどかさん、気にする必要はないですわ」
シャア「壊れたカラオケ機のある部屋に案内するなど、客をバカにしている」
アムロ「まあ、ワザとじゃなかった様だがな」
さやか「そうだ、アムロさんやシャアさんともメアド交換しようよ」
仁美「そうでしたわね、まだメアド交換していませんでしたわね」
まどか「今度は私が最初だよ」
32:
アムロ「いいのか?」
さやか「もちろんです、もうアムロさん達とも、お友達ですから」
仁美「その通りですわ」
まどか「そうだね」
アムロ「みんな、有難う」
シャア「感謝する」
シャア(女子中学生とお友達…私はここに来てよかった…)
ハマーン(こういうのも悪くない、いや…楽しいものだな)
ハマーン(私とした事がガラにもなく、このまま何も起こらず、何も変わらない日常の中で
  この友人達と過ごしたいと思っている…本当にこのままであって欲しいものだ…)
33:
杏子「待ったかい?」
???「いや、私が早く来すぎたのだ、許してくれ」
杏子「ずいぶん、低姿勢なんだね、そんな風には見えないんだけどさ」
???「私は君に仕事を依頼する立場なのだ、当然だよ」
杏子「で、魔法少女のあたしに仕事ってのは?」
???「私の名を聞かないのか?」
杏子「引き受けると決めたら、聞かせてもらうよ」
???「私と一緒に見滝原町に行ってもらいたい、そこで私の指示通りに動いてもらう」
杏子「見滝原町にも魔法少女はいるけど、ソイツと戦えってのが仕事かい?」
???「何と戦うか、何をするかは、状況次第だ」
杏子「行ってからの、お楽しみって訳だ」
???「戦うとしても魔法少女かもしれないし、魔女かもしれない、もしかしたらそれ以外になるかもな」
杏子「それ以外の相手?」
???「やっかいな連中だ」
杏子「ふうん」
34:
???「それで、引き受けてもらえるかな」
杏子「報酬は?」
???「前金でこれだけで、仕事が済んだら、これの二倍でどうだね?」
杏子(こんなにも…これだけあったら、しばらく盗みはしなくても暮らしていける…)
杏子「引き受けるよ」
???「感謝しよう」
杏子「それで、あんたの名前は?」 
???「私の名は…」
シロッコ「パプテマス・シロッコだ」
36:
ほむら(今度こそ…まどか…)
別のクラスの担任「今日は皆さんに転校生を紹介します」
ほむら「………」
別のクラスの担任「どうしたんです?」
ほむら(まどかのクラスじゃない…)
ほむら(今までこんな事はなかったのに、どういう事なの…)
ほむら「あの先生、私のクラスは隣では?」
別のクラスの担任「隣のクラスは転校生が三人も来たから、流石に四人目は要らないでしょう」
ほむら「は?」
別のクラスの担任「『は』じゃありません、早く自己紹介を」
ほむら「まどかとの教室での再会が…(クスン)」
37:
仁美「今日は先生のアノお話があったので、疲れましたわ」
まどか「今度は彼氏と、うまくいくと思ったんだけど…」
さやか「また、ダメだったんだねえ」
アムロ「また?」
まどか「これが初めてじゃないんです」
シャア「人は分り合えないのか…」
アムロ&ハマーン(お前も人の事、言えんだろ)
まどか「この後、どうしようか?」
ハマーン「そうだな…」
ほむら「………」
38:
ハマーン「ん?」
アムロ「誰だ?」
シャア「アムロ、ハマーン」
ハマーン「分かっている」
アムロ「誰かが、こちらを…俺達三人を見ている」
ハマーン「どうやらクラスの外にいる、あの少女のようだな」
ほむら「………」
ほむら(この人達が転校生?どう見ても大人じゃないの)
ほむら(でも、こんな人達が転校してくるなんて、今までなかった)
ほむら「………(ジロッ)」
ハマーン「………(ギロッ)」
ほむら「………(ビクッ)………(シュン)」
39:
シャア「ハマーンに睨らみ返されて、怯える子犬の様になったぞ」
アムロ「そりゃ、なるだろ…」
スタタタタッ
シャア「あっ、逃げたぞ」
アムロ「そりゃ、逃げるだろ…」
さやか「どうしたんです?」
ハマーン「何でもないよ」
アムロ「そろそろ、行こうか」
シャア(3人には言わない方がいいな)
ハマーン(しかし何だったのだ?、今の少女は…)
アムロ&シャア&ハマーン(本当に人間だったのか?)
40:
さやか「仁美はお茶の稽古で帰っちゃったし、どうしようか?」
まどか「う?ん」
???『助けて…』
ピキューン
アムロ&シャア&ハマーン「………」
まどか「ん?」
???『助けて…まどか』 
まどか「え?」
ハマーン「何だ、この声は?」
アムロ「頭に入ってくるこの声は?」
シャア「助けてだと」
まどか「ハマーンさん達にも聞こえたんですか?」
ハマーン「ああ」
アムロ「まどかに助けを求めているようだが」
41:
まどか「私、行ってみます」
ハマーン「何だと」
シャア「得体が知れないぞ」
アムロ「一人で行くのは危険だ」
ハマーン「シャア、アムロ」
シャア「そうだな」
アムロ「まどか、俺達も行こう」
まどか「有難うございます」
さやか「?」
42:
まどか「誰?誰なの?」
さやか「私には聞こえないんだけど、まどかを呼ぶ声が本当に聞こえるの?」
ハマーン「間違いない、私達にも聞こえる」
???『助けて』
ピキューン
アムロ&シャア&ハマーン「ん!」
ハマーン「こっちのようだ」
まどか「えっ」
さやか「分かるんですか?」
ピキューン
アムロ「このプレッシャーは…」
シャア「ハマーン!!」
ハマーン「馬鹿な!そんな事はありえん!!」
シャア「ああ、ヤツはシんだ筈だ」
アムロ「二人は知っているのか、このプレッシャーの正体を」
シャア「ああ」
ハマーン「アムロはヤツとは出会わなかったが、このプレッシャーは…」
アムロ「何…このプレシャーが…」
43:
ハマーン「シャア、アムロ」
シャア「ああ、拳銃は携帯している」
アムロ「まどか達の前では、出来れば使いたくないが」
ハマーン「それは私も同じだ」
ハマーン「まどか、さやか、お前達は今すぐ戻…」
ドサッ
まどか「あっ」
ハマーン「何だ!コイツは!!」
さやか「えっ、ぬいぐるみじゃないよね」
キュゥべえ「助けて…」
???「ソイツを渡してもらおうか」
さやか「誰?」
杏子「あたしが誰かなんて、あんた達には関係ないよ」
ハマーン「何だと!」
44:
杏子「全治数ヶ月の怪我をしたくなかったら、余計な事は言わずにソイツを渡しな」
杏子(シロッコから聞いてたけど、ホントに大人が学生服着てる…)
ハマーン(この少女も妙だ…)
アムロ(学校で俺達を見ていた少女と同じ感覚だ…)
シャア(本当に人間なのか…)
???「こんなに早く再会する事になるとはな」
ハマーン「プレッシャーの正体は、やはり貴様か!!」
シャア「まさか生きていたとな」
アムロ「この男が」
シロッコ「久しぶりだなハマーン、シャア、そして初めましてかなアムロ・レイ」
拳銃を構えるアムロ&シャア&ハマーン
まどか(あれって拳銃!)
さやか(そうだった、ハマーンさん達はアクシズの軍で仕事をしてるんだっけ)
アムロ(まどか達の前では、使いたくなかったが…)
シャア(本当にシロッコだった以上、そうは言ってられなくなった)
ハマーン(シロッコの目的は分からないが、まどか達は守らねばな)
45:
シロッコ「いきなり銃口を向けてくるとはな」
ハマーン「貴様も丸腰ではないだろう」
シロッコ「無論だ」
杏子「シロッコ」
杏子がシロッコの前に立ち、その隙に拳銃を構えるシロッコ
まどか「えっ、えっ」
さやか「ど、どうなってるの?」
ハマーン(この状況…どうする…)
アムロ(拳銃を構えているのがこちらは三人で向こうは一人だが…)
シャア(あの正体不明の少女の存在が、我々を有利にはしてくれん…)
46:
パーン
シロッコ「何だ?」
ハマーン「誰が撃った?」
アムロ「俺達ではない」
シャア「誰だ?」
ほむら「ソイツには私が用があるの」
まどか「だ、誰?」
さやか「あの子も見滝原の生徒みたい」
ハマーン「あいつは先程の」
杏子「シロッコ」
シロッコ「ああ、どうやら彼女も魔法少女のようだ」
ハマーン「魔法少女だと?」
ほむら(どうなってるの?杏子がこんなに早く動いてくるなんて…)
ほむら(転校生の件と同様に今までなかった…)
ほむら(それに、この男も見た事がない…)
47:
杏子「見かけない顔だけど、あたし達の邪魔をするなら…」
ほむら「………」
???「ずいぶんと楽しそうだけど、その子は渡せないわ」
シロッコ「誰だ?」
マミ「その子の友達よ」
キュゥべえ「マミ…」
シロッコ「巴マミか」
杏子「マミ、こんなに早く来るなんてね」
マミ「えっ」
マミ『貴方は平気なの?孤独に耐えられるの?』
杏子『あんたと敵対するより、ずっとましさ…』
マミ『敵になんてなるわけない、だって…だって貴方は私にとって初めて同じ志を持った魔法少女だったんだから』
杏子(マミ…期待に添えなくて悪かったね…)
マミ(佐倉さん…貴方…まさか…)
ハマーン(この少女もシロッコの隣にいる少女と同じだ…)
48:
マミ(今はキュゥべえを…)
マミ「そこの貴方」
ほむら「何かしら?」
マミ「貴方の立ち位置は何処かしら?」
ほむら「立ち位置?」
マミ「キュゥべえを助けてくれる位置なのか、襲う位置なのか、何もしないで見てるだけの位置のどれなのかという事よ」
ほむら(あのシロッコという男は得体が知れない…なら、まどかと一緒にいる三人の方がまだ信用出来るかも…」
ほむら(それに巴マミとの敵対関係は出来れば避けたい)
ほむら「ここは貴方に協力させてもらうわ」
マミ「有難う」
杏子「………」
杏子「ちっ」
杏子「どうするんだいシロッコ?向こうは魔法少女が二人だよ」
シロッコ「二人相手に勝てるか?」
杏子「マミを含めて二人相手だとキツイかな」
シロッコ「ここは引くか…」
ハマーン「我々が逃がすとでも」
49:
ピキューン
アムロ&シャア&ハマーン&シロッコ「!!」
ハマーン「奇妙な場所に変化した!」
ほむら(結界に!)
シロッコ「ヤツか!」
杏子「シロッコ!」
シロッコ(これは好都合か)
マミ「こんな時に!」
アムロ「何だ!」
シャア「何かが来る!」
ハマーン「まどか!さやか!私達から離れるなよ!!」
まどか「えっ」
さやか「ハマーンさん?」
ほむら「来たわね」
ほむら&マミ「魔女!!」
50:
ハマーン「魔女?」
シャア「魔法少女に魔女、まるでメルヘンだな」
ほむら(そんなかわいいものじゃないけどね、魔法少女も魔女も)
アムロ「あれは!」
マミ「あれが魔女です!」
ほむら「貴方達、コレ使えるかしら?」
ハマーン「ライフル銃!」
アムロ「グレネードにロケット砲まで!」
シャア「どこから出したのだ?」
ほむら「それはどうでもいいわ、それより使えるの?」
ハマーン「これでも私達は軍で仕事をしているのでな」
シャア「どうという事はない」
アムロ「これを俺達に?」
ほむら「そんな拳銃では、戦力にならないわ」
51:
ほむら(それより今、軍で仕事をしていると言ったわね…)
ほむら(もしかしたら、この人達はモビルスーツを所持しているかも)
マミ「行くわよ、えっと…」
ほむら「暁美ほむらよ」
ハマーン「ハマーン・カーンだ」
シャア「シャア・アズナブルだ」
アムロ「アムロ・レイだ」
まどか「私達は一緒に戦えないけど鹿目まどかです」
さやか「美樹さやかです」
マミ「私は巴マミよ、ごめんなさい、私の方から名乗るべきだったわね」
マミ(この人達、大人なのに、どうして学生服を着てるのかしら?)
52:
ほむら「巴マミ」
マミ「どうしたの?」
ほむら「どうやら、この隙にシロッコという男と佐倉杏子に逃げられたみたい」
マミ(佐倉さん…)
マミ「ま、まあいいわ、キュゥべえさえ無事なら」
ほむら「それが、キュゥべえも連れ去られたみたい」
マミ「………」
ほむら「………」
マミ「何ですってええええええええええええええええええええーーーーー!!」
まどか「うわっ『え』が二十個もあるよ」
さやか「それだけ怒ってんのよ」
ハマーン「おい!魔女が、こちらに来るぞ!!」
マミ「余計じゃない、大変なトラブルが発生してしまったから、最初に決めさせてもらうわ!!」
マミ「ティロ・フィナーレ!!」
ドシャーーン
53:
ハマーン「魔女が消滅した!!」
アムロ「あっけないというか…」
シャア「ウルト○マンが最初からスぺシ○ム光線を使ったような状況だな」
ほむら「どうやら、そんなに強い魔女じゃなかったみたいね」
マミ「キュゥべえが…」
ハマーン「すまないが、魔法少女や魔女について説明してくれないか」
ハマーン「そのかわりに、こちらはシロッコの情報を提供する」
マミ「えっ」
ハマーン「あの男の事は何も知らぬのだろう」
マミ「分かりました、私の部屋で話しましょう」
ほむら「私も同席させてもらいたいのだけど」
ほむら(この人達にモビルスーツの事を聞かなければ)
マミ「いいわ、貴方にも聞きたい事があるから」
まどか「あの私達も…」
マミ「そうね、どうやら巻き込まれたのは貴方達もだろうし」
マミ「来なさい」
54:
マミ「パプテマス・シロッコ…」
ハマーン「話の通りヤツは危険な男だ、何をするか予想が出来ん」
シャア「キュゥべえを連れ去ったのも、良からぬ事を企んでいるからだろう」
ハマーン「しかし、願いから生まれた存在の魔法少女か…」
シャア「そして、呪いから生まれた存在が魔女で、理由不明の自サツやサツ人事件は、かなりの確率で魔女の呪いが原因…」
シャア「使い魔も放っておけば魔女になってしまうか…」
アムロ「キュゥべえと魔法少女の契約をすれば、どんな願いでも一つだけ叶う…」
まどか「でも代わりに魔女と戦わないといけない…」
さやか「それで隣のクラスの転校生は、ワルプルギスの夜って魔女を倒すのが目的なのか」
ほむら(インキュべーターがいない状態の今がチャンス、このチャンスを生かさなければ)
ハマーン「だがキュゥべえや魔女は普通の人間には見えないとは…」
マミ「キュゥべえや魔女が見えるという事は、ハマーンさん達にも魔法少女の資格があるのかもしれません」
マミ「流石に男のアムロさんとシャアさんは違うと思いますが」
55:
アムロ(キュゥべえや魔女が見えるのは俺達がニュータイプだからだろうな)
シャア(ハマーンの場合は、我々と同じくニュータイプだからなのか?)
シャア(それとも、この少女の言う通り魔法少女の資格があるからか?)
シャア「魔法少女と言ったが、ハマーンはどうなのだ?」
マミ「キュゥべえからは魔法少女の資格に年齢制限があるとは聞いてないんですが」
ハマーン「そうなのか?」
マミ「キュゥべえに確認してみない事には何とも言えません」
マミ「それで…」
まどか「うわ?綺麗」
56:
マミ「これがソウルジェム、キュゥべえに選ばれた女の子が契約によって生み出す宝石です」
マミ「魔力の源であり魔法少女である事の証です」
さやか「でも少し色が濁っていませんか?」
アムロ&シャア&ハマーン「!!」
さやか「どうしたんです?」
ハマーン「いや何でもない、珍しい宝石だったので驚いただけだ」
アムロ(これは…)
シャア(そんな事がありえるのか…)
ほむら(この人達のソウルジェムを見た反応、何か変だわ)
57:
ハマーン(私はそんな胡散臭い魔法少女の契約になど興味はないが、まどか達が興味を持ってしまうかもしれん)
ハマーン(よし、まどか達の為にも聞いておくか)
ハマーン「それで巴マミ、魔法少女の契約について、もっと詳しく聞きたいのだが」
マミ「私に分かる事なら」
ハマーン「魔法少女として魔女と戦う期間は?」
マミ「期間?」
ハマーン「そうだ、老婆になるまで戦い続けるなど御免だからな」
シャア(老婆じゃ魔法少女は名乗れないだろうな…)
マミ「………」
58:
ハマーン「どうした?まさか魔女が全て滅ぶまでか、自身がシぬまで戦い続けるのではないだろうな」
マミ「そう言えば、聞いていなかった…契約後もキュゥべえからは何も言ってくれなかった」
マミ(あの時は契約しなければ、私はシんでいた…でも…)
ハマーン「契約なら、これは重要な事ではないか」
アムロ「ああ、言わないのは変だ」
さやか「私もシぬまで戦い続けるってのは、ちょっと…」
まどか「うん…いくら願いを叶えてくれると言っても…」
マミ「シぬまで…」
ハマーン「知らないのであれば、この質問は保留だ」
59:
ハマーン「次に魔法少女として戦う中で失っていくモノはないか?」
マミ「私が知っているのは魔法少女が魔法を使うと当然ですが魔力を消費します」
マミ「そして、魔力を消費する度にソウルジェムが濁っていきます」
マミ「でもときどき魔女が持ち歩いている、グリーフシードを使えば魔力は元通りになります」
マミ「先程の魔女が残したグリーフシードを使うと、ほら」
ハマーン「ほう、ソウルジェムが綺麗になったな」
ハマーン「しかし、ときどきという事は魔女を倒せば絶対に手に入れられるモノではないのだろう」
ハマーン「グリーフシードを手に入れられない状態が続き、魔力を使い切ってしまったらどうなるのだ?」
ハマーン「十分に考えられる筈だ」
マミ「ソウルジェムは濁りきるでしょう…」
さやか「なんか濁りきったら、ヤバそうな感じ…」
ハマーン「そうなったら、どうなるのだ?」
60:
マミ「キュゥべえはその事についても何も言っていません…」
ハマーン「それすらも言っていないだと!!」
アムロ「それも重要な事の筈だ!」
シャア「もし命に関わる事だったならどうなるのだ!」
まどか「マミさん、キュゥべえを信じても大丈夫なんですか?」
さやか「友達なのに何も言わないなんて、いくらなんでも変ですよ」
マミ(そう言われてみれば、そうだわ…)
ほむら(えっ、えっ、この状況って、もしかして私にとって望んでいた展開では)
ハマーン(実は後一つ、質問しなければならない事がある)
ハマーン(ソウルジェムに関する事だが、それを彼女に言っていいものかどうか)
ハマーン(だが、それすらもキュゥべえからは聞かされていないだろうな)
61:
マミ「友達なのに…友達の筈なのに…」
マミ「キュゥべえは、私の事を騙していたのですか?」
ハマーン「騙していたのではなく、キュゥべえからすれば自分の不利になる事を黙っていただけなのかもな」
マミ「不利になる事ですか?」
アムロ「おそらく魔女と戦う期間は定めれれていない、魔女が全て滅ぶまでか、自身がシぬまでというのが当たりだろう」
アムロ「そんな条件を言えば、いくら願いを叶えると言っても契約する人間はいないかもしれない」
アムロ「全てを捨てでも叶えたい願いがない限りはな」
マミ「そうでしょうね…」
63:
シャア「そして魔法少女が魔力を全て失ったら、魔法少女にとって良くない事が起きる筈だ」
シャア「魔法少女に魔女と戦ってもらうのが目的なら、魔法少女を失うような事は避けるだろう」
シャア「キュゥべえにとって、魔法少女が存在し続けるのが不利な事だとしたら」
シャア「もしかしたら、魔法少女の魔力を使い切らせてソウルジェムを完全に濁らせるのが目的かもしれん」
マミ「ソウルジェムを完全に濁ったらどうなるのでしょうか?」
シャア「それは分からんが、ソウルジェムを完全に濁らせるのは絶対に避けた方がいい」
ほむら(ソウルジェムを完全に濁ってしまったら魔法少女は魔女になってしまう)
ほむら(正確に言えば、ソウルジェムが完全に濁る条件は二つあるのだけど)
ほむら(でも、この事を巴マミには知られてはならない)
ほむら(もし知られてしまったら、彼女は暴走してしまう)
さやか「少女が大人になったら女になるんだから、魔法少女も魔女になったりして」
ほむら「あっ」
65:
ほむら(いけない!)
時間停止
ほむら(せっかくまどか達がインキュベーターに不信感を持つようになったのに…)
ほむら(この三人のお陰で、うまくいきかけていたのに…)
ほむら(この三人…)
アムロの左腕を自身の左手で掴む
アムロ「これはどういう事だ!みんなが止まっている!!」
ほむら「私が時間を停止させたの」
アムロ「暁美ほむら?」
ほむら「私が触れている貴方は、この時間停止世界でも動けるわ」
アムロ「誰にも聞かれたくない話があるという事か?」
ほむら「その通り、鹿目まどか、美樹さやか、巴マミには聞かれたくない」
アムロ「シャアやハマーンは?」
ほむら「私は貴方とだけ話がしたいの」
アムロ(シャアが聞いたら、喜びそうなセリフだな)
ほむら(言えない…ハマーン・カーンはちょっと怖いし、シャア・アズナブルはロリコンぽいから、ただの消去法で選んだなんて…)
66:
ほむら「信じてもらえるか分からないけど、私は時間停止の他にも時間遡行が出来るわ、一ヶ月までだけど」
アムロ「時間を逆行させる事が出来るのか!」
ほむら「信じるの?」
アムロ「この状況で嘘を付く意味はないだろう」
ほむら「そうね」
ほむら(嘘を付く意味はないのは分かっている筈なのに、信じない人はいるわ…)
ほむら「出来れば、これから話す事も信じて欲しいのだけど」
ほむら「私にはワルプルギスの夜を倒す以外にも目的があるの」
ほむら「それは鹿目まどかを魔法少女にさせない事」
ほむら「正確に言えば、鹿目まどかを魔法少女にさせずにワルプルギスの夜を倒す事ね」
ほむら「私は鹿目まどかを救う為に魔法少女になったの」
アムロ「確かに、先程の話の内容では魔法少女にさせたくないだろうな」
アムロ「キュゥべえも何が目的なのか、まだ分からないしな」
67:
ほむら「魔法少女になってしまうと、もう人間とは呼べなくなってしまうわ」
ほむら「それはソウルジェムが…」
アムロ「俺には魔法少女の魂は肉体ではなくソウルジェムに存在していると感じているんだ」
ほむら「分かるの!!」
アムロ「俺だけでなくシャアやハマーンも感じている筈だ」
ほむら(ソウルジェムを見た時の反応が変だったけど、気付いていたのね)
ほむら「でも何故?」
アムロ「それは俺達がニュータイプと呼ばれる人間だからだろう」
ほむら「ニュータイプ?」
アムロ「うまく説明出来ないが、洞察力、認識能力が高いという事さ」
アムロ(それだけじゃないが、ニュータイプの事を説明すると長い話になるからな)
アムロ(洞察力、認識能力が高いという事だけ説明しておけばいいだろう)
ほむら(なるほど…インキュベーターや魔女を認識出来るのは、そのニュータイプとやらの認識能力の所為なのね)
68:
ほむら「まずキュゥべえについてだけど」
ほむら「ヤツの正体はインキュベーターと呼ばれる、地球外生命体の端末」
ほむら「ヤツの目的は宇宙の寿命を延長させる為のエネルギーを集める事」
アムロ「魔法少女の契約がエネルギー搾取に繋がる?」
ほむら「ソウルジェムが完全に濁る条件は二つあるの」
アムロ「魔力を使い切る以外にも?」
ほむら「魔法少女の憎悪や絶望などの負の感情が蓄積され続けていくと、ソウルジェムは濁っていくわ」
ほむら「濁るというより穢れていくと言った方がいいかもしれない」
アムロ「君は知っているんだな、ソウルジェムが完全に濁る…いや穢れるとどうなるかを」
ほむら「さやかは冗談で言ったのだろうけど、本当に魔法少女は魔女になってしまうわ」
アムロ「まさか、その時にエネルギーが生み出されるのか!!」
ほむら「そう、それを回収しているの」
69:
ほむら「ワルプルギスの夜は強すぎる、何度も時間を逆行したけど倒せなかったわ」
ほむら「ヤツを倒せるのは魔法少女になった鹿目まどかだけだった」
アムロ「君の目的がまどかを魔法少女にさせないという事は、ワルプルギスの夜を倒すのは、まどかの命と引き換えなのか?」
ほむら「命よりも残酷かもしれない…」
ほむら「まどかはワルプルギスの夜を倒すのに魔力を使い切ってしまう」
 
アムロ「ワルプルギスを倒したあとすぐに魔女になってしまうという事か!!」
ほむら「私はまどかを救いたい、魔女になんてさせたくない…」
ほむら「でも誰も未来を信じない、誰も未来を受け止めない…」
アムロ「まどかもか?」
ほむら「………(コクン)」
ほむら「巴マミはソウルジェムが魔女を生み出すのをその目で見て知った時、後輩の私達をコロそうとしたわ」
ほむら「ソウルジェムが魔女を生み出すのならシぬしかないと言ってね…」
アムロ「そんな事が…待てよ!彼女は今、ソウルジェムが魔女を生み出すのを知ってしまったのか!!」
70:
ほむら「あの時と違って巴マミはソウルジェムが魔女を生み出すのを見たわけではないけど」
ほむら「今の巴マミにはインキュベーターに不信感が生まれている、さやかの言葉を本気にするかもしれない」
アムロ「未来を受け止める事が出来ないなら、誰かが彼女を支えてやらなければ」
ほむら「その通りよ」
アムロ「それを俺に?」
ほむら「私、まどか、美樹さやか、佐倉杏子には無理…だから他の人に頼るしかないの」
アムロ「分かったやってみよう」
ほむら「質問してもいいかしら?」
アムロ「ああ」
ほむら「貴方は私の話を信じてくれるの?」
アムロ「信じるさ」
ほむら「どうして?誰も信じてくれなかったのに…」
アムロ「君が嘘を言うような娘には見えない、そう思っただけさ」
71:
ほむら「では何故、今日初めて出会った私に協力してくれるの?」
アムロ「俺が、甘い男だからさ」
アムロ(勿論、それもあるが)
ララァ『人は変わっていくわ、私たちと同じように』
アムロ『そうだよ、ララァの言うとおりだ』
ララァ『アムロは本当に信じてる?』
アムロ『信じるさ、君とこうして分かり合えたんだ、人はいつか時間さえ支配する事が出来るさ』
アムロ(言えない…時間を支配する事が出来る人に出会えて嬉しいからだなんて)
72:
ほむら「じゃあ、巴マミの右腕を私の右手で掴むわ、まずは三人だけで話しましょう」
アムロ「分かった」
ほむら「その前に、アムロさん…」
アムロ「どうした?」
ほむら「私を信じてくれて、有難う…」
アムロ「信じてくれたのは君だろう」
ほむら「えっ」
アムロ「俺を信じてくれたからこそ、全てを話してくれたんだろう?」
ほむら「………」
ほむら「アムロさん…本当は私は今までの時間遡行の結果から、これからは誰も頼らないで戦うと決めていたの」
アムロ「暁美ほむら?」
ほむら「貴方に話したのも、他に方法がなかったからだけど、信じてはもらえないと思っていたわ」
ほむら「でも初めて私を信じてくれた貴方を信じるわ、頼らせてもらうわ」
73:
アムロ「その信頼に必ず答えよう」
アムロ「それとシャアやハマーンにも話すといい、あの二人なら信じてくれるさ」
ほむら「分かったわ」
ほむら「後、アムロさん、私の事はほむらでいいわ」
アムロ「ああ」
アムロ「ほむら」
ほむら「?」
アムロ「俺は巴さんを支えると言ったが、ほむらも支えよう」
ほむら「なっ」
アムロ「一番支えが必要なのは巴さんではなく、ほむらだろうからな」
ほむら「………」←何を言っていいのか分からない状態
ほむら「そ、それじゃあ、巴マミの右腕を掴むわ」
74:
マミの右腕を自身の右手で掴む
マミ「えっ、みんなが止まっている!」
マミ「アムロさん!暁美さん!これは一体?」
ほむら「落ち着いて、私の能力で時間を停止をさせたの」
マミ「そんな能力があったの!」
ほむら「でも私が触れていれば、時間停止世界でも動けるわ」
マミ「私が動けるのは、暁美さんが私の右腕を掴んでいるからなのね」
マミ「どうしてこんな事を!」
ほむら「それは…」
アムロ「三人で話さなければならない事があるからさ」
ほむら(アムロさん…)
マミ「アムロさん?」
77:
アムロ「まず君に質問があるんだが」
アムロ「さやかが言った、魔法少女が魔女になるという事を信じるかい」
マミ「そ、それは、美樹さんが冗談で言った事です」
マミ「ソ、ソウルジェムが濁りきってしまったらどうなるかは、まだ分かりません」
ほむら(明らかに動揺している…もしかしたらと思い始めている)
アムロ「もし本当だったら、君はどうするんだ?」
マミ「えっ」
アムロ「答えて欲しい」
マミ「魔法少女が…魔女になってしまうなら…魔法少女は存在してはならないと思います」
ほむら(やはり…そう答えるのね…)
アムロ「今、存在している魔法少女はシぬべきだと?」
マミ「わ、私を含めてシぬしかないです!!」
マミ「人に災いをもたらす魔女の正体が、人を救う魔法少女の成れの果てだったら!」
マミ「人に災いをもたらす前にシぬしか、人を救う方法はありません!!」
78:
アムロ「君は自分の存在価値を魔法少女にしていたんだな」
マミ「悪いですか!!」
アムロ(彼女は人を救う事へのこだわりが、かなり強い…)
アムロ(それは自分を犠牲にしてしまう程に…)
アムロ「結論から言えば、魔女の正体は魔法少女だ」
マミ「うっ」
アムロ「何故、それを知ったのかは後で答えるが」
アムロ「君や他の魔法少女がシんだとしても、キュゥべえは存在し続けるぞ」
マミ「キュゥべえがいる限り、魔法少女も存在し続けると?」
アムロ「そうだ、キュゥべえと魔法少女の契約をする人間はこれからも出てくるだろう」
アムロ「だが君と同じように人を救いたいと思う後輩の魔法少女が現われたら、君はコロせるのか?」
マミ「人を救いたいと思う後輩の魔法少女…」
アムロ「もちろん、願いが目的で仕方なく魔女と戦う魔法少女もいるだろう」
アムロ「でも現われる筈だ、君と同じような魔法少女は」
マミ「私と同じ魔法少女が?」
80:
アムロ「現に目の前にいるじゃないか」
マミ「私の目の前に?」
アムロ「ここにいるほむらは、ある人を救うのが目的の魔法少女、君の後輩だ」
マミ「貴方もなの…暁美さん…」
ほむら「そうよ…」
マミ「私は最低な先輩ね…先輩失格だわ…」
マミ「無理してかっこつけてるだけで恐くても辛くても誰にも相談出来ない…一人ぼっちで泣いてばかりいる先輩…」
アムロ「君だけじゃないさ…先輩失格なのは…」
マミ「えっ」
ジェリド『シね、カミーユ!』
カミーユ『ジェリド!』
フォウ『来るなー!』
フォウ『カミーユ、悲しまないで…これで私は、いつでも貴方に会えるわ…本当に貴方の中へ入ることが出来るんだから…』
 
カミーユ『フォウ…目をあけろよ!嘘だろ!こんなの嘘だろ!目をあけてくれよー!!』
81:
アムロ「先輩の俺が後輩に同じ過ちを繰り返させてしまった」
アムロ「その結果、彼は心に大きな傷跡を残すことになった」
ほむら(アムロさん…)
マミ(何て悲しそうな目なの…)
アムロ「だが君はまだ過ちを犯してはいないだろう」
マミ「過ちを…」
アムロ「それとも君はこれから過ちを犯すつもりなのか?」
マミ「いえ、これ以上、最低な先輩にはなりたくありません」
ほむら「巴マミ…」
ほむら(そういえばあの時、巴マミはまどかには手を出さなかった)
ほむら(手を出さなかったのではなく、まどかを自分と同じに見ていたから、出せなかったというの?)
ほむら(人を救いたいと思う自分はシんでも、人を救いたいと思う後輩の魔法少女はシなせる事が出来なかったのね)
82:
アムロ「魔女の正体が魔法少女の成れの果てだと知ってしまう魔法少女はこれからも出てくるだろう」
アムロ「そんな魔法少女達を救ってやるにはどうしたらいい?」
マミ「それは…」
アムロ「救えるのは魔女の正体を知っても立ち直った先輩の魔法少女だけだと思う」
マミ「それは私の事ですか?」
アムロ「思いっきり先輩ぶって励ましてやれ、支えてやれ」
マミ「………」
マミ「はい」
ほむら(未来を受け止められなかった巴マミが未来を受け止めた…)
アムロ(この事については彼女は大丈夫そうだな)
アムロ(だが、これからが本題だ…)
85:
アムロ「巴さん、ほむらが時間を停止させる事が出来るのは分かっただろう?」
マミ「ええ」
アムロ「時間を停止させられるという事は時間を操る能力があるという事だ」
アムロ「時間を操る能力があるという事は時間を逆行させる事も出来るとは思わないか?」
マミ「そうですね、魔法少女の魔法なら…」
アムロ「これから色々と話さなければならない事があるが、出来れば信じて欲しい」
ほむら(私、アムロさんに喋らせてばかりだわ…)
ほむら(巴マミに未来を受け止めさせたアムロさんに、とても期待して頼っている…)
アムロ「ほむらはワルプルギスの夜と戦った時間軸から逆行して、現在の時間軸に戻って来ているんだ」
マミ「という事は…」
アムロ「これ先、君が知っていくかもしれない事をほむらは全て知っているんだ」
アムロ「キュゥべえの事もね」
マミ「本当なの!暁美さん!!」
ほむら「ええ、貴方が信じるかは分からないけど」
86:
アムロ「彼女はキュゥべえの正体も目的も知っているんだ」
ほむら「ヤツの正体はインキュベーターと呼ばれる、地球外生命体の端末なの」
マミ「地球外生命体の端末?」
アムロ「巴さん、キュゥべえが地球上の生物に見えるかい」
アムロ「キュゥべえ以外に言葉を話し、願いを叶える生物を見た事があるかい」
マミ「ありません…」
ほむら「そしてインキュベーターの目的は宇宙の寿命を延長させる為のエネルギーを集める事なの」
マミ「エネルギー集め?」
ほむら「魔法少女になれば、私達の魂はソウルジェムに移り、肉体は戦う抜け殻の様になってしまう」
ほむら「魔法少女が魔女になる条件はソウルジェムが完全に穢れる事」
ほむら「そしてソウルジェムが穢れる条件は二つ」
ほむら「魔力を使い切る事」
ほむら「魔法少女の憎悪や絶望など負の感情が蓄積され続けていき、それがソウルジェムに満たされる事」
ほむら「魔法少女が魔女に変わる時に莫大なエネルギーが発生する、それをインキュベーターは回収していくの」
87:
マミ「魔法少女が魔女に変わる時…」
ほむら(お願い、信じて…)
アムロ「これはキュゥべえの友達の巴さんからすれば、とてもつらい事だと思う」
アムロ「でも、これならキュゥべえの行動につじつまが合っているんだ」
アムロ「魔女と戦わせるのが契約条件なのに、魔法少女が魔女になる事を黙っている」
アムロ「魔法少女が魔女になる事が目的だから黙っていたんだ」
マミ「それではキュゥべえにとって魔法少女は、ただのエネルギー資源…」
マミ「願いを叶える代わりに、エネルギー資源になれ…それがキュゥべえとの本当の契約…」
ほむら「私の目的は鹿目まどかを魔法少女にさせずにワルプルギスの夜を倒す事」
ほむら「まどかはワルプルギスの夜を倒すのに全魔力を使い切ってしまい、魔女になってしまうの」
マミ「魔女に…」
88:
ほむら「私は何度も時間遡行し、まどかを救う為に戦った」
ほむら「でも全て失敗して、今もこの時間軸に戻って来ている」
マミ「ごめんなさい…暁美さん…」
ほむら「えっ」
マミ「今までの私は貴方を信じなかったのでしょ…助けてあげなかったのでしょ…」
マミ「貴方も恐かったり辛かったり泣いたりしていたかもしれないのに…」
マミ「私は駄目な先輩ね…」
ほむら「信じてくれるの?私の話を」
マミ「私に未来を受け止めさせてくれたアムロさんと、鹿目さんを救う為に頑張る後輩の暁美さんを信じないわけないじゃない」
ほむら「巴マミ…いえ、巴さん…」
89:
アムロ「巴さん、有難う」
マミ「それと、アムロさんと暁美さんにお願いがあるんだけど」
ほむら「何かしら?」
マミ「私の事はファーストネームで呼んで欲しいの」
ほむら「マミさん…」
マミ「はい、ふふふ」
アムロ「分かったよ、マミ」
マミ「………(ドキッ)」
アムロ「どうしたんだ?」
マミ「い、いえ、何でもないです」
マミ(自分から言ったのに、アムロさんにファーストネームで呼ばれてドキッとしたわ…)
90:
ほむら「それじゃあ、時間停止を解除するわ」
アムロ「他のみんなにも話さないとな」
ほむら「………」
アムロ「大丈夫さ、今度はまどか達も信じてくれるさ」
マミ「私やアムロさんがいるから心配しないで」
ほむら「ええ、有難う」
マミ「それと今度、時間停止世界でお話する時は腕を掴むのではなく手を握ってね」
ほむら「えっ」
マミ「信頼関係のある者同士で腕はおかしいわ」
ほむら「そうね」
マミ「勿論、アムロさんの手も握るのよ」
アムロ「俺は別にいいよ」
ほむら「私が手を握ったら嫌?」
アムロ(何故、そんな悲しそうな目をするんだ)
アムロ「分かったよ」
マミ「決まりね、ふふふ」
マミ「また今度、時間停止世界で三人でお話しましょう」
91:
ほむら「腕を掴んだままだと、時間停止を解除出来ないから、マミさんから放すわ」
マミ「分かったわ」
マミ「アムロさん、お礼を言います」
マミ「アムロさんがいなかったら、私は未来を受け止める事が出来なかった筈です」
アムロ「いや…力になる事が出来てよかったよ」
アムロ(カミーユとフォウの時は何も力になれなかったからな…)
マミの腕を放す
92:
アムロ「次は俺だな」
ほむら「アムロさん…」
アムロ「ん?」
ほむら「本当に有難う、マミさんに信じてもらえたのは、貴方のお陰よ」
アムロ「よかったな、だがほむら、これからだ」
ほむら「ええ、まどか達にも信じてもらわないといけない」
ほむら「また頼りにさせてもらえるかしら」
アムロ「ああ」
ほむら「有難う」
アムロの腕を放す
ほむら(今度こそ、まどかを救えるかもしれないわ)
93:
時間停止解除
ハマーン「魔法少女が魔女に、その発想は面白いな」
シャア「魔女と戦う魔法少女を魔女にするか…だがキュゥべえの利は何なのだ?」
アムロ「キュゥべえに利は十分あるさ」
まどか「アムロさん?」
シャア「どういう事だ?」
アムロ「それにはほむらの能力の説明からしないといけない」
アムロ「ほむら、俺達と同じ体験をシャア達にも」
ほむら「分かったわ」
時間停止をして、まどか、さやか、シャア、ハマーンと順番に腕を掴んで時間停止世界を体験させた
まどか「時間停止世界…」
さやか「すごい…転校生、時間を止められるなんて…」
ハマーン「驚いたな…魔法少女はそんな事も出来るのか」
シャア(腕を掴むのではなく手を握って欲しかった…)
94:
アムロ「俺とマミはシャア達より先に時間停止世界を体験し、ほむらから話を聞いたんだ」
アムロ「だがほむらに他意はない」
マミ「暁美さんが最初に私達だけに話したのは、私達が一番近くにいたからという事と」
マミ「いきなり全員には話し辛かったという事を忘れないで」
マミ(私の所為だし、これくらいの嘘は…)
ほむら(アムロさん…マミさん…)
アムロ「時間を停止させられるという事は時間を操る能力があるという事だ」
アムロ「時間を操る能力があるという事は時間を逆行させる事も出来るとは思わないか」
まどか「時間を逆行?」
ハマーン「簡単に言えば時間を戻すと言う事だな」
さやか「それ見せて!」
ハマーン「無駄だ」
さやか「えっ」
ハマーン「時間を戻したら、私達の記憶も戻ってしまう」
アムロ「その通りだ、ほむらに頼んだ記憶も無くなっているだろう」
アムロ「時間を逆行させた、ほむら以外はな」
95:
ハマーン「私達に時間停止を見せて、時間を操れると証明したのは、時間を逆行出来るという事を証明したかったからか」
アムロ「ああ、時間を逆行させるのを見せる事は出来ないが、言葉だけよりは遥かにマシだからな」
さやか「う?ん、時間を停止出来るなら、時間を逆行させる事も出来るんじゃない」
ほむら(美樹さやかが私に対して敵意がない?同じクラスにならなかったり、結果的にキュゥべえを襲わなかっただけなのに)
ハマーン「そうか、アムロの言いたい事が分かったぞ」
ハマーン「つまり、暁美ほむらは未来から時間を逆行して、今ここにいるという事か」
アムロ「そうだ、まずそれを信じてもらえなければ、これからの話を信じる事は出来ないだろう」
ハマーン「アムロ、時間を無駄にしたな」
アムロ「えっ」
96:
ハマーン「お前の言う事だったら、時間停止を見せなくても信じたさ」
まどか「そうだね」
さやか「うん、アムロさんが嘘を言うわけないじゃない」
マミ「ふふふ、信頼されてますねアムロさん」
シャア「私だったら、どうだったかね?」
ハマーン&まどか&さやか「………」
シャア「おい」
さやか「シャアさんはねえ…」
ハマーン「日頃の行いが悪いからだ」
まどか「はははは」
ハマーン(と言っても、信じてやるだろうな、私が一番信じたい男なのだから…)
97:
ハマーン「これからの話とやらをしてくれ、信じよう」
アムロ「それは未来の時間軸から来た、ほむらが話す」
アムロ「みんな、ほむらの話を黙って最後まで聞いてくれ」
ほむら「アムロさん…」
アムロ「まどか達に信じてもらいたかったんだろ、今がその時だ」
マミ「そうよ、お膳立てはアムロさんがやってくれたわ、後は暁美さん次第よ」
ほむら「分かったわ」
ほむら「まずキュゥべえの正体と目的は…」
まどか達は何も言わずに最後まで聞いた
98:
ほむら「私の話は以上よ」
ハマーン「キュゥべえの正体はインキュベーターと呼ばれる地球外生命体の端末…」
シャア「やはりソウルジェムに魂が存在していたか…」
シャア「そしてソウルジェムが完全に穢れると、魔法少女は魔女になるのか…」
さやか「インキュベーターは魔法少女が魔女に変わる時に発生するエネルギーを回収するのが目的…」
まどか「暁美さんの目的は、私を魔法少女にさせずにワルプルギスの夜を倒す事だなんて…」
ほむら「………」
さやか「これで、謎は全て解けた!」
まどか「うん!」
ハマーン「とんでもない俗物だな、インキュベーターというのは」
シャア「悪趣味なヤツだ」
シャア「その地球外生命体の星にアクシズを落としてくれる!!」
アムロ&ハマーン「落とすな!!」
シャア「冗談だ」
99:
ほむら「信じてくれるの?」
ハマーン「お前の話に、おかしい所はない」
シャア「魔法少女の契約も、それで説明がつく」
さやか「それに転校生が悪いヤツには見えないし」
さやか(クールな所がハマーンさんみたいだからかな、悪い印象を持てないんだよね)
まどか「うん、そうだよ」
まどか「暁美さん…ううん、ほむらちゃんって呼んでいいかな」
まどか「ありがとう、私の為に頑張ってくれて、今までずっと気付けなくてゴメンね…ゴメンね…」
100:
ほむら「うっ…ううっ…」
まどか「ほむらちゃん泣いてるの?」
ほむら「やっと信じてもらえて、嬉しいの…とても嬉しいの…うっ…ううっ…」
さやか「以外と涙もろいキャラだったのか」
まどか「さやかちゃん!」
さやか「ゴメン、ゴメン」
アムロ「もしもの時は、マミと二人でほむらをフォローするつもりだったが」
マミ「その必要はなかったみたいですね」
アムロ(よかったな、ほむら)
マミ(おめでとう、暁美さん)
101:
すみません、変換ミスを書き込んでから発見しました
×以外
○意外
102:
ハマーン「それでは、インキュベーターが接触して来た場合の対応だが」
まどか「あのう、インキュベーターは私達に接触して来るでしょうか?」
まどか「私達は魔法少女の契約の秘密を知ってしまったんですから、私たちが契約するとは思わないのでは?」
ほむら「全てを捨ててでも叶えたい願いがあれば契約すると思っているのよ、インキュベーターは」
ハマーン「そういう状況が来るのを待っているのだろうな」
ハマーン「インキュベーターが今、現われないのも、それが理由だろう」
さやか「でもインキュベーターが宇宙の寿命を延ばす為にエネルギーを集めているってホントかな?」
ほむら「………」
さやか「あっ、転校生の言った事は信じるよ、インキュベーターの言っている事が信じられないだけだから」
マミ「それはエネルギーを使っている所を見ていないから、何とも言えないわね」
マミ「でも、それすらも信用出来ないわね」
さやか「ムカツクな」
103:
アムロ「だがインキュベーターは倒せない」
ほむら「倒しても、すぐに別の身体のインキュベーターが現われるの」
ほむら「しかも、倒したインキュベーターと意識が同じなの」
さやか「ゾンビより性質が悪いじゃない」
アムロ「おそらく、複数の身体を一つの意識が共有しているのだろう」
シャア「そうだろうな」
アムロ「インキュベーターの数は分からないが、全てを見つけて倒さなければ倒した事にならない訳だが」
マミ「無理ですね…全てのインキュベーターを見つけるのは…」
シャア「世界中にいるかもしれんしな」
アムロ「そうだ、だから倒せない」
ハマーン「シロッコに連れ去られた、インキュベーターなど物の数ではないという事だな」
ハマーン「無論、シロッコの事も要注意だが」
104:
さやか「結局、インキュベーターが現われたら無視をするのが一番ってワケね」
ほむら「でもインキュベーターは言葉巧みに勧誘してくるわ、無視するのも一苦労よ」
ハマーン「インキュベーターが接触して来た場合は、すぐに他のみんなに連絡するようにな」
ハマーン「私達だけでなく、既に魔法少女のマミやほむらにも接触してくるかもしれないからな」
ほむら「そうね」
アムロ「それにグリーフシードに代わる、魔力補給手段を見つけないといけない」
ハマーン「そうだな、それを見つければ少なくとも魔力切れで魔女になる事はないだろう」
シャア「戦闘中に使い切るケースもあるだろうから、何時でも何処でもというのがベストだな」
マミ「それも難しそうですね…」
ハマーン「遅くなったし、今日は帰るか」
アムロ「明日、また集まって、今度はワルプルギスの夜との戦闘について話そう」
105:
キュゥべえ「僕をどうするつもりなんだい?シロッコ」
シロッコ「私の事を覚えていたか」
キュゥべえ「忘れられないよ、君や、あの少女の事は」
シロッコ「………」
キュゥべえ「どうしたんだい?」
シロッコ「いや…なんでもない」
シロッコ「しかし、覚えていたのなら逃げないで欲しかったが」
シロッコ「おかげで、魔法少女やハマーン達と戦うハメになりかけた」
シロッコ(もっとも、貴様が逃げてくれたから、うまくいったのだが…)
キュゥべえ「君には僕の身体を二十体くらい潰されたからね、身の危険を感じたのさ」
シロッコ「身体は数え切れぬ程あるのに、身の危険を感じたのか」
シロッコ「一体くらい潰されても、どうという事はないだろうに」
キュゥべえ「代わりはいくらでもあるけど、無意味に潰されるのは困るんだよね」
シロッコ(いくらでもか…)
106:
キュゥべえ「また潰すのかい?」
シロッコ「潰しても無意味だと分かったからな、もう無意味な事はしない」
キュゥべえ「無意味だと気付くのに二十体もか…せめて二体くらいで気付いて欲しかったな」
シロッコ「それはすまないな」
キュゥべえ「君の『すまないな』は謝罪の言葉に聞こえないよ、君なら誰かの命を奪う時にも、その言葉を使いそうだからね」
シロッコ「フッ」
キュゥべえ「それで僕に何の用だい?」
シロッコ「少し、過去話をしようと思ってな」
キュゥべえ「僕はこれでも忙しいんだけど、まあいいよ、君とは色々あったからね」
107:
回想シーン
カミーユ「まだ、抵抗するのなら!」
カミーユ「うおおおー!!」
シロッコ「ジ・O!動け!ジ・O!なぜ動かん!!」
シロッコ「ううっ!うおー!」
カミーユ「ここからいなくなれー!!」
シロッコ「私だけが、死ぬわけに…貴様の心も、一緒に連れ…」
ピキューン
サラ(ご安心下さい、パプテマス様)
シロッコ「そ、その声は…まさか…」
サラ(パプテマス様は複数の命をお持ちです)
シロッコ「何…」
ジ・O爆散
108:
シロッコ「………」
シロッコ「ここはジ・Oのコックピット?私はシんだ筈では?」
サラ「パプテマス様!パプテマス様!」
シロッコ「そのバーザムに乗っているのはサラか?」
サラ「そうです!パプテマス様!」
シロッコ「お前はあの時に…するとここは、あの世なのか?」
サラ「違います、詳しい事は場所を移動してから、ご説明します」
シロッコ「そうだな」
109:
サラ「パプテマス様!」
シロッコ「!!」
シロッコ(妙だ…姿形は同じだが…何かが違う…)
シロッコ「サラ、何故お前は生きているのだ?それに私もシんだ筈では?」
キュゥべえ「サラは魔法少女なんだ、だから生き残れたんだ」
シロッコ「貴様は?」
サラ「やはりパプティマス様にも、ご認識出来るのですね」
シロッコ「どういう意味だ?」
キュゥべえ「僕はキュゥべえ」
シロッコ「キュゥべえだと?」
シロッコ(何なのだ?この言葉を喋る生物は?)
キュゥべえ「僕は特別な人にしか認識出来ないんだよ」
キュゥべえ「魔法少女の資格がない男の君に僕が認識出来るなんて、ニュータイプって凄いね」
110:
シロッコ「魔法少女だと?」
キュゥべえ「僕と契約した少女の事だよ」
キュゥべえ「僕と契約すると、願いごとを何でも一つ叶えられるんだ」
シロッコ「願いだと?まさか…」
キュゥべえ「そうだよ、彼女は願いで君の命の数を増やしたんだ、だから君は命の一つを失ったに過ぎないんだ」
キュゥべえ「ちなみに再生される時は身に着けているモノや乗っているモノも一緒に再生されるよ」
キュゥべえ「君の身体はバラバラだったから、再生に時間がかかったようだけど」
シロッコ「私が生きている理由はそれか」
サラ「はい、本当は不老不死がよいと思いましたが、それは私の独断ではと思いまして」
シロッコ「そこまではいい、シねん身体というのも不幸だろうしな」
シロッコ「しかし、私の命が複数あるのなら、あの時に私を庇う必要はなかったのではないか?」
サラ「そうですが、パプテマス様の危機に身体が動いてしまいました」
シロッコ「サラ…」
111:
シロッコ「だが、何故だ?私に断りもなしに契約をしたのだ?」
サラ「それは…パプテマス様が、反対されるかと思いまして…」
キュゥべえ「願いと引き換えに魔法少女は魔女と戦う使命を課されるんだ」
シロッコ「魔女だと?」
サラ「それはたいした事ではありません、お気になさらないで下さい」
シロッコ(そうか、時々に姿を消すと思ったら、魔女とやらと戦っていたのか)
シロッコ「それで、魔女とは何時まで戦うのだ?」
サラ「そんなに長くはないです、キュゥべえにも確認済みです」
キュゥべえ「サラは契約で疑問に思った事は、全て聞いてきたよ、それに全て正直に答えた上での契約だ」
シロッコ「そうか」
キュゥべえ「本当は第二次性徴期の少女じゃないと、魔法少女の資格はないんだ」
キュゥべえ「でもサラには資格があった、ニュータイプなら第二次性徴期じゃなくても契約出来るって事だね」
キュゥべえ「これなら、大人の女性でもニュータイプなら契約出来ると思うよ」
112:
シロッコ「サラは魔法少女になっていたから、あの時にシなずに済んだのか?」
サラ「そうです、普通の人より丈夫になります」
シロッコ(サラの話に腑に落ちん点があるが、それをサラに問い詰めても答えはせんだろうな)
サラ「パプテマス様、これからどうされるおつもりですか?」
シロッコ「ティターンズはもう終わりだろう、だからと言ってハマーンの所に行く気は毛頭ない」
シロッコ「そもそも、今の私を受け入れてくれる組織があるとは思えん」
シロッコ(サラをこれ以上、危険な目に合わす必要もない…)
シロッコ(歴史の立会人に幕を降ろすか…)
シロッコ「そうだな、恒星間旅行にでも行くとしようか、サラも来い」
サラ「………」
シロッコ「どうした?」
113:
サラ「申し訳ありませんが、私はまだ魔女と戦わなければなりません」
シロッコ「そうなのか?では私も魔女退治に付き合せてもらおうか」
サラ「えっ」
シロッコ「歴史の立会人でいる事に飽きたのだよ」
サラ「パプテマス様…」
シロッコ「どうした?通常兵器では魔女は倒せんのか?」
サラ「いえ…火力の高い兵器なら…ですが…」
シロッコ「危険だと言うのか、既に我々は危険極まりない戦争をしていたではないか」
サラ「そうですが…」
シロッコ「魔女と戦う期間は長くはないのだろう?それが終わったら、二人で恒星間旅行に行こうじゃないか」
サラ「………」
サラ「はい、必ず行きましょう」
114:
シロッコ「フン、今回の魔女はたいした相手ではなかったな」
シロッコ「結界が屋内ゆえにモビルスーツは使えんが」
シロッコ「グリーフシードだサラ」
サラ「有難うございます、パプテマス様」
シロッコ「魔法少女の力の源、ソウルジェムか…」
サラ「普段はこの箱に入れています、この箱に入れて置けば爆発に巻き込まれても無事です」
シロッコ(そして魔法を使うたびにソウルジェムが濁っていき、それを綺麗にするグリーフシード…)
シロッコ「サラ、本当にソウルジェムが濁りきっても魔法が使えなくなるだけなんだろうな」
サラ「はい、それだけです」
シロッコ「前にも言ったが、私にはサラの魂がソウルジェムに存在していると感じているのだよ」
サラ「そう思えるだけです」
シロッコ「………」
シロッコ(やはり今までと同じ返答か…)
シロッコ(本当にそうなのか?私にはそうは思えん)
115:
サラ「パプテマス様!!」
シロッコ「大丈夫だ…命が一つ失われただけだ…」
シロッコ「今回の魔女は手強かったな…」
サラ「パプテマス様、もうお止め下さい、魔女と戦うのは私の役目です」
シロッコ「魔女と戦う期間はもう長くはないのだろう?それまでだよサラ」
シロッコ「これが終わったら二人で恒星間旅行だ」
サラ「………」
サラ(魔女との戦いで、既に二つの命が失われてしまった…このままでは…)
116:
シロッコ「何処にいるのだ?サラは?」
シロッコ「そろそろ魔女探査に出発だというのに、自分の部屋か?」
シロッコ「サラ、入っていいか?」
シロッコ「返事がない、いないのか?」
シロッコ(鍵は掛かっていない…)
シロッコ「サラ!」
部屋のベッドで寝ているサラ
シロッコ「!!」
シロッコ「サラから、何も感じられん…まさか…」
117:
キュゥべえ「そう彼女はシんだんだ、自らソウルジェムを破壊してね」
シロッコ「貴様は…」
キュゥべえ「君の考えていた通りさ、サラの魂はソウルジェムに存在していたんだ」
シロッコ「やはりそうか…」
キュゥべえ「それが破壊されたら、生きてはいけないね」
シロッコ「だが何故だ!何故サラがシなねばならないのだ!!」
キュゥべえ「それは、そこにある手紙を読んだらどうかな、君宛ての手紙だ」
シロッコ「手紙だと…」
118:
パプテマス様
パプテマス様の恒星間旅行にお供する事が出来ず申し訳ありません。
お供をすれば私は、いづれ魔女となりパプテマス様を傷付けてしまうでしょう。
これからパプテマス様が魔法少女と関わる可能性もあるかもしれません
ですから私が知る限りの事を書き残します。
私はパプテマス様に嘘をついていました。魔女と戦う期間は定めれていません。
魔法少女がシぬか魔女になるまで戦わなければなりません。
パプテマス様の仰る通りです。私の魂はソウルジェムに存在しています。
今の私の身体は戦う抜け殻の様なものです。
ですがその代わり、ソウルジェムが無事な限り、私はシぬ事はありません。
ソウルジェムが破壊された場合のみ私は命を失うでしょう
ソウルジェムを特殊な箱に入れておいたお陰で、私はあの時にシなずに助かったのです。
ただしソウルジェムと肉体との距離が100mを越えてしまうと、肉体は活動を停止して死んだ状態になってしまいます。
ご存知だと思いますが、魔法を使っていくとソウルジェムが濁っていきます。
魔法を使わなかったとしても、肉体維持の為に魔力を使っていき濁っていく事になるのです。
それだけではありません、魔法少女の憎悪や絶望などの負の感情すらもソウルジェムを濁らせていくのです。
完全に濁ってしまうと魔法少女は魔女と化してしまうのです。
キュウべえは地球外生命体の端末的な存在であり、インキュベーターと呼ばれているそうです。
その目的は魔法少女が魔女に変わる時に発生するエネルギーを回収する事です。
宇宙の寿命を延長させる為だそうですが、これは本当かどうか判りません。
インキュベーターに契約を持ちかけられた時に質問し、本人の口から聞ききました。
勿論、最初は断りました。
119:
しかしティターンズ内で、パプテマス様を良しとしない者はいるでしょう。
パプテマス様が暗サツの対象となるかもしれません。
私がお守り出来ればよいのですが、どこまで守り切れるかどうか分かりません。
ですから、インキュベーターとの契約を決意致しました。
パプテマス様のお命を増やして下さいと願いました。
結果、パプテマス様をお救いする事が出来ました。
パプテマス様から恒星間旅行のお供を命じていただきましたが
魔女と永遠に戦わなければならない私にはこの命令に従う事は出来ませんでした。
ですが、まさかパプテマス様と共に魔女と戦えるとは思ってもいませんでした。
私が絶望を感じる事がなかったのは、パプテマス様がお側にいて下さったからです。
ですが魔女との戦いで命を失っていくパプテマス様をもう見たくはありません。
私が拒めばよかったかもしれませんが、パプテマス様を拒みたくありませんでした。
残る手段は一つです。私がシねば、パプテマス様は魔女と戦う事はなくなります。
パプテマス様、先に逝く事をお許し下さい。
パプテマス様、私は部下として優秀でしたか?立派に役目を果たしましたか?
それを最後に聞きたかったです。
お別れですパプテマス様、どうか生きて下さい。
サラ
120:
シロッコ「サラ…」
シロッコ「私がティターンズの中でもっと上手く立ち回っていれば、サラに要らぬ気遣いをさせずに済んだのか…」
シロッコ「この様な形で先に逝く事など、私は絶対に許さん…」
シロッコ「サラ…お前程、優秀な部下はいなかった…だが役目は果たしていないぞ…」
シロッコ「私と共に恒星間旅行に行くという役目を果たしていない…」
キュゥべえ「魔法少女が恒星間旅行なんて無理だよ、魔女になるかシぬまで戦わないといけないんだ」
シロッコ「………」
キュゥべえ「前にも言ったけど僕は彼女の質問に全て正直に答えたよ、その上での契約だったんだ」
シロッコ「………」
キュゥべえ「ニュータイプって本当に凄いんだね、今まで誰にも質問されなかった事をされたよ」
シロッコ「………(ギロッ)」
121:
キュゥべえ「その目は友好的な目じゃないね、人間の事がよく分からない僕にだって理解出来るよ」
キュウべえ「僕を恨むのは理不尽だよ、全ての質問に答えてあげた上で彼女の願いを叶えてあげたんだから」
シロッコ「そうだな…貴様が願いを叶えなければ…サラも私もシんでいたのだ…」
シロッコ「貴様を恨むのは理不尽だな…貴様に恨みを持つのは俗人のする事だろうな…」
キュゥべえ「そうだよ、分かってもら…」
パーン
シロッコ「私も俗人だったという事だ!!」
122:
シロッコ「何故、サラの前に現われたのだ!!」
シロッコ「シんだ相手に聞いても無駄か…」
キュゥべえ「そんなの決まってるよ、彼女に魔法少女としての素質があったからさ」
シロッコ「き、貴様!」
キュゥべえ「彼女は素晴らしかった、立派な魔女になれただろう」
キュゥべえ「だから、その前にシんでしまったのは本当に残念だ」
キュゥべえ「ニュータイプか、とても興味が湧いたよ」
シロッコ(そうか、コイツは複数の身体を持っているのか、では何度倒しても無意味か)
シロッコ「フン」
パーン
シロッコ(だが無意味と分かっても撃ちたくなる、本当に私は俗人だったのだな)
シロッコ「どうやら、ここには二体だけだったようだな」
シロッコ「貴様にこれだけは感謝しよう、どうしても果たしたい目的が出来た」
シロッコ「この目的は生きがいとなるだろう」
回想シーン終わり
123:
キュゥべえ「懐かしいね」
キュゥべえ「僕と過去話をするのが目的だったのなら終わった筈だよ、帰っていいかい?」
シロッコ「私の目的は他にもある、むしろそれが本命だな」
キュゥべえ「その目的が果たせる事を祈ってあげるよ」
キュゥべえ「神に対しての信仰心が理解出来ない僕が祈っても、効果はないと思うけど」
シロッコ「祈ってもらう必要はない、おそらく私の目的は果たされた」
キュゥべえ「どういう事だい?」
シロッコ「貴様が目を付けたのはハマーン・カーンという女だな」
キュウべえ「そうさ、彼女はサラ以上のニュータイプだ、おそらく凄い素質を持っているだろう」
シロッコ「その次に目を付けているのがまどかという少女だな」
キュゥべえ「まどかの事も分かるなんて、ニュータイプは凄いね」
シロッコ「貴様は逃げている途中にテレパシーの様なものを送っていたからな」
キュゥべえ「聞こえていたのか」
124:
シロッコ「ハマーン以外にも目を付けているヤツはいると思ったが、お陰でそれが誰なのかも分かった」
シロッコ「探す手間が省けたよ」
シロッコ「目を付けていたからこそ、助けを求めたのだろ?」
キュゥべえ「そうさ、ハマーン・カーンは助けを求めても無視されそうだったからね」
キュゥべえ「それで君の目的は?」
シロッコ「私はこの町に巴マミという魔法少女がいる事もハマーン達がいる事も知っていた」
シロッコ「おそらくこの町にも魔法少女の候補者がいるだろうともな」
シロッコ「だからこそ、思いついたのだ」
キュゥべえ「何をだい?」
シロッコ「あの場面で貴様がいなくなって、残された魔法少女と候補者とハマーン達はどうすると思う?」
キュゥべえ「マミの性格からして戦いにはならないだろうね、話でもするんじゃないかな」
シロッコ「そうだ、貴様抜きでの話し合いだ」
キュゥべえ「えっ」
125:
シロッコ「貴様がいるといないでは状況が全く違うとは思わないか?」
シロッコ「この状況にもっていく方法を色々と考えていたが、貴様が逃げてくれたおかげで、あっさりと成功したわけだ」
シロッコ「貴様は言ったな、ハマーンはサラ以上のニュータイプだと、ならば魔法少女の契約に疑問を持たないと思うか?」
キュゥべえ「それは…」
シロッコ「ハマーンの他にもアムロ・レイがいる、一目見て分かったが彼も優秀なニュータイプだ」
シロッコ「シャアは…」
シロッコ「………」
シロッコ「そんな事より、これでも分からないのか?」
シロッコ「巴マミから魔法少女の契約を聞いたハマーン達は契約の疑問点に気付くだろう」
シロッコ「巴マミに疑問点を尋ねる筈だ」
シロッコ「だが巴マミは答えられない、貴様が何も教えなかったからな」
シロッコ「そこから貴様への不信感が生まれるだろうな」
シロッコ「もしかしたら、貴様に答えてもらわなくとも、答えに辿り着くかもしれん」
シロッコ「この状況でまどかという少女が、貴様と契約すると思うか?」
キュゥべえ「うっ…」
126:
シロッコ「まどかという少女が真実を知っても、なお契約しようというのなら止めはせんが、おそらく契約などしない」
シロッコ「そしてハマーンはこんな願いなどに頼る女ではない、元から諦めるんだな」
シロッコ「貴様の秘密主義が仇となったわけだ」
キュゥべえ「僕が君に拉致された後、別の身体が候補者達に接触するとは考えなかったのかい?」
シロッコ「それはないな、私の目的が分からん内は、別の身体を候補者達に接触させない筈だ」
キュゥべえ「その通りだ、君の目的が魔法少女に害をもたらす可能性もあったからね
  君の目的が分かるまで、接触は控えた方がいいと判断したんだ」
シロッコ「貴様と過去話をしたのは、時間稼ぎの意味もあったのだよ」
キュゥべえ「シロッコ、君の目的は…」
シロッコ「貴様の魔法少女の契約を阻止する事だ」
シロッコ「私の様な男が候補者に説明しても、信じないだろうからな」
シロッコ「ハマーン達がこの町にいる事が分からなければ、この目的は果たせなかった」
127:
キュゥべえ「サラの復讐かい?」
シロッコ「こんな子供の悪戯程度の事は復讐にもなっていない」
シロッコ「悔しいが今の私には、子供の悪戯程度の事しか出来ん」
シロッコ「貴様には嘘をついていたが、最初の一体を撃った時に無意味だと気付いていた」
シロッコ「それでも、貴様が目に入ると撃たずにはいられなかったのだ」
キュゥべえ「それは酷いよ」
シロッコ「貴様の星は遠いのだろう」
キュゥべえ「君達の技術力では遠過ぎるね」
シロッコ「いづれ技術力を手に入れて、遠くない距離にしてやる」
シロッコ「私の恒星間旅行の目的地は貴様の星だ」
キュゥべえ「その時が君の復讐の始まりなんだね、シロッコ」
キュゥべえ「前にも言ったけど、僕が恨まれるのは理不尽だよ」
シロッコ「すまないな、インキュベーター」
パーン
シロッコ「これで二回目になるが」
シロッコ「貴様の言う通り、命を奪う時に、この言葉を使ったな」
128:
杏子「シロッコ」
シロッコ「杏子、見張りご苦労だった」
杏子「あんたの目的は達成されたのかな」
シロッコ「おそらく大丈夫だ」
杏子「ハマーン達を信頼しているんだね」
シロッコ「信頼か…私は能力を認めているだけに過ぎん」
杏子「能力だけ?」
シロッコ「信頼という言葉が出てくる程、我々は仲がいいとは言えんという事だ」
シロッコ「ハマーン達に銃口を向けられたのが、その証拠だ」
シロッコ「それより、これを受け取ってくれないか」
杏子「前金の二倍のお金、という事は私の仕事は終わったって事かい」
シロッコ「仕事はまだ終わっていない、これは特別ボーナスだと思ってくれればいい」
シロッコ「君には生活の為の金が必要な筈だ」
129:
杏子「シロッコ…」
シロッコ「君には感謝している、こんなに思い通りに事が運ぶとは思ってもいなかった」
杏子「き、気前がいいんだね、遠慮なく貰っておくよ」
シロッコ(遠慮なくという割りには受け取る手の動作が遅い…)
シロッコ「フッ」
杏子「ん?」
シロッコ(彼女はやはり偽悪なだけで、本当は優しい少女だ)
杏子「どうしたんだい?」
シロッコ「何でもない、ただ君に仕事を頼んでよかったと思ってね」
杏子「当然だよ(ニコッ)」
130:
さやか「さあ、お昼だ!お昼だ!」
まどか「さやかちゃん?」
仁美「くすくす」
アムロ「すまない、今日は用があって、昼食は別々になるんだ」
さやか「え?」
まどか「そうなんですか…」
仁美「御用がおありなら仕方ないですわ…アムロさん明日はご一緒に…」
アムロ「ああ、明日は必ずそうさせてもらうよ」
シャア「アムロ、用とは何なのだ?」
アムロ「実は、ほむらに呼ばれたんだ、何かあったのかも」
ハマーン「私達も行こうか?」
アムロ「いや、二人はまどか達についてやってくれ、インキュベーターが何処にいるか分からないからな」
アムロ「もし重要な事だったら、後で教える」
シャア「分かった」
ハマーン「アムロ、気を付けてな」
131:
さやか「それじゃあ、ゴハンにしようよ!」
ハマーン「おい、シャア!お前は運がいいぞ!」
シャア「どう言う意味だ?」
ハマーン「材料が余ったので、それを使ってお前の弁当を作ってやったのだ!」
シャア「自分の弁当があるからいい」
ハマーン「………」
さやか(あちゃ?、シャアさん、空気読もうよ…)
まどか(ハマーンさん…)
仁美(これではハマーンさんが…)
132:
さやか「ちょっと、シャアさん、こっち来て」
シャア「ん?」
さやか「駄目だよ、ハマーンさんのお弁当食べてあげないとさ」
仁美「自分の為に女の子が作って下さった物を食べない殿方は最低ですわよ」
まどか「そうだよ、シャアさん」
シャア「フッ、大丈夫だ、ハマーンは女の子という年齢ではない」
まどか&さやか&仁美(この人は…)
さやか「歯ァ食いしばれ!!そんな大人、もう口聞いてあげない」
133:
シャア「なっ…さやか」
さやか「………」
シャア「仁美」
仁美「………」
シャア「まどか」
まどか「………」
シャア「………」
シャア「ハマーン、今日は何時もより空腹なのだ、その弁当をくれ」
ハマーン「フッ、最初からそう言えばいいものを」
さやか「へへへ」
仁美「よかったですわ、ハマーンさん」
まどか「うん」
ハマーン(まどか、さやか、仁美…恩に着るぞ…)
134:
アムロ(昼休みに、ここだったな)
ほむら「アムロさん」
アムロ「どうしたんだ?ほむら」
アムロ「まさか、インキュべーターが接触して来たのか?」
ほむら「いいえ、私がアムロさんにお弁当を持って接触しに来ただけよ」
アムロ「え?」
ほむら「昨日はアムロさんにお世話になったから、せめてものお礼よ」
アムロ「だがいいのか?まどかの所に行かなくても」
ほむら「まどかには何時でも会いに行けるから」
アムロ(昔、そのセリフを言ったな俺…)
アムロ(実はハマーンからも、シャアに弁当を作るついでにと弁当を貰っているんだが…)
アムロ(ほむらがせっかく作ってくれたんだ)
アムロ「ほむらのお礼を無駄には出来ないな」
ほむら「よかったわ、さあ食べて」
135:
マミ「アムロさん!」
ほむら「マミさん?」
アムロ「マミ、何かあったのか?」
マミ「何かあったんです!」
マミ「私がアムロさんの為に作ったお弁当があったんです!」
アムロ「マミ、君まで」
マミ「ふふふ」
マミ「昨日のお礼ですよ、アムロさん」
ほむら「マミさん…」
マミ「暁美さん、アムロさんにお礼がしたいのは私も同じよ」
マミ「それとも人と分け合うんじゃ不服かしら?」
ほむら「不服じゃないわ、でもどうやって分け合うの?」
マミ「う?ん、それが問題ね」
136:
アムロ「一つだけ、この問題の答えを思い付いたんだが」
ほむら&マミ「えっ」
アムロ「これだけ弁当の数が増えたんだ、分け合って食べたらパーティみたいだとは思わないか?」
ほむら(その発想はなかった)
マミ(ふふっ、アムロさん、まるで少年の様な思い付き)
ほむら「いいと思うわ、その答え」
マミ「ええ、凄くいいです」
マミ「そうだ、それを時間停止世界でやりませんか?」
アムロ「だが…」
アムロ「ほむら、負担にならないか?」
ほむら「大丈夫よ」
137:
マミ「本当は昨日言った通り、手を握りながらがいいんだけど」
マミ「でもそれじゃあ手が使えなくて食べれないから、私のリボンで結び合えば大丈夫よね、暁美さん」
ほむら「ええ、リボンで結び合えば三人共動けるわ」
マミ「なら早」
リボンで結び合う
アムロ「これなら動けるな」
マミ「じゃあ、暁美さんお願い」
ほむら「分かったわ」
時間停止
マミ「さあ、時間停止パーティを始めましょう」
138:
杏子「シロッコ、食うかい?」
シロッコ「杏子、その食事は栄養バランスを無視し過ぎだ」
杏子「大丈夫だよ、普段はリンゴも食べてるし」
シロッコ「リンゴだけではな」
杏子「いいじゃん、好きな物を食べた方が、食事も楽しいよ」
シロッコ「好きな物か」
杏子「ちなみにシロッコは何が好きなんだい?」
シロッコ「宇宙食だ」
杏子「へ?」
シロッコ「フッ、冗談だ」
シロッコ「杏子は私と違って育ち盛りだ、もっと栄養バランスを考えた方がいい」
杏子「そのうちね」
139:
杏子「それで、これからどうするんだい?」
シロッコ「しばらく、この町でインキュベーターの監視といく」
シロッコ「まだ諦めていないかもしれんしな」
杏子「魔法少女やハマーン達には会わないのかい?」
シロッコ「今、それを考えている」
シロッコ(だがハマーン達が私に利用されたと知ったら、今度こそ銃の引き金を引いてくるかもな)
シロッコ(さて、どう動くか)
杏子「はい、シロッコ」
シロッコ「杏子?」
杏子「まずは食べないと駄目だよ、シロッコ」
シロッコ「そうだな…」
シロッコ「これは美味いな」
杏子「そうだろ(ニコッ)」
146:
ハマーン「よし、揃ったな、ではワルプルギスの夜について話そう」
アムロ「ほむら、ワルプルギスの夜について詳しく話してくれないか」
ほむら「分かったわ」
ほむらはワルプルギスの夜について話した
ハマーン「超大型の魔女で結界を必要としない」
シャア「攻撃方法は黒い触手で突く(これは使い魔に変化する)、炎の槍を飛ばす、物体を浮遊させてぶつける」
まどか「風、しかも暴風の様なさ」
さやか「やっかいなのは防御力が凄過ぎる」
マミ「噂には聞いていたけど、想像以上の相手みたいね…」
アムロ「しかも、これが全てではない…」
ほむら「ワルプルギスの夜は全く本気を出していないように、感じたわ」
ほむら「むしろ遊んでいたと言っていいわね」
ハマーン「遊んでいた相手の実力など測れんからな」
147:
マミ「暁美さん、私と貴方の二人で勝てると思う?」
ほむら「無理だと思う…」
ハマーン「もう一人の魔法少女はシロッコについているしな」
マミ「佐倉さん…」
ほむら「佐倉杏子と話が出来ればいいのだけど…」
さやか「でも、問答無用で攻撃してこないかな」
マミ「大丈夫よ、そんな子じゃないわ」
まどか「マミさん、あの人を知っているんですか?」
マミ「前にちょっとね…」
シャア「私にいい考えがある」
ハマーン「何だそれは?」
シャア「ワルプルギスの夜の…」
アムロ「頭上にアクシズを落とすのはナシだぞ」
シャア「………」
シャア「私の言った事は忘れてくれ」
アムロ&ハマーン(コイツは…)
148:
まどか「あのう…」
さやか「あたし達が…」
ほむら「それは、駄…」
アムロ「駄目だ、魔法少女の契約の正体は分かっている筈だ」
アムロ「まどかを魔法少女にさせないのは、ほむらの願いなんだ、分かってくれ」
ほむら(アムロさん…)
ハマーン「さやかもだ、きっと後悔することになるぞ」
ハマーン「私は友人につらい思いをさせたくない」
まどか&さやか「はい…」
149:
ほむら「あの、アムロさん達に聞きたい事があるんだけど」
アムロ「聞きたい事?」
ほむら「アムロさん達はモビルスーツを所持していないかしら?」
シャア「モビルスーツ?」
ほむら「私は戦いでまだモビルスーツを使っていない、使えないと言った方がいいわ」
ほむら「流石に時間を止めてもモビルスーツを手に入れる事は出来ないし、手に入れても私には操縦出来ない」
ハマーン「所持しているぞ」
ほむら「えっ」
アムロ「俺はνガンダム、シャアはサザビー、ハマーンはキュべレイを所持している」
シャア「今は三機共、アクシズだが」
150:
ほむら「そのモビルスーツをワルプルギスの夜との戦いで使えないかしら?」
ほむら「実は昨日、それを聞きたかったの」
ハマーン「モビルスーツをこの町でだと?」
シャア「確かに見滝原町はアクシズの一部だ、モビルスーツを使っても連邦から文句を言われる筋合いもない」
アムロ「だがモビルスーツでの戦闘は町にかなりの被害が及んでしまう恐れがある」
ほむら「どのみちワルプルギスの夜が来れば、町は半壊、いえ全壊するくらいの被害が及ぶわ」
ほむら「今はそれしか手はないと思うの」
アムロ&シャア&ハマーン「………」
アムロ「ハマーン、町の人を全てアクシズに避難させる事は?」
ハマーン「数週間では無理だ、人数が多過ぎる」
シャア「緊急避難場所に移動してもらい、我々はワルプルギスの夜をそこに近づけさせないようにする」
アムロ「そうだな、それしかないな」
151:
ほむら「そ、それじゃあ」
ハマーン「モビルスーツをこちらに持って来させよう」
ほむら「有難う!!」
シャア「誰に持って来させる?」
ハマーン「シャングリラから出稼ぎに来ている少年がいただろう、後はプルとプルツーにも手伝わせる」
アムロ「その三人なら、魔女を認識出来る筈だから、助っ人になるな」
シャア「カミーユにも頼むか」
ハマーン「決まりだな、機体の調整も入れて、到着は二週間というところか」
ほむら(今度こそ勝てるかもしれないわ)
152:
シロッコ「ワルプルギスの夜?」
杏子「そうだよ、私達の間じゃ悪い意味で有名な魔女さ」
シロッコ「手強い相手なのか?」
杏子「有名な魔女がまだ存在しているという事は?」
シロッコ「なるほどな、誰もソイツに勝てんという事か」
杏子「流石はシロッコだね」
シロッコ「ソイツがこの町にやってくる可能性は?」
杏子「それは分からないけど、私一人じゃ勝てないだろうね」
杏子「噂じゃかなりデカくて、結界すら必要としないんだって」
153:
シロッコ(そのワルプルギスの夜がこの町に来る可能性も考慮しておこう)
シロッコ「フッ、杏子、私はモビルスーツを所持していると言ったろう」
シロッコ「サイズが大きいなら、屋外の戦闘になる筈」
杏子「駄目だよ、シロッコは雇い主だろ、戦うのはあたしの役目だよ」
シロッコ「杏子、私は歴史の立会人に幕を降ろしたのだよ」
シロッコ「戦うべき時は戦う、杏子と共にな」
杏子「シロッコ…あんたに雇われてよかったよ」
シロッコ「それは光栄だ」
154:
カミーユ「お久しぶりです」
アムロ「カミーユ、よく来てくれたな」
シャア「ファとはどうだ?」
カミーユ「ファはどうでもいいです」
アムロ&シャア(また喧嘩したのか…)
ハマーン「ご苦労だったな、ジュドー・アーシタ、プル、プルツー」
ジュドー「いいって、これくらい、ハマーンさんには給与面で優遇してもらっているしな」
プル「私はジュドーが行く所なら、何処でも行くよ」
プルツー「こら、プル、ちゃんとハマーン様に挨拶しろ」
ハマーン「かまわん」
155:
カミーユ「でもワルプルギスの夜ですか、信じられません、そんなモノが存在するなんて」
アムロ「一週間後には信じられるさ」
シャア「かなりの相手だそうだ、油断は禁物だぞ」
プル「魔女か、絵本に出てくる、おばあさんみたいなのかな?」
プルツー「おばあさんだったら、私達は呼ばれないよ」
ジュドー「そんなヤツを放っておいたら、また苦しむ人達が増える」
ハマーン「そうだ、だから何としても倒さなくてはならない」
アムロ「戦力は揃ったな」
シャア「この戦力はワルプルギスの夜に対して多いのか少ないのか…」
ハマーン「今は何とも言えないな」
156:
???「その戦力に私と佐倉杏子も加えてもらえないか?」
アムロ「何っ!」
シャア「貴様は!」
ハマーン「どうして、ここに!」
カミーユ「アムロさん達から聞いていたが…」
カミーユ「生きていたのか!シロッコ!!」
ジュドー「この人がシロッコ…」
プル「誰なの?」
プルツー「シーッ、黙って」
シロッコ「戦いに来たのではない、用件は最初に言った筈だ」
カミーユ「そんな事!」
シャア「待て、カミーユ、感情的になるな」
ハマーン「貴様には色々と聞きたい事がある、話はそれからだ」
シロッコ「よかろう」
157:
プル「ねえ、プルツー、あの人って悪い人なの?」
プルツー「さあね、でもアクシズの敵だよ」
プル(おかしいな、悪い人には見えないんだけど)
ジュドー(あれ、この人…)
アムロ(シャア達も気付いている筈だが、シロッコから邪気は感じられない…どういう事だ)
ハマーン「何故、お前は生きているのだ?」
シロッコ「私は命を一つ失ったに過ぎない、サラのお陰だ」
カミーユ「サラの?どういう事だ」
シロッコ「ハマーン達は知っていると思うが、魔法少女の契約の願いだ」
シャア「サラは魔法少女だったのか!」
シロッコ「全ては、私が原因なのだ…」
カミーユ(こんなシロッコは見た事がない、人を見下す態度が見られない)
ハマーン「シロッコ、詳しく話してもらおうか」
シロッコ「そうだな…」
シロッコは今までの事を話した
158:
カミーユ「サラが…そんな事に…」
ハマーン「貴様の目的はインキュベーターの魔法少女の契約を阻止する事だったのか」
シャア「だが、それも私達が魔法少女の契約の正体を知った時点でほぼ達成されたわけか」
アムロ「やはりインキュベーターはハマーンやまどかを狙っていたんだな」
ハマーン「だが気に入らんな、私達を利用するなどと」
シロッコ「もっともな意見だ、それについては謝罪させてもらう」
カミーユ(シロッコが謝罪?どうなっているんだ)
シロッコ「私にはこの方法しかなかった、いや思い付かなかったのだ」
カミーユ(シロッコを変えたのはサラの自害か?それともインキュベーターへの憎しみか?)
シロッコ「天才と称していた自分を笑いたくなる」
シロッコ「インキュベーターに対しての有効な手が思い付かず、子供の悪戯程度の事しか出来ない自分の何処が天才なのか」
シロッコ「私は自分も俗人だった事に気付いたのだよ、俗人が俗人を見下すなど、笑い話にしかならん」
アムロ&シャア&ハマーン&カミーユ&ジュドー&プル&プルツー「………」
159:
ハマーン「そして、私達がモビルスーツをアクシズから持ってこさせたのを見て、悪い予感がしたと」
シャア「私達に接触して来た理由はそれか?」
シロッコ「そうだ、ワルプルギスの夜でも来るのかと思ってな」
ハマーン「ワルプルギスの夜も知っていたか」
シロッコ「ワルプルギスの夜との戦闘中にインキュベーターが接触してくるとも限らんからな、それは避けたいのだ」
アムロ「確かに可能性は、かなりあるな」
ハマーン「ワルプルギスの夜の実力が測れん以上、念を入れて戦力は少しでも欲しいのが本音だ」
ハマーン(それも考えの上での接触だろうな)
160:
ハマーン「お前達、どう思う?」
シャア「インキュベーターやワルプルギスの夜は共通の敵、敵の敵は味方という言葉もある」
アムロ「そうだな、インキュベーターが接触して来る前にワルプルギスの夜を倒さないといけないからな」
ジュドー「いいんじゃないの、前は知らないけど、今は悪い人に見えないし」
プル「そうだよ、悪い人には見えないよ」
プルツー「戦力になりそうだし、いいと思います」
ハマーン「カミーユはどうだ?」
カミーユ「………」
カミーユ「俺は、シロッコがやってきた事を許せません」
アムロ&シャア&ハマーン&ジュドー&プル&プルツー(空気が読めない人がいる…)
カミーユ「でも、少女を騙してエネルギーを奪う、インキュベーターはもっと許せません」
カミーユ「インキュベーターを憎む、今のシロッコを信じます」
アムロ&シャア&ハマーン&ジュドー&プル&プルツー(最初にそれを言えよ…)
シロッコ「感謝する、カミーユ・ビダン」
161:
ハマーン「これで、こちらの戦力は…」
アムロ・レイ  νガンダム 
カミーユ・ビダン Zガンダム 
ジュドー・アーシタ ガンダムZZ
シャア・アズナブル サザビー
パプテマス・シロッコ ジ・O
ハマーン・カーン キュべレイ
エルピー・プル キュべレイMk-II(濃紺)
プルツー  キュべレイMk-II(朱色)
暁美ほむら
巴マミ
佐倉杏子
ハマーン「こうなった訳だ」
ハマーン「今日は休んで、明日に巴マミの部屋で今後について話そう」
アムロ「そうだな、まどか達にみんなを紹介しないとな」
ハマーン「シロッコ、巴マミの部屋の住所は分かるか?」
シロッコ「問題ない、杏子が知っている」
ハマーン「では、明日にな」
シロッコ「ああ」
162:
シロッコ「………」
シロッコ「杏子、いるのだろ」
杏子「やっぱりバレてた?」
シロッコ「おそらく、ハマーン達にもバレていた筈だ」
シロッコ「杏子に邪気がなかったので、知らぬフリをしてくれたみたいだが」
杏子「ゴメン、シロッコ」
シロッコ「杏子、お腹は空いていないか?」
杏子「えっ」
シロッコ「杏子に心配をかけさせてしまったようだ、だから今度は私が杏子を心配する番だ」
杏子「心配って、あたしの空腹を?」
シロッコ「余計だったかな?」
163:
杏子「余計じゃないよ!あたし、お腹空いてたんだよ!!」
杏子「この前、美味しいラーメン屋を見つけたんだよ、そこに行こうよ!!」
シロッコ「ラーメン屋か、いいだろう」
杏子「そこのオススメはチャーシュー麺さ、シロッコもそれにしなよ」
シロッコ「そうだな、それにしよう」
杏子「ねえ、シロッコ」
シロッコ「どうした?」
杏子「よかったね、ハマーン達と共同戦線が張れて」
シロッコ「………」
シロッコ「杏子…」
杏子「ん?」
シロッコ「感謝する」
167:
カミーユ「カミーユ・ビダンです」
ジュドー「ジュドー・アーシタだ、よろしくな」
プル「あたし、エルピー・プル」
プルツー「プルツーだ」
シロッコ「共同戦線を張る事になったパプテマス・シロッコだ」
佐倉杏子「魔法少女の佐倉杏子だ」
マミ(佐倉さん…この前は、何も話せなかったわね…)
カミーユ(彼女がシロッコに雇われている、魔法少女か)
カミーユ(人を利用するのではなく、雇用するのなら、まあいいか)
マミ「佐倉さん」
杏子「安心しなよ、しばらくは仲間だ、敵対はしないよ」
マミ「………」
ほむら「………」
168:
時間停止
マミとアムロの手を握るほむら
アムロ「時間停止世界?」
マミ「暁美さん?」
ほむら「マミさん、この時間停止世界なら佐倉杏子と話が出来るわ」
マミ「えっ」
ほむら「佐倉杏子と話しておいた方がいいわ、リボンを結び合えば話が出来るでしょう」
マミ「有難う、暁美さん…」
アムロ「この話し合いに俺も参加していいのか?」
ほむら「是非、アムロさんにも参加して欲しいわ」
マミ「暁美さん、出来ればシロッコさんにも参加してもらいたいの、聞きたい事があるから」
ほむら「そうね、アムロさんもいいかしら?」
アムロ「ああ、シロッコの話も聞いておいた方がいい」
マミ「じゃあ、いくわ」
169:
マミはリボンを使い、自分、アムロ、ほむら、杏子、シロッコを結び合った
杏子「えっ、どうなってんだよ!」
シロッコ「この部屋が…時間が止まっている?なるほど、その魔法少女の能力か」
ほむら「そうよ、時間停止だと分かるなんて、凄いわね」
杏子「それであたし達をどうするつもりだい?」
シロッコ「よせ杏子、おそらくはハマーン達に聞かれたくない話をする為だろう」
マミ「別に聞かれても構わないけど、今は佐倉さん達とだけで話しがしたいの」
杏子「マミ」
マミ「この前、会った時は、お話し出来なかったわね佐倉さん」
杏子「あの時は敵同士だったんだ、暢気に話なんて出来るわけないだろう」
170:
マミ「教えて佐倉さん、貴方は今、自分の為に戦っているの?それともシロッコさんの為?」
杏子「何だよ、シロッコが悪いヤツに見えるのかよ、悪いのはインキュベーターだろう」
マミ「やっぱり知っているのね、魔法少女の契約の正体を」
杏子「ああ、シロッコに雇われた時に教えてもらったよ」
杏子「でもな、シロッコには感謝してるよ、知らないままだったら、インキュベーターに騙されたままだったさ」
マミ「シロッコさんが悪い人ではないって事は、アムロさんに教えてもらったわ」
杏子「この人が」
アムロ「シロッコと初めて接触した時に邪気の様なものを感じたが、それはインキュベーターを目の前にしての憎しみだった」
アムロ「だがこうして話をしているシロッコには邪気が感じられない」
マミ「それで答えて、貴方は今、何の為に戦っているの?」
杏子「ふん、自分の為だよ、生活に必要な金を手に入れる為だよ」
杏子「前にも言ったけど、私はもう他人の為に戦うのはやめたんだ」
171:
マミ「嘘はよくないわ、佐倉さん」
マミ「貴方と再会した時、お話しは出来なかったけど、判った事があるの」
マミ「あの時の貴方の目は私と一緒に戦っていた時の目だった」
杏子「何でそんな事が判るんだよ」
マミ「判るわよ、他人の為に戦うのをやめた貴方の目と今の貴方の目は全然違うわ」
マミ「だから、貴方の目を見た時、嬉しかったの…一緒に戦っていた…友達だった佐倉さんに戻ってくれたって…」
マミ「うっ…うっ…ぐすっ…」
杏子「おい!泣くなよ!あたしの先輩だろ!!」
マミ「ぐすっ…まだ、私の事を先輩だと思ってくれるの?」
杏子「マミはあたしの先輩です、これでいいか?」
マミ「うん…ぐすっ」
マミ「………」
172:
マミ「それで、どうして佐倉さんは、また他人の為に戦う様になったの?」
ほむら(切り替えが早いわね)
杏子「シロッコの前だと恥ずかしいから、やだよ」
マミ「ふふふ、先輩命令よ佐倉さん」
杏子「うわっ、ひでえ先輩」
シロッコ「私のリボンを解けばいい、私に聞かれなくて済むぞ」
ほむら「リボンのお陰で動けているのにも気付いていたの?」
シロッコ「時間停止世界の中で動けている私と動けないハマーン達との違いはリボンだけだからな」
杏子「へへへ、やっぱりシロッコは凄いよ」
マミ「くすっ」
杏子「何だよ、マミ」
マミ「もう言わなくていいわ、理由は分かったから」
杏子「えっ」
マミ(そういう事なの、佐倉さんにとってシロッコさんはただの雇い主ではないわけね)
マミ(他人のシロッコさんの為に戦っているのではなく、他人だと思っていないシロッコさんの為に戦っているのね)
マミ(でも、今の佐倉さんなら、昔のように他人の為にも戦う気がするわ)
173:
杏子「何、ニヤついてんだよ、気持ち悪いぞ」
マミ「先輩に気持ち悪いって言ったら駄目よ、佐倉さん」
マミ「それで、シロッコさん、貴方にも聞きたい事があるんです」
シロッコ「答えれる事なら、答えよう」
マミ「どうして、佐倉さんに優しいんですか?」
シロッコ「………」
マミ「ハマーンさん達からは危険な人だと聞きました、でもこれについては信じられませんでした」
マミ「それは佐倉さんがお金を積まれても、悪い人に手を貸すとは思えなかったからです」
杏子(シロッコに雇われる前は盗みをしたり、使い魔を放っていたりしたから胸が痛い…)
マミ「そしてアムロさんから、今のシロッコさんは悪い人ではないと聞きました」
マミ「シロッコさんが佐倉さんを利用しているとは思えないんです」
174:
杏子「シロッコ、言いたくなかったら、言わなくていいよ」
シロッコ「私は以前に出来なかった事をしているに過ぎん」
アムロ「出来なかった事?」
アムロ(シャア達からはシロッコは女を利用する男だとは聞いていたが、出来なかった事とはまさか…)
シロッコ「私には以前、優秀な女の部下が二人いた、周りから見たら私が彼女達を利用していると見えただろう」
シロッコ「私は彼女達に何もしてやれなかった、してやる前にシんでしまったのだ」
シロッコ「結果、私は彼女達を利用しただけになってしまった」
シロッコ(特にサラは私の為に…)
シロッコ「杏子に働いてもらっている内に、以前に私が彼女達に出来なかった事をしてやりたいと思うようになった、それだけだ」
杏子「シロッコ、私への哀れみが理由じゃないんだね?」
シロッコ「残念だが、私は人に哀れみを持つような男ではない」
杏子「だったらいいんだ、あたしは哀れみなんて持たれたくないからさ」
マミ「そういうの嫌いっぽいものね、佐倉さんは」
シロッコ「巴マミ、これで満足かな」
175:
マミ「後一つ、質問に答えていただけたら満足します」
シロッコ「いいだろう」
マミ「佐倉さんの事をどう思っていますか?」
杏子「お、おい!マミ!何て事を聞くんだよ!!」
マミ「ごめんなさい、どうしても聞きたいの」
シロッコ「杏子には不幸になって欲しくない、この答えでは満足してもらえないかね」
マミ「いえ、満足しました(ニコッ)」
杏子「シ、シロッコ…」
マミ「シロッコさん、お礼を言います、今の佐倉さんがいるのは貴方のお陰です」
ほむら「私からもお礼を言うわ、シロッコさんのお陰でインキュベーター抜きでの会話に持ってこれた」
アムロ「そうだな、シロッコが居なければ、違った展開になっていたかもしれないしな」
アムロ「シャア達は納得出来ない部分があるかもしれないが、俺からは礼を言わせてもらおう」
シロッコ(歴史の立会人を称した私に礼を言うか…人というのは…)
176:
アムロ「それに俺は利用されるのは、初めてではないからな」
シロッコ「貴様は利用されるのを受け入れるのか?」
アムロ「俺が利用される事によって、多くの人が救われるのなら受け入れるさ」
アムロ「今回もほむら達が救われるなら、それを受け入れよう」
ほむら&マミ「アムロさん…」
杏子「アムロ、あんた…」
杏子(シロッコに会う前の私だったら、アムロの言葉に嫌悪しただろうな、でも今はそんな気が起きない)
シロッコ「貴様は甘い男だ、以前の私なら一笑に付していただろう、だが今の私には全てを否定は出来ん」
アムロ「シロッコ?」
シロッコ「貴様は優しさが ニュータイプの武器だと思っているな」
アムロ「武器とは違うかもしれないが、とても大切なものだと思う」
シロッコ「今の私はサラのニュータイプとしての優しさのお陰で生きていると考えている」
シロッコ「優しさを完全否定するという事はサラを否定してしまう事になる」
シロッコ「サラを否定など私には出来ん」
アムロ「否定せずに全てを受け入れたらいい」
177:
杏子「大丈夫だよ、シロッコはあたしに優しいじゃないか、ニュータイプってのはよく分からないけどさ」
マミ「そうね、優しいわね」
ほむら(今はまだ佐倉杏子限定みたいだけど)
マミ「でも本当に嬉しいわ、佐倉さんが戻って来てくれて」
杏子「ふ、ふん、仕事が済んだら、風見野市に帰るよ」
マミ「あら残念、せっかく佐倉さんの為に特製ピーチパイを作ろうと思っていたのに」
杏子「マミ、しばらくこっちにいるよ」
マミ「それはよかったわ、もちろんその時はアムロさん、暁美さん、シロッコさんも一緒よ」
シロッコ「いいのか?」
マミ「ええ、佐倉さんは、シロッコさんと一緒じゃなきゃイヤだと思うし」
杏子「そうだよ、シロッコと一緒じゃないとイヤだよ」
マミ(シロッコさんの事だと、素直なのね)
マミ(早く、前みたいに私にも素直になってもらいたいわ)
178:
ほむら「それじゃあ、そろそろ時間停止解除をしてもいいかしら」
マミ「有難う、暁美さん、貴方のおかげで佐倉さん達と話しが出来たわ」
杏子「あたしからも礼を言うよ、ほむら」
ほむら「えっ」
杏子「ほむらって呼んだら駄目かい?その代わりにあたしの事も杏子って呼んでいいからさ」
ほむら「好きにするといいわ、杏子」
杏子「それとアムロも、杏子でいいよ」
アムロ「俺もか?」
杏子「あんた、いい人みたいだしさ、構わないよ」
マミ「う?」
杏子「何だよ、マミも杏子って呼べばいいだろ」
マミ「だったら、私の事もマミ先輩って呼んで」
杏子「やっぱりマミは佐倉さんでいい」
マミ「酷い…」
ほむら「それじゃあマミさん、まずリボンを解いて」
マミ「わ、分かったわ」
179:
リボンを解くマミ
時間停止解除
ハマーン「よし、自己紹介も済んだ所で本題に入ろう」
ハマーン「ついにワルプルギスの夜との戦闘が後一週間となった」
アムロ「モビルスーツの出撃理由は、テロリストが搭乗したステルス迷彩のモビルアーマーとの戦闘という事にする」
シャア「一般人には魔女を認識出来ないが、攻撃が透明の何かに命中しているのは分かる筈だからな」
マミ「それで作戦はあるんですか?」
ハマーン「問題はそれなんだがな」
シロッコ「一つ、考えがある」
ハマーン「何だそれは?」
シロッコ「一つ聞くが、ワルプルギスの夜の出現時間と出現位置は分かるか?」
ほむら「ええ、分かるわ」
シロッコ「ヤツの出現予定位置に予め待機し、出現したと同時にモビルスーツと魔法少女の全火力での集中砲火というのはどうだ」
シロッコ「ヤツに何もさせずに終わらせる、先手必勝という訳だ」
シャア「成る程、いい考えだ」
アムロ「それならヤツが町に被害を出す前に倒せるしな」
ハマーン「よし、それでいこう」
180:
プル「でも、ソイツにファンネル通じるかな」
プルツー「倒すまで、集中砲火だよ」
ジュドー「これだけの高性能モビルスーツが八機で攻撃するんだ、大丈夫さ」
カミーユ「これで、倒せなかったら…」
シャア「それは想像したくないな…」
ほむら「………」
アムロ「ほむら、きっと勝てるさ」
マミ「そうよ、これだけ仲間がいるんだから」
181:
まどか「ほむらちゃん、私…」
さやか「ほらほら、まどか、転校生を元気付けてやりな」
さやか「あたしじゃ、役不足だし」
まどか「ほむらちゃん、みんなを信じようよ、きっと大丈夫だよ」
ほむら「まどか…アムロさん…マミさん…美樹さやか…」
さやか「あ?、あたしの事はさやかでいいよ」
ほむら「じゃあ、私もほむらでいいわ」
さやか「へへへ、じゃあほむら、あたしは応援する事しか出来ないけど、がんばりなよ」
ほむら「さやかも、まどかの事を頼むわ、インキュベーターが必ず接触して来ると思うから」
さやか「おう、任せといて」
アムロ(ほむらに、ああ言った以上は絶対に負けられない…)
182:
プル「いよいよ明日ね、ジュドー」
ジュドー「………」
プル「どうしたの?ジュドー」
プルツー「ジュドー、私達に何か言いたいみたいだけどさ、私達は帰らないよ」
プル「うん、帰らない」
ジュドー「えっ?」
プルツー「どうやら図星だったようだね」
プル「やっぱり」
ジュドー「あの時はモビルスーツ八機で攻撃すれば大丈夫って言ったけど、俺は不安なんだ」
プル「不安なのは、私達も同じだよ」
プルツー「でも、ジュドーが帰らないなら、私達も帰らないよ」
ジュドー「二人共…」
プル「ワルプルギスの夜をやっつけて三人で帰ろうよ」
プルツー「ソイツにはジュドーに手を出させないよ」
ジュドー「ああ、三人で帰ろう」
183:
カミーユ「………」
カミーユ(俺もいるんだけど、蚊帳の外だな…)
カミーユ(ファ、元気にしてるかな…帰ったら、謝ろう…)
アクシズ兵「あの、カミーユ・ビダンさん」
カミーユ「はい?」
アクシズ兵「ファ・ユイリィさんからのお手紙です」
カミーユ「ファから?」
ファからの手紙を読むカミーユ
カミーユ「シぬな、か…」
カミーユ「シなないさ、きっと帰るさ」
ジュドー「ねえ、カミーユさん、四人でゲームやらない?」
カミーユ「そうだな、やろう」
プル「わーい、やろう、やろう」
プルツー「勝つのは私だよ」
まどか「明日の戦いの事を今だけは忘れて、カミーユさん達はゲームを楽しみました」
184:
マミ「ついに明日ね」
ほむら「ええ、今度こそ勝つわ、勝って終わらせる」
まどか「ほむらちゃん…」
マミ「そうね、暁美さんの戦いを今度こそ終わらせてあげないとね」
杏子「ほむら、大変だったんだな、だけどそれも明日までさ」
アムロ「ああ、その為にみんながいるんだ、みんねで終わらせよう」
さやか「みんなが戦っている間、まどかはあたしが守るから」
ほむら「お願いね」
アムロ「さやか、君も候補者として狙われているぞ、気を付けるんだ」
シロッコ「インキュベーターを認識出来たという事は魔法少女の資格がある筈だからな」
さやか「大丈夫ですって、あたしはアイツの誘惑には負けません」
シロッコ「それでいい」
杏子「ちなみにシロッコはあたしが守るから」
シロッコ「そういうセリフは男が言うものだ」
杏子「シロッコはあたしの雇い主なんだから守るのは当然さ」
マミ「雇い主ねえ、ふふふ」
杏子「何だよマミ」
マミ「何でもないわ、何でも」
185:
まどか「シャアさんとハマーンさん、大丈夫かな…」
さやか「戦いの前日に二人の距離が縮まるのはアニメや漫画のお約束だから大丈夫でしょ」
ほむら「それで、二人きりにさせてあげようと提案したのね」
さやか「へへへ、ナイスアイディアでしょ」
まどか「でも喧嘩とかしないかな?」
杏子「アムロ、あの二人どうなると思う?」
アムロ「全てはシャア次第だな、それしか言えない」
シロッコ「ハマーンは私から見ても優秀な女だ、シャアは何が気に入らないのだ?」
アムロ(シャアは女子中学生と仲良くなりたいとか言ってたが、恋人にしたいわけじゃないだろう)
アムロ「俺の予想だが、シャアは甘えさせてくれる女性が好きなんじゃないかと思うんだ」
シロッコ「なら包容力があり母性を感じさせる女性か、ハマーンは違うな」
さやか「うん、ハマーンさんだったら『俗物!甘えるな!!』とか言いそうだもんね」
まどか「さやかちゃん上手、上手」
さやか「そ、そうかな、だったら今度、榊原良子さんの前でやろうかな」
186:
杏子「モノマネだったら、シロッコも出来るさ」
シロッコ「おい、杏子」
杏子「シロッコ、アレやったげなよ」
さやか「シロッコさんがモノマネですか、それは興味ありますな」
まどか「うん、うん、聞きたい」
ほむら「私も聞いてみたいわね」
マミ「是非、お願いしたいです」
アムロ「ここまで期待されたら、やらない訳にはいかないなシロッコ」
シロッコ「これだけの人数の前でやれとはな…」
杏子「お願いだよ、シロッコ」
シロッコ「仕方がない、少しだけだぞ」
187:
シロッコ「では、ちびまる子ちゃんの三代目さくら友蔵のモノマネだ」
シロッコ「まる子や、わしは昔、お姉ちゃん(声、水谷優子)と一緒に戦った事があるんじゃ」
まどか&ほむら&マミ&さやか&アムロ「………」
杏子「どうだい、シロッコの三代目さくら友蔵は」
アムロ「凄いな、一瞬、声が出なかった」
まどか「似てるってレベルじゃないよ」
ほむら「ええ、島田敏さんが出れない時は、シロッコさんが出たらいいと思うわ」
さやか「このモノマネ対決は、あたしの完敗だ?」
マミ「ふふふ、残念だったわね、でも仕方ないわ、相手が凄過ぎたのよ」
シロッコ「大した事ではない」
188:
さやか「それで、何の話してたっけ?」
まどか「ハマーンさんとシャアさんの事だよ」
マミ「シャアさんが甘えさせてくれる女性が好きかもしれないって話よ」
アムロ「あくまでも予想だがな」
ほむら「アムロさんの予想なら、当たっている気がするけど」
シロッコ「私はハマーンと対極の女性が、包容力があり母性を感じさせる女性なのではないかと思っている」
シロッコ「シャアがハマーンを拒むのなら、そうかもしれん」
さやか「あちゃ?、二人っきりにしたのは失敗だったかな」
アムロ「いや、少なくともハマーンはシャアと二人だけになりたいと思っていた筈だ」
アムロ「さやかには感謝していると思うよ」
さやか「そうかな、へへへ」
杏子「まあ、明日にでも聞いてみたらいいさ」
ほむら「そうね」
189:
シロッコ「しかし、この私が、よもや恋愛話に付き合うとはな」
杏子「こういうのも悪くないだろ、シロッコ」
シロッコ「さあな」
マミ「それじゃあ、お茶の用意をするわ、ケーキはアムロさんが買って来てくれたし」
杏子「やっぱりいい人だよ、アムロは」
ほむら「それには同意するわ、私の話を初めて信じてくれたのは、アムロさんだったから」
マミ「それと私に未来を受け止めさせてくれたものね」
まどか「私の事も心配してくれました」
さやか「うん、いい人、いい人」
杏子「もちろん、シロッコもいい人だよ」
さやか「そうだね、マミさんからシロッコさんの事、色々聞いたし」
まどか「うん、インキュベーター抜きでの会話が出来たのはシロッコさんのお陰だったんだね」
シロッコ「私がいい人か…そんな事を言われたのは初めてだな」
ジャミトフ『シロッコ、貴様』
シロッコ『そういう事だ、すまないな、ジャミトフ』
シロッコ(杏子…私はいい人ではないのだよ…)
190:
さやか「だったら二番目はわたし、シロッコさんはいい人」
シロッコ「なっ」
まどか「わっずるいよ、さやかちゃん、だったら…」
マミ「シロッコさんはいい人、私が三番目よ」
まどか「わ?、マミさん」
ほむら「シロッコさんはいい人、ごめんなさいまどか、私が四番目よ」
まどか「ええーーーっ!!」
アムロ「まどか、君が先に言うといい」
まどか「有難うございます、シロッコさんはいい人、やっと言えた」
アムロ「過去はどうであれ、俺もほむら達と同じ意見だ、今のシロッコはいい人だと思う」
シロッコ「………」
まどか「シロッコさんは何も言いませんでした、ですが私達の言葉は伝わったと思います」
191:
ハマーン「………」
シャア「………」
シャア「なあ、ハマーン」
ハマーン「どうした?」
シャア「中学校生活というのも、楽しかったな」
ハマーン「楽しかったでは、過去形ではないか」
ハマーン「これからも楽しいさ、まどか達と一緒ならな」
シャア「そうだな、これからの為にワルプルギスの夜には勝たねばならん」
ハマーン「お前はどう思う?私は何とも言えん」
シャア「私にも何とも言えんさ、だが言えなくても勝ってやるさ」
ハマーン「勇ましいな、これで見滝原中学に転校してきた理由が、女子中学生と仲良くなりたいでなければな」
シャア「やはり、見抜いていたか…」
ハマーン「何年の付き合いだと思っているのだ」
ハマーン(だから私はお前に振り向いて欲しくて、女子中学生を始めたのだがな)
192:
ハマーン「シャア、お前に言いたい事がある、聞いてくれるか?」
シャア「いいだろう、ハマーン」
ハマーン「俗物」
シャア「予想通りの言葉だな…」
ハマーン「だが、私もジュドー・アーシタと仲良くなりたいと思っているしな」
シャア「それは、つまり」
ハマーン「実は私もお前をとやかく言えんという事だよ」
ハマーン「だが、ジュドーの恋人になりたいわけではないぞ」
シャア「それは私もだ、女子中学生を恋人にしたいわけではない」
ハマーン「それを聞いて安心したぞ」
193:
ハマーン(それなら、私が見滝原中学に通う意味はなかったか…いや、まどか達と友人になれたのは私にとって意味のある事だ)
ハマーン(とても嬉しかったという意味があった)
ハマーン(そして、私はまどか達との中学校生活をまだ続けたいと思っているのだ)
シャア「なあハマーン」
ハマーン「どうした?シャア」
シャア「まどか達の若さが羨ましいな、もう若い頃には戻れんが」
ハマーン「何を言っているのだシャア、今の私達は中学生だろう」
シャア「そうだったな、では私達の中学校生活を続ける為に明日は勝とうハマーン」
ハマーン「ああ」
ハマーン(本当はお前に伝えたい事があったが、今はこれでいい)
ハマーン(さやかには感謝しなくてはな)
まどか「そして、ワルプルギスの夜との戦の日がやってきました」
196:
まどか「戦いの日、突発的な異常気象により町の人達に避難指示が発令されました
 ほむらちゃんの話では、これもワルプルギスの夜が原因だそうです」
まどか「ハマーンさん達はモビルスーツに搭乗し、ほむらちゃん達は魔法少女に変身し
 ワルプルギスの夜の出現場所に待機していました」
まどか「もうすぐ戦いが始まります、先手の集中砲火で倒せるかどうかは、まだ分かりません」
まどか「私には、この集中砲火で倒せると信じるしかありませんでした」
 
ほむら(今度こそ勝つわ、勝ってまどかを救ってみせる)
マミ(未来を受け止めるだけではなく、ワルプルギスの夜を倒して未来を切り開いてみせるわ)
杏子(まさか、ワルプルギスの夜と戦う事になるとわね、でもシロッコの為にも勝つよ)
ハマーン(この町はアクシズの一部だ、好きなようにはさせん、まどか達の為にもな)
アムロ(俺は見滝原町に来てよかった、素晴らしい出会いにも恵まれたしな、だから守ってみせるさ見滝原町を)
シャア(私は今の中学校生活やこの見滝原町が気に入っているのだ、それを壊させはせん)
シロッコ(インキュベーターが動く前にワルプルギスの夜を倒す、それだけだ)
シロッコ(それだけの筈だが、この私が何かを守ろうという気分になるとはな…)
カミーユ(人に不幸をもたらす魔女、そんなヤツはいなくなればいい)
ジュドー(この町の人達の為、俺達が三人揃って帰る為、ワルプルギスの夜を倒す)
プル(ワルプルギスの夜がどんなヤツでも、ジュドーは私が守るよ)
プルツー(ジュドーに手を出す前に私が終わらせてやるよ)
197:
ほむら「来る」
まどか「雷が鳴り、風が吹き、以前の私なら、やってくるのは台風だと思ったでしょう」
まどか「ですが、今の私には『やってくるのが台風だったなら、どれだけ幸せだっただろう』としか思えませんでした」
まどか「象の鳴き声と共にサーカスのパレードがこちらにやって来ます、ワルプルギスの夜にとって
 これから起こる事はパレードと同じなのかもしれません」
まどか「そして、ついにワルプルギスの夜が空に現われたのです」
ほむら「今度こそ…決着を付けてやる」
ワルプルギスの夜「キャハハハハハハハハ!!」
まどか「ほむらちゃんから、ワルプルギスの夜がどんな姿をしているのか、どれくらいの大きさなのかは教えてもらっていました」
まどか「でもハマーンさんは言っていました」
ハマーン『ワルプルギスの夜の姿も大きさも知ったのだ、もう実物を見ても驚くな、言葉も不要だ』
ハマーン『そんなヒマがあったら、攻撃に移れ』
まどか「だからみんなはワルプルギスの夜を見ても、驚かず、何も言わず、攻撃に移りました」
198:
ほむら「………」時間停止→無数の重火器を使う→時間停止解除
マミ「ティロ・フィナーレ!!」
杏子「終わりだよ!!」
アムロ「行け!フィンファンネル!!」
シャア「行け!ファンネル!!」
ハマーン「行け!ファンネル!!」
シロッコ「落ちろ!デカトンボ!!」
カミーユ「直撃させる!!」
ジュドー「行っけぇぇぇッ!ハイメガキャノン!!」
プル「お願い!ファンネル!!」
プルツー「あたしのファンネルから逃げられると思うな!!」
まどか「ハマーンさん達の攻撃がワルプルギスの夜に次々と命中していきます、私はモビルスーツを見るのは初めてでした
 その大きさにも驚きましたが、その攻撃の凄さにはもっと驚きました」
まどか「これなら、ワルプルギスの夜を倒せると思いました、この時は…」
199:
プル「ねえ…プルツー…これって夢だよね…目が覚めたらベッドの中だよね…」
プルツー「頬を抓ってみな…あたしは抓ってみたよ…夢ならよかったね…」
ジュドー「プル…残念だが、夢じゃないんだ…」
ハマーン「バカな!これだけの攻撃で、倒せんだと!!」
シロッコ「信じられん…この火力での集中砲火で…」
シャア「ダメージは受けているみたいだが…」
アムロ「だが、たいしたダメージじゃない」
カミーユ「何て事だ…これが魔女なのか…」
杏子「畜生…」
マミ「ワルプルギスの夜が、これ程だったとは…」
ほむら「モビルスーツの攻撃でも倒せないなんて…」
ワルプルギスの夜「キャハハハハハハハハ!!」
ジュドー「笑ってやがる…」
まどか「ワルプルギスの夜に驚かず、何も言わないと決めていましたが、誰もが驚き、何かを言わずにはいられませんでした」
まどか「ワルプルギスの夜は笑っていました、攻撃を受ければ怒るのが普通です、ですが笑っています
 ワルプルギスの夜にとっては、攻撃を受けたのではなく頭を撫でられた程度にしか感じないのでしょうか」
まどか「ワルプルギスの夜と一緒に現われた使い魔達も、何故か踊っています」
200:
ハマーン「くっ、攻撃を続けるぞ」
プル&プルツー「行け!ファンネル達!!」
ワルプルギスの夜「キャハハハハ!!」
ジュドー「プル、プルツー危ない!!」
プル&プルツー「えっ」
まどか「キュべレイMk-IIが攻撃を受けたのです、ワルプルギスの夜からではなく、自身が射出したファンネルから」
プル&プルツー「きゃあああっ」
ジュドー「プル、プルツー!!」
アムロ「キュべレイMk-IIのファンネルの向きが反転した!」
シャア「しかも、ビームを発射する瞬間にだと!」
201:
杏子「どうなってんだよ!」
マミ「暁美さん…これって…」
ほむら「ええ、ワルプルギスの夜の仕業よ」
ハマーン「ほむらから、ワルプルギスの夜は物体を浮遊させてぶつける事が出来ると聞いていたが…」
シロッコ「物体を浮遊させるという事は物体を操れるという事だが、ファンネルを操るとは…」
カミーユ「完全に不意を突かれた攻撃だ…あれはかわせない…」
 
ジュドー「二人共!大丈夫か!!」
プル「うん…平気だよ…でも…」
プルツー「キュべレイMk-IIは、もう動けないよ…」
ジュドー「後は俺達に任せるんだ!!」
202:
ジュドー「最大出力のハイメガキャノンなら」
ハマーン「よせ!ジュドー!!」
ジュドー「行っけぇぇぇぇっ!うおおおっ!!」
ワルプルギスの夜「キャハハハハハハハハ!!」
ハマーン「まずい!ジュドー!!」
ジュドー「うわっ」
まどか「ガンダムZZの最大出力のハイメガキャノンはワルプルギスの夜を直撃しました、ですが倒れたのはガンダムZZの方でした
 触手がガンダムZZを貫いていたのです」 
アムロ「使い魔が触手になって、ZZを!!」
ほむら「そんな!こんな事は今までなかったのに!!」
シャア「触手が使い魔になるなら、その逆もあるというわけか」
ハマーン「最大出力のハイメガキャノンは撃った瞬間、無防備になってしまう、そこを狙われたか」
カミーユ「ジュドー!無事か!!」
ジュドー「ダメだ、ZZが動かない…」
ハマーン「くっ、プル達に続き、ジュドーまで戦闘不能にするとは」
203:
シロッコ「だが、ワルプルギスの夜も倒れはしなかったが、それなりのダメージは受けているようだ」
ワルプルギスの夜「キャハハハハハハハハ!!」
マミ「でも相変わらず、笑っているわね…」
カミーユ「こんな時に笑ってるなんて、いったいヤツは何を考えているんだ…」
杏子「シロッコ、私が使い魔達を片付けるよ、触手になられたら厄介だからね」
シロッコ「ああ、頼む」
ハマーン「だが、どうすればよいのだ、ファンネルは操られてしまうので使えん」
アムロ「ビームライフルやバズーカもヤツには通じない」
シャア「おそらくビームサーベルで切り付けても、無駄だろう」
ほむら「私の重火器もマミさんの魔法攻撃も同じね」
シロッコ「今まで誰も勝てんわけだ」
ほむら「でも、ジュドーさんの攻撃でワルプルギスの夜の動きが鈍くなってるわ」
マミ「今がチャンスなのに…どうしたらいいの…」
カミーユ「………」
204:
まどか「その時、Zガンダムに光が集まっていくのが見えました、それがマミさんの『どうしたらいいの』の答えのように感じました」
カミーユ「俺には分かる、コイツは災いを広げていく存在なんだと!」
カミーユ「倒さなければ、俺の命に代えても、体に変えてもコイツだけは!!」
カミーユ「俺の体をみんなに…いや…俺にみんなの力を貸してくれ!!」
シロッコ「これは、あの時の…」
シロッコ「今は分かるぞ、カミーユ・ビダンの体を通して出る力が…」
アムロ「だが、ヤツが相手では、まだ力が足らない」
アムロ「カミーユ、俺も手を貸すぞ!!」
アムロ「νガンダムのサイコフレームの力をZに託す」
まどか「νガンダムから無数の光が放たれていき、その光がZガンダムを包み込んでいきます」
205:
シャア「この力…」
ハマーン「Zガンダムとνガンダムのサイコミュの力を一つにするのか」
ハマーン「よし、我々は援護射撃だ」
シャア「そうだ、カミーユを落とさせるわけにはいかん」
シロッコ「フッ、私を倒した力の援護をする状況が来るとは」
マミ「いいわね、暁美さん」
ほむら「ええ」
アムロ「カミーユ、みんなの意思の力を託したぞ!!」
まどか「Zガンダムは変形し、ウェーブライダーとなってワルプルギスの夜へと向かっていきます」
カミーユ「うおおおーーーー!!」
まどか「ハマーンさん達の援護射撃が起こす爆発の煙の中を突っ切り、光に包まれたウェーブライダーは
 ワルプルギスの夜に激突しました」
ワルプルギスの夜「キャハハハハハハハハ!!」
まどか「ワルプルギスの夜は笑っていますが、かなりのダメージを受けたでしょう、それを証明する大きな傷口が見えました」
カミーユ「うわっ」
まどか「ワルプルギスの夜に激突した、ウェーブライダーはそのまま下へと落下していきます」
206:
シロッコ「カミーユ・ビダン!!」
カミーユ「シ、シロッコ」
シロッコ「危なかったな、カミーユ・ビダン」
まどか「間一髪、一番近くにいたジ・Oがウェーブライダーを受け止めたお陰で、地面に激突せずに済みました」
カミーユ「すまない、シロッコ」
シロッコ「まさか、人の意思を自分の力にしていたとはな…」
カミーユ「シロッコ、分かるのか?」
シロッコ「ようやく分かったよ、あの時に何故、私が敗れたのかを」
シロッコ「人の意思…それすら理解出来なかった私が天才などと称していたのか…」
カミーユ「………」
カミーユ「シロッコ」
シロッコ「どうした?」
カミーユ「今の貴方となら分かり合える気がします」
207:
杏子「おーいシロッコ、カミーユ、無事か?」
シロッコ「杏子」
カミーユ「貴方と行動を共にしている彼女は幸せそうですね、きっと貴方のお陰なんだと思います」
シロッコ「幸せか…私はサラやレコアには何もしてやれなかった…いつか、彼女達の所に戻った時は…」
カミーユ(レコアさんは…いや…やめておこう…)
アムロ「やったな、カミーユ」
シャア「ワルプルギスの夜も、今のはかなり効いたようだ」
ハマーン「これが二つのサイコミュの力、人の意思の力なのか…」
杏子「アイツ、今の一撃でかなり弱ってるな」
マミ「今の攻撃でワルプルギスの夜に大きな傷口が出来たわね」
ほむら「これならいけるわ!」
ワルプルギスの夜「キャハハハハハハハハ!!」
ハマーン「こうなったらヤツの笑いも、やせ我慢にしか聞こえん」
ハマーン「今ならファンネルも操られる事はないだろう、最後の集中砲火だ、それで終わらせてやる」
208:
アムロ「カミーユ、Zは動くか?」
カミーユ「大丈夫です、動きます」
ハマーン「あの傷口を狙う、それが今のヤツの弱点だ」
ほむら「これで、終りにしてやるわ」時間停止→無数の重火器を使う→時間停止解除
マミ「ティロ・フィナーレ!!」
杏子「これで本当に終わりだよ!!」
アムロ「行け!フィンファンネル!!」
シャア「行け!ファンネル!!」
ハマーン「行け!ファンネル!!」
シロッコ「消えろ!デカトンボ!!」
カミーユ「ここからいなくなれーーーー!!」
まどか「みんなの最後の集中砲火はワルプルギスの夜への止めとなりました、絶望に包まれるかもしれなかった戦いは
 希望を失わなかったお陰で勝利の結末で終わったのです」
209:
まどか「そして、インキュベーターは最後まで現われませんでした」
さやか「何を言ってんのさ、まどか」
まどか「えっ」
さやか「インキュベーターなら、戦いの最中に来たじゃん」
さやか「色々と勧誘の言葉をほざいてたけど、まどかは全然相手にしなかっただろ、完全無視してたよね」
さやか「インキュベーターも途中で諦めて帰っちゃったよ、あたしがまどかを守るつもりだったけど、出番なかったよ」
まどか「インキュベーター来てたの?私、ナレーションに夢中で気が付かなかったよ」
さやか「おいおい」
まどか「どうやら、インキュベーターは私達の絆に敗れたようです」
さやか「ナレーターさん、嘘のナレーションはいけませんなあ」
まどか「え?ん」
210:
さやか「祝勝会は楽しいな?」
まどか「さやかちゃん、はしゃぎ過ぎだよ?」
プル「このケーキ美味しいよ、お姉ちゃん」
マミ「そう、よかったわ」
プルツー「プル、口元に生クリーム付けて喋るな」
プル「プルツーだって、付いてるよ」
プルツー「えっ」
ジュドー「付いてるぞプルツー、拭き取ってやるから動くなよ」
プルツー「あ、有難うジュドー」
プル「ずるい、あたしも」
ジュドー「待ってろ、プルツーが終わったらやってやるから」
211:
カミーユ「ファもこんなに美味しいケーキが作れたらいいのにな」
マミ「レシピ差し上げましょうか?」
カミーユ「お気持ちだけ受け取っておきます、ファに他の女の子から貰ったと言ったら機嫌が悪くなるでしょうから」
シャア「機嫌が悪くなると理解するようになったとは、成長したなカミーユ」
シャア「これでファとの喧嘩の回数が減れば、言う事無しなんだが」
カミーユ「それは、ファ次第ですよ大尉…じゃなくて大佐」
シャア(あまり成長していないのかもしれん)
さやか「やっぱり、マミさんのケーキは最高だね、まどか」
まどか「うん、お店で食べるのより美味しいよ」
ハマーン「なあ、マミ」
マミ「どうしたんです、ハマーンさん」
ハマーン「すまないが、このケーキを何個か持ち帰って構わないだろうか」
ハマーン「もう一人、大切な友人がいてな、その子にも食べさせてやりたのだ」
マミ「ええ、構いませんよ」
ハマーン(私にとって、仁美も大切な友人だからな)
212:
杏子「シロッコ、ちゃんと食べてるかい?」
シロッコ「ああ、これは巴マミが作ったそうだな、よい才能を持っている」
杏子「素直に美味しいって言いなよ」
ほむら「………」
アムロ「どうした?ほむら」
ほむら「ワルプルギスの夜を倒して、こうやってみんなで笑顔でケーキを食べている」
ほむら「まどかも救う事が出来た」
アムロ「ほむらが望んでいた日がやっと来たんだ、おめでとう」
ほむら「シロッコさんがインキュベーターを連れ去ってくれたのもあるけど
 アムロさんが私を信じてくれて、協力してくれた時から、この日が来る可能性が生まれたんだと思うの」
アムロ「この日が来たのは、ほむらが最後まで諦めなかったからさ」
213:
アムロ「だが、魔女やインキュベーターは健在だ、何とかしなければならない」
ほむら「そうね、魔女やインキュベーターを何とかする日が来るようにしないと」
アムロ「それにグリーフシードに代わる、魔力補給手段を見つけないとな」
ほむら「まだ全ては終わってはいないわね」
アムロ「いつか終わらせようみんなで」
ほむら「ええ」
まどか「こうして祝勝会は終わりました、昨日あった事を忘れられるような楽しい時間でした」
さやか「まどか、まだナレーターやってんの?」
まどか「うん、さやかちゃんもやってみる?」
さやか「また今度ね」
214:
まどか「ワルプルギスの夜との戦いから一週間が過ぎました」
まどか「私は何時も通り起きて、お母さんを起こして、お母さんと鏡の前でお話して、お父さんの作った朝ご飯を食べて、学校へ行っています」
まどか「ほむらちゃんの話ではワルプルギスの夜との戦いは私にとって、そんな何時も通りの生活の終わりだったそうです」
まどか「ですが、みんなのおかげで、ワルプルギスの夜との戦いが終っても、私は何時も通りの生活が出来ています」
まどか「魔女やインキュベーターの問題はまだ解決していません」
まどか「それもあり、カミーユさん達が見滝原町にしばらく残ってくれる事になりました」
まどか「みんながいれば、きっと魔女やインキュベーターの問題も解決出来ると思います」
まどか「もちろん私も、出来る事を見つけて、やっていくつもりです」
まどか「ほむらちゃんはハマーンさんのお陰で、私達のクラスに移る事が出来ました、転クラス生と言ったところでしょうか」
まどか「杏子ちゃんもシロッコさんがハマーンさんに頼んで、見滝原中学に通えるようになりました、もちろん私達のクラスです」
まどか「でもハマーンさんから交換条件として、シロッコさんも見滝原中学に通う事になりました、やっぱり私達のクラスです」
まどか「では今日も学校に行って来ます」
215:
まどか「おはよう」
さやか「まどか、遅い」
仁美「おはようございます」
ハマーン「まどか、おはよう」
ほむら「遅いから、少し心配したわよ」
杏子「ふ?ん、少しねえ」
ほむら「な、何かしら」
杏子「別に?」
シロッコ「杏子、それくらいにしておけ」
アムロ「間に合ったな、まどか」
シャア「これで全員そろったな」
マミ「今日は鹿目さんが最後だったわね」
まどか「う?、明日は三番くらい狙います」
ほむら「どうせなら、一番を狙いなさい」
さやか「まどかが一番なんて、無理、無理」
まどか「うん、無理、無理」
さやか「まどか、そこは『ひどいよ、さやかちゃん』て言うべきだろ」
216:
ほむら「まどかならやれるわ」
まどか「えっ、ほむらちゃん?」
ほむら「私の時間停止を使って、二人で登校すれば」
杏子「それって、時間停止を使わない限り、無理って言ってるようなもんだぞ」
まどか「でも、ほむらちゃん、私じゃなくてアムロさんと二人で登校したいんじゃないの?」
ほむら「………」
さやか「ほ?むらちゃんどうしたのかな?どうして何も言わないのかな?」
ほむら「そ、そうね、今後の話もあるから、アムロさんと二人で登校するのも悪くない考えね」
マミ「あら、私も同じ事を考えていたのだけど」
ほむら「マミさん、これは譲れないわ」
マミ「私もグリーフシードは譲っても、これだけは譲れないわ」
アムロ「シャア、俺はどうしたらいい?」
シャア「簡単な事だアムロ、私がお前の代わりにほむら達と登校…」
ハマーン「………(ギロッ)」
217:
シャア「するわけにはいかないから、どうしたらいいと思うさやか?」
さやか「そんなの両手に花を持って登校に決まってるじゃないですか、シャアさん」
仁美「では上条くんにも両手に花を持ってもらいましょう」
さやか「ダメダメ!恭介に花は一本で充分よ!!」
仁美「くす、負けませんわよ、さやかさん」
さやか「へへへ、あたしもだよ」
ハマーン(恭介がどちらを選んだとしても、この二人は親友同士のままだろうな)
シロッコ「話の途中にすまないが、そろそろ行かないと全員遅刻になりそうなんだが」
まどか&ほむら&マミ&さやか&杏子&仁美&アムロ&シャア&ハマーン「あっ」
まどか「わわわ、遅刻しちゃうよ?」
まどか「私達は話を終わらせ、見滝原中学へと駆けて行きました、今日も始まります、楽しい学校生活が」
ハマーン「ミネバ様の勉学の為に見滝原町を買い取った」 完
219:
これで終わりです、今までお付き合い有難うございます
まさか「魔力」がNGだとは知らず「魔翌力」となってしまったのは残念です
sagaを教えて下さった事にもう一度お礼を言わせていただきます
ニュータイプと魔法少女の絆みたいなものを書こうとしたら、フラグが立つ展開になってしまいました
ワルプルギスの夜との戦いは、私の頭ではこれが限界でした
期待された方、申し訳ありません
これが長編SS第二作目ですが、デキは悪かったと思います
ちなみに第一作目は
ハマーン「シャアと同棲中だ」
というSSです、まとめサイトにあると思います
ハマーン「ミネバ様の勉学の為に見滝原町を買い取った」の続きも考えてはいます
もし書ければ、新しいスレッドで投稿します
ちなみに○○○○を敵として出すつもりです
それでは、次回作までさようなら
222:
お疲れ様でした。
きれいなシロッコっていいよね。
22

続き・詳細・画像をみる


【国際】 韓国紙 「中国・韓国の両国は蜜月、かやの外は日本だけだ」

【経済】中国経済は20年代に米国を超え、50年には日本の10倍に

リアルな女の子の二次画像下さい

常任理事国に一人だけ雑魚がいるwwwwwwwww

手作りフィルムカメラキット、敢えての光漏れも思いのままよ

進撃の巨人、紅白で完全に放送事故wwwww

シオニーちゃんと世界樹スレ 最終話前編

年齢を知って目を疑ったアニメ漫画ゲームキャラ

【英紙】日本が「スヌーピー島」を手に入れた...海底火山の噴火による新島だが、中国が領有権を主張するかも?

【LEGO】午年だからレゴで馬作ったったwwwwww

【野球】山崎武司氏、来季中日は苦戦と予想 「先発も4番もいない」「いい補強ができていない」

【LEGO】午年だからレゴで馬作ったったwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先